人気ブログランキング | 話題のタグを見る

~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編

3年ぶり

先日は、いわて盛岡シティマラソンが3年振りに開催されましたし、9月はいしがきミュージックフェスティバル、8月は盛岡さんさ踊りというように、今年は3年振りに大イベントが復活してきました。
"コロナのばかやろう”のせいに違いないのですが、ウチの顧客さんたちも「3年振りに来ました」という方が多い今日この頃です。





「岩手のスーツ」
初体験キャンペーン!

「オーダーメイドで誂えるなら上質な仕立てがいい」
そう思っているスーツスタイルに拘る人たちは結構いらっしゃいます。
地元岩手には日本屈指の優秀な仕立て工場があるのをご存知ですか?!
じっくりお話し合いをさせて頂くと「分かりました、その企画に乗りましょう」という方が増えてきました。
上質なスーツを誂えるならSartoria Iwate仕立てをお薦めいたします。




オフィシャルなシーンに備えて~【スーチング】


~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_22061542.jpeg


~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_22074543.jpeg


~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_22091236.jpeg


~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_22093304.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て 【TUWAMONOスーツ】
「オーソドックス ⅠC」BE6 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ+チェンジP 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 重ね 本水牛釦 二の字掛け サイドベンツ
 
1タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」96 裾幅20.2cm

「葛利毛織 DOMINX」Japan “SILK&WOOL” ブライトネイビー Wool 83%×Silk 17% 279g/m
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!1着目 オーダー特別価格¥…

「普段は仕事でスーツを着ることは月に一度ぐらいなんですけど」
「だから十数年前のスーツでも大して傷んでないんですけど」
「ただ、上衣もズボンもなんかちっちゃくなったようで」
「着用頻度が少ないので良質なスーツを永く着たいなと思いまして」
「飽きが来ないで着回しが効くスーツがいいですね」
ということで、岩手のスーツ初体験キャンペーン!に賛同していただきまして、通年着られるオーソドックスなスーツと、春から秋までノーネクタイでも様になるジャケパンスタイルでお作りいただきました。
そんな今回のご依頼人は、普段はTシャツで過ごすことが多い40代後半のCEO、盛岡のIさんです。

~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_22100054.jpeg





上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この春夏も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“ジャストフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで¥72,600~¥165,000のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです… 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。







“街なかも色づいてきたかな” ~サロンの窓から~

~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_19030388.jpeg


~オフィシャルなシーンに備えて~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 【スーチング】 編_c0177259_19031550.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-10-28 18:00 | オーダースーツ | Comments(0)

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「DASHING TWEEDS」 編

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け


「DASHING TWEEDS」

LONDON


プロのファッションフォトグラファーであるガイ・ヒルズ氏と、ロイヤルアカデミー・オブ・アーツ出身のカースティ・マクドゴル氏の織り上げるツィードとの出会いによって2006年に創設された新進気鋭のブランドです。
従来のツィードの概念を打ち壊し、感度の高い人々に向けてデザインされる“カッティングエッジ”なツィードの数々は今、世界的に注目を集めています。
「NIKE」「CONVERSE」などの有名ブランドとのコラボレーションの他、ヒット映画「パディントン2」では悪役に扮するヒュー・グラント氏が「ダッシング・ツィード」を着用しました。

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「DASHING TWEEDS」 編_c0177259_20270811.jpeg


2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「DASHING TWEEDS」 編_c0177259_20272191.jpeg










“深まる秋を感じる夕暮れ時” ~サロンの窓から~

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「DASHING TWEEDS」 編_c0177259_20273342.jpeg


2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「DASHING TWEEDS」 編_c0177259_20274796.jpeg


2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「DASHING TWEEDS」 編_c0177259_20275899.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-10-15 22:30 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け


「PORTER&HARDING」

Scotland


ポーター&ハーディングは、1947年にカントリースポーツを愛した二人の人物、ジョン・ポーターとビル・ハーディングによって設立されたカントリー服地専門マーチャントです。
英国原産のチェビオット種の羊毛を使用したツィード地が特に有名で、それらは創業当時と同じ製法で現在も織り上げられています。
質実剛健でありながら英国紳士のカントリーライフを彩るスーツやジャケット地として、英国本国は勿論のこと、そんなカントリーライフに共感を持つ世界中の紳士から愛されています。
厳しい気候のムーア(荒野)で鍛えられたポーター&ハーディングのツィード地は、強くそして暖かく、まさに“男のための一着”に相応しいストーリー溢れる服地です。

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編_c0177259_16050345.jpeg




~LONEDIN~
Wool 100% 380g/m
カントリー服地専門の名門マーチャント、ポーター&ハーディングが、往年の名作ツィード“ローディン”を現代に蘇らせました。
高い耐久性と防シワ性を実現する伝統的な高密度製織と、ラムズウールとファインメリノウールをミックスした贅沢な素材を組み合わせ、「アーバンジェントルマン」に相応しいコンテンポラリーなスポーツツィードへと進化させています。

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編_c0177259_16052268.jpeg




~THORNPROOF~
Wool 100% 390g/m・560g/m
“ソーンプルーフ”に用いられるヤーン(糸)は、チェビオット種の羊から採取されるウールから紡がれます。
スコットランドとイングランドの国境付近の厳しい自然環境を生き抜くチェビオット種のウールは、他にない強さと耐久性が特徴です。
その名が示すように、この“ソーンプルーフ”は荒野を歩く際に服地に植物のトゲが刺さってもものともしない高いパフォーマンスを誇ります。
カントリーマンたちが絶対的な信頼を置く、本物のカントリーツィードがここにあります。

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編_c0177259_16053686.jpeg




~HARTWIST~
Wool 100% 560g/m
“ハーツイスト”は、チェビオット種とクロスブレッドと呼ばれる混血種のウールから紡がれた、二種類のヤーンから織り上げられます。
この二種類(硬く頑丈な糸と柔らかくしなやかな糸)がツイストされ使用されることで、このカントリーツィードには両方のウールの特徴を併せ持ったユニークなキャラクターが与えられています。
それはカントリーシーンで必須の耐久性と、体を優しく包み込む柔軟性の共存です。
カントリーでもシティでも両方のシーンで活躍する味わいのある服地です。

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編_c0177259_16054868.jpeg









“紅い空の向こうに” ~サロンの窓から~

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編_c0177259_16141318.jpeg


2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「PORTER&HARDING」 編_c0177259_16142538.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-10-09 22:45 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 OCTOBER 編

今日から秋

昨日までは夏日のような残暑が続いていましたが、今日からは一転!
朝の最低気温は一桁台、日中の最高気温も20度を超えることはなさそうです。
とーほぐの秋はこれからが本番です。





2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け


「FOX BROTHERS」

“250th ANNIVERSARY”


OCTOBER


2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 OCTOBER 編_c0177259_19272018.jpeg


10月は、FOXが操業するエリアの美しい自然や景色からインスピレーションを得た色柄を展開。
250年間ほとんど変わらない素晴らしい環境は、現在もかけがえのないカラーパレットを与えてくれます。

〜HIGH WILLHAYS TWEED〜
Merino Lambswool 100% 620/650g/m
FOXからほど近い「ダートムーア国立公園」の最高地で、ワイルドでありながら美しい自然環境から命名。
100%メリノのラムズウールを、620/650g/mのジャケット地へと織り上げました。
FOXフランネルのドラウザーズとは相性抜群です。





2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 OCTOBER 編_c0177259_19272956.jpeg


〜BLACK STONE CHECK〜
Merino Lambswool 100% 400/430g/m
FOXの所在地サマセットの伝統的なスポーツジャケット地を、「メンディップヒルズ」で秋晴れの日に見つけた、色彩豊かな「巨石」から取り入れたカラーの数々を用いて織り上げました。
「ツィードとはこうやってデザインされてきたのだろう」と気づかせてくれます。


〜ENGLISH GORSE TWEED〜
Merino Lambswool 100% 350/380g/m

〜MOORLAND CHECK FLANNELS〜
Merino Lambswool 100% 400/430g/m







“秋の三日月” ~サロンの窓から~

2022‐2023 秋冬の新着!お誂え向け 「FOX BROTHERS」 OCTOBER 編_c0177259_21125338.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-10-05 22:00 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編

仕立て

今年の初めに仕込み始めたホームスパンの服地が織り上がり、紅葉が見ごろな時季には間に合うよう仕立て作業に入りました。
今年はコートを誂える方が複数いらっしゃいます。
男がホームスパンのコートを纏う立ち姿は何とも言えないカッコ良さがありますね。
仕立て上がりがとっても愉しみです。






オーソドックスなフォーマルブラックスーツ

~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19484684.jpeg


~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19490732.jpeg


~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19492494.jpeg


~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19493763.jpeg


~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19495549.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て 【TUWAMONOスーツ】 
「オーソドックス Ⅱ」A5 シングルブレスト1釦 ピークドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ ノンステッチ 袖口本切羽4釦 本水牛釦 二の字掛け ノンベント 

タック トラウザーズ 「オーソドックス Ⅱ」A7(87) 裾幅19.7cm 

「葛利毛織 DOMINX」Japan “Super Fine” フォーマルブラック 320g/m 
オーダー標準価格¥137,500(本体125,000)

大体2年おきぐらいで買い替えているのは聞いていましたが、今回まさか“フィアット パンダ”で帰省するとは思ってもみませんでした。
カーキ色のアウトドアな雰囲気、しかも1,000cc以下の車なんて初めてかもしれませんね。
その前が30年前の“シトロエンDS”と言っていたので、そちらの方を拝見できるのを愉しみにしていたものですから。
その前の前が“アルファロメオ 159”というスポーツセダンで、真夏の安比高原に重低音のエキゾーストノートが響き渡っていたのを覚えています。
欧州車に拘って2年おきに買い替える趣味というのも面白いですね。
なんか羨ましいです。
でも、間違ってもメルセデスとBMWには手を出さないと言っていました。
タイプじゃないんですって。
そんな今回のご依頼人は、そろそろちゃんとしたフォーマル用のブラックスーツを備えておかなければ、ということで帰省されまして、今年還暦を迎えられた郡山からお越しのFさんです。


~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19504429.jpeg








「名もなき職人でありたい」 by 蟻川工房

~オーソドックスなフォーマルブラックスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_19502158.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2022-09-30 22:15 | オーダーウェディング&フォーマル | Comments(0)