ウェディングも“自分スタイル” Tご夫妻 結婚披露宴 編


 遅ればせながら今回は、2月28日の大安日に結婚式を挙げられました、あの“一枚のポスター”
 から始まった“ものがたり”の主人公、盛岡のTご夫妻の結婚披露宴の模様と、「ウェディングドレ
 ス」と「ウェディングスーツ」をご紹介します。
 盛岡八幡宮での挙式の模様は、前出のカテゴリ新着!お誂え向けでちらっとご紹介しまし
 たが、そのあとのリサージュ ラヴィモアにて行われた披露宴の模様をこちらも「ぺっこばり
 (翻訳:ちらっと)」お見せします。(実は写真が多くなかったもんで・・・笑汗)


                             クライマックスのあとの “ふぅ~” ふ

c0177259_2114094.jpg
 ジャッジャジャ~ん!
 こちらは披露宴を終えたあとの
 お二人です。
 お二人とももの凄く安堵の表情
 をしていますね。
 緊張と感動と涙とで相当なエネ
 ルギーを使ったんだろうなと想
 像ができます(笑)。
 本当におめでとうございました。
 と同時に「これからが本番です
 よ」と言っておきます(笑)。

 新婦Mさんの「ウェディングドレ
 ス」は念願の“いわてのホーム
 スパン”の素材を用いて、工房
 「蟻」の西條美子
さんがデザイ
 ン制作、あの安比高原の“一枚
 のポスター”に近づけた雰囲気
 に仕上がりました。
 ドレスのボディ部分は日本ホー
 ムスパン
の織りと圧縮を施した
 ウール生地を用いました。
 そしてショール部分は西條美子
 さんの作家仲間でカテゴリー
 “もりおかクラシック”その弐でもご紹介した狩野直子さんによる“手紡ぎ手織り”のホームスパ
 ン生地を用いています。 


      素材の“素直さ”を活かしてデコラティブにならずシンプルに削ぎ落としました。

c0177259_21214169.jpgc0177259_2122917.jpg

c0177259_21182111.jpg 
 お二人微笑ましい雰囲気ですね。
 友人たちの余興でも楽しんでいる
 のでしょうか。
 新婦Mさんの“ショール”と“ヘッド
 ドレス”、新郎Nさんの“コサージ
 ュ”を手紡ぎ手織りのホームスパ
 ンでお揃いにしています。
 そして新郎Nさんのネクタイはドレ
 スと同素材の圧縮ウールのホー
 ムスパンで作りました。
 ドレスのショールにはレース素材
 を組み合わせたり“スワロフスキ
 ー”をあしらって最小限の華やか
 さを醸し出しています。 

                     “シンプル イズ ゴージャス”    
 
c0177259_21225377.jpgc0177259_21232275.jpg


                        “見えないところで”

c0177259_14543162.jpgc0177259_21241292.jpg


c0177259_1458562.jpg
 新郎のNさんは新婦のドレスを引き立
 たせなければなりませんので濃紺地
 に白のストライプ柄で“シンプル イズ 
 ベスト”にまとめましたが、見えない所
 で主張したいということで裏地を“紫”
 にしてみました。
 そしてドレスシャツはイタリアの「エル
 バ」の立体ヘリンボーン生地を用いて
 「ロングレギュラー」の襟型に、ダブル
 カフスの左袖には裏地の紫に因んで
 ラベンダー色の糸でネーム刺繍を入
 れています。釦はもちろん“白蝶貝”

 *新郎の「ウェディングスーツ」の詳細はカテゴリ“ウェディング&フォーマル”の2月7日スーツ&
 ドレス(トワル)編
をご覧ください。


c0177259_21264269.jpg
 こちらは、“ケーキ入刀”ってヤツです
 ね。
 ハートの風船があちらこちらに飛んで
 います。
 友人たちが盛り上げてくれてとっても
 楽しそうですね。

 OYAJI世代からすると「こうゆうことも
 あったなぁ~」という懐かしさと共に、
 「ウチの子供たちもそろそろ・・・」とい
 う複雑な思いが入り混じっているので
 はないでしょうか!?(笑)


c0177259_21271545.jpg
 それでもってこちらのスナップの主役
 は、新郎新婦を喰ってしまった真中に
 いる“新婦のお姉ちゃん”です(笑)。

 新婦のMさんホームスパンのドレスも
 バッチリで“大人の魅力”も漂わせて
 とっても綺麗だなと思って見ていまし
 たが、ムム、お姉ちゃんが一際冴え
 ている感じですね。
 ホント着物がすごくよく似合います。
 小さな子が懐いてるように見えますが
 実子ではありません。
 正真正銘“独身”です。
 「私も早く西條さんにドレス作って貰お
 う」と言ってるらしいですが、周りから
 は「その前に相手を見つけなきゃね」
 とからかわれているそうです(笑)。

 独身の“男ども”いるんだよ探せば!
 積極的になれよーー!!
 昔はよくit's主催の独身男女を集めた
 “合コン”をやったものです。
 めでたく数組のカップルが誕生しましたし、未だに別れていません(誇笑)。
 最近は男のノリが悪くて・・・今騒がれている“草食系男子”が増殖中というのはホントかも(悲)。


  
 今回のTご夫妻の「ウェディング衣装」制作に携われたことを機に、工房「蟻」西條美子さんとは
 今後もコラボレートしたりOEM(オリジナル製品の制作)の開発も手掛けていきます。
 西條美子さんは「ウェディングドレス」がベースにありますが、岡山県出身の方に“ベンガラ染め”
 (赤胴の顔料)のドレスを作って上げたりとか、色々な用途の“オリジナル衣装”も得意です。

 つい昨日の話ですが、OEM開発商品の第二弾「イーハトーシュ」の打ち合わせ中に、西條さん
 の岩手大学特設美術時代の先輩でワールドワイドに活躍している“ジャズシンガー”「室舘 彩」
 さんから電話が入り、6月14(日)の盛岡Liveに着る“ステージ衣装”の依頼を受けていました。
 「室舘 彩」さんという岩手と縁がある人がジャズ界で活躍しているのを私は知りませんでしたが
 なんでも、宮沢賢治に縁のある「岩手大学農学部農業教育資料館」(国指定重要文化財)にて
 「宮沢賢治」の詩を歌い、演奏するようです。(なんか行ってみてえ~!)
 そして夜の部は、盛岡の大人のジャズ・バー「すぺいん倶楽部」にて“大人のLive”があるよう
 です。(こっちは時間的に大丈夫かな)

 こんな感じで様々な「オリジナル衣装」の依頼が来ていますので“ビビっ”ときた興味のある方は
 私の方に声をかけて貰ってもよろしいですし、特に女性でしたら直接お話しされてもよろしいかと
 思います。(*仙台、八戸からの依頼もあるようなので遠方の方でも遠慮せずにどうぞ)
 本人は“超アナログ人間”ですのでツールがありません(笑)。
 こちらへどうぞ
 〒020-0877 岩手県盛岡市下ノ橋町1-26 2F
            工房「蟻」 西條美子
    Tel&Fax  019-625-2322


 追伸
     「室舘 彩」さんの盛岡Live今回は、ジャズ・バー「すぺいん倶楽部」のみだそうです。
     「ワルター・ラング」さんとの共演で19時から・・・後程、詳しくお知らせします。
   
     それよりも「室舘 彩」さんが所属している“渋さ知らズ”ってすんげよ!!!
 

                                                See you again
 
  
[PR]

# by itsformen | 2009-04-23 18:26 | ウェディング&フォーマル | Comments(0)

“ハイブリッド”仕立て 【Sartoria PLUM】 アンコンジャケット ハウスモデル編


 今回の「ハウスモデル」のモデルは、私の双子の弟が務めます。
 私より若く見えますでしょうか?
 メタボリックも1㌔減ですので幾分スッキリ見えます。
 
 前編の“自分スナップ”を見たメディアプロデューサーのchoo@さんから、「ボディ(人台)に着せる
 よりもトシちゃん(私のこと)が着た方が商品が“活きて見える”」とアドバイスを頂きましてハウス
 モデルに関しては“双子の兄弟”がモデルを務めさせて頂きます。
 (それにですね、ブログアップ翌日から三日間連続で“視聴率”アップしましたから。“虚より実”)


      
                                   「ハウスモデル」

c0177259_23315155.jpg
 【Sartoria PLUM】 ジャケット

 ハイブリッド仕立て

 ICS クラシック  ’08 4月作 

 シングル 3釦段返り 46

 片返し 総ステッチ(コバ0.15)

 Caccioppoli コットンストライプ

 オーダー価格¥105,000 

 今回初登場の「ICSクラシック」
 は、テーラード(カッチリと構築
 された作り)とアンコン(非構築
 的な作り)との“合いの子”のよ
 うな作りなので“ハイブリッド仕
 立て”と呼んでいます。 

 「IHATOVジャケット」に使うデ
 ザイン「MKJクラシック」よりも
 肩パッドや裏地などの副資材
 は使っていませんが“パターン
 技術”によって特に肩から胸にかけては構築されているように見えます。

 カジュアルジャケットとして開発されていますが、思ったよりカッチリ見えますのでこれからの季節
 「コットンスーツ」や「リネンスーツ」にしてもいいでしょう。
 (*ジーンズのウエストに見えるのは「Drover's Cottage」のオーダーベルト¥25,200)

  
c0177259_2326559.jpgc0177259_23273639.jpg


c0177259_23373970.jpg
 “第三のモデル”
 
 こちらはボディ(人台)に着せただけ
 ですが(笑)、「東和プラム」ならで
 はのエレガントな雰囲気が感じられ
 ます。
 シャツの衿型「ワンピース・ワイド」
 は、こうやって開襟にしても様にな
 ります。
 後ろの目につくのは「ハーヴェスト・
 レーベル」マリンテイストの帆布トー
 トバッグ。¥13,650


  
c0177259_23474751.jpg
 “バリアフリー”

 何が?? と思うと思いますが、
 “段差がない”のです。
 つまり、上衿と下衿の継ぎ目に段
 差がないのです。(見た目も綺麗で
 すが親指で触るとすぐ分かります)
 JKのラペルは“顔”ですからここが 
 綺麗に縫い割りされていないと“イ
 ケメン”から外れてしまいます。
 こういう肝腎な所をキッチリこなせる
 仕立て工場は他にはありません。
 

 
c0177259_044165.jpg
                “ハイブリッド仕立て”

 実際に人が着たりボディに着せたりすると「テーラードジャケ
 ット」のように構築された形になりますが、写真左下をご覧頂
 くと裏地が無いのが分かると思います。
 (ただし、滑りをよくするために袖裏はつけています)
 肩パッドも入っていませんので寝せて置くとペタッとしてしま
 いますが、この辺りは「アンコンジャケット」の軽さと柔らかさ
 の特徴が出ています。
 この「ICSクラシック」のハイブリッド仕立ては、前編のシャツ
 生地のような薄くて柔らかい素材ではなく、今回のコットンの
 ような目の詰まった生地が合っていると思われます。
 麻素材も然りです。


c0177259_23382474.jpg
 そして今回の釦は、ピューター製
 (すつんこ、翻訳:錫)のロイヤル
 クレスト釦にしてみました。
 ちょっと変わった味付けにしたか
 ったのです。
 やや重さを感じますが存在感が
 あっていい感じです。
 もちろん「ネイビーブレザー」にも
 バッチリですね。
 手配がつけば柄がない表面が鏡
 のようにツルンとしたメタル釦も付
 けてみたいですね。

 
 「桃太郎ジーンズ」X「ダニアジャパン」 コラボレートジーンズ   
 1年5ヵ月経過の色落ち具合(*週2日~3日の着用)
 「藍布屋」のデニム左綾ストラクチャーの縦落ち具合も最高ですが、「ダニアジャパン」のヒゲ加工
 も天下一品です。
 (私的に、このコンビネーションは“最高傑作”だと思いますが、またやってくれないかなぁ~)
 
c0177259_23492142.jpgc0177259_23494616.jpg

c0177259_235028100.jpgc0177259_23505719.jpg



                                   

                                 「おめえたちにみせる“タメ”はねえ」   

c0177259_23532973.jpg
 いやぁ~またやらかしてしまいました(笑汗)。
 
 はずしまくっていますねぇ~

 バカになりきってないですよねえ。

 一人でやってるのになぜか周りを気にしてるん
 だよなぁ~

 これで“おバカキャラ”がいい線いってきたら
 “あらびき団”にでも応募しようかと冗談で思っ
 てましたけど(笑)、どんなもんでしょう??

 これだから・・・
 (昔“スター誕生”が盛岡に来たとき、せっかく
  欽ちゃんからご指名を受けたものの小学生
  と“おバカ”対決をして負けてしまって“全国
  放送出演”を逃してしまったんですよ)・・・。


 追伸
     双子の兄弟って本気にしてませんよねえ!?
   
                                                 See you again

 
[PR]

# by itsformen | 2009-04-11 00:52 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

“注目”の「シャツジャケット」 お披露目編


 「思ったよりイイよ!」

 と、皆さん“共通語”をおっしゃると思います。
 遅ればせながら、「ハウスモデル」が本日仕立て上がってきました。
 
 日本屈指のシャツメーカー「ドゥ・ワン・ソーイング」が始めることだから並のモノではないとは思っ
 ていましたが、【IHATOVジャケット】をはじめ服地のジャケットでも春夏向けに、より軽く、より柔ら
 かく着られるようなモノづくりをしてきたので、正直、シャツ生地でジャケットを作るといっても中途
 半端にならないかなと思っていました。

 でも、心配ご無用でした、早速お披露目します。

                              「ユーロスタイル」 Drop6 48サイズ

c0177259_19354299.jpg  
 今回は、若者の真似をして“自分ス
 ナップ”にしてみました(笑)。

 前出“17歳の旅立ち”で登場した
 IさんちのTくんも、仕立て上がった
 スーツを試着して「写メ撮っていっす
 かぁ」と言って自分でバシバシ撮っ
 ていましたから。
 
 コーディネートも何も考えずに試着
 だけのつもりでしたが、まんつまんつ
 (翻訳:そこそこ)絵になってたので
 「面倒だしこれでいいんでね~の」
 と自分の都合のいいように納得させ
 てアップしてみました(笑汗)。

 でも、年初めから2㌔増えたままで
 す。“ムチぼて”です(汗)。
 原因は分かっています。
 ブログを始めてからなんです(笑汗)
 だからといって止めるわけには・・・。

 そんなことはどうでもいいんです、商品の説明ですよねぇ~(ぺこり)

  
             <生地> ネイビー&グリーンのギンガム風チェック
             <オプション> 本切羽 黒蝶貝釦 釦糸“情熱の赤”

c0177259_1955174.jpgc0177259_19455196.jpg


                              「ノッチドラペル」 シングル 3釦段返り

c0177259_19295652.jpg
 「ボディスタイル」は今のところシング
 ルのみで、Drop6のユーロとDrop8
 のスリムの2タイプです。
 (*Dropとは上がり寸法の胸回りか
  ら胴回りを引いて二分の一の数)
 
 「ノッチドラペル」はフロント2釦と3釦
 「ピークドラペル」はフロント1釦と2釦

 袖口は、標準が釦ナシの筒袖になっ
 ていて、オプションで釦2個から4個
 を選べる本切羽仕様になります。

 ピックステッチをコバ又は6mm巾の
 オプションで入れることができます。

 ステッチ糸、釦糸、釦ホール糸を15
 色の中から選ぶことができます。

 生地は、お薦めバンチ(生地見本)を
 60柄ご用意していますが、基本的
 にシャツと同様400柄全種類の中
 から選択できます。

 *感想  
  シャツ生地なのでもっとツッパリ感があるかと思いましたが、意外にソフトなフィット感です。
  46サイズでも良かったかもしれません(痩せでがら言えっつーの! 笑汗)
  副資材も使わずシャツの生地でこれだけの着心地と立体感を出せているのは、優秀な“パター
  ン技術”のたまものだと思います。
  テーラードジャケットよりラフに着たいときやシワを気にしたくないとき、最適です。
  初夏から秋口にかけて活躍しそうです。半袖ポロやTシャツとはセットですね、これは!
 *追記
  中々の“スポーティーなアイテム”ですので、ゴルフやテニスなどのスポーツのお供に“ピッタリ”
  だと思います。
  (*ちょっくらぼやいていいすか? 都会の皆さんはそれなりのセンスでスポーツの行き帰りを
    楽しんでいると思いますが、ここ岩手ではプレーから離れても“スポーツウェアオヤジ”が
    蔓延しています。困ったもんだ・・・)
           
  

 オーダー価格は¥27,195~ (*シャツ生地ベーシック価格に¥18,900をプラスしたお値段)
 オプションは色々ありますが、詳しくは店頭にてお尋ねください。
 今回の“ムチぼて”が着用している「シャツジャケット」のオプションは、袖口本切羽(黒蝶貝釦)が
 ¥2,100、釦糸(情熱の赤)¥1,050の2ヶ所で¥3,150。
 本体価格が¥30,450ですのでオプションと合わせまして¥33,600です。

 そして只今、VIP オーダーシャツ&シャツジャケットのフェア期間中ですので、“3000円分”の
 クーポン券をお使いできます。
 シャツジャケットの納期は3週間ほど掛かりますので、先ずは“ゴールデンウィーク”に向けて
 オーダーされては如何ですか!?
 4月12日(日)までの受付けです。  






                                         “おバカ”

c0177259_145673.jpg
 最近、“おバカキャラ”がウケているから“お
 バカ”にならないとモテない、と聞いたもの
 ですから慣れないことをやってみました(笑)。

 それに先月は、ブログの“視聴率”がちょっと
 落ちてしまったので「何かやらなきゃ」と思い
 ましてね(悲)。
 
 それにしてもバカになりきれない“おバカ”
 という感じですね(笑泣)。

 鼻の穴に割りばしでもぶらさげとけばいがった
 がな!? 

 よ~し!
 今年の新たな目標。
 “おバカになりきる”
 これだ!!

 


                                                See you again 
[PR]

# by itsformen | 2009-04-05 23:13 | オーダーパンツ&シャツジャケ | Comments(2)

「買うなら岩手のものを」 花巻東高 祝“準優勝” キャンペーンプラス編


 「日本一は夏の大会だべ」
 
 そうなんです!春ではなくて“夏の大会”でしたよ~!
 それでも今回は、岩手県勢初の“準優勝”ですから大したもんです!
 選手たちが言っていた「岩手のために希望と勇気を」というのは、岩手の皆さんは十分享受させ
 て貰ったことと思います。
 ありがとう~!

 花巻東高の健闘を讃え、センバツ甲子園準優勝を祝して、今回のキャンペーンの特典にプラス!
 【TUWAMONOスーツ】と【IHATOVジャケット】をオーダー頂いた方には it's formen オーダー
 券“五千円分”をプレゼントいたします。
 4月20日(月)までの受付けです。

 *花巻には「東和プラム」という“日本一”腕のいいスーツ仕立て工場がありますから it's formen
  に来るとそれを味わうことができます。
  試合ではユニフォームが“勝負服”なのでしょうけどグラウンドを離れたら男は「スーツスタイル」
  が“勝負服”になりますよ、監督!
  


                          “日本一”

c0177259_13375034.jpg
c0177259_13334140.jpgc0177259_13345039.jpg










                                                                                                                
c0177259_145679.jpg
c0177259_146041.jpgc0177259_1463710.jpg














               祝“準優勝” オーダー券“五千円分”プレゼント

c0177259_12392323.jpg


                     「買うなら岩手のものを」
[PR]

# by itsformen | 2009-04-02 18:29 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

「買うなら岩手のものを」 【IHATOVジャケット】 お客さん新作編


 “上質なものづくり" オーダーメイド・イン・IWATE キャンペーン対象の【IHATOVジャケット】の
 新作が仕立て上がってきましたのでご紹介します。
 前回、「早速お薦め生地でオーダー頂いています」とご紹介した“OO御三家”のお一人、盛岡の
 HIさんの作品です。



                              「MKJ クラシック」 3釦段返り

c0177259_1545129.jpg
 【IHATOVジャケット】
 
 花巻の日本ホームスパン
 昨年から開発している春夏向け
 の生地「サマーツィード」を用い
 ました。
 ホームスパン本来の“手紡ぎ、
 手織り”の工程を昭和時代の
 手間が掛かるけれど希少価値
 のある貴重な織機で、手仕事に
 近い風合いと革新的なデザイン
 を上手く融合させて“感性価値”
 を高めています。

 今回選んだ素材は、シルク61
 %Xリネン39%の上質な素材
 です。
 “手織り”に近いため織りが甘く
 目も粗いのですが、軽~い着心
 地と上質な風合いは堪りません
 ね。
 しかもこのボーダー柄が個性を
 引き出してくれます(満足笑)。
 


c0177259_15541847.jpgc0177259_15544578.jpg



c0177259_15552670.jpg 
 HIさんは、OYAJI世代と言っても
 “コヤジ”と言った方がしっくりくる
 年齢で、体型も小柄で細身なので
 着丈を短めにボディはタイトフィット
 に仕上げました。
 
 そして、HIさんの“こだわり”、オフ
 タイムのジャケットの袖釦はフロント
 と同じ大きさのものを“一個”。
 (最近オーダーJKはこのパターン)
 今回は、“水牛の角”のナチュラル
 な色にしました。

 型崩れを防ぐために風合いを損ねない程度の“毛芯”は入れていますがそれでも超~軽いです!
 素材の特徴を見極め良さを引き出す仕立てができている東和プラムの“職人技”が光ります。

c0177259_1556859.jpg
 こちらは、上の写真の生地の色違
 いです。
 同じ柄でもこちらはシックな感じで
 すが、むしろ他にはない色柄です
 ので個性的に映ります。

 日本ホームスパン製の既製ジャ
 ケットで、毛芯や肩パッドなどの
 副資材はほとんど使っていません。 
 なのでニットの“カーディガン”を
 羽織っているような着心地です。

 サイズ M.L.LL 展開


c0177259_15565032.jpg
 こちらも「サマーツィード」素材の
 シリーズです。
 一見シンプルな紺色に見えますが
 紺のなかに紫がかった“青”が潜ん
 でいます。
 太陽の光があたると、とても“神秘
 的”な表情を魅せます。
 因みに、私も着ています(満足笑)

 *写真モデルのインナーは全て
  「SCAGO」のカットソーです。
  店頭にてご確認ください。

 【IHATOVジャケット】に合わせるボトム、もちろん「桃太郎ジーンズ」はNO.1ですが、季節柄
 “コットンパンツ”や“麻混パンツ”なども揃えておくとなおいいでしょう!
 オーダー価格¥23,100~受付けます。



 【TUWAMONOスーツ】と【IHATOVジャケット】 キャンペーン期間中 “壱万円割引”&
 “オリジナルタイ プレゼント”!!
 4月20日(月)までの受付けです。
 「買うなら岩手のものを」



 
 「あっぱれ!!花巻東!!」
 岩手県勢初の快挙!春夏通じての甲子園大会決勝進出!
 明日もYahooニュースの野球ゲームみたいな画面を見ながら一人で興奮して応援します(笑)。

 今回、もらったね!
                                         真面目になんにすっかなぁ~

 
[PR]

# by itsformen | 2009-04-01 22:29 | いわてのホームスパン | Comments(0)

「買うなら岩手のものを」 【TUWAMONOスーツ】 お客さん新作編


 “上質なものづくり、オーダーメイド・イン・岩手” キャンペーン対象の【TUWAMONOスーツ】の
 新作が仕立て上がってきましたのでご紹介します。
 前回、「この生地でオーダー頂きました」とご紹介した盛岡のYNさんの作品です。



                             「LBS クラシック」 48R 3釦段返り

c0177259_1482334.jpg
 【TUWAMONOスーツ】

 まさしく“つわもの”の名が相応
 しい勇々しい姿に仕上がってい
 ます。

 実業家のYNさんにとって「スー
 ツスタイル」は、対外的に様々な
 人たちと渡り合わなければなり
 ませんので、商談の時には自分
 を鼓舞するためであったり、イベ
 ントやパーティーなどではエレガ
 ントに振る舞うための“勝負服”
 として“自分スタイル”に具わっ
 ていなければなりません。

 身長180cmウエスト80cmと
 OYAJI世代とは思えない“羨ま
 しい”体型をしています。
 ただ難点といえば、超“衣紋掛
 け”な肩をしていますので肩幅を
 最大限にして「怒り肩」「蹴廻し」
 の補正を入れています。
 
 ご覧のように“逆三角形型”です。

c0177259_1514297.jpgc0177259_1551748.jpg


c0177259_156650.jpg
 それにしても“エレガンスの極み”
 という表現がこれほどシックリくる
 デザインは無いのではないかと
 思ってしまいます。
 同業者が見ても“息をのむほどの
 完成度”だと思います。

 この写真はYNさんが引き取りに
 いらっしゃる前に撮りました。
 そして“プレゼントのタイ”は、この
 「コモシルク」のピンクのストライプ
 がいいかなと思っていたところ、
 案の定、「これ貰っていがえんか」
 となりました(笑)。 
c0177259_1574873.jpg
 こちらは、スペシャル「パターンオー
 ダー・シャツ」フェアでのご注文分
 です。

 生地は、ロイヤル・カリビアンコット
 ンとオーガニックコットンの混紡。
 襟型は「ロングレギュラー」に、カフ
 スは「ミラノカフスⅡ型」。
 こちらもエレガントな雰囲気を醸し
 出しています。

 4月12日まで3,000円割引です!
 

c0177259_1584984.jpg
 この生地見本は、「葛利毛織Domi
 nx」のものですが、限りなく恐らく、
 WBCで優勝した“侍ジャパン”の
 チームの要、「城島選手」が渡米 
 する前に成田空港でインタビューを
 受けた際に来ていたスーツの生地
 と思われます。
 アップで映ったので「おぉ~これは」
 と思いましたから。
 (違ってたらすんません!笑汗)
 珍しいんですよ!刺し子のようなス
 トライプで。
 これも「和」の感性ですかねぇ~





                             「ACS クラシック」 46 3釦段返り

c0177259_2301277.jpg
 こちらは、“つわものスーツ”では
 ないですが、“イタリアの兄貴”
 ってとこでしょうか。 
 何度もご登場している盛岡の
 ATさんの一昨年前の作品です。 
 ベント裏の修理で持ち込んだス
 ーツを撮らせてもらいました。
 昨年は、色違いのライトグレー
 でもお作り頂いています。
 
 花巻の「東和プラム」の仕立て
 に変わりはないのですが、生地
 がイタリアの「ドラッパーズ」のも
 のです。
 今や「エルメネジルド・ゼニア」や
 「ロロ・ピアーナ」といったブランド
 はネットやディスカウントショップ
 で乱売されていますから魅力が
 半減されますよね!(苦笑)
 その点、「ドラッパーズ」や「カチ
 ョッポリ」といった所は“仕立て屋
 のための生地卸商”なので安心
 で健全な供給が期待できます。


c0177259_2481947.jpgc0177259_2485960.jpg


c0177259_2503634.jpg
 企業の管理職のATさんですが、気持ちも体型
 も若いので最近は「コンケーブドショルダー」で
 ハイゴージ、ハイボタンの「ACS クラシック」の
 デザインパターンがお好みです。
 
 そして最近の袖口はこの“袖番長”(*釦を5
 個付ける)にすることが多いですね。
 
 カテゴリの“オーダースーツ&ジャケット”でも
 ご紹介していますが、この「ACS クラシック」 
 はホントに鎧を身に着けているようないい意味
 での“緊張感”を感じます。

 この「ドラッパーズ」の生地はハイツイスト(強
 撚糸)な“トロピカル”ですので、伸縮性に優れ
 肌触りもさらっとして良く、シワになっても復元
 が早い春夏には持って来いの素材です。



 【TUWAMONOスーツ】と【IHATOVジャケット】 キャンペーン期間中 “壱万円割引”&
 “オリジナルタイ プレゼント”!!
 4月20日(月)までの受付けです。
 「買うなら岩手のものを」



 「やってくれたぜ!!花巻東!」 春の選抜甲子園ベスト4進出!
 今日は準決勝。宮城の利府高校との史上初の東北勢対決!
 明らかに、今までの岩手のチームとは一味も二味も違う、明るくて伸び伸びとしていてスケール
 が大きく、見ていて安心感があるチームです。
 もっとやってくれそうな気がしますね(親指)。

 優勝したら特典なんにすっかなぁ~



                                    まもなく【IHATOVジャケット】です~
[PR]

# by itsformen | 2009-04-01 05:15 | オーダースーツ | Comments(0)

“オーダーメイド・イン・岩手”をすすめる 春夏編


 「買うなら岩手のものを」 (いい響きですねぇ~)

 “岩手の統領”である達増知事が率先して県職員の方々を始め、各種団体やマスコミを通じて
 訴えかけている“言葉”なのは皆さんご存知かと思います。
 (*都会の皆さんは知らないと思いますが、岩手の市場を中央資本の商業施設が席巻して
  さらにこの大不況のダブルパンチで、岩手の“作り手と売り手”はかなり疲弊しています。よって
  なかなか“買い手”に廻ることができません。“三方よし”になっていないのです)

 そこで、it's formen なりに一昨年から打ち出している“メイド・イン・岩手”の「オーダーメイド」を
 さらにさらにお薦めしたいと思います。
 
 本日より4月20(月)までの受付けで “上質なものづくり”「オーダーメイド・イン・岩手」と題して
 「オーダースーツ&ジャケット」のキャンペーンを開催いたします。

 今回のメニューは、10年経っても色褪せない“永く愛用できる” it's formen プレミアムの
 【TUWAMONOスーツ】と【IHATOVジャケット】といたします。
 仕立ては勿論、本場のクラシコイタリア達とも肩を並べる実力を持っている花巻の「東和プラム」
 の職人たちが腕を振るいます。

 【TUWAMONOスーツ】の素材は、「ホントに真面目な話」着るほどに味わいを感じられる尾州の
 匠「葛利毛織」の生地を用います。(*最近はメンズ雑誌を賑わせていますし、ウチのブログへの
 検索ワード上位に入っています)

 【IHATOVジャケット】の素材は、本場の英国でも真似のできない技術と感性で織り上げている
 花巻の「日本ホームスパン」の生地を用います。(*こちらは正真正銘“純正メイド・イン・岩手”
 都会の皆さんには、新幹線代をかけてもお釣りがくる位の価値はありますと自信を持ってお薦め
 します。イーハトーヴ=理想郷イハテで“一流のものづくり”を体感する愉しさを知って頂きたいで
 すね)

 今回は、“買い手よし”の特典として it's formen のポイントサービス10万円お買上げにつき
 5千円の割引を“ダブル”にして大盤振る舞いの“壱万円割引”とさせて頂きます。
 さらに、“it's formen オリジナルタイ”をプレゼントいたします。

 岩手の“作り手”はギリギリの加工賃でモノづくりをしていますので、ウチの店は一人でやってい
 る分、私が身を削ります(笑)。因みに、これが大手メーカーですと作り手側に強いります(恐)。

 皆さんの“大盤振る舞い”を期待しています(満面の笑み)。 



                                   「ハウスモデル」 
 
c0177259_15364292.jpg
 【TUWAMONOスーツ】

 it's formen プレミアム
 
 MKJ クラシック ’08 4月作

 シングル2釦X タイトフィット 48

 ハイゴージ

 ナチュラルショルダー

 ノンタック トラウザーズ

 6釦プラップP ベスト

 「Dominx 葛利毛織」

 グレンチェック Super140's

 オーダースーツ価格¥136500
       ベスト価格¥29400



 
c0177259_21172139.jpg
 このモデルの生地は、一応“グレンチェック”
 です。
 私の腕ではどうやってもこんな風にしか撮れ
 ません(汗)。
 「おもさげながんす」
 (*都会の皆さんそろそろ解ってきました?
  とりあえず翻訳:申し訳ありません)

 今年のバンチ(生地見本)には同じ柄はあり
 ませんが、下の写真の手前がSuper140's
 の細かい千鳥格子柄で、同じように柔らかく
 てしなやかなのに“ハリがある”素材です。
 この“ハリ”がイタモノとの違いだと思います。
 
 「葛利毛織」の生地を「東和プラム」で仕立て
 る。このコンビネーションで料理しているお店
 は全国でも数店しかありませんが、スーツと
 しての完成度はおそらく“日本一”です。
  


c0177259_21183395.jpg
 写真写りを考えて濃い色は
 避けましたが、写真奥のブル
 ー(明るめの紺)にブラウン
 のストライプが入った生地は
 “絶妙”です。
 定番に飽きた方へは一着お
 薦めします。
 全250柄ご用意しています。

 真中のミディアムグレーに
 ピンクのストライプの生地は 
 ブログのカテゴリ“新着!お
 誂え向け”のご案内で早速
 オーダー頂いた盛岡のYN
 さんが選んだ生地です。
 YNさんには昨春、次の写真に出てくる【IHATOV】ジャケットの色違いもお作り頂いていまして、
 “オーダーメイド・イン・岩手”の良さを肌で感じてもらっています。

 オーダースーツ価格¥110250~ キャンペーン“壱万円割引”&“オリジナルタイ”プレゼント!




                                   「ハウスモデル」

c0177259_1846995.jpg
 【IHATOVジャケット】 弐型

 it's formen プレミアム

 MKJ クラシック ’08 3月作

 シングル3釦X 段返り 48 

 タイトフィット 

 ハイゴージ ややナローラペル

 ナチュラルショルダー

 ノンパッド

 「日本ホームスパン」

 ウール&オーガニックコットン

 メランジュ柄 全8色

 オーダー価格¥120,750



c0177259_12458.jpg
 生地の素材感、伝わりますでしょうか?!
 ブログのカテゴリ“いわてのホームスパン”
 でもご紹介していますが、仕立てる前はホント
 にガーゼのように見えます。
 ということは、着心地は抜群ですし肌触りも
 最高!
 匂いもいいんですよ。
 ウールとオーガニックコットンの自然な匂い!
 思わず顔を“すりすり”したくなります(笑)。
 
 そして「東和プラム」の凄腕職人技“極限コバ
 ステッチ”!
 ラペルとポケットの端をご覧ください。
 こんな縫い難い素材にも“細かい仕事”を
 してくれます。 
 現在、真似のできる工場はないでしょうね。 
 岩手の皆さん!この“職人技”自慢できます。




c0177259_132943.jpg
 やはり、ホームスパンには「桃太郎ジーンズ」
 と「ドローバーズ・コテージ」のベルトが“ベスト
 マッチング”ですね。
 「桃太郎ジーンズ」は“オーダーメイド”のハウ
 スモデルで、型は0905SP クラシックストレ
 ートのパターンに、デニムは’30年代の素材
 感を再現していて藍をイメージした色をインデ
 ィゴで表現しています。
 さらに、13㌉と軽くて柔らかく穿けるのが特徴
 で、これからの春夏に向けての相性バツグン
 です!

 「ドローバーズ・コテージ」のベルトも“オーダ
 ーメイド”です。
 ヌメ革の肌色と手彫りの質感が全体のナチュ
 ラルな雰囲気をうまく締めています。
 (バックル何とがしてな、南部鉄器で・・・
  やっぱす磨ぎだなぁ~) 
 


c0177259_14936.jpg
 真中のベージュに白のボー
 ダーが入った生地は“OO
 御三家”のお一人盛岡のHI
 さんが、やはり“新着!お誂
 え向け”のご案内で早速オ
 ーダー頂いた生地です。
 さすが岩手を愛する心は人
 一倍強いOOOのカガミの 
 ような人です。

 ホームスパンの生地見本は
 春夏向け30柄~40柄程は
 揃えていますが、ご希望であ
 ればウチの店の定休日火曜
 日になりますが、花巻の「日本ホームスパン」の東和本店へ出向いて行って一緒に生地選びを
 しても楽しいのではないかと思います。
 工場も見学させて貰えば織り上がるまでの“ストーリー”がリアルに感じられてより愛着が湧くと
 思いますが如何でしょうか?!
 特に、都会の皆さんにはちょっとした“イーハトーヴの旅”を愉しんで貰うことができると思います。
 遠慮なく、お声を掛けてください。

 オーダージャケット価格¥120750~ キャンペーン“壱万円割引”&“オリジナルタイ”プレゼント 


 この機会に“上質なもの”を身に着けて“心を豊か”にしてみませんか。


 岩手の皆さんも都会の皆さんも 「買うなら岩手のものを」 今年の合い言葉です。

                            
                                                 See you again
[PR]

# by itsformen | 2009-03-22 22:35 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

「エコリメイク」のすすめ その伍 作品集&オマケ編

 
 今回は、“MY古着”を持ち込んで頂いたお客さんの「エコリメイク」作品をご紹介します。

 それにしても、デザインが同じでも素材が異なると全く違う雰囲気に出来上がる“オーダーメイド
 の楽しさ”がよく表れている作品になっています。

 どちらもハンチング帽にして大正解です!

 すこぶるい~感じに蘇えりました!


                  解体作業込みのお値段 ¥7350

           S.M.L のサイズ展開でモデルの帽子をご用意しています。
 
  *よく既製品の感覚で「すぐに持って行けるのはないですか?」とおっしゃる方がいますが、
    それでは他と同化してしまいますので「オーダーメイド」の意味がありません!
     先ずは、ご自分の“MY古着”で個性を表現してみては如何でしょうか!?
   
      
      「エコリメイク」のすすめ  「ケンゾーオム」のヘリンボーン風柄ツィードジャケット

c0177259_3271426.jpgc0177259_3274140.jpg

















c0177259_19574174.jpg こちらの作品は、前出の「エコリメイク」その参
 でジャケットと同素材の新品生地でお作りした
 盛岡のTAさんの作品です。

 確か、20年近く前のモノでしょうか!?
 TAさんがまだ“東京でブイブイ”いわせていた
 頃のジャケットを料理しました。
 今見ても生地はエレガントで素材感(アセテー
 トとウールの混紡)があってしかも個性的なの
 がいいですね。
 でも、残念ながらファッションの変遷で、特に
 モード系ブランドのデザインは流行り廃りがありますから
 クローゼットの奥底に眠っていたのでしょうね。
 
 今回、新たに思いついたサービスです。写真下のように、ブランド織りネームも外して裏地の
 テッペンに付けてあげることにしました。(*あたかも新品を買ったかのような感じに)

 因みに、隣のクリーム色のハンチング帽は“麻素材”です。
 これからの季節、春夏に向けての素材としてもお薦めします。
  
 そして、「エコリメイク」を重ねるうちに確信しました。
 “上質な素材”は何に作り変えても“上質なモノ”に成りえるということです。 
   



          「エコリメイク」のすすめ  「ギャップ」のカモフラージュ柄シャツ 

c0177259_3293683.jpgc0177259_330937.jpg

















c0177259_2156190.jpg こちらは、前出の「オヤスナ」に登場して「いっ
 たいどんな人??」と皆さんの興味を惹いた
 「チェ・デッパラ」こと岩手のXさんの作品です。

 「ギャップ」の原宿店ができた頃に購入したよ
 うですが、この辺りの製品には魅力がありまし
 たね。
 このシャツもパラシュートクロスの生地を使っ
 て、ご覧のようになかなかいい味を出していま
 す。
 (*盛岡に進出してきた頃には“ユニクロ化”
  してしまって魅力が無くなってしまいました)
c0177259_21574539.jpg Xさん、初めはハンチングはイヤだと言ってい
 ましたが、ある時モデルの帽子を後ろ前に被
 ってみたところ、ゲバラの“ベレー帽”のイメー
 ジになったらしく速攻でこのシャツを持ってき
 ました。
 そもそも、アウトドア感覚で“庭いじり”用に買
 ったらしいのですが、作業をしていると結構
 ムレムレになったようで、その後着ることもなく
 眠らせていたようでした。
 (*私が、ガーデニングをやっているのですか
  と聞いたらば、「んでね(翻訳:違う)、ウヂは
  庭園になってるがら“庭いじり”なのさっ」と言われてしまいました(笑汗)。

 辛口な評論と一言二言多いXさんですが、想像以上の出来だったようで珍しく褒めて頂きました。
 (よっしゃ~!)


 
 
     リメイクちがいということで、“オマケ”です。

c0177259_23543938.jpg 結構、バイクをイジクってる
 OYAJI たち多いですよね。
 こちらは、’91年式のHON
 DA「スーパーカブ」です。

 いつもの本屋さんが配達に
 来たのかと思ったら、体型も
 ヘルメットも違っていました。
 “オーダーシャツフェア”の
 案内を見て久々のご登場の
 “お祭り男”盛岡のYKさんで
 した。


c0177259_23551537.jpg 
 まだシートが揃っていないと
 かで、「写真はそれからにして
 頂だい」と言われたのですが、
 いつになるか分からないので
 「カワトク」に、誰にあげるのか
 ??のホワイトデープレゼント
 を買いに行ったすきに撮らせ
 て貰いました(笑)。
 
 ご覧のように、マフラーやサス
 ペンションとかあちこちイジクっ
 ていますが、このミラーは何の
 だと思います?!
 「ドゥカティ」のですよ!(ア然) YKさん、「ドゥカティ」も所有なんです。
 「余ってらったがら付けだ」ですって(笑汗)。
 
 このあと、「ロイヤル・カリビアンコットン」のシャツオーダーを頂いて、「ブロン、ブロロン、
 ブロボロン、ブロボロブロロロロ~!」と、とてもカブとは思えないけたたましい音を立てて
 去っていきました(笑)。



c0177259_2356045.jpg 
 こちらは、YAMAHA「ヴィラー
 ゴ」250cc。年式は忘れました
 (笑汗)確か十数年前と聞いて
 います。

 昨年の夏の終わり、突然バイク
 で現われた“幻のディノガレー
 ジ”の主宰でした(泣)盛岡の
 NHさんが、転勤のため持って
 行けないお客さんから一時預
 かっているシロモノです(笑)。

 「好きにしていいですよ」と言わ
 れたらしく、チョッパータイプの
 ハンドルを「オラは好ぎじゃね」とばかりに昔ながらの一文字タイプに変えて乗っていました。




 「エコリメイク」にしろ「レストア」にしろ気に入ったモノを“永く愛用する”ということは、モノを大事に
 することは勿論のことですが、一番は“心の満足感”を得られることではないでしょうか!?
 
          
                                               See you again

             
[PR]

# by itsformen | 2009-03-18 23:48 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(0)

スペシャル「パターンオーダーシャツ」フェア “春の装い” 


 V.I.P. Invitation 
 世界中のファッションメディアをはじめトレンドセッターたち注目の未来系“スプリングアイテム”
 「シャツジャケット」のコレクション追加を記念して開催します。
 テーラードジャケットとは、柔らかさ、軽快さ、着心地、ファッション性において一線を画するシャツ
 生地で仕立てる「シャツジャケット」は新たな“着る喜び”が生まれる逸品です。


c0177259_15495428.jpg

  
              <受付期間 3月13日(金)~4月12日(日)まで>

 王室御用達としても知られるイギリスのシャツ地の老舗「トーマスメイソン」や高級番手の美しさに
 は定評のあるイタリアの名門「アルビニ」、独特の柄作りで独自の世界を創るイタリアコモ湖の雄
 「カンクリーニ」など世界最高峰のインポート生地に、日本最高峰のシャツ生地「ロイヤルカリビア
 ンコットン」を加えたスプリングコレクションも充実したラインナップで、皆さんのお越しをお待ちして
 います。
             *オーダー参考価格
              「シャツジャケット」            ¥27195~
              「ロイヤルカリビアンコットン・シャツ」  ¥13650~
              インポート生地&麻100%生地シャツ ¥15750~ 


c0177259_16115870.jpg


 今回、日頃のご愛顧に感謝を致しまして、ご来店頂いた方には3000円分のクーポン券を差し上
 げます。(*郵送にてお送りする場合もあります)
 クーポン券はフェア期間中“何度でも”ご利用いただけます。
 




 最近の「ロイヤルカリビアンコットン」とインポート生地のお客さん作品集をご紹介します。


c0177259_17121125.jpg
 こちらは初登場ですが、
 it's formen HPのトップ画
 面とオーダーメイドメニュ
 ーのスーツ写真を提供して
 頂いています“OO御三家”
 のお一人の三人目、盛岡
 のSTさんの作品です。

 イタリア「エルバ」の上品な
 白のツイル生地を用いて、
 襟型を「ウィンザーワイド」、
 ダブルにしたカフスには
 “さり気なく”白の刺しゅうを
 施しています。
 

c0177259_18182148.jpg
 こちらも初登場ですが、もっ
 と早く愛車(’81年式のIS
 UZUジェミニDOHC)と一
 緒にアップする予定でした
 が、私がSDカードのデータ
 を消去してしまう大チョンボ
 を犯してしまいやっとアップ
 になりました、花巻のOK
 さんの作品です。
 「ロイヤルカリビアンコット
 ン」の細かいダイヤ柄の生
 地に、襟型を「ロングポイン
 ト」にして、カフスは人気の
 「ノーブル」です。


c0177259_1852222.jpg
 こちらは、何度か登場して
 頂いている「エコリメイク」
 でスリーピースと揃いの
 “ゼニア帽”を誂えた、盛
 岡のATさんの作品です。

 「ロイヤルカリビアンコット
 ン」でないと満足しないAT
 さん。(M系かなぁ?)
 最近は「チャールズワイド」
 の襟型に、「Wカフスラウン
 ド型」がお気に入りです。

 釦はもちろん“白蝶貝” 
c0177259_18511928.jpg
 こちらもATさんの
 「クレリック」タイプです。

 it's formen の“こだわり”
 ですが、「クレリック」仕様
 にする場合は、台襟はボデ
 ィと同素材を使います。
 ほとんどの既製品は“修道
 士”と同じ仕様なのでその
 “差別化”です。
 襟の内側の汚れも目立た
 ないので喜ばれています。
 (目の付けどころがニクイ
 でしょ!笑)
 

c0177259_19353923.jpg
 こちらは、ウチのHPがない
 時代に it's formen をネット           
 上に存在させて貰った「き
 たかみブログ」の主宰であ
 り花巻の「Bクリエイティブ」
 のWebデザイナー、北上
 のsato@さんの作品です。

 イタリア「アルビニ」のペイ
 ズリー柄の生地を用いて、
 ノーネクタイに相応しい襟
 型「ワンピースワイド」と本
 人のイメージにピッタリな
 「ノーブル」カフス。


c0177259_20154427.jpg
 いつもシーズン初めに2枚
 ずつオーダー頂く、盛岡の
 TSさんの作品です。 
 左から、イタリア「レジウノ」
 の綺麗な織柄とストライプ
 の生地に「ロングBD」の襟
 型、ネイビーの釦をアクセ
 ントにしています。
 右は、「ロイヤル・カリビア
 ンコットン」のパッと明るい
 イエローベースのストライ
 プ生地に「ニューイングラン
 ドBD」の襟型、カフスはス
 タンダードな「小丸型」。


c0177259_20551283.jpg
 昨年末、待望のオーダー
 を頂きましたパリ、ロンド
 ン、ニューヨークを駆け巡
 る岩手の“カリスマ美容
 師”盛岡のKNさんの作品
 です。
 左は、イタリア「レジウノ」
 の“おちゃらけたマンガ”
 柄の生地に襟型は「イタリ
 アンカラー」、カフスは「フ
 レアー」でキメました。
 右は、「ロイヤルカリビア
 ンコットン」にオーガニック
 コットンを混紡させた自然
 な風合いの織り柄の生地に、「ウィングカラー」をノータイで合わせます。
 カフスは「ミラノカフス」でゴージャスに。


 う~ん!!
 今回は盛沢山でお送りしました。
 3000円分のクーポン券は、フェア期間中“何度でも”使えますのでこの機会に“じゃんじゃん”
 作ってしまいましょう!!
 「景気いぐネ!」
                                                See you again
[PR]

# by itsformen | 2009-03-11 21:42 | オーダードレスシャツ&ネクタイ | Comments(0)

“卒業写真” 17歳の旅立ち編 &OYAJIたちの再会編 


 今回は、この季節にピッタリな話題をご紹介します。
 タイトル通り“卒業写真”なのですが、it's formenでは初めての“高校卒業式”に向けてのスーツ
 オーダーでした。
 ここ盛岡でも珍しい、服装が自由なハイスクールで、卒業式は“スーツスタイル”が主流のようで
 す。
 入学、就職向けというのはこの時期になりますとボチボチ入ってきますが、高校の卒業式はホント
 初めてです。
 しかも、3月生まれなのでまだ17歳!!
 初々しいです。
 (ウチの長男もあと2年もすればと思うと「あっちゃ~」という感じ!あっという間なんでしょうねぇ)
 
 では、ご紹介します。
 昨年からいらして頂いている、盛岡のIさんの息子さんのTくんです。


c0177259_19543100.jpg
 2月の初めに父親のIさんに連れられて来
 ました。
 Iさん、「ウチの息子は小柄で細いんだけ
 ど肩幅が広いからこちらへ連れてきまし
 た」と言っていらっしゃいました。
 そうなんです。
 Iさん大正解です!

 量販店や百貨店のフレッシュマンスーツ
 では、タイトフィットなのはいいのですが、
 肩幅も狭いのです。
 昨春いらした若者は、「肩がキツかったけ
 どタイトなのが着たかったので、我慢して
 着ていたら具合悪くなって倒れてしまい
 ました」
 と言ってオーダーされていきました。

 今の10代、20代の若者に多い特徴だと
 思いますが、軸が細いわりに肩幅が広い
 体型が増えているような気がします。


c0177259_1983224.jpg
 父親のIさんは、「普通でいいんじゃないの?」と言っ
 ていましたが、Tくんの顔色を覗うと、私が18才の
 頃と同じ表情をしていましたので(笑)、“モード”な
 スタイルを提案してみました。
 そして選ばれたのが、【Super Standard】のハッ
 キリとした織柄ストライプの“ブラックスーツ”

 卒業式、入学式、遊び、とこれからの用途を考えて
 もビジネスライクな必要性はなかったので、Iさんも
 「遊んでもいっかぁ」ということで、釦と裏地を“濃い
 ピンク”に、袖釦を「グッチ」ばりの5個重ねにしてみ
 ました。

 ジャケットデザインは、ナローカラーに短かめの着
 丈と袖丈はご希望に近い感じに、パンツのシルエッ
 トは、股上浅く全体にタイトながら裾幅はあまり細く
                            せずキレイなラインのストレートに仕上げています。

c0177259_19105173.jpg
 ドレスシャツは、スタンダードなオックスフ
 ォード地を用いて「ショートBDカラー」に
 ダーツ入りのタイトフィットなボディスタイ
 ル。
 釦を“ピンク”にしてパープルの色糸を
 使い、左袖のカフスには大胆に自分の
 名前を刺しゅうしてみました。

 上衣の内側には“漢字のフルネーム”で
 縦書きに入っています。
 やはり“和”の感性なんでしょうかね。
 


c0177259_19133226.jpg
 こちらは、スーツを引き取りに来たときの
 Tくんの普段着です。
 17才にしてはなかなかの“つわもの”
 ですよ!
 初めてフィッティングにいらしたときも
 オシャレな子だなと思っていましたが
 この日のスタイルはちょっと“釘付け”
 になりました。

 このアシンメトリーなデザインのジャケッ
 トからジーンズ~ブーツにかけての絶妙
 なバランス感覚、さり気なく掛けているよ
 うに見えるショルダーバッグのコーディネ
 ートも抜群ですね!
 そして、顔出しNGでしたので写っていま
 せんが“キャスケット”タイプの帽子を上手
 く合わせてトータルで“絵”になっていま
 す。

 思わず、「原宿界隈を歩けば必ず『ストス
 ナ』されるよ!」と言ってしまいました。
 Tくんもファッション誌と“にらめっこ”の毎日で“洋服命”らしく「ちょー行きてー!」と切実に叫んで
 いました(笑)。

 Iお父さん、入学前に行かせてあげてもいいんじゃないですか?!
 もしかしたら、もしかしたらがあるかもしれませんよ!?
 (私がこんなこと言っていいんでしょうか?笑汗)







 初々しくてオシャレなTくんの後に申し訳ないんですけど、“OYAJIたちの再会編”を
 ぺっこばり(翻訳:ほんの少し)

c0177259_2340124.jpg
 いや~なんと、31年ぶりの再会ですよ!!
 高校を卒業して以来会っていませんでしたから。
 盛岡のI高という男子校の新30回生です。
 先月の末に急な話だったので4人しか集まりませ
 んでしたが、「すんげ、おもしぇがった(翻訳:最高
 に楽しかった)」
 今回31年ぶりに会ったのは、左端の“女の子”み
 たいなヘアースタイル(*高校の頃と変わってい
 ない)の“男子”Kちゃんです。

 風の便りでは、“舞台照明”の世界でメジャーになっているらしい、というのは何となく聞こえてき
 てはいましたが、実際に会ってみたところ、ホントに“メジャー”になっていました。
 専門学校を卒業して、一期生として入社した現在の会社と共に30年間「ライティングデザイナー」
 として頑張ってきたようです。(*現在は取締役のデザイナーです)
 長い下積みも経験してきての“メジャー”ですから相当な苦労もあったことでしょう。
 30年間徹することが出来ているというのは、こ奴はホンマもんの“つわもの”だなと思いました。
 
 ロック、Jポップ系のコンサートやモーターショー、ファッションショーのライティングに特化している
 会社で、Kちゃんの今の担当は、「TUBE」「TRICERATOPS」のようです。
 以前は「サザンオールスターズ」「福山雅治」なども手掛けています。
 そして、「TUBE]のコンサートが6月21日(日)盛岡市民文化ホール(マリオス)にて16時30分
 開演であります。
 その日も盛岡出身のKちゃんが「TUBE]のコンサートを“彩る”ようです。
 興味ある方、是非行ってみてください。
 (ホントは内緒かもしれないんですが、一般発売前ならそれなりの“席”を確保できると言っていま
  した。但し、完全買取で。欲しい方は私の方までご連絡ください)

c0177259_2346425.jpg 
 とりあえず、他のOYAJIたちも紹介しておきます。
 Kちゃんの隣の赤い奴がMくんです。
 進路は、憧れの“極道”だったのですが、先方から
 「お前は手がつけられないから来なくていい」
 と言われ泣く泣く断念!
 それが転機、なぜか大学へ進学して今では立派
 な「オペレーター」になっています。
 (*何のオペレーターかはご想像にお任せします)
 この写真を見ても今は、他人に迷惑をかけない
 程度の酔っ払い方になっていますね(笑)。

 私の隣のデカくて手の長い奴はHちゃんです。
 3年生の後期、私は就職先が内定していたのでHちゃんの家に毎日のように遊びに行っていまし
 た。(*ドラエモンのポケットのように何でも揃っていて、とっても居心地がいいんです)
 でも、迷惑だったでしょうねぇ。彼は受験勉強がありましたから・・・。
 そのころの話になると、「オメのおがげでランク落どしたじゃ」とよく言われます(笑)。
 まあ、それでも今では、何かすると「OOのくせに」と世間からは厳しい目で見られる仕事(笑)を 
 全うしていますから。それに、社会貢献にも目覚めたようで頑張っているようです。

 で、酔っぱらいの隣にいるのがお店の人ですが、何をやっているのか分からない“単身赴任”を
 していて、この日は来られなかったJくんの息子の「ダイスケ」です。このお店の料理長です。
 当り前の話ですが、Jくんと奥さんを足して二で割ったような顔をしています(笑)。
 因みにこちらのお店は、盛岡の大通りの裏通りにある「ごち」という若者に人気の居酒屋です。


              前                             後

c0177259_2265467.jpgc0177259_227211.jpg


 「TUBE」のライティングデザインをやっているということで、思い出して引っ張り出してきました。
 このド派手な“アロハシャツ”は’94年頃の「ケンゾーオム」のもので、「TUBE」も全盛期の頃だ
 ったような気がしますが、ある歌番組でメンバー全員が色違いでこの“アロハシャツ”を着て演奏
 していました。
 あまりの“カッコよさ”とウチの店の取り扱い商品がリアルタイムで出ていたので鮮明に覚えてい
 ます。(思わずアップしたくなりました)

 OYAJIたちの話が長くなってしまいましたが、卒業、入学、就職、とくると「あの頃にもどれたら」
 とつい思ってしまいますね。
 
 何はともあれ、Tくんはじめ前途ある若者たちが活躍できるように応援したいですね。

              
                                                  See you again
[PR]

# by itsformen | 2009-03-07 03:01 | 自分スタイル | Comments(0)