人気ブログランキング |

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ツィード ~ 岩手 ~ いわてのホームスパン 編


 ツィード ~ 岩手
 年の瀬だというのに・・・
 久しぶりに「じぇじぇじぇ!」を三連発したので9回もいっちゃいましたよ~!
 昨日と一昨日の“オヤブロ”のアクセス数が凄いのなんのって!じぇじぇ!
 また「NHK」あたりで特集やったんですかねぇ・・?
 「ツィード」と「岩手」のキーワードからのアクセスが尋常じゃなくて!じぇじぇ!
 ニッポンのツィード=いわてのホームスパン

 今年はですねぇ・・色々とやろうとしたことが・・
 元朝参りにいって風邪をこじらせて新年早々休んでしまったことが・・
 やっぱり今年の年廻りが“八方塞がり”・・
 「そげんこつ、いいわけにならんばい!」

 己を信じよ!
 
 来年は色々と仕掛けていこうと思っています。
 っていうか、やりまっす!



                 “オーソドックスな中に絹の風合いが

ツィード ~ 岩手 ~ いわてのホームスパン 編_c0177259_16281957.jpg


ツィード ~ 岩手 ~ いわてのホームスパン 編_c0177259_15513763.jpgツィード ~ 岩手 ~ いわてのホームスパン 編_c0177259_15511553.jpg


                   “古民家シリーズ” 格子杉綾

ツィード ~ 岩手 ~ いわてのホームスパン 編_c0177259_1552845.jpg



  皆さん、今年も一年、本当にありがとうございました。

  新年は1月4日(土)より始動します。
  
  来年もどうぞ宜しくお願いいたします。



  ~では 良いお年を~





                 A LONG VACATION ~サロンの窓から~

ツィード ~ 岩手 ~ いわてのホームスパン 編_c0177259_2056372.jpg


                       ~大滝詠一氏を偲んで~


 
                                             See you new year

by itsformen | 2013-12-31 20:55 | いわてのホームスパン | Comments(0)

“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編


 オーソドックス
 先週の23日に天皇陛下が80歳のお誕生日を迎えられたわけですが、“いつも常々”思ってい
 まして、“本物のフォーマル”(正礼装)はもちろんのことですが普段のご公務でのスーツスタイ
 ル
は“これからの日本の男たち”は見習うべきだと思いますね。
 昔の映像もテレビで流れていましたが、20代前半から今と変わらない“太衿”のダブルブレスト
 を颯爽と着こなしていらっしゃいました。
 素晴らしい!半世紀超もずっとですよ!全くブレない!
 何も今、ダブルブレストがトレンドだからって言ってるのではなくて、デザインがどうのこうのという
 ことではなくて、品格と信頼性を“醸し出す雰囲気”のことです。
 特に、人と接する機会の多い職業の人は陛下の“オーソドックス”な雰囲気を真似たら良いと思い
 ますね。
 クラシック~オーソドックス~ベーシックを知らずして“本物の遊び”は出来やしないと思います。




 ということで今回は、お堅い冒頭の話から一変して、なが~いなが~い年末年始の連休に相応し
 い、ゆる~いゆる~い気持ちで、ゆった~りしながらのんび~りとご覧になれる“リゾートウェディ
 ング”
の模様をお送りしたいと思います。(ゆる笑)

 やはり、やっぱり、今年も“ラス前”はハッピーハッピーなウェディングになりました。
 おめでたいことですからね~ いいんですよ~ ご覧の皆さんもハッピーになれるから~ 

  
                               “グァムがメインです!

“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_17264468.jpg
 そう、10月の25日にニ
 ッポン人が大好きなリ
 ゾート地“グァム島”
 しかもご家族水入らず
 で挙式されまして、そし
 て、丁度ひと月前には
 盛岡グランドホテル 
 にて披露宴を行いまし
 た今回のご依頼人は、
 30代後半の新郎盛岡
 のYNさんです。

 リゾートウェディング
 ということで、新婦のN
 さんと最新鋭の“スマ
 ホ”
を駆使して、グァム
 の式場の雰囲気が分
 かる画像と参考になる
 衣装の画像を「こんな
 感じです」とワタシに見
 せてくれました。
 そして、新郎が好きな
 ベージュ色でヘリンボ
 ーンの“リゾート素材”を
 スーツに、新婦のNさん
 が選んだ全く同じ素材
 のサックスブルー×ライ
 トブラウンの配色のチェ
 ック柄を“オッドヴェスト”に用いました。
 新婦のNさんのウェディングドレスとも相性が良いですし、オーシャンビューの式場とグァムの海
 岸とも見事にマッチしていましたね。
 なんでも、現地のブライダル業者の人がもの凄くほめてくれたそうで、新郎のYNさんは終始上機
 嫌だったらしいですよ。(褒笑)
 
 YNさんとは何処かでお会いしていると思ってたら、以前某局の“山海漬”に出演させて頂いた時
 にお世話になったDの方で、その頃より大分“貫録がついた”ようでしたので、やはり、30代は成
 長が早いなと思ってしまいました。(油断大敵笑)
 今回補正は入れませんでしたが、写真のお姿でも“反身体”なのが分かると思いますが、本人曰
 く、小さいころから親には「胸を張って生きろ」とよく言われていたものですから、と仰っていまし
 たが、そのご両親の前で胸を張った立派なお姿を見せられて最高の親孝行ができたのではない
 ですかね。(堂々笑)
 岩手のアイドルふじポン」のブログでも面白可笑しく話題にされていましたよ。


“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_1727339.jpg
 「ウェディングスーツ 
 harebutai」
 

 Super Standard
 仕立て narrow 

 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル 
 胸P~バルカ
 腰P~チェンジ 両玉縁
 ロング丈~ウェディング
 ~フロントカット
 センターベント
 ~オプション~
 ・ピックコバステッチ
 ・本水牛釦
 OP合計¥5,000+税
 
 ノンタック トラウザーズ
 
 「WOOLMEISTER」
 ウール55%
 ポリエステル20%
 ビスコース15%
 リネン10%
    
 オーダー標準価格
 ¥70,000+税

 オッドヴェスト 6釦5掛け チェック柄 「WOOLMEISTER」 素材混率(スーツ同素材)
 オーダー標準価格¥19,000+税 ~オプション~ ピックコバステッチ ¥2,000+税


“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_1729512.jpg“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_17313473.jpg


                               “サックスブルー

“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_17323126.jpg
 “ドレスシャツ

 “デュアルアクション”
 「ワイド」カラー
 「角落ち」カフス
 
 オーダー標準価格
 ¥11,000+税

 
 何はともあれ、今回の
 ウェディングは、新婦N
 さんのお母さまが全て
 において吟味して準備
 して交渉して“プロデュ
 ース”
したひとつの作
 品のようになっている感じがします。
 「私が自転車で動ける範囲内で衣装も式場もブライダル業者との交渉も全て決められました」
 ウチのサロンにも事前にご相談に来られましたし、事後もご報告にいらしてくださいまして形にな
 るまでの色々なお話を聞かせて頂きました。
 ウェディングドレスはネット上から調達されたようですし、結局、衣装で借りたのは新郎の和装の
 み、しかも、真新しいものではなくかなり着古した感のあるものを要求したようです。
 それというのも、菜園にあるアンティークの着物店で見つけた昭和初期の“黒引き振り袖”
 合わせるためだったみたいですね。
 聞くところによると、新婦のNさんには“お琴”を習わせていたので16才の時に岩手の“紫紺染”
 で誂えてあげたんですって。年を重ねていくごとに人と着物の風合いが馴染んでいくそうです。
 何とも素晴らしいお母さまの活躍で素敵な結婚式を挙げられて、良かったですね~幸せですね~





                  “家族水入らずでオーシャンビュー

“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_1751193.jpg


                      “いや~ 気分は最高!

“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_17515053.jpg“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_1752125.jpg


                 “砂浜と海と空の色に融けこんでます

“リゾートウェディング” ~家族水入らずで~ グァム 編_c0177259_17524451.jpg


                        ~末永くお幸せに

by itsformen | 2013-12-31 04:55 | オーダーウェディング&フォーマル | Comments(0)

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編


 タイトフィット
 この言葉に敏感に反応する“OYAJI”たちもいらっしゃるようですね。
 ワタシが言うところの“タイトフィッティング”は、ワタシが言うところの“パッツンフィティング”とは
 違うのです。
 “パッツン”とはアレですよ・・リクルート世代からアラサーぐらいの人たちの着丈の短いジャケット
 にお尻半分くらいペロンと出して渡りから裾までパッツンしたパンツを合わせた恰好のことです。
 日本で販売されている既製スーツの主流がそうゆう風になっているようですから・・まあ、しょうが
 ないのでしょうけど・・
 (西洋と日本を除く東洋では、そうゆう恰好のスーツを着ていると、芸能人でもない限り・・ゲイ・・
  オカマ・・夜の世界の人とかに見られるそうです。日本を除く世界では人となりを先ずは服装で
  判断するそうですからね・・確かに、ビジネスマンがお尻ペロンと出してたら可笑しいでしょ・・)
  
 ですから、ワタシの言う“タイトフィッティング”とは、あくまでも一昔前の“ユッタリフィッティング”
 とは一線を画す意味で、余計なダブつきがなく体に適度にフィットしていて、尚かつ“スマート&
 エレガンス”
を忘れないスタイルのことです。

 カジュアルスタイルならば、パッツンでもユッタリでも全体のバランスがとれていてカッコ良けれ
 ば
、何をやったって!どんな風にしたって!人が何と言おうが!全然オッケーだと思います。

 ただ・・しかし・・スーツスタイルは、別だと思います。(遊びのスーツはまた別ですよ)
 いつの時代にも通用するクラシック~オーソドックス~ベーシックを忘れてはならないと思います。




                            “オーソドックスになった・・?

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16291659.jpg
 まあ、そうゆうことで今
 回は、“タイトフィッティ
 ング”でオーソドックス
 な雰囲気を醸し出して
 みました50代前半、
 “Mr.スーツスタイル”
 こと盛岡のAAさんの
 作品をご紹介します。

 AAさん、帰ってきたぞ 
 
の頃までは、ビジネ
 スの最前線で昼も夜も
 体を張って“進撃”して
 いましたが、CEOに登
 り詰めた今は・・ 
 え~ 何ていうか・・「守
 りに入った」って言うん
 ですかねぇ・・ 
 オーダーメイドで創り初
 めの頃は、色香漂う
 「Loro Piana」の生地
 で作った十数着をスタ
 ンバイさせて、“東奔西
 走”夜な夜なブイブイい
 わせてましたけどね。

 「藤原さん、立場も立場
 だし五十も過ぎたし、今回
 はほどほどにお願いしますよ」ということで、“オーソドックス”という言葉は使いませんでしたが、
 初めてヴェストを加えた“スリーピース”を指定してきましたし、AAさんには一度着てほしかった
 “プリンス・オブ・ウェールズ”も自ら選びましたので、そうゆうことなんだろうなと思いました。

 “タイトフィッティング”といってもトラウザーズはやや細身にしましたが、上衣は“程々に”ということ
 でしたから、“帰ってきたぞ!”よりはちょいユルくしています。
 そうしたら、「あれっ 思ってたほどパッツンしてないですね」と言うものですから、次はガッツリ攻め
 て
やろうかと思いましたよ。でも、AAさんは雰囲気からして「クラシックスタイル」も十分お似合
 いになる人です。今回の“襟付き”ヴェストはバッチリグッドでしたね!(正統的笑)  


                                 “スリーピース

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_1630717.jpg
 Sartoria PLUM
 仕立て
 
 「MKX クラシック」 50
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ 
 腰P~スラント 両玉縁
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 5釦 重ね
 ノンベント
 別注裏地¥2,000+税

 ヴェスト「the best」 A6 
 6釦5掛け 襟付き
 腰P~両玉縁 フラップ
 襟付 OP¥2,000+税
  
 「オーソドックスⅡ」 A7
 ノンタック トラウザーズ
 裾巾 20cm

 ビエッラ「DRAGO」
 Super130’s
 グレンチェック 
 パープル オーバーペン
 
 オーダー標準価格¥143,000+税

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16333778.jpg“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16335945.jpg

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16374437.jpg“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_1638252.jpg

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16402042.jpg
 ビエッラ「DRAGO」
 
 今季からウチのオーダ
 ーサロンの仲間入りに
 なりました「ドラゴ」
 良いですよ! 
 Super130’sの細番
 手ながら2Ply(双糸)
 で織り上げていますか
 らいい塩梅の“とろみ”
 と安心感のある“腰の
 強さ”が、イタリア製の
 生地の中では群を抜
 いていると思います。
 【TUWAMONO】の対
                                             抗馬として競わせてい
                                             きたい“逸品”です。




                          “オーソドックスな・・?スリーピース

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16433910.jpg
 TUWAMONOスーツ

 Sartoria PLUM 
 仕立て

 「オーソドックスⅡ」 A6
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ 
 腰P~スラント 両玉縁
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 5釦 重ね
 ノンベント
 別注裏地¥2,000+税

 ヴェスト「The best」 A6
 5釦5掛け
 腰P~両玉縁 フラップ
       
 「オーソドックスⅡ」 A7
 ノンタック トラウザーズ
 裾巾 20.5cm

 ニッポン「葛利毛織」
 メタルブラック
 チンツ(鏡面)加工
 
 オーダー標準価格
 ¥143,000+税

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16513875.jpg“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16522089.jpg

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16524871.jpg“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_165363.jpg

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_16533377.jpg
 AAさん、正統的になる
 といってもそんな“フツ
 ー”になるわけはありま
 せんから、やはり“光り
 モノ”には眼がありませ
 ん。(大好物笑)
 【TUWANOMO】から
 底光りのする“メタル
 ブラック”
のシャドース
 トライプをお選びになり
 ましたので、この個性
 的な生地には“オーソ
 ドックス”なデザインパ
 ターンの「KNSクラシッ
 ク」を用いました。
                                             ヴェストは衿無しの5釦
                                             5掛けにして“クール”
                                             な印象にしています。

 “ノンベント” これはAAさんの四半世紀にわたる拘りです。
 オーダーメイドではこの10年、一着たりともゆずっていません。 





  <年末年始のお休みのお知らせ>

  火曜定休日

  12月31日(火)・1月日(水)・日(木)・日(金)


  年始は1月4日(土)より始動いたします。 






                  “森のステージ” ~サロンの窓から~

“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_1915944.jpg


“Mr.スーツスタイル” ~ オーソドックスになったって・・? 編_c0177259_1923416.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-12-18 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編


 オーダーメイド
 it's for men では、こう呼びます。
 メンズの洋服屋で“オーダー”を謳っている所が増えてきて、お客さんの立場からするとどのお店
 がどの程度の洋服を作っているのかの目安として、“呼称”の問い合わせがあるものですから。
 日本で呼ぶところの“フルオーダー”とか世界共通の“ビスポーク”ではありません。
 「ビスポークと謳っとるやんけ!」と仰る方がいますが、語源の「Be Spoken=対話をしながら」を
 ロゴに入れているのです。(アルファベットの“n”、カタカナにすると“ン”が入ります)
 ですから、縫製工場仕立ての“パターンメイド”とか“イージーオーダー”とか“メイド・トゥ・メジャー”
 とか“スミズーラ”とか呼ばれている作り方が混合していますから、分かりやすく“オーダーメイド” 
 と呼んでいるのです。

 ワタシの仕事は、ご依頼されたお客様のために一所懸命“右脳をフル稼働”させて、デザインと生
 地を選ぶ際のアドバイスと、採寸をしながら体型を確認して、そして提携先の各仕立て工場に的
 確な指示を出すことです。なので、“服飾プロデューサー”と称しています。




 ということで、“オーダーメイド”の流れから今回は、何を買うにしても“オーダー”しなければ気が
 済まない、既製のモノでも限定品が大好物な、そのおかげでワタシは目の肥やしに“感性のビタ
 ミン補給”にさせて頂いています、そんな40代半ば、太平洋のティさんの物語をお送りします。


                            「ティさんの散財物語」 その弐

「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16182481.jpg
 “インポート大好き”なお
 客さんには、ワタシはな
 るべく“日本の良品”
 お薦めしています。
 はい!頑張りまっす!

 【TUWAMONO】パンツ

 Sartoria PLUM
 仕立て
 「KNSP‐1T」 AB5
 1タック トラウザーズ

 ニッポン「葛利毛織」
 ガンクラブ ツィード
 オーダー標準価格
 ¥35,000+税


「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16201491.jpg
 ここからは、ワタシの及
 ばない、ティさんが大大
 大好きな“インポート三
 昧”の逸品たちです。

 「GIANFRANCO
 BOMMEZZADRI」

 ティさん行きつけのセレ
 クトショップでのボメッ
 ツァドリ氏によるトランク
 ショーで“スミズーラ”し
 たカシミアヘリンボーン
 の“トレンチコート”。
 写真では分かりません
 が、宝石のように輝くブ
 ルーの糸が素晴らしい。


「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16193399.jpg
 「EMMETI」

 “イタリアンクラシカル”
 をベースとしていますが
 「今でしょ!」のモノも大
 好きなティさん。
 ショート丈のピーコート
 を自分好みの“バーガ
 ンディ”に染めて所々の
 サイズも合わせてオー
 ダーされたそうです。

 この日の絶品は中に着
 ている「Ralph Lauren」
 パープルレーベルのス
 パンカシミアのニットJK。


「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_1620379.jpg
 「CHALK STREAM」

 行きつけのセレクトショ
 ップで“ビスポーク”した
 珍しい「CERRUTI」のカ
 シミア絡み織りの生地
 を用いたライト感たっぷ
 りなジャケット。

 「いわてのホームスパ
 ン」で“ロイヤルスチュ
 アート”もいいんですけ
 ど、服地として他の人
 が・・?もちろん、ティさ
 んが一反全部買ってく
 れるのならやりますとも、はい!
 まずは“ブラックウォッチ”からにしませんかぁ~


「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16205992.jpg
 「LOUIS VUITTON」

 ウォッチといったら時計
 も半端でないティさん。
 日本に2個しか入って
 ないんでしたっけ!?
 これも~
 2年前でしたか「盛岡に
 も FRANCK MULLER
 の代理店あるんですよ
 」と教えてあげたら、次
 にお会いしたとき「あの
 日にやっちゃいました。
 だって時計が買ってく
 れって訴えてくるんだも
 ん」と妙な言い訳をしていました。
 いずれ、「PATEK PHILIPPE」に行きつく前に他のモノたちと遊んでみたいんですって。

 (この恰好で盛岡にあるレストランで食事をしたらしいのですが、『盛岡の人たちって二度見する
 んですね』と言ってました。でも・・どこの街の人でもティさんのことは二度見すると思いますよ・・) 


        「GIRARD PERREGAUX」       「MOMOTARO JEANS」&「JOHN LOBB」

「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16221534.jpg「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16215666.jpg



                             【IHATOV】 古民家シリーズ

「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_19394729.jpg
 ニッポンのヴィンテージ
 ツィード「古民家」シリ
 ーズ。
 深い緑色と枯れた茶色
 と熟成した土色が織り
 成す三種の異なる柄が
 統一感のあるモノに融
 け込んでゆく。

 ティさん、東京での商談
 がまとまってもまとまら
 なくても、ひとつ乗って
 くださいね。
 IHATOVの限定モノ







                  “虎視耽々” ~次は何にしよっかなぁ~

「ティさんの散財物語」 その弐 メイド・イン・ジャパン!しっかりね・・ 編_c0177259_16223822.jpg




  <年末年始のお休みのお知らせ>

  火曜定休日

  12月31日(火)・1月日(水)・日(木)・日(金)


  年始は1月4日(土)より始動いたします。 


                                                See you again

by itsformen | 2013-12-12 21:55 | 自分スタイル | Comments(0)

“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編


 じぇじぇじぇ
 まあ 特に深い意味はないんですけど・・
 先週の金曜日の「あさイチ」で“あまロス”してたんでつい懐かしくなって・・
 大晦日の“LIVE紅白歌合戦”に気持ちは分かるけど出て欲しいなぁ「キョンキョン」には・・
 今が最高だよね!
 &繋がらない話ですが・・
 岩手が誇るボクシングの世界チャンピオン「八重樫東」選手は素晴らしいですね!男だね!





                       “今の環境にはジャケ&パンツがちょうどいい

“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1491360.jpg
 リタイアした後も好きな
 (でもない?)仕事が出
 来るのは幸せなことで
 色々楽しい企画を考え
 ていると気持ちまで若く
 なって、むしろ以前のよ
 うなスーツスタイルでか
 しこまらないほうが職場
 の環境にもマッチング 
 するのでしょうね。
 しかも、岩手が誇る「い
 わてのホームスパン
 」
を纏ったコーディネート
 ならば尚更です。
 う~ん まさしくIHATOV
 って感じですねぇ~

 昔、気に入って着すぎて“ご苦労さん”したピンクのシルクジャケットに似た雰囲気だったから選
 んだのですよね。やはり、若い時にインスパイアされた感性は年を重ねても残っているものです。
 (冬の空気の色とカメラのせい・・ピンクの色が出てませんね・・ホントは淡いピンク色なんです)


“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_149454.jpg
 IHATOVジャケット

 Sartoria PLUM
 仕立て 

 「MKJ‐X クラシック」
 46
 シングルブレスト 3釦 
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 肩パット~ナッシング
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ
 (裏地ポケットチーフ)
 腰P~両玉縁フラップ 
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね  
 ノンベント
 
 日本ホームスパン
 ピンク×グレイ
 ウール50%
 シルク50%  

 オーダー標準価格
 ¥160,000+税 3m


                     “クールなニッポンツィード

“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1511973.jpg“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1504222.jpg


“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1521956.jpg
 「カジュアルパンツ」 
 
 Sartoria PLUM
 仕立て 
 「KNSP‐1T」 A6
 ピスP~左フラップ
 1タック トラウザーズ

 イタリア「BONOMI」
 コーデュロイ
 ウール90%
 カシミア8%
 ライクラ2%
 オーダー標準価格
 ¥37,000+税


“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1542665.jpg
 “ユーバーパンツ”
 脇P~L型
 ピスP~左フラップ
 イタリア「EMMETEX」
 “シャギー”なコットン
 オーダー標準価格
 ¥23,000+税


 「カジュアルシャツ」

 “ドレスデニム”
 「L‐ニューイングランド」
 ・ダブルフラップポケット
 オーダー標準価格
 ¥16,000+税

“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1643199.jpg
 “ドレスデニム” 
 コンパクトヤーン40/1
 (糸の表面の毛羽立ち
  が少なくクリアな表面
  感を得られる特殊糸)
 バイオ ブリーチ加工

 「L‐カッタウェイ」
 ・共地ポケットチーフ
 ・釦付け糸
 ・ピース
 ・高瀬貝釦
 ・刺繍~左カフス
 オーダー標準価格
 ¥16,000+税


“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_1663322.jpg
 “ドット&ハート”
 イタリア「TESEO」
 「L‐カッタウェイ」
 ・レッド×ハート別布
 ・釦付け糸
 ・刺繍~左カフス
 オーダー標準価格
 ¥19,000+税 

 リタイアした後のほうが
 好きな恰好を愉しんで
 いらっしゃいますね。
 案外“洒落ること”の楽
 しさはこれから増して
 いくのかもしれません
 60代前半(現役倍返し笑)
 今回の作品たちのご依頼人は紫波のTKさんです。 

 周りの環境を愉しくさせて~そして成長させてゆく~オガール





  <年末年始のお休みのお知らせ>

  火曜定休日

  12月31日(火)・1月日(水)・日(木)・日(金)


  年始は1月4日(土)より始動いたします。 






              “紫波のお山の雪と三日月” ~サロンの窓から~

“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20531043.jpg


“クール”なニッポンツィード ~いわてのホームスパン~ 【IHATOVジャケット】 編_c0177259_20534231.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-12-08 20:55 | いわてのホームスパン | Comments(0)

“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編


 試着 さ おでんせ
 スマホやパソコンの画面見ながら親指と人差し指でちょこちょこやってねんでさぁ、ちょこっと見さ
 来たらいがえんちぇ!(おでんせ笑)

 インターネットを通じて日本中~世界中に発信できるのはいいのですが、全てを画面上だけでケ
 リをつけたがる人が増えたのも事実で、でも、既製品ならともかく“オーダーメイドの服”は難しい
 ものがありすよ!
 「藤原さんに大体お任せするから“俺のサイズ”で作ってちょうだいよ」と仰って頂けるのなら何点
 か生地見本をお送りして選んでもらってもいいんですけどね。

 というわけで今回は、“顧客奉仕”の一環として自作自演の“藤原劇場”から前編でご提案した
 「ハーフアルスター」の雰囲気を感じ取って頂ければと思います。



                        “俺のアルスター” ~サブローをヨロシク~  

“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編_c0177259_1733984.jpg
 “俺のアルスター”三着
 目になりましたので名
 前を付けました。
 単純ですけど親しみや
 すいでしょ・・(安直笑)
 
 フロント釦をバァーっと
 開けた恰好を見せてち
 ょうだいとリクエストを
 頂いたものですから・・
 ついでに歴代のイチロ
 ーとジローにも登場し
 てもらいました。
 ジャケットの上から着る
 と“好きな女性とハグ”
 したときのようなフィット
 感
ですからダブルブレ
 ストで釦を開けたままで
 もボワンとなりません。
 違和感はないですね。

 “藤原式”着丈算出法
 で割り出したハーフ丈
 のバランスはどうでしょ
 うか。ジャケットの裾が
 出ない程度でニットの
 上に羽織ったときには
 長すぎない着丈です。 
 
 カジュアルでもスーツスタイルでも“無数にある生地”とニラメっこしながら、ポケットと袖の仕様
 は変えられますので、自分だけの“俺のアルスター”をカスタマイズしてみるのも愉しいですね。 



         イチロー 膝丈-10cm               ジロー 膝丈-6cm

“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編_c0177259_1734345.jpg“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編_c0177259_17342333.jpg


  いわてのホームスパン「ガブリエルの恋人」         サブロー 着丈74cm

“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編_c0177259_1735672.jpg“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編_c0177259_17352430.jpg



                                 “俺のスタイル

“俺のアルスター” サブローをご紹介! まんつ、試着さおでんせ 編_c0177259_17355051.jpg
 「流行は色褪せるが、
 スタイルは変わらな
 い
」とはよく言ったもの
 で、こうやって自分の
 スタイルを“他人の眼”
 で見ても、変わってな
 いよなぁと思いますね。
 ブリティッシュベースの
 フレンチテイスト。
 四半世紀変わってませ
 んよ!(恰好研鑽笑)
 だから、今流行りのイタ
 リアオヤジには俺は成
 れないなぁ・・ っつうか
 成る気もないし!

 ただひとつ、イタオヤ派
 でもモード派でもアメカ
 ジ派でもトラッド派でも
 時代の大きな流れ(トレ
 ンド)は、“タイトフィッ
 ティング”
です!
 これを外さなければど
 んなジャンルのスタイル
 でも自分なりに料理し
 て“自分スタイル”
 確立することが出来る
 と思います。

                                                 See you again

by itsformen | 2013-12-04 17:55 | 自分スタイル | Comments(0)

「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編


 “とーほぐ”
 今年も残すところあとひと月、日本では全ての人たちが何かと忙しい師走に入りました。
 今年は“とーほぐ人”にとって最高にハッピーな出来事が続いた年でもありましたね。
 前半は、岩手の久慈が舞台となったNHKの朝ドラ「あまちゃん」が大ブレイクして「じぇじぇじぇ」
 を筆頭に、関連すること全てと言っていいぐらいの一大社会現象を巻き起こしました。 
 後半は、記憶に新しいところですが「東北楽天ゴールデンイーグルス」の第7戦までもつれ込んで
 の気魄で勝ち取った“日本リーグ初優勝”がそうでしたね。
 まだまだ道半ばの東日本大震災からの復興に、元気と勇気と希望を与えてくれました。


 まっ そうゆうことなのでワタシのほうからは、まっ トレンドと重なってるということもありますが、
 北国の“とーほぐ”には“ダブルブレスト”のアウターがよく似合うということのご提案です。


                               「ハーフアルスター」

「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_1933371.jpg 今、スーツからアウター
 までダブルブレストが
 “大潮流”に乗っていま
 すから、雑誌~ネット~
 ショップ等でけっこう眼
 にすると思いますが、
 北国の“とーほぐ”で実
 際に着てる人ってそう
 いませんよね。(寂笑)

 そもそもオーバーコート
 の“原型”と言われてい
 る「アルスター」は寒風
 を防ぐ
ためにダブルブ
 レストのデザインにな
 っているものですから、
 “とーほぐ”の秋~冬~
 春には理に適っていて
 、しかも洒落て見えま
 すので、もっともっと着
 て頂きたいと思いまし
 てね、今回は車に着た
 まま乗りこめる
着丈の
 「ハーフアルスター」
 の it's Model を作って
 みました。


「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_19333670.jpg “とーほぐ”は車社会
 すからね、特に寒い冬
 になると都会の皆さん
 からは“ごしゃがれる”
 (翻訳:怒られる)と思
 いますが近くのコンビ
 ニに行くのにも車を使
 います・・(笑汗)。
 実際、盛岡市内を移動
 するのも10分20分位
 の所を乗ったり降りたり
 を繰り返しますから、ジ
 ャケットの上にアウター
 を着たまま乗れる

 が理想なんですね。
 かといって、北国では
 絶対的な市民権を得て
 いるダウンジャケットを
 ワタシが薦めるなんて
 そんな“野暮なこと”は
 出来ませんからね・・。
 というわけで「ハーフア
 ルスター」になるんです
 けど、Model は軽め
 “ブリティッシュツィード”
 を用いて、アンコンジャ
 ケットやニットに合わせ
 たカジュアルスタイルに作りました。 
 勿論、“オーダメイド”ですからウールモッサやカシミアヘリンボーンなどの生地を用いればスーツ
 スタイルに合うようにも“アレンジ”できます。 
 そして、一言にハーフ着丈といっても既製品と違いますから、一人ひとりの体型に合わせます。
 そのためには、“藤原式”着丈算出法がありまして、まずは総丈二分の一+2.5cmの所が最も
 バランスが良く、次にその人がよく着ているジャケットの中でも着丈が長いものに+1cmの所との
 バランスを見て決めます。(今回の it's Model はそれがピッタリと合致しました。優良笑)
 因みに、TKさんの「ミルクティな駱駝色もこの“藤原式”で算出しています。

 素になる生地は無数にありますので、あれやこれやと“自分スタイル”を愉しんでみては如何で
 しょうか! 試着のご予約はこちらまで

 (えっ!?それらしく分かるように見せろって!?ボディに着せただけじゃあ分かんないって!?)



「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_193404.jpg Sartoria iwate 
 仕立て

 「MKC クラシック」 48 
 ハーフ着丈(-21cm)
 ダブルブレスト 6釦
 ナチュラル ショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング
 胸P~バルカ
 (裏地ポケットチーフ)
 腰P~箱タテ型
 10mm ピックステッチ
 センターベント
 ~オプション~
 ・袖口本切羽 2釦
  ¥2,000+税
 ・別注裏地
  背裏 ¥6,000+税
  袖裏 ¥2,000+税
   
 ハダースフィールド
 「Savile Clifford」
 ブリティッシュツィード
 ハウンドトゥース
 (千鳥格子) 360 g/m 
 オーダー参考価格
 ¥90,000+税

「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_1934283.jpg「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_19345370.jpg


                     “ド・クラシックな千鳥格子

「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_19353830.jpg「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_19352154.jpg

 (アイボリーの釦は、紫波のYUさんがエコリメイク』のすすめのときに、これは処分してちょうだい
  と持ってきた『ケンゾーオム』のトレンチコートに付いていた釦です。やや黄ばんだ感じが好かっ
  たので何かに使えるかと思い釦は取ってあったんです。ここでお役に立ちましたね。
  YUさんといえば・・紺屋町のサロンに移転してからは一度もいらしてないですねぇ・・確かに以
  前は昼休みにツッカケで来られる近さでしたけど・・今の所だって『サンビル』から歩いて来ても
  そんな遠くでもないし・・近いっちゃあ近いし・・歩くことは良いんですシェイプアップに・・痩身笑)


                  “ツィードと相性が良いアルパカ裏地
 
「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_1936634.jpg「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_19431283.jpg

 (化学繊維の技術がまだ発達していなかった大正から昭和にかけて“アルパカ”の裏地が輸入さ
  れ、それに対抗するように日本の繊維メーカーもアルパカ原毛から一貫作業で裏地製造に取り
  組みました。しかし、アルパカ特有のツヤとすべりの良い手触りが出せず、1928年イギリスか
  ら原糸の紡出に適した細番手用フライヤー紡績機を購入し、欧米各国より技術を学んで外国製
  品に引けを取らない裏地が「日本毛織」兵庫明石工場で作り出せるようになりました。
  やがて、経糸がコットンで緯糸がモヘアの紳士服裏地が大好評を博して、実際にアルパカが
  使われなくても“アルパカ裏地”と呼ばれるようになりました。
  清涼感があり適度な摩擦が上着の重量を分散させて独特の着用感を味わえます。
  現在では生産されていませんので“付属屋さん”の在庫が無くなりますと・・・手に入りません)

 (袖裏をペイズリープリントにしたのは、別なモノに使おうと思って仕入れてたのが3色あるのを思
  い出して、ちょうど良い感じの茶系があったので用いてみました。アルパカは袖裏にはすべりの
  感覚がイマイチなものですから・・・)



  <年末年始のお休みのお知らせ>

  火曜定休日

  12月31日(火)・1月日(水)・日(木)・日(金)


  年始は1月4日(土)より始動いたします。 






             “テレビ岩手のイルミネーション” ~サロンの窓から~

「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_1625599.jpg


「ハーフアルスター」 ~ “とーほぐ”にはダブルブレストがお似合いです 編_c0177259_165429.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-12-01 23:55 | オーダーコート | Comments(0)