人気ブログランキング | 話題のタグを見る

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編

仕事納め

今年はここにきてやっとこさ“コロナのばかやろう”とボヤかなくてもいいような状況になってきました。
四年は長すぎましたね。
来年は飛躍の年にしたいものです。
公私ともに東京にご縁がありそうな。

皆さん、今年も一年ありがとうございました。

大晦日より正月三が日まで、お休みとさせて頂きます。

新年は、1月4日(木)より始動いたします。

来年も、どうぞよろしくお願い致します。

それでは、良いお年をお迎えください。







ブルーズマンのステージ衣装スーツ
2nd
「永井“ホトケ”隆」

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_21245591.jpeg

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_21255422.jpeg

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_21261557.jpeg

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_21264461.jpeg


【Super Standard】 仕立て OP・ライト仕様
「N-base」 シングルブレスト1釦 ピークドラペル 胸Pフネ 腰P両玉縁フラップレス+チェンジ 袖口開き見せ2釦 共地包釦 ベントレス

0タック トラウザーズ 「B-base」84.5 渡り幅32cm 裾幅23cm

「葛利毛織 DOMINX」Japan “Chintz Finish” ブラック シャドウストライプ Wool88%×Silk12% 215g/m

今夏の赤レンガ館での“KICK OFF THE BLUES”弾き語りLIVEの翌日に、弘前へ向かう前にサロンにお立ち寄りくださいまして2ndスーツのオーダーをいただきました。
ブルーズマンのステージ衣装スーツ1stで課題だった肩廻りの仕様は、肩パッドを入れて標準仕様にしたことによって「ギターを弾くときに腕を動かしやすくなった」とのお言葉を頂きましてひとまず安心したことを覚えています。
“JIROKICHI”の配信ライヴを観ながら確認しても不具合はなさそうでいい感じにカッコ良かったです。
それと今回の2ndの生地は、夏のライヴでも耐えうるようになるべく薄く軽くとのリクエストでしたので、1stと同じく“葛利毛織”の中から光沢感が魅力的なChintz Finishのサマーバージョンをお選びいただきました。
やはりこうやって見ていると、日本のクソ暑い夏にはやっぱりMede in Japanの生地が適しているんだなぁと改めて感じました。
そんな今回のご依頼人は、日本最高のブルーズバンド「ブルーズ・ザ・ブッチャー」を率いる日本最高の“ブルーズマン”、五黄の寅年、東京のNさんです。


〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_21280916.jpeg


“KICK OFF THE BLUES”
「永井“ホトケ”隆」

“FEEL LIKE GOING HOME”
「blues.the-butcher-590213」ブルーズ・ザ・ブッチャー

“JIROKICHI”配信LIVE
https://m.youtube.com/c/livemusicjirokichi
どうぞご視聴ください

“JIROKICHI”後売りチケット
https://jirokichi.official.ec/
ポチッとお願いします

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_18061364.jpeg










“れきぶんと統一感のあるイルミネーション” 〜サロンの窓から〜

〜ブルーズマンのステージ衣装スーツ〜 2nd 「永井“ホトケ”隆」 編_c0177259_20201282.jpeg


〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-12-30 22:30 | オーダースーツ | Comments(0)

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編

Xmas

クリスチャンではないけど、Merry Christmas!
なんか毎年このセリフを言ってるような気がします。
それにしても、世田谷区って端っこの方でもこっちの5倍以上するんだね!
おらどんでしたった!!!

〜年末年始の休業日〜
12月31日(日)〜1月3日(水)まで休ませていただきます。





〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜


〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17460079.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17462623.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17464693.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17470190.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17471687.jpeg


【Sartoria Iwate】 アンコン仕立て
MKX クラシック」46 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pパッチ 腰Pパッチフラップ 7mmピックステッチ 袖口本切羽4釦 重ね ナット釦 鳥足掛け サイドベンツ

「PORTER&HARDING 」Scotland “HARTWIST” カントリーツィード チェヴィオット×クロスブレッド 560g/m
オーダー標準価格¥127,600(本体116,000)

「よぐおでってくなんした」
いわてのホームスパン de “壱型”と決めてきたでの仕立て上がりをお引き取りにいらした時に、「初めから気になっていたんです」ということで、立て続けに2着目をオーダーいただきまして、そして今回それをお引き取りにまたわざわざ足を運んでくださいました。
ホームスパンのジャケットは“壱型”をズバリその通りでお作りしましたが、今回のカントリーツィードは耐久性と柔軟性を併せ持つボリューム感たっぷりな生地でしたので、肩パッドも通常の毛芯も用いない“アンコン仕立て”にし、腰ポケットは通常のパッチを付けてベントはお好みのサイドベンツで料理しました。
2回ともそうなんですが、お引き取りの際は“夜会”に備えてそのまま着用して行ける恰好でいらっしゃいます。
“料理とワイン”がお数寄な方で今回も第3候補のお店になりましたが、今回は蟻川工房の伊藤さんも交えてホームスパンの話題でと思いきや服飾談義はさておいて、お店のシェフが京都出身ということでわりとプライベートな“京都繋がり”な話題で盛り上がったりして、ワイワイガヤガヤと楽しいひと時を過ごさせていただきました。
そう、それと小学生の息子さんが“大谷翔平選手の大ファン”とのことですから、何かにつけて一面を大谷翔平だらけにするのでスクラップしていた地元の“岩手日報の記事”と、フェザンに行って並んで手に入れた“盛岡限定品”の巾着袋とプレゼントさせていただきました。
そんな今回のご依頼人は、本当に“洋服がお数寄”な方で国内でのトランクショーでオーダーして仮縫いにナポリを訪れるのが“オーダーの醍醐味”と仰います40代半ば、東京からお越しのHさんです。
(1月の銀座での蟻川工房さんの展示会、名だたるテーラーの方々とのマッチング、どうぞよろしくお願いします)


〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17474091.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17475662.jpeg










“ようこそ盛岡へ” 〜ポンコツ酒場にて〜

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17490130.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17483881.jpeg

〜都会で着るカントリーツィードジャケット〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_17492990.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-12-25 22:30 | オーダージャケット&トラウザーズ | Comments(0)

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編

雪かき

今朝は今冬初の雪かきをしました。
大した量ではありませんでしたが家の玄関と車庫の出入口は北側にありまして、放っといても直ぐに解けるわけではないので、なんぼがぺっこでもやっておかないと凍っていつまでも残ってしまうのです。
まっ、北国あるあるな話しですね。






〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”


〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21161815.jpeg

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21163368.jpeg

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21171136.jpeg

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21172685.jpeg

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21174400.jpeg

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21182814.jpeg


【Sartoria Iwate】 アンコン仕立て
Moderato」46 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰Pパッチフラップ 7mmピックステッチ 袖口本切羽2釦 ナット釦 鳥足掛け センターベント 小紋織柄裏地

「PORTER&HARDING 」Scotland “LONEDIN” アーバンツィード ダークグリーン 380g/m
オーダー標準価格¥125,400(本体114,000)

 1タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」81(82) 裾幅18.7cm 
「葛利毛織 DOMINX」Japan “Cashemere Blend” サキソニーフラノ ライトグレイ&ミディアムグレイ 370g/m 〜2本とも〜
オーダー標準価格¥38,500(本体35,000)

今年度から部署が変わり常にタイドアップとまではいかないものの、ジャケットの着用は必須とのことで、普段使いのビジネススーツ&ドレスシャツでは春夏秋の時季に着まわせるアイテムを揃えたので、今回は“秋冬の時季”を重点的に着まわすスーチングではなく“ジャケパンスタイル”でのコーディネートをイメージされていらっしゃいました。
あれこれ生地バンチを物色していく中で、ネイビー系は春夏秋冬を通して持ってるぞ!ということになり、ネイビーの次に来るものはコレかなということで、今が“旬のグリーン系”から探していてちょうどサロンで仕入れていた現物の生地の中に、都会的な雰囲気を醸し出すツィードで定評のあるP&Hのmix調のダークグリーンのモノをお選びになりました。
そして、ジャケパンスタイルのトラウザーズには、やっぱこれしかないでしょ!と誰しもが納得する葛利毛織のカシミヤブレンドのサキソニーフラノを、先ずは基本的なところでライトグレイとミディアムグレイで2本揃えました。
そんな今回のご依頼人は、コロナ禍の一番大変な時に初めていらしてくださいまして、それからというもの次から次へと色々なアイテムをオーダーしていただき、今も今回のジャケットに合わせるトラウザーズの仕立て上がり待ちが2本あります50代半ば、盛岡のKさんです。


〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21191042.jpeg










“雪かきの日のサンセット” 〜サロンの窓から〜

〜普段使いの仕事着は“ジャケパンスタイル”〜 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_18384403.jpeg


〜f.collective〜



# by itsformen | 2023-12-20 22:30 | オーダージャケット&トラウザーズ | Comments(0)

〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】 編

赤から青に

岩手人でなくても日本中が世界中が破格のお値段に驚き、そして今後の活躍を楽しみにしています。
頑張れ!大谷翔平選手!!
それにしても、ついこの間、フェザンに行って、普段はラーメン屋にも並ばない男が、並んで買ってきた、盛岡限定商品ってやつを、でも、それは赤…。






〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜


〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19240091.jpeg

〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19241578.jpeg

〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19242870.jpeg

〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19244089.jpeg


【Super Standard】 アンコン仕立て
「N-base」 シングルブレスト3釦  ノッチドラペル 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ+チャンジ 袖口本切羽2釦 サイドベンツ OP〜・ピックコバステッチ・本水牛釦 クロス掛け・ダイヤ柄裏地

「CANONICO」 Italy  “H.O.P.E.” ブラウン×レッドエリシルク ハウンドトゥース “三者混”〜ウール55%×アルパカ26%×シルク19% 360g/m
オーダー標準価格¥80,300(本体73,000)

これから先、普段使いのビジネススーツというのは、段々と気が付かないうちにマイノリティになっていくのでしょうか…?
仕事着として着用している人でも、スーチング&タイドアップで着る時というのは、オフィシャルな場合〜冠婚葬祭〜“数寄者のコスプレ”、という具合いになって行きそうな気配を感じます。
ビジネスでオーダーされる顧客さんたちでも普段使いは“ジャケパンスタイル”が主流になりつつあるようですね。
以前にお作りになっていたブラウンとグレイのサキソニーフラノのトラウザーズとも相性が良さげな、無染色のシルク糸を織り混ぜたサステナブルで尚且つ雰囲気の良いジャケット地を用いて料理しました。
そんな今回のご依頼人は、これから先の春夏スタイルは原藍染コットンスーツをベースに“墨下藍染コットンスーツ”を加えてローテーションを考えます50代後半、盛岡のYさんです。


〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19253600.jpeg









〜四半世紀前の靴が蘇った〜

サンビルの中に“靴磨きの店”が出来たというので試しに出してみたんです。
見事に蘇りました!!
どちらも自分で手を付けて上手くいかず十数年放っといていたんです。
また履きたいと思いました!!

「Feet on the ground」

〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19284815.jpeg


〜サステナブルな“三者混ツィード”ジャケット〜 【Super Standard】  編_c0177259_19290181.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-12-13 22:00 | オーダージャケット&トラウザーズ | Comments(0)

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編

師走

本当に一年経つのは早いものです。
今年の師走は四年振りにコロナ禍の影響がなくなって、忘年会やらプチパーティーやらで皆さんご予定が盛り沢山なようですね。
第一候補ダメ、第二候補ダメ、第三候補でやっと予約が取れました。
本当に久しぶりなので今年は楽しい師走にしたいものです。






いわてのホームスパン
de

ドライビングジャケットを作った


~素朴なラグジュアリー~


【オーダーブルゾン DJ】
蟻川工房

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19295368.jpeg

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19300461.jpeg

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19301556.jpeg

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19302688.jpeg

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19303725.jpeg

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19304950.jpeg


「蟻川工房」 Japan “小窓格子” グリーン×ブラウン×ベージュ ブリティッシュウール 3.95m(99,000/m)

【オーダーブルゾン DJ】〜ドライビングジャケット〜
ラグランスリーブ 標準マーブル釦 ブラウン 共地内ポケット OP・通称アルパカ裏地(モヘア×コットン)
オーダー標準価格¥88,000(本体80,000)「てつじ」グレイ

マンションのエントランスを出て、S字カーブの横断歩道を渡り、盛岡信金本店横の愛染横丁を通り、葺手町の通りをホットライン肴町の方へ歩いてゆくと、音も無くスーっと背後から現れる“プリウス”を愛車に持ち、冬は西和賀の温泉旅館に夏は滝沢にある土地を耕しに、未だにドライビングを楽しんでいる御大です。
なので、“いわてのホームスパンでドライビングジャケットを作った”というのは最高に素敵なことなんですけど…。
周りからはもうそろそろ返納する時じゃないかと気を揉まれているらしいのですが、ここにきて「新型プリウス出たね、これで最後にするかなぁ」ですって…。
そんな今回のご依頼人は、目と鼻の先のご近所ででも素敵なジャケット&ヴェストをお作りいただきまして、今回は程よく残った残布で“ハンチングキャップ”をお作りになります、まだまだお元気でいらっしゃる80代半ば、盛岡のCさんです。


〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_19305885.jpeg









waltz ブレンドがさらに美味しくなった〜

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_21383042.jpeg






“師走の黄昏時” 〜サロンの窓から〜

〜いわてのホームスパン de ドライビングジャケットを作った〜 「蟻川工房」 編_c0177259_21380652.jpeg



〜f.collective〜

# by itsformen | 2023-12-07 21:30 | いわてのホームスパン | Comments(0)