タグ:SCABAL ( 4 ) タグの人気記事

「SCABAL」×「岩手のスーツ」=“自分スタイル” 編


急げ!
師走までラストの週になりましたね。
今年やり残していること、師走に入るとやり残してしまいそうなこと、師走に入るとあっという間にスケジュールが埋まってしまう、その前に、さあ動きましょう!!!





「岩手のスーツ」de ~自分スタイル


c0177259_23115583.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「オーソドックス Ⅰb」A4
ダブルブレスト 4釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 オーソドックス
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
ノンベント
・小紋柄裏地
 OP¥5,000+税

1タック トラウザーズ
「オーソドックスⅠ」A4
裾幅23.6cm

「SCABAL」England
Super100’s
ブラック×シルバーグレイ 大柄チェック
オーダー標準価格
¥162,000+税
c0177259_23121693.jpg

スペア トラウザーズ
「オーソドックスⅠ」A5
裾幅23.8cm
オーダー標準価格
¥56,000+税

~カランコロン~カランコロン~
ワタシは洋服の仕事に携わって30年超になりますが、なかなかいらっしゃらないと思いますね。
オーダーメイドのスーツを始めてからは18年になりますが、ワタシは初めてです。
スーツに靴ではなく、“下駄”を履くんです。
フーテンの寅さんは雪駄を履いていましたが...。
それにしても... 面白い人です。ワタシは嫌いじゃないですこうゆう人。
服飾評論家的な人たちからすると邪道極まりないのかもしれませんが、ファッション雑誌と同じスーツを着ていてもイマイチ着こなせていないオヤジよりは、“自分スタイル”を持っていてワタシは好感が持てますね。
インナーは、ダボシャツに腹巻ではなくて、バンドカラーorスタンドカラーのシャツを合わせます。色味はダーク系が多いようですね。
そんな今回のご依頼人は、ネット上から“藤原劇場”を見つけ「仕立ての良いスーツが欲しいんです」ということでいらっしゃいました50代後半、矢巾のASさんです。

c0177259_23123106.jpg
c0177259_23124569.jpg


















c0177259_23130317.jpg
c0177259_23131796.jpg



















こちらのトラウザーズのモデルは、ワタシも懐かしさのあまり目からウロコの、その当時(’80年代前半)、ブリティッシュトラッドの最強軍団だった“シャンタルデュモ”社の「Avon House」(今のエ-ボンハウスとは違います)のトラウザーズです。
ASさん、一番お気に入りのシルエットだということでお持ちいただきました。
あとから誂えたスペアのトラウザーズは、ややユッタリ感が欲しいということでウエストサイズはそのままに(ウエストをユルくするとだらしなさが出るので)全体にハーフサイズ程度のユトリを持たせました。
来春に誂えるスーツも決まりましたね。
SOLAROをやはり“ダブルブレステッド”で料理するようです。


エコリメイク

c0177259_21005505.jpg

こちらは、90歳でお亡くなりになられたASさんのお父様の形見からやはりダブルブレステッドのスーツを~帽子にリメイク~したものです。
オーダーリメイク価格
ハット ¥15,000+税
お父様がビスポークしたのが何時なのか定かではないようですが、裏地やテーラーの織りネームからしてもおそらく40年は経っていると思われます。
初めの一つ目は上衣から取りまして、お気に入りになっての二つ目は下衣から取りました。(もうすぐ出来上がります)
~大切なもの、捨てられないものを帽子にリメイクって良いですね~






“初冬の夕焼け” ~サロンの窓から~

c0177259_22155362.jpeg


c0177259_22161177.jpeg



See you again


[PR]

by itsformen | 2018-11-26 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

ミルクティな駱駝色の「キャメルヘアコート」 ~ たまにワルぶってみたり・・ 編


 ミルクティな駱駝色
 純粋なラクダの毛~Pure CAMELHAIR~の中でもミルクティのようなキャメルヘアって稀少!
 素材~生地のころから上質~上品~極上~な雰囲気を醸し出していましたから、魔法にかけ
 られたように魅かれるのも無理はありません。
 今年の初めにご紹介した時から“虎視耽々”と狙っていたようですね。(狩人笑)
 キャメルヘアの種類自体が少なくて、その殆んどは“ベイクドチーズケーキ”のような色見のものが
 多いのですが、“ロイヤルミルクティ”と比べてしまうと・・・比べものになりまっせん。(稀少笑)

 今回は、そんな駱駝の毛を自分流に~“自分スタイル”に料理した方の作品をご紹介したいと思
 いますが、・・・まっ 改まらなくても、皆さん大体予想はついてるのではないですかねえ、そうです
 ~その通り~“オヤブロ”の名付け親でもありますし、今年はテレビ出演でも大活躍して頂きま
 した、そして、今年のご紹介役でも大変ご協力頂きました、あの前編の“あの人”です!




                         “今年の初めから狙っていました!”
 
c0177259_3303567.jpg
 アルスターコート

 Sartoria PLUM
 仕立て


 「MKC‐W クラシック」
 50 
 ハーフ着丈~79cm
 ダブルブレスト 6釦
 ナチュラル ショルダー
 肩パット&毛芯~ナッ
 シング
 胸ポケット~バルカ
 腰ポケット~箱タテ型
 10mm ピックステッチ
 センターベント 
 ・袖口本切羽 1釦
  OP +¥2,100
 ・別注裏地
  (ペイズリー柄)
  OP +¥2,100
   
 ブリュッセル
 「SCABAL」
 ピュアキャメルヘア
 ミルクティな駱駝色

 オーダー標準価格
 ¥295,050

c0177259_3314129.jpg
 で、“あの人”とは??

 えっ?だから分かって
 るんじゃないんですか
 ・・?

 わがらねべさ・・?

 え~ “あの人”とは、
 いつも明るく朗らかで
 いつも笑顔がステキな
 いつも“フレアパンツ”
 で極めている“自分ス
 タイル”に拘る男
 40代前半、盛岡のTK
 さんだよ。(OK笑)

c0177259_332347.jpg
 それにしてもTKさん、
 この極上な素材をどう
 料理するのかワタシも
 興味津々でしたが、意
 外にもカジュアル
 攻めてきたんですよ
 ねぇ。(捻技笑)
 「“ピーコート”っぽく
 “アレンジ”をして『ガ
 バっと』衿を立てて、
 “ぺっこばり”(翻訳:ち
 ょっとだけ)ワイルドな
 演出をしたいなぁ~と
 イメージしてやんす」
 というご希望でして、
 まあ、ピーコートとか
 トレンチコートの原型
 は「アルスター」と言わ
 れていますから、ちょ
 っとのアレンジで雰囲
 気作りは出来るかなと
 いうことで、TKさんが
 着用するジャケットの
 着丈寸法から5cm程
 長く着丈を設定して、
 腰ポケットはピーコート
 に倣って箱型に、そし
 て袖口はよくある“筒袖
 &ストラップ付き”がまだ出来ないことが幸いして・・?(笑汗)本切羽で大きめの1つ釦にしたの
 は“大正解”でした。初めは“キャメルボーン”~駱駝の骨を用いる予定でしたが、大きめの釦が
 無くて・・これがまた幸いして(笑汗)“あめ色”の水牛釦は“ミルクティ”との相性が抜群でした。

c0177259_3331861.jpgc0177259_3334931.jpg



c0177259_3352497.jpg
     ~たまにワルぶってみたり~

     たまにというか、今年はそうゆう
     気分だったんですかね。

     いつも~清く~正しく~美しく~
     をモットーにしていると
     たまにはワルぶってみたり
     僕だって“オラオラ”したいよって
     想うのでしょうかね。

     シャツの釦を2コ外して
     コートの衿を突っ立てて     
     両手をポケットに突っ込んで。

     でも写真を何枚撮っても
     笑った顔の感じが
     いつもと違うんです。

     何ていうか・・慣れてないというか
     ワルになれないというか・・

     TKさんもあれですよ
     EXILE ATSUSHI のように
     “サングラス”で優しさを隠して
     ワルぶってみたいときは
     想いっきり!(根優笑)


c0177259_3361013.jpg
        ~いつもの笑顔で~

     ほ~ら!違うでしょ!
     こちらがいつもの笑顔。
     なんか“堂に入ってる”って感じでしょ。
     帰り際に自然なところを撮れました。

     この日はコートをお引き取りにいらして
     ちょうど“キャメル日和”な日だったので
     ルンルンとそのまま着て行かれました。
     一緒にオーダーした“カシミア&シルク”
     のオーダーニットのカーディガンと
     “薄いベージュ”のストールもミルクティ
     な駱駝色
に溶け込んでいますね。

     それにしても、今年はTKさんには
     お二人もご紹介して貰いまして
     本当にありがとうございました。

     前編でご紹介した盛岡のHKさんと
     同様、同級生&同業者仲間の一関の
     MKさんは、3年に一度の“第九演奏
     会”で見事に唄う姿が「岩手日報」に
     スナップされていました。(貴重笑)
     ~フォーマルブラック~
     【TUWAMONOスリーピース】


 今年も一年お世話になりました、本当にありがとうございました。
 また来年もよろしく・・・ん・・そうだ!スキャバルジャパンのMさん、TKさん言ってましたよ!
 よかったら来シーズンも同じ生地で“ミルクティな駱駝色”でロングコートを作りたいなって!
 「生地ぎょうさん売ったらあかんでぇ、コートの用尺分残しといてや」               





  <年末年始のお休みのお知らせ>

  12月31日(月)・1月日(火)・日(水)・日(木)


  年始は1月4日(金)より始動いたします。 



                                              See you again
[PR]

by itsformen | 2012-12-27 22:55 | 自分スタイル | Comments(0)

“キャメルヘア&ボー〇” ~ “ウール×カシミア”コーデュロイ ~ 洒落者は是非 編


 駱駝
 らくだラクダ
 CAMEL
 キャメル色の“カシミア”コートもいいですけど、キャメル色の「CAMELHAIR」もいいですよ。 

 「俺は他の奴らより“洒落者”だ」と、他の奴らの前で言ったことはなくても、「俺は洒落者だ」と、
 内に秘めた想い(妄想)を抱き続けている“私は大好きなタイプ”な人たち、いかがでしょうか!?




                             “キャメルヘア ふた色”
 
c0177259_20421487.jpg
 洒落者たちのために
 ご用意しました。
 上質~上品~極上~
 の「CAMELHAIR」
 しなやか~艶やか~
 滑らかな触り心地~
 “無言の優越感”に
 浸れる~首まで・・?

 「SCABAL 」
 世界最高峰の“ウール
 マーチャント”(服地の
 プロデュース~卸商)
 「Brussels」
 「London」
 “服地を制する者は
 世界を征する”・・?
c0177259_20431491.jpg
 ~膝丈コート~
 オーダー標準価格
 ¥304,500 ~

 ~ジャケット~
 オーダー標準価格
 ¥257,250 ~

 お値段は~上質な“カ
 シミア”の半分くらい

 イタリアで織られた軽
 快さと“色気の濃い”と
 ころのなバランス!
 (摩訶不思議笑)
 

c0177259_2044131.jpg
 もうすでに、お得意様
 の“洒落者”の方には
 オーダー頂いてます。
 昨シーズンご紹介
 した時季外れの“オヤ
 ブロ”を恨めしく思いな
 がらスルーして、この
 時季
が来るのを待ち
 望んでいたようです
 ね。(謝笑汗)
 
 そして、駱駝の毛に
 は駱駝のは如何
 ですか!? 
 そう!今日分かったの
 ですが、コート向けの
 “大ぶり”なのはナッシングでした・・。(謝笑汗)
 ジャケット向けの“中くらい”のはOKです!いかがです~キャメルボーン“釦”も~(珍品笑)  





                               “コットンじゃないよ”

c0177259_20464313.jpg
 「コーデュロイ」

 今年も注目されていま
 すよね、うねの素
 材。
 でも、よくファッション
 誌に載ってるヤツは
 コットン~綿素材が
 多くね?!
 まあ、ウチはオーダー
 メイド
ですからね、畝
 うねをさらに“一捻り”
 したモノをご提供しな
 いと“洒落者たち”に
 申し訳が立たないもの
 ですから・・。
 既製品との“差別化”
 優越感を誘うようですね。

c0177259_20472224.jpg
 「ウール×カシミア」
 
 コットン特有の冷たさ
 と堅牢なところはなく、
 ウール特有の暖かさ
 と柔らかな伸縮性
 “洒落者たち”の着心
 地~穿き心地を満足
 させてくれます。
 さらに、綺麗な色味と
 優しい色合いが上品
 な雰囲気を醸し出し
 ます。
 特に、カジュアルパ
 ンツ
にお薦めしたい
 ですね。


c0177259_2048159.jpg
 イタリア
 「CARLO BONOMI」

 ウール90%
 カシミア8%
 ライクラ2%


 12色と柄違い2柄

 “アンコンジャケット”
 オーダー標準価格
 ¥65,100 ~

 “カジュアルパンツ”
 オーダー標準価格
 ¥39,900 ~
                               ~洒落者は是非








                 “ほんのひと時の” ~サロンの窓から~

c0177259_20181787.jpg


c0177259_2019223.jpg



  もりおか映画祭2012

                                               See you again
[PR]

by itsformen | 2012-10-19 23:55 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

獣毛「CAMELHAIR 」~“キャメルヘア”は如何!? SCABAL×COLOMBO 編


新年の出だしは、去年より雪が少なくて晴れの日が多くとっても気持ちのいい日が続きますが、寒っ 寒っ 寒っ のっす!
なので今回は、昨年末にもお問い合わせがありましたので寒さのピークを迎える前に、カシミアほど、ピンからキリまで市場で流通していない本当に生地の数が少なく染色が難しいために
“素の色”(ナチュラル)しかない、まあお値段は上質なカシミアよりはお手頃な“獣毛”をご用意しました。

「CAMELHAIR」
如何でしょうか!?
今回は、英国とイタリアの色味もボリューム感も異なる“らくだ”たちをご紹介いたします。




                   “純正なキャメルの毛”

c0177259_2013677.jpg
「SCABAL 」
 
まずは、ベルギーのブリュッセルに本社を置く世界最高峰のウールマーチャント(服地卸商)「スキャバル」です。

英国ハダースフィールドにあるミル(織物工場)で織られた生地と思われます。
(と思いきや、実はイタリアでした・・いたたた笑汗)
色味は明るくかなり
上品な光沢を醸し出
しています。
c0177259_20135379.jpg
シルクのような手触りで目付340gと見た目よりも軽く、軽快感のあるコートや気持ちの良いジャケットに料理したら“至極”~“凄く”~とっても美味しく頂けると思います。

“キャメル色”と表示されている“並み”のカシミアと比べるならば、断然こちらの“本物”をお薦めいたします。




                   “暖かみのキャメル色”

c0177259_20151167.jpg
「COLOMBO」

こちらは、イタリアのボルゴセージアにあってカシミアの品質は世界No.1との評価の高いミル「コロンボ」です。
ナポリのマーチャント「Caccioppoli」の“バンチ”(生地見本)からのご提供になります。

色味はスキャバルの“らくだ”よりキャメルっぽく、c0177259_20191218.jpg
目付は530gとボリューム感がありましてふわふわっとした手触りは“寒っ”~“寒っ”~真冬に安堵の温もりを感じさせます。

自然な色合いの表情と吸湿性や発散性に優れた実用性で、秋冬のコートとしてキャメル色を選ぶならば“本物のらくだ”が相応しいでしょう。



                    “異なるキャメル同士”

c0177259_20164748.jpg
同じ“キャメルヘア”でもこんなに色味が違います。
写真の色自体が実物の色と違いますから(笑汗)私の理解しにくい言い回しと合わせて皆さんの勘の良い洞察力で何とか判断して頂ければと思います。(苦笑汗笑)
っていうか・・・!「まんつ、見さ来っ」という心境です。



                    “なんたに料理すべ”

c0177259_0039.jpg
そうですねえ~

皆さんのお好きなように~

いかようにでも~

やらせて頂く覚悟でございます~

例えば~

アルスター
~膝丈コート~

「SCABAL 」
オーダー標準価格
¥309,750

「COLOMBO」
オーダー標準価格
¥225,750

~ジャケット丈~W
「SCABAL 」
¥262,500
「COLOMBO」
¥204,750

c0177259_005564.jpg
チェスターフィールド
~膝丈コート~

「SCABAL 」
オーダー標準価格
¥304,500

「COLOMBO」
オーダー標準価格
¥220,500

~ジャケット丈~S
「SCABAL 」
¥257,250
「COLOMBO」
¥199,500

如何でしょうか!?
純正キャメルヘア

“本物志向”の人たちには十分満足頂ける代物と思います。 

*今月の20日頃まで置いています。






             THE NANBUTETSUBINLIST

                Naisyo, Morioka

c0177259_13534562.jpg


        南部鐵瓶十二撰 霜月 “鋳物鉉鬼霰鉄瓶” 作者 不明 

c0177259_1354435.jpg

          ~アートディレクション~ 五日市 俊哉 

        (it's for men の年賀状や名刺等の販促物の制作者)


  秘蔵の南部鉄瓶をコレクションした芸術性の高いカレンダーになっています。

  興味のある方には特別に“タダ”でお見せしたいと思いますので、
  「いがったら、おでってくなんせ」(翻訳:よかったら、おいでくださいな)




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2012-01-11 23:55 | 新着!お誂え向け | Comments(0)