人気ブログランキング |

タグ:桃太郎ジーンズ ( 16 ) タグの人気記事

~春のニッポンスニーカー~ 「桃太郎デニムスニーカー」&「blueover」 編

春うらら

スニーカー!スニーカー!スニーカー!
今、これほどまでに人々の足元を席巻しているファッションアイテムはないのではないでしょうか!
先日久しぶりに降ったかと思った雪もあっという間に解けてしまいました。
皆さん、足元も重苦しいブーツから軽やかでお洒落なスニーカーに履き替えましょう。





桃太郎デニムスニーカー

国内でもごく少数の限られた工場でしか生産することが出来ない“バルカナイズ製法”(無加硫ゴムのソールにアッパーを据え付けたシューズを加硫釜に入れ、加圧・加熱することでソールのゴムを硬化させ成形すると同時にアッパーと接着する)で製作したスニーカーです。
アッパーの素材は“出陣LABEL”で用いている15.7ozのインディゴ特濃デニムを使用。
JEANSとはひと味違う経年変化が期待できることでしょう。
INDIGO¥16,000+税 BLACK¥16,000+税 NATURAL¥15,000+税

c0177259_21233865.jpeg





“メイド イン ジャパン”に拘った普遍的なレザースニーカーの第3弾!
「新しくも、変わらない」
一足一足を昔から続けられる工程をたどりながら、全て日本国内で生産しています。
日本人の持つ価値観を具現化した「てらいのない姿」をスニーカーに落とし込み、いつまでも履き続けられるようなスニーカーをつくり続けています。


~ドライビングソール「おかっぱ」のニューバージョン~

c0177259_21224950.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-03-17 12:00 | ピックアップアイテム | Comments(0)

2019 春の「JAPAN BLUE JEANS」&「桃太郎ジーンズ」 編

経年変化
を楽しみながらお洒落に育てるカジュアルスタイル。





JAPAN BLUE JEANS


“Metro Field Jacket” 
テーラードの要素をミックスした大人のミリタリージャケット。
襟を立てるとスタンドカラーにアレンジ可能です。¥23,000+税

c0177259_21241090.jpeg

c0177259_21250126.jpeg




“Gentleman Coach Jacket”
セットアップで楽しめる大人のためのコーチジャケット。
クラシカルな雰囲気でもカジュアルでも着こなしの幅を広げる一着。¥18,000+税

“Gentleman Easy Pants”
軽快な機能素材で仕立てたイージーパンツ。
ジャケットとセットアップで着ることでスポーティーな印象に。¥13,000+税

c0177259_21254239.jpeg




“Stand Collar Denim Shirt Jacket”
ハンドポケット付きでジャケットとしても使えるスタンドカラーのシャツジャケ。
¥14,000+税

c0177259_21261837.jpeg




“Wanderer Coat”
吸湿性、耐久性に優れたコットンリネンを用いた、ハーフラグランスリーブで動きが快適なコート。¥22,000+税

c0177259_21264220.jpeg




“Shop coat”
フレンチテイストのライトなインディゴブルーのドビー織りショップコート。
¥20,000+税

c0177259_21275256.jpeg




“Crazy shirt”
3種類の8ozデニムを用いたそれぞれの経年変化が楽しめるクレイジーパターンシャツ。
¥13,000+税

c0177259_21283787.jpeg




“Turtle-Dobby BD Shirt”
亀の甲羅のような柄のインディゴドビー生地。
織りによる伸縮性もあり着心地がよく経年変化も楽しみな一枚。¥16,000+税

c0177259_21292004.jpeg




“Camo Jacguard Shirt”
カモフラージュ柄をジャガード織りで表現した一枚。
洗濯を重ねるたびに柄が浮き上がってきます。¥14,000+税

Camo Jacguard Knee Shorts”
カモフラシャツと同生地を用いてセットアップとしても楽しめるショーツ。
深いインディゴブルーと織りの風合いで一味変わった大人の雰囲気に。¥11,000+税

c0177259_21294805.jpeg





桃太郎ジーンズ


“デニム・タイトジャンプスーツ”
12ozのデニムを用いたコシのある生地で通年で永くご愛用いただけます。
ジャンプスーツとはつなぎの軍服の一つで、それを現代風にアレンジしました。
¥25,000+税

c0177259_21301675.jpeg




“シンデニム・ショールカラーヴェスト”
自社開発の新素材「シンデニム」を用いたショールカラーヴェスト。
デニム特有の色落ちが殆んどない「シンデニム(10oz)」を採用することで、白シャツなどの淡色系の衣服とのコーディネートを気軽に楽しめます。¥18,000+税

c0177259_21311989.jpeg

c0177259_21321395.jpeg




See you again


by itsformen | 2019-03-16 00:00 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

追加したぜ!Made in Japan !! “JAPAN BLUE”~「藍布屋」 編


追加したぜ!


                “アンクルカット~JAPAN BLUE”

c0177259_21124489.jpg
前編でご紹介したJAPAN BLUE
アンクルカット
JEANS

好評につき
サイズフォロー
しました

お待ちの皆さん
お待たせしました

どうぞいらしてください

 
“桃太郎バンダナ”&
“出陣マウスパッド” ~どうでしょ!?






            “夏至の夕暮れ” ~サロンの窓から~

c0177259_21132228.jpg







                     “ライヴのお知らせ”

c0177259_21135919.jpg
「ブルージーな夜を楽しもうぜ!」ですって!

ブルーズ

R&B

ソウル

なんですって!


覆面レスラーが
ネギしょってる??

「ウーマンヴォーカルは“アレサ・フランクリン”を彷彿させるんだぜ!」
ですって!?
(・・ホントかなぁ・・)

日時:6月30日  
   18:30~ 
場所:GLOBE  
盛岡市駅前通10-14
フラワービルB1
TEL 019‐622‐0250
ライヴチャージ ¥1,000 
1dorink ¥500 


HYさん!ギターもってる姿、やっぱカッコイイですよ!!
この間、ばったり、市役所前で久しぶりにお会いしましたけど、スーツ姿に書類がパンパンに詰まったショルダーバッグを“斜めがけ”にしたスタイルは、それはそれでHYさん独特のビジネススタイルの“演出”ですからそれはそれなりに良いと思うんですが・・ かっこいいとは言えないもんなぁ・・ でも、ギターを“斜めがけ”にしてマイクを手にとった姿は“超カッコイイ”と思います。
とにかくね、歌もギターも“渋い”んです。35年前もシブかったけど還暦も越えて益々“いい味”醸し出すんだろうなと思いますねぇ・・ (渋さ笑)

ドラムスの大先輩YYさんとは今年はまだお会いしてませんが、今度はAと組んでバンド始めたんですねぇ・・ それこそ3月でリタイアしたんですかね?・・ 今はもうバンドに専念してるんですかねぇ・・ 正確なリズム~軽快なシャッフル~奇をてらわない安心感~ビシッとキメるところはキメる~
セカンドステージは“ミュージシャン”かぁ・・ 羨ましいなあ~

高校時代一緒にバンドを組んでいたAは・・ この写真を視る限りは・・ “なんぼがぺっこ”(翻訳:少々) 様になってるように見えますが・・ 基本的に“生意気”に見えます。
体は小さいんだけど、末端がやたらデカいんですよ!頭~手~足~あそこ~ (肥大笑)
で・・ 試しに東京に居るその当時のメンバーKに「来るが?」とメールを送ったところ、な何と!!
それこそ“じぇじぇじぇ!”って感じで、「オレは前の日に同じ所でライヴやるから日曜日は帰るよ」ですって!!白蛇海賊団LIVE模様~“ヅラ”を被ってベース弾いてるヤツ!
なんでも、若者の街“渋谷”にあるライヴハウスでは“満員御礼”だったそうですよ。(凄驚笑)




                                 See you again


by itsformen | 2013-06-24 21:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

がんがん買おうぜ!Made in Japan !! “JAPAN BLUE”~「藍布屋」 編


似てる
やっぱり似てると思うなぁ~ “足立先生”に~
30年近い昔の記憶しかありませんが、今のワタシらと同じ位の“お年頃”だったんですかねえ~
“足立先生”は温厚で物腰の柔らかい印象ですが、Oの親父さんはもの凄く“パワフル”で今で言う“ドヤ顔”がとってもとっても“お似合い”な印象の人でした。
Oの結婚披露宴のときの招待客はなんと500人ですよ!端から端がもの凄く遠いんです!
これほど新郎新婦の影が薄かった披露宴は未だかつて見たことがありませんねえ~
「俺の息子をヨロシク!」兎にも角にもOの親父さんが一番カッコよく見えた結婚披露宴でした。

久慈にはその人数に見合ったキャパの会場はありませんでしたから、八戸のホテルで行われたわけですが、そのお陰と言ったら何ですけど・・「みんなさ内緒で“種市”さ寄ってぐべ」・・とワタシをそそのかすTの誘いのままに“独身貴族”を満喫して来たのでありました。(潜笑)
ええ~そんなTですが、今では若くして金融機関の“理事”ですよ!(もちろん表の方ですけどね)
“世渡り上手”~ 高校時代同じようにワルいことをしてもスルりスルりとスリ抜けた“バレない”術は、大人になってからも磨きが掛かったんでしょうねぇ~(お上~手!笑)

あっ そうでしたね、“足立先生”似の親父さんの息子Oとはですね、かれこれ10年以上は会っていませんねぇ~ 未だに郵便番号の印刷されていない“会社名義”の年賀状が年一回は届きますが・・・元気でやってると思いますがねぇ~ “菜園店舗”の頃は、近くに組合の会館があって会合があった時にはたま~に顔を出しに寄ってくれてましたが・・ホントに“顔を出すだけ”で・・「今度ゆっくり買い物に来るから」・・と言って一度も実行したことがない・・大体岩手で“御曹司”と呼ばれる輩は・・地元にお金を落とさず・・
“なった気”して東京さ行ってバラまいてくる・・(んが笑)





                “がんがん買おうぜ!Made in Japan !!”

c0177259_3295565.jpg
欧米のブランドたちがこぞって欲しがることを知ったとたん手のひらを返したように欲しがるOYAJI世代。
世界が認めた「メイド・イン・ジャパン」に価値観を覚える青年世代。
モチベーションはどうであれ、日本人が“ニッポンのものづくり”に誇りを持つことが最強の成長戦略でしょ!

藍布屋の“JAPAN BLUE”~最高です!

には~夏に気持ちの良い~ライトオンスで~ストレッチ素材の~デニムがあった!

JAPAN BLUE JEANS」 「JB2100」 アンクルカット 
29~34インチ全4色 ¥9,500+税
 
       ホワイト             カリフォルニアブルー

c0177259_3303587.jpgc0177259_3305542.jpg


モデル~身長165cm(1cmくらい縮んでるかも)~体重69.5kg(一日の内の最軽量)~着用サイズ32インチ~股下73cmから3cm幅で二まくりなので67cm(脚の長さによってまくり方はご自由に)~股上やや浅い~スリムテーパードなシルエット~穿き心地最高にイイ感じ!



c0177259_3311832.jpg
桃太郎ジーンズ
“桃てぃ”

MT301
新色のモスグリーンを取り揃えました。

定番のジーンズと同じ肌触りが気持ちの良い“ジンバブエコットン”を甘く甘く撚った風合いの良いTシャツです。

S~XL ¥4,800+税



                     “ペイントオーダー”

c0177259_3315236.jpg
こちらは、ペイントオーダーは2本目でして今回はヴィンテージレーベルをベースに二ヶ所も入れてしまった“欲張り屋さん”秋田鹿角の30代半ば、AKさんのペイントオーダーです。 
AKさん、3本目は“夏のボーナス”で桃太郎のオーダージーンズを作ろうかなぁ~と仰っていました。(賞与笑) 


c0177259_3321854.jpg
こちらは、この春お友達のSKさんのご紹介で岩手のスーツをオーダーして頂いてからというもの、色々と興味を持ってくださいまして、初めは「ペイントはいっかなぁ」と言っていましたが、オーダーメニューを見ていくうちに“桃太郎さん”を気に入ったみたいで、しかも“桃色”で入れてきました。
実はまだ、ご本人たちのお手元にはありません。(焦笑汗)
銅丹レーベルのタイトストレートが新鮮に感じます、30代半ば、盛岡のKNさんのペイントオーダーです。
*右上に見える“出陣ライン”のものは・・?さあ何でしょうねぇ?ワタシはあまり使いませんが・・





                    “岩手に来てくれました”

c0177259_14535766.jpg
「クールジャパン」のお手本のような“江戸絵画”
それを見出してくれた“プライスさん”はとってもとっても素晴らしい方だと思います。
そして、こんなに沢山のコレクションをプレゼントしてくれました。
虎の毛を一本一本フサフサと描く繊細さ、妄想~想像~創造が満載の「鳥獣花木図屏風」~素晴らしいです。 
前期が終わり作品が入れ替わって後期が始まりました。ワタシももう一度行ってきます。
若冲が来てくれました~プライスコレクション 江戸絵画の美と生命~

この時季に、岩手県立美術館を訪れて思い出しましたが、「忌野清志郎」が生前にNHKの番組で言っていました。『どうしても“ゴッホ展”を見たくて岩手に行ったんだけど、田んぼの中にある美術館でさっ!ビックリしたよ!』って・・(さすがに“じぇじぇじぇ”とは言いませんでしたが・・笑汗)
ちょうどその再放送を観たときは季節は“冬”で、一面雪景色でしたから確かめようもなくワタシも暫く忘れていたのですが、先日行ってみて確かに幹線道路から駐車場に入るまでの道路横に田んぼがありましたが、美術館の周りは普通の“緑色”の芝でした。
でも・・・もしかしたら都会の人の目で見ると植えたばかりの緑色の“稲”の延長に見えるかもしれないなと思いました。そして、よ~く周りを眺めて観たんですが・・近くにある公園もそうですけど全
ての景色が中途半端で・・まるで岩手の県政を表しているかのようでしたね・・“たっそ”のこと芝の所を全部田んぼにして素朴な岩手らしさを象徴する本物の“田んぼの中の美術館”にしてみたら面白いんでねえの・・来て見たらみんな『じぇじぇじぇ!』って驚いてお客さん増えるかもよ・・・







  “盛岡の青空 ~ これもジャパンブルー?・・はあ?・・” ~サロンの窓から~

c0177259_3324950.jpg




                                See you again


by itsformen | 2013-06-19 22:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

カジュアルも“オーダーメイド!” ~ &終了しまっす!【Drover's Cottage】カービングベルト 編


 あっと! いう間に・・
 3.10の新生オーダーメイドサロンの2周年も~3.11の東日本大震災の2周年も~子供たちの
 卒業やら引っ越しやら~何もかも公私混同しながら過ぎ去って行った今年の3月でした。(笑汗)

 そして、忙しさにかまけて皆さんに告知をしないまま“終了”することになりましたDrover's
 Cottage】のカービングベルト。
今ここで、告知しまっす!(焦笑)
 要するに、カービング職人でありオーナーである「中田将」氏が、自身の作品づくりに専念したいと
 いうことで、ウチのサロンの他にも何件か取引のあるOEM(相手先ブランドの製作)での製作を終
 了するということになりました。
 でも、ウチのサロンでのオーダーは終了しますが、中田氏のお店&工房に行けば手に入ります。
 オリジナルのバッグやウォレットをメインに制作していますから、そちらの方も宜しくお願いします。

 【Drover's Cottage】 ドローバーズ・コテージ 「中田将」

 青森県青森市安方2丁目15-16 TEL&FAX 017-777-7505 こちらへお問い合わせください。

   
 
                 “カービングベルト” ~it's for men でのオーダーは終了します~

c0177259_341642.jpg
 こちらは、先月オーダー
 頂きました“スタンピン
 グ”
の36mmタイプ
 緑~グリーン×ゴール
 ドバックルのオーダー
 ベルトです。

 ワタシは、皆さんに告
 知をしないまま最終日
 の今日、自分だけ“カー
 ビング”の36mmタイプ
 “五黄土星”の黄~イエ
 ローをオーダーしようと
 思っていたのですが、
 そんな邪心を見透かし
 たかのように・・「自分だけずるいぞ!」と言わんばかりに・・しかも最終日の今日のタイミングで・・
 何ということか・・オーダーを頂きました!三重の津から・・それもHPのオーダーフォームから・・
 素晴らし過ぎます!

 そんなこともあって、ラストチャンス!4月7日(日)まで延長させて貰うことになりました。
 おそらくTちゃんとかは、「えっ?えっ?えっ?マジっ!」って感じだと思います。(唐突笑)
 迷ってる暇はない!いつオーダーするか?!「今でしょ!」 


                          
c0177259_2145319.jpg
 【桃太郎ジーンズ】
 “オーダーメイド”


 こちらは、3年前に旧
 菜園店舗の時にオー
 ダー頂きました桃太郎
 のオーダージーンズ

 です。

 紺屋町のオーダーサロ
 ンに移転してからでも
 “緑~グリーン”を求め
 てご来訪くださいまし
 て、今回は、写真上の
 “スタンピングベルト”
 と写真下の“花柄プリ
 ントシャツ”
をオーダー
 して頂きました、「ニッ
 ポンの農業に未来はあ
 る」と、農業をしたいが
 ために農家に“お婿さ
 ん”として入ったつわも
 の
です。北上のご出身
 で現在は奥さんの実家
 の雫石で頑張っていま
 す30代前半、“農の職
 人”
TTさんです。


                            ~3月のテーマ~ “緑を挿す”

c0177259_2302498.jpg
 TTさんが行きつけの盛
 岡にある“アメカジ系セ
 レクトショップ”に集う洋
 服好きの仲間たちで結
 成した“チームG”によ
 る“Gの会”の3月例会
 のテーマが“緑を挿す”
 ということで、今回オー
 ダーメイドを思いついた
 ようですね。(G点笑)

 右 イタリア「canclini」
 オーダー標準価格
 ¥15,000+税
 左 ロンドン「LIBERTY」
 ~Glenjade
 オーダー標準価格¥17,000+税  
 どちらも“ユーロ”スタイルでウエスト調整~「ホリゾンタルワイド」カラー~「ノーブル」カフス  



                               “愛し合ってるか~い”

c0177259_2352183.jpg
 何とも微笑ましい光景
 というか・・(微熱笑)
 どう表現したらいいん
 でしょう?!(目眩笑)
 帰り際に、「じゃあ二人
 でポーズ取ってくださ
 ~い」と注文したところ
 こうですよ!こう!
 「歳の差なんて関係な
 いわ」とはこういうこと
 なんでしょうか・・?
 それにしても楽しそう
 ですねえ。
 “趣味が同じ”だから
 ウマが合うんでしょう
 一緒にいて楽しいん
 でしょう。(相性笑)

 右側のちょと大人な
 雰囲気が“農の職人”
 TTさん。
 左側は“Gの会”の仲良
 しメンバーのお一人で
 今回“バイオ加工”のデ
 ニム生地でカジュアル
 シャツをオーダーして頂
 きました20代後半の
 “時の職人”盛岡のHY
 さんです。






                 “もう 雪はないよ・・” ~サロンの窓から~

c0177259_21465361.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-03-31 22:55 | Comments(0)

“ターニングポイント”を迎えて ~ クラシックスタイルにこだわる ~ スリーピース&桃太郎ジーンズ 編


 個性
 一口に“クラシックスタイル”といっても、洋服だけを比べてみればそんなにそんなに変わってい
 るようには見えませんが、人が着用すると、これがまたそれぞれの個性が色々様々に醸し出され
 てきます。

 そこが楽しいんですよ! だから面白いんですよ! 装うっていいですね!





                            “不惑なクラシックスタイル”

c0177259_20242239.jpg
 こちらは、今年ついに
 人生の“ターニングポ
 イント”
を迎えまして
 来年は、いよいよ“大
 厄”のお歳を迎えます
 “不惑”もう迷っては
 いられません“自分
 スタイル”
を確立すべ
 く自信に満ちた佇まい
 の盛岡のSSさんで
 す。(反身笑)

 “オーダーメイドサロ
 ン”に移転してからは
 初めてのご来訪です。
 SSさん、以前は紺屋
 町のマンションにお住
 まいで、その時初めに
 ここのマンションを狙っ
 たらしいのですが空い
 てなくて断念したそう
 です。なので、入って
 くるなり奥さんと二人
 で「あ~やっぱりいい
 眺めですねえ~」と言
 って“はしゃいで”いま
 した。(ていうか奥さん
 がだね。笑汗)
 そんなSSさんご夫婦ですが、今はこちらを見下ろす“タワーマンション”にお住まいのようですね。
 そんなこんなで今回は、同じクラシックスタイルでも前作の結婚式にお呼ばれのスリーピース
 からさらに“ベーシック”な雰囲気を装う“ネイビー”でまとめています。
 そして、色違いの“ライトブラウン”でスペアパンツもお作りになりました。


c0177259_2026785.jpg
 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKJ‐A クラシック」
 46
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル 
 ナチュラルショルダー
 胸P バルカ
 腰P チェンジスラント
 極限コバステッチ
 袖口本切羽
 サイドベンツ

 「RCVZ」 6釦5掛け
 46 ヴェスト
 
 「SPT-NT-P」 bero 
 78 トラウザーズ

 「WOOLMEISTER」
 サージ ネイビー
 
 オーダー標準価格
 ¥115,500 

 色違いスペアパンツ
 サージ ライトブラウン
 ¥22,050 
c0177259_20273756.jpgc0177259_20281091.jpg



















                               “白のドレスシャツ”

c0177259_20391345.jpg
 Doone Sinfonia

 今、最上級の仕上が
 りを求める人たちが増
 えています。
 SSさんもそのお一人。
 「ロイヤルカリビアン
 コットン」を扱い始めの
 “ it's for men オリジ
 ナル”に続いての2枚
 目になります。

 「ウィンザーワイド」
 「ノーブル」カフス
 「白蝶貝」ボタン

 “ロイヤルカリビアンコットン”
 オーダー標準価格¥17,850

                                “ジャパンブルー”

c0177259_2040199.jpg
 こちらは、SSさんの普
 段のスタイル。
 何も、真冬に半袖姿が
 フツーというわけでは
 ございません。(笑)
 バックスタイルがカッコ
 よく見えるように、岡山
 から丈上げされて帰っ
 てきた“ジャパンブル
 ー”に穿き替えたとこ
 ろを撮らせて貰ったの
 です。

 “頂点を極めた芸術
 的なジーンズ”


 COPPERE 銅丹
 LABEL

 G007‐MB 31㌅ 
 タイトストレート

 本物のデニムは、
 GOING TO BATTLE
 出陣 LABEL

 0705SP 32㌅
 タイトストレート
 に続いて2本目です。




 *年末年始のお休みのお知らせ

  12月31日(土)・1月1日(日)・2日(月)・3日(火)

  年始は1月4日(水)より始動いたします。





                  “雪降りの冬至” ~ サロンの窓から ~

c0177259_23575481.jpg


                “ホワイトクリスマス” ~ サロンの窓から ~

c0177259_19424923.jpg



                                               See you again

by itsformen | 2011-12-26 23:54 | 自分スタイル | Comments(0)

“楽ジャケットはラクだ!” ~ 「ジャージージャケット」×キャバルリー&デニム 編


 師走 ~ 師走 ~ 師走 ~ しわす ~ シワス ~ SHIWASU ~  走れ~!

 そうです。皆さん急いでください!
 特に、「12月に入ったら~」と、“のんびり”かまえている人。
 “年内納め”のオーダー受付最終日は、7日(水) を目処によろしく“走って”ください。 





                           「ジャージージャケット」は楽だ!

c0177259_222308.jpg 「シャツジャケット」

 ダブルブレスト 4釦
 ピークドラペル  
 8.Drop ダーツ 48
 一重仕立て
  
 ジャージー素材
 ウール88%×
 コットン12%
 ネイビー×ストライプ

 オプション
 ・エルボウパッチ
 ・袖口本切羽 
 ・長袖裏地
 OP料合計¥5,775

 オーダー標準価格
 ¥45,150      
 

 こちらは、大震災の後
 やっといい物件が見つ
 かり鍬ヶ崎から“街中”
 へ移転をして先月から
 新装開店~営業を始
 めました宮古の御大
 KKさんの作品です。
c0177259_2231172.jpg 「Bar Ber KEN」

 “本州最東端”に位置
 する港町宮古
 その港町の“街なか”
 に“心機一転”オープ
 ンした「バーバーショッ
 プ」(床屋さん)です。
 宮古駅前から商店街
 を市役所方面へ向っ
 て行き、花ことば
 いう花屋さんの向いに
 オープンしたそうです。
 (商売繁盛笑)

 KKさんは御年70代
 半ば、震災にも負けず
 何があっても現役を貫
 き通す逞しい精神力。
 本当に見習わなけれ
 ばいけません。
 「避難所だの仮設だの
 さただ黙っていだって
 身体ナマってわがね」
 と言っています。
 どうやら、“フツーのお
 年寄り”にはなりたくな
 いみたいですね。(笑汗)
 思えば、KKさんが初めてウチの店へいらした時のお年は“50代半ば”、もう20年近くお付き合い
 させて頂いております。
 そして、KKさんをみていて私が学んだこと、それは、“ユルくふとく生きる” ですかね。(緩太笑)
 



                               “そうだ、楽だ!”

c0177259_22408.jpg 「シャツジャケット」

 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 6.Drop ユーロ 44
 一重仕立て

 ジャージー素材
 ウール100%
 ネイビー×ウィンドペン
 ブラウン&グリーン

 オプション
 ・チンガード
 ・エルボウパッチ
 ・カラークロス
 ・腰ポケット フラップ
 ・袖口本切羽
 ・長袖裏地
 OP料合計¥9,555

 オーダー標準価格
 ¥44,100
 

 こちらは、2年前から
 “リタイアの準備”を始
 めてビジネスではない
 タイプのクロージングを 
c0177259_2244964.jpg 徐々に徐々に揃えら
 れて今年の“ヨーロッ
 パ旅行”
を奥さんと
 二人っきりで存分に愉
 しんでいらっしゃいま
 した紫波のTKさんの
 作品です。

 パリのセーヌ川“ディ
 ナークルーズ”
では
 昨年お作りになった
 リネンスーツでキメ
 ていったようですよ。
 (素敵笑) 
 でも、周りの“アメリカ
 人”と思われる外国人
 の恰好は、アメリカ的
 なユルさで拍子ぬけ 
 したと言っていました。 
 
 ヨーロッパ的“ドレスコ
 ード”は日本人の洋服
 への永遠の憧れ

 だから、欧州への旅は
 日本的な正さで臨ん
 で愉しむのがいいの
 ではないですかね。

 それにしてもTKさん、これからの“第二の人生”を思う存分に愉しもうとしています。
 今年のヨーロッパ旅行でまたまた行きたくなった“イギリス”。そのために、帰国後は週一で“英
 会話”&“ヨガ”
の教室に通って来年の愉しみのために準備万端に備えます。(素晴笑)
 そして、今年からの週五日の“お仕事”が大好きな“映画鑑賞”
 映画の街 盛岡で上映される映画は全て網羅してしまいます。だから、「ジャージージャケット」
 &「ユーバーパンツ」のアクティブで機能性のあるアイテムが重宝するんですね。(鑑賞三昧笑)

                               「ユーバーパンツ」

c0177259_2253060.jpg ゼロタック 48 
 裾 ダブル4cm
 コットン素材
 キャバルリーツイル
 ベージュ

 オプション
 ・STテープ
 ・ピスポケット フラップ
 ・カーゴポケット
  フラップ
 OP料合計¥4,935  

 オーダー標準価格
 ¥26,250




                             “はやく楽を味わいたい”

c0177259_226793.jpg 「シャツジャケット」

 ダブルブレスト 6釦
 ピークドラペル  
 8.Drop ダーツ 50
 一重仕立て
  
 ジャージー素材
 ウール88%×
 コットン12%
 ネイビー×ストライプ

 オプション
 ・エルボウパッチ
 ・袖口本切羽 
 ・長袖裏地
 OP料合計¥5,775

 オーダー標準価格
 ¥45,150      


 こちらは、「55才にな
 ったら会社を後継者に
 任せて、オレは“ハワ
 イ”で盛岡冷麺の店
 をやるんだ」と、10年
 程前に夢を描いたのも
 束の間。
c0177259_2265190.jpg その55才はとっくに過
 ぎてしまい、後継者も
 なかなか育たず、趣味
 的にと思っていた盛岡
 冷麺が会社の事業と
 なり、吉調「つるしこ盛
 岡冷麺
として始動し
 はじめて結局のところ
 “リタイア”なんて遥か
 彼方へ飛んで行って
 しまった盛岡のChoo
 さんの作品です。

 Chooさん、去年は全く
 興味を示さなかった
 「ジャージージャケッ
 ト」。
 今年はオプションフェ
 ”の“オヤブロ
の記
 事を見て「これいいね」
 と速攻でオーダーして
 くださいました。
 
 なのに・・まだお引き
 取りにいらしてないと
 いうこの現実。(笑汗)


                               “デニムを合わせる”

c0177259_2274150.jpg Chooさんの普段の
 ビジネススタイルは、
 “ジャケット&デニ
 ム”

 先月、細身のがいいと
 いうことで桃太郎ジ
 ーンズ
のタイトストレ
 ートG007-MB
 チョイスして頂きまし
 た。
 以前の2本は、体型が
 今よりも“大人”だった
 ために、ワンサイズ程
 大きくなってあまり穿
 かなくなったというの
 で、“リフォーム”を施し
 てみました。
 裾から渡りのやや上の辺りまでと丈も詰めて“スッキリ”としたシルエットに。(GOOD笑) 
 



                            “ペイントもお好きなように”

c0177259_2282138.jpg 桃太郎ついでにご紹
 介します。
 こちらも先月でした、
 初めてのお客さんで
 やはり“ネット劇場”
 から発見してペイント
 のオーダーを施したい
 ということでいらっしゃ
 いました盛岡のTEさ
 んの“桃太郎ペイント”
 です。
 タイトストレート
 0705SPの左側の
 ポケットに“ピンクの
 家紋”をペイントして
 います。 






              “光と雲によるコントラスト” ~ サロンの窓から ~

c0177259_21272145.jpg



                                               See you again

by itsformen | 2011-11-30 23:56 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編


前編で久々に、【Drover's Cottage】の特集をしたところ、“しめしめ”(うふふ)、案の定前々から欲しがっていた“〇〇御三家”のお一人盛岡のHIさんからオーダー頂きました。(飛火夏虫笑)
(なんでも、間を取り持った職場の後輩から、結婚式の二次会の幹事を仰せつかったようで、それに間に合うようにというのと、もしかしたら自分への誕生日プレゼント!なんですかね?祝笑)
そして、ドローバーズの“カービングベルト”ときたら次はやっぱり桃太郎ジーンズでしょう!
 
“とーほぐ地方”で【桃太郎ジーンズ】といっても、「桃太郎??何でだべ?」と誰しもが感じたと思いますが、中国地方では、岡山 を代表するものは“桃太郎”なんですって!
だから、街の目抜き通りを“桃太郎大通り”と呼び“桃太郎アリーナ”という施設まであります。
官民一体となって“桃太郎”を盛り上げている気魄を感じますね!(元気笑)

そこで、ここ岩手でも代表するものを考えてみると、 岩手人の心をひとつにまとめ 日本はもとより世界に通じるキャラクターといえば、やっぱり、“宮沢賢治”でしょうね!で、現状はというと、地元の花巻にある宮沢賢治童話村?民間ならけんじワールドくらい?(ちっちぇ ちっちぇ!もっと「ドガーン」と「ガヅーン」とやらねばわがねんだ!気持ちの問題だよね)




          “どやっ 【桃太郎ジーンズ】 オーダーメイド”

c0177259_1746313.jpgc0177259_1747195.jpg




















c0177259_17474194.jpg
オーダージーンズ
インド藍染め 13.5㌉
デザイン 0705SP
オーダー ¥57,750

こちらも久しぶりにオーダーが入りました。
既製ジーンズからするとお値段が倍になりますが、それこそ他には出回ってないデニム生地を選べますし、釦やリベット、ペイントやステッチも自分なりに“カスタマイズ”出来るんです。
まさに 地球上で自分だけ のオリジナルジーンズを藍布屋の職人達が手掛けてくれます。

c0177259_17481747.jpg
今回は、その辺りもご理解頂いてオーダーしてくださいまして、ウチの店では初めてですが、【桃太郎ジーンズ】はこれで3本目の“大ファン!”矢巾のTTさんの作品です

未来の農業のスタイル を模索しながら消費者へ直販の勉強も兼ねて始めたFC店「いか焼き みなせん」 と農業を両立させながら頑張っているTTさん!
今回はインディゴ(合成染料)の源となった“インド藍”で染めた生地を用いましたが、頑張っていっぱい稼いで、次回は本藍手染め手織り“究極のJeans”を作ってくださいな。(本物笑)




                  “ペイントオーダーも出来るよ”

c0177259_22372617.jpg
デニム生地やディテールから選ぶ「オーダーメイド」の他に、お遊び感覚で楽しめるペイントオーダーも受付けています。

こちらは、もう何年も北上と四日市の工場を行き来して、現在は四日市に単身赴任の生活で 活き活き?としている紫波のT・Jrさんの作品です。

ヴィンテージレーベ “未防縮加工”
世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンの超高密度デニムは超長綿のソフトな穿き心地と同時にデニム本来の武骨さも兼ね備えています。

0201  15.7㌉   
33㌅ ¥23,100 
ペイント 2ヶ所 ¥4,200 (1ヶ所¥2,100)
情熱の“赤”

T・Jrさん、来春は地元に居る我が子の卒業式に出席するために、OYAJIらしい“大人の男”になるためにスーツを新調するようです。(みんなもう若くない・・実感を実感しています。親笑)




                    “レディスもあるよ”

c0177259_22433193.jpg
Momen’s
  
レディスでも人気の“タイトストレート”

股上が浅い分腰廻りがフィットするようにカーブベルトを採用した美脚なローライズ仕様です。
14.7㌉ ¥22,050
 
7003SP  
24㌅~30㌅ 
オールドブルーデニム。
純国産ジーンズ草創期のブルーを再現しています。

GL007-MZ
24㌅~30㌅
藍染め古布の黄変した 日本の青をテーマ に独自に開発。
緑がかったブルーに変化してゆく様が何ともいえない。


“ナチュラルストレート”  8003SP  GL003-MZ    

“ブーツカット”      6003SP  GL006-MZ





           “【桃太郎ジーンズ】からの使者!?”

c0177259_22461261.jpgc0177259_22464580.jpg




















c0177259_2249980.jpg
岡山の倉敷児島から「どんぶらこ~どんぶらこ~」ならぬ(笑汗)
『ブルルン ブルルン』『バラボラブルボラ ブルルルル~ン』とお盆が明けて一瞬一時だけそれも一寸涼しくなった日に現れました。(ほんまかいな笑)
【桃太郎ジーンズ】のTシャツにジーンズを穿いてまるで藍布さんのまわし者のようにね!(桃色笑) 

んなわげねぇ~べさぁ
c0177259_22504291.jpg
ファンだべさっ!
ファン!

「暖かい時季になったらバイクで遊びに行きますよ」と、昨年末のお約束通り“デカバイ ク”で乗りつけてくれまして“恋人チック”なご夫婦で七夕祭りの“マジすか屋台”にも参加して頂きました盛岡のHUさんです。
それにしても“1200cc”とはデカイです。
車と同じ“排気量”です。(驚笑)
そして、HUさんお気に入りのジーンズスタイルは“ブーツカット!”【桃太郎ジーンズ】では裾がやや広めのベルカット 0505SP 30㌅を選んでいます。
流石にバイクには バッチリグッド です!特に 後ろ姿は最高 ですね!!

HUさん、【桃太郎ジーンズ】がキッカケでいらっしゃいましたが、お年も30代半ば、ちゃんとした“フォーマルスーツ”が無いということで、お薦めのピークドラペルブラックスリーピースを誂えました。(備憂無笑)
* 30代の男には“必須アイテム”です。そしてOYAJI世代になったら、“コールトラウザーズ&シルバーグレー・ヴェスト”を誂えておくと イザという時 に余裕の“大人の男”になれます。





                    THE SARTORIALIST

                  Two Bikers , Welcome to Milano

c0177259_22542886.jpg
ようこそ

IWATE へ

ようこそ

MORIOKA へ

ようこそ

it's for men へ

ようこそ

オ・レ のもとへ

一応 Men's の

お店だけど

こんなバイカーたちが

来てくれたら

嬉しいな

桃太郎ジーンズの

レディスもあるし




                                 See you again


by itsformen | 2010-10-04 22:56 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編


さあ、久しぶりの桃太郎ジーンズです。良いスナップが撮れました!
これもひとえにお客さんのお陰、良いお客さん達に恵まれて感謝感謝でございます。

ということで今回は、【桃太郎ジーンズ】を目当てにいらして下さいましてさらにスナップ写真の モデルまでも務めて頂きました初めてのお客さん達をご紹介します。(顔は出ませんから・・)

昨年の11月下旬、BS放送の番組「ふるさと元気プロジェクト」(確か)の中で【桃太郎ジーンズ】とそのメーカーである藍布屋をはじめ岡山の児島地区の中小企業が、今や世界No.1ジーンズを作り出しているということを紹介されていたのを見て、いてもたってもいられなくなり速攻でネット検索してウチの店を見つけると、翌日にはお二人揃ってご注文頂いたというナイ スカップルな盛岡のHUさんご夫妻と、アメカジは「永遠のクラシックスタイル」ということを“後ろ姿”で語ってくださいました盛岡のアメカジOYAJI ことKNさんの“ジーンズスタイル”をご紹介したいと思います。



                 世界No.1ジーンズの“ベストカップル”

c0177259_18551772.jpg
【桃太郎ジーンズ】

Men’s 
0505SP ベルカット 30㌅
インディゴのみの純粋な青
世界最特濃デニム。15.7㌉
(毛羽立ちと捻れを味わえます) 
¥23,100 28㌅~36㌅ 

股上が浅いタイトなシルエットで、ベルボトムとブーツカットの中間的なフレア感です。


Momen’s
7003SP タイトストレート
24㌅ オールドブルーデニム純国産ジーンズ草創期の「ブルー」を再現。14.7㌉
¥22,050  24㌅~30㌅

股上が浅い分腰廻りがフィットするようにカーブベルトを採用した美脚なローライズ仕様です。 

                  “出陣”の後ろ姿も「カッコえ~なぁ~」

c0177259_18561874.jpg
「きゃ~!」
この言葉にならないところから始まりますが、奥さんがフィッティングルームに入って間もなくして発した声でした。
(その時私は「オラなんにもしてねぞ、旦那さんがそばさいるのに・・・?」と思ったものでした。冗笑)
そしてドアを開けるなり「細っ!細っ!」を連呼しながら出てきたのです。
奥さん自身かなり細身の方で合うサイズが無いことのほうが多いらしいのですが【桃太郎ジーンズ】のは想定外の細さだったようです。

でも、どうですこのスナップ!
カッコ良すぎませんか!?
お二人ともキマリまくってますよねっ!
ピンクの“ジャパンライン”とNIKEのピンクのラインが絶妙なバランスで“ひとつのスタイル”になっています。

HUさんのベルカットも他にはない独特のシルエットを醸し出していますから、“バイカー”でもあるHUさん、春になったらこれを穿いてツーリングに行くのが待ち遠しいと言っていました。   
それにしても、二人揃ってカッコ良いカップルってそういませんよっ!

岩手の冬には欠かせない“ダウンジャケット”とのコンビネーション、HUさんは目の付けどころが ニクイブラウアーを装備し、奥さんはカラーコーディネートも完璧な人気のモンクレールでキメています。(とってもバランスが良いですこのお二人)

頭のスナップ写真のHUさん、どこぞやにそびえ立つ“ガンダム”のような立ち姿、勇ましい!



奥さんには、ハイヒール姿でも撮らせて頂きました。(実際、もっと高いヒールに合わせてレングスを設定しています) 

c0177259_18573272.jpgc0177259_1858692.jpg





















         “お取り寄せ”

c0177259_1902556.jpg
こんな感じでHUさんご夫妻とKNさんのジーンズをお取り寄せしています。
ウチの店は、アメカジショップやジーンズショップではありませんので、ガッツリと商品を揃えておくことはできませんが、穿いてみたいデザインとサイズを“お取り寄せ”することは可能です。
(あくまでもお買上げ頂くことを前提にです。「穿いてみるだけぇ~」ではいけません!宜笑)





                 世界No.1ジーンズの“ベストOYAJI”

c0177259_1911212.jpg
【桃太郎ジーンズ】

Men’s (当たり前か)
0901 クラシックストレート
36㌅ 世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンデニムの未防縮ヴィンテージタイプ。   
15.7㌉
¥23,100 28㌅~36㌅
¥25,200 38㌅~42㌅

XXタイプの股上が深く太めでややテーパードの入ったクラシックなストレートです。
【桃太郎ジーンズ】では、このデザインの「ヴィンテージ」と「出陣」とで人気NO.1の座を争っているようですね。
  
キバタ(生機)の製品が欲しい方はこの「ヴィンテージ」レーベルの中から選ぶことが出来ます。
他には「タイトストレート」と「スリムフィットストレート」が有ります。


                    “男は後ろ姿でものを語る”

c0177259_22394287.jpg
まさかねぇ~ KNさんがお客さんとしてウチの店にいらっしゃるなんて夢にも思いませんでした。

お仕事中には何度かお会いして世間話をさせて頂いたりしていましたが、「これが桃太郎ジーンズですかぁ ライトニングとかで見ていてず~っと気になってたんですよ!」と言っていらした時には想定外の驚きがありましたね~(驚笑)

そしてお取り寄せのご注文にいらした時の恰好が筋金入りの“アメカジスタイル”で現れたものですからホントびっくりドンキー(盛岡の『ベル』が元祖)でしたよっ!
KNさんも雪溶けと同時に“バイカー”になるのでその前に【桃太郎ジーンズ】をゲットしておこうと思ったようですね。

それにしてもKNさん、私の双子ではない弟(東京在住のインダストリアルデザイナー)と同い年のいいOYAJIなんですが、気合入りまくってますよねっ!素晴しいです!
A-2タイプの革ジャンに【桃太郎ジーンズ】、そしてアメカジの必須アイテム“エンジニアブーツ”ときたもんだあ~ ヤルなはん!!  
 
 
    こんなモノも“お取り寄せ”しています

c0177259_1924139.jpg
ハーヴェストレーベル

「フリーライダー」 
“ゴールドラッシュ” 
FM-6015  キャメル 他全6色
¥14,700

イメージは金貨袋
夢と金貨と砂金をいっぱい詰め込んで旅に出ます。
ソフトな衣料革とハードな栃木ヌ
                        メ革がイイ感じのシルエットを出
                        します。






               THE SARTORIALIST

        New York                 Paris

c0177259_1933792.jpgc0177259_1941797.jpg


            デニムの着こなし~世界は広いなぁ~

  トップもボトムもデニムで揃えても    デニムといっても“藍”を強調すると 

  ハットとブーツでエレガントに      日本では風変わりなお兄さん!?
          
  “めんこい”(翻訳:カワイイ)奴      パリでは~“クールジャパン”!?



                                See you again


by itsformen | 2010-01-15 23:44 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

「オーダーシャツジャケット」 de “自分スタイル”&PR編


 久しぶりの“自分スタイル”です。
 今回は、前編のマイクロ・ギンガムチェックの「シャツジャケット」をオーダーされた盛岡のNOさんを
 ご紹介します。

                                “しゃっちょうで~す”

c0177259_17471716.jpg
 自己PRも兼ねますのでバーン
 とお見せします。
 
 う~ん 足が・・・。(まんつさっ)

 NOさんは、11年程前に親友の
 MNさんの紹介でいらっしゃいま
 した。
 お互いに「俺の親友はコイツ」と
 言い合える間柄の“イイ関係”?
 な男同士です。(笑)

 NOさんがちょうど事業を始めた
 ばかりの頃だった気がします。
 私「何の商売始めたの?」
 NO「うぃス!クルマ屋です」
 私「何ていう名前?」
 NO「うぃス!アルティメットです」
 私「ほぉ~格闘技好きそうだね」
 NO「うぃス!ぺっこやってます」
 と言うので、「何か技やってみせ
 てよ」と言ったとたん「ビュッ!
 スコーン!」と“かかと落とし”が
 脳天をかすめていくじゃないで
 すか!
 この体型からは想像できませんでしたから(今でこそ54サイズですが当時は58サイズくらい)
 驚いてしまいましたね。(マジで)
 “K-1”が流行っていた頃で体格も似ていたものですから“もりおがのマークハント”と呼んでい
 ました(笑)。

c0177259_17475820.jpg
 なかなかイ~感じにイ~雰囲気
 醸し出してますねぇ~
 
 NOさん、いつもは仕事柄「ディッ
 キーズ」のヒッコリーストライプの
 “オーバーオール”が“勝負服”
 ですが、結婚もして一歩一歩
 OYAJI世代に近づくにつれ「ジャ
 ケットが欲しい」ということで、今
 回タイミングよく“オプションフェ
 ア”の恩恵もあり気持ちよく「シ
 ャツジャケット」のオーダーを頂
 きました。
 (*この日コーディネートしたボト
 ムスは「桃太郎ジーンズ」&「ダ
 ニアジャパン」がコラボレートし
 た“2ヵ月穿き加工”の“スーパ
 ージーンズ”です。既に完売)

 「普段着はジーンズしかないの
 で“大人の扱いをされる”スラッ
 クスタイプが欲しい」とも言って
 いました。 (ふむふむ、これぞ
 私の思う“ツボ” ニカッ)

                                 “親友の結婚式に”

c0177259_17504461.jpg
 こちらの写真は、去る3月15日
 にやっとこさ“最後のレディ”に
 絞り込んだ親友のMNさんの
 “結婚式のため”に“誂えた”
 スーツです。
 (二次会の幹事もやっていまし
 たね。お疲れ様でした)

 こういう機会でもないとスーツは
 着ませんから“冠婚葬祭”を兼
 ねて“ブラックフォーマル”に落
 ち着きました。
 【Super Standard】仕立て
 “ピークドラペル”のシングルブ
 レストの2釦で“ノーベント”に、トラウザーズは1タックの“すっきりシルエット”で“10年仕様”!
 ドレスシャツは、ベーシックにホワイトのツイル織りで衿型は「セミワイド」カフスは「大丸」でまとめ
 ました。

                                  “親友の勝負服” 

c0177259_17513615.jpg
 こちらの写真は、親友のMNさ
 んが“最後のレディ”を獲得する
 ために臨んだ“晩秋の結納”の
 席で着用した“勝負スーツ”で
 す。
 【Super Standard】仕立て
 ノッチドラペル シングルブレスト
 2釦 トラウザーズはノンタック

 MNさんが初めていらしたのは
 仙台の専門学校時代の18年
 前でしたね。
 そう、「KENZO」のファンという
 ことから頻繁に来るようになっ
 て、スタイルもよく“男前”なとこ
 ろから it's formenのスーツが
 似合う“若手のホープ”でした。
 でした・・・?そうなんです(困)
 結婚を意識した辺りから・・・。

 MN&NOさんとは“合コン”を
 やったりして“Offタイム”もよく
 お付き合いさせて貰いました
 ね。(昔の話ですよ!笑汗)

 何はともあれ二人とも所帯を持ちましたから、これからはOYAJIとしての付き合いができます。
 いわゆる“団塊ジュニア”世代の先兵隊ですから、「早ぐ子供つぐれ!」と言いたいですね(微笑) 
 


                    “怪しい”クルマ屋 「アルティメット」

c0177259_17523175.jpgc0177259_17531671.jpg

c0177259_1754148.jpgc0177259_17545688.jpg

c0177259_17554553.jpgc0177259_17562026.jpg


 とっても怪しいですねぇ~ けど、入ってみると“わくわくドキドキ”しますよ~
 “男って”こうゆうの結構“好き”なんですよねぇ~
 
 それにしてもこの間“車検”をお願いしたんですが、「ディーラーのってなんなの?」と思うくらい
 ¥が良心的です。
 しかもこの“人っこの良さ”で怪しい雰囲気でも(笑)“クルマ好き”の連中が募ってくるようです。
 お客さんたちと“レースカー”を作って“サーキット”まで出向いたりもしているようですね。

 岩手、秋田、青森の“クルマ好き”の皆さん「ビビッ!」ときたら遊びに行ってみてください。
 盛岡市みたけの「岩手県営スケート場」の並びで「長府製作所」の向いにあります。(怪しいです)
 
 *HP開設しています。
  「盛岡アルティメット」で検索するとセクシーな“レースクィーン”が画面いっぱいに出てきます。


 
 次回もお楽しみに!
                                                 See you again

  

by itsformen | 2009-06-27 03:50 | 自分スタイル | Comments(0)