人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「アンコンジャケットを作ろう!」 ~普段使いに~ 編

まだ寒い

ですが、春夏物の生地バンチがほぼほぼ出揃いました。
実際、3月~4月初旬に必要になる方は今のうちにオーダーしておかないと間に合いません!
「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と、誰かに叱られます。
生地バンチの方は徐々にご紹介していきますが、今回は、最近オーダーが増えている「アンコンジャケット」たちをご紹介したいと思います。





アンコンジャケットたち


c0177259_21482183.jpg

アンコン仕立て

「N-base」
・ライト仕様(軽量)
 OP¥3,000+税
シングルブレスト 2釦
ノッチドラペル
肩パット ナッシング
胸増芯
胸P バルカ
腰P 両玉縁 フラップ
袖口本切羽 4釦
サイドベンツ

「E.THOMAS」Italy
~サマーツィード~
シルク54%
リネン27%
ウール19%
“三者混”
220/240g/m
オーダー標準価格
¥78,000+税



c0177259_21490253.jpg

年齢とともに鷲のようだった男らしい“肩”が徐々に丸くなり、ちょうどアンコンジャケットがお似合いになる“肩”になりました。
でも、肩は丸くなったとはいえ体型は若い頃と殆んど変わりなく、ジャケットは大体 “Drop8”でおつくりしていますし、JEANSは大学生の息子さんと兼用できてしまいます。
仕事柄、会合があるとき以外はわりと自由な服装で通せますが、カジュアルな服装でもジャケットは必須ということで、今回は“サマーツィード”のベーシックな色味のネイビーをお選びになりました。
そんなこちらのご依頼人は、ナイスミドルな50代半ば、盛岡のYNさんです。


c0177259_21510035.jpg
c0177259_21502354.jpg


























c0177259_21521003.jpg

アンコン仕立て

「N-base」
シングルブレスト 2釦
ノッチドラペル
肩パット ナッシング
胸増芯
胸P バルカ
腰P パッチ
・ピックコバステッチ
 OP¥4,000+税
袖口本切羽 5釦 袖番長
ノンベント

「Ferla」Italy
~サマーツィード~
リネン65%
ポリアミド22%
コットン13%
“三者混”
380g/m
オーダー標準価格
¥83,000+税



c0177259_21531717.jpg

“30周年記念パーティー”
昨年、盛岡市内のホテルにて大人な雰囲気のなか盛大に行われました。
マスターの人柄でしょう、大勢の人たちが30周年を祝って駆けつけてくれていまして、プロ並みの実力を持つ JAZZ BAND の素敵な演奏が場を盛り上げていました。
確か、去年の今頃からパーティーで着る衣装の相談をされたと思います。
最終的に、ブルーのダブルモンクストラップのシューズにスリムなストレッチJEANSを合わせるということで、元々ハイブランドに生地を提供していてラグジュアリー感のある「Ferla」の中から、全体を同系色で纏めるということでブルー系のしかもいわてのホームスパンによく似た雰囲気の生地に落ち着きました。

マスターともそれこそ30年来のお付き合いになりますね。
30年変わらずにやり続けることは大変なことだと思います。素晴らしいです。
30周年の先輩として見習いながらワタシも日々努力したいと思います。
ご依頼頂いたのは、50代後半、BAR「A DAY」のマスターこと盛岡のHYさんです。


c0177259_21542620.jpg
c0177259_21545471.jpg


























c0177259_21553384.jpg

アンコンクール仕立て

「S-base」
シングルブレスト 2釦
ノッチドラペル
肩パット&毛芯&裏地ナッシング
胸P ナッシング
腰P パッチ
5mmミシンステッチ
袖口開き見せ 4釦 重ね
サイドベンツ
・本水牛釦
 OP¥2,000+税

「HARRISONS」England
~MERSOLAIR~
ベージュ×ブラウン
グレンプレイド
リネン100%
340g/m
オーダー標準価格
¥58,000+税



c0177259_21560728.jpg

その「A DAY」のパーティーと、「リネンのザックリとしたジャケットが欲しい」との想いがタイミング的に合致しました。
「チェックなら大柄がいい」ということで、いつ着ても飽きの来ないクラシカルながらモダンな“グレンプレイド”をお選びになりました。色味は“旬のブラウン”にしました。
インナーにはTshirtをボトムスにはホワイトJEANSを合わせます。
「A DAY」のパーティーも楽しみましたし、二次会の“探索飲み”も楽しかったですね。
そう言えば、まだ「A DAY」に連れていってませんね。今度行きましょう。
そんなこちらのご依頼人は、服も靴もアクセサリーもホントにお洒落が大好きな30代後半、盛岡のKSさんです。


c0177259_21562315.jpg
c0177259_21564880.jpg


























c0177259_21571153.jpg

アンコンクール仕立て

「N-base」
シングルブレスト 3釦
ノッチドラペル
肩パット&毛芯&裏地ナッシング
胸P ナッシング
腰P パッチ
5mmミシンステッチ
袖口開き見せ 2釦
フックドベント

「DRAGO」Italy
~Rugby Flannel~
ダークネイビー
Super130’s
270/280g/m
オーダー標準価格
¥58,000+税






c0177259_21572958.jpg
とっても評判が良いです!「DRAGO」の~Rugby Flannel~
フランネルにしては軽くて柔らかく、でもちゃんと腰はあり、端正な顔立ちでどの色も発色が綺麗。
ナチュラルなストレッチ性があるので、ニットのカーディガン感覚でも着られます。
秋口から春先まで普段使いに重宝すること間違いなしです。
今季はタイドアップしたジャケパンスタイルやスーティングに用いた方たちもいらっしゃいました。

そんな~Rugby Flannel~を今回ご依頼頂いたのは、普段使いは勿論のこと、試合で審判をするときに旗を上げ下げし易いブレザーを探していました50代後半、北上のHAさんです。


c0177259_21575510.jpg
c0177259_21581275.jpg

























カジュアルなトラウザーズ

Sartoria Iwate仕立て タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」87 裾幅20.3cm
左 「葛利毛織」Japan ウール×カシミア コーデュロイ ネイビー 
右 「CANONICO」Italy ウール×コットン×ナイロン “三者混”ツィード ブラック
オーダー標準価格¥37,000+税

まだ蒸し暑さが続くお盆が明けたあたりでしたでしょうか。
揃ったばかりの秋冬物の生地バンチをいつもよりも真剣な眼差しで吟味していました。
「これとこれでお願いします」
ワタシは内心『おお~ 久しぶりにジャケット2着か!』とほくそ笑んでいましたが...。
「冬ってこっち寒いじゃないですか」「寒がりなんでパンツを2本作ります」
確かにジャケット向けの生地であれば暖かいはずです。
ご依頼頂いたのは、そんな寒がりの40代後半、太平洋のTTさんです。

c0177259_21582924.jpg



See you again


by itsformen | 2019-01-28 00:00 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

「帽子工房」〜オーダーハンドメイド〜 編

手仕事

前編でご紹介した「蟻川工房」のホームスパン展、無事に終えられたようです。
ワタシの方からお知らせした方々も多数足を運んでくださったようですね、皆さん、ありがとうございました。
東京からお越しくださる顧客のIKさん、今回はお気に入りのマフラーが見つかったみたいですね、良かったです。
昨年から頻繁にお越し頂いている東京のNNさんご夫妻のおいては、早速初日に行ってくださいましてありがとうございました。
実はNNさんは、単双平織“プルシャンブルー”の名付け親で、NNさんが先にオーダーしていた“ストーン”がカタチに成り、その後にカタチになったit's Modelの“プルシャンブルー”も見るなり、「これもお願いします」「但し、濃淡の差をもう少し」ということになりまして、早速「蟻川工房」の伊藤さんは、生地の微妙な質感を醸し出すために試織の作業に取り掛かりました。
そして、it's Modelの【IHATOVジャケット】をご覧いただき“単双平織シリーズ”を決めて頂いた東京のKさん、来月お会いできるのを楽しみにしております。

& 手仕事といえば、オーダーメイド帽子の製作を依頼している「Liga Feliz」の上原さんにも「蟻川工房」ホームスパン展に足を運んで頂きました。
今回は、その上原さんが手掛ける帽子たちをご紹介したいと思います。




帽子工房~オーダーハンドメイド~

*オーダーメイドですので頭廻りを採寸します。~メンズ~レディス~キッズ~
*オーダー標準価格(ジャケット等の残布を用いた場合)
・キャップタイプ ¥11,000+税 
・ハットタイプ ¥12,000+税
*オプション各種
・it's ご提供生地 ¥1,000+税~
・古着エコリメイク ¥3,000+税
・リボン付き ¥2,500+税
・レザー組合せ ¥1,500+税~
*納期:2週間~4週間


“ベースボールキャップ” ~it's Model~
「JAPAN BLUE JEANS」のジーンズの裾上げをした残布をブリムに用いました。
裏地には「巴染工」の刺子SIXを用いました。

c0177259_20402625.jpg
c0177259_20405127.jpg





















“ベースボールキャップ” ~it's Model~ *岩手の名ドラマー FNZさんのお手元に
裏地には「巴染工」の刺子SIXを用いました。

c0177259_20411406.jpg
c0177259_20413270.jpg





















“テンガロン” 〜it’s Model〜 *三者混ジャケットのオーナーMTさんのお手元に
裏地には「巴染工」の刺子SIXを用いました。

c0177259_20420809.jpg
c0177259_20422777.jpg





















“テンガロン” 〜it’s Model〜
表側がヤケてしまったので裏側を用いました。(ソラーロタイプのコットン生地)
裏地には“幻のアルパカ”を用いました。腰にはリボンを付けて。

c0177259_20441161.jpg
c0177259_20522415.jpg





















“テンガロン” アレンジ 〜盛岡KOさんからのご依頼〜
表地には「HARRISONS」のSEA SHELLを、裏地には「巴染工」の刺子SIXを用いました。

c0177259_20530720.jpg
c0177259_20533228.jpg













“ジャーニーハット” 〜盛岡MYさんからのご依頼〜
表地には「HARRISONS 」のSEA SHELLを、裏地には「巴染工」の刺子SIXを用いました。

c0177259_20535135.jpg
c0177259_20540953.jpg





















“ジャーニーハット” 〜長野松本TTさんからのご依頼〜
表地にはご自分のオーダーコートに用いた「いわてのホームスパン」イーハトーヴの大地を、裏地には「巴染工」の刺子SIXを用いました。

c0177259_20543137.jpg
c0177259_20545128.jpg













“テンガロン” アレンジ 〜矢巾ASさんからのご依頼〜
亡きお父さまの形見のスーツを“エコリメイク”しました。
一つ目はジャケットから、二つ目はトラウザーズから取りました。

c0177259_20552498.jpg

c0177259_20554353.jpg
c0177259_20560344.jpg



















“新春 昼下がりの妙” ~サロンの窓から~

c0177259_21144219.jpeg


c0177259_21070507.jpeg




See you again


by itsformen | 2019-01-21 03:00 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(0)

~蟻川工房のホームスパン展~ いわてのホームスパン 編

蟻川工房の仕事

都会の皆さんへ、ご案内します。
蟻川工房のホームスパン展
1月(火)~14(月) 11時~19時(最終日17時)
ギャラリー おかりや GALLERY OKARIYA GINZA
東京都中央区銀座4‐3‐5 銀座AHビル B2F

手紡ぎ、手染め、手織り。
ひと月に一着分のペースで織り上げられるスロウな逸品。
ゆっくりと丹念な手仕事に裏打ちされた奥深い素材の質感。

蟻川工房の実力をご堪能ください


c0177259_23093456.jpeg



c0177259_23095022.jpeg





今回、it’s for men から、蟻川工房さんの「単双平織」プルシャンブルーの生地を用いて、ジャケット〜帽子〜オブジェを出展しています。
こちらの方も、どうぞご覧になってください。

藤原プロデュース【IHATOVジャケット

c0177259_23103405.jpeg



「帽子工房」 マリンキャップ&スカハット

c0177259_23111090.jpeg



版画家「大場冨生」×いわてのホームスパン “オブジェ”

c0177259_23135504.jpeg




See you again


by itsformen | 2019-01-09 00:00 | いわてのホームスパン | Comments(0)

2019 謹賀新年 ~育てるカジュアルスタイル~ 編

謹賀新年

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

it's for men 今年のテーマは、~育てるカジュアルスタイル~ です。


男の装いのカジュアル化
確か去年のテーマも半分は“カジュアルスタイルもオーダーメイドで”とご提案させて頂きましたが、この一年で更にさらにメンズファッションのカジュアル化が進んでいます。
フォーマルなオケージョンは別として、通常のビジネスシーンにおいては国を挙げて「ネクタイはしなくてもいいんじゃない」というトレンド(大きな流れ)になりました。
日本では“クールビズ”がキッカケとなってそうなりましたが、世界的にも男の装いのカジュアル化が顕著になっているのは事実だそうです。
実際にイタリアのミラノで暮らしている方や、ビジネスでニューヨークやロンドンへ飛んでいる方のリアルな情報を聞くと、頷きもついついヘッドバンキングになってしまいます。
つまり、ノンタイが主流になるということはスーティングから“ジャケット&パンツ”のスタイルに主流が変わるということです。
職場によってはジャケットにデニムを穿いていってもOKな所が増えているようですよ。
ということは、毎日スーツスタイルでビシッと極めるのもいいのですが、時と場合によって“センス良く崩すカジュアルな着こなし”が物を言います。
特に、ビジネスでのアフターや休日のスタイルには今までの数倍は右脳とお金を使うことをお薦めします。
とは言っても、ワタシがご提案する“自分スタイル”な装いは1年や2年で着られなくなるような服ではありませんのでご安心ください。

〜質の良い素材〜飽きのこないデザイン〜ものづくりのプロセスを愉しむ〜

皆さん、今年から“ご自分のカジュアルスタイル”を一緒に育てていきませんか。



2019 平成31年 謹賀新年

c0177259_18003227.jpeg


~ご予約、ご相談はこちらまで~



See you again


by itsformen | 2019-01-04 00:00 | 自分スタイル | Comments(0)