<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

追加したぜ!Made in Japan !! “JAPAN BLUE”~「藍布屋」 編


追加したぜ!


                “アンクルカット~JAPAN BLUE”

c0177259_21124489.jpg
前編でご紹介したJAPAN BLUE
アンクルカット
JEANS

好評につき
サイズフォロー
しました

お待ちの皆さん
お待たせしました

どうぞいらしてください

 
“桃太郎バンダナ”&
“出陣マウスパッド” ~どうでしょ!?






            “夏至の夕暮れ” ~サロンの窓から~

c0177259_21132228.jpg







                     “ライヴのお知らせ”

c0177259_21135919.jpg
「ブルージーな夜を楽しもうぜ!」ですって!

ブルーズ

R&B

ソウル

なんですって!


覆面レスラーが
ネギしょってる??

「ウーマンヴォーカルは“アレサ・フランクリン”を彷彿させるんだぜ!」
ですって!?
(・・ホントかなぁ・・)

日時:6月30日  
   18:30~ 
場所:GLOBE  
盛岡市駅前通10-14
フラワービルB1
TEL 019‐622‐0250
ライヴチャージ ¥1,000 
1dorink ¥500 


HYさん!ギターもってる姿、やっぱカッコイイですよ!!
この間、ばったり、市役所前で久しぶりにお会いしましたけど、スーツ姿に書類がパンパンに詰まったショルダーバッグを“斜めがけ”にしたスタイルは、それはそれでHYさん独特のビジネススタイルの“演出”ですからそれはそれなりに良いと思うんですが・・ かっこいいとは言えないもんなぁ・・ でも、ギターを“斜めがけ”にしてマイクを手にとった姿は“超カッコイイ”と思います。
とにかくね、歌もギターも“渋い”んです。35年前もシブかったけど還暦も越えて益々“いい味”醸し出すんだろうなと思いますねぇ・・ (渋さ笑)

ドラムスの大先輩YYさんとは今年はまだお会いしてませんが、今度はAと組んでバンド始めたんですねぇ・・ それこそ3月でリタイアしたんですかね?・・ 今はもうバンドに専念してるんですかねぇ・・ 正確なリズム~軽快なシャッフル~奇をてらわない安心感~ビシッとキメるところはキメる~
セカンドステージは“ミュージシャン”かぁ・・ 羨ましいなあ~

高校時代一緒にバンドを組んでいたAは・・ この写真を視る限りは・・ “なんぼがぺっこ”(翻訳:少々) 様になってるように見えますが・・ 基本的に“生意気”に見えます。
体は小さいんだけど、末端がやたらデカいんですよ!頭~手~足~あそこ~ (肥大笑)
で・・ 試しに東京に居るその当時のメンバーKに「来るが?」とメールを送ったところ、な何と!!
それこそ“じぇじぇじぇ!”って感じで、「オレは前の日に同じ所でライヴやるから日曜日は帰るよ」ですって!!白蛇海賊団LIVE模様~“ヅラ”を被ってベース弾いてるヤツ!
なんでも、若者の街“渋谷”にあるライヴハウスでは“満員御礼”だったそうですよ。(凄驚笑)




                                 See you again


[PR]

by itsformen | 2013-06-24 21:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

がんがん買おうぜ!Made in Japan !! “JAPAN BLUE”~「藍布屋」 編


似てる
やっぱり似てると思うなぁ~ “足立先生”に~
30年近い昔の記憶しかありませんが、今のワタシらと同じ位の“お年頃”だったんですかねえ~
“足立先生”は温厚で物腰の柔らかい印象ですが、Oの親父さんはもの凄く“パワフル”で今で言う“ドヤ顔”がとってもとっても“お似合い”な印象の人でした。
Oの結婚披露宴のときの招待客はなんと500人ですよ!端から端がもの凄く遠いんです!
これほど新郎新婦の影が薄かった披露宴は未だかつて見たことがありませんねえ~
「俺の息子をヨロシク!」兎にも角にもOの親父さんが一番カッコよく見えた結婚披露宴でした。

久慈にはその人数に見合ったキャパの会場はありませんでしたから、八戸のホテルで行われたわけですが、そのお陰と言ったら何ですけど・・「みんなさ内緒で“種市”さ寄ってぐべ」・・とワタシをそそのかすTの誘いのままに“独身貴族”を満喫して来たのでありました。(潜笑)
ええ~そんなTですが、今では若くして金融機関の“理事”ですよ!(もちろん表の方ですけどね)
“世渡り上手”~ 高校時代同じようにワルいことをしてもスルりスルりとスリ抜けた“バレない”術は、大人になってからも磨きが掛かったんでしょうねぇ~(お上~手!笑)

あっ そうでしたね、“足立先生”似の親父さんの息子Oとはですね、かれこれ10年以上は会っていませんねぇ~ 未だに郵便番号の印刷されていない“会社名義”の年賀状が年一回は届きますが・・・元気でやってると思いますがねぇ~ “菜園店舗”の頃は、近くに組合の会館があって会合があった時にはたま~に顔を出しに寄ってくれてましたが・・ホントに“顔を出すだけ”で・・「今度ゆっくり買い物に来るから」・・と言って一度も実行したことがない・・大体岩手で“御曹司”と呼ばれる輩は・・地元にお金を落とさず・・
“なった気”して東京さ行ってバラまいてくる・・(んが笑)





                “がんがん買おうぜ!Made in Japan !!”

c0177259_3295565.jpg
欧米のブランドたちがこぞって欲しがることを知ったとたん手のひらを返したように欲しがるOYAJI世代。
世界が認めた「メイド・イン・ジャパン」に価値観を覚える青年世代。
モチベーションはどうであれ、日本人が“ニッポンのものづくり”に誇りを持つことが最強の成長戦略でしょ!

藍布屋の“JAPAN BLUE”~最高です!

には~夏に気持ちの良い~ライトオンスで~ストレッチ素材の~デニムがあった!

JAPAN BLUE JEANS」 「JB2100」 アンクルカット 
29~34インチ全4色 ¥9,500+税
 
       ホワイト             カリフォルニアブルー

c0177259_3303587.jpgc0177259_3305542.jpg


モデル~身長165cm(1cmくらい縮んでるかも)~体重69.5kg(一日の内の最軽量)~着用サイズ32インチ~股下73cmから3cm幅で二まくりなので67cm(脚の長さによってまくり方はご自由に)~股上やや浅い~スリムテーパードなシルエット~穿き心地最高にイイ感じ!



c0177259_3311832.jpg
桃太郎ジーンズ
“桃てぃ”

MT301
新色のモスグリーンを取り揃えました。

定番のジーンズと同じ肌触りが気持ちの良い“ジンバブエコットン”を甘く甘く撚った風合いの良いTシャツです。

S~XL ¥4,800+税



                     “ペイントオーダー”

c0177259_3315236.jpg
こちらは、ペイントオーダーは2本目でして今回はヴィンテージレーベルをベースに二ヶ所も入れてしまった“欲張り屋さん”秋田鹿角の30代半ば、AKさんのペイントオーダーです。 
AKさん、3本目は“夏のボーナス”で桃太郎のオーダージーンズを作ろうかなぁ~と仰っていました。(賞与笑) 


c0177259_3321854.jpg
こちらは、この春お友達のSKさんのご紹介で岩手のスーツをオーダーして頂いてからというもの、色々と興味を持ってくださいまして、初めは「ペイントはいっかなぁ」と言っていましたが、オーダーメニューを見ていくうちに“桃太郎さん”を気に入ったみたいで、しかも“桃色”で入れてきました。
実はまだ、ご本人たちのお手元にはありません。(焦笑汗)
銅丹レーベルのタイトストレートが新鮮に感じます、30代半ば、盛岡のKNさんのペイントオーダーです。
*右上に見える“出陣ライン”のものは・・?さあ何でしょうねぇ?ワタシはあまり使いませんが・・





                    “岩手に来てくれました”

c0177259_14535766.jpg
「クールジャパン」のお手本のような“江戸絵画”
それを見出してくれた“プライスさん”はとってもとっても素晴らしい方だと思います。
そして、こんなに沢山のコレクションをプレゼントしてくれました。
虎の毛を一本一本フサフサと描く繊細さ、妄想~想像~創造が満載の「鳥獣花木図屏風」~素晴らしいです。 
前期が終わり作品が入れ替わって後期が始まりました。ワタシももう一度行ってきます。
若冲が来てくれました~プライスコレクション 江戸絵画の美と生命~

この時季に、岩手県立美術館を訪れて思い出しましたが、「忌野清志郎」が生前にNHKの番組で言っていました。『どうしても“ゴッホ展”を見たくて岩手に行ったんだけど、田んぼの中にある美術館でさっ!ビックリしたよ!』って・・(さすがに“じぇじぇじぇ”とは言いませんでしたが・・笑汗)
ちょうどその再放送を観たときは季節は“冬”で、一面雪景色でしたから確かめようもなくワタシも暫く忘れていたのですが、先日行ってみて確かに幹線道路から駐車場に入るまでの道路横に田んぼがありましたが、美術館の周りは普通の“緑色”の芝でした。
でも・・・もしかしたら都会の人の目で見ると植えたばかりの緑色の“稲”の延長に見えるかもしれないなと思いました。そして、よ~く周りを眺めて観たんですが・・近くにある公園もそうですけど全
ての景色が中途半端で・・まるで岩手の県政を表しているかのようでしたね・・“たっそ”のこと芝の所を全部田んぼにして素朴な岩手らしさを象徴する本物の“田んぼの中の美術館”にしてみたら面白いんでねえの・・来て見たらみんな『じぇじぇじぇ!』って驚いてお客さん増えるかもよ・・・







  “盛岡の青空 ~ これもジャパンブルー?・・はあ?・・” ~サロンの窓から~

c0177259_3324950.jpg




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2013-06-19 22:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その参


 銀座さ行ぐべ
 「いつ出るか、今でしょ!」と毎朝自分で掛け声をかけながら首を長くして待ってるんですけど・・
 一向に画面に出る気配がない、“久慈銀座”!
 “久慈銀座”といえば、もう30年前の話になりますかねぇ~高校の同級生Oから「遊びさ来っ」と
 誘われまして、Oは当時大学生だったと思いましたが、「今宵は銀座さ行って“かぽ~”っとやる
 べし」と言って意気揚々と連れ立ったのですが、ワタシは・・「久慈に銀座って・・?」と失笑しなが
 ら着いて行きましたら・・ホントにあったんですよ!!何かですねぇ商店街の入口みたいな所の上
 にネオンが点いていてそこに“銀座”って書いてあったんです!(じぇじぇじぇ!笑)確か・・(笑汗)
 そして、連れてってくれた所というと、確か久慈でも“一番のお鮨屋さん”と言ってた記憶がありま
 すが、日本酒をたらふく飲まされてあまりよく憶えてないんですけど・・店を出たのが確か九時頃
 でしたが、その“銀座”の商店街が真っ暗だったことに「どんでした」(翻訳:じぇじぇじぇ)のはよく
 憶えています。(驚笑)
 そのあと、あまちゃんに出てくる“りあす”みたいなスナックにでも連れてってくれるのかと思い
 きや・・結局“宅飲み”で・・朝までヘベレケといういつものパターンで終わってしまいました。
 (今思えばですよ・・まだ大学生でしたからねぇ・・“足立先生”似の親父さんに全部ツケてったと
  思いますよ・・んが笑)





 “アラフィフ”OYAJI その参は、昨秋25年ぶりのお買物にいらして頂いて岩手のスーツ
 初体験キャンペーン!に乗って頂いてからというもの“怒涛の勢い”でオーダーメイドを愉し
 んでいらっしゃいます50代前半、北上のHAさんの作品をご紹介します。


                              “春夏物もお願いします”

c0177259_21295816.jpg
 TUWAMONOスーツ】 

 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKA クラシック」 52
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ 
 腰P~チェンジスラント
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
  
 「パンチェリーナ‐b」 90  
 ノンタック トラウザーズ
 ニッポン「葛利毛織」
 タスマニア
 ミディアムグレイ

 オーダー標準価格
 ¥114,000+税


c0177259_2130386.jpg
 けっこう気に入って頂い
 たようですね「岩手のス
 ーツ」~そして【TUWA
 MONOスーツ】。
 春夏物の生地バンチの
 中から今回も「葛利毛
 織」
をチョイスしました。

 昨冬の二着目とほぼ同
 じ寸法にしていますが、
 着丈だけはほぼ1cm
 長くしています。
 流石に“剣道七段”をお
 持ちだけあって、姿勢
 良くスッと立った時に
 上衣の裾がやや上がる
 んです。

 HAさんもそうですが、
 ここにきて“アラフィフ”
 OYAJIたちがタイトフィ
 ット
なデザインパターン
 にシフトしていますね。
 サラリーマンでも65才
 まで
は現役でスーツス
 タイルを愉しめるわけで
 すから、あと10年~15
 年は良き相棒として付
 き合うことを考えると、
c0177259_21311381.jpg
 あの“不動産バブル時
 代”を引きずったような
 “ゆったり系”は「・・・」
 もうコメントのしようもあ
 りませんねぇ・・(泡笑)
 大概“アラフォー”辺り
 から自分の意志とは真
 逆な方向へ行ってしま
 い、“アラフィフ”を意識
 した頃にはもう“収拾が
 つかない体型”になって
 いるわけですから、既
 製品のタイトフィットで
 シックリくる人は正直
 難しいでしょうねえ。

c0177259_21314395.jpg
 その辺のところオーダ
 ーメイド
なら体型にこだ
 わらずイケる~イケます
 ~イケちゃいまっす!

 そんな訳でHAさんも、
 “ビジネススタイル”が
 変わる7月に備えて、
 この機会にとスーツス
 タイル
の見直しをかけ
 てきました。
 “勝負に臨む男”には
 【TUWAMONOスーツ】
 はきっと勇気と自信
 を与えることでしょう。 


c0177259_21323439.jpg
 TUWAMONOスーツ 

 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKA クラシック」 52
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ 
 腰P~チェンジフラップ
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
   
 「パンチェリーナ‐b」 90
 ノンタック トラウザーズ
 ニッポン「葛利毛織」
 タスマニア
 濃紺~シャドーチェック
 
 オーダー標準価格
 ¥114,000+税


c0177259_2134339.jpgc0177259_21342152.jpg



                             “ドレスシャツも足りません”

c0177259_21345520.jpg
 <ベーシックライン>

左 ピケ~ホワイト
  「ウィンザー」カラー
  「ノーブル」カフス
  高瀬貝釦
  オリジナル刺繍
  芯地~ハードタイプ

右 ヘアライン~ブルー
  「ニューイングランド」
  「ノーブル」カフス
  高瀬貝釦
  オリジナル刺繍
  釦付け糸~サックス

  共に、オーダー標準価格¥10,000+税~(+各オプション料)


 (HAさんと話しているとワタシもとっても楽しいです。本題のオーダーの話はさて置いて、途中か
  ら社会情勢やら古き良き時代の話やらで脱線に脱線を繰り返しながら、気が付いたらアッという
  間に“3時間!”なんていうのはもう“当たり前”になりました。
  「後継者難による企業同士のM&Aが活発」という新聞の記事も、その前からHAさんには“現実
  の話”として聞いていましたし、「藤原さん、オレは昔っから“トラッド系”が好きなのさ」の話の流
  れからHAさんは大学生で、ワタシは“ベーカリー&カフェ”をやっている時に、その当時一世を風
  靡したあの“青学前”の「Boat House」で同じものを買っていました。
  “ホワイトコットンパンツ”!ワタシはあの当時「メンクラ」に載っていた“サックス×ホワイト”のぶっ
  といストライプのBDシャツと何とも言えない色味の“ブルーのニットヴェスト”が欲しくて欲しくて、
  それに合わせて買ったんですよ!ガーゼのような肌触りで気っ持ち良かったですよ~
  なんか話は尽きませんが、HAさん、まだまだ足りないって、今月の初めにも“あの奥さん”を連
  れてご来訪くださいました。その時のお話は“サマースーツ”が上がって来てからということで)






            六月第二土曜日 “チャグチャグ馬コ” ~サロンの窓から~

c0177259_1202736.jpg


c0177259_121557.jpg


c0177259_1213591.jpg


c0177259_122335.jpg


c0177259_1222895.jpg


                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2013-06-12 22:55 | オーダースーツ | Comments(0)

“アラフィフ”OYAJIたちの「岩手のスーツ」 編 その弐


 脚本家
 だったんですね!
 今までよく知らなかったものですから・・(笑汗)
 あれなんですね、“クドカンワールド”って言うんですね。
 いやぁ~ ハマりますねえ~ 真逆なギャップの連続、面白いですねえ~ (ご~すと ばすた~ず)
 でも・・「宮藤官九郎」って名前ややこしいと思いませんか!?
 ワタシはてっきり、お笑い芸人に憧れる“歌舞伎役者”だとずっと思っていました・・(マジ笑汗)
 あまちゃんのおかげで知りましたけど、岩手寄りの宮城人なんですねえ、同じ東北人として親
 近感も覚えました。これからももっと、世間を「アッ!」と言わせる面白いこと期待しています。 





 今回のその弐は、この春に岩手のスーツ初体験キャンペーン!に乗って頂きました“ニ
 ューフェイス”のお客さんの作品をご紹介します。


                         “オヤブロを見てイイなと思いまして”

c0177259_23414056.jpg
 TUWAMONOスーツ 

 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKA クラシック」 52L
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ 
 腰P~チェンジポケット
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
  
 「パンチェリーナ」 94
 ノンタック トラウザーズ

 ニッポン「葛利毛織」
 サマーウール80%
 キッドモヘア20%
 黒~シャドーストライプ

 オーダー特別価格¥
 (岩手のスーツ
  一着目プロトタイプ)


c0177259_2342519.jpg
 あれは二月の半ば頃、
 まるでひょっこりひょう
 たん島
を訪れるかのよ
 うに・・ひょっこりといら
 っしゃいました。(緩笑)
 
 ホントにひょっこりです
 よ。アポなしでしたから
 ねぇ。モニターを覗いた
 ら運送屋さんでもない
 し・・なんかリュック背負
 ってるし・・ガタイがよさ
 そうで顔半分しか見え
 ないし・・と思いながら
 そっとドアを開けてみる
 と、ヌオ~とひょっこり立
 っていました。(微笑)

 「こちらではオーダーメ
 イドのスーツを扱ってま
 すよね!」と、まるで「も
 う調べはついているん
 だとぼけるんじゃない」
 と言わんばかりに、「突
 然ですがいいでしょ!」
 ということでスーツのオ
 ーダーを頂いたのであ
 りました。(押笑)

c0177259_23433978.jpg
 新規のお客さんですが
 本当に嬉しいことに“オ
 ヤブロ”
をよく“調査”し
 てくださっていまして、
 「仕立ては岩手の工場
 でお願いします」とご指
 名頂きました。
 「私は“花巻人”なんで
 すが、オヤブロを見るま
 でそんな凄いスーツ工
 場が地元にあるなんて
 知りませんでしたから
 是非とも作ってみたい 
 です」と仰って“初体験
 キャンペーン”に乗って
 頂いたのでした。

c0177259_23441298.jpg
 今年から盛岡にある
 “本社”に配属となり、
 前の部署では殆んど
 “ワークウェア”が正装
 みたいなものだったらし
 いのですが、“本社”で
 はスーツスタイル
 標準とのことで、ちょう
 ど着数が必要なタイミ
 ングだったようですね。
 「こんな感じの黒のス
 ーツ
って着たことが無
 いので面白いと思いま
 して」と、“スマホ”の画
 面をこちらに見せなが
 らご希望のイメージを
 伝えて頂きました。   
 そして、“地元のいいもの志向”の人なら【TUWAMONO】に来るだろうなと思っていたら、やは
 りそうでしたねえ~ 最強のメイド・イン・ジャパン!ワタシ的にも嬉しい限りです。(日本製笑)




         “夏にイイんですか!面白そうですね”

c0177259_2346617.jpg
 TUWAMONOスーツ 

 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKA クラシック」 54
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ 
 腰P~チェンジポケット
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 重ね
 サイドベンツ
 ・ライト仕様(軽量)
  OP+¥5,000+税
  
 「パンチェリーナ」 94
 ノンタック トラウザーズ

 ニッポン「葛利毛織」
 フレスコ~ポーラー
 ウール87%

 モヘア13%
                                             紺×グレイストライプ
 
c0177259_23465050.jpg
 オーダー標準価格
 ¥122,000+税
 (岩手のスーツ
  二着目)


 今まで“タイトフィット”な
 スーツは着たことが無
 かったようなのですが、
 一度既製品で挑戦した
 ところ「こっちに合わせ
 ればあっちがダメ」状態
 だったらしく、結局クロ
 ーゼットの端っこに追い
 やったままになっている
 みたいですね。だから、
 オーダーメイドならイケ
 るんじゃないかというこ
 とで、今までの“ゆった
 り系”とは真逆なタイト
 フィット
のデザインパタ
 ーンをお選びになりま
 した。(挑戦笑)
 
 まずは、一着目のプロト
 タイプは、思いの外“二
                                             の腕”が発達していまし
                                             て“ちょいキツ”のようで
                                             したから、袖裾はゼロの
                                             まま袖幅を出してゆとり
                                             を持たせました。
c0177259_23473688.jpg
 &、これまた思いの外
 “胴廻り”に余裕があっ
 たので嬉しい“詰め”を
 施しました。(痩身笑)
 そして二着目では、二
 の腕のゆとりを考えて
 AHと肩幅がやや広く、
 チェストとウエストのドロ
 ップ差が大きい“54”の
 基本サイズを用いること
 にしました。
 &、トラウザーズはプロ
 トタイプの状態を視て、
 股上~渡り幅~膝幅を
 「おやっ!?」っと思う
                                             程度のゆとりを持たせ
                                             ました。
 素材は、最近では北国の盛岡でも“初夏から初秋まで”南国のような暑い日が続きますから、
 気性
が良くてシワになりづらく、さり気ない上質感を醸し出す「葛利毛織」のフレスコ~ポーラー
 から、ニッポンらしい色味の“紺”ストライプをお選びになりました。
 (ワタシ的にはこの二着目、かなり“完成度が高い”なと思って視ていましたが、ご本人着用され
  てみてどうなんでしょう!?「秋冬物も作りに来ますよ」と仰っていましたが・・・)

 ということで、最後のラストになりましたが、今回ご紹介した作品のご依頼人ですが・・・なんと・・・
 “〇〇御三家”アラフォー組の“先輩”になります50代前半、花巻のTKさんでした。(チャンチャン)






                       THE SARTORIALIST

                       Centro, Mexico City
 
c0177259_2365324.jpg


                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2013-06-07 22:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「毎日洗ってもシワにならない」 ~ “クールビズ”にもって来いだよ! 編


 かっけ~
 ってなに??東京弁だったの!?

 オラはてっきり“じぇじぇじぇ”みてにまだ岩手人の分がらね北三陸の“なまり”だど思ってらった・・
 んでも久慈のヤヅらにしては“トッポイ”(古い?死語?)ごどしゃべるじぇどフムフムってらった・・
 ホントに東京の人だぢ“かっけ~”っていうんだえんか?・・
 オラいまだかつて聞いだごどねえんだども・・
 “わげすたづ”(翻訳:若者たち)は使ってんだべか?・・ 都会の人、誰かコメントしてけで・・





 COTTON100% リンクルフリーシャツ
 
 夏場は毎日のように汗だくになりますからねぇ・・
 ドライクリーニングじゃあ汗落ちねえし・・
 百貨店や量販店のはちょっとなぁ・・
 素材の風合いと色柄には拘りたいよなあ・・
 シャツ一枚のスタイルってサイジングがものを言いますよねぇ・・

 クールビズが始まってこんな風に思っている人たち、結構いらっしゃるんじゃないですか!?
 今年から“女性”にも波及して6月~7月~8月~9月は“薄着のスタイル”に頭&体型を悩ませ
 ます。    
 毎日のことですからね、着心地も爽やかに~そしてスタイリッシュに仕事したいですね。
 だから、そんな“ビジネスマン”の人たちへお薦めします。
 ~水洗い専用~リンクルフリー(シワにならない)~爽やかな着心地~スタイリッシュに~ 



                             “毎日~洗濯機へGO!”

c0177259_19163169.jpg
 「クールビズ」
 呼び名は“クール”(カッ
 コイイ)なんだけど、実
 際カッコ良くしてる人っ
 て少ないですよねぇ・・

 今現在、“40柄”のシ
 ャツ生地をご用意して
 いますが、ワタシのお
 薦めは“ブルー系”
 色柄です。
 わりと誰でも“クール”
 に着こなせて、女性か
 ら見ても男性から見て
 も“好感度抜群”です。


c0177259_17432686.jpg
 オーダー標準価格
 ¥11,000+税

 ボディスタイル
 カラーデザイン
 カフス
 ポケット
 釦
 色々なオプション

 全て通常のオーダー
 メニューから選ぶこと
 が出来ます。

 「夏はこれでしょ!」 








             六月第一日曜日 “大盛岡神輿祭” ~サロンの窓から~

c0177259_18455553.jpg


c0177259_18463720.jpg


c0177259_1847434.jpg


c0177259_18481726.jpg


c0177259_1854124.jpg


c0177259_18544958.jpg


c0177259_1923254.jpg


                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2013-06-03 22:55 | オーダードレスシャツ&ネクタイ | Comments(0)