人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編

2022 春夏の新着!お誂え向け


「FOX BROTHERS」

“250TH ANNIVERSARY”

~MARCH~


2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18051589.jpeg




~FOX ARCHIVE CHECK~
Wool 100% 450g/m
約200年分のアーカイブの中から探し当てた特別なカラー。
250周年Yearだけの限定ファブリックです。

~GOODWOOD HERITAGE TWILL~
Wool 100% 320/350g/m 380/400g/m
FOX BROTHERSのアーカイブチェックに合わせるためのキャバリーツイルです。

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18052780.jpeg




~ENGLISH COUNTRY SUMMER~
Wool 56%×Linen 44% 280/310g/m
FOX BROTHERSの本拠地サマセットの美しい自然(赤土、蒼い空、粘板岩)からとったカラーの数々。
ガーデンパーティーに最適なファブリックです。

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18053875.jpeg





~継続のコレクション~

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18065678.jpeg


2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18074241.jpeg


2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18081812.jpeg








“気持ち良いだろうなあ” ~サロンの窓から~

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18083593.jpeg


2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 MARCH 編_c0177259_18084410.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-03-06 23:00 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編

いわてのホームスパン

1年延期になり3年振りの開催となった銀座での「蟻川工房ホームスパン展」
このコロナ禍の中でもわざわざお越しくださってしかも2着目、3着目とホームスパンの服地を注文されて行かれました。
都会の方々は素晴らしすぎます。
本当に有り難いことです。





~素朴なラグジュアリー~


【IHATOVジャケット】
蟻川工房

目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20133985.jpeg


目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20135767.jpeg


目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20142347.jpeg


目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20144530.jpeg


目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20150881.jpeg


「蟻川工房」 Japan “単双平織” ブリック×オリーブグリーン ブリティッシュウール 268g/m 4.1m(88,000/m)

Sartoria Iwate仕立て 【IHATOVジャケット】 
「オーソドックス Ⅱ」AB3 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰Pパッチフラップ 極限コバステッチ 袖口本切羽3釦 釦 鳥足掛け センターベント
オーダー価格¥88,000(本体80,000) 「てつじ」ブラウン

「best the ヴェスト」BE3 シングルブレスト5釦 釦 鳥足掛け
オーダー価格¥24,200(本体22,000)

蟻川工房の伊藤さん、1月の銀座でのホームスパン展に向けて着分の服地の制作に取り掛かり、今まで表現したことのない色味の“単双平織”を織り上げたそうなんです。
写真では正確な色味が伝わらないのが残念ですが、レンガ色とオリーブグリーンがミックスされた何とも言えない雰囲気の良い色合い。
仕立ての方お願いしますと伊藤さんが持参した服地を見るなり、こうゆう色味も表現できるのかと感心したのを覚えています。
本来は、銀座でのホームスパン展用に織り上げた服地でしたが、パッと頭に浮かんだんだそうです。
この赤みの強いブラウンが似合いそうなお人。
地元のお客さまでは希少な“2着”のホームスパンを誂えていた方で、同じ“やま町”のご近所さんでお家は目と鼻の先、お声を掛けてみたところ「おっ!いいよー つぐってみるっか」と“3着目”の快いお返事をいただいたようでした。
そして、ジャケットの仕立てをオーダー頂いたのですが、体型的に帽子を作れるくらいの残布が出るのを見込んで頭廻りを採寸し、デザインもテンガロンに決めて仕立て上がりを待ったのですが、なんと思いのほか残布がありましてIwateの仕立て工場に問い合わせたところ、ヴェストならギリギリ取れますよということになりまして、“ジャケット&ヴェスト”の組み合わせになりました。
そんな今回のご依頼人は、年齢のわりに前後左右のバランスが良く捻じれも生じていない体型を保ち、畑仕事からカルチャースクール通いまで精力的に趣味をこなす80代半ば、盛岡のSCさんです。


目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20165831.jpeg







“もっと遊んでいたいよ” ~サロンの窓から~

目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20493969.jpeg





“豆と喫茶 waltz” ~サロンの珈琲~

目と鼻の先のご近所で ~手紡ぎ手織り~ 蟻川工房の【IHATOVジャケット】 編_c0177259_21245336.jpeg




~it's for men~

# by itsformen | 2022-03-01 18:30 | いわてのホームスパン | Comments(0)

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 FEBRUARY 編

2022 春夏の新着!お誂え向け


「FOX BROTHERS」

“250TH ANNIVERSARY”

~FEBRUARY~


2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 FEBRUARY 編_c0177259_21114214.jpeg




~CORDEAUX SEERSUCKER~
Cotton 200/220g/m
ダグラス・コルドー社長のセレクトです。
「私にとって夏のスーツのための最高のチョイス」
「トスカーナやリヴィエラなどでのバカンスでも活躍するよ」

~VINTAGE HOPSACK~
Wool 430/460g/m
FOX BROTHERSの輝かしい歴史の一部。
16オンスのブレザー地は、「RAFブルー」「ネイビーブルー」「ロイヤルブルー」そして「ガーズマンレッド」という4色のミリタリーカラーで展開されています。

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 FEBRUARY 編_c0177259_21115663.jpeg




~SIXTIES GLEN CHECK~
Wool 290/320g/m
「至高の一着」
“ロンドンシュランク”フィニッシュが施され、安定性、柔らかさ、そして美しいドレープをもたらします。
デザインは、『華麗なる賭け(原題:The Thomas Crown Affair/1968)』劇中のスティーブ・マックイーンへのオマージュ。

~KHAKI SUITING~
Wool 290/320g/m
“ロンドンシュランク”フィニッシュが施されたメランジュエフェクトのブリティッシュカーキは、オーソドックスな3シーズンスーツに最適です。
トラウザーズ単品でもグレイのライバル的な使い方ができます。

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 FEBRUARY 編_c0177259_21121482.jpeg







“生豆と焙煎 fulalafu” ~サロンの珈琲~

2022 春夏の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 FEBRUARY 編_c0177259_20193150.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-02-26 22:30 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

「ONもOFFも着こなせるジャケットがいいですね」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編

フン害

フン害に憤慨してます!
サロンでは豪雨の後の鳥のフン。
家の中では家族のフン。
家の外ではリアル憤慨の犬畜生のフン。
待ち焦がれていた雪解けの跡に出てきたフンフンフン。
事もあろうに歩道の真ん中に!
何も知らずに踏んづける人続出。
フンの不法投棄は犯罪なので警察にと思ったのですが、市道なので先ずは市役所に連絡するもフンの処理はしないとのこと。







~ONもOFFも着こなせるジャケット~

「ONもOFFも着こなせるジャケットがいいですね」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_14452226.jpeg


「ONもOFFも着こなせるジャケットがいいですね」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_14453767.jpeg


「ONもOFFも着こなせるジャケットがいいですね」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_14455224.jpeg


Super Standard アンコン仕立て
「N-base」 シングルブレスト3釦  ノッチドラペル 肩パットナッシング 胸増芯 胸Pバルカ 腰Pパッチ 袖口本切羽2釦 釦 クロス掛け センターベント ・ピックコバステッチ OP¥4,400 ・変わりナット釦 OP¥2,200

「COLOMBO」 Italy “Pure Cashmere” ジャパンブルー バスケットウィーブ 330g/m
オーダー価格¥77,000(本体70,000)

前回は“砂かぶり”に陣取って大相撲の中継を賑わせたDRAGOのRugby Flannelで、よりカジュアルなアンコンクール仕立てでお作りしましたが、今回は「ONでもOFFでも着こなせる“ジャケパンスタイル”にちょうどいいジャケットが欲しい」ということで、全体的にややカッチリ感のあるフツーのアンコン仕立てでお作りしました。
生地はちょうどバッチリグッドなものが見つかりまして、日本の藍染めといっても通るような限りなくジャパンブルーの雰囲気に近いバスケット織りのカシミアツィードで料理しました。
(近い将来、地元岩手で正藍染めのツィード生地を作りたいと思っています)
ビジネスにはグレイのトラウザーズを、プライベートではジーンズやチノパンを合わせてこれ一着でも着こなしの幅が広がりますね。
そんな今回のご依頼人は、北京オリンピックでも日本チームが活躍しているカーリングで岩手第一人者の40代後半、盛岡のTSさんです。


「ONもOFFも着こなせるジャケットがいいですね」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_14460892.jpeg








“いなだ珈琲舎” ~サロンの珈琲~

「ONもOFFも着こなせるジャケットがいいですね」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_20070225.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-02-17 22:30 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編

寒い冬

冬が寒いのは当たり前のことですが、今年の冬は暖冬といわれ続けてきたここ数年の中では特別に寒いです。
降って積もった雪がなかなか解けない、道路なんかはツルツル状態で雪道に慣れている北国の人でさえ転倒者が続出です。
それに加えて“コロナのばかやろう”のおかげで飲みに行くことも憚れるご時世になってしまいました。
そんな中でも何か楽しみをということで、人と接触せずに愉しめる映画三昧に耽るのもいいかなと思っていました。





~ちょっと派手なツィードジャケット~

「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_19404697.jpeg


「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_19410168.jpeg


「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_19411357.jpeg


Super Standard アンコン仕立て
「S-base」 シングルブレスト3釦  ノッチドラペル 肩パットナッシング 胸増芯 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ+チェンジP 袖口本切羽4釦 釦 クロス掛け ノンベント ・ピックコバステッチ OP¥4,400 ・革釦 OP¥2,200 ・柄裏地 OP¥2,200

「ABRAHAM MOON」 England “Tweed” ガンクラブチェック ホワイト×グレイ×ブラック
オーダー価格¥68,200(本体62,000)

「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」
ワタシはちょっと派手かなぁと思いグリーン×グレイ×チャコールの方をお薦めしてみたのですが、ご自身はこちらの方をお選びになりまして、結果的に仕立て上がりを着てみるとこのくらいハッキリした柄の方が年齢と共に渋さが増してくる容姿を若々しく見せてくれる効果がありました。
そんな今回のご依頼人は、還暦を迎えてから早くも3年経ち、今年こそはいわてのホームスパンで仕立てる【IHATOVジャケット】を着て頂きたいと思っております60代前半、盛岡のYKさんです。


「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_19412850.jpeg







“珈琲・うつわ わたなべ” ~サロンの珈琲~

「ちょっと派手なくらいでいいかなぁ」 ~アンコン仕立て~ 【Super Standard】 編_c0177259_19413963.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-02-12 18:30 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)