人気ブログランキング |

タグ:工房「蟻」西條美子 ( 17 ) タグの人気記事

初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 


       盛岡“ものづくりチーム”の仲間  工房「蟻」の“実験店舗” 始動します。

                    YADOKARI “ヤドカリショップ”

初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_2335182.jpg


                  9月11日(金)・12日(土)・13日(日)

                   11時~19時(最終日は16時頃)

                      場所 「和のくらし 小袖」 

        盛岡市南大通1-6-9 旧生姜町通り tel&fax 019-658-8511

  (八幡口 定ちゃん家の“三欣魚店”と中三口“ミスド”の中間で、懐かしいでしょ“福富”の向い)

       制作商品      「蟻」の定番      麻 帆布のトートバッグ
                                 テンガロン
                                 リメイク生地のバブーシュ
                                            
                    一点モノ        バッグ、ストール
    
                    その他         ラップスカート
                                 ワンピースなども少々

                    間に合うはず     ホームスパン 手染め 手紡ぎ 手織り
                                 何がでるかな?会場にて

                    *ガラスの器     吉田浩子さんの作品も展示します 

       問い合わせ     工房「蟻」       tel&fax 019-625-2322
                   (開催当日は、和のくらし 小袖へ 019-658-8511)        
                            

        -----------------------------------------------------------------------------------------------



                  「いしがきミュージックフェスティバル」

              9月12日(土)  9時~20時頃  全ステージ無料!

        盛岡城跡公園(岩手公園)を中心に“街なか”の11ヵ所のステージで開催!

          この日“地殻変動”のような“うねり”が盛岡の“街なか”を変える!

                    2008 昨年のステージの模様

初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_20553423.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_20561185.jpg










初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_131643.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_1312926.jpg




















初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_140947.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_1403569.jpg




















初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_20582435.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_20591473.jpg










初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_2113013.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_212530.jpg












              詳しくはWEBまで http://www.ishigaki-fes.jp/pc/


        ----------------------------------------------------------------------------------------------





                       「盛岡八幡宮例大祭」

            9月14日(月)・15日(火)・16日(水)  (13日は前夜祭)

  “いなせな若衆連”が一台に100人!今年は8台の“盛岡山車”が豪華さ絢爛さを誇る、競う。

                    2008 昨年の盛岡山車の模様

初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_2131976.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_214020.jpg











初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_2151425.jpg初秋の “もりおかイベント” のご案内  楽しいよ!来てみて編 _c0177259_2165837.jpg                      













             詳しくはWEBまで http://www.morioka8man.jp/


                                                 See you again

by itsformen | 2009-09-02 00:00 | もりおかクラシック | Comments(0)

【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編


 【イーハトーシュ】 (イーハトーヴ=理想郷イハテで作られたバブーシュ)
 “ひらめき” 自分が欲しいと思っていたモノと工房「蟻」西條美子さんの“感性”が合致しま
 して、またまた「いわてのホームスパン」を用いて“料理”してみました。


                                 <シルク&コットン>

【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_19484495.jpg 前編でも述べましたがモロッコ
 の「バブーシュ」のデザインを
 アレンジしています。
 (*この辺り“日本人らしい”で
  すね陶鋳力“アレンジ能力”)

 私は、家の中では年がら年中
 素足で過ごしますので畳以外
 のフローリングは「ルームシュ
 ーズ」が必要になります。
 本場の羊革の「バブーシュ」の
 踵を折ったデザインは素敵だな
 とは思っていましたが、素足に
 革というとムレムレ感が気にな
 って躊躇していました。

 ガーゼ素材のスリッパを見つけ
 てからは、あまりの履き心地の
 良さにそればっかりになり、
 それももう底がついたところに
 工房「蟻」での“ひらめき” 
 日本ホームスパンの服地を
 用いたら素材感を活かして“雰
 囲気のある上質なもの”が出来
 上がるのではないかと“創造”してみました。
                             <オーガニックコットン&ウール>

【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_195156.jpg 表側は【IHATOVジャケット】
 と同素材を用いて質感よく、
 内側には麻X綿素材を用いて
 肌触りと通気性を考慮してい
 ます。 
 中敷きにはクッション性を持た
 せるため中綿を入れました。
 ソールはフローリングでも絨毯
 でもOKなスウェードタッチの
 人工皮革(ポリエステル)を
 用いています。
 “バタバタ”しません!
 “ツルツル”滑りません!

 
【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_19514328.jpg 履くとこんな感じになります。
 ジャケットと同じようにタイトフ
 ィットな感覚に仕上げました。
 
 素足ならなおさら履き心地は
 抜群で、しかも洒落ている。
 日常のライフスタイルに“彩り
 と潤い”を取り入れてちょっと
 の“ラグジュアリー”を楽しん
 でみては如何ですか!?

 自分たちのは勿論ですが、
 お客さん用に“玄関のインテ
 リア”として揃えておくのも
 お薦めします。
【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_19522182.jpg 特に“ママたち”には、幼稚園
 保育園から始まって高校生ま
 で学校行事に付き合わされま
 すので“自分スタイル”の足元
 の演出に如何でしょうか!?

 “トラベル”
 旅行いいですねぇ~
 行きたいですねぇ~
 “旅のお供”に連れていっても
 重宝すると思いませんか!?
 飛行機でもホテルでも“豪華
 客船”でも傍にいると“心強い
 味方”になります。
  
    “スタイリッシュに” メンズ ¥7,350        “可愛らしく” レディス ¥6,825

                 (実物の色はメンズのほうが近いです)

【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_1953929.jpg【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_19534845.jpg


 “贈り物” 誕生日 記念日 結婚祝 年祝 新築祝 等々。

 "Be Spoken" 引き出物 ゴルフコンペの賞品等、多数のご注文は別途生地選びから承ります。





             “工房「蟻」の風景”

【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_19543249.jpg この日は、ゴールデンウィーク
 明けの週末。
 盛岡では今年最高の“28度”
 を記録した暑い日でしたが、
 空気が爽やかでとっても
 気持ちのいい日でした。

 メンズの「イーハトーシュ」が
 取りあえず2足出来上がった
 ということで西條さんから電話
 が入りました。
 「こっち忙しがらそっち暇だば
 取りさ来っ!」と言われまして
 「へいっ!姐ご」と二つ返事で
                                         飛んで行きました。
                                         (恐いから・・・笑)
【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_19552880.jpg 「ゴチャゴチャしててすみませ
 ~ん」といつもの挨拶の言葉
 訪れる度に物が増えているよ
 うな気がするのですが・・(笑)
 
 右手に見えますのが“おだん
 ごヘアー”がトレードマークの
 主宰の西條さんです。
 左手に見えますのが“子分”
 いや助手のてっきり“ちゅらさ
 ん”かと思ってしまった盛岡
 っ子の柳澤さんです。
 二人とも“ママ力”で頑張って
 います。
 
【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_1956216.jpg 大手メーカーは量産量販しな
 いと成り立っていきませんが、
 ここイーハトーヴ=理想郷イ
 ハテの地では“真逆”です。
 量産が似合わない“ものづく
 り”がしっくりきます。

 創造力を働かせた他がマネ
 出来ない“上質なものづくり”
 が“感性価値”を高めます。

 それを広く都会や世界へ発信
 (遠心力)して買って貰う(求
 心力)ことが出来れば、ビジネ
                                         ス(仕事)も雇用も自分たちで
                                         創りだすことが出来ます。
【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_1956503.jpg (理想像はナンボでも描ける
 んだけど現実は“キッビシイ”
 のだ!・・・んが)


 それにしても“景色がいい”
 でしょ!
 この二枚のスナップは「蟻」の
 窓から望む「盛岡城跡公園」
 (岩手公園)の石垣と中津川 

 新緑が清々しくて“空気の色”
 が何ともいえませんね。
 都会の皆さん!
                                         中核都市の“街の真ん中”の
                                         風景ですよ。
           “中津川に架かる毘沙門橋”             素晴らしいね、盛岡って!! 

【イーハトーシュ】 いわてのホームスパン ニューフェイス編_c0177259_1957298.jpg

    

 (実は一昨日、モウロウとしてたのか何なのか最後の書き込み中に何故か右上の[X]をクリック
  してしまい突如“真っ白な世界”になってしまいました。
  おかげで昨日は“ブログ恐怖症”に陥ってしまったのですが、今日は心機一転やりましたよ~)




 さあ次回からは、【TUWAMONOスーツ】で“勝負する” をお送りします。

                                                 See you again

by itsformen | 2009-05-17 17:12 | いわてのホームスパン | Comments(0)

ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編


 遅ればせながら今回は、2月28日の大安日に結婚式を挙げられました、あの“一枚のポスター”
 から始まった“ものがたり”の主人公、盛岡のTご夫妻の結婚披露宴の模様と、「ウェディングドレ
 ス」と「ウェディングスーツ」をご紹介します。
 盛岡八幡宮での挙式の模様は、前出のカテゴリ新着!お誂え向けでちらっとご紹介しまし
 たが、そのあとのリサージュ ラヴィモアにて行われた披露宴の模様をこちらも「ぺっこばり
 (翻訳:ちらっと)」お見せします。(実は写真が多くなかったもんで・・・笑汗)


                             クライマックスのあとの “ふぅ~” ふ

ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_2114094.jpg
 ジャッジャジャ~ん!
 こちらは披露宴を終えたあとの
 お二人です。
 お二人とももの凄く安堵の表情
 をしていますね。
 緊張と感動と涙とで相当なエネ
 ルギーを使ったんだろうなと想
 像ができます(笑)。
 本当におめでとうございました。
 と同時に「これからが本番です
 よ」と言っておきます(笑)。

 新婦Mさんの「ウェディングドレ
 ス」は念願の“いわてのホーム
 スパン”の素材を用いて、工房
 「蟻」の西條美子
さんがデザイ
 ン制作、あの安比高原の“一枚
 のポスター”に近づけた雰囲気
 に仕上がりました。
 ドレスのボディ部分は日本ホー
 ムスパン
の織りと圧縮を施した
 ウール生地を用いました。
 そしてショール部分は西條美子
 さんの作家仲間でカテゴリー
 “もりおかクラシック”その弐でもご紹介した狩野直子さんによる“手紡ぎ手織り”のホームスパ
 ン生地を用いています。 


      素材の“素直さ”を活かしてデコラティブにならずシンプルに削ぎ落としました。

ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21214169.jpgウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_2122917.jpg

ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21182111.jpg 
 お二人微笑ましい雰囲気ですね。
 友人たちの余興でも楽しんでいる
 のでしょうか。
 新婦Mさんの“ショール”と“ヘッド
 ドレス”、新郎Nさんの“コサージ
 ュ”を手紡ぎ手織りのホームスパ
 ンでお揃いにしています。
 そして新郎Nさんのネクタイはドレ
 スと同素材の圧縮ウールのホー
 ムスパンで作りました。
 ドレスのショールにはレース素材
 を組み合わせたり“スワロフスキ
 ー”をあしらって最小限の華やか
 さを醸し出しています。 

                     “シンプル イズ ゴージャス”    
 
ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21225377.jpgウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21232275.jpg


                        “見えないところで”

ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_14543162.jpgウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21241292.jpg


ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_1458562.jpg
 新郎のNさんは新婦のドレスを引き立
 たせなければなりませんので濃紺地
 に白のストライプ柄で“シンプル イズ 
 ベスト”にまとめましたが、見えない所
 で主張したいということで裏地を“紫”
 にしてみました。
 そしてドレスシャツはイタリアの「エル
 バ」の立体ヘリンボーン生地を用いて
 「ロングレギュラー」の襟型に、ダブル
 カフスの左袖には裏地の紫に因んで
 ラベンダー色の糸でネーム刺繍を入
 れています。釦はもちろん“白蝶貝”

 *新郎の「ウェディングスーツ」の詳細はカテゴリ“ウェディング&フォーマル”の2月7日スーツ&
 ドレス(トワル)編
をご覧ください。


ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21264269.jpg
 こちらは、“ケーキ入刀”ってヤツです
 ね。
 ハートの風船があちらこちらに飛んで
 います。
 友人たちが盛り上げてくれてとっても
 楽しそうですね。

 OYAJI世代からすると「こうゆうことも
 あったなぁ~」という懐かしさと共に、
 「ウチの子供たちもそろそろ・・・」とい
 う複雑な思いが入り混じっているので
 はないでしょうか!?(笑)


ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編_c0177259_21271545.jpg
 それでもってこちらのスナップの主役
 は、新郎新婦を喰ってしまった真中に
 いる“新婦のお姉ちゃん”です(笑)。

 新婦のMさんホームスパンのドレスも
 バッチリで“大人の魅力”も漂わせて
 とっても綺麗だなと思って見ていまし
 たが、ムム、お姉ちゃんが一際冴え
 ている感じですね。
 ホント着物がすごくよく似合います。
 小さな子が懐いてるように見えますが
 実子ではありません。
 正真正銘“独身”です。
 「私も早く西條さんにドレス作って貰お
 う」と言ってるらしいですが、周りから
 は「その前に相手を見つけなきゃね」
 とからかわれているそうです(笑)。

 独身の“男ども”いるんだよ探せば!
 積極的になれよーー!!
 昔はよくit's主催の独身男女を集めた
 “合コン”をやったものです。
 めでたく数組のカップルが誕生しましたし、未だに別れていません(誇笑)。
 最近は男のノリが悪くて・・・今騒がれている“草食系男子”が増殖中というのはホントかも(悲)。


  
 今回のTご夫妻の「ウェディング衣装」制作に携われたことを機に、工房「蟻」西條美子さんとは
 今後もコラボレートしたりOEM(オリジナル製品の制作)の開発も手掛けていきます。
 西條美子さんは「ウェディングドレス」がベースにありますが、岡山県出身の方に“ベンガラ染め”
 (赤胴の顔料)のドレスを作って上げたりとか、色々な用途の“オリジナル衣装”も得意です。

 つい昨日の話ですが、OEM開発商品の第二弾「イーハトーシュ」の打ち合わせ中に、西條さん
 の岩手大学特設美術時代の先輩でワールドワイドに活躍している“ジャズシンガー”「室舘 彩」
 さんから電話が入り、6月14(日)の盛岡Liveに着る“ステージ衣装”の依頼を受けていました。
 「室舘 彩」さんという岩手と縁がある人がジャズ界で活躍しているのを私は知りませんでしたが
 なんでも、宮沢賢治に縁のある「岩手大学農学部農業教育資料館」(国指定重要文化財)にて
 「宮沢賢治」の詩を歌い、演奏するようです。(なんか行ってみてえ~!)
 そして夜の部は、盛岡の大人のジャズ・バー「すぺいん倶楽部」にて“大人のLive”があるよう
 です。(こっちは時間的に大丈夫かな)

 こんな感じで様々な「オリジナル衣装」の依頼が来ていますので“ビビっ”ときた興味のある方は
 私の方に声をかけて貰ってもよろしいですし、特に女性でしたら直接お話しされてもよろしいかと
 思います。(*仙台、八戸からの依頼もあるようなので遠方の方でも遠慮せずにどうぞ)
 本人は“超アナログ人間”ですのでツールがありません(笑)。
 こちらへどうぞ
 〒020-0877 岩手県盛岡市下ノ橋町1-26 2F
            工房「蟻」 西條美子
    Tel&Fax  019-625-2322


 追伸
     「室舘 彩」さんの盛岡Live今回は、ジャズ・バー「すぺいん倶楽部」のみだそうです。
     「ワルター・ラング」さんとの共演で19時から・・・後程、詳しくお知らせします。
   
     それよりも「室舘 彩」さんが所属している“渋さ知らズ”ってすんげよ!!!
 

                                                See you again
 
  

by itsformen | 2009-04-23 18:26 | オーダーウェディング&フォーマル | Comments(0)

もりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」


 今回は、「エコリメイク」の制作を依頼している工房「蟻」の西條美子さんとその仲間たちによって 
 昨年の12月20日・21日に開催された、盛岡町屋「くらしの手しごと」展の模様を「サクッと」お伝
 えしたいと思います。
 
 まんつ場所が“もりおかクラシック”なのでやんして、「盛岡まち並塾」の事務局の方々が中心と
 なって、盛岡の伝統文化を感じられる建造物などの“町並み”を保存、修繕し、昔ながらの“暮らし
 の文化”を体感できる盛岡人お薦めの“くらすっく”などご(翻訳:スポット、場所)なんでやんす。

 「鉈屋町界隈」と申すますて、盛岡町屋(現在は建物を修繕してギャラリー、カフェ、サロン等にも
 活用)は勿論のこと、「原敬」「米内光政」「藤原」の菩提寺、造り酒屋の酒蔵、清水(天然ナチュラ
 ルウォーター。共同井戸として今でも多くの人の飲料水、生活用水に使われでいやんす)が二ヶ
 所、その他、江戸時代から続いでる文房具卸問屋とか明治、大正、昭和の時代から商いを営ん
 でいる店屋っこが軒を連ねでるのでござんす。

 都会の皆さんには、“京都の町屋”を田舎臭くしたどごと想像して貰えればい~ど思いやんす。

 遠い昔は、「夏目雅子」主演の映画“時代屋の女房”、近い昔は、NHKの朝ドラ“どんど晴れ”
 では大した出はってらんした(翻訳:よく出ていました)。
 
 んで、どごでやったかというと、盛岡町屋の中の「旧八百倉家」と云いまして、昨年修繕されたば
 かりのとっても趣のあるサロンを使わせで貰ったようです。
 (盛岡の人だぢさも場所分がらねど思うがら教えどぐ。老舗のジーパン屋「木棚商店」の隣りの
 隣り辺りだがら)

 <*実はこの両日、私は行ってねのす!(笑汗)
    この日は、スタイリストの吉田淳子さんがリポーターとして取材に行きました> 
 
                 “お台所メイド”雑貨 工房「蟻」西條美子 

もりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_1930267.jpgもりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_1931796.jpg


 *テレビ岩手の番組「ドキドキアミーゴ」の生中継の後、突撃取材!!

 <は~い、スタイリストの吉田淳子です!>
 <今日は、盛岡市鉈屋町にあります町屋、旧八百倉家のサロンで催されてる盛岡町屋「くらしの
 手しごと」展におじゃましていま~す!>
 <こちらが、今回の主宰者で工房「蟻」の西條美子さんです>
 <西條さんの作品のテーマとか特徴を聞かせてもらえますか?>

 ≪はい、今回は、“お台所メイド”な雑貨ということで、昔、お台所の片隅でお母さんが手作りして
 たようなどこか懐かしい、でもちょっと特別なモノを作ってみました≫
 ≪アイテムは、天然素材多用の“紅茶染め”ストール、麻のバブーシュ、エプロン、トリプルガーゼ
 のストックバッグ、フェルトのルームシューズ、子供用のニットのテンガロンハットなどです≫
 ≪日常に“ちょっぴり感じる幸せ”の中のひとつになってくれれば嬉しいです≫
 
 (*それにしても西條さんは登場する度に別人のように出てきますねぇ~やはり“謎の七変化”)
 (そして私は、今回の作品からインスピレーションを感じたモノがあります。“バブーシュ”です!
 モロッコ製の羊革のモノがベターですが、高温多湿の日本では麻やガーゼ素材が合うのではな
 いかと思っていました。
 これからの住宅事情、圧倒的にフローリングスペースが増えていくなか、自分でも欲しいと思って
 いたアイテムです。
 土足禁止にしている会社のオフィスでも費用対効果抜群です。
 「エコリメイク」や「いわてのホームスパン」のアイテムとしてもい~んでね~の!西條さ~ん!)
 

                        <そして仲間たち>
 
      “吹き硝子” Contrail 吉田浩子         “何気にカワイイ”帽子 工房「JUN」

もりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_1931503.jpgもりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_19323124.jpg


 吹き硝子の吉田浩子さんは、“アートフリマ土澤”にも出展していて淳子さんと西條さんとはそれ
 からのご縁のようですね。
 滝沢にある、ガラス工房「ガラ舎」のアシスタントをしながら創作活動をされているようです。
 (なかなか評判良く、無くなるくらい売れたって言ってましたよ!)

 帽子の「JUN]さんは、西條さんと作家仲間らしいのですが、名前は伏せてなそうです(笑)。
 (淳子さんが、「カワイイのいっぺあって大変だった!興奮すてスマった!」と言ってました。笑)
 
 
 
       “手紡ぎ”糸 狩野直子 昆野春香  

もりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_19331967.jpg
 狩野直子さんは、西條さんの大学
 (岩手大で美術専攻)時代の後輩
 で、昆野春香さんは現役の岩手
 大生、やはり“アートフリマ土澤”
 に出展していましたね。

 お二人は、いわゆる「いわてのホ
 ームスパン」の作品の展示販売、
 “糸紡ぎ”と“マーブル染め”の
 体験工房を実演をしながらやって
 いました。



 (しかし、淳子さんは若くないけど“ワカイ”ですよねぇ~笑
 若い頃から、カメラを向ければどんなことがあっても“カメラ目線”はキープして自分をアピール
 してきます。モデルでも目指してらったんだっけか?!
 今回のリポーターも「マイク持ってやりてがった!キヌちゃん羨ますな!」と言ってました。
 テレビ局の方々、スタイリスト兼リポーターもやらせでみだら?若ぐねけど!笑) 
  
 

                   盛岡町屋 旧八百倉家の外観

もりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_1936259.jpgもりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_19365991.jpg



もりおかクラシック  その弐  盛岡町屋「くらしの手しごと」_c0177259_19383851.jpg
 イベント当日、カメラマンが外観を撮り忘れて
 きたので、今朝っ!私が撮ってきました!

 綺麗に修繕されていて風情を感じる佇まいに
 なっています。
 機会があったら中も拝見したいですね。

 こういう所で、ウェディングドレスとウェディング
 スーツの展示会をやってみたいものです。
 


 如何でしたでしょうか!?“もりおかクラシック”
 「町並み全体も撮ってくればいいのに」と思っている都会の皆さん、それじゃあ“イーハトーヴの
 旅”をする楽しみがなくなってしまいます。

 「百聞は一見に如かず」 です。



 次回は、「エコリメイク」&新作の作品集です。 お楽しみに!!
                                               See you again



 

by itsformen | 2009-01-29 23:48 | もりおかクラシック | Comments(0)

【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編


 「いわてのホームスパン」をイーハトーヴ=理想郷イハテでカスタマイズされた帽子を
 【イーハトー帽】と呼びます。
 制作は、“謎の七変化”西條美子さん率いる工房「蟻」が担当しています。

 今回、新作が出来上がりましたのでご紹介します。
 大晦日に登場したパリのエスプリをオーダーされた盛岡のTKさんから帽子もということで
 オーダー頂いた作品です。

 今回のオーダー価格は¥15,750。
 生地によりますが¥12,600~¥23,100 にて承ります。
 (納期は約2週間)

   
       “パリのエスプリ”                  【イーハトー帽】

【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1125757.jpg【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1133533.jpg 
 














 S(56cm)・M(58cm)・L(60cm)とサイズが豊富なうえ、表から見えない所にゴムを施して
 あるので、自然なフィット感が“老若男女にマッチング”するよう仕上げています。

【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1252559.jpg【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1255370.jpg











【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_133327.jpg
 そもそも、パリコレのOャネル向けに織られた
 生地ですので、レディスのツィードジャケットか
 コートとして形になるのでしょうけど、TKさんと、
 「ロングジャケットと帽子に料理しましょう!」
 となりまして“パリのエスプリ”が誕生しました。

 「いわてのホームスパン」の中でもこちらのよう
 にボリューム感のある生地はふっくらと立体的
 に仕上がります。



 TKさんは、【IHATOVジャケット】と一緒にオーダーされましたが、「いわてのホームスパン」を
 先ずは、【イーハトー帽】から入るのも親しみやすいかもしれませんね。



 次回は、it's formen オリジナルシャツ(限定既製品)のご案内です。

         
                                               See you again

by itsformen | 2009-01-22 02:38 | いわてのホームスパン | Comments(0)

「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編


 前回の続きになりますが、同じハンチングを男性、女性、サイズ別に被った姿をご紹介します。
 その壱のサングラスの男が被っていたのは、Mサイズです。
 来年主役のMNさんが被っていたのは、Lサイズです。


                 「エコリメイク」価格¥7350 (納期約2週間)

      こちらは「ロイヤルカリビアン」シャツ作品集で登場したATさん、Sサイズです。

「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_2141839.jpg「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_215816.jpg








 ATさん、いつもは【Sartoria PLUM】のスーツで“ビシッ”とキメているのですが、この日は大好き
 な“温泉”帰りでしたので虚ろな表情をしています。(まぁ いつもこうなんですけどね 笑)



「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_212057.jpg こちらは、スタイリストの吉田淳子さん

 Sサイズです。
 
 ふっくらとしたデザインが

 女性が被っても

 “可愛らしさ”を演出してくれます。


「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_217617.jpg「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_2174929.jpg











「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_21816100.jpg こちらは、工房「蟻」の西條美子さん
 
 「エコリメイク」の制作者です。

 Mサイズです。

 女性が深めに被ると

 “マニッシュ”に。


「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_2192233.jpg「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編_c0177259_2195119.jpg

 







 土澤のアートフリマから約2ヶ月、イメージモデルをクラシカルながら斬新なセンスを持ち合わせて
  いるイタリアのある帽子メーカーのものを参考に、西條美子さんと試行錯誤しながら創りました。

 “ふっくら感”を特徴にして“老若男女にマッチング”するように仕上げています。
 新作や「エコリメイク」したモノは出来るだけ写真をアップしますので、そちらを参考にして頂けれ
 ばと思います。(*ご来店できる方は直に被ってイメージを掴んでみてください)

 HPのトップページから「エコリメイク」をクリックすると直接エコブログを見られるようになりました。

 来年早々には、第二弾!!
 “キャスケット”に着手します。乞う ご期待!!!
                                               See you again
                                         
         
 

by itsformen | 2008-12-29 11:53 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(0)

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤


“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_104767.jpg行ってまいりました!!花巻市東和町「土澤」に。
【IHATOVジャケット】を立ち上げたこともあって
今年こそは、街かど美術館アート@つちざわ
<土澤>に行ってみようと思っていたのですが、
今年はナッシングで来年からは2年ごとの開催、
というのを聞いてガッカリしていました。
ところが今回は、プロ、アマチュア問わずのアート
な作品を出品してフリマをするという企画のようで
「ほ~それなら」と、只今仕込中ですが、ウェディ
ング衣装やオリジナル小物を企画制作するチーム
の仲間に声をかけたら、「ものはためすではって
みる(翻訳:物は試し出店してみる)」ということに 
なりまして初日だけでも3人で集まりましょうと、
朝もハヨから行ってまいりました。

10月11日~13日までの開催で出店70ブース。
初日のオープン前後の模様をお伝えします。




               出店No.33 オブジェ・雑貨 「Wrap」ラップ

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_3114744.jpg

 なんか凄いメンバーですね~!とりあえずご紹介します。「チームwai」(仮称) 
 左から「オレ」、老舗のスタイリスト「Wrap」ラップの吉田淳子さん(今回の首謀者)、
 右が不思議大好き人間工房「蟻」の西條美子さん。全員、生まれも育ちも盛岡っ子です!
 このメンバーで、ウェディングドレス&スーツやステージ衣装、帽子などのオリジナル小物の
 企画制作を手掛けていきます。(ふふふ、どうなるんでしょうね~ワクワクしますね~笑)

 トータルプロデュース的なことを「Wrap」の吉田淳子さんが担当します。
 スタイリングは勿論のこと会場のディスプレイや装飾、フラワーアレンジメント、ラッピング、
 引き出物やプレゼント用品まで多岐にわたってコーディネートします。
 工房「蟻」の西條美子さんは、ウェディングドレスやステージ衣装を一点一点型紙から創るフル
 オーダーメイドです。(TVでお馴染みの岩手のアイドル?ふじポンの衣装も手掛けています)
 「オレ」は、メンズのウェディングスーツとステージ衣装を担当します。正、準礼装は勿論のこと
 ビジネススーツの生地でフロックコートのように仕立てて、披露宴が終わったら裏技を使って
 ビジネスで着られるようにリメイクするということもやります。

 具体的にお見せできる商品が出来上がり次第順次ご紹介していきます。
 
 では、この辺で「アート&クラフト・フリマ@土澤」の模様を面白おかしくお送りします。

  こちらの作品は吉田淳子さんの“テディ・ベア”達。めんこいでしょ(にこっ)
  この日吉田淳子さんは、イオン湯沢SCのCM撮影のためアルバイトに任せてすっ飛んで
  行きました!!!
  初日だっていうのに・・・。                        異様な二人

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_541387.jpg“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_13142083.jpg











    出店No.3 工房「光のオルガン」

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_5212781.jpg
 「My 古着」
 ’87~’98モノ(全てit's formenで購入)
 一番古いのは眼鏡。
 斉藤久夫氏のブランド「TUBE」のです。
 斉藤先生のセンスは大好きですね~!

 私が何故こんな恰好をしてきたかというと、
 My古着を別なモノに“エコリメイク”
 しませんか?というご提案です。
 この中でどう見ても「がほたら(翻訳:大き
 すぎ)」なのがツィードのシャツJKですよね。
 これを西條さんにあるモノに“エコリメイク”
 してもらいます。
 リサイクルもいんですけど本物のエコロジーと
 はいいモノを愛用することではないですか!!
 さあ~何がでるかな?何がでるかな?
 お楽しみに!!
 
 
 
  出店No.30 「京の屋」でんでん太鼓       お嬢さんありがとう~ と(ニヤついた顔)

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_615090.jpg“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6154252.jpg













   出店No.19 「とりごえ山」 竹細工         出店No.20 「Contrail」 ガラス

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6283237.jpg“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6294287.jpg









  「私たちの先生の作品は、銀座の名店でも         「きゃあ~ これカワイイ~」
 扱われておりますのよ」と言われた瞬間の         「けで!なんぼだえん?」
 とっさの行動!!                     (翻訳:これください、おいくらですか?)
                                 * 「毎度あり~あねごっ!」



  出店No.9 「UPOPO」 アイヌ刺繍        出店No.27 「よろず屋こんこん」 雑貨

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6403390.jpg“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6411356.jpg




   





  西條美子さんも只者ではないですよね~(笑)                      
  そして気になるのが後ろの                  大学の後輩たちに“説教”
  “にんげんJUKEBOX”                 「あっんでね!(翻訳:ちがうちがう)」
  いったい何をするのか??               優しく激励の言葉を掛けていました。

  

  出店Noなし いつもと変わらぬ風景と思いますが、驚いた!!きのこ専門店ですって!!
  「今朝の採れたてだよ~ 安いよ~」という掛け声が!
 
“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6525240.jpg“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6532127.jpg











              “マルコメックス”

“イーハトーヴの旅” その壱 アート&クラフト・フリーマーケット@土澤_c0177259_6543114.jpg
 都会の皆さん、こちらが岩手の
 原風景ですよ。家族全員協力
 して仕事をこなす。盛岡でもこう
 いう光景は見られなくなりまし
 た。特にこの坊や!何度も「ぼ
 っくこっち向いて」と言ってるの
 に振り向きもせず(きっと変な
 おじさんと思ったんでしょうね)
 頑なに黙々と与えられた仕事を
 こなしていました。久しぶりに
 “岩手原人”に出会った気が
 しました(笑)。
 

 こんな感じで「土澤」珍道中を楽しませていただきました。
 こうゆうのは久々でしたから大通り(盛岡の歓楽街)で飲んでるより楽しかったですよ!(笑)
 来年は、街かど美術館アート@つちざわ<土澤>として10月に開催予定のようです。
 都会の皆さんも地元の皆さんも私も“奮って”ご来場ください!!

 さあ、次回からは大取りのオーダーメイドメニュー【スーツ&ジャケット】をお送りします。



                                              See you again


 

by itsformen | 2008-10-31 11:41 | イーハトーヴの旅 | Comments(4)