人気ブログランキング |

タグ:エディ・モネッティ ( 1 ) タグの人気記事

新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編

 
 今回は、【TUWAMONOスーツ】で“勝負する”の前に“つわもの”たちの胸元を演出する it's
 formen オリジナルタイと、「SCAGO」の新作“シャツブルゾン”が出来上がってきましたので
 早速ご紹介します。


                                  “つわものはタイを締める”

新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_18285694.jpg
 不思議なもので<クールビズ>=<ノー
 ネクタイ>が当たり前になり、いつの間
 にか年がら年中ノーネクタイで通す人も
 出てきてしまいました。
 (ビジネスなのに・・・)

 この大不況、社会全体がそうだから仕方
 がないところなのでしょうが、どうやらそ
 んな中でも“デキる男”とそうでない男の
 差がハッキリ出てきてるらしいのです。

 それは何にかというと“ネクタイの演出”
 なようですね。
 “デキる男”は要所要所でネクタイを上手
 に使う。
 そうでない男は一日中“センツァクラバッ
 テ”(*雑誌の見すぎで肝腎のビジネス
    を忘れている“本バカ”)

 “つわもの”は勝負所で“タイを締める” 


 
新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_18293867.jpg
 ネクタイもそもそもは、スーツ
 (背広)と同じく西洋からの
 文化ですが“日本のネクタイ”
 も大したもんになりました。

 色柄、握った質感、締め具合
 存在感、お値段、
 “グッドバランス”です!

 メイド・イン・ジャパンの聖地
 「京都西陣」の伝統の“卓越
 した技”が可能にしています。
 勿論、“ハンドメイド”です。

 日本人の*“陶鋳力”ですね。

新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_18302333.jpg
 「it's formen オリジナルタイ」
             ¥8,400
               20本
 今回は、芯地は入っています
 が裏地を使わず表地だけで
 作りましたので上品な質感に
 なり裏の顔も“イケメン”になり
 ました。

 イタリア最高峰“クラシコイタリ
 ア”の一つ「エディ・モネッテ
 ィ」のドレスシャツ¥30,450
 と合わせても引けを取りま
 せん。
 (ウチでは「エディ・モネッティ」のタイ¥18,900~も扱っていますが、生地のクオリティは違うに
  せよ拘りのお客さんに「藤原さんとこのタイのほうが締め具合いいですよ」と嬉しい評価を頂い
  ています。・・・が、結構微妙な気持ちなんです・・・笑汗)




      「SCAGO」 シャツブルゾン コットン 48サイズ オレンジ・黒 各¥19,950

 (*スカゴのI社長はトレンドのテイストは入れてきますが必ず“一捻り”してきます。巷はシャツ
  ジャケットで展開していますが、ご覧のようにシャツ衿のブルゾンに“料理”してきました)

新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_1973660.jpg新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_198535.jpg


















   インナー 「SCAGO」 zipup スタンド半袖 鹿の子 48サイズ グレー・黒 各¥13,650

新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_1995669.jpg新着!“つわもの”たちの胸元&「SCAGO」シャツブルゾン編_c0177259_19103419.jpg




















 *陶鋳力とは

  ご存じの方もいると思いますが、「安岡正篤 一日一言」という本の中に出てくる言葉です。
  閏年も合わせて一年366日分の“気づきの言葉”が綴られている佳書です。
  その中の3月28日の言葉です。そのまま抜粋して書きます。

   「日本には世界中の飲食物がある。そして我々が食べても実際おいしいと思う。
  西洋人にはこれができない。他民族のものを食べると直ぐ腹をこわす。
  この点日本人の胃の腑は非常な包容力・消化力を持っている。
  山鹿素行に言わすと陶鋳力である。陶鋳力とは消化力・包容力を併せた創造力をいう。
  仏教が来れば仏教、儒教が来れば儒教と、なんでも自由自在に消化してしまう。
  時には腹下りも中毒もやるが、いつの間にか日本化していまう」


  以上、こういうことなのですが、ここに出てくる山鹿素行という人は江戸時代前期の儒学者・
  兵学者と書かれています。
  驚きますねえ~まだ鎖国の時代。この頃既に日本人の“アレンジ能力”が分かっていたとは、
  元々そういう能力が具わっていたのかもしれませんね、日本人には。

  現在を鑑みるとうなずけますね、だって、東洋のものでも西洋のものでも“本物よりいいもの”  
  を創ってしまうんですから。




 いよいよもって次回からは、【TUWAMONOスーツ】で“勝負する”をお送りします。


                                                See you again                                         
                                                                                         
    

by itsformen | 2009-05-20 23:54 | ピックアップアイテム | Comments(0)