人気ブログランキング | 話題のタグを見る

it's for men オリジナルシャツ 限定レディメイド 


 made in japan 世界に通用する「ロイヤルカリビアンコットン」シャツ生地の良さを多くの人に
 感じて頂きたいと思い、限定10枚ですがレディメイドにてご用意しました。
 サイズは、当店でよくオーダーが入る2サイズに絞らせてもらいました。
 オーダー対応の方には、素材の良さを感じて貰ってオーダーして頂ければこの上なく幸せです。

 <原綿>
 カリブ海周辺で採れる良質の綿花だけを丁寧に手摘みで収穫しています。
 超長綿なので上品な光沢としなやかさがあり、自然な肌触り(心地よい柔らかさ)を得られます。
 
 <糸>
 糸一本一本をガス焼きして余分な毛羽を除去することにより、本来持っている光沢がさらに増し、
 糸ムラが少なく太さが均一になるため表面が綺麗に仕上がります。
 染色性が良く、発色性が優れているので彩やかな美しい色調に仕上がります。

 <織り>
 量産用の高速織機を使わず、昔ながら(昭和時代)の「シャトル織機」で生地に余分なテンション
 をかけず丁寧に織り上げているので“コシ”があります。
 経・緯の糸の打ち込み本数を大幅に増やすことにより、生地のツヤ・ハリが良くドレープ性にも
 富んでいます。

 今回、レディメイドということで特別仕様(スぺシャル仕様プラス縫いのピッチが超細かい)でお作
 りしました。
 さらに、なんと!
 ベーシック仕様と同じお値段にてご提供します。
 
 Gold line 120双 ¥15750

 Silver line 100双 ¥13650

 
it\'s for men オリジナルシャツ 限定レディメイド _c0177259_2040813.jpg



it\'s for men オリジナルシャツ 限定レディメイド _c0177259_20404714.jpg



it\'s for men オリジナルシャツ 限定レディメイド _c0177259_20443953.jpg
 【modernistics】ダーツスタイル
 <サイズ展開>
  首廻り40cm-裄丈84cm 
  首廻り41cmー裄丈86cm 
 <襟型>
  ウィンザーワイド
  セミワイド
 <カフス型>
  ノーブル
  大丸
  ダブルカフス




it\'s for men オリジナルシャツ 限定レディメイド _c0177259_20463478.jpg
 白地に織りの柄を施したものが
 人気度No.1ですね。
 
 コメント通りの上品な光沢としなや
 かな肌触りを感じることができま
 す。

 勿論、イタリア物もい~んですけど
 品質と価格のバランスが適切で
 安定しています。
 この辺りが、made in japan の
 良いところでもありすね!



 ということで、「ロイヤルカリビアンコットン」是非、ご賞味下さいませ。

 ホントに大風呂敷でねぐヤミツキさなるよ。
 レディメイドでサイズの合う人は、“ラッキー”だす!
                                                See you again


   

# by itsformen | 2009-01-23 23:54 | オーダードレスシャツ&ネクタイ | Comments(0)

【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編


 「いわてのホームスパン」をイーハトーヴ=理想郷イハテでカスタマイズされた帽子を
 【イーハトー帽】と呼びます。
 制作は、“謎の七変化”西條美子さん率いる工房「蟻」が担当しています。

 今回、新作が出来上がりましたのでご紹介します。
 大晦日に登場したパリのエスプリをオーダーされた盛岡のTKさんから帽子もということで
 オーダー頂いた作品です。

 今回のオーダー価格は¥15,750。
 生地によりますが¥12,600~¥23,100 にて承ります。
 (納期は約2週間)

   
       “パリのエスプリ”                  【イーハトー帽】

【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1125757.jpg【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1133533.jpg 
 














 S(56cm)・M(58cm)・L(60cm)とサイズが豊富なうえ、表から見えない所にゴムを施して
 あるので、自然なフィット感が“老若男女にマッチング”するよう仕上げています。

【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1252559.jpg【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_1255370.jpg











【イーハトー帽】 いわてのホームスパン “パリのエスプリ”編_c0177259_133327.jpg
 そもそも、パリコレのOャネル向けに織られた
 生地ですので、レディスのツィードジャケットか
 コートとして形になるのでしょうけど、TKさんと、
 「ロングジャケットと帽子に料理しましょう!」
 となりまして“パリのエスプリ”が誕生しました。

 「いわてのホームスパン」の中でもこちらのよう
 にボリューム感のある生地はふっくらと立体的
 に仕上がります。



 TKさんは、【IHATOVジャケット】と一緒にオーダーされましたが、「いわてのホームスパン」を
 先ずは、【イーハトー帽】から入るのも親しみやすいかもしれませんね。



 次回は、it's formen オリジナルシャツ(限定既製品)のご案内です。

         
                                               See you again

# by itsformen | 2009-01-22 02:38 | いわてのホームスパン | Comments(0)

「エコリメイク」のすすめ その参 新作編


 今回は、「エコリメイク」のカテゴリに入れていますが、新品の新作です。

 昨年の12月にご紹介した、盛岡のTAさんがジャケットと揃いの生地でオーダーされた作品です。
 あらかじめ、帽子も作れる分の生地の分量を大目に注文しておくと、大よそ2個分は取れます。
 そうすることによって帽子のみ作るよりも生地代が節約できますし、夫婦や親子で作っておくのも
 い~と思います。
 例えば、パパがジャケットを作って、揃いの生地で奥さんと娘さんが帽子を作ったりというのも
 “あり”(蟻:シャレ)ではないですかぁ~!!
  
 新品の制作料は、解体の手間がない分1個につき¥6300にて承っています。
 (納期は約2週間)
 ウチでは、生地の持ち込みもOKですのでお気軽にご相談ください。
 
  

      “パパのジャケット”                 “パパのハンチング帽”

「エコリメイク」のすすめ その参 新作編_c0177259_20125344.jpg「エコリメイク」のすすめ その参 新作編_c0177259_19595945.jpg













                                     “パパとママ”
        
「エコリメイク」のすすめ その参 新作編_c0177259_20305191.jpg なんか、い~感じに寄り添うように並ん
 でいますねぇ~
 TAご夫婦、最近仲が良いんで自然と
 そうゆうイメージで撮っていますね!
 
 ブリム(つば)の裏側がデニム地なの
 は、お分かりですか?
 実は、この部分だけ生地が足りなくて
 “裏技”を使いました。
 こんな風に、アクシデントが起こっても
 臨機応変に楽しんでやってますから!
 
 
「エコリメイク」のすすめ その参 新作編_c0177259_20313916.jpg こちらは、今月仕立て上がってきた
 シャツの新作です。
 ジャケットとハンチング帽とのコンビネ
 ーションがバッチリでした!(にっこり)
 
 イタリア「レッジウノ」の生地を用いて
 襟型は「ショートワイド」。
 カフスは「ノーブル」で、あくまでも
 “さりげなく”。
 キマッたね!TAさん!!





 「パッパラ~ パラッパッパッパァ~」

 “このあとすぐ”


(*エコリメイクから入った人すみません。“このあとすぐ”の後はカテゴリ「いわてのホームスパン」
 へジャンプしてください。続きます)   

# by itsformen | 2009-01-21 22:48 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(2)

ロンドン暮らしも“自分スタイル”


 今回ご紹介するのは、ロンドンでの三年間の勤務を無事に終えて、岩手に帰って来ました雫石の
 YUさんご夫妻です。

 改めてお買物履歴を見てみましたら、新卒で就職された年に初めていらしていますね。
 そして、その翌々年にご結婚されまして、結婚式の二次会に着られるということで「ケンゾーオム」
 のシルク&ウールのスリーピースを買われています。
 今振り返ってみると、初めていらしたときから“自分スタイル”を貫いています。

 ありがたいことに、ロンドンへ渡ってからでもスーツ4着、トラウザーズ3本オーダー頂きました。
 「スーツの本場で買い物するのを楽しみにして来たのですが、袖と着丈が長くて・・・断念(涙)。
 やはり、藤原さんのオーダーがいいので、生地から全てお任せしますのでお願いします。」と、
 大変嬉しいお言葉を頂いて作らせて貰いました。
 (YUさんとは好みが近いので、私の方もイメージし易かったのは確かです)
  
 結婚もして子供も授かると、こだわりきれない人が多くなるなか“不屈の精神”で頑張っている
 YUさん!(奥さんがもの凄く“寛大”な人なんです!ゴマとすり鉢)
 皆さん!大いに見習いましょう!!(都合のい~話だなはん!笑)

 
 
 こちらは、昨年の12月にオーダー頂いた、奥さんの「ベルベット」ジャケットです。
 「デザインはベーシックで、既製品ほど着丈が短くなく、ウエストはキュッと!」というご要望でした
 ので、【Super Standerd】のブリティッシュテイストのパターンを使い、打ち合わせは逆にして
 メンズライクに仕上げました。
 
ロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_18595887.jpgロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_190970.jpg
















 (ロンドンへ行く前にYUさんがオーダーされて、帰国後奥さんがオーダーされて、これでお揃い)
 



      「ダンヒル」 ピーコート                「ヴィクトリア&アルバート」博物館

ロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_2137495.jpgロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_21382643.jpg
















 こちらは、YUさんです。
 「ジャーミンストリート」にある「ダンヒル」本店にて購入したそうです。
 日本資本のB社やA社と違って“格が違う”と云っていました。
 因みに、日本では若者向けイメージの強い「ポールスミス」も本店は“別格”だそうです。
 右の写真は、「ヴィクトリア&アルバート」博物館。
 洋服の仕事に携わっていれば一度は訪れたい“ミュージアム”です。
 世界の服飾の変遷を“肌で感じられる”ようです。(ホントに行ってみてのっす!)

 


        「ハロッズ」本店        で購入した       「モンクレール」ブリス   
 
ロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_22212429.jpgロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_2222192.jpg


















 「モンクレール」の人気は凄まじいようです!!
 渡英して一年目と二年目は、日本人のバイヤー達や観光客が買い漁ってマジで品切れだった
 ようですよ!
 三年目に、この「ブリス」のブルーとレッド、それから「チベット」のホワイトも買ってきたそうです。
 (買いすぎだっちゅ~の!さすがの“寛大”な奥さんも・・・・・・。オラしらね 恐)




        「クロケット&ジョーンズ」              「サヴィルロウ」ストリート

ロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_23123579.jpgロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_23131549.jpg











 もう~堪らなくなりますねぇ~
 こんなのも買って来たようです。(羨ますっ!)
 右の写真は、オーダーメイドスーツの聖地「サヴィルロウ」ですよ!!
 こちらも一度は訪れたいですねぇ~(もうがったら誂えてなっ!)





         日産「スカイライン」クーペ V35型

ロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_23333755.jpg
 こちらは、
 YUさんの愛車です。

 根っからの「スカイライン」
 ファンなようです。

 R32型から乗り継いでい
 るようですね。

 私的にも日本車の中では
 未だに、「スカイライン」と
 「フェアレディZ]が車らしい
 魅力を感じます。



                                     「はごスカ」
                   
ロンドン暮らしも“自分スタイル”_c0177259_083041.jpg
 因みにこちらの写真は、私が9年前ま
 で22年間乗っていたGC10型です。

 ’70年式の2000GTシングルキャブ
 ワンテールランプ。木目のインパネ。
 「ハヤシレーシング」のホイール5.5J

 後ろのフェンダーの耳を折ったりシャコ
 タンなんかにしていません。
 ノーマルのまま乗っていました。
 でも、5人乗ると自然に“ハの字”を
 描いていましたよ(笑)。

 
 「スカイライン」好きというのも似てますよねえ~! 
 車はやっぱす古のが好ぎだ!


 そしてYUさんは、「やっぱす岩手がいぢばんだぁ~」と言っていました(笑)。



 さあ、次回は「エコリメイク」のすすめ 新作編です。
                                              See you again 

# by itsformen | 2009-01-18 23:53 | 自分スタイル | Comments(0)

made in japan de “自分スタイル”


 今回、made in japan についてアップするにあたって、前々から気になっていた人の本を読ん
 でからにしようと思っていました。
 一月は、私の誕生月(まだ四十代ですよ!)でして自分にプレゼントということでその人の本を
 二冊購入しました。(最近はこうゆう機会でもないと本を買いません。雑誌ばっかりで!苦笑)

 で、その人というのは、世界的に活躍しているカーデザイナーの「奥山清行」氏です。
 奥山氏を知ったのは、平成18年、またもNHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」でした。
 まさか、あのフェラーリやマセラッティ、ポルシェ等々のデザインを手掛けた人が日本人の奥山氏
 だとはあの番組を見るまで殆んどの人は知らなかったでしょうね。
 しかも故郷は同じ東北の山形、そして年も同じ、そして歴然たる人生の格差!?ガクッ(笑汗)

 テレビを通して見ていても“目に力”があるというか凄いパワーを感じましたねぇ。
 雑誌の広告かなにかで奥山氏が書いた「フェラーリと鉄瓶」という本が出ているのを知って、本屋
 さんに行って立ち読み(すみまっせん!汗)して驚きました。
 山形も鉄瓶が盛んな所だというのと、鉄瓶の他にも絨毯や家具等の地場産業を再生する「山形
 カロッツェリア研究会」を設立して、そのデザインを奥山氏が手掛けているということ。
 伝統文化に世界レベルのデザインが融合したら今までにない凄いものが山形から発信されるん
 だろうなと思って羨ましく感じたものでした。

 そして今回、「伝統の逆襲」と「人生を決めた15分 創造の1/10000」を読みましたら、
 「もう何もいえねぇ」という気持ちになりました。
 自分が思い描いていたことを遥かに高いレベルで実践、実行し中長期的な展望も見据えていて
 故郷のため日本のために尽力されていることが本当に素晴らしく思いました。
 
 ですから、お気軽に made in japan を語られなくなってしまったのです。
 なので皆さん、本を買って読んで下さい!(別にさわや書店のまわしものではないですよ!笑)
 特に、「伝統の逆襲」は製造の現場で働いている職人の人達、趣味的も含めてお金を頂いて
 「ものづくり」をしている人達には是非読んで頂きたいですね。
 「作れる、作った」、その先にある“買い手”を想像しながらの「ものづくり」が大切なことを感じる
 ことが出来ると思います。

 「人生を決めた15分 創造の1/10000」は特に、これから「ものづくり」を目指している若い世代
 (年齢というよりは気持ち)にとっては希望と勇気が湧いてくると思います。
 岩手にも縁がありまして、一関市にある「モディー」社との共同開発により誕生したスーパーカー
 「K.o7」「K.o8」のアートな写真や工場の様子も盛り込まれています。
 そして、全ページに奥山氏が描いてきた数万枚の中から選んだ「デザインスケッチ」が描かれて
 いて、クリエイティブなビジネスを目指している人には、為になる“アートな逸品”としても価値が
 あると思います。
  
 
made in japan de “自分スタイル”_c0177259_042892.jpg





       made in japan のご紹介

made in japan de “自分スタイル”_c0177259_043626.jpg
 「いわてのホームスパン」

 【日本ホームスパン】製

 カシオペア連邦仕立て
 (岩手二戸地方)

 アンコンジャケット

 ウール&シルク

 ¥119700

 【IHATOVジャケット】

 it's プレミアム

 オーダー価格¥168000


made in japan de “自分スタイル”_c0177259_17224.jpg
          【桃太郎ジーンズ】
          
          G004-MB

          スリムテーパード

          オールドブルー・デニム

          14.7㌉

          26㌅~36㌅

          ¥23100

          ペイント バイオーダー
          (家紋 白)
          
          ¥2100
          
 
 
made in japan de “自分スタイル”_c0177259_120992.jpg 
 【ハーヴェストレーベル】
 
 「ポーカーフェイス」
 
 ナイロンツイルWメリヤス
 加工Xオイルドヌメ革

 エアフォースブルー

 HJ-1904
 (420X320X120)
 ¥33600

 同シリーズ

made in japan de “自分スタイル”_c0177259_129081.jpg
 HJ-1905   ¥39900
 (500X340X220)

 HJ-1906   ¥28350
 (390X290X60)

 やはり、ココンチのナイロン
 素材は“つわもの”です。
 「デュポン」社から提供される
 素材を用いて独自の感性と
 技術で昇華させています。
 あのイタリア「リモンタ」社を
 超えているかもしれません。




                               銀座「タニザワ」 ダレスバッグ

made in japan de “自分スタイル”_c0177259_1471065.jpg
 ビックリしました!?ウチの店では
 扱える訳がありません(笑)。
 「ロイヤルカリビアン・コットン」の
 シャツを「大したいがっけ(翻訳:
 大変良かったです)」と云って頂い
 た盛岡のTUさんご愛用の鞄です。
 日本屈指の鞄メーカーですよね。
 随所に職人さんの“技”が光って
 いるようです。
 「ドシャ降りの雨さあだっても、全ぐ
 湿気が入ってこね。書類がピンと
 してらおん」と、
 大した感心していました。

made in japan de “自分スタイル”_c0177259_148747.jpg
 こちらの写真は、TUさんの愛車と
 同型のメルセデス・ベンツ E550
 です。
 (made in japan de なくて
 おもさげね(翻訳:すみません 笑)
 車ばっかりはしょうがないですよ
 ね!心を揺さぶられる日本車は
 なかなか出てこないですねぇ~)
 あっ!K.o 7とK.o 8は別ですよ~
 (笑汗)
 TUさん、メガネ好きだから「ケン・オクヤマ」のフレーム如何ですか?
 世界最高峰、福井の鯖江製ですよ!
 愛車とのコンビネーションは抜群だと思います。 
 


 今回は、「奥山清行」氏の話題になりましたが、真面目な話、岩手と縁があるのですから
 「ものづくり岩手」の“総合プロデューサー”として誘致できないものですかねぇ。
 知事をはじめ、お代官の方々も真面目に考えてくれないですかね。
 「お金じゃない」と書いていたので、県民が納得する予算内でやってくれると思いますよ(笑)。
 「元気です。岩手!」の掛け声だけじゃ「何も変わらね!」と思っているのは私だけでしょうか!?



 ということで、次回は“ロンドンよりやっぱすイハテ”をお送りします。
                                              See you again


 

# by itsformen | 2009-01-13 23:57 | 自分スタイル | Comments(0)