人気ブログランキング | 話題のタグを見る

~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編

師走

ボヤボヤしているうちにあっという間にラス月の三分の一が過ぎてしまいました。
今年も残すところあと三分の二。
一日から毎日コツコツと大掃除をしていこうと決めたものの...
...です。(笑汗)
はい!頑張りまっす!





~9年振りのボンドスーツ~

~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19251196.jpeg


~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19252870.jpeg


~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19254582.jpeg


~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19260087.jpeg


~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19261764.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て 
「MKX クラシック」48 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 クロス掛け センターベント 

0タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」87(86) 裾幅18.8cm ・サイドアジャスター OP¥2,200

「HARISSONS」England “REGENCY ライトグレイ 刷毛目 280/300g/m
オーダー価格¥148,500(本体135,000)

時は来た!ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンド最後のミッション!
「007/No Time To Die」
いやあ~ 面白かったですねえ~
ドッキドキする仕掛けとアクションはシリーズ最強だったのではないですかね。
ワタシ的に一番興味深かったシーンは、畳敷きの部屋でフレディ?演じる悪役の“サフィン”と対峙する場面で、土下座をしながら助けを乞うのだけどそれはカモフラージュでこそっと銃を出しババーンと攻撃するところ。
まるで時代劇を見ているかのようで面白おかしかったですね。
さてさてワタシの感想はいいとして、9年前の“スカイフォール”のときは【TUWAMONOスーツ】で ボンドスーツをお作りになり、モチーフにしたのはクレイグではなくショーン・コネリーのオーソドックスなタイプでしたが、今回はクレイグ最後のボンドということで、デザインはタイトフィットなパターンを用いてグレンプレイドではありませんが色味を合わせてそれなりの雰囲気をを醸し出しました。
生地は「HARISSONS」の“REGENCY”を今季から初めて扱いましたが、仕立て上がってみるととっても良い感じに仕上がっています。
ワタシ的にはItalyの生地よりもジェームズ・ボンドらしさが滲み出ていたように感じます。
今季立て続けに3着“REGENCY”でオーダーが入りましたが、どれもこれも思っていたより仕立て映えがして「REGENCY使えるねえ~」と思いました。
適当な光沢感と品のある落ち着き感のバランスが非常に優れていると思います。
そんな今回のご依頼人は、9年振りのボンドスーツに舌鼓を打ちながら今までよりタイトフィットなシルエットに満足げな感じの50代後半、盛岡のOKさんです。

~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19264090.jpeg







“ボンドなevening“ ~サロンの窓から~

~9年振りのボンドスーツ~ 「007/No Time To Die」 “REGENCY” 編_c0177259_19290187.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2021-12-11 23:00 | オーダースーツ | Comments(0)

~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編

「岩手のスーツ」
初体験キャンペーン!

「オーダーメイドで誂えるなら上質な仕立てがいい」
そう思っているスーツスタイルに拘る人たちは結構いらっしゃいます。
地元岩手には日本屈指の優秀な仕立て工場があるのをご存知ですか?!
じっくりお話し合いをさせて頂くと「分かりました、その企画に乗りましょう」という方が増えてきました。
上質なスーツを誂えるならSartoria Iwate仕立てをお薦めいたします。
これからのビジネススタイル、“ジャケパンスタイル”も対象となります。





~周りの目を馴らす“ジャケパンスタイル”~

~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_21134223.jpeg


~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_21150693.jpeg


~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_20515225.jpeg


~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_21142475.jpeg


~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_21144171.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て 
「MKA クラシック」50 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ+チェンジP 極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 重ね 釦 二の字掛け サイドベンツ 
「葛利毛織 DOMINX」Japan “JACKET” 変わり玉虫色 329g/m
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 2着目 オーダー価格¥100,100(本体91,000) 

タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」90(91.5) 裾幅20.1cm
「CANONICO」Italy “PERENNIAL チャコールグレイ Super110's 260g/m
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 2着目 オーダー価格¥35,200(本体32,000)

前編に続きまして盛岡のNYさんからご依頼いただいた「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!の後編です。
イメージされていた通り2着目は“ジャケパンスタイル”のコーディネートで考えまして、初めはジャケットの定番色ネイビーでというこで数種類の生地バンチを物色しましたが、「葛利毛織」のバンチから妙に気になるものが出てきまして、角度によってネイビーにも見えるしグレイにも見える、はたまた生地を裏返すとパープルレイン!!!
一口に玉虫色といってもこうゆう配色は見たことがないですし、一般的には難しいタイプなのですが、NYさん今回も吟味に吟味を重ねまして一番気になっていたこちらの生地をお選びになりました。
何にでも合わせられるようにとお選びになったチャコールのトラウザーズとの相性も良かったですね。
仕立て上がっての着用した雰囲気はバッチリグッドNYさんにお似合いになっていました。
誰彼が着こなせない真の大人のジャケット&トラウザーズという雰囲気でしたね。
NYさん、今回の“ジャケパンスタイル”で周りの目を馴らしながら徐々に“ジャケパンスタイル”に移行していくのだそうです。
来シーズンは今回見送りになった「いわてのホームスパン」でご検討されるということで、何だかワタシも今のうちからワクワクして楽しみにおります。


~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_22411333.jpeg






上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この春夏も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで¥72,600~¥165,000のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです… 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。







“プチ同期会の〆に” ~BAR A DAYにて~

~2着目は周りを馴らすジャケパンスタイルで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 後編_c0177259_14225468.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2021-11-30 17:45 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編

「岩手のスーツ」
初体験キャンペーン!

「オーダーメイドで誂えるなら上質な仕立てがいい」
そう思っているスーツスタイルに拘る人たちは結構いらっしゃいます。
地元岩手には日本屈指の優秀な仕立て工場があるのをご存知ですか?!
じっくりお話し合いをさせて頂くと「分かりました、その企画に乗りましょう」という方が増えてきました。
上質なスーツを誂えるならSartoria Iwate仕立てをお薦めいたします。





~それらしくダークスーツで~

~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_21053019.jpeg


~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_21065149.jpeg


~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_21072371.jpeg


~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_21080002.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て 
「MKA クラシック」50 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ+チェンジP 極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 重ね 釦 二の字掛け サイドベンツ 

タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」90(91.5) 裾幅20.1cm

「Ermenegildo Zegna」Italy “TROPICAL チャコールグレイ ピンヘッド 230g/m
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!1着目 オーダー特別価格¥…

オーダーメイドのスーツを作りたいと思っていたところ行きつけの“BAR”のマスターから話が出て、ネットでググり情報を探ってみると“藤原劇場”が現れ、ここはいいかもと思ったもののマンションの4階???半信半疑でピンポーン!と鳴らしてみた。
おそらくこんな感じでサロンにいらしたんだと思います。(笑汗)
奥さまとお二人でいらっしゃいまして、ご職業や着用するシチュエーション等々色いろとお話しを伺いました。
職業柄65歳で定年を迎えるのでそれまでのあと5年間を今までより上質なスーツで仕事をしたいということでしたので、それであれば是非とも「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!をご利用くださいとお薦めし、その日は大体の説明をさせて頂いてご検討くださるようお帰り頂きました。
そして数日後、「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!でオーダーしたいということでご来訪頂きました。
すでに具体的なイメージをされていまして、1着目は職業柄それらしくネイビーかグレイのダークスーツで、2着目はそれらしくを徐々に崩して周りの目を馴れさせる“ジャケパンスタイル”でという確固たるイメージがありました。
そしてそうゆう流れから、1着目は春夏秋の3シーズン着られるグレイに絞り、数種類の候補の中から吟味に吟味を重ねてチャコールのトロピカルをお選びになりました。
そんな今回のご依頼人は、身長が高くお腹廻りは年齢なりですが全体のバランスがいいスタイルで、グレイヘアがグレイのスーツとグッドマッチングな今年還暦を迎えられた盛岡のNYさんです。

~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_21083360.jpeg



~ドレスシャツ~

EUROスタイル
「ユーロクラシックワイド」カラー 「ノーブル」カフス ・白蝶貝釦 OP¥1,100 
「ロイヤルカリビアンコットン」 オーダー標準価格¥17,600(本体16,000)

~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_21090501.jpeg






上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この春夏も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで¥72,600~¥165,000のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです… 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。







“久しぶりの穏やかな夕暮れ” ~サロンの窓から~

~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_20522063.jpeg


~1着目はそれらしくダークスーツで~ 「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 前編_c0177259_20533501.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2021-11-29 21:00 | オーダースーツ | Comments(0)

~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編

小雪

来週は暦の上では小雪。
ここ盛岡では来週早々に暦通り小雪になりそうです。
冬のタイヤ交換も大事ですが、冬服のオーダーメイドも大事だと思います。





~“ジレパンスタイル”のヴェスト~

~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_21001365.jpeg


~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_21002856.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て
ヴェスト 「stylish ジレ」46 シングルブレスト6釦
「葛利毛織 DOMINX」Japan “Wool Corduroy” キャメル Wool93%×Cashmere7% 398g/m
オーダー価格¥31,900(本体29,000)

このコロナ禍の中でしたが、今シーズンは手持ちのスーツに合わせられるヴェストとトラウザーズを作りたいということでいらっしゃいました。
スーチングでいるのは通勤の行きと帰りだけで、殆んどはオフィスに入ると上衣はクローゼットへしまい込み、季節的に秋冬は“ジレパンスタイル”が多くなるということで、さあ~てどのスーツに合わせようかなぁ~とご自分のワードローブをアーカイブしながら、3年前のグレンプレイドのダブルブレスト をメインに合わせようということで、フランネルと相性のよさそうなカシミア混ウールコーデュロイのキャメルカラーのヴェストと、ポリエステル素材ながら肉厚で天然ウールとも合いそうなダークブラウンのストレッチツイルの生地をチョイスしました。
そんな今回のご依頼人は、仕立て上がったトラウザーズを見て「やっぱり一万円プラスしてウール素材にすればよかったかなぁ」と弱気な気持ちになった50代半ば、花巻のATさんです。

~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_21010990.jpeg




~“ジレパンスタイル”のトラウザーズ~

~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_21012605.jpeg

1タックトラウザーズ 「A-base」80 裾幅18.5cm
「PARKOUR」Japan ストレッチ ツイル ダークブラウン Polyester100% 360g/m 
オーダー価格¥23,100(本体21,000)

~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_21014658.jpeg







“三日月と夕暮れ” ~サロンの窓から~

~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_22380401.jpeg


~定着してきた??“ジレパンスタイル”~(ヴェスト&トラウザーズ) 編_c0177259_22381869.jpeg



~it's for men~

# by itsformen | 2021-11-20 18:00 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編

イベント

コロナ感染者が一ヶ月以上ゼロ更新が続くここ岩手では、結婚式やコンサートやライヴや様々な会合等々待ちに待ったイベントが目白押しのようです。
漸く動き出してきたぞー!
おー!おー!おー!





「2年待ったよお~」

~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16213986.jpeg


~秋色のウェディングスーツ~

~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16162529.jpeg


~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16184957.jpeg


~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16194398.jpeg


~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16202602.jpeg


~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16204310.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て ~スリーピース~ 
「ベーシックス S」48 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 重ね 釦 二の字掛け サイドベンツ 
 
ヴェスト 「stylish ジレ」48 シングルブレスト6釦

1タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」81(80) 裾幅18.2cm

「HARISSONS」England “PREMIER CRU” ライトブラウン Super100’s & Cashmere 330g/m
ーダー価格¥203,500(本体185,000)

~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16210715.jpeg


冒頭の「2年待ったよお~」は本当に実感のこもった言葉だったと思います。
入籍して間もなくの流れで自分たちのウェディングを想い描いていたものの、“コロナのばかやろう”のおかげで2年も延ばさなければなりませんでした。
列席者は家族と親戚に絞るとはいえ、奥さんのご実家が京都なものですからご両親はじめ家族や親戚となるとちょっとした団体ツアーで来盛することなります。
さらに両家の“ワクチン接種状況”を考慮すると、「盛岡さは呼べねな」ということになり、“コロナのばかやろう”のおかげで世界的に大きな流れとなった“リモート”でのウェディングを試みたようです。
初めはどうなることやら不安な毎日だったようですが、いざ始まってみると半信半疑だったホテルのスタッフの方たちのスムーズな対応と、意外にも“リモート”で両家の人たちの自己紹介などをしていると特別な余興をやらなくても場が持ったそうです。
ただ一つ残念だったのは、せっかく用意していった純米酒の“新政シリーズ”を自分たちは一滴も飲めずに終わってしまったことだったようですね。
そんなこんなで始まる前の心配もよそに、ウェディングにはお決まりの“泣き笑い劇場”があったりと、とっても良い思い出になるウェディングを挙げられたようでした。
そんな今回のご依頼人は、お洒落には人一倍気を遣いますが最近は服よりも“カラダ磨き”に精を出している40代前半、盛岡のKSさんです。こちらがKSさんのブログ


左 FITスタイル 「ラウンド」カラー 「大丸」カフス ・釦付け糸 OP¥550 ・スプリットヨーク OP¥550 ・黒蝶貝釦 OP¥550
オーダー標準価格¥14,300(本体13,000)
右 FITスタイル 「ラウンド」カラー  「大丸」カフス ・共地ピース OP¥1,100 ・スプリットヨーク OP¥550 ・白蝶貝釦 OP¥1,100
オーダー標準価格¥13,200(本体12,000)

~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16212666.jpeg



秋色のコーディネートがバッチリ極まっていますね。
奥さんの素敵なドレス姿とブーケとブートニエールとまるで示し合わせたかのように。
お二人のとっても幸せそうな笑顔が印象的です。
“ジレパンスタイル”(ヴェスト&トラウザーズ)を提唱するKSさんとしては、いかにヴェストを見せるかの着こなしでケネディ元大統領のテクニックを取り入れました。

~Congratulations~

~Congratulations~ 2年越しのウェディング 編_c0177259_16214818.jpeg

~末永くお幸せに~



~it's for men~

# by itsformen | 2021-11-12 23:00 | オーダーウェディング&フォーマル | Comments(0)