人気ブログランキング |

「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編

都会の人たちが憧れる
いわてのホームスパン



~素朴なラグジュアリー~


【IHATOVジャケット】
「蟻川工房」


「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21281319.jpeg


「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21284423.jpeg


「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21290284.jpeg


「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21292341.jpeg


手紡ぎ手染め手織り~ 全て手仕事。都会の人たちは憧れますよねえ~
ちょうどGoToトラベルの時期でした。
十数年ぶりに盛岡に旅行でいらっしゃいまして、十数年前に宿泊先のホテルから紹介された美味しかった思い出のあるお鮨屋さんにまた行こうと名前も場所も思い出せないまま、娘さんが必死にスマホで検索しほとんど旅先の勘からここではないかと見つけ出し、鮨懐石の「重兵衛」さんに辿り着いたようでした。
余程いわてのホームスパンに憧れがあったのでしょう、重兵衛さんに来る前に高松にある「中村工房」さんに行き見学してきたそうでした。
そしてその旨を重兵衛の大将に話したところ、ウチの姉も「蟻川工房」という所でホームスパンの服地をつくっていますよと言われ、それならホームスパンのジャケットが欲しいなということになり、翌日の午前にご家族で蟻川工房さんを訪れて即行でお気に入りの服地を見つけ、ランチをご一緒にと向かった「焼肉の米内」には満席で振られ、その間どうしようと近くの豆と喫茶「waltz」でお茶をし、ご家族3人と蟻川先生と伊藤さんとホームスパンの服地を担いでウチのサロンにいらしたのでした。
この狭いサロンの中にワタシも含めて6人がひしめき合い、デザインからディテールから採寸まで怒涛のような展開のオーダー作業になり、夕方までには東京へ帰らなければならないということで、昼食も取らないまま十数年振りの盛岡を後にしたのでした。
そんな今回のご依頼人は、若い頃にラグビーで鍛えたおかげで筋肉が衰えたといっても、今が洋服を着こなすのにバッチリグッドな体型を保ちます70代前半、東京からお越しのMKさんです。


「蟻川工房」 平織一本切替 “墨黒×青×灰” ブリティッシュウール 4m(88,000/m)

Sartoria Iwate仕立て 
「MKA クラシック」48L シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 肩パットナッシング(左のみ)垂れ綿 極薄 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 7mmピックステッチ 袖口本切羽2釦 釦 鳥足掛け サイドベンツ ・柄裏地 小紋 OP¥5,500
オーダー特別価格¥88,000(本体80,000) 「てつじ」ブラウン

帽子工房~ ハンチング帽 ジャケット共地 オーダー価格¥13,200(本体12,000) 


「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21293745.jpeg








“ちょこっと緩んだかな” ~サロンの窓から~

「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21344342.jpeg


「蟻川工房」のホームスパンで誂える【IHATOVジャケット】&帽子 ~お鮨屋さんから始まった~ 編_c0177259_21345673.jpeg


~it's for men~

# by itsformen | 2021-01-15 21:00 | いわてのホームスパン | Comments(0)

2021 謹賀新年 ~オーダーだから追求できる自分らしさ~ 編

謹賀新年

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

it's for men 今年のテーマは、オーダーだから追求できる自分らしさ です。

新年早々から“ばかやろう”と言いたくはないのですが、“コロナのばかやろう”のおかげでマスクを身に着けることが必須となってしまいました。
皆さんもそうでしょうけど、面倒で煩わしい限りですが、これからもまだ数年はこのような状況が続くんだと思います。
なので、面倒くさがらずポジティブに“マスクをお洒落のアイテム”として捉えればイイと思うんです。
コロナ禍の当初は、アソートの中から選ぶしかありませんでしたが、今は違います。
先月にシリーズでご紹介しましたが、“オーダーシャツのオプション”として加わり、たったの¥1,500+taxでシャツとお揃いでつくれるようになりました。
ワタシはコロナの当初からほぼ毎日のように洗っていますが、全然型崩れはしませんし、生地が顔に馴染んできてけっこう心地良くなってきました。
たまに忘れたときに不織布の病人マスクをするのですが、ダメですねイズくてシックリこないですね。
シャツとマスクをお揃いにするのが“Vゾーンの統一感”があってベストですが、この時季のアウターに合わせた色柄を選んでもイイと思います。
“ウィズコロナ”の新アイテムとして~オーダーシャツ&共地マスク~を揃えてはいかがでしょうか!?

&新プロジェクト「MORIOKA HERITAGE」というのは、ホームスパンの「蟻川工房」さんとの協業で、盛岡の遺産的な場所やモノをイメージした50年後、100年後まで遺せるような完成度の高い“ホームスパンの服地”を開発します。
今のところ7テーマ12色柄の服地を予定していまして、第一号はワタシが着ている“テーマ紺屋町”の「紺青」単双平織です。
こちらの方は、乞うご期待! ということで。




2021 令和3年 謹賀新年

2021 謹賀新年 ~オーダーだから追求できる自分らしさ~ 編_c0177259_18101957.jpeg
~ご予約、ご相談はこちらまで~







“氷点下のお正月” ~サロンの窓から~

2021 謹賀新年 ~オーダーだから追求できる自分らしさ~ 編_c0177259_18104306.jpeg


2021 謹賀新年 ~オーダーだから追求できる自分らしさ~ 編_c0177259_18215882.jpeg


~it's for men~

# by itsformen | 2021-01-04 23:00 | 自分スタイル | Comments(0)

「自分スタイルはサステナブルだ!」 編

仕事納め

今年は、皆さんもそうだったと思いますが“コロナのばかやろう”に翻弄された一年でした。
そして、来年もまた“コロナのばかやろう”に翻弄されそうな一年になりそうな気配がします。
良い意味でも悪い意味でも“コロナのばかやろう”のおかげで今までにない経験したことのない、なるほどなぁと思ったり、こんちくしょうと怒ったり、何でこうなるのと憤ったり、しめしめとほくそ笑んだり、まんつ何とかなるべと開き直ったり、色々な感情が沸き起こり様々な出来事がどどどどどどっと押し寄せてきた一年でもありました。
来年は、まだまだコロナ禍が収束する気配のないままに、新しい企画プロジェクトをなんたって実現させるために推し進めなければなりません。
そのためには、今一度、“自分スタイル”を見つめ直すことが肝要かなと思いました。
一過性の“ファッション”という名の付くものは、“コロナのばかやろう”のおかげであまり意識をしなくてもいいんじゃないかと意識付けをしてくれたように思います。
木で言えば“根っこと幹”、人で言えば“地に足の着いた”、まずは自分でしっくりくる、自分に似合う、他人には真似のできない、そうゆう自分だけのオリジナリティを意識することが、今盛んに言われている“サステナブル”を意識した自分なりのスタイルがつくれるのではないでしょうか。
今年の締めくくりに、“コロナのばかやろう”のおかげで着ていく場所もキッカケもなくなってしまったので、今年は自撮りにて失礼します。






“自分スタイル”

5年前のasobinoスーツ に合わせて揃いの「キャスケット帽 Char」と「ボウタイ」をつくりました。
オーダーメイドならではの素材を無駄なく生かすSDGsでサステナブルな“敢えてのファッション”です。

「自分スタイルはサステナブルだ!」 編_c0177259_20212242.jpeg


「自分スタイルはサステナブルだ!」 編_c0177259_20214604.jpeg


「自分スタイルはサステナブルだ!」 編_c0177259_20220016.jpeg


「自分スタイルはサステナブルだ!」 編_c0177259_20221473.jpeg



皆さん、今年も一年ありがとうございました。

新年は、1月4日(月)より始動いたします。

来年も、どうぞよろしくお願い致します。

それでは、良いお年をお迎えください。





# by itsformen | 2020-12-30 23:00 | 自分スタイル | Comments(0)

~オーダーシャツ&共地マスク~ その参 fukkundes 編

年末年始は

大晦日~正月三が日まで休ませて頂きます。
年始は、1月4日(月)より始動いたします。
どうぞよろしくお願い致します。






~薔薇と迷彩のジャガードシャツ&共地マスク~

~オーダーシャツ&共地マスク~ その参 fukkundes 編_c0177259_18261414.jpeg




~ボタニカルアートシャツ&共地マスク~

~オーダーシャツ&共地マスク~ その参 fukkundes 編_c0177259_18260386.jpeg


“コロナのばかやろう”の収束が何時になるか分からない世の中ですから、“せめてマスクぐらい”はお洒落なモノを身に着けたいものです。
不織布の病人マスクではせっかくのお洒落なトータルコーディネートが“そこだけの原因”で台無しになってしまいます。
ワタシがご提案する~オーダーシャツ&共地マスク~で揃えておくと、何と言っても~Vゾーンとマスクの統一感~がありますから病人マスクによる分断は避けられます。
普段は病人マスクでもいいのかもしれませんが、お洒落をしたいときとかオフィシャルな場で人前に出るときとか、シャツとマスクを揃えておくとトータルコーディネートに一役買うこと間違いありません。


~オーダーシャツ&共地マスク~ その参 fukkundes 編_c0177259_18264567.jpeg


~GATHERスタイル~
右 「ラウンド」カラー 「ダブル釦ラウンド」カフス ・Gatherスタイル OP¥2,000+tax ・黒蝶貝釦 OP¥500+tax ・共地マスク OP¥1,500+tax
「LEGGIUNO」Italy  オーダー標準価格¥20,000+tax
左 「ホリゾンタルカッタウェイ」カラー 「ノーブル」カフス ・Gatherスタイル OP¥2,000+tax ・茶蝶貝釦OP¥500+tax ・共地マスク OP¥1,500+tax
「LIBERTY」London オーダー標準価格¥18,000+tax








「大場冨生版画展」

かわとく壱番館キューブ店 かわとく工藝館にて絶賛開催中!

~オーダーシャツ&共地マスク~ その参 fukkundes 編_c0177259_15392770.jpeg

ワタシはやはりソムリエの肖像がいいなぁ





~来年のカレンダー~

大場冨生さん クロスポイントさん 

いつもありがとうございます

~オーダーシャツ&共地マスク~ その参 fukkundes 編_c0177259_18271657.jpeg




# by itsformen | 2020-12-28 23:00 | オーダーカジュアルシャツ | Comments(0)

~オーダーシャツ&共地マスク~ その弐 子煩悩なお客さま 編

Merry Christmas




~Xmasカラーのタータンシャツ&共地マスク~

~オーダーシャツ&共地マスク~ その弐 子煩悩なお客さま 編_c0177259_21295610.jpeg


「あああ! T・V・I だ!」

あれから4年、 もうアルファベットも読めるんだね!

~オーダーシャツ&共地マスク~ その弐 子煩悩なお客さま 編_c0177259_21301294.jpeg


“年に一度の愉しみ”
毎年この時期になるとご予約のメールが入ります。
今年は久しぶりにご家族三人でいらっしゃいまして仲睦まじい様子の中、物心つきすぎた感のあるSちゃんの生地選びは、年々大人のセンスに近づいた選択をするのでGIGIとしては頼もしいアドバイザーにほくそ笑んでいました。
大柄なタータンのようなチェック柄は、マスクもお揃いにするとバランス感がバッチリグッドですね!
シャツ一枚の姿よりとってもお洒落感がありますね!
Xmasカラーがこの時季にピッタリです!
来年もSちゃんのセンスが楽しみですね!
そんな今回のご依頼人は、生まれた時からもう可愛くて可愛くて仕方がない、一応人前では厳しいパパっぽく見せているんだけど実は人一倍子煩悩な40代前半、今は盛岡の実家に新居を構えましたTKさんです。

~FITスタイル~
「ラウンド」カラー 「大丸」カフス ・ダブルポケット OP¥1,500+tax ・スプリットヨーク OP¥500+tax ・釦付け糸OP¥500+tax ・Saki刺繍 OP¥500+tax ・共地マスク OP¥1,500+tax
「ALBINI」Italy オーダー標準価格¥21,000+tax


~オーダーシャツ&共地マスク~ その弐 子煩悩なお客さま 編_c0177259_21313732.jpeg








「CODIS MAYA」London 

“不変の美意識”と“繊細な手工芸”との融合

タイバー&カフリンクス

~オーダーシャツ&共地マスク~ その弐 子煩悩なお客さま 編_c0177259_21304280.jpeg




# by itsformen | 2020-12-24 22:00 | オーダーカジュアルシャツ | Comments(0)