人気ブログランキング | 話題のタグを見る

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編

冬が来た

一昨日から急激に来ました!盛岡の冬。
寒いことは良いことですねえ〜
スーツやジャケットの上に一枚アウターを着ないと様にならない季節になりました。
北国あるあるでコートを着ない習性がある岩手人ですが…。
冬は冬らしい恰好をしましょうよ!
ねえ皆さん!






いわてのホームスパン
de

楽しむ盛岡の旅


~素朴なラグジュアリー~


【IHATOVジャケット】
日本ホームスパン

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21454438.jpeg

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21455693.jpeg

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21461030.jpeg

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21462571.jpeg

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21463862.jpeg


【IHATOVジャケット】「Sartoria Iwate」 仕立て
Moderato」46 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 極限コバステッチ 袖口本切羽2釦 茶蝶貝 鳥足掛け ベントレス OP・裏地 ヘラルボニー「かぶと」安斎隆史

「日本ホームスパン」Japan “CHツィード” 山吹色 Wool50%×Silk50% 3m
オーダー標準価格¥181,500(本体165,000)「てつじ」オフホワイト

あれは10月の初旬、今年も大人気だった「北のクラフトフェア」の中日でした。
「今、盛岡に来てるんですけど、いわてのホームスパンのことでお邪魔したいのですがよろしいですか?」とお電話をいただき、盛岡でホームスパンの服地を調達する方法をご説明させていただいて、「盛岡に行ったら手に入ると思って来たのでまずはそちらに伺います」ということで、サロンにお越しくださいました。
ワタシはてっきり“北クラ”もお目当てで来盛されたのかと思っていたのですが、そちらの事は全く知らずに、新幹線を降りて随分と人が多いなと思ったようですね。
今回は連休を利用して、“いわてのホームスパン”でジャケットを作る事を目的に計画した“盛岡の旅”だったようです。
まずは、服地を調達するにしても紡績糸を機械で織る日本ホームスパンのモノと、昔ながらの手紡ぎ手織りの蟻川工房のモノとあって、生地の風合いの違いからお値段の違いまでご説明し、サロンのモデル服を見て触れていただいて見当をつけてもらい、その上で日本ホームスパンの盛岡店で生地を選んでいただくことになりました。
その日の夕方に、候補に挙げた生地をご自身の肩に掛けた写真を送っていただき、「イメージしてきたのと全く違うモノを選んだのですが似合いますかね?」というご連絡がありまして、ワタシは写真を見た瞬間の感想をそのまま「似合ってます!着こなせると思いますよ!」とお答えしました。
そして、「一晩ゆっくり考えて決めたいと思います」というお返事がきまして、かなり個性的な生地ですから悩みに悩んだと思いますが、翌日の午前中に盛岡店から服地を調達されてまた再度サロンにご来訪いただきました。
来盛する前にこのブログを探索してくださっていたようで、生地を決める前までは「IHATOVジャケットの“壱型”で作りたいです」とのご希望でしたが、こちらの“CHツィード”ではベローズポケットは似合わないので、デザインパターンは“モデラート”をお薦めしてディテールは極シンプルにしモードな雰囲気でも着こなせるカタチに落ち着きました。
そしてのそして、この生地を見た瞬間に“絶対にマリアージュする”と閃きまして、その写真をお見せしたところ速攻で乗ってくださいまして、またまた川徳のショップから裏地を調達してきたのでした。
盛岡に来ないと絶対に手に入らない“日本ホームスパン×ヘラルボニー”の組み合わせ、“唯一無二のペアリング”です。
そんな今回のご依頼人は、「想像以上のホームスパンのジャケットに大満足です」「明るめの色合いなので春先に着たいと思います」と、今から東京の春が待ち遠しい30代半ば、東京からお越しのFさんです。

〜異彩を放て〜

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21470483.jpeg

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21472744.jpeg












“街なかも雪景色”  〜サロンの上から〜

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20403540.jpeg

〜いわてのホームスパン de 楽しむ盛岡の旅〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20200701.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-12-01 22:00 | いわてのホームスパン | Comments(0)

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編

初雪

今朝は盛岡の街なかでもまだチラチラですが初雪が舞いました。
これから日に日に本格的に冬に近づいてゆきます。
いわてのホームスパンが映える季節になってきました。






いわてのホームスパン
de

“壱型”を作ると決めてきた



~素朴なラグジュアリー~


【IHATOVジャケット】
日本ホームスパン

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20034105.jpeg

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20041660.jpeg

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20044761.jpeg

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20052161.jpeg

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20054941.jpeg


【IHATOVジャケット】“壱型” 「Sartoria Iwate」 仕立て
「MKX クラシック」46 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pパッチ 腰Pパッチ ベローズ 7mmピックステッチ 袖口本切羽4釦 重ね ナット釦 鳥足掛け センターベント

「日本ホームスパン」Japan グレンプレイド ブルーグレイ×ネイビー メリノ Wool100% 3m
オーダー標準価格¥181,500(本体165,000)「てつじ」ブラウン

てっきりInstagramから繋がったのかと思っていたのですが、実際にご来訪いただいてお話を伺ったところ、どうやら大分前から結構前から“このブログ”をご覧になって頂いていたみたいで、「いわてのホームスパンで作るなら【IHATOVジャケット】の“壱型”でと決めてきました」と、涙がちょちょぎれるくらい嬉しいお言葉をいただきました。
つまり、遠方に居ながら隈なく探索してくださったということになります。
ホームスパンの服地の調達方法は事前にInstagramのDMからお伝えしておりまして、11月初旬の連休に、息子さんと第何弾目かの東北旅行で“鳴子温泉峡”に行くのでその時に着用したいとのことで、チェック柄がお数寄のようでしたのでちょうどサロンにあったブルー系のグレンチェックに決めていただきました。
お言葉通りデザインパターンからディテールまでIHATOVジャケット“壱型”でお作りいただきましたが、ワタシの感想を申し上げますと、「こっちの方がいい!」と仕立て上がりを見て正直なところそう思いました(笑汗)
生地に表情がありグレンチェックのバランス感覚がいい雰囲気を醸し出していますね。
そして、もう一つのご要望だった洋服のお手入れとペットの癒しに“南部箒”もご購入いただきました。
ホームスパンはもとより、カシミヤやビキューナなど高級な獣毛のお手入れには必須アイテムだと思います。
オーダーにいらした時は息子さんと“男二人旅”で、初日はホームスパンのオーダーがメインで、翌日は息子さんが大のファンだという“大谷翔平選手”の聖地を巡ってきたようですね。
そして、“壱型”をお引き取りにいらした時は一人旅でしかもウチのサロンから程近い“ホテルブライトイン”をお取りになり、夜会の準備は万端のようでした。
ただ、せっかく盛岡にいらしてくださったので“プチホームスパン巡り”ということで、先ずは日本ホームスパンの盛岡店にお寄りいただき服地の数々をご覧になり、奥さまとお父さまのお土産にマフラーとストールまでご購入いただきました。
そして、盛岡のホームスパンの聖地的存在になっている蟻川工房へご案内して、ホームスパンとはなんぞや?的なお話から手紡ぎ手織りの実演もご覧いただいて、今、蟻川工房さんとコラボしている“もりおかヘリテージ”のサンプルをチェックして貰い、深く記憶に残していただきながら巡ってきたのでした。
そしてのそして、Instagramを拝見しているとお料理もワインもお数寄だというのがありありと分かりまして、夜会の方は地元の中ノ橋界隈でサクッとそれなりに愉しんで頂けたかなと思います。が…
(おそらくご本人は『オレはまだまだイケるぞ』と思っていた気がします)
そんな今回のご依頼人は、いわてのホームスパンを認めていただき応援してくださるお気持ちにもの凄く勇気を貰っています、40代半ば、東京からお越しのHさんです。

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20062020.jpeg

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_19233117.jpeg









「glassto」 〜夜会は中ノ橋界隈で〜

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20104726.jpeg

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_20111233.jpeg



「Heim」 〜赤レンガ館向かいのBar〜

〜いわてのホームスパン de “壱型”を作ると決めてきた〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_21581813.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-11-25 23:00 | いわてのホームスパン | Comments(0)

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編

枯葉

秋の風に巻かれて 舞い散る 落ち葉
あなたへの名残りが 枯葉の中 降り積もる 
私の想いだけを 置き去りにしたまま
二人で口ずさんだ あの歌

なんとも切ない季節になってきましたが、“枯葉”をホームスパンの服地で表現する醍醐味、紅葉感(高揚感)といったら何ものにも代え難いですね。







いわてのホームスパン
de

クラシカルなカントリージャケット



~素朴なラグジュアリー~


【IHATOVジャケット】
日本ホームスパン

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18174729.jpeg

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18180300.jpeg

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18184037.jpeg

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18190301.jpeg

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18192939.jpeg

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18195115.jpeg


【IHATOVジャケット】「Sartoria Iwate」 仕立て
「elegance ピンチバック」50 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ストレートショルダー 胸P切替パッチ 腰P切替パッチ 7mmピックステッチ 袖口本切羽2釦 センターベント OP〜・包み革釦・通称アルパカ裏地(モヘア×コットン)・ピンチバック(インパーテッドプリーツ)

「日本ホームスパン」Japan ブラウンMix ダイアゴナル メリノ×ジャコブ(ネップ) Wool100% 3.4m
オーダー標準価格¥194,700(本体177,000) 「てつじ」オフホワイト

まだまだ定年の時期でもないのに、「来年で引退しよっかなあ」なんて仰るものですから、おいおい待て待てと思い、「そろそろ地元のいわてのホームスパンを着てみてもいいんじゃないですかあ」とお薦めしていたところ、早速翌月だったでしょうか何の前触れもなく、「“かくかくしかじか”な訳でオレがホームスパンのジャケットを作ることになったから」と、突然お電話をいただいたのでした。
「チェック柄でいいのがあればそれにしようと思うけど、なければブラウン系かなあ」ということで、お仕事の絡みもあったので直接本社工場に行き今回の生地を選んで来られました。
一昨年に手に入れた“トライアンフ”で遊ぶときに着ようかなということで、初めは“ノーフォークジャケット”をイメージされたようですが、Iwate仕立てではデザインパターンがないので、今ちょうどノーフォークでコラボしている地元の若手テーラーを紹介しますよと言ったところ、「いやいやそこまでしなくてもいいから」ということになりまして、ピンチバックスタイルの“カントリージャケット”をお作り頂くことになりました。
今回の生地は一見地味に見えますが、今や稀少価値となった“ジャコブ羊毛”をネップ糸に用いて無地ながらとっても表情が豊かで、さらにジャコブのオイルの匂いも残しつつ、多少の雨降りなら弾いてしまうなかなかの味わい深い個性が光っています。
そしてそうなんです!こうゆうザックリとしたホームスパンには“通称アルパカ裏地”が良く合うんです相性バッチリなんですよねえ〜
そんな今回のご依頼人は、先日は来春に向けて佐々木龍大さんが染める“原藍染”の生地をスーチング分オーダー頂きましたので、多分おそらく来年の引退はないとふんでいます60代半ば、盛岡のSさんです。


〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_18201894.jpeg










“街なかの哀愁” 〜サロンの上から〜

〜いわてのホームスパン de クラシカルなカントリージャケット〜 「日本ホームスパン」 編_c0177259_23124919.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-11-19 22:00 | いわてのホームスパン | Comments(0)

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編

晩秋

一週間経つのは早いもんですね〜!
街なかはもうあちらこちらで落葉が盛んになり、何となく寂しさを感じる雰囲気が漂い始めました。
暦の上では立冬も過ぎ普段の装いも本格的に冬物を意識し始める時期ですね。
冬物のオーダーメイドの年内納めに間に合わせる時期も近づいてまいりました。
一週間はあっという間ですよ〜!






〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22274736.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22280274.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22281898.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22284617.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22285864.jpeg


【Super Standard】 仕立て 〜スリーピース+スペアパンツ
「B-base」 シングルブレスト3釦  ノッチドラペル 胸Pバルカ P両玉縁フラップ+チェンジ  袖口本切羽4釦 サイドベンツ OP〜・本水牛釦 二の字掛け ・裏地 ヘラルボニー「かぶと」安斎隆史

ヴェスト 「D-base」 OP〜・ダブルブレスト6×3釦 ・ソリッドブラウン裏地

1タック トラウザーズ 「B-base」88 裾幅20.5cm OP〜・サイドアジャスター ・サスペンダー釦

「葛利毛織 DOMINX」Japan “Super Stretch” ソリッドブラウン 310g/m
オーダー標準価格¥137,500(本体125,000)

〜異彩を放て〜

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22293582.jpeg


仕事着はやっぱりスリーピース!から2年と数ヶ月、昨年はリンクルフリーのドレスシャツをお作り頂いていましたが、今年はビシッとバシッと“仕事着のスリーピース”を2着オーダーいただきました。
今回の2着は前回と同じスリーピース+スペアパンツでも、デザインパターンはブリティッシュタイプに、生地は“Made in Japanの雄”葛利毛織に衣更えし、より強固なスーツスタイルを作り上げました。
ですから、ジャケットもヴェストもトラウザーズも全て衣更えしたカタチです。
前回はクラシカルなスーツスタイルでもタイトフィットを意識しましたが、今回はシルエットやディテールなどブリティッシュテイストをふんだんに盛り込みました。
ご自身も段々とこっちの方向に向いていくと思いますのでと仰っていました。
ただ、180cmを超える長身でしかも筋トレが趣味みたいなところがありますので、お会いした時のチェストラインの発達具合といったら目も当てられません。
それと今回は、以前にお話ししていた“ヘラルボニーの生地を裏地に用いてみる”ことを実践したいということで、2着ともその予定だったのですがいざ川徳にあるショップに行ったところ、ブラウンに合わせる“かぶと”は調達できたのですがグレンチェックに合わせる白黒の“まる”は完売になっていまして追加生産もしないということでした。
残念無念でしたが気を取り直して、候補の柄裏地の写真を何枚かお送りして白黒ではなかったのですがペイズリーのバンダナ柄を選んで頂きました。
表からは見えない裏地に拘るのもスーツスタイルを愉しむうえでの“裏技”ですね。
そんな今回のご依頼人は、4〜50代の先生方には本当に見習って欲しい“本来の仕事着”に誇りを持ち楽しみながら着こなしていらっしゃいます今年30才になりました、二戸のKさんです。


〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22295056.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22302930.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22304174.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22305881.jpeg

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22311231.jpeg


【Super Standard】 仕立て 〜スリーピース+スペアパンツ
「B-base」 シングルブレスト3釦  ノッチドラペル 胸Pバルカ P両玉縁フラップ+チェンジ  袖口本切羽4釦 サイドベンツ OP〜・本水牛釦 二の字掛け ・ペイズリーバンダナ柄裏地

ヴェスト 「D-base」 OP〜・襟付きシングルブレスト6×5釦 ・ペイズリーブラック裏地

1タック トラウザーズ 「B-base」88 裾幅20.5cm OP〜・サイドアジャスター ・サスペンダー釦

「葛利毛織 DOMINX」Japan “Tasmania Blend” 白×黒グレンチェック 330g/m
オーダー標準価格¥135,300(本体123,000)


〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_22313379.jpeg










“光線を放て” 〜サロンの上から〜

〜クラシカルなスーツスタイルに拘る〜 【Super Standard】 編_c0177259_21015473.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-11-10 23:00 | オーダースーツ | Comments(0)

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編

紅葉狩り

盛岡の街なかは今が見ごろです。
もう落葉しているところもチラホラと。
フツーに生活をしながら短い秋を感じられる今日この頃。
明日は文化の日、様々な所で色々なイベントがあるようです。
ワタシはお客さまをお待ちするだけ。
あっ!夕方からは撮影がありました。







〜スーツが着たい気分のスーツ〜


〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22232677.jpeg

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22240180.jpeg

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22242303.jpeg

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22244075.jpeg

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22250047.jpeg


【Sartoria Iwate】 仕立て
「Moderato」44 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップレス+チェンジ 極限コバステッチ 袖口本切羽 2個 黒蝶釦 鳥足掛け ベントレス

1タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」81(82) 裾幅17.7cm

「CANONICO」Italy “PERENNIAL 杢ライトグレイ  Super 110’s 260g/m
オーダー標準価格¥136,400(本体124,000)

“コロナのばかやろう”の影響が徐々に収まってきて、暫くぶりに“装う愉しみ”を味わいたくなったのでしょうね。
コロナ禍前までは、地元の奥州〜東京〜ミラノとそれぞれの季節の良い時期に生活の拠点を変えて生活していましたから、ワタシなどからしたら何とも羨ましいライフスタイルを送られていました。
初めていらしたのはコロナ禍前で、“日本ホームスパン”の鮮やかなブルーのシャネルタイプのツィード地でジャケットをお仕立てした時でした。
その時は素材がシルク混でニットのような生地でしたので、芯地をほとんど使わないアンコン仕立てにしてデザインパターンはタイトフィットな“MKクラシック”で料理しました。
地元ではちょっと浮きそうな感じですが、東京やミラノでは様になるような洒落たジャケットでしたね。
そして今回、「スーツが着たい気分になりました」ということで5年ぶりにオーダー頂きまして、普段ネクタイを締めるわけでもないのでカジュアルなシャツや薄手のカシミヤニットなんかを組み合わせて着られるグレイ系の無地がいいかなぁということで、秋冬物の中では目付けがライトな杢のライトグレイをお選びになりました。
今回はカジュアルに着るといってもスーチングなので、肩パッドと毛芯は用いてある程度構築的にしてハレの日にも備えます。
デザインパターンは“モデラート”を用いてちょいとゆとりを持たせ、ディテール等々は前回のブルージャケットを踏襲して料理しました。
そんな今回のご依頼人は、いつも均整のとれた体型を維持しながらお洒落を愉しんでいらっしゃいます70代半ば、奥州のOさんです。
*Oさんご愛用の弘前の名人が拵えた山葡萄の蔓バッグは秀逸です。
 ボッテガを超えていると思います。


〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22253734.jpeg










“紅葉狩り” 〜サロンの上から〜

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22541782.jpeg

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22563596.jpeg

〜スーツが着たい気分のスーツ〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_22570766.jpeg



〜f.collective〜


# by itsformen | 2023-11-02 23:00 | オーダースーツ | Comments(0)