タグ:チェスターコート ( 14 ) タグの人気記事

~先ずは上質なカシミアのチェスターコート~ 「VOLGA」 編


平昌五輪
毎日毎日「ニッポンちゃちゃちゃ!」
日本選手の連日の大活躍にワクワクして観ていますが、今日の羽生結弦選手は本当に素晴らしい!完全復活!流石です!超一流の芸術品ですね!
この調子で待望の金メダルを獲得してほしいですね!





~カシミアのチェスターコートを合わせる~


c0177259_22123424.jpg

「チェスターコート」
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」48L
シングルブレスト 3釦
ナチュラルショルダー
肩パット ナッシング
毛芯 ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ 裏地チーフ
腰P 両玉縁 フラップ
10mm ピックステッチ
袖口 筒袖
・織柄裏地 小紋ドット
 OP¥5,000+税
釦 鳥足掛け
センターベント
膝上丈(-5cm)

「VOLGA」China
マットブラック
TWILL
ピュアカシミア
400/420g/m
オーダー標準価格
¥165,000+税

c0177259_22124907.jpg

いつもありがとうございます。
気に入ってくださいましてありがとうございます。
お仕事で盛岡にいらしているとはいえ、ワタシの所にも足繁く通ってくださいまして本当にありがとうございます。
IHATOVジャケット から始まり共生地のハンチング帽、そのジャケットに合わせて今回のカシミアチェスターコート&共生地でデザイン違いのハンチング帽と、サロンにいらっしゃる度にオーダー頂いております今回のご依頼人は、50代後半、東京からお越しのSMさんです。
先日は、岩手のスーツ」初体験キャンペーン!に乗って頂きました。
ありがとうございます。


c0177259_22130853.jpgc0177259_22132693.jpg


















c0177259_22134978.jpg
c0177259_22140336.jpg

























~先ずはカシミアのチェスターコートから~


c0177259_22142148.jpg

「チェスターコート」
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」48
シングルブレスト 3釦
ナチュラルショルダー
肩パット ナッシング
毛芯 ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁 フラップ
10mm ピックステッチ
・袖口本切羽 4釦
 OP¥3,000+税
釦 二の字掛け
センターベント
膝丈(+-0cm)

「VOLGA」China
ダークネイビー
ビーバータイプ
ピュアカシミア
500/520g/m
オーダー標準価格
¥160,000+税


c0177259_22144251.jpg

あれはひょんな所での出会いでしたね。
毎年毎年お世話になっていますが、ワタシから会社に伺ったのは初めてでして、手続きが済んだ後にワタシの担当の方からご紹介いただきまして、何か仕事の話はそこそこに~洋服やら靴やら時計やら~の話で盛り上がってしまいました。
特に靴のコレクションには驚いてしまいました。
皆さんも羨むような靴を何足もお持ちですね。
「これからは洋服に掛ける!」と言って知り合った翌日に早速シャツのオーダーを頂きました。
そして、冬になれば盛岡の冬は当然寒いわけですから、愛読しているファッションディレクターの某干場さんの本をお持ちになり、「こんな感じのコートが欲しいです」ということで、it's Modelのオーソドックスにを試着して頂いたらご同伴の奥さまが非常にお気に召しまして~先ずはカシミアのチェスターコートから~ということでオーダー頂きました。今回のご依頼人は、40代半ば、盛岡のONさんです。

c0177259_22145454.jpg

~ビジネスで着ますがタイドアップしないので~

「THOMAS MASON」Italy
DARTSスタイル
「ラウンド」カラー
「大丸」カフス
・クレリック仕様
 OP¥1,000+税
・スプリットヨーク
 OP¥500+税
オーダー標準価格
¥16,000+税


c0177259_22151588.jpg
c0177259_22153122.jpg


















c0177259_22161390.jpg
c0177259_22155690.jpg


























“こんなになっていました” ~サロンの窓から~

c0177259_22164179.jpg


See you again


[PR]

by itsformen | 2018-02-16 21:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

様になります ~上質なカシミアコート~ 編


師走です。





~上質なカシミアコートを纏う~


c0177259_21043440.jpg

「アルスターコート」
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」48
ダブルブレスト 6釦
ナチュラルショルダー
肩パット ナッシング
毛芯 ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ 裏地チーフ
腰P 箱型 スラント
10mm ピックステッチ
・袖口本切羽 4釦
 OP¥3,000+税
・バックベルト
 OP¥4,000+税
釦 二の字掛け
センターベント
膝丈(+-0cm)

「GUABELLO」Italy
グレイッシュネイビー
ピュアカシミア
ビーバータイプ
460g/m
オーダー標準価格
¥152,000+税


c0177259_21050469.jpg
昨年の10年振りのご来訪から、一気にとはいきませんが徐々に徐々に新しいクラシックなアイテムを揃えています50代半ば、盛岡のKSさんからのご依頼です。
ワタシがこれほどまでにお薦めする生地はそうそうないのですが、カシミアとしての上質感と何と言っても他にはない独特の色味が魅力的な「GUABELLO」の生地で、このお値段で仕立てられる正真正銘のラストチャンスをKSさんはシッカリと掴みました。
シーズン前に再度生地屋さんに確認してみたら、本当の最後の一着分があったのです。
そして、この生地をちゃんと着こなしてくれそうな人たちにご案内メールをしてみたところ、速攻でメールが返ってきました。
KSさん!運気上がっていまっせ!
シングルブレストにするかダブルブレストにするか、何度もModelコートを着比べてみて、やはり落ち着いたのはダブルのアルスターでした。

c0177259_21055156.jpg
c0177259_21060732.jpg

















c0177259_21070194.jpg

c0177259_21071448.jpg


























~上質なカシミアコートを纏う~


c0177259_21074515.jpg

「チェスターコート」
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」44L
シングルブレスト 3釦
ナチュラルショルダー
肩パット ナッシング
毛芯 ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ 裏地チーフ
腰P 両玉縁 フラップ スラント
10mm ピックステッチ
・袖口本切羽 4釦 重ね
 OP¥3,000+税
・織柄裏地 ペイズリー
 OP¥5,000+税
釦 二の字掛け
センターベント
膝丈(+-0cm)

「GUABELLO」Italy
グレイッシュネイビー
ピュアカシミア
ビーバータイプ
460g/m
オーダー標準価格
¥150,000+税

c0177259_21081479.jpg

冬に上質なコートを着る
今年の初めのこの時点では最後の一着を、今シーズンに向けて吟味して料理しました40代前半、今年“〇〇御三家”に加わりました盛岡のMGさんからのご依頼です。
朝の通勤時間帯は、あちらこちらどこもかしこも大渋滞に見舞われるので、自家用車で来ても路線バスで来ても徒歩で来ても掛かる時間は同じ...
ならば身体のためにも歩こうと、雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ、丈夫な体を保つために毎日徒歩で通っています。
冬は軽くて暖かい上品な質感のこのコートを着て颯爽と歩いてください。
そして今月の下旬、いよいよ足元にもバッチリグッドなものが届きますね。
「ファクトリエ」by MIYAZAKI のネイビースウェード チャッカブーツ!

c0177259_21083119.jpg
c0177259_21084456.jpg


















c0177259_21090672.jpg
c0177259_21092365.jpg






















~「ファクトリエ」by MIYAZAKI スウェードチャッカブーツ

c0177259_21095076.jpg



See you again



[PR]

by itsformen | 2017-12-01 22:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

冬に上質なコートを着る 編


寒波だ!
-10℃
昔は盛岡では当たり前なことだったんですけど...ね。
北国らしい寒波が来ているらしいですね。
外で酒を飲んでも家で酒を飲んでも、水分を補給して体を暖めてからおやすみなさい。




ジャケット感覚の上質なコートを


c0177259_2383631.jpg「バルマカーンコート」
Sartoria iwate仕立て 

「stylish バル」44
シングルブレスト 3釦
打ち抜きフロント
バル(ステン)カラー
ナチュラルショルダー
肩パット~ナッシング
垂れ綿~極薄
腰P~両玉縁 スラント
極限コバステッチ
・袖口本切羽 袖番長
 OP¥3,000+税
釦 鳥足掛け
センターベント
膝上丈(-15cm)

「CANONICO」Italy
ネイビー×グレイ
ウール70%
シルク12%
ナイロン12%
リネン6%
オーダー標準価格
¥130,000+税

c0177259_23926100.jpg「承知しました!」
スーチングの上衣は、MKクラシックなら48サイズからのグレーディングなのですが、ボディもアームもピタッとして着こなしたいというご要望がありましたので、今回のバルマカーンでは44サイズから料理してみました。それでも、本来はジャケットの上から着用する設計になっていますから、ピタッとさせるには後補正での対処になりました。
こうゆう立体的な生地は本当に仕立て映えがしますね。
四者の異素材が織り成す上品な雰囲気が写真からでも伝わってきます。
こちらの上質なコートのご依頼人は、お正月は実家のある宮城で過ごされたようですが、年始は何かとお忙しいのでしょう、ファクトリエby宮崎製靴の靴を是非とも試し履きして頂きたかったのですが...40代半ば、盛岡のKSさんです。

c0177259_23113343.jpgc0177259_23115590.jpg
c0177259_2395837.jpgc0177259_23103471.jpg







オーソドックスに


c0177259_23151120.jpg「チェスターコート」
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」48
シングルブレスト 3釦
ナチュラルショルダー
肩パット~ナッシング
垂れ綿~極薄
毛芯~ナッシング
胸P~バルカ
腰P~両玉縁 フラップ
10mm ピックステッチ
・袖口本切羽 4釦
 OP¥3,000+税
釦 二の字掛け
センターベント
膝丈(+-0cm)

「GUABELLO」Italy
グレイッシュネイビー
ピュアカシミア
ビーバータイプ
460g/m
オーダー標準価格
¥150,000+税


c0177259_23155235.jpgit's Model
続 男の着丈は…?でのTUWAMONOチェスターの後継モデルです。
ボディのゆとりを多くしたくらいで仕様は殆んど変わっていません。
ただ、素材はどうしてもカタチにして残しておきたかった絶対的にお薦めの“ネイビーカシミア”
を用いました。
深みのあるややグレイッシュなネイビー、この色味はそんじょそこらには絶対的にナッシングです。
cancliniのドレスシャツとペイズリーのタイをお引き取りに、ファクトリエの靴を試し履きに、そしてファクトリエの帆布リュックを衝動買いしそうになったMGさんも、帰り際にこのネイビーカシミアを見てしまったものですから、来シーズンに向けて決心しました。残り“あと一着分”です。

c0177259_23162665.jpgc0177259_23164761.jpg
c0177259_23173352.jpgc0177259_23184786.jpg







“七草の前日” ~サロンの窓から~

c0177259_2322641.jpg

c0177259_23233220.jpg

c0177259_23235175.jpg



See you again


[PR]

by itsformen | 2017-01-13 22:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

~HARA KEI Model~ 幻の茶のコートをイマジネーション ~CAMELHAIR Tweed~ 編

 
春が 来た!
毎年そうなんですが、やはり3月は時が経つのが早い!
あれもこれも、それもこれも、やらなきゃならないことが一度に押し寄せてきます。
そんな中、~男の隠れ家的オーダーサロン~としてオープンして、そして東日本大震災から5年が経ちまして、改めて「夢と希望」をもって前へ進んで行こうと決意を新たにしておりました。
まあ、気持ちを切りかえてということですが、そうこうしているうちに、もう明日からは~春のお彼岸~ですよ!気温も一気に上がって「春温度」になりました。
ネタは売るほどありますので、春の陽気に乗ってオーダーのご相談に、いやいやご依頼に、どうぞいらしてくださいませ。




“5周年感謝祭”
『特典
期間中、~オーダースーツオーダージャケット&コート~をご依頼頂いた方に、
「Basic オーダーシャツ」 ~White Dandyism~Elegance Blue~Stylish Grey~ もしくは
JAPAN BLUE JEANS ~Ankle cut JEANS~French SLIM TROUSERS~ のどれかを
一着に付きお一つ“プレゼント”いたします。 
Sartoria iwate 仕立てでは“無料”にて、Super Standard 仕立てでは“半額”にて、
ご提供させていただきます。(金額に応じて case by case のプレゼントあり)
さらに~プレミアムチケット~をお持ちの方は「ムフフ」ですね。

 オーダー受付期間は、4月11日(月)までになります。

 ~ご予約、お問い合わせはこちらまで~





              HARA KEI Model 幻の茶のコート

              「いわてのホームスパン」 ~CAMELHAIR Tweed~ 

c0177259_1294311.jpgIHATOVジャケット 
チェスターコート~ 
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」 48 
ダブルブレスト 6釦
ナチュラル ショルダー
肩パット~ナッシング
毛芯~ナッシング
垂れ綿~極薄
胸P~バルカ
腰P~両玉縁 フラップ
10mm ピックステッチ
釦付~鳥足掛け
センターベント
膝上丈(-7.5cm)
・袖口 ターンナップ
 OP¥6,000+税

日本ホームスパン
~ニッポンツィード~
キャメルヘア
ツイル(斜文織)
オーダー標準価格
¥182,000+税 3.5m


c0177259_1302337.jpg「stylish ジレ」 48
シングルブレスト 6釦
・襟付OP¥2,000+税
コバ ピックステッチ
3パッチ~ワイングラス
オーダー標準価格
¥45,000+税 0.9m

「stylish ゼロイチ」 84
0タック トラウザーズ
ニッポン「葛利毛織」
グレイサキソニー
カシミア混5% 370g/m
裾幅18.5cm
オーダー標準価格
¥34,000+税


春が来た!と言っておきながらの今回は、“キャメルヘア ツィード”のご紹介です。(まんつさ笑)
キャメルヘアといっても、本物はそんじょそこらにはありませんし、手に入るのは大概はビーバータイプの服地だと思います。

c0177259_1393043.jpgところがどっこい、ここは~ニッポンツィード~の本場、岩手です。
「いわてのホームスパン」では初めての試みの~CAMELHAIR Tweed~
ワタシが2年前に見たときにゴッソリとありましたが、今回、日本ホームスパンさんが服地にしてくれました。
何でも、創業者の会長さんが大分前に原毛で仕入れていたもので、全く手付かずになっていたみた
いです。
c0177259_1395450.jpg“本物の駱駝色”のキャメルヘアに惹かれるワタシにとっては願ってもないことでしたけどね。
そして、構想は出来ていたので織り上がるなり速攻で料理したのが、こちらのラクダたちです。
もう最高に良い服地ですね!想像以上に良かったです!ツィードだから粗野なんですけど“上品な雰囲気”があるんです。そして軽い!またさらに、「いわてのホームスパン」の“懐の深さ”に驚いてしまいました。

*原毛を紡績した糸はありますが、基本的にオーダーを頂いてから服地に織り上げますので(キャメルヘアツィードは複数着分まとめて)、コートでもジャケットでも仕立ても合わせるとカタチになるまでに“3ヶ月程”みて頂ければと思います。

c0177259_22292880.jpgc0177259_22294539.jpg
c0177259_2231034.jpgc0177259_22311964.jpg
c0177259_22314372.jpgc0177259_2232082.jpg


c0177259_1412141.jpgなぜ?
HARA KEI Model~
かといいますと、こちらの生誕160年記念の冊子を作るにあたって、編集者のFさんから「原敬」のファッションについてコメントを頂きたいということで、色々様々な資料を拝見させて頂きまして、その中に、写真もどんなデザインなのかの文面も残っていない、暗殺される日の朝に奥方と着ていく着ていかないですったもんだした、フランス仕立ての~幻の茶のコート~のお話を聞いた時に、つくってみたいと想ったのです。
まるっきりワタシの妄想~想像~創造でつくったのですが、タイミングよく「日本ホームスパン」のKさんからキャメルヘアのお話がありまして、しかも、歴代首相の中でも一際ダンディズムを極めるフランス仕込みの原敬にイマジネーションできました。
ワタシもよく知りませんでしたが、原敬さん、かなりの洒落者で、本当の意味で洋服を格好良く着こなせる政治家だったんですね。
新聞社の社長時代には、これまたフランス仕込みのマナー本「でたらめ」を発行しています。
服装、食事の作法、訪問の仕方、客のもてなし、酒の飲み方などなど国際化時代に相応しいマナーの必要性について述べていて、現代にも通用する興味深い内容になっています。
最後に、妙な余談になりますが、日本のスタイリストの草分け的な存在の「原由美子」さんとはどうやら縁があるようです。




         “相乗りしましょう!”

c0177259_1442493.jpgIHATOVジャケット 
チェスターコート~ 
Sartoria iwate仕立て

「MKC クラシック」 52 
シングルブレスト 3釦
ナチュラル ショルダー
肩パット~ナッシング
毛芯~ナッシング
垂れ綿~極薄
胸P~バルカ
腰P~両玉縁 フラップ
10mm ピックステッチ
釦付~鳥足掛け
センターベント
ミドル丈(-10cm)
・袖口 ターンナップ
 OP¥6,000+税
・裏地 ペイズリー柄
 OP¥5,000+税

日本ホームスパン
~ニッポンツィード~
キャメルヘア
ツイル(斜文織)
オーダー標準価格
¥180,000+税 3.5m

c0177259_1433830.jpgご希望通りシャツや薄手のニットの上に羽織ってちょうど良いサイズ感のコートに仕上げました。
それにしても、見た目よりも実際に着用した時の“軽さ”にきっと驚くことでしょう。
ワタシの妙な提案にいつも賛同して頂きましてありがとうございます。
初めてのキャメルヘアを織り上げるタイミングで相乗りして頂いた、今回のご依頼人は、30代前
                             半、盛岡のKOさんです。

c0177259_2238620.jpgc0177259_22382570.jpg
c0177259_22384841.jpgc0177259_2239350.jpg







     “3.11 5年前もこんな感じに雪が舞っていた” ~サロンの窓から~

c0177259_1622313.jpg




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2016-03-16 23:55 | いわてのホームスパン | Comments(0)

~チェスターコート~を「イーハトーヴの大地」で創ってみた 編


春が立つ
全国的には、大雪だったり、大寒波だったり、都会や南国の方では北国のような冬を経験した所があったようですが、ここ岩手では、とりわけここ盛岡では、今年もめっちゃ暖冬なのっす!
今年は、18年ぶりに八幡さんの節分祭&火防祭に行って参りましたが、初めて祭事に参列させて頂いて初めて豆を撒く側のお役目をさせて頂きました。(めっちゃ楽しかったです!)
親鳥が持ってくるエサを待つヒナ鳥のように、ピーチクパーチクと口一杯ならぬ手持ちの袋をいっぱいに広げて、こちらに向かって叫んでいる姿が何とも滑稽に映りました。(御利益笑)
18年前といえば、予定日が一週間後に控えていたのですがたまたま火曜日に当たり、家族で節分祭に参拝してきまして、何とその翌日に次男が産まれたのでありました。(びっくりぽんや)





              「イーハトーヴの大地」 de ~チェスターコート

c0177259_2116716.jpg
IHATOVジャケ
ット
 
チェスターコート~ 
Sartoria iwate
仕立て

「MKC クラシック」50 
シングルブレスト 3釦
ナチュラル ショルダー
肩パット~ナッシング
毛芯~ナッシング
垂れ綿~極薄
胸P~バルカ
腰P~箱型スラント
10mm ピックステッチ
センターベント
膝上丈(-2.5cm)
・袖口 本切羽 4釦
 OP¥3,000+税

日本ホームスパン
~ニッポンツィード~
メリノウール×   
シェットランドウール
(手紡糸含む) 
大地の黒
オーダー標準価格
¥200,000+税 4m

c0177259_21163642.jpg
「この生地で創ってみます」「デザインはチェスターコートで」
一年前からだったでしょうか、~いわてのホームスパン~でコートを創りたいと仰ってから。
色々様々コートに合いそうな服地を見て廻って、今回ウチのオリジナルの「イーハトーヴの大地」を選んで頂きました。
けっこう岩手の寒さを気にされていましたので~大地の黒~のボリューム感ならコートらしさがあってグッドマッチングだと思いますが、如何だったでしょうか。
新年度からは~ドイツに渡る~そうです。ドイツも寒さのイメージがありますが、冬には活躍していただきたいですね。
そう、その前に、~いわてのホームスパン~初の「キャメルヘアツィード」が出来上がりまして、只今~チェスターコート&ヴェスト~を製作中です。
アンコンジャケットとしてもちょうど良い服地ですから、渡る前にご覧になってみてください。
今回のご依頼人は、南国のご出身ですが岩手がお好きな40代前半、盛岡のSTさんです。 


c0177259_2117361.jpgc0177259_21172459.jpg
c0177259_21175054.jpgc0177259_2118931.jpg


 ~大地の黒~はコートで2着分の在庫があります。 


             ~ご予約、ご相談はこちらまで~






           「ライヴに行こうぜ!」

         「永井ホトケ隆&KOTEZ」 ~Play The Blues!

  2月10日(水) 19:00 OPEN 19:30 START 大通り「Breandi」ブレアンディ

             charge:前売¥3,000 当日¥3,500
 
c0177259_236371.jpg




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2016-02-06 23:55 | いわてのホームスパン | Comments(0)

「気になるコートは如何でしょう?!」 ~CASHMERE~CAMEL~WOOL~ 編


 夏の終わり 
 さすがに今週は、市役所から聞こえてくる啄木メロディが流れる頃から涼しいというか天然クーラ
 ーの風が窓から心地よく入ってきます。  
 紺屋町のサロンに移ってからは「内丸大縁日」が終わると、「あぁ~今年も夏が終わったなぁ~」
 という感じがしてきますね。
 サロンに居ながらにしてLIVEを楽しめるっていうわけですが、昨日は「EXILE」のような多分違うと
 思うけどそんな感じのアーティスト良かったですよ。(「恋チュン」はさすがにもう飽きたズラ)
 そして今日は「臼澤みさき」ちゃん、民謡歌ってもポップス歌ってもなに歌ってもみさきちゃんの歌
 はいい素晴らしい。(あんべ光俊になりたい)
 そして大トリは「八神純子」、流石です。プロフェッショナルだと思いました。声のレベルが全然違
 いますっけ!大空の向こうまで通るような声、素晴らしいです。
 





                             “ラグジュアリーな一着を”

c0177259_21465423.jpg
 「Caccioppoli」 
 Itary

 ・Baby cashmere 
 ・Beby cashmere
  &vicuna
 ・Cashmere
  top china
 ・Cashmere
  water proof 
 ・Camel hair 
 ・Cashmere 15%
  ×Wool 85%
 ・New zeland Wool
 
 Sartoria PLUM 
 仕立て
 オーダーコート参考価格
 ¥170,000+税~560,000+税

c0177259_21483181.jpg
 アウターコートもや
 はり“ダブルブレス
 ト”
が主流になりつ
 つあるようです。
 ライト&タイトフィット
 仕様にはお馴染み
 の「アルスター」に加
 えて「チェスターコー
 ト」のダブルブレスト
 がオーダー可能にな
 りました。
 そしてさらに、コンス
 トラクテッドな「ピーコ
 ート」とクラシックな
 雰囲気漂う「ポロコ
 ート」と、拘るお客さ
 んたちを迎えうつべく
 多彩な布陣を組んで
 お待ちしています。

                       “上質なカシミアで” ~コート&ジャケット~

c0177259_21492365.jpg
 「VOLGA」 
 China Cashmere

 原毛~紡績~製織
 ~仕上げ~検査~
 出荷と全ての工程を
 カシミアの原産国で
 こなすハイクオリティ
 &コストパフォーマン
 スな服地です。

 Sartoria PLUM
 仕立て 
 ジャケット参考価格
 ¥131,000+税
 コート参考価格
 ¥170,000+税

c0177259_21485846.jpg
 確かにカシミア素材
 は高価でラグジュア
 リーなものですが、
 着用頻度はそれほ
 ど高くなく(いつも着
 てる人もいますが)、
 オーダーメイドでは
 デザインはベーシッ
 クかつオーソドック
 スなものになります
 から飽きもそれほど
 感じられずに“大人
 の愉しみ方”
がで
 きる生地になりま
 す。既にお持ちの方
 は“柄で遊ぶ”のも
 よし、未だお持ちでない
 方は無地かヘリンボーンのベーシックなところを押さえておけば間違いありません。

                 ~ご予約、お問い合わせはこちらまで~


c0177259_21491294.jpgc0177259_21502380.jpg
c0177259_21501748.jpgc0177259_2151950.jpg
c0177259_21515468.jpgc0177259_21521575.jpg








                 “内丸大縁日の花火” ~サロンの窓から~

c0177259_23303675.jpg


                        “大縁日のあと”

c0177259_23315092.jpg


                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2014-08-31 22:55 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

続・男の着丈は・・・? ~うんたらかんたら~ 「チェスターコート」 編


ソチ劇場
いよいよ開幕しましたね、ソチオリンピック!
日本選手たちの活躍はもちろんのことですが、世界最高峰のパフォーマンスを一堂に見られるのはワクワクしますねぇ、また夜も寝られなくなります。
そして、何と言っても開会式は一番の楽しみでしたが、ソチ五輪でも大国ロシアの歴史を振り返る壮大でスペクタルファンタジーな物語は素晴らしかったですねぇ。
~ロシアの夢~を感じました。




冬場 になると未だに圧倒的なアクセス数を誇っているものですから(笑)、男のコートの着丈は?の続編ということで、今回は、(ああ~髪型も変わっていましたね)ダブルブレステッドのスーツにドレスシャツとタイを、そして靴はブーツを合わせて撮ってみました。
もう何回もご覧になって頂いているようですから、より“リアルな雰囲気”を感じとってもらえればと思いましてね。(現実笑)

実際、都会の方では厳冬&大雪で大変なことになっているみたいですね。
で、“とーほぐ”もそうらしいのですが、「こご盛岡は大したごどねのす。寒ごどは寒んとも、雪少ねよこどしは」




ベーシックな膝丈だよ

c0177259_21103554.jpg
【TUWAMONO】  
チェスターフィールド

Sartoria PLUM仕立て

「MKC クラシック」48
シングルブレスト 3釦
ナチュラルショルダー
肩パット~ナッシング
毛芯~ナッシング
胸ポケット バルカ
腰ポケット両玉フラップ
10mm ピックステッチ
袖口本切羽 4釦
(OP¥2,000+税)
裏地 グレンチェック
(OP¥7,000+税)

ニッポン「葛利毛織」
漆黒 純毛 ビーバー
オーダー標準価格
¥105,000+税

“藤原式膝丈算出法”
膝丈(+-0cm)
c0177259_21112970.jpgc0177259_2112055.jpg
c0177259_21122916.jpgc0177259_21125784.jpg

着丈のバランスは人それぞれの好みがありますし、デザインが同じシングルブレストのチェスターだとしても“ショートとロング”で素材や色柄を変えて“カジュアルとフォーマル”にふた通り作ってみるとか、“器用に愉しめる”のがオーダーメイドの面白いところ。
まずは、“ベーシックな膝丈”を参考に“自分スタイル”の妄想~想像~創造してみては如何でしょうか。(独自笑)







                 THE SOCHILIST

                   maochan
 
c0177259_22275110.jpg


                   “ふ~む・・”
                           

                                             See you again
[PR]

by itsformen | 2014-02-10 03:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

やっぱり冬にはコートらしいコートを ~ 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編


 小雪 ですよ、皆さん!
 “角のハイボール”というよりは、紫波月の輪の純米酒(フツーのだよ)で“ぬる燗”がいい季
 節になってきました。(美穂笑)
 そう、日本酒は神棚にもお供えするので毎週四合瓶を買うわけですが、3.11の大震災の前まで
 は主に八幡平鷲の尾の金印(本醸造)だったのですが、震災後は三陸沿岸のお酒をと思い
 まして釜石浜千鳥の本醸造を呑みはじめました。サラッとして口当たりも良く気に入ってい
 ましたが、ある日“純米酒”を呑んでみたところ予想よりも甘口で私的にはイマイチだったので、次
 は違うのにしてみようかと思いしばらくぶりに「月の輪」の純米酒に“手を出して”ヤラれてしまいま
 した。今まで味わったことのない“芳醇なワイン”のような香りとコクにハマっています。
 今、“純米酒”のレベルで先ずは地元岩手から次は東北という順に色々な土地のものを飲み比べ
 てみようかと思っていました。あくまでも“特別”のつかないフツーのやつで。
 特別がつくと“特別な個性”が分かりづらくなるようですね。
 もちろん、大吟醸とか純米吟醸とかは洗練されていて旨いのですが、“純米酒”ほど個性がハッ
 キリと表れるものは無いと思います。ついついこんなことを考える季節になってきました。(愉笑)





                            “デニム&ブーツに合わせます”

c0177259_21505324.jpg
 TUWAMONOコート 

 Sartoria PLUM 仕立て

 “チェスターフィールド”
 「MKC-S クラシック」 44
 シングルブレスト 3釦
 ナチュラルショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング
 胸ポケット バルカ
 腰ポケット フラップ
 10mm ステッチ
 袖口本切羽 4釦
 (OP+¥2,100)
 裏地 アラベスク
 (OP+¥12,600)

 ニッポン「葛利毛織」
 純毛 モッサ 漆黒

 オーダー標準価格
 ¥110,250 

 こちらは、旧菜園店舗の
 最終日に“コートのご相
 談”
ということで初めて
 いらして頂きまして、こちらのオーダーサロンに移転してからは様々なアイテムを“興味深く”オー
 ダーされています現在30代半ば盛岡のHHさんの作品です。

 前回のハウスモデルと同じデザインパターンですが、基本サイズも着丈も違いますのでデザイン
 は同じでも“顔の表情”が違ってきます。この辺が“オーダーメイドの妙”なところで、着る人によ
 って個性を愉しめる既製品にはない醍醐味です。
 そして今回HHさんは、「たまにスーツにも着用しますがメインは“デニム&ブーツ”に合わせ
 ます。しかも寒がりなので着丈は膝丈やや下に合わせてください」という“リクエスト”でした。

c0177259_21513951.jpgc0177259_2152692.jpg


















                              “裏地にもこだわる”

c0177259_21525580.jpg
 皆さんも“ムムっ”と思
 ったかもしれませんが
 ご本人のHHさんも仕
 立て上がりをご覧にな
 って“ムムっ”としてい
 ました。(笑汗)
 「ちょっくらやりすぎだ
 べが・・?」
 と思ったようですが、こ
 の“アラベスク”の柄
 に決まる前の候補は
 「エミリオプッチ」ばり
 のもっと派手なシルク
 のプリント柄でした。  

                                 
c0177259_21533113.jpg
 このあたりでも充分に
 アイデンティティを醸
 し出しています。
 (落所笑)
 約200柄あるオプショ
 ンの裏地は、明治時
 代から続く神戸の“ふ
 ぞく屋さん”(イギリス
 イタリア、ドイツから輸
 入した釦や裏地から
 毛芯や肩パットまで
 洋服づくりに必要な
 “副資材”を扱う業者)
 から仕入れています。
 今回HHさんが選んだ
 ムスリム~カリグラフィー
 の“アラベスク”は、ヨーロッパからデザイン画を取り寄せて日本の職人によって“転写プリント”
 を施しています。  
 勿論、既製品にはないですし、扱っている“テーラー”もそう多くはないと思います。
 人とは違う、自分だけの満足感に浸りたい人には持って来いの“200柄”です。(自己満笑)






                                   THE SARTORIALIST

                               Military Shirts , Florence & Milano

c0177259_363165.jpg
 バンド活動といえば、本格的には
 高校生になってからでしたね始め
 たのは。
 で、ちゃんと形になったのは高校
 2年の時でしたかね。
 “バットマン・ブラザーズ・バンド”
 「オールマン・ブラザーズ・バンド」
 に因んで付けた名前で、前出の
 周りを気にしない天然キャラのA
 と“もう一人のリードギター”で、
 練習では感情のこもったいい音色
 を奏でるのですが、何故か本番に
 弱い高校の同級生Kの苗字が
 “バットマン”であったものですから
 このバンド名になりました。
 ベースを担当したのは、私とは
 幼稚園から中学校まで一緒で、
 普段の行動とは裏腹にステージに
 上がると大人しくなってしまい黙々
 とベースを弾き続けるC、そして、
 キーボードとヴォーカルを担当した
 のは、高校の同級生で楽器は
 器用にも一通りこなしてしまう
 “マルチプレイヤー”と言われて
 何となくカッコイイのですが、その頃から
 故近江俊郎に似すぎていたのが玉にきずだったK、この5人でバンドを組んで活動していました。
 
 “新人発掘コンサート”~“ロック・ゼロ・イン”~“ロック・ジャム”~などなど・・・
 やあやあやあ~ 懐かしくて~ 思い出がてんこ盛りで大変だ~
 
 そういえば、その当時の岩手のアマチュアバンドの絶対的な縁の下の力持ち、東山堂楽器店の
 Mさんに言われたことを思いだしました。
 「お前ら、会場では絶対にタバコ吸うなよ!お前たちだけの問題じゃなくなるんだからな!高校生
 という立場を自覚しろよ!」と説教されたのを思いだしました。

 では、また、ぼちぼちと・・・


                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2011-11-24 05:00 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編


 初雪 今週初め、ここ盛岡では“雪んこ”がボタボタと舞い始めました。
 先週までは紅葉が見ごろと言ってたのですが、今週末になると木々の枝も淋しくなり、街なか
 でも最低気温が“マイナス”を記録します。
 いよいよ、日本一寒い県の本州一寒い都市の“冬”がやってきます。


 (TPPの賛否を論ずる前に、先ずは日本人が日本のものを買う意識を高めることが肝要では
  ないかと思うのですが如何なものでしょう?例えば、外国から農産物が入ってきたとしても買
  わなければいい話で、農業に携わる人たちの多くが反対しているようにみえますが、食に関
  しては自給自足なのでしょうけど、衣と住に関しては結構な割合で外国製品を買ってないで
  すかね?その辺の『自分さえよければいい』という意識を変えなければ、いくら論じても埒が
  明かないと思いますね)





                               「チェスターフィールド」

c0177259_21335340.jpg
 TUWAMONOコート 

 Sartoria PLUM仕立て

 「MKC-S クラシック」 48
 シングルブレスト 3釦
 ナチュラルショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング
 胸ポケット バルカ
 腰ポケット フラップ
 10mm ステッチ
 袖口本切羽 4釦
 (OP+¥2,100)
 裏地 グレンチェック
 (OP+¥7,350)

 ニッポン「葛利毛織」
 純毛 モッサ 漆黒

 オーダー標準価格
 ¥110,250 

 “つわもの”  
 「チェスターフィールド」
 ハウスモデルをご紹介
 します。
 昨年の通称“ビーバーウール”が好評だったものですから今年もリクエストしてみました。
 そして、今年はカラーバリエーションが増えて4色の中から選ぶことが出来ます。
  
c0177259_21342876.jpg
 昨年ほどのヌメり感はあ
 りませんが、その分より
 カシミアっぽくなくて私的
 には狙いどうりの展開に
 なりました。(ほくそ笑)

 流石です!ゆっくりとじっ
 くりと“ションヘル織機”
 が織り成す「葛利毛織」
 特有のほっこりとした
 風合い。

 並みのカシミアに飽きた
 人やこれから10年飽
 きずに着られるコート

 お探しの人には“絶対多
 数”な気持ちでお薦めし
 ます。

 いや~本当にですね、純
 毛モッサで目付も480
 g/mとシッカリある素材で
 の軽やかな着用感と、
 成度の高いデザインパ
 ターン
は日本人の誇りと
 言っても過言ではないと
 思います。

 いつまでもバカの一つ覚えみたいにイタリアおやじがウンタラカンタラってチャラついてないで、
 世界に通用するメイド・イン・ジャパンもあるのですから、そろそろ見直す時期に来てるのでは
 ないですかね。

c0177259_2135527.jpgc0177259_21362724.jpg



















                              “四品ご用意しました”

c0177259_21371173.jpg
 ベーシックなところを
 四品。
 
 ・漆黒のブラック
 ・紺屋のダークブルー 
 ・炭灰のチャコール
 ・駱駝のキャメル  

 ご自分のワードロー
 ブに合わせてお好き
 なお色をお選びくだ
 さい。

 また、標準仕様には
 ない裏地も約200柄
 ご用意しています。
 有料オプションになり
 ますが、お気軽にご相談くださいませ。



                               “ベーシックな着丈”

c0177259_21383359.jpg
 ベーシックな着丈とく
 れば“膝丈”です。
 
 巷のファッションに流
 されず、颯爽とスピー
 ドで歩いたとしても邪
 魔にならず、真冬の
 寒風を防げるくらいの
 丁度いい着丈という
 と、やはり何といって
 も“膝丈”になります。
 
 昨年はアルスター
 をご提案させて頂きま
 したが、実際に皆さん
 が指定した着丈という
 と私の予想に反して
 “膝丈”でした。
 ここ3~4年、既製品
 の着丈がドンドン短く
 なって市場に出回る
 ものですからコートら
 しいコートが欲しくな
 るわけですよねえ。
  
 そして、今年は「チェ
 スターフィールド」の
 ご提案です。 
 短丈でもロング丈でも料理はしやすいシングルブレストですが、あえてベーシックな着丈の
 “膝丈”にしてみました。
 OYAJI なら「どやどやっ!」って自分をデフォルメしたくなる時だってあると思うのですが、
 それはイザというときに取っておいて、普段はベーシックを装うのです。
 “羊の皮を被った狼”ということわざもあるくらいですから。(ハコスカ笑) 






                 “晩秋の黄昏” ~ サロンの窓から ~

c0177259_1856015.jpg


c0177259_18563676.jpg



  音楽といえば、小学校6年のときに毎週欠かさず聴いていたのがラヂオ番組の“ポップス20”
  ノートに表を作って20位から1位まで毎週ランキングを付けていたものです。
  「ミッシェル・ポルナレフ」の“シェリーに口づけ”、「アメリカ」の“名前のない馬”、「スリー・ドッグ
  ・ナイト」の“ブラック&ホワイト”、「スティーリー・ダン」の“リキの電話番号”、「ギルバート・オ
  サリバン」の“アローン・アゲイン”、「ザ・ビージーズ」の“小さな恋のメロディ”などなど挙げたら
  キリがないですね、今でも鮮明に憶えています。(好上手笑)
  その頃から洋楽一辺倒で、歌謡曲はテレビで見て聴いていましたが、フォークやニューミュー
  ジックにはほとんど興味がなく「ユーミン」などは30才過ぎてからその当時の曲を聴くように
  なりました。(笑汗)

  そんなロックな「わらす」(翻訳:子供)でしたが、中学校2年のときに正当派な音楽にハマっ
  た時期が「ぺっこばり」(翻訳:少しだけ)ありました。
  それは、誰もが参加したことがあると思います学校内の合唱コンクールです。
  我が2年4組は、その手の行事には全くと言っていいほど感心がなくまとまりもよくないわけ
  で、最下位は間違いないと言われていたのです。
  ところがですねえ、その年にとなりのトトロに出てくるような大自然の中にある学校から転勤
  でやってきた担任のM先生の采配がズバリ的中しました。
  何と、正統派な指揮を振るM子を退けて“ワル”の一員であったしかも音痴のTを指揮に抜擢
  したのです。(まあ、音痴だから歌わなくてよかったのかもしれませんが・・・笑汗)
  
  指揮なんてやったことのないTでしたが、M子のマンツーマンの指導で何とかとりあえずの形
  にはなり、サウスポーなのも幸いしたのか、一通り出来るようになったら妙な自信を持っちゃ
  って顔つきまで真面目な生徒っぽくなり、なにかスイッチが入ったという感じでしたね。
  そんなTの姿を周りの同級生たちも見ているわけで、私も含めて“ワル”の連中もだんだん本
  気モードになり、課題曲は忘れてしまいましたが自由曲は、「4組には絶対無理」と他のクラ
  スからもムリ出しされた「荒野の歌」に挑戦して見事優勝を勝ち取ったのでありました。
  (逆転満塁本塁打笑)

  ホントにですね、こうゆう経験って大事なことだったんだなって大人になってから実感するわ
  けで当時は反抗ばかりしていましたが、みんなにこうゆう経験をさせてくれたM先生には感謝
  していますね。(私の父親の葬儀には真っ先に駆けつけてくれて弔辞まで述べて頂きました。
  感謝笑)
                                                                   


                                                 See you again                                                                            
  
[PR]

by itsformen | 2011-11-18 23:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

ベージュ&ブラウン~チェック&ソリッド~ピンチバック~ダブルブレスト~ “よりクラシックに” 編


 自然の“力”の猛威は計り知れなく恐ろしいものです。
 今度は紀伊半島で、台風による豪雨が甚大な被害をもたらせました。

 台風が去ったあとの盛岡では、「まんづ、涼す」。いよいよ“秋の訪れ”という感じですが、中ノ橋
 の橋上では、~“舌戦”~“拡声器戦”~“手振り戦”~“作り笑戦”~が繰り広げられています。
 来る、9.11の岩手県知事選!県議選! 今年ほど今回ほど、政治家の“真の力”に期待が掛
 かる選挙はないと思います。
 (“選挙どころではない”という人もいますが、岩手の復興は?未来は?・・他人ごとに出来ない
  はずです。因みに私的には、オヤジ&オバチャンたちに任せても・・さほど・・変わらんかな・・と
  思いまして・・今回は、“若い人達の情熱”に懸けてみようと思っています。博打笑)
  



  ~素材は世界から~ ニッポン~イギリス~イタリア~生地バンチが揃いました。

                           “ベージュ&ブラウン” 自然に新鮮

c0177259_3155766.jpg
 “使い勝手のいいヤツ”

   「WOOLMEISTER」

 ベージュ系~ブラウン系~
 久しぶりに本格的に、トレ
 ンド
(大きな流れ)になる
 ようですよ!

 SCOTOLAND からの“ツィ
 ード・ウィンドペン”でジャケ
 ットを~ITALY からの“コッ
 トンフランネル”でパンツを
 ~「どやどや ええんちゃう」
 

               “ピンチバック・スタイル” よりクラシックに

 Sartoria PLUM 「RESZ クラシック 6&9」 ヨーク~バックベルト~フラップ切替可能

c0177259_3173143.gifc0177259_318514.gif


                                   “チェック&ソリッド” JK&P

c0177259_3185579.jpgc0177259_3193233.jpg


                           “ダブルフェイス” 二つの顔をもつ男

c0177259_3212747.jpg
 「WOOLMEISTER」

 Italy 
 「TALLIA DI DELFINO」
 
 “二つの顔をもつ男”
 ジャケットでもコートでも
 タイトフィットな着用感
 味わうために織られた
 Fit Jacket シリーズ。
 (毎シーズン品切れ必至)
 急げ!急げ!急げ!
 “ライト仕様”で軽やかに~ 


                         “タイトフィットなチェスター” アルスターの弟

c0177259_3221225.jpg
 Sartoria PLUM 仕立て

 「MKC‐S クラシック」 
 シングルブレスト ノッチ
 チェスターコート

 ・AMFステッチ
 極限コバ(10mm可)
 ・腰ポケット
 箱型(両玉縁フラップ可)
 ・筒袖・釦なし 標準仕様
 本開き OP+¥2,100
 ターンナップ OP+¥5,250
 ・バックベルト OP+¥5,250
 ・ライト仕様 OP+¥5,250

 写真のチェスターは、原子力
 に代わる“自然エネルギー”
 の調査発掘のために東北や
 北海道の山奥に入り“スズメ
 バチ&ヒグマ”の襲来をも恐
 れず日本国民のために尽力
 されています滝沢のHAさん
 の作品です。

 こちらの作品は、秋口からの着用も見越して春先にオーダー頂きました。(充実笑) 
 「TALLIA DI DELFINO」 Napoli シリーズ Super120’s ウーステッド ヘリンボーン
 オーダー標準価格¥103,950

  
             “ライト仕様” 大見返し アルスター&チェスター共通

c0177259_3225432.jpgc0177259_3231816.jpg





















                【TUWAMONOスーツ】の素 「葛利毛織」

c0177259_3242611.jpgc0177259_325670.jpg



















                            “ダブルブレステッド” タイトフィット

c0177259_3263648.jpg
 【TUWAMONOスーツ】

 Sartoria PLUM 仕立て

 MKJ‐2W クラシック 
 ダブルブレスト ピーク
 ナチュラル ショルダー
 (肩パットなし~垂れ綿極薄)
 チェンジポケット
 サイドベンツ
 極限コバステッチ
 袖口本開き
 ウォールナット釦

 「SPT‐1T‐P」 トラウザーズ
 (パンチェリーナ タイプ)
 
 ニッポン「葛利毛織」
 ウール79%×モヘア21%

 オーダー標準価格¥121,800 

 こちらは、トレンド(大きな流
 れ)に乗って“秋冬物”でも
 ダブルブレストで極めてやろ
 うと意気込んでいます、春に
 お作り頂いていました“〇〇御三家”のお一人盛岡のHIさんの作品です。(充実笑)
 
 DRAPERS」 「Caccioppoli」 「EUROTEX」 「CERRUTI 1881 今シーズンも継続しています。

c0177259_327354.jpgc0177259_3283465.jpg


















c0177259_329113.jpgc0177259_330061.jpg





















   “使い勝手なスーツバンチ” 【Sartoria PLUM】 仕立て オーダー標準価格¥94,500~

c0177259_3312613.jpgc0177259_332286.jpg




















 “イギリス~イタリア” アソート 【Super Standard】 仕立て オーダー標準価格¥70,350~

c0177259_2164231.jpg


   ~ 趣のある季節がやってきます ~ 着る愉しみを味わってみてください ~


                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2011-09-08 23:52 | 新着!お誂え向け | Comments(0)