人気ブログランキング |

マルチ プロデューサーの“自分スタイル” 盛岡冷麺&OYAJIライヴ お知らせ編


 「What a Wonderful World」 サッチモ etc...

 やってきます! 「盛岡さんさ踊り」の宴の余韻も覚めやらぬ間に“やってきます”!! 

 「入道」 イェーイ!!

 盛岡“OYAJIバンド” イェーイ!!


 伝説の“ブルースシンガー” 「入道」 in MORIOKA 

 ◆8月8日(土) pm7:00~ Blues Night 「入道」&「クレイジー調子」with「ヨコやん」
                             (アコースティック バージョン)
   チャージ2,500円(ドリンク別)         予約制です!お早めにどうぞ!
   「CROSS ROAD」 盛岡市内丸5-9 2F TEL 019-681-1098 迄、お問い合わせを
                             (桜山界隈)


 ◆8月9日(日) pm7:30~ Soul/R&B Night 「入道」with「船越 project BAND」
                               (ギンギンのロックテイスト)
   前売り 2,800円(1ドリンク付) 
   当日  3,000円(1ドリンク付)
   「BAR Blue Rose」 盛岡市菜園1-11-23 SAIENビル2F TEL 019-606-0185 
                               (メガネスーパー向い)


c0177259_22114345.jpg

  「入道」オフィシャルサイト http://www.nyudow.com
 
c0177259_22121215.jpg
 1951年、高知県に生まれる。
 「入道」nyudow は土佐中時代からのニック
 ネーム。
 1973年、同志社大在学中、Blues House
 Blues Band で関西ブラックミュージック・
 シーンにヴォーカル、ハーププレイヤーとして
 登場。
 現在は、ヴォイストレーナーとして「オープン
 ハウス・ヴォーカルスクール」を主宰する。
 2002年、米国テキサスで現地ゴスペルグル
 ープと録音した「オープン・ザ・ドア」
 2007年には、屈指のブルースハーププレイ
 ヤーを集めたアルバム「ハーモニカ侍」など、
 CD、レコード作品も多数出品。 


c0177259_2212546.jpg
 ハァ~イ、盛岡の皆さん!

 入道Nyudowです!

 ブルースシンガーの傍ら
 CMのチョイ役もやったりし
 ています。
 皆さんご存じの日清“ラ王”
 と“カップヌードル”の ・・・
 “声だけ”・・・敢えて言う話
 ではなかったですね(笑汗)

 そんなことより、8日、9日の
 夜は「盛り上がろうぜぇ~」



c0177259_22133643.jpg
 イェーイ!!(親指)

 仕事も遊びもOYAJIバンドも
 ギンギンだぜぇ~!

 choo@こと「クレイジー調子」です。

 ブログに出てくるYYこと「ヨコやん」の
 “シブいドラム”も見逃せないぞ~!

 8月8日、9日 盛岡の“熱い夏の夜”
 待ってるよ~ん!!


 ということで、今回のLIVE、私は
 9日(日)のSoul/R&B Night に
 行ってみたいと思います。
 前売り券は、ウチの店でも預かって
 いますので「行ってみた~い!」とい
 う方は、どんどん、いらしてください。

 因みに、船越projectBANDの船越
 さんは、岩手で音楽をやったことのある人間であれば、一度はお世話になっている
 「スタジオ・ジャイブ」のオーナーです。
 
  
 追伸
    え~ 2回にも亘ってchoo@兄貴のオンパレードになりましたが、
    「夏のスーツスタイル」について一言。
    ビジネスのスーツ姿で“ノーネクタイ”にするのであれば“ダークスーツ”は避けてください。
     (暑苦しいうえに貧相でみすぼらしく見えてしまいます)
    choo@さんのように明るめの色を選ぶことです。特に“ライトグレー”系は涼しく感じます。  
     (この日着用のスーツ生地は、グレイッシュなインディゴ風ブルー Super130's トロピカル
     「ボン・ロード」のバンチからで、仕立ては【Sartoria PLUM】 MKJ クラシック)  
    そして、シャツの衿は“開けすぎない”こと。
     (悪い例、日テレのスポーツ番組「うるぐす」のMC O川さんと元日本放送協会の人。
     特にO川さんは、折角いいモノを着ているのに全体が“量販モノ”に見えてしまいます。
     “ちょいワル風”にネックレスでも着けていれば別ですが、ビジネスですからね・・・、
     間が開きすぎるのです、間が。     
     その辺り、オーダーシャツであれば、台衿下の釦位置を上下に1~2cm調整することが
     可能ですので“自分スタイル”を演出することができます)
    
    
                                                See you again  

 

# by itsformen | 2009-07-30 12:17 | 自分スタイル | Comments(0)

マルチ プロデューサーの“自分スタイル” 盛岡冷麺&OYAJIライヴ お知らせ編


 ついに、皆さんのご家庭でも“食する”ことが出来るようになりました!
 お馴染みのchoo@さんが“しこしこ”と開発していた“完全無欠”の「盛岡冷麺」!!
 おネエちゃんのケツを追いかけまわしているだけではありません(笑)!
 “虎視眈々”と“いわての食文化”を真面目に考え自ら開発に携わり、まずは“県外”の焼き肉店
 等の飲食店への卸売りからスタートして、ようやく待ちに待った“家庭用の販売”が始まりました。 


                                  “マルチ プロデューサー”

c0177259_127725.jpg
 皆さん、こんにちは。
 choo@こと「調子吉之」です。

 世間からは、よく“遊び人”と言われ
 ていますが否定はしません。けど、
 “ヤルときゃヤル”んです(勇笑)!

 皆さんには、この場をお借りして
 お披露目させて頂きます。

 【吉調つるしこ盛岡冷麺】
 (名前の頭文字をとって“きっちょう”)

 「安心」「安全」「美味しさ」をテーマに
 無農薬米の企画プロデュース等を行
 いながら、高まり続けていく“食への
 本物志向”に応えようと“こだわり”を
 模索し続けてきました。
 今や、名実ともに“全国区”となった
 岩手人自慢の「盛岡冷麺」。 
 だからこそ今、「食材の王国いわて」
 と“一流の料理人たち”からも注目を
 浴びている自然味豊かな“素材”に拘りたかったのです。
 「南部地粉」と「玄米粉」のコンビネーションが織り成す“つるつるしこしこ”で「プッチン」と弾ける
 食感の“生麺”と、動物性食材を一切使わずに、三陸の“海の幸”と岩手の“山の幸”をふんだん
 に盛り込んだ“野菜冷麺スープ”の“からまり具合”は“絶妙”なバランスを感じます。

 是非一度、ちょっとの“贅沢”と本物の“美味しさ”を味わってみてください。


c0177259_128672.jpg
 【吉調つるしこ盛岡冷麺】
 セット

 2食入り(生麺、スープ)
 1,500円(箱代300円含)

 4食入り(生麺、スープ)
 2,700円(箱代300円含)

 6食入り(生麺、スープ)
 3,900円(箱代300円含)

 ご注文はこちらへ
 吉調つるしこオフィシャル
 サイト
 http://www.tsurushiko.com


c0177259_1291736.jpg


c0177259_19514282.jpg
 私も早速“お取り寄せ”して食べて
 みました。 
 「盛り方が“かけそば”になってる」
 と怒られそうですが、(料理も裁縫も
 自分で作るのはからっきし“ダメ”で
 “ひらめき”と“口をだす”だけ)choo
 @兄貴が言うように具は入れずに
 そのままいただきました。

 いやぁ~ これはねぇ 今までの冷麺
 を想像して食べてはいけませんね!
 何が違うかというと、子供の頃感じた
 “岩手の薫り”が蘇ってきます。
 親父の実家が隣の矢巾町で、今でこそ岩手医大の移転などで開発が盛んに行われている地域
 ですが、昔は“一面田んぼ”、牛も飼っていたし“椎茸栽培”もやっていましたからその頃の“薫り”
 がかすかに漂ってくるのですよ。
c0177259_1405524.jpg
 さらに、お酢を「たつっと(翻訳:少々
 )」垂らしてみると今度は“三陸の浜
 の薫り”がしてくるではありませんか。
 (都会の皆さんは分かんないでしょう
 ねぇ~このニュアンス!悪戯笑)
 そして、麺は言うまでもなく“つるしこ
 つるしこ”とスープと相からまって
 小気味良い“食感”です。
 (この日はちょっと茹で過ぎてしかも
  冷し方が不十分だったのでプッチン
  までいきませんでした。笑汗)


 choo@さんより 皆さんへ

 この度、「家庭でも【吉調つるしこ盛岡
 冷麺】が食べたい」とのご要望にお応
 えすることが出来まして嬉しく思いま
 す。
 ただし恐縮ですが、素材にこだわり
 丁寧に製造をしていますので量産が
 出来ません。
 今のところ、毎週限定100食の生産になります。
 ですので、ご予約順にお届けすることになりますから“お早目のご注文”お待ちしています。
 「お中元」「お進物」等の“ギフト”にも最適です!(親指)

             (*う~ん、気になる左手!?なぜか“マイケル・ジャクソン”!?フォー!) 

 追伸
     choo@さんchoo@兄貴!
     器と箸、やっぱり“漆器”がイ~と思います!
     「浄法寺塗」「安比塗」、シンプルに食するには合うかも!
     「吉調つるしこ盛岡冷麺」ラグジュアリーセット
     “ちょっとの贅沢 岩手の薫り”                     
                                            なんちゃってね(笑汗)
 
 
 
 <続けて「入道」LIVE情報も載せる予定でしたが、長くなったので一旦アップします>

# by itsformen | 2009-07-29 22:01 | 自分スタイル | Comments(0)

ソックスもつわものだよ! made in japan にこだわる 編


皆さん、お待たせしました!
かねてより、「常時扱わないの?」とか「手ぶらで帰りずらいから扱ってよ」とか「百貨店のは割高だし、ユニクロはモノ悪いし」とか様々なご意見を頂いていましたソックスを始めました!!

そこで選んだのは、やはり、made in japan 昭和元年から靴下を作り続けて84年、ソックスの“つわもの”としてクオリティの高いものづくりに定評がある「ハリソン」社です。

OYAJI世代であれば、誰しもが一度は「ハリソン」を履いたことがあると思います。
私は、着心ついた“中1”からお世話になっています(笑)。

それにしても知らないというのは恐ろしいことで、最近ネットで検索して初めて「ハリソン」社の全容を知ることができました。
私の想像を遥かに超えた商品構成でモノの雰囲気も良いしバリエーションも豊富、しかも、自社で製造から販売まで一貫して行っているので、フォロー態勢がしっかりしているだろうという予想もつきました。
そして、「カタログショッピング」や「ネットショッピング」が可能なので、お客さんにはウチの店を通して注文をして貰おうという商売熱心な考え方でいこうと思っています(笑)。
でございますので、ウチでは一足(*現在は3足)からのご注文を承ります。
「これ一足(*現在は3足)ちょうだい!」でもOKです!(是非、お声をかけてください)

とりあえず、初回に仕入れたソックスたちをご紹介します。
 

 
ビジネスとフォーマルな男の身だしなみに「ロングホーズ」は欠かせません。
ソックスがずり落ちていたり足を組んだときにスネが見えてしまったりしては、自慢の「スーツスタイル」も勝負になりません。


               「クールマックス 綿 ストライプ柄ロングホーズ」

c0177259_2151235.jpg
汗を素早く蒸散し、サラッとした感触の吸水速乾繊維「クールマックス」を用いたロングホーズです。
ふくらはぎを締め付けすぎないよう段階的に着圧を調整し、履き心地に拘ったものづくりをしています。
ジャガード編みのストライプ柄が足元をスッキリ見せてくれます。

25-26cm(26.5cmまで許容範囲)
¥1,365  左から  ベージュ   チャコール   ネイビー   ブラック

  
           「クールマックス 綿6X2リブ ロングホーズ(S.M.L)」

c0177259_2162863.jpg
クールビズのために開発された「ロングホーズ」男の「スーツスタイル」には夏でもホーズが必須になります。
スポーツからビジネスまで展開する「ハリソン」社だからこそ、スポーツ素材の「クールマックス」を夏のクールビズ素材として落とし込むことが出来ました。
さすが! made in japan

Sサイズ 23-24cm
Mサイズ 25-26cm
Lサイズ 27-28cm
¥1,260 左から ベージュ ライトグレー ネイビー チャコール ブルー ブラック


               「スーピマ リブホーズ クラシックリンキング」

c0177259_2174134.jpg
日本初!爪先がごろつかないクラシックリンキング仕上げ、つまり段差がないのです。
イタリア・マテック社の最新式リブ編み機を駆使して、爪先部を一目ずつ自動縫製していますので、嫌なごろつきが全くありません。
素材は、高級スーピマ超長綿なので、繊細で美しい光沢感があります。 
  
25-26cm(26.5cmまで許容範囲)
¥1,575  左から  チャコール  ブラウン  ボルドー  ネイビー  ブラック


            「シルクコットン フォーマル ロングホーズ(S.M.L)」


c0177259_2183461.jpg
シルク55%×コットン45%の高級素材を用いたフォーマル向けロングホーズ。
フォーマルのような舞台でこそ男の真価が問われます。
「俺は大丈夫」と自信たっぷりな人に限って「おしょすい(翻訳:恥ずかしい)」スネを出していることがありますね(大笑)。
堂々とさり気なく振る舞いたいものです。

Sサイズ 23-24cm
Mサイズ 25-26cm
Lサイズ 27-28cm  ¥1,680    フォーマルブラック 



<カジュアルソックスも made in japan にこだわる>

                 「ユニークスラブ ボーダーソックス」

c0177259_2110216.jpg
カラフルなラインが楽しいボーダーソックス。
色の出方がユニークなスラブ糸(節糸)とのコンビネーションが絶妙です。
レッグ部(脚部)はゴム糸が入ったサポート編みでフィット性に優れています。
ショーツにリボンベルト(ウチには置いてないけど)と合わせてもイ~感じになると思いませんか。
25-27cm
¥1,050  左から グレー ベージュ ターコイズ ライトブルー ダークグレー        


        「ドラロン綿 フィンガーファイブ スニーカーソックス(ショート)」

c0177259_21102850.jpg
フィンガーファイブ(5本指)ショートタイプ踵あり。
ソフトで吸汗・速乾性に優れたドイツ生まれの乾式アクリル繊維「ドラロン」とコットンを混紡した素材を用いていますので、汗を素早く蒸散し、サラッと感がとっても快適です。
今やソックスの流れは「フィンガーファイブ」ですよ!
地に足がついた安定感を
味わってしまうと、もう離せなくなります。
25-27cm ¥735 
左から  ホワイト  ライトグレー  ネイビー  チャコール  ブラック
  

              「スーピマ インビジブルソックス アンチスリップ」

c0177259_2111782.jpg
スーピマ超長綿を用いたインビジブル(見えない)でアンチスリップ(踵部分が靴の中にずり込むのを防ぐため踵の内側にシリコンの滑り止めが付く)な忍者のようなソックス。
ローファー、デッキシューズ、ドライビング、キャンバススニーカー、素足に履くとカッコイイのですがそのままだとべとべとヌルヌルもっワァ~んっと漂って
きます(恐笑)。避けましょう!
25-27cm ¥840 
左から ホワイト ライトグレー ライトブラウン チャコール ネイビー ブラック 
 
c0177259_2112766.jpg

c0177259_21131410.jpg
~いしだ じゅんいち~ ごっこ

スリッポンではなくてレースアップの革靴でやってみました。
“ステルス”の如く完璧に隠れていますし、この日は12時間履き続けましたが、ずり込みもありませんでした。
(脱いでその辺に置いとくと奥さん?彼女?のOOてぃと間違えてしまいます。笑汗)

c0177259_21133855.jpg



                      ~お取り寄せ

c0177259_21141514.jpg
こちらは早速、「カタログショッピング」でのご注文を頂いた顧客さんのソックスたちです。
TUさんは、ソックスを買いに「伊勢丹メンズ館」へ行く人でしたが、「一足でも取ってくれるんだったらオメんとこで買うよ」とご注文下さいましたし、YKさんは「オラ5本指しか履がねぞ」と無いものと思って言ったようですが、有るのを知ったらご注文下さいました(笑)。
レディスサイズも有ります。今回も数足お取り寄せしています。
 
c0177259_21144761.jpg
こちらは、「アウトドア」ソックスの総合カタログです。
ウォーキング~トレッキング~クライミングから本格登山の靴下も「ハリソン」にお任せって感じです。
(健康志向のヘルス&ケアソックスも展開)

今、アダルト、シニア層では健康を取り戻そうと登山が大人気なようですね。
岩手は、周りを見渡しても山・やま・ヤマしかありませんので今さらという感じがしますが、都会の皆さんは違うんですってねぇ~!
それならば、長野とかアルプスもいいと思いますけど、ちょっと前まで日本のチベットとさげすまされた(笑)秘境イハテもイ~ですよ~
 
ひらめいたっ!
「登山」&「オーダーメイド」 in 岩手ツアー
どうでしょ!?
 
う~ん、観光と合わせて 「it's formen でオーダーメイド」の企画を考えないといけませんねぇ~
「オーダーしに行ってみたい~」という方で、岩手に行くなら「こんなとこ行きたい」「あんなことしたい」のご意見ご希望等ございましたら教えてください。

一応、電話番号は 019-653-7614 です。
メールアドレスは fujiwara@its-formen.com です。

宜しくお願いします。



                                 See you again 


  

# by itsformen | 2009-07-25 23:59 | ピックアップアイテム | Comments(0)

“クールな夏”「シャツジャケット」コレクション&“熱い夏”「盛岡さんさ踊り」お知らせ編


 「オーダーシャツジャケット」
 ずら~っと、最近仕立て上がりましたお馴染みの顧客さん、新規のお客さんのコレクションを並
 べてみました。

 先月の岩手日報に掲載されるにあたって、「岩手日報を見て」のお問い合わせはアダルト層、
 シニア層が多いので写真のディスプレイを“団塊の世代”からわれわれ“ウルトラマン世代”の
 「IVY」経験者へ向けたところ、ドンピシャリ!“アラ還”から“アラフィー”の方々が大勢いらっしゃ
 いました。(どうだ笑)
 「オーダーメイド」と聞いて“後日また”の人が多かったのですが、そんな中でもオーダーして頂き
 ました新規のお客さんとお馴染みさんの作品をご紹介します。


 毎度まいど“おっしゃれ~”な盛岡のTAさんの作品。
 ロイヤル・カリビアン シアサッカー 50サイズ 6.Drop 2釦 オーダー標準価格¥34,650

c0177259_2242444.jpgc0177259_2245175.jpg


 8月8日(土)、9日(日)の“OYAJIバンド LIVE”に燃えているお馴染みのchoo@兄貴の作品。
 ロイヤル・カリビアン シアサッカー 50サイズ 6.Drop 3釦 オーダー標準価格¥34,650
 
c0177259_2215251.jpgc0177259_2224992.jpg


ONもOFFも“アメトラ”で極めるトリコロールのデッキシューズがお似合いな盛岡のMOさんの作品
 「ザ・スーツ・カタログ」に掲載と同生地 50サイズ 6.Drop 3釦 オーダー標準価格¥32,550

c0177259_226425.jpgc0177259_227233.jpg


 「若く見られるけど、そんなに若くないんだよ!オレは」と謙遜していた盛岡のKSさんの作品。
 ロイヤル・カリビアン ギンガムチェック 46サイズ 6.Drop 3釦 オーダー標準価格¥32,550

c0177259_2293674.jpgc0177259_230630.jpg


 長身で“スタイル抜群”!真面目な人柄が表れている奥州のTYさんの作品。
 マイクロ・ギンガムチェック 46サイズ 6.Drop 3釦 オーダー標準価格¥30,450

c0177259_2303580.jpgc0177259_2305989.jpg


ピッタリした“ジャストフィット”がお好み!独身でも“本格OYAJI”の仲間入り盛岡のYMさんの作品
 鹿の子(カノコ)ニット素材 48サイズ 8.Drop 2釦 オーダー標準価格¥31,500
 
c0177259_2323492.jpgc0177259_2331096.jpg






 <ドンドン スコスコドン ドドスコドン ドンドンスコスコドンスコドンド> 

                                 「さっこら~ ちょいわやっせ」

c0177259_234434.jpg さあ、いよいよやってきます!
 “熱い盛岡”夏の大イベント

 「盛岡さんさ踊り」

 8月1(土)・2(日)・3(月)・4(火)
 毎日18時開始

 約230団体3万3千人が参加する
 わくわくドキドキの“夏祭り”です。

 「ギネス」に認定された
 “世界一の太鼓大パレード”の
 1万の鼓動がもりおかを揺らします。

 先月の末頃からブログの書き込みを
 始める19時頃になると聞こえてきま
 す。
 <ドドスコドン ピ~ヒャララ ピ~ヒャ
 ララ さっこら~ ちょいわやっせ>
 “凄い”んです!
 日増しに“熱を帯びて”きます。
 “地殻変動”のような“うねり”がこちらにも“ビンビン”伝わってきます。

                                 “2009 ミスさんさ踊り”たち

c0177259_2363179.jpg こちらが、今年の“ミスさんさ踊り”に
 選ばれた「あねっこ(翻訳:若娘)」た
 ちです。
 「ながながめんけがえん」
 (翻訳:なかなかカワイイでしょ)

 この“あねっこ”たちが“熱い盛岡”に
 華を添えます。

 いかがでしょう!?
 都会の皆さん、東北の皆さん、岩手
 の皆さん、「さんさ踊り」&「オーダー
 メイド」1泊ツアーなんていうのは!?
 (2泊でも3泊でもイイんですけど)

 JR東日本の“びゅうパック”ですと、
 東京駅から新幹線往復と盛岡のホテ
 ルに一泊朝食付きのセットでなんと
 “23,400円~”有りますよ。
 通常新幹線の往復代で2万6千円位
 ですから“超お得”です!

 今月に入ってからも「HP見てきました」「ブログ見てきました」というお客さんが絶えませんので
 “4日(火)は営業”することにしました。(代わりに5日(水)は休ませてください。息子を海に・・・)
 特に4日(火)は、“世界一の太鼓大パレード”と“大輪踊り”がフィナーレを飾りますので遠方から
 のお客さんのお越しを期待しています。(満面の笑み)

 真面目な話、it's formen が気になる~と思っている方、こういう“お祭り”に合わせて覗きに行く
 のも“有り”ですよ!
 お気軽にお声を掛けてください。(真面目にご予約を承ります。宿泊されなくてもお気軽にどうぞ)
 店舗情報は、この画面上の“オフィシャルサイトへ”をクリックするとHPに繋がりますので、そちら
 をご覧頂くと 詳しく分かるようになっています。

 一応、電話番号は 019-653-7614 です。
 メールアドレスは fujiwara@its-formen.com です。

 「遠慮しねんで、どうぞ、おんでってくなんせ~」
 (翻訳:遠慮なさらずに、どうぞ、いらしてくださいませ)

                                                 See you again 

# by itsformen | 2009-07-22 22:35 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

初めての【TUWAMONOスーツ】 G・Wでのお話編


 今年は、嬉しいことに例年になく新規のお客さんが増えています。
 インターネット関連やマスコミへの露出もありましたが“紹介”されていらした方も多いです。
 ウチの店の場合“紹介”してくださるのは殆んど“女性”なのですが(男は口コミしません!自分だ
 け~で留めます)、本当は増えて欲しい男性からのご紹介もありました。
 今回は、お陰様で好評を博している【TUWAMONOスーツ】をG・Wにオーダーされたお客さんた
 ちの作品をご紹介します。



                                   “5年ぶりのお呼ばれ”

c0177259_12505319.jpg
 初めての【TUWAMONOスーツ】

 G・W初日、5年ぶりに結婚式に“お
 呼ばれ”されたということでいらっしゃ
 いました紫波のGYさんの作品です。

 「盛岡には気の利いたスーツを売って
 るとこ無いんだけどオーダーメイドで
 はどこかある?」と知人のSさんに相
 談したGYさん、それであればイイ店
 があるよと紹介してくださいました。
 (Sさんには、そのまた知人のKさん
  のご紹介で、一度オーダースーツ
  をお作り頂いています)

 Sさんからウチの店に電話がありまし
 て暫くしてからGYさんがいらっしゃい
 ました。(実は定休日の火曜日にば
 かりいらしていたそうで初めは見つけ
 られなかったようです。すみません!
 笑汗)
 

 
c0177259_12515042.jpg
 酸いも甘いも“ちょいワル”も知り尽く
 した観のある“本物のOYAJI”の風格
 が漂うGYさんですが、「スーツスタイ
 ル」は冠婚葬祭ぐらいしか着る機会
 がないということでテーマは「上品で
 さり気ない自己主張」。
 お薦めしたのは、“つわもの”(葛利毛
 織)の中でも30%シルク混の濃紺の
 織柄に、さり気なく自己主張できる
 “絶妙な間隔”のストライプが入った
 上品な生地です。

 そしてデザインは、「MKJ クラシック」
 50のノッチドラペル3釦段返り、タイト
 フィットを選択されました。
 トラウザーズは“お腹が気になる”とい
 うことで1タックを入れて「LBSP クラ
 シック」の“脚長仕様”で極めていま
 す。
 何度袖を通すか分からない「スーツス
 タイル」に“勝負をかける”ところは“本
 物”だなと思いました。


c0177259_12525517.jpg
 そうなんです、スーツだけではないん
 です。
 当然「靴」にも勝負をかけます。
 「今ある“クロケット”は十数回しか履
 いていないけど毎回“雨降り”に中っ
 てボロボロになったから新しいのが欲
 しいと思っていたんだけど、盛岡で扱
 ってる店ではサイズが無いから『伊勢
 丹メンズ館』にでも行って来るかな」と
 言っていましたが、G・W明けに仙台
 へ遊びに行くとのことで私も「フッ」と
 思い出し、最近メッキリ来なくなった
 友人(厭味笑)で“こだわりのKKさん”から聞いていた「『クロケット&ジョーンズ』の品揃えなら仙
 台の『タマヤフットウェア』がイイよ」の言葉を思い出しました。


c0177259_1131771.jpgc0177259_1135559.jpg




















                                      「クロケット&ジョーンズ」

c0177259_12543357.jpg
 そして、以前「Men's EX」に掲載されていたのを思い
 出し、店名と大よその場所を確認しました。
 
 GYさん、G・W明けの仙台からの帰りにわざわざウ
 チの店に寄ってくれまして、「買って来たよ~!小さ
 い店だけど確かに品揃えは良かった!“ウンチク”
 も凄かったけどね(笑)」と言っていました。
 「なんぼがぺっこ(翻訳:いくらかでも)」はお役に立
 てたようです。(微笑)
 
 ウチの店も「『オーダーメイド』なら it's formen だべぇ
 ~!」と“全国の皆さん”に言って貰えるように頑張ら
 ないといけませんね!
 「ファイト、ファイト、イッツ!おお~」
 






                                     “男のこだわり”

c0177259_1257165.jpg
 初めての【TUWAMONOスーツ】

 G・Wの最終日、こちらは“8年ぶり”
 にご家族揃っていらっしゃいました
 現在は宮古のTIさんの作品です。

 8年ぶりといってもTIさんも奥さんも
 相変わらず“元気ハツラツ”としてい
 ましてまだまだ“アラサー”でも通用
 します。 
 それでも子供達だけはどんどん成長
 していきますからもう上の男の子は2
 ~3年生になったのかな?
 (実は団塊ジュニア世代ですよ)

 TIさん、8年前もG・Wの最終日にご
 家族でいらしています。
 (昨年は、G・Wの最終日は休んでい
  まして今年も休むつもりでしたが、
  例の「イーハトーシュ」の記事が前
  日の岩手日報に掲載されて問い合
  わせがかなりあったので急遽営業
  したのが“功を奏し”ました。笑汗) 


c0177259_12575465.jpg
 8年前というと、まだ“オーダーメニュ
 ー”を【Super Standard】仕立て
 一本で展開している頃に初めての
 オーダーを頂いています。

 その時は、ダークグレーの織柄の生
 地を用いたかなりタイトなシングルブ
 レストの4釦でした。

 そして今回は、“タイトフィット”ながら
 “ノーブル”で落ち着いた雰囲気を
 醸し出している「MKJ クラシック」48
 のノッチドラペル2釦、スラントポケット
 のデザインにして、トラウザーズは
 「ACP クラシック」のノンタックでスッ
 キリと。
 “つわもの”(葛利毛織)の生地は
 落ち着いた“漆黒”の織柄ストライプ。
 シルクが18%の混紡で目付もしっか
 りとありますので通年活用できるスー
 ツに仕上がっています。 
 

 
c0177259_13123560.jpg
 TIさんは、“東奔西走”転勤が多く岩
 手県民の“命”を守るべく日夜尽力さ
 れています。
 
 「スーツスタイル」は年に10回ほどな
 そうですが、やはり、節目節目には
 “勝負”をかけなければなりません。

 この日、会計をしている時に上の男
 の子が、「スーツ10万円するんだっ
 て」と言ったらTIさんが、「これはね、
 お父さんが男として拘っているモノだ
 からね」と言って我が子を諭していま
 した。
 そうなんですよね、男には拘ったら
 “譲れないモノ”があるんですよね。
 まあ、男の子だから大きくなったら
 その辺のところは分かってくれるで
 しょう。
 
 TIさん家族は、ホントに傍から見て
 いても微笑ましい雰囲気のイイご家
 族です。(微笑)
   
c0177259_1393275.jpgc0177259_1401179.jpg













 以上、G・Wでのお話でした。
                                                See you again

# by itsformen | 2009-07-17 23:56 | オーダースーツ | Comments(2)

「ホームページを見て来ました」 秋田~ “ジューンブライド”お呼ばれ編


 ありがとうございます!(満笑)
 去る5月の末日、昨年の8月にホームページを立ち上げてから“初めての出来事”がありました。
 それというのは、「ホームページを見て来ました」という“嬉しい響き”とともに「オーダースーツ」の
 ご依頼を、岩手“県外”からいらしたお客さんに頂いたことです。(嬉笑)
 今回は、そのお客さんで秋田の横手からいらっしゃいましたHHさんの作品をご紹介します。

 「桃太郎ジーンズ」をお目当てに秋田、青森からいらっしゃるお客さんは多いのですが it's formen
 の“主役”であります「オーダースーツ」のご依頼は初めてでしたので“感謝感激”です!(感笑)
 (ブログを始めてから2~3㌔増量してしまい“メタボ腹”にはなるし、アクセス数があるわりには
  「見てるだけ~」の人が多くて“心が折れそう”になりましたが(笑)“自信と希望”を頂きました)

 インターネットの“宣伝効果”は、まだまだ“計り知れないもの”があると思います。
 お客さんのプロデュースは勿論ですが、“ネット劇場”もさらに工夫して“面白いモノ”にしていけれ
 ばイイなと思っています。
 (7月1日、ついに“都会”からも“紳士的”なお客さんがいらっしゃいました。しかも一週間前にご
  予約をくださいまして、そして it's formen の“三本柱”をオーダー頂いています・・・うふふ後程)




                              “ジューンブライド” お呼ばれされて

c0177259_18283720.jpg
 【Modern Savile Row】 仕立て

 「NBS クラシコ」 46
 ロープド ショルダー 
 シングルブレスト 3釦段返り
 チェンジポケット スラント
 ノンタック トラウザーズ
 「葛利毛織」 白X黒 千鳥格子
 ウール89%Xシルク11%

 
 「やっぱりイッツって書いてあるよ!」

 可愛らしい奥さんとのこんな会話から
 もしかしたらHPを見て来た人たちか
 なと思っていたらやはり、「ホームペ
 ージを見て来ました」とのことでした。
 「盛岡オーダースーツ」で検索された
 ようですが“トップ画面”に出てきます
 ので分かりやすかったのでしょうね。
 
 6月の末に結婚式にお呼ばれされて
 いて、今回は「オーダースーツ」で“極めたい”ということでいらっしゃいました。

c0177259_1903934.jpg
 ビジネススーツは着ないとのことで、
 先ずはお薦めの“つわもの”(葛利毛
 織)の生地を見て貰うことにしました。
 (お客さんが生地を捲っている時、カ
  ウンター越しに1m位離れて雰囲気
  や顔とのバランスと相性をみます)
 そして私が「これはイイな」と思った生
 地の所で止まりました。
 それが、今季イタリアものも含めて
 “千鳥格子”では“一押し”の今回HH
 さんが選ばれた生地です。
 (確かHHさんにはこのことはお伝え
  していなかったと思います。笑汗)

 写真では柄が綺麗に見えませんが、
 とっても“ノーブル”でシルク混の“上
 質な素材感”が“タイトフィット”で“ク
 ラシコ”なスタイルを引き立たせます。
 体型が極端に変わらなければ(笑)、
 飽きずに“永く愛用する”ことが出来
 るでしょう。

 
c0177259_131255.jpg
 HHさん、盛岡には年に一度訪れるか
 どうかなそうですが、今回は愛車の車
 検で「アルゴス」(*盛岡にある外車
 専門ディーラー)にも用事があったか
 らと言っていました。

 初めていらした方ですので根掘り葉
 掘りは聞けませんでしたから何の車
 に乗っているのか分かりませんが、
 “私の予想!?”(HHさんのこの日
 のスタイルは、タイトなJKにタイトスリ
 ムなジーンズ、ロングノーズのシュー
 ズにキャップタイプのハンチング帽)
 そして、隣に乗せる“可愛らしい奥様”
 から想像すると、「アルファロメオ」!
 どうでしょう!?HHさん、今度いらし
 た時、是非聞かせてくださいね。
 (コメントに書いて貰っても大歓迎)

 因みに、HHさんは私と同い年です。
 今っぽくいうと「アラフィー」とでもいう
                                    のでしょうか!?(笑汗)
                                    (それにしても秋田の人って“若げ”)
 
c0177259_2112058.jpgc0177259_2115756.jpg




















 *取り急ぎ、ブルーのシャツを合わせたかったので「ボタンダウン」を着せていますが“結婚式”
  には“NG”です。
  カジュアルな“ウェディングパーティー”や“二次会”では“OK”ですが、“フォーマルな結婚式”
  には“不向き”です。

 *「ボタンダウン」といえば、最近“世界No.1”の自動車会社の社長が“世界の面前”で“ソフト
  スーツ”と思われる洋服と「ボタンダウン」のシャツにネクタイを着用していました。
  盛んに“チェンジ”を意識しているようですが、“ノンセンス”!
  先ずは“世界に通用する”「グローバルスタンダード」な“装い”を心掛けたらイイと思いました。
  (クルマの性能は各社大差がないのですから“売上高UP”を望むのであれば、“センス高UP”
   が“鍵”になりますよ、社長!)

 *“ニッポンの紳士”といえば、現在カナダへご訪問中の「天皇陛下」ではないでしょうか。
  ダブルブレストを好んで着ておられますが、しっくりと体に合った奇をてらわない気品の高さ。
  “一番近いところ”に“お手本”になるお方がいらっしゃいます。
 

 
 この日、HHさんにはシックリくるネクタイをご提供できなくて申し訳ないことをしました。
 参考までに、結婚式にお呼ばれされた時の「ダークスーツ」や「ディレクターズスーツ」にマッチン
 グするネクタイをアップしてみました。              it's formen オリジナルタイ ¥8,400

c0177259_21135867.jpgc0177259_21141741.jpg















                                  「VOLVO 164」

c0177259_9194358.jpg
 懐かしいですねぇ~!
 目がウルウルしてきました。
 こちらは、あの“羊の皮を被った
 狼”のあと5年前まで乗ってい
 た愛車と同型の「VOLVO164」
 私の親父が県庁の退職を機に
 買ってきたヤツです。
 インターネットって凄いですね、
 試しに「ボルボ164」で検索し
 たらコイツらが出てきました。
 やっぱり“クラシックカー”はイイ
 よなぁ~ 何ともいえない“味わい”があるんだよなぁ~
 で、今は“ノンセンス”な社長のとこの“無味無臭”な“白いライトバン”に乗っています(笑)。
 (オーダーメイドを始めたので、これに“オーダーキット”を積んで“行商”に行きたいと思っているの
  ですが、未だご依頼がありません。悲笑)

c0177259_9214537.jpg
 “バーガンディ”
 この色も“シッブイ”ですよねぇ~!
 コイツと同型のオーナーが盛岡にも居ます。
 コメントでお馴染みの<イッツマウンテン>
 さんのご親戚が所有しています。
 どうやらウチのを見て欲しくなったようで、
 たまたま“青森を旅行中”ある民家に置いて
 あったのを発見して、“あらゆる手段”を使っ
 て半ば強引に手に入れたそうです(笑)。
 「岩山」へ登る途中“拝む”ことが出来ます。
 “目の保養”になります。
 末永く大事に乗ってくださいね。

 
 
                                                 See you again 

               

# by itsformen | 2009-07-10 03:11 | オーダースーツ | Comments(2)

“夏のジャケット” 【Modern Savile Row】 おっしゃれ~編


 ニッポン中“夏本番”という感じですねぇ~!(梅雨っぽくないし)
 新たに“夏のマストアイテム”になった「オーダーシャツジャケット」も絶好調ですが、やはり“テー
 ラード”からの流れの「アンコンジャケット」も見逃せません。

 今回ご紹介するのは、「やっぱすオラはコイヅのほイ~なぁ」と昨冬のツィードジャケットと同じ型
 【Modern Savile Row】の「マニカカミーチャ」(アンコンシャツ袖)仕立てでお作り頂いた盛岡の
 TAさんの作品です。
 (結局、引き取りにいらした日に「シャツジャケット」もオーダー頂いています。嬉笑)




                                    “夏のジャケット”

c0177259_13522829.jpg
 「マニカカミーチャ」 50
 (アンコンシャツ袖)
 
 今回選んだ生地は、イタリア「バルバ
 ーロ」の夏らしい“シアサッカー”素材
 の中から“紅白のギンガムチェック”
 柄をチョイスされました。
 「おっしゃれ~!」
 (奥さんの評判も良かったんじゃない
  かなぁ~!?)

 昨冬のツィードジャケットには“薄い肩
 パット”と“柔らかい毛芯”を用いまし
 たが、今回は“素材感”を考慮してど
 ちらも用いないでやってみました。
 (やはりこの位の“夏素材”はシャツジ
  ャケット感覚で着られるとイイです)

 腰ポケットは“スッキリ”と“フラップレ
 ス”にして夏らしく“貝ボタン”で“季節
 感”を演出しています。
 
 「クールなOYAJIは夏着が違う!」
 (どっかで聞いたことあるなぁ~!?・・・含み笑) 

c0177259_224795.jpgc0177259_224418.jpg


















c0177259_226464.jpgc0177259_226385.jpg




















c0177259_1355993.jpg
 TAさん、袖のデザインはやはり“ベル
 ライン”なんですね!
 (とってもお似合いです!)

 裏返すと“大見返し”なのが良く分か
 りますね。
 裏地も肩と袖だけにしか用いていま
 せん。

 そして右のスナップは、「桃太郎ジー
 ンズ」の“レトロ’30”13㌉のデニム
 を用いた「オーダージーンズ」を肩に
 掛けてみました。

 皆さん!“ベストマッチング”だと思い
 ませんかぁ~!?

 「TAさん、この際だぁ~折角だがら
  つぐってみるべぇ~!奥さんさは
  黙ってでやるがら」
 <そんなこと言ったって見てるん
  だからバレバレだっつ~の>

c0177259_1425122.jpg
 イタリア「バルバーロ」の
 “シアサッカー”素材。
 8柄ご用意しています。

 コットン100%と思いきや
 実は、ポリエステル65%
 Xコットン35%です。

 冷っと感!
 サラッと感!
 “凹凸の質感”はイタリア
 ならではの“上質なセン
 ス”!
 夏に最高!
 夏の定番!
 皆さんも是非、お試しあれ!    【Modern Savile Row】仕立て オーダー標準価格¥64,050
 
 


 結構ね、お客さんの“新作”ネタはあるんですよ!
 (次回、何にすっか迷うなぁ~)

                                                 See you again 

# by itsformen | 2009-07-04 23:32 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編


今回も“自分スタイル”でどんなOYAJIが登場するのかと期待していたかもしれませんが、そんたに“ネタ”がありません(笑汗)
そのうち“双子の兄”が短髪にした“現場”をお見せしますが自分ばかり出はっても面白くありませんので、前編のNOさんのように“顔出しOK”でも出演してくれる“前向きなOYAJI”を“募集”しています(笑)。


G004-MB 左ポケットに“桃太郎家紋”の“白”で“ペイント”オーダー

c0177259_1620312.jpg
ということで今回は
桃太郎ジーンズをお送りします。
 
ウチの店は“アメカジ系”や“ジーンズ系”のショップではありませんが既製ジーンズは20本程度揃えています。
サイズが切れていたり店にないデザインのモノでも“お取り寄せ”は可能ですので“お気軽”に“お声”を掛けてください。


出陣 0705SP 左ポケットに“家紋ジャパンライン”の“白”で“ペイント”オーダー
   
c0177259_16205428.jpg
ウチの店の特徴として直営店以外は扱いが少ない「オーダーメイド」を展開しています。
“一人の職人”が“裁断”から“縫製”まで手掛ける完全な「オーダーメイド」がお薦めですが、お値段が¥47,250~とちょっと値が張ります。
その辺のこともあってか最近では“和ブーム”ということもあり既製ジーンズに
“家紋”入りの“ペイント”を施すお客さんが増えています。*プラス¥2,100

c0177259_16214188.jpg
G007-MB
¥23,100

右に“桃ステッチ”の上から“家紋ジャパンライン”の“赤”で“ペイント”オーダー

このG007-MBは“メタボ腹”のOYAJIたちが“カッコよく”穿けるデザインになっています。
股上がやや浅いので
                               かえってお腹の収
                               まりがイイのです。

c0177259_16222641.jpg
お腹だけ出てしまってヒップと太腿は痩せていきますのでその名の通り“タイトストレート”なシルエットが出ます。

左から、ブログカテゴリ「桃太郎ジーンズ」その壱でご紹介している「オーダーメイド・ジーンズ」です。
中がG007-MB右は今はリストにない品番のMVPA02

           ヴィンテージタイプ

c0177259_16225695.jpg
ご覧のようにバックポケットにはペイントもステッチも入っていませんし、桃太郎の特徴の“内股ピンクステッチ”も入っていません。
さらにワンウォッシュはしていますが“未防縮”です。(“生機”も有り)
まさしく“ヴィンテージ仕様”なのです。




c0177259_16234666.jpg
その“色落ちサンプル”がこちら。
イ~感じに色落ちしていくんでしょうね。

MVPA02
W32㌅
L36㌅
15.7㌉
世界最特濃の純正インディゴで染色。
股上がやや浅く腰廻りがスッキリした“ヴィンテージストレート”
¥24,990

c0177259_16242561.jpg
こちらはカテゴリ「桃太郎ジーンズ」そのでご紹介した“究極のデニム”です。
“本物の藍”です。
凄いの何のって藍の栽培から“自分たち”でやっていますから、その拘りようは半端じゃないです。
“究極のジーンズ”が出来るはずです。
本物の「青」を求めて誰か創りにこないかなぁ~(希望笑)。


追伸
最近の桃太郎ジーンズの躍進は素晴らしいものがありますね。
東京北青山Ao、渋谷パルコ、パリ事務所開設と、岡山の倉敷児島から“出陣”の幟を立てて邁進しています。
製造元の藍布屋さんの展示会には「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「ディオール」「プラダ」等、挙げたらキリがないくらいの“ブランドたち”がやってきます。
先日、桃太郎Xダニアのコラボジーンズ最後の一本を買われたお客さんが「このデニム、『ディーゼル』に似ている」と言っていましたが、そのとおり“供給元は同じ”ですからねぇ~ 
テレビ出演の芸能人やアスリートたちもチラホラ穿いているようです。
私が見たのは“ぴったんこカンカン”で北京五輪柔道金メダリストの「石井慧」選手が“出陣モデル”を穿いていました。(あのシルエットから想像すると“0705SP 36㌅”かな?)     
     



 夏、夏、夏、夏、夏がやってきます!

 夏の準備は如何かなぁ~!



                                 See you again


# by itsformen | 2009-07-01 23:54 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

「オーダーシャツジャケット」 de “自分スタイル”&PR編


 久しぶりの“自分スタイル”です。
 今回は、前編のマイクロ・ギンガムチェックの「シャツジャケット」をオーダーされた盛岡のNOさんを
 ご紹介します。

                                “しゃっちょうで~す”

c0177259_17471716.jpg
 自己PRも兼ねますのでバーン
 とお見せします。
 
 う~ん 足が・・・。(まんつさっ)

 NOさんは、11年程前に親友の
 MNさんの紹介でいらっしゃいま
 した。
 お互いに「俺の親友はコイツ」と
 言い合える間柄の“イイ関係”?
 な男同士です。(笑)

 NOさんがちょうど事業を始めた
 ばかりの頃だった気がします。
 私「何の商売始めたの?」
 NO「うぃス!クルマ屋です」
 私「何ていう名前?」
 NO「うぃス!アルティメットです」
 私「ほぉ~格闘技好きそうだね」
 NO「うぃス!ぺっこやってます」
 と言うので、「何か技やってみせ
 てよ」と言ったとたん「ビュッ!
 スコーン!」と“かかと落とし”が
 脳天をかすめていくじゃないで
 すか!
 この体型からは想像できませんでしたから(今でこそ54サイズですが当時は58サイズくらい)
 驚いてしまいましたね。(マジで)
 “K-1”が流行っていた頃で体格も似ていたものですから“もりおがのマークハント”と呼んでい
 ました(笑)。

c0177259_17475820.jpg
 なかなかイ~感じにイ~雰囲気
 醸し出してますねぇ~
 
 NOさん、いつもは仕事柄「ディッ
 キーズ」のヒッコリーストライプの
 “オーバーオール”が“勝負服”
 ですが、結婚もして一歩一歩
 OYAJI世代に近づくにつれ「ジャ
 ケットが欲しい」ということで、今
 回タイミングよく“オプションフェ
 ア”の恩恵もあり気持ちよく「シ
 ャツジャケット」のオーダーを頂
 きました。
 (*この日コーディネートしたボト
 ムスは「桃太郎ジーンズ」&「ダ
 ニアジャパン」がコラボレートし
 た“2ヵ月穿き加工”の“スーパ
 ージーンズ”です。既に完売)

 「普段着はジーンズしかないの
 で“大人の扱いをされる”スラッ
 クスタイプが欲しい」とも言って
 いました。 (ふむふむ、これぞ
 私の思う“ツボ” ニカッ)

                                 “親友の結婚式に”

c0177259_17504461.jpg
 こちらの写真は、去る3月15日
 にやっとこさ“最後のレディ”に
 絞り込んだ親友のMNさんの
 “結婚式のため”に“誂えた”
 スーツです。
 (二次会の幹事もやっていまし
 たね。お疲れ様でした)

 こういう機会でもないとスーツは
 着ませんから“冠婚葬祭”を兼
 ねて“ブラックフォーマル”に落
 ち着きました。
 【Super Standard】仕立て
 “ピークドラペル”のシングルブ
 レストの2釦で“ノーベント”に、トラウザーズは1タックの“すっきりシルエット”で“10年仕様”!
 ドレスシャツは、ベーシックにホワイトのツイル織りで衿型は「セミワイド」カフスは「大丸」でまとめ
 ました。

                                  “親友の勝負服” 

c0177259_17513615.jpg
 こちらの写真は、親友のMNさ
 んが“最後のレディ”を獲得する
 ために臨んだ“晩秋の結納”の
 席で着用した“勝負スーツ”で
 す。
 【Super Standard】仕立て
 ノッチドラペル シングルブレスト
 2釦 トラウザーズはノンタック

 MNさんが初めていらしたのは
 仙台の専門学校時代の18年
 前でしたね。
 そう、「KENZO」のファンという
 ことから頻繁に来るようになっ
 て、スタイルもよく“男前”なとこ
 ろから it's formenのスーツが
 似合う“若手のホープ”でした。
 でした・・・?そうなんです(困)
 結婚を意識した辺りから・・・。

 MN&NOさんとは“合コン”を
 やったりして“Offタイム”もよく
 お付き合いさせて貰いました
 ね。(昔の話ですよ!笑汗)

 何はともあれ二人とも所帯を持ちましたから、これからはOYAJIとしての付き合いができます。
 いわゆる“団塊ジュニア”世代の先兵隊ですから、「早ぐ子供つぐれ!」と言いたいですね(微笑) 
 


                    “怪しい”クルマ屋 「アルティメット」

c0177259_17523175.jpgc0177259_17531671.jpg

c0177259_1754148.jpgc0177259_17545688.jpg

c0177259_17554553.jpgc0177259_17562026.jpg


 とっても怪しいですねぇ~ けど、入ってみると“わくわくドキドキ”しますよ~
 “男って”こうゆうの結構“好き”なんですよねぇ~
 
 それにしてもこの間“車検”をお願いしたんですが、「ディーラーのってなんなの?」と思うくらい
 ¥が良心的です。
 しかもこの“人っこの良さ”で怪しい雰囲気でも(笑)“クルマ好き”の連中が募ってくるようです。
 お客さんたちと“レースカー”を作って“サーキット”まで出向いたりもしているようですね。

 岩手、秋田、青森の“クルマ好き”の皆さん「ビビッ!」ときたら遊びに行ってみてください。
 盛岡市みたけの「岩手県営スケート場」の並びで「長府製作所」の向いにあります。(怪しいです)
 
 *HP開設しています。
  「盛岡アルティメット」で検索するとセクシーな“レースクィーン”が画面いっぱいに出てきます。


 
 次回もお楽しみに!
                                                 See you again

  

# by itsformen | 2009-06-27 03:50 | 自分スタイル | Comments(0)

「オーダーシャツジャケット」 “マジ”で評判“イイ”よ編


 いやぁ~ホントに反響がイイんで“ビックリ”しています。
 今日も新聞片手に訪れてくださった方もいらっしゃいまして、“今までにないモノ”で価格と実用価
 値のバランスが良く、しかも“オーダーメイド”で体型に“ピッタリ”合わせられるとなると、“景気が
 どうのこうの”というのは関係がないようですね!

 今回は、“春のオプションフェア”にてオーダー頂いたお客さん作品を「こんな感じですよ~」程度
 にざぁ~とご紹介していきます。


     どちらも 6.Drop 54サイズ 3釦 切羽仕様 釦糸&ホール糸カラー 裏地付き

c0177259_15363812.jpgc0177259_15372592.jpg


 左は盛岡のTUさんの作品 標準価格¥32,550 「ロイヤル・カリビアンコットン」
   
 右は盛岡のNOさんの作品 標準価格¥30,450 マイクロ・ギンガムチェック
 斜め掛けにしたバッグ 「ハーヴェスト・レーベル」 “レザーフェイス” HJ-2104 ¥18,900 



       ノッチドラペル 8.Drop 48サイズ 2釦 切羽仕様 釦糸カラー 裏地付き
 
c0177259_15594448.jpgc0177259_1634945.jpg


 東京から盛岡に移住、実家は川崎のYMさんの作品 標準価格¥31,500 鹿の子(ニット)素材


c0177259_1661973.jpg “クールビズ”

 写真上下とも左側
 がYMさんの「シャツ
 ジャケット」です。

 “Onタイム”でも“Off
 タイム”でもこのよう
 に着廻しが“自由自
 在”、「シャツジャケ
 ット」に「ニットタイ」と
 「コットンパンツ」は
 クールビズの定番
 にしてもイイくらい
 です。

 「コットンパンツ」 全15色(無地) オーダー価格¥23,100

c0177259_1672782.jpg 写真上下とも右側
 は「日本ホームス
 パン」と“コラボ”し
 たシルク&リネン
 素材の「サマーツィ
 ード・ジャケット」
 です。
 こちらも肩パットと
 毛芯は入れていま
 せん。¥81,900
 “カーディガンの
 着心地”です。
 しつこいようですが
 「沖縄の空気感に
 いわてのホームス
 パン」 (ニカッ)
  
 
c0177259_16102617.jpg そして“今夏一押し”
 の「インディアン・マ
 ドラス」。
 こちらは「ショート・
 BD」の衿型にダブ
 ル釦のカフス。
 オプションフェアでし
 たので“ハンドステッ
 チ”と“釦糸”をグリ
 ーンで入れてみまし
 た。
 もう一枚の明るいグ
 リーンと赤のマドラ
 スは「ワンピース・
 ワイド」の衿型に
 “半袖”です。

 勿論、「インディアン・マドラス」は「オーダーシャツジャケット」にしても“超~おススメ”です。


c0177259_1611747.jpg 続々と“新着生地”
 が入ってまっせ~!

 新柄4色に加えて
 「クレイジー・マドラ
 ス」(パッチワーク)
 も仲間入り!
 (楽しくてしょうがな
 いですねぇ~)

 さらに“面白い”生地
 が登場!
 “Made in USA”の
 レトロなプリント柄。
 (もう“たまんない”
 なぁ~)
 20代30代の“コヤジ世代”の諸君!
 “古着”とのマッチングは“最高”にイイと思いますよ! 
 「オーダーメイド」の世界は、もはやここまで“こなれてる”んです!(微笑)

 オーダーシャツ       標準価格¥11,550~¥12,600
 オーダーシャツジャケット 標準価格¥30,450~¥31,500

 「DOU!?]


  
 さて次回は、「オーダーシャツジャケット」DE“自分スタイル”をお送りします。

                                                See you again

# by itsformen | 2009-06-24 20:42 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)