人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編


 秋の気配が・・・
 全くしないまま夏を終わろうとしている『一応“北国”なんですけど・・』の盛岡です。
 猛暑日に近い“真夏日”が9月に入っても続くらしいじゃないですか!・・?
 こうなったら、フツーの夏日になるまで“ショートパンツ&タンクトップ”で通してやるわい!

 そうは言ってもですね、お客さんたちからは9月、10月のイベントやセレモニーに向けてオーダー
 のご依頼がありますから暑いなんて言ってられませんよね・・。(笑汗)
 だから、ご提供しまっす!今季の秋冬物の“仕立て甲斐のある奴ら”が揃いましたよ~!
 生地バンチを捲っていると、ホントに真に、「メキメキッ~キシキシッ」って腕が鳴ります!

 今年の春にご提案してご好評を頂きました 岩手のスーツ」ください 
 キャンペーンも引き続き行っています。(初めての方には“なんたって”お薦めします)

 *春に行なってみて今後改定することが二つあります。
   一つ目は、一着目を限定した生地から選んで頂いて52,500円にてご提供ということにしていま
   したが、これからは、価格は56,700円から126,000円位の所で“ほぼ全種類”の生地を対象と
   させて頂きます。(内訳は“ほぼ原価”に近いということには変わりありませんが・・ ・・笑冷汗)
   二つ目は、一着目は“プロトタイプ”ということで“ほぼ原価”にてご提供させて頂きますので、
   仕立て上がり後に、二着目に向けて活かす“お直し”(上衣胴回りや下衣ウエスト、丈の出し
   ~詰め等の調整)を施した場合は、料金はお客さんの“ご負担”にて宜しくお願いします。
  





                            TUWAMONOスーツの素
 
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2132636.jpg
 葛利毛織工業

 今季も相変わらず、
 込めば着込むほど

 ジワリジワリと味わい
 が滲み出てくるような
 生地が揃っています。

 そして今季は、スーツ
 バンチに加えて“ジャ
 ケット&コート”
向け
 の生地バンチが単独
 でバーンと登場してき
 ました。(日本の毛織
 物の復活だ!)
 日本固有の“クールビ
 ズ”は別として、世界的にビジネスでのカジュアルスタイル化が顕著になっているようですね。

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2193389.jpg
 日本では“団塊の世
 代の自由化”で益々
 “ジャケット&パン
 ツ”
の需要が“増す”
 ことと思い“増す”よ!


 “葛利毛織工業
  100年の歩み”


 ・慶応元年
  木曽川町玉ノ井地区
  の庄屋であった「葛
  谷卯一」は、米農家
  と絹綿交織を業とし
  ていた。後に四男の
  「理一」が他界した長兄を敬い、自らを三代目と称し卯一の跡を継ぎ「葛理織布工業」を運営。

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21104731.jpg
 ・大正元年
  正式に創業する。
  昭和初期までは主
  にモスリンを製織し
  ていた。手織機から
  2巾、3巾織機を導
  入する。

 ・昭和7年~
  初めて「平岩式ショ
  ンヘル型織機(W
  巾)」を導入し、同時
  に現在のような“のこ
  ぎり屋根”の工場と
  宿舎を建設し、30数
  名の従業員と共に毛
  織物の生産を開始。
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2112491.jpg
  紳士背広地、礼服地
  とコールズボン、ドス
  キンなども生産。
  戦時中は陸軍用の
  軍服も一部生産して
  いた。

 ・昭和20年~
  終戦と共に本来の紳
  士背広服地を中心に
  製織し、取引先も大
  阪のみならず東京へ
  も広がり尾張の毛織
  物が有名になってい
  った。

 ・昭和24年4月~
  社名を「葛利毛織工業株式会社」とし、法人化する。フランス語で“制覇する”という意味を持つ
  “DOMINATION”から、自社ブランド「DOMINX」を立ち上げる。
  
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21132838.jpg
  規格密度の高い、
  主にダブルクロス、
  着物柄の背広地、
  フラノ等々、全般に
  英国風の重量感あ
  る生地(平均450g)
  の製織に力を入れ
  た。

 ・昭和30年~
  ウール100%の中
  にシルクを混入した
  織物など軽くて爽や
  かな商品も生産する
  ようになる。米国へ
  輸出の実績も得た。

 ・昭和40年~現在
  商品規格は英国に学び、カシミア100%から15.5ミクロンの羊毛を織物にした商品や英国羊
  毛を混入したタイプのものまで、幅広く生産できるようになった。
  現在、イタリア向け輸出の実績を積み上げ中。

 現社長 「葛谷幸男」氏の談
  『先人の意思を継ぎ、小さな一歩からでも
               志は高く 世界を目指して拡げていきたいと思っています』

 *メーカーの資料から抜粋しました。






“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21145796.jpg
 使い勝手のイイ奴 「WOOLMEISTER」

 今季もリーズナブルなところで、お手軽にお手
 頃に皆さんのご注文をお待ちしております。

 ジャケット~パンツ~コート~ヴェスト~

 カジュアル化が進むにつれて“増す増す”
 単品のオーダー!

 お値段も既製品とさほど変わらないのなら
 作る楽しみ~装う愉しみを味わえる
 「パターンオーダー」は“大人”って感じです。

 ニッポン~イタリア~スコットランド~

 今年こそ“注目のチェック柄”に挑戦してみて
 はいかがですか!?

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21164390.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21171392.jpg






    “欧州の精鋭たちもやって来た!”
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2120104.jpg
 「DORMEUIL」 England
 「Ermenegildo Zegna」 Italy
 「Loro Piana」 Italy
 「FINTES」 Italy
 「CANONICO」 Italy
 「TOLLEGNO」 Italy
 「ROBERT NOBLE」 Scotland
 「JOHNSTONS」 Scotland
 「PURO」 Italy
 「Harris Tweed」 Scotland

 こちらの“欧州精鋭シリーズ”は、ニッポンの
 “羅紗屋”さんが押さえていますので、「イタリア
 では“バカンスに入った”ため一ヶ月ほど出荷
 できません」なんて“能天気”なことはありませ
 ん。(交代で休めよ!イタリア人!ったく笑)
 どうぞご安心くださいませ。
 *ほんの一部をご紹介しています。

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2122568.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2119337.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21253615.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2122408.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21524245.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21245729.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21542692.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2155250.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21562054.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_21565849.jpg

                       for Jacket&Coat

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2159151.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2159343.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2203921.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2211742.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2222576.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_223964.jpg
“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2234887.jpg“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2241965.jpg





                          「CASHMERE」&「CAMELHAIR」

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_22676.jpg
 「Caccioppoli」 
 Nr. 5005

 今季も継続していま
 す。 昨シーズン、
 CAMELHAIR」を
 狙ってた人たち
 
 今シーズンは“満面
 の笑み”でお待ちし
 ています。(にかっ)

 「DRAPERS」
 「EUROTEX」
 も継続しています。


 
 ☆今シーズンも“お早めのご予約”お待ちしております。 






                       2012 夏の思い出

                 “中津川を遊ぶ” ~サロンの窓から~

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_2222789.jpg


“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_22224312.jpg


                        “夜の浄土ヶ浜”

“仕立て甲斐のある生地たち”が来た!~ 来たっ!~ 来たぁ~! 「腕が鳴るぜぇ」 編_c0177259_22232090.jpg



                                                See you again

by itsformen | 2012-08-31 22:00 | 新着!お誂え向け | Comments(0)

「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編


 猛暑~酷暑
 残暑なんてもんじゃない!
 冬には氷点下10数度にもなる盛岡には似合いませんよ、猛暑なんて!
 あまりの暑さに、今月は1日からずーっと“ショートパンツ”で通しています。
 親戚のご法事の時に“ブラックスーツ”を着用した以外は、ショーツ~ショーツ~ショーツです。
 お客さんたちには、秋冬物の【IHATOVジャケット】や【TUWAMONOスーツ】を売っておきながら
 ・・・ でも、耐えられませんよね、この暑さ!9月に入ってもまだまだ続きそうな“真夏日”ですから
 ね。なので私的には、まだしばらくはショーツ~ショーツ~ショーツで行きまっす!(短丈笑) 
 
 (今年も熱かったですね、“熱闘甲子園”!結果は残念なことに“予想通り”関西の横綱に軍配が
  上がりました。東北人が数人程度では、やはり“関西×関西”の様相は拭えませんでしたね。
  地元の東北人を中心としたチームで優勝旗を取りに行った時こそ、本当に“白河越え”が可能に
  なるのではないですかね。地元の子供たちを“有望選手”に育て上げることの方が学校の評判
  は上がるし、経営的にも良い方向へ行くと思いますけどね。生意気笑)





                              “僕のウェディングに”

「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_2251161.jpg
 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKJ‐A クラシック」
 48
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ
 腰P~両玉縁チェンジ
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 サイドベンツ
 ・別注裏地 ブルー
  OP+¥2,100
 
 「RCVZ」 46
 6釦5掛け ヴェスト

 「SPT-NT-P」 86
 パンチェリーナ タイプ
 ノンタックトラウザーズ

 ローマ「EUROTEX」
 made in ENGLAND
 トロピカル
 Super 120’s
 ブライトネイビー
 ×グレイ ストライプ
「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_22192978.jpg
 オーダー標準価格
 ¥147,000


  
 “ドレスシャツ”

 ユーロスタイル
 「ウィンザーワイド」
 「大丸」カフス
 ・白蝶貝釦
  OP +¥1,050
 イタリア「canclini」
 ブロード 120/2
 パウダーブルー

 オーダー標準価格
 ¥17,850



 “オーダーネクタイ”

 「セッテピエゲ」
 (七つ折り)
 ニッポン式~薄毛芯
 ~裏共地
 全長 148cm
 大剣先幅 8.5cm
 ソリッド ロイヤルブルー
「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_2255015.jpg
 オーダー標準価格
 ¥19,950



 髪型を“アンシンメトリ
 ー”に変えたところで
 強い個性は変わるも
 のではありません。
 皆さんにもお分かりと
 思います“オヤブロ”
 の常連さんですね、
 「僕のウェディング
 着るんですけど、家族
 と親族だけでやるんで
 挙式の後の会食で着る
 “スリーピース”を作りた
 いんです」ということで
「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_2213276.jpg
 今回は、タイトフィット
 なスタイルはそのまま
 に、グッとクラシック
 な雰囲気
を醸し出し
 てお色は初挑戦の“ブ
 ルー系統で攻める”こ
 とをイメージしてお作り
 になりました、30代半
 ば鉄蔵.com盛岡の
 FNさんの作品です。

 まずは「ご結婚おめ
 でとうございます」

 ご自身のブログでも
 “世界へ向けて”発表
 していましたが、今年
 の春にハレて“ご入
 籍”
されました。
 両家のご両親公認の
 同棲生活から、今は
 “本物の夫婦生活”を
 満喫?しているようで
 すね。(現実笑)

 さあ、明日はいよいよ
 日本有数のリゾート地
 安比高原にて“僕
 たちのウェディグ”

 始まりますね!(omedetai笑)

「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_229642.jpg
 それにしても、この佇まいといい表情といい
 いいでやんすよ!
 幕末の頃、土佐の「坂本龍馬」が水平線の彼
 方を見据えていたように、南部の「鉄蔵」も今、
 世界を見据えています。
 中国とのビジネスは、今年の初めから“ガガー
 っときて”てんやわんやな状況も落ち着き始め
 てきたところ、(私の勝手な妄想ですが・・笑)
 次のターゲットは、なんだかんだ言っても底力
 のある“質の市場”では世界№1ではないです
 かね、「New York」での活躍を期待します。

 ちょっと前まで、斜陽な伝統産業の枠の中に
 入っていたのですが、この一、二年のところで
 “成長伝統産業”の枠を新たに作ることが出
 来るまでに盛り返しているようですよ。 
 新規の鉄瓶職人を募集している釜屋さんも
 あるようですね。がんばれ!南部鉄瓶!

「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_229426.jpg
 こちらの“黒のプレーントゥ”は、FNさんのお祖
 父さん
の形見なそうです。
 婚約を機に実家の“蔵”を整理していたところ
 “出はって”きたみたいですね。
 トゥに気になるキズはあるもののアッパーの状
 態は良好でしたから、盛岡の「菅原靴店」さん
 に依頼をして革底を張り替えたようです。
 当時の靴としては、足踏まずの所グイッと食い
 込むアーチの曲線がヨーロッパ的で、メーカー
 は分からないようですが、感性の良いニッポン
 の靴職人にオーダーしたのではないか?との
 ことですね。やや大きめのサイズのようですが
 “中敷き”で調整してウェディングに臨むよう
 です。(お父さんには小さくて入らないみたい)
 そんなお祖父さんは、“盛岡の東京駅”が本店
 だった頃の岩手銀行にお勤めだったとか。
 こんな素敵な靴を履きこなす人なら、ネイビー
 かチャコールの“バンカーズストライプの三つ
 揃い”
で颯爽と仕事をこなしてたんでしょうね。

 *靴と言えば、FNさん、外国から南部鉄瓶を個人輸入されるお客さんが多いので、自分も何か
  “個人輸入”してみようと思い、イギリスの靴メーカー「CHEANEY」の直営サイトから購入した
  ようなのですが、関税と諸経費合わせても日本の小売価格の“6割強”で済んだようです。
  これってハッキリ言って卸価格と同じですよ!(笑汗)超円高な状況が続いているにも関わらず
  逆に、欧州の高級品は価格が釣り上がっています。(唖笑)
  靴は洋服と違って自分に合った木型が決まれば、革サンプルを送ってもらったりデザインはネッ
  ト上でのやり取りである程度はやれちゃいますからね。
  今ウチのサロンに来ているお客さんだけでも、イチ、ニ、サン、4人いらっしゃいますよ“直買い”
  してる人たち。この先、今の50歳前後から上のOYAJIたちが“お年寄り”になる頃には“舶来品
  依存症”の人口が半減してしまうのは目に見えていますから(逆に若い人たちは誇りに思える
  日本製品
を求めています)、輸入業者の人たちは今までのルートを活かして、半分を“拘りの
  日本製品”を輸出する方向に転換したらどうですかね。時代は大きくうねり始めました)







               “猛暑が続くモリオカの空” ~サロンの窓から~

                    猛暑はもういっしょ・・・(寒汗)

「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_22263035.jpg


「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ・・・したって?」~「えっ・・・あした!」 omedetai 編_c0177259_1945191.jpg



                                                See you again

by itsformen | 2012-08-24 23:00 | 自分スタイル | Comments(0)

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編


  暑中お見舞い 申し上げます。
 (しつこいってが!?まんつさっ笑)
 え~ “熱闘甲子園”も始まり、ん~ 私的にはあまり残念感はなく、まあ 予想通りというか・・・
 いずれにしても、SSのDNAが無くならない限り甲子園での一勝は有りえないと思います。
 まっ、そんなことはいいとして、何と言ってもこの夏は「LONDONオリンピック」が熱いでしょ!
 「なでしこジャパン」は金メダルは逃したものの、実力はやはり世界トップレベルですし、とにかく
 日本女子の活躍が素晴らしいですね!昨日の女子レスリングの金メダリスト「小原日登美」選
 手も凄いですね!感動しました!“バックストーリー”も知ると尚更「頑張れ!」って思いますね。




                         ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_1749270.jpg 日本経済は失われた
 10年とか20年とか
 言われて久しいです
 が、世界のファッション
 界も同様で先進の欧
 米も日本もダメダメな
 状況が続いていて、
 これといった“新しい
 もの”が生まれなくな
 っています。
 ですから、特にメンズ
 スタイル
は毎年~毎
 年~毎年~洋服の元
 祖である“ミリタリー
 &ワークウェア”
をア
 レンジしたスタイルが
 今年は~今年は~今
 年は~と言いながら
 “毎年同じ様なスタイ
 ル”がファッション誌を
 席巻しています。
 ということはですよ、皆
 さん!
 “OYAJIたち”にとって
 は好都合!若い頃の
 ように“血眼”になって
 流行の最先端を行く
 必要もなく、落ち着い
 て~じっくりと~上質~良質なものを揃えていけば良いわけです。

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_1750065.jpg 恐らくこの状況は、あと10年以上は続くと思わ
 れますから、決して「安物買いの銭失い」に陥
 らないよう十分気を付けながら“自分スタイル
 を愉しむ”
ことをお奨めします。
 
 そして、“エコリフォーム”とはですね、ロング
 パンツで出番の無くなった“MY古着”を、「ショ
 ートパンツ」
にリフォームしても面白いですよ
 ということです。
 写真上は、昔の「KENZO HOMME」のNTを
 寸法を測ってみたら渡り幅33.5cm~膝幅2
 4.5cmでしたのでそのままストンと切り落とし
 て、さすがにウエストは目一杯出しましたが・・ 
 写真右は、昔の「tabloid news」のカーゴパン
 ツでウエストと裾が“ドローストリング”のタイプ
 を膝下からストンと切り落としただけです。
 
 気に入ったモノを永く愛用することが“本物の
 エコロジー”
と言えるのではないですかね。

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_1747222.jpg “ミリタリーなシャツ”
 
 OP ・ダブルポケット~ボックスプリーツ
    +¥2,100
    ・エポーレット(肩章~肩飾り)
    +¥1,575
     ・高瀬貝釦
    +¥525

 イタリア「besani」
 「ワイド」カラー
 半袖~ターンバック
 ユーロ “Uボトム”

  オーダー標準価格
 ¥16,800




ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17475883.jpg “究極のカノコ素材”

 イタリア「besani」
 MAKO 70/2~ハイクォリティ コットン
 「filodiscozia」~ダブルシルケット加工

 「filodiscozia」の特徴
 ・強撚糸で構成されているため、単糸の2倍
  の強さがあります。
 ・汗をかいた時も繊維が誇張することで、汗の
  吸収力が高まり乾きやすくなるので、とても
  快適な着心地を得られます。
 ・加工前の発色の鈍い繊維の表面を焼くこと
  で、他の余分な繊維を除去する作業を施し、
  鮮明な発色を可能にしています。
 ・体の動きにフィットして、どんなに洗っても型
  崩れせずによじれません。
  いつもエレガントを保ちます。

 (究極に着心地がグッドです!もっと早く
  『こしぇどげばいがった』と思いました。
  勿論、これからロングスリーブもOKですし、“シャツジャケ”でもイケますね、こりゃあ!)




                           “ダブルポケット&エポーレット”

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17504878.jpg “リネンづくし”

 白 アイリッシュリネン
 「ショートワイド」カラー
 「ノーブル」カフス
 ダーツ “Uボトム”
 OP ・ダブルポケット
    &エポーレット
    
    +¥3,675
    ・王冠刺繍
    +¥1,050
    ・高瀬貝釦
    +¥525
 オーダー標準価格
 ¥15,750

 酔っぱらうと“ガキの頃”に戻ってしまうクセがありまして、都会育ちの奥さんに・・しかもこの歳に
 なって・・なった気を使ったらしく・・私も思わず爆笑しながらブログを拝見しまして・・・愉快笑)、
 『なった気』というのは“ガキの頃”相手にケンカを売る時に、「おんめぇー なった気してんじゃねぇ
 デッチるぞ!」という具合に使う“常套台詞”みたいなもので、大人になってからはさすがにヤクザ
 だって使うことのない“懐かしい文句”を甦らせてしまった50代前半、盛岡のTAさんの作品です。



ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17512774.jpg 「canclini」づくし

 ネイビー ホップサック
 イタリア「canclini」
 「カッタウェイ」カラー
 半袖~ターンバック
 ユーロ “Lボトム”
 OP ・ダブルポケット
    &エポーレット
    
    +¥3,675
    ・白蝶貝釦
    +¥1,050
 オーダー標準価格
 ¥17,850

 今頃は「ミネアポリス」 
 でワイワイ楽しんでますかね、アメリカ人の友人から“結婚式にお呼ばれ”されて奥さんの方は、
 「日本人なんだから“着物”で出席してよ」と要望され、そう言われても向こうで着付けが出来るわ
 けでもなく・・色々思案して・・実家の母親と企み・・洋服のようにワンタッチで着られる・・しかも使
 い捨て可能な・・“キモノ”を考案して臨んだようですね。
 「どうせアメリカ人だばわがらねべさ」と言っていました。(笑汗)
 まあ、そのあとはねぇ~ ご夫婦で“アメリカ大陸横断旅行”なそうですよ~ 羨ましいねぇ~
 こちらは、そんなこんなの40代半ば、滝沢のFAさんの作品です。







                   “立秋の空” ~サロンの窓から~

                          雲がクモいね

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17522022.jpg


                          黄昏る瞬間

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17531745.jpg



  <お盆休みのお知らせ>

  8月13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)

  お休みさせて頂きます。


                                                See you again

by itsformen | 2012-08-10 23:30 | オーダーカジュアルシャツ | Comments(0)

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編


 暑中お見舞い 申し上げます。
 盛岡の夏祭りを代表する「さんさ踊り」も盛大のうちに終わり(何でもあの『東北六魂祭』を上回る
 人出だったとか・・・)少しは暑さも冷え込むと思いきや、「ロンドンオリンピック」での敢えて“ゴー
 ルド”を避けるような“メダルラッシュ”に沸く日本選手たちの大活躍のお陰と、“北国の夏”では耐
 え忍ぶには酷過ぎる“ほぼ猛暑日”が続く毎日で、“ガンギリ”と冷えた“ガリガリくん”も直ぐ
 様“サクサクくん”に変わってしまうこの暑さ~熱さ~あつさ(私は完全に溶けています~笑汗)、
 皆さんも“熱中症”などで救急搬送されることなく、無事にこの夏を楽しめるよう頑張りましょう。





                             “夏ノ暑サニモマケヌ・・・”

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_4172583.jpg 雨ニモマケズ、風ニモ
 マケズ、雪ニモ・・・
 負けぬ自信はあるの
 ですが・・・。
 “夏ノ暑サニモマケヌ
 ヨウナモノニ、ワタシハ
 ナリタイ”

 もう、こんな感じですか
 らね、私は夏の暑さは
 “大の苦手”なのです
 よ。なので、“梅雨が
 明けたら”ほぼ「ショ
 ートパンツ」
で過ごし
 ます。

 今夏は特に、“ファッシ
 ョンOYAJI”たちが挙っ
 て「ショートパンツ」
 提案していましたが、
 “若者たち”は別として
 一般のOYAJIは、まだ
 まだ“アウトドア&スポ
 ーツ”系の“ハーフパン
 ツ”で過ごすのが主流
 のようですね。(笑汗)
 
 “お決まりのパターン”
 がありまして、OYAJI世代は提案した“翌年から”本格的に普及に入ります。(来夏笑)

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_418599.jpg “羽織りのシャツ”
 
 イタリア「canclini」
 ブルーが綺麗プリント
 「スチュアート」カラー
 ユーロ “Lボトム”
 OP ・エポーレット
    +¥1,575
    ・高瀬貝釦
    +¥525
 オーダー標準価格
 ¥17,850

 夏には“羽織りのシャ
 ツ”がお薦めです。
 シャツ一枚で着るよりは、
 インナーに“タンクトップ”などを合わせておくと“涼しさを感じられる”し、何と言ってもOYAJIの
 “デッパラ”を巧く上手に隠してくれます。(巧笑)

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_4193597.jpg 春に作っておいたお気に入りの花柄プリント 
 シャツ
を羽織っても“バッチリグッド”です!
 肌触りが“ガーゼっぽい”感触ですから、とって
 も“気っ持ちいい”ですよ!
 
 「ショートパンツ」の裾は、“ペロン”とひと捲り 
 した感じも“スッキリ”見えていい?ですかね。
 ショートパンツの股下寸法は、ひと捲りして丁
 度いい所に設定しておくのがベストだと思いま
 す。
 今回ご紹介している“ショーツ向け”の生地は
 常時50~60種類ご用意していますが、その
 中でも“カラバリ”が豊富で“質もお値段も”標
 準的な「コットンツイル」を用いました。
 こちらも“カジュアルシャツ”と同じ様に迷うこと
 なく“洗い晒し”で穿いてください。

 来夏は、“ショーツOYAJIたち”でいっぱいに
 なるかなぁ~!?

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_4201786.jpg “カジュアルシャツ”
 「テーラーカラー」
 ブルーが綺麗な花柄プリント
 イギリス「acorn」
 
 オーダー標準価格¥17,850


 「ショートパンツ」

 0タック スタンダード 48
 股下30.5cm
 裾幅23.5cm
 OP ・STテープ ~ オビ&ピスP +¥2,625
    ・尾錠 +¥2,100

 ツイルコットン シリーズ 全12色

 オーダー標準価格¥15,750

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_421261.jpg こちらは、今や“盛岡のおかわりくん”とアダ
 名が付きそうなくらいの勢いがありまして、同
 じ色の同じ生地を用いて“ぺっこのアレンジ”
 は施すものの「この間のヤツと同じで」と、“気
 に入った獲物”とはとことん付き合う“情の深
 さ”が功を奏して意外とモテるんです、“銀座
 遊びが大好き”な50代前半、盛岡のツーさん
 の作品です。

 特に意識したわけではないんですけど、シャツ
 もショーツも好みがバッチリ合ったというか・・・
 でも、幸いというか・・色違いなんですよねぇ・・
 私はブルー系がシックリくるし、ツーさんはピン
 ク~レッド系がホントに“バッチリグッド”にハ
 マります。

 今度、若い頃に戻ったつもりで“色違いのお揃
 い”で大通りでも流しましょうか!?(遊笑)

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_4214230.jpg “カジュアルシャツ”
 クレリック ~ 「カッタウェイR」
 ピンクが綺麗な花柄プリント
 イギリス「acorn」
 オーダー標準価格¥17,850


 「ショートパンツ」

 0タック スタンダード 52
 股下32.5cm
 裾幅23.5cm
 OP ・TMテープ ~ 脇P&ピスP&ウォッチP 
    +¥3,675
    ・カーゴポケット プラップ +¥1,260

 ツイルコットン シリーズ 全12色

 オーダー標準価格¥15,750







           今年も盛り上がりました “盛岡さんさ踊り” ~サロンの窓から~

“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_22272761.jpg


“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_22281427.jpg“ショートパンツ”にて ~ 「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_2228455.jpg



  <お盆休みのお知らせ>

  8月13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)

  お休みさせて頂きます。


                                                See you again

by itsformen | 2012-08-05 23:50 | オーダージャケット&パンツ | Comments(0)