人気ブログランキング |

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編


 “レジスター”
 それにしても、80年代に実際に使われていたレジスターを“分かる人には分かる”アングルで登
 場させるところには恐れ入りました。(おおっ じぇじぇ!笑)
 純喫茶“アイドル”では「TEC」~その当時ワタシは“ベーカリー&カフェ”のお店で使っていました
 し、喫茶&スナック“リアス”では「TOWA」~こちらは旧菜園店舗で四半世紀もの間使いました。
 どちらも全く同じ型ではありませんでしたが、妙に懐かしさを覚えてしまいましたねぇ~

 特に、「TOWA」のレジスターは10年経った辺りから、K所長を筆頭に毎月のように「そろそろコン
 パクトで軽くてポイントシステムも使えて集計が優れたタイプに変えませんか?」と何度も足を運
 んでくれましたが、オーダーメイドの割合が増えるにつれレジスターに投資する必要性が無くなっ
 てきましたから、結局移転するまで使っていましたね。(物大切笑)
 
 その「TOWA」のレジスターの行方はというと、最近ブルーズ&ソウルバンドを組んでいきがっ
 ている同級生のAがヤフオクでやっている古道具市場に依頼したんですけど、“何処かの誰
 か”が落札してくださったようですね。(中古価値笑)
 ついでに、80年代90年代の程度の良い“MY古着”も依頼しました。「舞台衣装に最適です」
 てタイトルを付けてね!現代社会でアレをそのまま着られるのは“役者”しかいませんよねぇ~ 

 因みに、盛岡の桜山界隈にある純喫茶“リーベ”では、ウチと同じ型の「TOWA」レジスターを未
 だに使ってるっけよ!(懐古喫茶笑)  ~今度OYAJIスイーツしに行こうぜ!~





                       “オーダーメイド~カジュアルもあたり前だよ”

“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19184741.jpg
 最近“オヤブロ”に「ドレ
 スシャツ」が出なくなっ
 たなあ・・?と思ってい
 る人たち・・けっこういら
 っしゃるのでは・・?と
 思ってましたけど・・・
 すみまっせん!
 載せてないだけです。
 (あはは・・笑汗)

 もう何度も言ってました
 けど、「ドレスシャツ」は
 オーダーメイドが標準 
 になってきましたし、衿
 のデザインや生地の色
 柄はそれほど“遊べる
 わけではない”ので 
 ーカイブ
をご覧になっ
 て頂ければ“お腹いっ
 ぱい”になるのでは・・
 ?と思いましてね。

 そして“トレンド”(大き
 な流れ)が、カジュア
 ルシャツもオーダー
 する
のがあたり前に
 なる“傾向”に来てる
 ものですから。(流笑)

“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19194216.jpg
 何しろ使える生地の
 バリエーションが豊富
 ですし、デザインもディ
 テールもオプションも
 “てんこ盛り”にしてお
 腹いっぱいになれま
 す。(満腹笑)
 だから、デザイナーや
 ブランドの服が体型的
 に合わない人やドレス
 シャツでオーダーメイド
 の良さ
を体感した人た
 ちにもっともっと作って 
 貰おうと思いましてね。
 (想像創造愉楽笑)

 それでね、夏のシャツ
 はカットソーの上に羽
 織るタイプの“外出し” 
 をお薦めしていますが
 着丈のバランスってけ
 っこう難しいんですね。
 なので色々と試行錯誤
 しながら“藤原方程式”
 を編み出してみました。

 ・U型ボトム
  標準~フィット&ダーツ~総丈二分の一 -1cm
       ユーロ&クラシコ~総丈二分の一
  痩せた人~標準-1~2cm
  太った人~標準+1~2cm

 ・L型ボトム
  標準~フィット&ダーツ~総丈二分の一 -4cm
       ユーロ&クラシコ~総丈二分の一 -3cm
  痩せた人~標準-1~2cm
  太った人~標準+1~2cm
                        ~残暑が厳しい秋口まで持ってこいだよ~

“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19203296.jpg
 左~「SOMELOS」
    ポルトガル
  綿80%×麻20%
  ユーロ“L型ボトム”    
  「L‐ホリゾンタル」
  「スクエアダブル釦」
  オーダー標準価格
  ¥17,000+税

 右~「canclini」
    イタリア
    ピュアコットン
  フィット“U型ボトム”    
  「L‐カッタウェイ」
  「ノーブル」
  オーダー標準価格
  ¥15,000+税



 「リバティ」社に選ばれたお店だけが“オーダーメイド”を取り扱うことが出来るんですって!
 “タナローン”のアートな色彩表現とシルクのような肌触り~作った人にしか分からへんやろなぁ~ 
 そういや今年はいろんなブランドでつこうてはったなあ~
 「リバティプリント」~来シーズンはもっとブレイクするみたいですよ!
 LIBERTY ART FABRICS 「Cordelia」 London オーダー標準価格¥17,000+税

“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19551095.jpg“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19545039.jpg



 左~「canclini」イタリア オーダー標準価格¥15,000+税
 右~LIBERTY ART FABRICS London 「Pepper」 オーダー標準価格¥17,000+税
 共に~「ナポリカッタウェイ」 「角落ちダブル釦」 “俺の・・”刺繍 ~50代前半盛岡のツーさん~

“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19572533.jpg“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_19565143.jpg




 
“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_200479.jpg
 “夏素材”
 コットン66%
 リネン34%

 “フィットスタイル”
 「L‐ニューイングランド」
 「大丸」カフス

 オーダー標準価格
 ¥12,000+税

 30代半ば、盛岡のSK
 さんの作品。  



“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_200432.jpg
 “サプライズで”

 左~パッチワーク
 “L型ボトム”~外出し
 「L‐ホリゾンタル」
 「半袖~ターンバック」
 オーダー標準価格
 ¥12,000+税

 右~スーピマコットン
 “U型ボトム”~外出し
 「L‐ニューイングランド」
 「ミラノカフスⅡ型」
 オーダー標準価格
 ¥12,000+税

 30代前半、盛岡のKNさんの作品。
“夏のシャツ”も ~カジュアルにオーダーメイド~ があたり前だよ! 編_c0177259_2011204.jpg
 今回の作品は、“サプライズ”ということでKN
 さんには内緒で奥さんがオーダーされました。
 前もってカジュアルシャツの季節をご覧にな
 って頂いたらしく、「生地は同じタイプのピンク
 色
で、めっちゃカワイイ“蜘蛛の刺繍”を入れ
 てください」ということで、衿とカフスも it'sモデ
 ルを参考にしてお作りになりました。
 (ワタシ的には“スパイダー”はかなり気に入っ
  てたのですが、よくいらっしゃる方々には“引
  かれて”いましたからね・・めっちゃカワイイと
  言われたときには“めっちゃ嬉しか”ったです
  ねぇ~雲雲笑汗)

 写真上の方の明るいピンク色に「RALPH
 LAUREN」の刺繍が入った生地は、KNさんが
 お直しでお持ちになったBDシャツです。
 触った感触といい織り具合といい柄の幅といい
 間違いないです!同じ生地だよ~ん!
 (じゃじゃじゃ!笑)

 “ラルフローレン”のシャツといえば、通算ざっと60枚超持ち込まれていますよ。
 全て“身頃幅と袖幅”&たまに袖丈と着丈のお直しですね。
 何れにしても、ウチでお直しを依頼しているシャツ屋さんが言ってましたけど、「おたくの他にも“ポ
 ロの刺繍”が入ってるシャツの持ち込みがダントツに多いね」って・・!(多国籍笑)
 まあねぇ 世界各地で作られているっつうのもあると思いますが、日本人とりわけ“コンサバ”を好
 む人たちには“絶大な支持率”が有りますからねぇ~(保守受笑)





  盛岡さんさ踊り    日(木)・日(金)・日(土)・日(日)


  <お盆休みのお知らせ>

  8月13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金)

  お休みさせて頂きます。


                                                See you again

by itsformen | 2013-07-31 22:55 | オーダーカジュアルシャツ | Comments(0)

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍


 やっぱり
 最低に近い投票率!“ネット選挙”活動はまだまだ~もっともっと上手く使いこなさなければあきま
 へんで!折角“ネット選挙”が解禁されたんだからアレはやめてほしいですねえ~ “選挙カー”走
 らせて“ガ鳴り立てる”ヤツさッ!今回の参院戦の“六つどもえの争い”は特に酷かった!

 街頭演説ならまだ許してあげてもいいと思いますが、すれ違い様に“殴り合う”かのような様は、
 男も女もない・・ただただ醜いだけの・・ただただ騒音でしかない・・ただただ迷惑な・・争いです・・
 若者たちは完全に“興醒め”してますし、高齢者においては「補聴器を入れてる意味がない」とま
 で言っています。次の選挙は“ネット選挙”解禁の代わりに、“選挙カー禁止”にすればいいと思い
 ますね。(争音禁止笑汗) 
  
 そんな参院戦でしたが、“岩手人の血の通った”結果になって良かったと思っています。
 全国的には与党の割合が増えたようですがが、世間の支持率はとたんに“急降下”しました。
 参議院は“党利党略”に巻き込まれないような制度にしてほしいですね。
 (とりあえず“みんなの党”~何の気なしに“共産党”~ってが!意味無笑汗) 





             “夏にもってこいのヤツがいい”

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_3255685.jpg
 【Sartoria PLUM】 
 アンコン仕立て


 「MKA クラシック」 52
 シングルブレスト
 ノッチドラペル 3釦 
 ナチュナル ショルダー
 肩パット~ナッシング
 垂れ綿~極薄
 胸増芯 
 胸P腰P~バルカパッチ
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
 ・ライト仕様(軽量)
  OP¥5,000+税
  
 「パンチェリーナ‐b」 90
 ノンタック トラウザーズ
 ヒザ当て~ナッシング
 裾幅 20.6cm

 イタリア「SONDRIO」
 コットン97%
 ライクラ3%

                                             オーダー標準価格
                                             ¥108,000+税

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_327754.jpg
 “アラフィフ”OYAJIたち
 の「岩手のスーツ」 編 
 その参

 でもご紹介させて頂き
 まして、「スーツが足り
 ない」と足繁く通ってく
 ださいます50代前半、
 今回のご依頼人は北
 上のHAさんです。

 7月1日から・・・もう一
 月近く経ちましたね。
 会社も新体制になって
 ご自身の意気込み
 新たになって、毎日の
 通勤も新幹線になって
 そして、スーツスタイル
 も新調いたしました。

 とーほぐ地区を統括す
 るべく毎日仙台のオフィ
 スまで通います。
 先月までは“別の制
 服”があったのですが、
 今月からは毎日がスー
 ツスタイル
です。


“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_328363.jpg
 夏場は“クールビズ”の
 スタイルでもOKなので
 すが、いつもいつもそう
 とは限りません。
 だから夏用に“コットン
 スーツ”
を選びました。 
 今年のようにジメジメし
 た梅雨が長引いても適
 度に湿気を吸収して
 ラッと感
を保ちますし
 真夏の“ギンギラギン”
 に照りつける炎天下
 は灼熱を遮断してくれ
 ます。


“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_329618.jpg
 市場には“お家で丸洗
 い”できる機能性を謳っ
 たスーツが大量に陳列
 されているようですが、
 OYAJI世代には違和感
 を感じますねぇ・・
 やっぱり、人の体に馴
 染む
天然素材を用い
 て、そして身体に合った
 サイジングを施した
 ーツ
でビジネスに臨み
 たいですよね。  
 (後々“オヤブロ”でご
  紹介する予定ですが
  盛岡の南大通りから
                                              鉈屋町に入る途中に
 『ヤマトクリーニング』という“天然素材の扱い”を得意とする老舗のクリーニング屋さんがありまし
 て、“ソノヘン”には出したくないというお客さんたちにはご紹介していましたが、二代目店主曰く、
 やはりこの時季の天敵は“汗汗汗”だそうで、そうゆう意味でもウールやリネンよりも耐久性が有
 りますし、日本の湿度の高い夏にはコットン素材は適しているのかもしれませんね。天然笑)




                          “秋口までもっていけるヤツがいい”

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_3295694.jpg
 TUWAMONOスーツ】 

 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKA クラシック」 52
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ 
 腰P~チェンジスラント
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
  
 「パンチェリーナ‐b」 90
 ノンタック トラウザーズ
 裾幅 21cm

 ニッポン「葛利毛織」
 タスマニア
 白黒~極小千鳥格子

 オーダー標準価格
 ¥114,000+税


“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_333272.jpg
 さて、こちらは春先
 お作りになった“タスマ
 ニアブレンド”と同シリ
 ーズです。
 冬を除いて3シーズン
 着られる適当な“滑り 
 感”
もあり腰の強さも
 定評があります。
 「葛利毛織」の中でも
 ビジネスマンには丁度
 良いシリーズではない
 ですかね。
 そして今回・・・良い子
 の皆さんは真似をしな
 いでくださいね。(笑汗)
 「携帯電話3個も4個も
 持たせられるもんだから」
“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_3324019.jpg
 っつうわけで、内ポケッ
 トは写真をご覧のよう
 に右に左に~いつでも
 どこでも「シュポシュポ
 シュポ」っと収納できる
 ように“フル装備”にし
 ています。
 (言っときますけど・・
  型崩れは覚悟の上
  ですから・・笑汗)

 HAさん、今回初めて
 あの奥さんをお連れ
 になりましてご一緒に
 オーダーメイドに興じ
 たわけですが、「セーター
 を買って上げたの憶えてる?」と25年前の“ポータークラブ”での出来事を恐るおそる聞いてみて
 ましたが・・「えッ?私じゃないんじゃない!別の人(女)でしょ!?」って・・一瞬冷たい汗がツー
 っと走りました・・が、がはがは、奥さんけっこう明るく爽やかにいなされましたので、ワタシはHOT
 して胸をなで下ろしたのを覚えています。(忘々笑)


“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_3352921.jpg“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_3355084.jpg

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_338369.jpg“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_3381396.jpg








                 “梅雨どきの増水” ~サロンの窓から~

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_23392449.jpg



                “西に連なるお山たち” ~サロンの窓から~

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その伍_c0177259_23401555.jpg



  盛岡さんさ踊り    日(木)・日(金)・日(土)・日(日)


  “ダンダンスコスコドン” ~ 「さっこらぁ ちょいわやっせ」 ~ “ダンダンスコスコドン”



                                                See you again

by itsformen | 2013-07-24 22:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編


 “投票”
 「あまちゃん」の中では“アメ女”メンバー&GMTのファンによる“国民投票”が行われ、すったもん
 だのすえアキは辛うじて繰り上げ当選できましたが、現実の世界では来週の日曜日、つまり今度
 の日曜日、だから21日の日曜日に、“参議院選挙”が行われようとしています。(日曜投票笑)

 “ネット選挙”解禁!という妙な誤解を招いた(今でもそう思っている人達がかなりいるに違いな
 い)新たな試みが“投票率”をアップさせることが本当に出来るのか・・?(ネットで投票が出来る
 のならともかく・・)
 そんななか“期日前投票”は順調に推移してるみたいですね。確かに、たまたま運転免許の更新
 で帰ってきたウチの息子でもしてきたようですから。(あれっ?ちゃんと確かめなかったな・・笑汗)

 「岩手人の血が通ってるのなら“元復興大臣”でねのが」~「ふ~ん そうなの・・」
 「政党って・・?自民党でいんじゃね」~「“反対票”として他の党に入れるやりかたもあるんだぞ」
 ~「へ~ 意味あんの・・?そんなことして」~「・・・」(参院党利党略不要笑汗)





                        “イタ茶のアンコンJKにイタ白のパンツで”

「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20424879.jpg
 アンコンジャケット

 Super Standard
 仕立て

 ダブルブレスト 6釦
 ピークドラペル 
 肩パット~毛芯~なし
 (アンコン仕様)
 胸P~バルカ
 腰P~パッチ
 サイドベンツ
 
 ~オプション~
 ダブルブレスト
 アンコン仕様
 ピックコバステッチ  
 袖口本切羽 4釦 重ね 
 別注釦~ナット オフ白
 釦付け糸~チョコレート
 OP料¥18,000+税

 イタリア
 「Tallia Di Delfino」
 ピュアリネン
 ヘリンボーン
  
 オーダー標準価格
 ¥61,000+税

「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20434146.jpg
 今回は、前々前編にて
 【asobinoスーツ】をご
 紹介させて頂きました
 “イタリア大好き”
 「スッキスッキスッキな
 っ!」~イタリアオヤジ
 のスタイルチェック~
 まんつまんつ大変大変 
 仕事よりも忙しいんで
 は・・?と思うくらい“自
 分スタイル”の追求
 余念がありまっせん!
 (数寄者笑)
 50代半ば、盛岡のTA
 さんの作品です。
 
 「やっぱすダブルがイイ
 な」  
 「丈もさ、なんぼが短ぐ
 してさ」
 「オラ腹も出でねし、ぺ
 っこばり詰めでもいんで
 ねっか」
 「んでさっ こんな感じ
 にしてけで」
 「イタ茶の麻素材が
 イイんだよね」
 「釦もこったな風なオフ
 ホワイト
だよ」
 「糸っこはチョコレート
 ブラウン
でなっす」                    “まんまやんけ”

「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20442377.jpg
 なんだかんだのご注文
 ご要望を頂きましたが、
 まんま・・そのまんま
 ・・“イタ茶”のアンコン
 JKに“イタ白”のカジュ
 アルパンツ。(雑誌笑)
 
 “イタ白”の白~よもや
 すると白衣のズボンに
 間違えられるのを嫌気
 する人も多いのですが
 TAさんはマッサラな白
 に拘ります。
 (伊太白笑)
 そして、“イタ青”の青も
 フツーの人では派手過
 ぎてこなせない真っ青に拘ります。
 どちらの生地もお取り寄せにお取り寄せを重ねて調達できましたね。(INCO笑)   
 “カモシカ”のような“おみ足”のTAさん、裾幅~細く細く細く~OッKですよ~!
 カブラ幅は何があってもどんなことがあっても5cmに拘ります。 

 (ちょっくら関係ない話しになりますけど、最近TAさんご夫妻と弟分のSKさんとご一緒させていた
  だく機会がありますが、特にカウンターに座って飲んでる“ご夫妻”の姿を全く知らない人が見た
  としたら、「二人ともオシャレでハンサムでなんて素敵なカップルなんでしょう」と誰しもが想うとこ
  ろですが、気になって近くに寄ってその会話を聞いてしまったら最後・・『オメよッ〇〇〇んだって
  がッXXXはっぱどよッ△△△わがねんだじゃ◇◇◇』・・とまあ こんな感じの会話に“下ネタの
  連発”で真逆のギャップに『じぇじぇじぇ!』となってしまいます。元々“東京人”の奥さんが、慣
  れっこになってるとはいえ赤面して戸惑ってる姿も“あまちゃん並み”におもしぇんですけどね!
  下訛笑)


「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20483677.jpg「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_2049376.jpg

 オーダーネクタイ 剣先幅7.5cm 全長148cm シルク50%×リネン50% 
 オーダー標準価格¥10,300+税 &ポケットチーフ¥2,000+税



「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20494281.jpg「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20501677.jpg

 “イタ白” カジュアルパンツ Sartoria PLUM仕立て 「STP‐NT‐P‐B」 裾幅17.5cm  
 イタリア「SONDRIO」 コットン97%×ライクラ3% オーダー標準価格¥27,000+税



「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20504686.jpg「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_20513214.jpg

 “イタ青” カジュアルパンツ Sartoria PLUM仕立て 「STP‐NT‐P‐B」 裾幅17cm  
 イタリア「LARUS MIANI」 コットン98%×ポリウレタン2% オーダー標準価格¥27,000+税






                       THE SARTORIALIST

              Milano                        Florence

「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_2421041.jpg「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_2423177.jpg








                 “続・梅雨の夕暮れ” ~サロンの窓から~

「こんな感じで頼むすちゃ」 ~ “アンコンJKダブルブレスト”&“コットンPTイタ白×イタ青” 編_c0177259_16335757.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-07-17 22:55 | オーダージャケット&パンツ | Comments(7)

~なので今回のテーマは~ “OYAJIスイーツ” 編


 “アメ女”
 何だかホントに現実になるんじゃないか!?っつうぐらいの勢いになってきました「アメ横女学園」
 GMTもどうなるんだろう・・?47色の“バラエティ”は幻で終わってしまうのか・・?(いやいや・・)
 アキは岩手訛りにドンドン磨きが掛かっておもしぇし、もう東京編も一回たりとも見逃せまっせん!

 いやあ~ それにしても3年前に「マジすか学園」を観た時は、“脳天をスズメバチに刺された”とき
 のようなヤバイ衝撃を覚えましたねぇ~ あれがキッカケでAKB48を知りましたからね・・(笑汗)
 なぜかOYAJIのワタシが“マジすか”にハマってしまい毎回ワクワクドキドキしながら観ていました
 ねぇ~(照笑) 中でも“サド”の切れ味の鋭いサドらしさにシビレていました。(マジ笑)




                                “OYAJIスイーツ”

~なので今回のテーマは~ “OYAJIスイーツ” 編_c0177259_1714537.jpg
 まっ なんつうことはナイ
 んです。
 
 イエローグリーンを基調
 に“スイーツ”のイメー
 ジから“自分スタイル”
 を創りたかったんです。

 洒落者を自負する大概
 のOYAJIたちは“酒場”
 でカッコよく振る舞う自
 分を“妄想”しながら服
 を選ぶと思うのですが。
 なんかねぇ アラフィフ
 になってそうゆうのも
 どうなんだろうなぁと
 思ったりしましてね・・

 ワタシも煙草を吸わなく
 なってもう10年以上経
 ちますし・・“夜のイメー
 ジ”がシックリくるのは
 アラフォーまでですか
 ねぇ ギラギラした・・脂
 が乗ってるっつうか・・
 
 イイ感じの枯れ具合
 醸し出すにはスイーツ
 のような“甘さ”も必要
 なのかなと思いますね。
~なので今回のテーマは~ “OYAJIスイーツ” 編_c0177259_1732542.jpg
 ワタシには息子しかい
 ませんから“妄想”を最
 大級に働かせてみまし
 た。(最大笑)

 “アメ女”のようなお年
 頃の娘たちがいたとし
 て、「お父さんとスイー
 ツしに行こうぜ!」と誘
 ったときに、「まあ これ
 だったら付き合っても
 いっかな」と思われるよ
 うなコーディネートを心
 掛けました。(甘味笑)

 オ・レは“フルーツ
 パフェ”
がいいな!

 いいよ!誘ってくれても
 
 お店探しも楽しそうだね
 
  
 
 あっ!ですから~!
 前編と全く同じコーディ
 ネートですから詳細は
 そちらを参考にしてくだ
 さい。
~なので今回のテーマは~ “OYAJIスイーツ” 編_c0177259_1735277.jpg
 写真一番上のパンツ股
 下はワタシの標準丈。
 写真その下は裾をひと
 マクリしています。

 ふ~む・・
 やっぱオ・レって・・
 “胴”短いね・・!
 脚が長いわけでもナイ
 んだけどね・・
 ネクタイ標準の144cm
 では長いんちゃう・・?
 マイナス2cm・・ 3cm
 でもいいかもね・・

 

~なので今回のテーマは~ “OYAJIスイーツ” 編_c0177259_1742952.jpg
 こちらは、昨年創った
 【IHATOVジャケット】
 参型 小岩井model

 イエローグリーンを基調
 としていますからこれも
 まあ合いますね。

 ピンチバック~インパー
 テッドプリーツなデザイ
 ンですのでややユッタリ
 感がありますが・・
 これはこれで“良し”
 としましょう。

 
 ラストの最後にワタシの
 ファッション座右の銘

 「トレンド(大きな流れ)
 は的確に捉え、流行の
 九割は無視する」

 OYAJI世代の“自分ス
 タイル”
を創りだす心得
 と思って頂ければ幸い
 です。(チャンチャン笑)







                  “梅雨の夕暮れ” ~サロンの窓から~

~なので今回のテーマは~ “OYAJIスイーツ” 編_c0177259_23164253.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-07-12 22:55 | 自分スタイル | Comments(0)

“アンコンジャケット”を遊ぶ ~ 「あぁ~スイーツしたいなぁ」 編


 “化粧”
 いやぁ~ まいったなあ~ キョンキョンには・・!!
 東京編に変わったとたんに・・メイクまで変わるんだもの・・
 ワタシの中では“じぇじぇじぇ”が百個ぐらい出てきましたっけ・・
 リアル80年代の頃は世間の皆さんが騒ぐほど意識はしてませんでしたけどねぇ・・
 今月は朝っぱらからソワソワ~ワクワク~ドキドキッ!してますよ~
 岩手編ではず~っと“すっぴんメイク”できてたんですけど・・ 
 やられましたねえ~ “クドカン”の真逆の手法にまた心を奪われました。
 やっぱり女性というのはフツーにキチンと化粧をすればとっても綺麗になりますね。
 それにしてもあのファッション・・?&岩手編では“一度”しか訛ってませんが・・ 頻発するし・・?    
 どっぷり地元に染まろうとしているのか・・?明らかに“ブティックコンノ”で買ってますよね!?
 ワタシはリアル80年代前半 it's に入る前までは盛岡駅ビルにあった「TEIJIN MEN'S SHOP」
 in“コンノ”でも買物をしていました。(まっ あまり関係ないっか・・笑汗)





                         “アンコン基調は~イエローグリーン”

“アンコンジャケット”を遊ぶ ~ 「あぁ~スイーツしたいなぁ」 編_c0177259_16484286.jpg
 アンコンジャケット

 Super Standard
 仕立て

 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル 
 肩パット~毛芯~なし
 (アンコン仕様)
 胸P~バルカ
 腰P~フラップ釦留め
 ~インプリーツパッチ
 センターベント
 
 ~オプション~
 アンコン仕様
 ピックコバステッチ  
 袖口本切羽 4釦 
 フラップP釦留め
 別注釦~ナット オフ白
 OP料¥13,000+税

 スコットランド
 「WILLIAM BROWN」
 ウール40%
 シルク30%
 リネン30%
  
 オーダー標準価格¥58,000+税

 おっとっとっと・・気がついたら6年?・・ぶりではないですか! 
 【Super Standard】仕立てでのアンコンジャケット“it's モデル”は久々になりますねえ~
 出始めの頃に作ったモデル服は全てサイズの合う“お客さん”達に持っていかれました(んが笑)


“アンコンジャケット”を遊ぶ ~ 「あぁ~スイーツしたいなぁ」 編_c0177259_16492037.jpg
 カジュアルパンツ

 Sartoria PLUM 
 仕立て

 「KNSP‐NT」 A6
 ノンタック~膝当てなし
 三つ折りステッチ3.5
 cm幅~裾幅18.5cm

 イタリア「SONDRIO」
 ピュアコットン

 オーダー標準価格
 ¥26,000+税

 スーチング向けに開発
 された新型のデザイン
 パターンですが、“カジ
 ュアル”にもイケるんじ
 ゃないかと“想い”まし
 てね。(想像良好笑)
 ノンタックでもワンタック
 でも“ヒップライン”
 綺麗に出ます。
 (尻フェチの女子が見た
 ら堪らんでしょうねぇ笑)
 カジュアル感を醸し出す
 ために、特に春夏の季節の裾仕上げは“三つ折りステッチ”をお薦めします。
 初めは標準丈に合わせておいて、その時の雰囲気でひとマクリふたマクリしても重くなりません。
 ステッチ幅を色々やってみましたが、今回のは3.5cmにしていますが、ワタシ的にベストな幅は
 “3cm”ですかね。捲ることを考えるとこのぐらいがちょうど良いと思います。
 それから裾幅ですが、この部分はその人の“おみ足”の姿形に左右されるところなのであくまでも
 参考にということで、ワタシ的にはホソくして18cmユルクして19cmがベストな所でしょうか。
 (昔作ってあった“オフ白”のUチップ、イエローグリーンにイイね!スイーツのイメージにも・・!!)


“アンコンジャケット”を遊ぶ ~ 「あぁ~スイーツしたいなぁ」 編_c0177259_1650127.jpg
 オーダーネクタイ
 
 300柄の中から見つけ
 ました。黄緑系のタイっ
 て中々あるものではな
 いですから嬉しいです。

 ジャケットのラペル幅と
 タイの剣先幅を7.5cm
 に合わせました。

 オーダー標準価格
 ¥10,300+税

 「ボタンダウンシャツ」
 は、こちらでっす!

 イエローグリーンを基調に統一感のあるコーディネートにしようと生地見本と“がっぷり四つに組
 んで”想像するわけですが、この時間がとってもとっても楽しい~愉しい時間であって“オーダー
 メイド”
ならではの醍醐味を感じてしまいます。(至福スイーツ笑)


“アンコンジャケット”を遊ぶ ~ 「あぁ~スイーツしたいなぁ」 編_c0177259_16504495.jpg
 ~unconstructed~
 アンコンストラクテッド
 (構築されてない)

 アンコンジャケットとは
 長ったらしいから頭の
 四文字だけ付けたニッ
 ポンらしい・・?“造語”
 でやんすの。(作笑)
 
 肩パットも毛芯も垂れ
 綿も裏地もナッシング。
 ああ~唯一袖裏地は
 付けました。
 (本切羽の関係でね)
 当然“シャツジャケ”の
 ようにフニャらフニャら
 してるわけですが、ひと
 たび人間が着用すると
 上の写真をご覧頂けれ
 ば分かるように“コンス
 トラクテッド”(構築的)
 されています。
 (まあモデルがイイっつ
  う話ですけどね・・笑)

 夏の暑い日でも軽くコン
 パクトに折り畳んで“トート
 バッグ”
にでも忍ばせておけば“イザ”というシチュエーションでお役に立つこと間違いありまっ
 せん!(洒落者必須笑)  







                  “七夕の夕暮れ” ~サロンの窓から~

“アンコンジャケット”を遊ぶ ~ 「あぁ~スイーツしたいなぁ」 編_c0177259_17544958.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-07-08 20:55 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四


 “くりそつ”
 “似てる”なんてもんじゃないですよ!!“そっくり”だって言ってるでしょ!!(じぇじぇじぇ!笑)
 「おまえだ~『よしだ!』お前だ~」(全国の『よしだ』の皆さん呼び捨てにしてすみまっせん!笑)
 んで・・『よしだ』っていうのは、北三陸駅~副駅長のことで・・・で、誰に“くりそつ”かっつうと、
 ええ~話はちょっくら長くなりますが・・ウチのサロンのマンションを出て左に進んで~ござ九
 東北電力を過ぎて交差点を渡って紺屋町番屋~昔アルバイトをしていたNちゃんが嫁いだ超老
 舗の“ホームセンター”~今でも空いたままになっている昔は“日本ホームスパン盛岡店”跡~
 の隣り先輩のYさん一族がやっている老舗の“事務機”屋さん~昔は“たおる”屋さんだったけど
 今は雑貨屋さん?~最近こっちに来て初めて存在に気がついたカワイイ感じの老舗っぽい“クリ
 ーニング店”とウチの息子たちがお世話になっている“美容室”の間にある、盛岡ラーメン「龍華」
 の店主Nなんですよ!(吉田似大笑)

 親父さんの後を継いでもう30年くらいやってますかねえ、学校は一緒になったことはないですが
 ワタシとは同い年で高1の時によく遊んでいましたねぇ~ まあ、だから『よしだ』とは若い頃の感じ
 がそっくりなんですけど・・紺屋町に来てから“番屋の交差点”で信号待ちをしてたら向いに昔懐
 かしい“シルエット”が目に入ってきて、やっぱりと思いましたねえ~ Nは出前の途中らしく“岡持
 ち”付きのスーパーカブにまたがっていましたが、その姿が16才の時と変わらないんですよ!
 さすがに“45度のグラサン”はしてませんでしたけど(ツッパリ笑)、わざと“ツバを付けない”頭の
 形と同じような形の“簡素”なヘルメットをイヤそうに被り、ステップに置いた足先の向きは進行方
 向に対して90度開きイラ立ちを隠せないゆすり方をして、そして反対の信号が黄色に変わるや
 いなやアクセルを“小刻み”にふかし、正面の信号が青に変わる“0.1秒前”にすーっと背中を丸
 めて口の端を“片方だけ”上げながらまるで“吠える”ようにして走り去って行きました。(昔同笑) 





                           “いつ作るの・・? 今かなぁ・・”

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_2122115.jpg
 っつうか「今でしょ!」と
 いうことで・・この時
 から数えて“ほぼ千日”
 を経過してしかも“カタ
 チ”を変えて形になりま
 した。(紆余曲折笑)
 やれやれ・・ご本人は
 ですねぇ~すっかり
 “アルスター”のイメー
 ジは消去してしまった
 らしく・・それであれば
 用尺も3.3mとってい
 たのでコットン素材だし
 “ダブルブレスト”
 【asobinoスーツ】は
 どうでしょ!ということで   
 “日の目”を見ることが
 できました。
 (ソラーロ笑)

 え~今回のご依頼人
 は、普段は“仕事着”か
 普段着を交互に着てる
 わけですが、組合の
 “会合”とかでスーツス
 タイルを愉しみます(主
 にアフターで笑)、あの
 『よしだ』とは中学の同
 級生で今では“ファイヤー”つながりもあるっつう50代半ばになりました、盛岡のTAさんです。


“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_2125816.jpg
 asobinoスーツ

 Sartoria PLUM 
 仕立て

 「MKW クラシック」 50
 ・ダブルブレスト
  ピークドラペル 4釦
  OP¥5,000+税 
 ナチュナル ショルダー
 肩パット~ナッシング
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ
 腰P~バルカパッチ
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
 ・ライト仕様(軽量)
  OP¥5,000+税
 ・別注裏地
  OP¥2,000+税
 
 「パンチェリーナ‐b」 82
 ノンタック トラウザーズ
 裾幅19cm

 イタリア「BARBARO」
 コットン ヘリンボーン
 オーダー標準価格
 ¥108,000+税

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_2133112.jpg
 TAさん、“ほぼ千日”前
 に比べたら・・いやはや
 何とも何とも“ご痩身” 
 になられて・・筋トレをし
 なくなったというのもあ
 るらしいのですが、あの
 “イヌワシ”のような逞し
 い“肩”は威圧感のない
 “優しさ”をも感じさせる
 くらいになりました。
 さらに、胸板も優しくな
 ってお腹は殆んどへっ
 こめなくてもいい感じに
 なりましたし、ヒップは
 こじんまりと“平尻”にま
 とまって“おみ足”なん
 ぞは“カモシカ”のよう
 でございますよ。

 今は、子供たちは生ま
 れ故郷の東京で暮らし
 ていますから手もかか
 らず(お金はタンマリと
 笑汗)最近は奥さんと
 “仲よしこよし”で(フツ
 ーは当たり前笑)よくご
 一緒にいらっしゃいます
 が、この間奥さんがこん
 なことを言ってました。

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_2142469.jpg
 「藤原さん、この人最近
 “ひと頃”のような“ギラ
 ギラ感”が無くなったで
 しょ」って・・!?
 「体のこともあって食事
 には気を遣ってるの」
 「やっぱり野菜は大事
 よね」ですって!!
 本人も体調はすこぶる
 良いらしいですね。
 酒飲んでもナニしても
 “絶好調”何ですって!
 (少しは淡白になったの
  かな・・?笑汗)
 まっ、何れにしても盛岡
 きっての“暴れん棒”と
 言われたTAさんでも・・
 とどのつまりは奥さんの“手のひら”で踊らされてるカワイイ坊やなんですなぁ~



                              “お気に入りの鹿の子”

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_214588.jpg
 “鹿の子ニット素材”
 ホワイト

 ダーツスタイル
 左 「カッタウェイ」
 右 「ショートB・D」
 「ノーブル」カフス
 ・“俺の王冠”刺繍
  OP¥1,000+税
 
 オーダー標準価格
 ¥13,000+税

 TAさんのお気に入り
 です。
 ホワイトだけでももう何枚
 作ってるんだろう!?


                                  “チラ見せ”

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_2154110.jpg
 え~こちらは、TAさん
 のご紹介でいらっしゃ
 いました“ご先祖さま”
 は“お江戸”のご出身で
 したか確か・・?そして
 世間では“御曹司”と呼
 ぶんでしょうかねえ~
 30代半ば、盛岡のSK
 さんの作品です。
 TAさんご夫妻とは、一
 週間の内五日間は一
 緒にいるんじゃないか
 っつうくらいとっても仲
 の良い
“成長しすぎた”
 息子か“ダブルスコア”
 なくらい離れた弟のよう
 な感覚でお付き合いしてるみたいですね。
 そして、岩手のスーツ」~初体験キャンペーンに乗って頂きまして今回はその一着目を“チラ
 見せ”させて頂きました。







                       THE SARTORIALIST

                      Costume National , Milano 

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その四_c0177259_332023.jpg


                                                See you again

by itsformen | 2013-07-03 22:55 | オーダースーツ | Comments(0)