<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

憧れのいわてのホームスパンを銀座で手に入れた ~蟻川紡ぎ~ 編


大寒波
本州一寒いと言われるここ盛岡でも一週間連続の真冬日というのは近年ではなかったのではないでしょうか!
しかも最低気温がマイナス10℃近くが毎日続くと本当に寒さが身に凍みます。
ワタシも気を付けますが、皆さんも風邪やインフルエンザにはくれぐれもお気を付けください。

さあ、そんな寒さの中でも明日は記念すべき誕生会ですね。
初めての共同作業っていうやつらしいです。
その雰囲気だけでも暖かいんだろうなぁ。





憧れのいわてのホームスパン ~蟻川紡ぎ


c0177259_22230531.jpg

IHATOVジャケット
~蟻川紡ぎ~
Sartoria iwate仕立て 

「MKX クラシック」54L
シングルブレスト 2釦 
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁 フラップ
釦 鳥足掛け 
7mm ピックステッチ
袖口本切羽 2釦
センターベント

「蟻川工房」
~蟻川紡ぎ~
ベージュ×ブラウン
チェビオットウール
杉綾織り 5m

~いわてのホームスパンの服地は持ち込みOKとさせて頂きますが、仕立て代は標準価格の2割増しになりますのでご了承ください~ 


c0177259_22234735.jpg

ちょうど去年の今頃でしたね。
「いわてのホームスパン」の中でも伝統工法をしっかりと継承し~手紡ぎ手染め手織り~に拘り続ける「蟻川工房」さんの服地を東京銀座にある「ギャラリーおかりや」さんで催された「蟻川工房のホームスパン展」に下見を含めて二度も出向いて購入されたのは。
一昨年の暮れに、「NHKの美の壺を観てからいわてのホームスパンに憧れを抱くようになりいつか手に入れようと悶々と願っておりましたが、年齢も年齢になったものですからついに決心しまして岩手に伺おうと思っておりますがどのようにしたらよろしいですか?」
c0177259_22240741.jpg
とこのような問い合わせを頂きましてお話を伺っていますと、どうやら昔ながらの伝統的なホームスパンが欲しいということでしたので、それならば“蟻川紡ぎ”がよろしいでしょうとお応えをして、「ただ、今新たに服地を注文すると2年お待ち頂くことになりますよ」とお伝えしたところ、「そ、そうなんですか!...実はあと2年で七十になるものですから...そんなに待っていられないかも...」と意気消沈にその日は終わったのですが、確か翌週でしたかワタシの所に蟻川工房さんからホームスパン展の案内状が届きまして早速ご連絡したところ、「銀座でしたら遠くないので先ずはどんなものなのか行って見てきます」ということで一日目に行ったときに“一目惚れ”したのがこちらの服地です。何しろお値段がお値段で1m8万円するものですから衝動買いとはいかなかったようで、その日は戻って冷静な気持ちになり二日目に決着を付けにしかもプラスで奥さまにはショールをプレゼントされたようです。意を決してから何かに導かれるようにとんとん拍子に事が運んでゆきましたね。
今回ご依頼頂いたのは、そんなこんなで憧れのいわてのホームスパンを手中に収めた60代後半、千葉は市川のKKさんです。

c0177259_22254514.jpgc0177259_22255719.jpg


















c0177259_22261149.jpg
c0177259_22262773.jpg




















c0177259_22265045.jpg
そして、着用するのに丁度いい季節になりまして奥さまとの温泉旅行も兼ねて~IHATOVジャケットオーダー&蟻川工房見学&つなぎ温泉雪見風呂~イーハトーヴの旅にお越しくださいました。
3年前のIKさんのように東京から逆輸入の流れになりましたが、何度も足を運んで頂いてもわざわざ新幹線でお越しくださっても、直にその土地の空気感や風土を感じながら直に“ものづくりの現場”に触れてみることが「買って良かった」と思って頂けるのではないでしょうか。
都市としての雰囲気もありながら街なかに大自然がいっぱい詰まっている盛岡は観光として訪れても満足感を得られると思います。
まあ、KKさんご夫妻は二日目の“鳴子温泉”もとっても楽しみにしていらっしゃいましたけど。
ということで、ウチのサロンではジャケットのオーダーをして頂いたのですが、丁度タイミングよく帽子のオーダーメイドを始めたところでしたので奥さまのも含めてこちらの3タイプの帽子をご依頼いただきました。

この寒波で日本全国寒さで凍えていますが...
KKさんご夫妻、今頃は“HAWAII”でのんびりしてるんでしょうねぇ~




「蟻川工房」 ~伝統の継承~ ここでしか生まれない“蟻川紡ぎ”

c0177259_22271921.jpg

c0177259_20031779.jpg







“冬の晴れ間の日の入” ~サロンの窓から~

c0177259_22280517.jpg



See you again


[PR]

by itsformen | 2018-01-27 17:55 | いわてのホームスパン | Comments(0)

“帽子が面白い!” ~オーダーメイド帽子工房~ 編


“オーダーメイド帽子”
長らくお休みしていましたが、製作依頼先も新たになりデザインのバリエーションも増えて元気いっぱい!再開することとなりました。
今まで通り数ある生地見本の中から選んで頂いて1個からでもオーダー出来ますし、ご自分がオーダーしたジャケットやコートの残布を利用したり、ご自分のものでも大切な人から譲り受けたものでもサイズが合わなくて着られないけど捨てられない洋服や和服を“帽子にリメイク”します。

新たな依頼先のオーダーメイド帽子工房は豊富なデザインと細やかに対応してくれるアレンジ力に優れていまして、数寄者の皆さんにとって堪らない存在だと思います。
ハンチングやキャスケットなどのキャップタイプは色々様々な素材を用いてつくることが出来ますし、ミュージシャンや音楽好きな人たちが好んで被るハットは、市場で売っている大半ものはフェルト使いなんですけど、ここでは“一点もの”を意識して器用にセンス良くリクエストに応えてくれます。
今回は早速仕立て上がってきた第1弾の帽子たちをご紹介したいと思います。

*オーダーメイドですので頭廻りを採寸します。~キッズ~レディス~メンズ~
*オーダー標準価格(仕立て代のみの場合)~残布~無償ご提供生地~リメイク~
・キャップタイプ¥11,500+税 
・ハットタイプ ¥12,500+税
*納期:2週間~3週間




ジャケット&ヴェストと同生地(2種類)を用いて

c0177259_22050882.jpg


「マリンキャップ」 〜映画界の巨匠が好んだマリンキャップをモチーフに〜

c0177259_22065254.jpg
c0177259_22071386.jpg





















「キャスケット」腰付き 8枚接ぎ 〜ベレーのように斜め被りもよし〜

c0177259_22073124.jpg
c0177259_22090388.jpg





















「クリケットキャップ」 8枚接ぎ 〜ベースボールキャップの原型〜

c0177259_22081640.jpg
c0177259_22084451.jpg






















オーダーいただきました

c0177259_22094848.jpg


「ハンチング」6枚接ぎ(カシミア×ゴートレザー)

c0177259_22105662.jpg
c0177259_22111125.jpg


















c0177259_22113042.jpg
c0177259_22115083.jpg






















「ベレー」8枚接ぎいわてのホームスパン キャメルヘア×ゴートレザー)

c0177259_22124588.jpg
c0177259_22125734.jpg


















c0177259_22131158.jpg
c0177259_22132743.jpg






















盛岡JMさんのご依頼「ベレー」8枚接ぎ(いわてのホームスパン イーハトーヴの大地)

c0177259_22134156.jpg
c0177259_22135467.jpg





















青森 弘前SNさんのご依頼「ハンチング」フラット 
東京SMさんのご依頼「ハンチング」6枚接ぎ
(いわてのホームスパン 共にジャケット同生地)

c0177259_22173561.jpg
c0177259_22175191.jpg





















左 秋田TSさんのご依頼「キャスケット」クラシックパーソナル“独自ホームスパン”)
右 盛岡MYさんのご依頼「マリンキャップ」コート同生地×腰部ゴートレザー)

c0177259_22180361.jpg
c0177259_22181674.jpg





















千葉 市川KKさんご夫妻のご依頼 
左上「ベレー」 右上「ハンチング」6枚接ぎ 下「マリンキャップ」
(いわてのホームスパン 蟻川工房 手紡ぎ手織り ジャケット同生地)

c0177259_22192569.jpg
c0177259_22193957.jpg


















c0177259_22195781.jpg
c0177259_22201025.jpg























数寄者たちのハット

c0177259_22210664.jpg


「ジャーニーハット」
~旅をテーマに~スナフキンをモチーフに~中折れでも~ブリムを上げたり下げたり~

c0177259_22212966.jpgc0177259_22214169.jpg


















c0177259_22215428.jpg
c0177259_22221079.jpg






















「ボーラー」アレンジ ~ドシャ降りのライヴで歪んだ形~「Liga Feliz」一点もの!

c0177259_22223897.jpg
c0177259_22230423.jpg





















「サドルハット」 ~横から見ると鞍のよう~(リメイク帽子)「Liga Feliz」一点もの!

c0177259_22233016.jpg
c0177259_22234554.jpg





















「スカハット」 ~スカ ミュージシャンをモチーフに~ 「Liga Feliz」一点もの!

c0177259_22240253.jpg
c0177259_22241654.jpg





















ご予約、ご相談はこちらまで



See you again


[PR]

by itsformen | 2018-01-16 17:55 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(0)

2018 謹賀新年 〜オーダーメイド de 行動的に〜 編


謹賀新年
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


it's for men 今年のテーマは、オーダーメイド de 行動的にです。

洋服のオーダーメイド
とりわけメンズのスーツスタイルはここ数年でオーダーメイドが主流になってきました。
今までは「服に体型を合わせろ」的な上から目線のハイブランドたちもオーダーメイドにシフトしてきましたし、量販店でも名前を変えて百貨店のオーダーサロンのような雰囲気の店を駅ビルに出店したり、スーツ全体の需要は目に見えて減少しているのにオーダーメイドスーツの需要は逆に増えているのです。
おそらく単純にサイズを合わせるということよりも、ビジネス的な立場や社会的な立場においてスーツを着なくてもいい人たちが増えて逆に着なくてはいけない立場の人たちが制服化されたスーツと差別化するために、より“自分に合った拘りのスーツ”を求めるトレンド(大きな流れ)になっているのだと思います。
そして、ONタイムのスタイルに拘る人たちは当然OFFタイムのスタイルにも拘ります。
つまり“カジュアルスタイルもオーダーメイド”でつくる人たちが増えつつあるということですね。

~厳かな結婚式~お洒落なパーティー~普段行かないレストラン~お気に入りの美術館巡り~クラシックなコンサート~盛り上がるロックなライヴ~癒しを求めてアコースティックライヴ~たまにはBARでひとり呑み~ ...etc

非日常を愉しむイベントって案外ありますよね。
今年は特にその辺のところをシッカリとご提案させていただこうと思っております。

皆さん、今年は“行動的に”ですよ!




2018 平成30年 謹賀新年


c0177259_23351915.jpg


ご予約、ご相談はこちらまで







“清々しい年明け” ~サロンの窓から~

c0177259_12143357.jpg

c0177259_12151230.jpg



See you again


[PR]

by itsformen | 2018-01-05 22:55 | 自分スタイル | Comments(0)