タグ:SMITH WOOLLENS ( 2 ) タグの人気記事

~洒落者を自負する数寄者の皆さんへ~ 「SOLARO」&「SUN CLOTH」 編


甲子園
これぞ高校野球!!!
岩手の花巻東が一回戦で敗退してしまったので、終わったと思っていましたが、お隣り秋田の金足農がやってくれました!
ここ岩手もそうですけど、全国的に私立高校が上位を占める中、公立高校で甲子園の決勝まで上がってきたのには驚きました。素晴らしいことです。
選手も監督も素朴でいいですね。凄く新鮮な感じです。
あのピッチャーならやってくれそうですね。東北勢初の優勝を期待したいです。







「SOLARO」

「SMITH WOOLLENS」 England

c0177259_21280128.jpg

「ソラーロ」または「サンクロス」の名称で知られ、“玉虫色”(カーキ×太陽の赤)の輝きを持つ美しい毛織物です。
実は、「スミス ウールンズ」によって20世紀初頭に開発され、100年経った今でも商標として保護されています。
元々、コロニアルな地域において「太陽熱を和らげる効果がある」として着用を推奨されるなど、イギリスの服飾史に足跡を残す特別な服地です。
近年ではファッション性の高さが注目され、色々様々なソラーロが出まわっていますが、当時のウエイト(355g/m)質感を再現したこの“オリジナル ソラーロ”は現代におけるマスターピースと言えますね。

そこで今回は、洒落者を自負する数寄者の皆さんへ、この“100年続くクラシックな服地”で、秋(10月・11月)&春(3月・4月)にお洒落に着られる“自分流のコート”を誂えませんか?!というご提案です。
実際、ビジネスシーンでスーチングとして着用できる人はごく僅かだと思いますので、このウエイトとミリタリーな色味はコートとして料理した方が良しと考えました。
新色として“カーキ×ブルー”が加わり、ソラーロ好きな人にとっては新調のモチベーションが上がりますね。
因みに、玉虫色なものですから写真では正確な色味が伝わりませんので、是非とも実物をご覧にいらしてください。


「バルマカーンコート」

it's Model
c0177259_21454837.jpg
Sartoria Iwate仕立て 

「stylish バル」46
シングルブレスト 4釦
バル(ステン)カラー
打ち抜きフロント
・ライト仕様(軽量)
 OP¥4,000+税
・アルパカ裏地(モヘア×コットン)
 OP¥5,500+税
ナチュラルショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸増芯
腰P 箱型 スラント
極限コバステッチ 釦 鳥足掛け 膝上丈(-7.5cm) 
袖口 筒袖タブ付き OP¥3,000+税 オーダー標準価格¥133,000+税

c0177259_21441845.jpg
c0177259_21444279.jpg


















c0177259_21450709.jpg
c0177259_21452322.jpg






















「ウエストコート」

it's Model
「stylish ジレ」48 胸P 箱型(上前のみ) 腰P 箱型 背ベルト 表地裏側(太陽の赤)
・ダブルブレスト6釦&ピークドラペル OP¥6,000+税 
・アルパカ裏地(モヘア×コットン)OP¥6,000+税 オーダー標準価格¥34,000+税

c0177259_21461717.jpg
c0177259_21463457.jpg




















c0177259_21465583.jpg
こちらは、おそらく織元であろう「William Halstead」England の「サンクロス」です。
ソラーロの織りネームは使えないので「SUN CLOTH」の織りネームが付きます。
こちらのウエイトは、330g/mとオリジナルよりやや軽いのでスーチングやヴェストにちょうど良いのではと考え誂えてみました。
こちらの柄はヘリンボーンです。
「SOLARO」&「SUN CLOTH」両方のモデル服をご用意しておりますので、夏の終わりに“服飾談議”に興じませんか。








“変てこ台風の余波の日” ~サロンの窓から~

c0177259_21471867.jpg


c0177259_21473652.jpg



See you again


[PR]

by itsformen | 2018-08-20 23:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

2018 春夏の新着!Ⅴ 「SMITH WOOLLENS」&「LEAR BROWNE&DUNSFORD」 編


出会い
3月、昨年度までは別れの季節でしたが、4月、新年度からは出会いの季節です。
一人でやっているワタシでも何となくワクワクする季節ですね。
今年度もワクワクドキドキしながら、まだ見ぬ新規のお客さまのお越しを心よりお待ちしております。




「SMITH WOOLLENS」England

1921年、ハーバード・スミスとクロード・グラハムによってロンドンのゴールデンスクエア(服地卸商が集まっていたことで有名な広場)で創設されたロンドンマーチャントの雄。
1930年代からは輸出にも力を入れ、クラシックでありながらソフトな質感の独特なテイストが世界的に支持されてきました。凛として知的な表情を持つ服地の数々は、今日もエグゼクティブたちを魅了し続けています。

c0177259_21331330.jpg

「ORIGINAL SOLARO」 355g/m 左下
「ソラーロ」(またはサンクロス)の名称で知られ、玉虫色の輝きを持つ美しいウール織物。実は、「スミスウールンズ」によって20世紀初頭に開発され、今も商標として保護されています。当時は亜熱帯の植民地において“太陽熱を和らげる効果がある”として着用を推奨されるなど、英国の服飾史にも足跡を残す特別なファブリックです。近年はファッション性の高さが注目されていますが、当時のウェイト、質感を再現したこの“オリジナルソラーロ”は現代におけるマスターピースと言えるでしょう。

早速、it's Model の「バルマカーンコート」用のソラーロを発注しました。英国から空輸で一週間後に仕立て工場へ。

Sartoria iwate仕立て オーダー標準価格 
SUIT 2P ¥155,000+税~ 3P ¥180,000+税~
VEST ¥35,000+税~
TROUSERS ¥50,000+税~
JACKET ¥113,000+税~
COAT ¥129,000+税~



「FINMERESCO」 4PLY 360/390g/m HIGH TWIST 300/310g/m
“トラベルスーチング”のマスターピースとして英国で名声を得てきた「スミスウールンズ」を代表するコレクションの一つ。長時間の移動や連続の着用が多いのがビジネスマンのトラベルシーン。そんな時にパフォーマンスを発揮する“シワになりにくく取れやすい”、また“型崩れしない”しっかりとしたボディはそれぞれのクオリティに合わせて撚られたツイストヤーンによって実現されています。

Sartoria iwate仕立て オーダー標準価格 
SUIT 2P ¥140,000+税~ 3P ¥165,000+税~
VEST ¥32,000+税~
TROUSERS ¥44,000+税~
JACKET ¥104,000+税~

c0177259_21482512.jpg
c0177259_21411767.jpg




「WILLIAM HALSTEAD」 ウィリアム ハルステッド

c0177259_21413437.jpg

こちらは「CLASSIC」のバンチに入っている定番の“ソラーロ”です。「サンクロス」と呼んだほうがしっくりくるでしょうか。
「ウィリアムハルステッド」はマーチャントからの依頼で服地をつくる“ミル”(織元)になります。“ソラーロ”と色味も表情もほぼ一緒ですが、こちらのバンチにあるのは330g/m目付が軽いタイプです。
比べてみると綾目が細かいですね。
スーチングでお考えの方にはこちらの方がよろしいかもしれません。
お値段も変わりませんので、昨今の高温多湿な日本の夏には幾らかでも軽やかな方が良いかもしれませんね。
それにしても、表が独特のカーキと裏が灼熱の太陽を想わせる赤のコンビネーションは、いつ見ても魂を揺さぶられます。




「LEAR BROWNE&DUNSFORD」 リアブラウン&ダンスフォード
1895年創業の英国最大の同族経営マーチャントである「リアブラウン&ダンスフォード」は、“サヴィルロウ”のほぼ全ての名門テーラーを顧客に持ち、しっかりとした打ち込みの伝統的英国服地の供給で高い評価を得てきました。
日本でも“洋服好き垂涎”の服地ブランドとして有名です。
そして、英国中の有名テーラーがこぞって愛用している「LBD」の豊富な“ライニング”(裏地)コレクションは、日本でも一部の有名テーラーやオーダーサロンで展開されています。ジャケット一着分¥5,000+税~

c0177259_21415254.jpg
c0177259_21421067.jpg


















c0177259_21422897.jpg
c0177259_21425154.jpg





















See you again


[PR]

by itsformen | 2018-04-07 23:55 | 新着!お誂え向け | Comments(0)