タグ:東和プラム ( 246 ) タグの人気記事

2019 春夏の新着! 日本最高峰【TUWAMONOスーツ】の素 編

最高のライヴ!




2019 春夏の新着! 

日本最高峰スーツ

【TUWAMONOスーツ】の素

尾州のレジェンド「葛利毛織」DOMINX 

Premium Collection

c0177259_17323461.jpeg



Standard Collection

c0177259_17332955.jpeg

Sartoria Iwate仕立て オーダー標準価格 
SUIT 2P ¥113,000+税~ 3P ¥136,000+税~
VEST ¥26,000+税~
TROUSERS ¥32,000+税~
JACKET ¥87,000+税~





~FORMAL PLUS~

Sartoria Iwate仕立て 
ヴェスト「the best」A4 シングルブレスト5釦(黒蝶貝) 腰P 両玉縁
「葛利毛織」Japan ~シルバーグレイ~ タッサー 300g/m 
オーダー標準価格¥29,000+税

ご依頼頂いたのは、備えあれば憂いなしで“ちゃんとしたフォーマルブラック”は備えておりまして、3月にご親戚の結婚式にお呼ばれされているということで、今回“シルバーグレイ”のヴェストをプラスしました30代後半、一昨年にお家を建て替えて生まれ故郷に戻ってきました盛岡のTKさんです。

c0177259_17344055.jpeg


c0177259_17345973.jpeg








最高のライヴでした 

鈴木牧子 NEXT Tour 2019 ~すぺいん倶楽部にて~

c0177259_21241898.jpeg


c0177259_21243221.jpeg


c0177259_17263946.jpeg


盛岡在住のジャズピアニスト「鈴木牧子」さんのセカンドアルバムNEXT
素晴らしい完成度!

~盛岡から世界へ発信~




See you again


by itsformen | 2019-02-25 23:00 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

「SOLARO」&「SUN CLOTH」のシーズンがやってきます! 編

春物

この調子だと今年は春の訪れが早いでしょう。
皆さん、そう思いませんか!?
こちらは準備万端です!!
が!...。
ミレニアムに始まり早いもので今年は2019年、遅かれ早かれそうならざるを得なかった男のスタイル。
ここに来て“オーダーメイド”で服をつくることに注目が集まるのは非常に良いことなのですが...。
質の良い仕立てをする工場は隙間がないくらいみんな忙しくしています。
そんな状況なので納期は5週間~6週間はみて頂きたいと思います。
イベント(行事)に合わせるなら早め早めの行動を急いで起こしましょう!





「SOLARO」&「SUN CLOTH」

昨年の夏の終わりに一度ご紹介しましたが、「ソラーロ」と「サンクロス」はやはりこれからが活躍のシーズンですから再度ご紹介したいと思います。
詳しいご説明は昨年の夏の終わりをご覧頂くとして、サロンでは~it's Model~としてバルマカーンコートとダブルブレストのウエストコートをご用意しております。
アイテムやデザインは皆さんのイマジネーションでお好きなように料理してみてください。
因みに、昨年にご覧頂いた方々は“スーティング”で攻めてみようかと仰っていました。


c0177259_21105653.jpeg



「SMITH WOOLLENS」 England

c0177259_21111368.jpeg








“暖冬の中の束の間の雪景色” ~サロンの窓から~

c0177259_21112762.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-02-01 23:00 | オーダーコート | Comments(0)

「SCABAL」×「岩手のスーツ」=“自分スタイル” 編


急げ!
師走までラストの週になりましたね。
今年やり残していること、師走に入るとやり残してしまいそうなこと、師走に入るとあっという間にスケジュールが埋まってしまう、その前に、さあ動きましょう!!!





「岩手のスーツ」de ~自分スタイル


c0177259_23115583.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「オーソドックス Ⅰb」A4
ダブルブレスト 4釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 オーソドックス
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
ノンベント
・小紋柄裏地
 OP¥5,000+税

1タック トラウザーズ
「オーソドックスⅠ」A4
裾幅23.6cm

「SCABAL」England
Super100’s
ブラック×シルバーグレイ 大柄チェック
オーダー標準価格
¥162,000+税
c0177259_23121693.jpg

スペア トラウザーズ
「オーソドックスⅠ」A5
裾幅23.8cm
オーダー標準価格
¥56,000+税

~カランコロン~カランコロン~
ワタシは洋服の仕事に携わって30年超になりますが、なかなかいらっしゃらないと思いますね。
オーダーメイドのスーツを始めてからは18年になりますが、ワタシは初めてです。
スーツに靴ではなく、“下駄”を履くんです。
フーテンの寅さんは雪駄を履いていましたが...。
それにしても... 面白い人です。ワタシは嫌いじゃないですこうゆう人。
服飾評論家的な人たちからすると邪道極まりないのかもしれませんが、ファッション雑誌と同じスーツを着ていてもイマイチ着こなせていないオヤジよりは、“自分スタイル”を持っていてワタシは好感が持てますね。
インナーは、ダボシャツに腹巻ではなくて、バンドカラーorスタンドカラーのシャツを合わせます。色味はダーク系が多いようですね。
そんな今回のご依頼人は、ネット上から“藤原劇場”を見つけ「仕立ての良いスーツが欲しいんです」ということでいらっしゃいました50代後半、矢巾のASさんです。

c0177259_23123106.jpg
c0177259_23124569.jpg


















c0177259_23130317.jpg
c0177259_23131796.jpg



















こちらのトラウザーズのモデルは、ワタシも懐かしさのあまり目からウロコの、その当時(’80年代前半)、ブリティッシュトラッドの最強軍団だった“シャンタルデュモ”社の「Avon House」(今のエ-ボンハウスとは違います)のトラウザーズです。
ASさん、一番お気に入りのシルエットだということでお持ちいただきました。
あとから誂えたスペアのトラウザーズは、ややユッタリ感が欲しいということでウエストサイズはそのままに(ウエストをユルくするとだらしなさが出るので)全体にハーフサイズ程度のユトリを持たせました。
来春に誂えるスーツも決まりましたね。
SOLAROをやはり“ダブルブレステッド”で料理するようです。


エコリメイク

c0177259_21005505.jpg

こちらは、90歳でお亡くなりになられたASさんのお父様の形見からやはりダブルブレステッドのスーツを~帽子にリメイク~したものです。
オーダーリメイク価格
ハット ¥15,000+税
お父様がビスポークしたのが何時なのか定かではないようですが、裏地やテーラーの織りネームからしてもおそらく40年は経っていると思われます。
初めの一つ目は上衣から取りまして、お気に入りになっての二つ目は下衣から取りました。(もうすぐ出来上がります)
~大切なもの、捨てられないものを帽子にリメイクって良いですね~






“初冬の夕焼け” ~サロンの窓から~

c0177259_22155362.jpeg


c0177259_22161177.jpeg



See you again


by itsformen | 2018-11-26 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「CANONICO」×「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 編


初雪
今朝!本州一早い初雪が盛岡だったようです。
そうは言っても平年よりは大分遅いみたいですけどね。
エルニーニョの影響で今年は暖冬の予報ですが、北海道ととーほぐはいつも通りの冬らしいですよ。
洋服屋としてはカシミアのコートやツィードのジャケットが欲しくなるような“冬らしい冬”を期待しますが、私的に今年だけは多少寒くてもいいので雪は降らないで欲しいですね。




 
VBC"

岩手のスーツ」初体験キャンペーン!


c0177259_19481736.jpg

スリーピース
 
「MKX クラシック」46 
シングルブレスト 3釦
・ライト仕様(軽量)
 OP¥4,000+税
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸増芯
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 鳥足掛け
サイドベンツ

ヴェスト
「stylish ジレ」44
シングルブレスト 6釦

タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」81
裾幅17.7cm

CANONICOItaly ~Rastic Tropical~ 250g/m 
「岩手のスーツ」1着目 オーダー特別価格¥...


c0177259_19511686.jpg

「今までのスーツがキツくなってしまって...」「特にパンツがこんなふうに...」ということで、お気に入りだった“L”のスーツをお持ちいただきました。
超タイトフィットなデザインがお好きなものですから、1着目は実寸と“L”のスーツを採寸させて頂いて、特にトラウザーズに事故が起きない程度のユトリを持たせたサイジングにしました。
そして、こうゆう人もいるんですとウチの”御意見番”のお話しをしたところ、「なるほど、面白い!僕もそれでお願いします」ということで、ご自分の“暗号”刺繍だけ入れて生地ネームも店ネームもナッシングにしました。
そんな今回のご依頼人は、仕事も家庭も充実しているのがよく分かります30代半ば、盛岡のHFさんです。

c0177259_19514739.jpgc0177259_19531302.jpg


















c0177259_19520903.jpg
c0177259_19525389.jpg























~2着目も“VBC"で~


c0177259_19533658.jpg

 
「MKX クラシック」46 
シングルブレスト 3釦
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 クロス掛け
サイドベンツ

タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」81
裾幅17.7cm

~PERENNIAL~ 
Super110‘s 260g/m
「岩手のスーツ」2着目 
オーダー標準価格
¥112,000+税


c0177259_19541045.jpg
HFさん、やはり“VBC"の生地がお好きなんですね、2着目はトーンの落ち着いたグレイッシュなネイビーブルーをお選びになりました。
“L”のスーツもそうでしたが、殆んどは無地系のネイビースーツを着られるようです。
そして2着目のサイジングは、1着目を“プロトタイプ”にあちらこちら微妙にイジりました。
上衣~胸廻り0.5出し、袖丈&着丈0.5詰め、ケマワシ1.0出し
下衣~ウエスト0.5出し、ヒップ1.0出し、膝幅0.5出し
スーツスタイルの傾向(トレンド)もクラシック回帰に向いていますからね、タイトフィット過ぎない程度に、何事も程ほどにというところでしょうか。
3着目、楽しみですねぇ~
何をどう料理されるんでしょうねぇ~

c0177259_19551664.jpg
c0177259_19553734.jpg

















c0177259_19555959.jpg
c0177259_19562331.jpg

























上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この秋冬も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで60,000円+税~120,000円+税のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです・・ 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。



See you again


by itsformen | 2018-11-21 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「CANONICO」×「岩手のスーツ」=グローバルスタンダード 編


おお寒 こ寒
小春日和はあるものの、もう暖かい日はなくなります。
いらっしゃるお客さんとの最初の会話は「今日も寒いですね」がフツーになりました。
洒落者にとっては、もうアウターでは着られないジャケットよりは、一番目に付くアウターのコートを揃えなくてはいけません。





グローバルスタンダード


c0177259_21422326.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「ナローズ」48 
シングルブレスト 2釦
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ スラント
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 鳥足掛け
サイドベンツ
・ペイズリー柄裏地
 OP¥5,000+税

タック トラウザーズ
「オーソドックスⅡ」A6
裾幅19cm

~FLANNEL
グレイ ストライプ
Super120's 270g/m 
¥113,000+税


c0177259_21433411.jpg

「ご無沙汰してました」「勤務地が変わってしまい新幹線通勤から車通勤になったんですよ」「歩かなくなったら“服欲”が湧かなくなっちゃって...」「今回はイメージを決めてきたんです」「えっ?!お薦めはグレイッシュなブラウンですか!?」「でも... 決めてきたんです、グレイフランネルのチョークストライプに」「意外にまだ持ってなかったんです、こうゆうグローバルスタンダードを」
と仰るのは、車通勤になったとはいえビジネスのスーツスタイルには拘りがあります、50代半ば、一関のMCさんからのご依頼です。

c0177259_21463646.jpg
c0177259_21460432.jpg

















c0177259_21465964.jpg
c0177259_21473673.jpg


























“色づいた蔦と柳のカーテン” ~サロンのお庭から~

c0177259_15365631.jpeg

10月8日の~アコギ一本勝負!in ふかくさ~を思い出す




See you again


by itsformen | 2018-11-16 23:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「CANONICO」×「バルマカーンコート」for women ~Iwate仕立て~ 編


立冬 を迎えて
ここ北国の岩手では日中は朽ちる紅葉を見て晩秋を感じ、夜はコートを着たくなるような寒さで初冬を感じる、そんな季節になりました。
オーダーメイドの年内納めの締め切りはそろそろですよ!!!
シャツと帽子は師走の初め頃でも大丈夫ですが、コートやスーツなどの冬物アイテムは今月の21日頃を目途にお願いいたします。





「バルマカーンコート」 for women


c0177259_21370020.jpg

~for women~

「stylish バル」44
シングルブレスト 4釦
バル(ステン)カラー
打ち抜きフロント
ナチュラルショルダー
垂れ綿 極薄
腰P 箱型 スラント
7mm ピックステッチ
袖口 筒袖 
釦 鳥足掛け
センターベント 
膝丈(+-0cm) 

~DOUBLE FACED~
OVER COATING
チャコール×ブラック
チェック×ソリッド
550g/m
オーダー標準価格
¥128,000+税


c0177259_21373244.jpg

お二人とも今年還暦だからでしょうか?!
奥さまに本格的な冬のコートをということで、身長もワタシよりも高い方でメンズのパターンからアレンジしても“様になる”と思いましたのでお受けいたしました。
大柄なチェックですがとってもて上品な雰意気を醸し出していますので、ちょっとしたフォーマルなシーンでも受け合いです。
そんな今回のご依頼人は、還暦間近な50代後半、盛岡のYKさんの奥さまのKKさんです。
*ご主人のYKさん、沈黙を保っていますが、このタイミングですよ!!!「いわてのホームスパン」を誂えるのは。

c0177259_21380840.jpg
c0177259_21382787.jpg


















c0177259_21385599.jpg
c0177259_21391256.jpg























See you again


by itsformen | 2018-11-10 23:55 | オーダーコート | Comments(0)

「DOLCE VITA」×「岩手のスーツ」=格調の高い色気 編


霜月
驚いたことにここ北国の岩手で一昨日まで、“クールビズ”だったそうです...!!!
知事が最終的に決断したのでしょうけど、発案者は“アホ”ですね。
そして昨日からは、“ウォームビズ”だそうです...。
インバウンドがどうのこうのと言ってますけど、北国の四季折々の良さを先ずは地元の人たちが感じ取らないと...。





品格のある色気


c0177259_23183312.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「MKW クラシック」48 
ダブルブレスト 6釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
サイドベンツ

1タック トラウザーズ
「オーソドックス Ⅱ」AB4
裾幅19.1cm

「Ermenegildo Zegna」
~HERITAGE~ 290g/m
グレイッシュ ブラウンチェック
オーダー標準価格
¥140,000+税

c0177259_23213070.jpg

この生地を見てしまったら...
もう、ゲットするしかないでしょう!
フォーマルブラックをお引き取りにいらした時に見てしまったんですよね~!
旬のグレイッシュなブラウンは、旬のダブルブレストで料理しました。
品格のある色気~HERITAG~らしいですね。
今回のご依頼人は、昔の服は思いきって断捨離したので新しくてクラシックな服を増強中の50代半ば、盛岡のKSさんです。


c0177259_23230153.jpg
c0177259_23235931.jpg


















c0177259_23282528.jpg
c0177259_23283778.jpg

























幾何学な色気


c0177259_23285920.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「MKA クラシック」50L 
シングルブレスト 2釦
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 鳥足掛け
サイドベンツ

タック トラウザーズ
stylish ゼロイチ」90
裾幅20.1cm

「Ermenegildo Zegna」
~ELECTA~ 295g/m
グレイッシュ 幾何学×シャドウチェック
オーダー標準価格
¥138,000+税


c0177259_23292298.jpg

久しぶりの“Zegna”だったのでお声を掛けさせて頂きました。
お選びになったのは、グレイッシュな幾何学模様とシャドウチェックが織り成す格調の高い服地です。
ほんのりと色気のあるところが憎いですね。
そんな今回のご依頼人は、まだまだ働き盛りの50代後半、盛岡のTSさんです。


c0177259_23295140.jpg
c0177259_23300593.jpg


















c0177259_23302360.jpg
c0177259_23303910.jpg



























“向いの公園も色づいてきた” ~サロンの窓から~

c0177259_23570553.jpg



See you again


by itsformen | 2018-11-02 23:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「HARRISONS」×「岩手のスーツ」=仕立て映えがいい 編


深まる秋
ウチのお庭に架かる中ノ橋の欄干から“サケの遡上”を眺める人たちが後を絶えません。
日中の低い位置から射し込む陽ざしがある間は暖かいのですが、日が陰ると瞬く間に寒気がやってきます。
そうなんです、「いわてのホームスパン」がお似合いの季節になりました。
先日も東京から二組の方々がいらっしゃいまして、“イーハトーヴの大地”でピーコートを、手紡ぎ~手染め~手織りの“蟻川紡ぎ”でアンコンジャケットをオーダー頂きました。
この時季とってもいいですよ、「いわてのホームスパン」。







ダブルブレステッド

c0177259_23063504.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「MKW クラシック」46 
ダブルブレスト 6釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
サイドベンツ
・小紋柄裏地
 OP¥5,000+税

1タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」78
裾幅18.4cm

~FLANNELS~ 
WORSTED 340g/m
オーダー標準価格¥158,000+税



c0177259_23065497.jpg

“ダブルブレスト”は意外にも... 26年振り...。
「KENZO HOMME」のカーキ系玉虫色のスーツ以来ってことですかね。
四半世紀を経て“クラシックスタイル”に...。
非常にいい生地をお選びになりました。
旬のグレイッシュなブラウン×大柄なグレンプレイド×上品なアクセントのブルーウィンドウペン。
ウーステッドだからオフィスでもスマートに着こなせます。
そして、「岩手のスーツ」との相性が抜群にいいですね。
そんな今回のご依頼人は、ご来訪の度に... ありがとうございます!
50代前半、花巻のATさんです。

c0177259_23075770.jpg
c0177259_23081940.jpg


















c0177259_23084090.jpg
c0177259_22145352.jpg

























スリーピース

c0177259_23091920.jpg

Sartoria Iwate仕立て
スリーピース
 
「MKA クラシック」44 
シングルブレスト 3釦
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 オーソドックス
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ チェンジ スラント
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 二の字掛け
サイドベンツ
・柄裏地(ペイズリー)
 OP¥5,000+税

ウエストコート
「stylish ジレ」42
・ダブルブレスト 6釦
 OP¥6,000+税

1タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」75
裾幅18.1cm

~PREMIER CRU~ 
Super100's & Cashmere 330g/m 
オーダー標準価格¥177,000+税

c0177259_23093714.jpg

一昨年の岩手のスーツ」初体験キャンペーン! で誂えた“スリーピース”がもの凄くお気に入りになりまして、次もダブルのウエストコートを組み合わせた“仕立て映えのするスーツを”ということで、今回は定評のある「HARRISONS」の~PREMIER CRU~からお選びになりました。
さり気ないシャドウチェック×上品な質感×心地良い触感×バランスの良いウエイト×映えるオーソドックスな仕立て。~申し分ありません~
今回のご依頼人は、新“○○御三家”のお一人で40代前半、盛岡のMGさんです。

c0177259_23100292.jpg
c0177259_23105713.jpg


















c0177259_23111182.jpg
c0177259_23112694.jpg


















c0177259_23115324.jpg
c0177259_23120705.jpg























See you again


by itsformen | 2018-10-24 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

ウェディングスーツ&フォーマルブラックスーツも「岩手のスーツ」 編


目まぐるしい忙しさのせいにはしたくないのですが、秋物のピーク時になかなか新着ネタをアップできないでおりました。
そして気がつけば... 日に日に涼しさを通り越して寒さが身に染みてくるのを感じます。
フランネルのスーツやいわてのホームスパンのジャケット&コートと、冬物のアイテムもオーダーが目白押しです。
さあ、これからが本番ですよ!皆さん!






ウェディングスーツ


c0177259_18493332.jpg

スリーピース
 
「MKA クラシック」48L 
シングルブレスト 3釦
・ライト仕様(軽量)
 OP¥4,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁 チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
・釦 共布包み釦
 OP¥3,000+税
サイドベンツ

シングル6釦ヴェスト
「the best」AB5
腰P 両玉縁

タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」90
裾幅18.6cm

「DRAGO」Italy 
~変わりグレンチェック~ 
Super160's 250/260g/m ¥158,000+税


c0177259_18501074.jpg

ボウタイ
共布オーダーメイド
ワンタッチ式
オーダー標準価格
¥5,000+税

ドレスシャツ
DARTSスタイル
「ホリゾンタルワイド」カラー
・「ダブルカフス」スクエア OP¥500+税
・フライフロント
 OP¥500+税
・KING刺繍
 OP¥1,000+税 オーダー標準価格¥11,000+税


c0177259_18495139.jpg

“ウェディングスーツ”の今は、ひと頃のロング丈は影を潜めフツー丈が主流になっていますね。
だから結婚式の後もフツーに着られる“オーダーメイドスーツ”がいいんでしょうね。
「普段は畏まったスーツスタイルはしないので、自分がお呼ばれされたときやパーティーシーンで着られる感じがいいですね」ということで、正面のディスプレイをジッと見ながら「こんな感じにしてください」と、INAZO Modelを指差しました。
“共布のボウタイ&包み釦”はオーダーメイドならではの醍醐味ですね。
“通称Gちゃん”からのご紹介で納期もギリギリでしたが間に合って良かったです。
そんな今回のご依頼人は、KINGがお好きな30代後半、盛岡のMSさんです。

奥さまはウェディングを華やかに彩るプロフェッショナルですので、さぞかしお洒落なウェディングだったんでしょうね。
どうぞ ~末永くお幸せに~

c0177259_18502896.jpg
c0177259_18510097.jpg


















c0177259_18511993.jpg
c0177259_18513438.jpg



























フォーマルブラックスーツ


c0177259_18515590.jpg

【TUWAMONOスーツ】
スリーピース

MKA クラシック」48
シングルブレスト 1釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 オーソドックス
胸P バルカ
腰P 両玉縁 口糸留め
ノンステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
ノンベント

シングル6釦ヴェスト
「stylish ジレ」48
腰P 箱型

タック トラウザーズ
「オーソドックスⅡ」AB5 裾幅20.3cm

「葛利毛織」Japan
~フォーマルブラック~ 
タッサー 300g/m オーダー標準価格¥138,000+税

c0177259_18521295.jpg

「甥っ子の結婚式があるので...」
それがキッカケで久しぶりに“フォーマルブラック”を新調することになりました。
社会的な立場もそれなりになりましたので“ディレクターズスーツ”への布石として先ずは“ピークドラペル1釦”のスリーピースからということで誂えて頂きました。
何かと毎日お忙しいようなのですが ...
「そんな趣味があったの!!!」と、初めて聞かされ思わず驚いてしまいましたが... そんな50代半ば、盛岡のKSさんからのご依頼です。


c0177259_18524070.jpg
c0177259_18533154.jpg


















c0177259_18535550.jpg
c0177259_18541375.jpg



























“あぁ 秋の夕暮れだぁ” ~サロンの窓から~

c0177259_18544162.jpg


c0177259_18551500.jpg



See you again


by itsformen | 2018-10-14 22:55 | オーダーウェディング&フォーマル | Comments(0)

2018‐2019 秋冬の新着!「DRAGO」&「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!編


秋冬物
皆さん、揃っております!
お知らせが遅くなりました。すみません!
今季は、イベント事が早い時期に決まっている人たちが続々とオーダーにいらしてくださいまして、ブログにアップする前に発注の方が先に先にとなってしまいました。
秋冬の新着生地バンチはほぼ出揃いました。
そして、仕立て工場も繁忙期に入りました。
ですので、納期は5週間~6週間はみてください。(シャツは3週間です)
お薦めの生地(着分)は反物でご用意しております。
今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします。




2018‐2019 秋冬の新着!

「DRAGO」Italy
紡績から製織、機織りまでを一貫して行う世界でも稀なメーカーで、糸づくりから独自の高度な技術を駆使し、クオリティ良し、センス良し、コスパ良しと三拍子揃った服地を提供します。

CORTINA
Super130's の上質な原毛を贅沢に用いた70番手双糸で織り上げ、ウエイトは300g/mあり、イタリア素材にありがちな薄く光沢のある素材とは一線を画した逸品です。

RUGBY FLANNEL
Super130’s の上質なメリノウールを用い、敢えて太引きの60番手を双子使いにして英国調の雰囲気を醸し出しながら、ウエイトは270g/mとフランネルとしては軽くて柔らかい仕上がりが特徴です。ナチュラルストレッチ、撥水、防汚といった機能性も兼ね備えていて、秋冬のアンコンジャケットにはピッタリな素材です。

LUXURY COLLECTION~ Four Seasons
Super160’s の上質で上品な色柄とシットリとした滑り感は「DRAGO」ならではの成せる業です。しかもコストパフォーマンスが高いときています。

JACKETING
四者の異素材が織り成す立体感のある色柄と、手で触れたときの絶妙な風合いが上質を求める人の琴線を刺激します。

c0177259_23424052.jpg
c0177259_23430429.jpg





c0177259_23431982.jpg
c0177259_23434230.jpg



























Sartoria Iwate仕立て オーダー標準価格 
SUIT 2P ¥122,000+税~ 3P ¥145,000+税~
VEST ¥28,000+税~
TROUSERS ¥37,000+税~
JACKET ¥93,000+税~







「岩手のスーツ」 初体験キャンペーン!


c0177259_23441097.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「ベーシックス W」50L 
ダブルブレスト 6釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁 フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 袖番長
釦 二の字掛け
サイドベンツ


「stylish ゼロイチ」90
1タック トラウザーズ
裾幅19.6cm

「DRAGO」Italy
LUXURY COLLECTIONSuper160's 
ネイビー 240/250g/m
「岩手のスーツ」1着目
オーダー特別価格¥...
c0177259_23443061.jpg


「柔らかくてトロトロっとした、触れた瞬間に上質だなと分かる生地がいいんですよ」「どんな場でもサッと着られる無地のネイビーがいいかな」「今はやっぱダブルですよね」ということで、「岩手のスーツ」は初体験でしたが、「面倒だから2着同時にオーダーしまっす」となりましたので、基本のデザインパターンを変えておつくりしてみました。
そんな今回のご依頼人は、イタリアンな匂いとトロっとしたお鮨が大好きな50代前半、盛岡のMFさんです。
1着目のダブルブレストはタイトになり過ぎないデザインパターンを用いてやや落ち着いた雰囲気にしました。でも、袖口は番長です(笑)。

c0177259_23471605.jpg
c0177259_23473714.jpg






c0177259_23475433.jpg
c0177259_23481283.jpg



























c0177259_23484200.jpg

アンコン仕立て
 
「MKA クラシック」50L
・ライト仕様(軽量)
 OP¥4,000+税
シングルブレスト 3釦
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸増芯
胸P バルカ
腰P 両玉縁
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 鳥足掛け
サイドベンツ


「stylish ゼロイチ」90
1タック トラウザーズ
裾幅19.1cm


「LARUSMIANI」Italy
ストレッチコットン
ベージュ 295/300g/m
「岩手のスーツ」2着目
オーダー標準価格¥115,000+税

c0177259_23490576.jpg

MFさんの2着目は、きれい目なベージュのコットンスーツがいいということで、微妙な色違いが豊富に揃う「LARUSMIANI」のバンチから選びました。
(写真では白っぽく見えますが、実際は綺麗なベージュです)
2着目はシングルブレストのアンコン仕立てということで、タイトフィットなデザインパターンを用いています。
MFさん、「岩手のスーツ」初体験ということでしたが、2着とも特に補正する所もなく気に入って頂けたようでした。ありがとうございます。
次は、お手持ちのスーツとシャツのお直しですね。
承知しました。どうぞお持ちになってください。

c0177259_23494116.jpg
c0177259_23500091.jpg








c0177259_23501979.jpg
c0177259_23505303.jpg



























上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この秋冬も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで60,000円+税~120,000円+税のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです・・ 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。








“夏の終わりのハーモニー” ~サロンの窓から~

c0177259_23514602.jpg


c0177259_23512854.jpg



See you again


by itsformen | 2018-09-10 20:55 | 新着!お誂え向け | Comments(0)