<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「夏はコットンスーツが好いなぁ」 ~ 「もうひとっつ、いぐがな!」 &夏が来た! 編


北国の夏
たったひと月足らずなのに、やけに長く感じる“北国の夏”が始まりました。
夏と言えば、“高校野球~熱闘甲子園”がありますが、今年の岩手代表は・・誠に残念ながら・・盛岡大付属を応援している方々には悪いですが、本当に残念ながら“花巻東”ではありません。
やはり、高校野球というものは出身中学が“縁もゆかりもない”都道府県で列挙されると、素直に応援出来ないのが“人情”だと思います。
今や情報化社会ですから甲子園に出場できなくても、大リーグからでもスカウト陣がやってくるのですから、他の競技とは違う日本の高校野球“らしさ”を貫いてほしいですね。

そして、熱狂の眠れない夜が続きます「LONDONオリンピック」も始まりました。
開会式、観ましたよLIVEで、私にしては珍しく朝5時に起きて、見逃すまいと思いましたからね。
歴史~伝統~現在~を表現した演出、さすがに“英国らしく”素晴らしかったですね。    
洋服もそうですけど、世界の経済~文化~スポーツの“元祖”である英国の重さを改めて感じました。
最終の聖火ランナーを“若者たち”に託すところは感動しましたね。素晴らしいことだと思います。
やはり、常に新しい時代を築き上げてゆくのには“ワゲスタズ”の力がものを言います。
そして、最後に登場した70歳の「ポール・マッカートニー」が熱唱した「Hey Jude」
色々様々な意味にとれる「ヘイ・ジュード」ですが、今ここで歌われたというのは世界のみんなへ向けて励ます“応援歌”のように聞こえました。
それにしても、半世紀が経ってこんなにも“ロック”が市民権を得るとは・・、当時の“悪ガキども”は想像もしていなかったですね。

(ああ、それからですね、何かと物議を醸した『Ralph Lauren』がデザインしたアメリカ選手団の衣装ですが、もろ“ラルフって感じ”がして一番“英国らしさ”を醸し出していた気がしました。
それにしても、米国の政治家もアホですよね、『ラルフ・ローレン』といったら“made in CHINA”がお得意様だってこと知らなかったんですかね・・?)





               “夏にはコットンスーツ ~ もうひとっつさ”

c0177259_20502622.jpg
Sartoria PLUM
仕立て

「オーソドックスⅠ」BE5
シングルブレスト
ノッチドラペル
3釦段返り
ナチュナル ショルダー
垂れ綿~極薄
胸P~バルカ
腰P~フラップ チェンジ
7㎜ ピックステッチ
袖口本切羽 4釦
サイドベンツ
・ライト仕様(軽量)OP+¥5,250
 
「パンチェリーナtype」 94
ピスP フラップ付き
0タック トラウザーズ

「WOOLMEISTER」
コットンソラーロ 杉綾
ストレッチ素材    
オーダー標準価格
¥107,100

c0177259_20513027.jpg
「コットンスーツ、でぎるっけが!?」
「今までの何着かあるけど、どうもシックリくるのが無くてさ!」
「やっぱり夏はコットンスーツが好いなぁ」

<もちろん出来ますよ!オーダーですから>
<コットン素材でしたらストレッチの利いたイイ感じのがありますし、フツーのツイルから麻と混紡のものまでひと通りあります。カラバリも豊富ですよ!>
c0177259_20522715.jpg
と、こんな会話を事前に電話でさせて頂きまして、初夏に間に合うように“照準を合わせて”オーダーくださいまして、やはりその辺が流石ですね、段取りがいいですし、準備を怠らない姿勢、“夏にコットンスーツ”というのもお客さんたちに“夏らしさ”を感じて貰うのが本筋ですから(まあ、ご自身も気分が良いのでしょうけど)長年“トップセールス”としてご活躍されているのがよく分かります。
今回は、そんな50代前半、盛岡のTSさんの作品です。

c0177259_20532038.jpg
そして、今シーズンは「もうひとっつ」頂きましった!
コットンスーツをお引き取りにいらした時に、「やっぱりねぇ、オレの定番色“紺色”のも欲しいんだよね」「これだば10月ぐらいまで着れるんでね、いつも通り総裏にしてさ」「嫁さんさは、前がらあったってうまぐ誤魔化すしかねっか・・」

ということで、“もうひとっつ”もオーダー頂きましたが、TSさんのトラウザーズのデザインは段々進化しています。
ウチでは2タックから始まって次が1タックで、今年のコットンスーツから“ノンタック”に挑戦しましたが、穿いて慣れてしまえばスッキリとしたシルエットになりますから結構良いみたいですよ。

c0177259_20545089.jpg
Sartoria PLUM
仕立て

「オーソドックスⅠ」BE5
シングルブレスト
ノッチドラペル
3釦段返り
ナチュナル ショルダー
胸P~バルカ
腰P~フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
サイドベンツ
・別注裏地 ペイズリー OP+¥2,100
 
「パンチェリーナtype」 94
ピスP フラップ付き
0タック トラウザーズ

イタリア「EUROTEX」
made in ENGLAND
トロピカル
Super 120’s
ネイビー×ブルー
ストライプ    
オーダー標準価格¥126,000
c0177259_2194494.jpgc0177259_21102894.jpg







          “北国の夏が始まった” ~サロンの窓から~

c0177259_20565711.jpg


 女子中学生?部活中? ~ 凄い“歓声”が聞こえてきて暫く眺めていましたが・・??
  
c0177259_20574935.jpg


 “夏の土日”は毎週こんな光景が見られます ~ (マイクロバスで来るんですっけ・・)

c0177259_20583396.jpg


   “ロッソ”に染まる夏の夜には ~ 冷やしておいた“ビアンコ”がよく似合います
 
c0177259_2059530.jpg



 盛岡さんさ踊り 8月1日(水)・2日(木)・3日(金)・4日(土)

 もうすぐです! どうぞ おでってくなんせえ~





~ 自分とは ~  「安岡正篤」 一日一言より

7月24日 お題 “自分” その壱

自分というものは良い言葉である。
ある物が独自に存在すると同時に、また全体の部分として存在する、自分の自の方は独自に存在する、自分の分の方は全体の部分である。
この円満無碍なる一致を表現して「自分」という。
われわれは自分を知り、自分を尽くせば良いのである。
しかるにそれを知らずして自分、自分といいながら、実は自己自私を恣いままにしている。
そこにあらゆる矛盾や罪悪が生ずる。

7月25日 お題 “自分” その弐

そういえば、何でもないようで、実は自分を知り、自分をつくすことほど、むずかしいことはない。
自分がどういう素質、能力を天賦されているか、それを称して「命」という。
これを知るのを「知命」という。
知ってこれを完全に発揮してゆくのを「立命」という。




                                 See you again

                         
[PR]

by itsformen | 2012-07-28 23:40 | オーダースーツ | Comments(0)

【Sartoria PLUM】の「アンコンジャケット」 ~よりカジュアルに~ &奇祭 編


 出会い
 のチャンスは自ら行動すれば今やあちこちに転がっているようですね。
 “婚活ビジネス”の業者の数も増えているようですし、その宣伝広告もチラシからネットまで至る所
 で目にしない日は有りません。
 そんななか、今話題の“街コン”や市町村が主催する“婚活パーティー”が功を奏しているみたい
 ですね。
 ウチのお客さんのTSさんもその一人で、ず~っと婚活に精を出していたのですが、ついに、春先
 に行われた盛岡の商工会主催の“わんこン”で出会ってから、速攻~速攻~速攻で事が運んで
 いるようですよ。
 そういった団体戦のワクワクする楽しさもイイですが、最近耳にしたのは“勝手紹介”という婚活
 の手法があるようです。
 自らというよりは、本人たちの“難解で高すぎる条件を無視”して、周りが勝手に「この二人良いん
 じゃない」と“周りの見立て”を重視したフィーリングで紹介するという、“お見合い”よりもフランク
 な形でくっつけるやり方みたいですね。(次は、この手法でやってみますか!?) 





                           “一張羅のアンコンジャケット”

c0177259_111515.jpg
 Sartoria PLUM
 仕立て

 「ICS35‐3B‐5
 クラシック」 58
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 肩パット~垂れ綿~
 ナッシング
 胸増芯
 胸P~バルカパッチ 
 腰P~フラップパッチ 
 7mm&コバステッチ
 袖口本切羽 4釦 
 センターベント
 ・総ステッチ&ライト
  仕様~ICS35専用
  OP+¥10,500
 ・ナット釦(すり鉢型)
  OP+¥2,100

 「WOOLMEISTER」
 イタリア「SONDRIO」
 コットン55%
 リネン45%
 
 オーダー標準価格
 ¥94,500

c0177259_13523.jpg
 「こんな感じに出来な
 いですかね!?」
 と、雑誌「LEON」の中
 の「ボリオリ」のサファ
 リタイプのJKを指して
 リクエストを出してきま
 した。(ふむふむ・・)
 パッと見るなり、・・・。
 (製品洗いのガーメト
  ダイでアタリがガンガ
  ン出てるし、袖口はタ
  タキの仕上げだし、フ
  ラップは釦留めだし、
  そして、何と言っても
  “既製品”だし・・・汗)
 要は、シワも気にせず
 に“くたくたクタっと”
 着られて、ほぼ毎日
 “JEANS”に合わせる
 “相棒”が欲しいとい
 うことで、「こんな感じ」
 になりました。(緩笑)

 昨年の大震災から一
 年経って、少しずつで
 すが復興に向って前
 に進んでいるようです
 ね。(応援笑)
 今年は、いよいよもって「着るものが無い」ということでお作りになりました40代前半、三陸海岸
 のKFさんの作品です。

c0177259_151192.jpg
 KFさん、震災の日に
 着ていたウチで初めて
 オーダーしたジャケット
 といつものジーンズで
 この一年過ごされたよ
 うですね。(大袈裟笑)
 何しろウチのお客さん
 の中では一番ビッグ 
 なものですから当然世
 間でもBIGなわけで、
 当初は、盛岡の“ヤマ
 町界隈”に連なる“専
 門店”で揃えたらしい
 のですが、好いなと思
 って広げてみると・・・
 “ヤンキーの兄ちゃん”
 が好きそうな柄が入っていたりで、“悶々とした毎日”を送っていたらしいですね。(もう大丈夫笑)
  
 KFさん、お隣の秋田日本海のご出身なのですが、岩手沿岸の地域医療に尽力することを決意し
 て“三陸の海に骨を埋める覚悟”で開業されたのでしたが、無念にも被災されてしまいまた一から
 というかマイナスからのスタートとなりましたが、三陸の地域医療に懸ける想いは揺るがず今懸命
 に頑張っています。
 お会いする度に体型が変わりやすい“気になるタイプ”なお方なものですから、どんな所でやって
 いるのかそっちの方も気になっていましたから、今回のジャケットは釜石の仮設診療所までお届
 けに上がりました。
 仮設と言っても私が想像してたよりも遥かに“立派”で、ジャケットもOKでしたから少し安心して
 帰ってこられました。
 でも、釜石の街から大槌~山田と通ってきたのですが・・・、三陸では比較的復興の早い宮古し
 か見ていませんでしたから、実際に目の当たりにすると「本当にまだまだこれから始まるんだな」
 という実感をしみじみと感じてきました。
 だから、KFさんには本当に頑張って頂きたいですし私の出来ることは応援したいと思います。
 だからやっぱり、町の復興計画が早く決まることもそうなんですが、先ずは“嫁っこ”!
 5年も6年も待ってられないでしょう!?震災前は後継ぎのことも考えていたんですから。
 志のある女性だな。一緒に築き上げていく意志の強い人。(勝手紹介かぁ・・・)



                             “カジュアルなシャツたち”

c0177259_16262.jpg
 右 “ヴィンテージ
    オックスフォード”
 アメリカンスタイル
 「ニューイングランド」
 「小丸」カフス
 OP
 ・ハンドステッチ  
 ・茶蝶貝釦
 ・釦ホール&付け糸
 ・スプリットヨーク
 ・肩幅~ウエスト調整
 オーダー標準価格
 ¥10,500

 左 “三子糸
    オックスフォード”
 アメリカンスタイル 「ドレスB・D」カラー 「角落ち」カフス OP・茶蝶貝釦 ・スプリットヨーク~
 ~・釦付け糸 ・共地ポケットチーフ ・肩幅~ウエスト調整  オーダー標準価格¥10,500


                          “夏のシャツ&桃太郎ジーンズ”

c0177259_17179.jpg
 全て L型ボトム
 アメリカンスタイル
 肩幅~ウエスト調整
 右 
 イタリア「canclini」
 「ショートワイド」
 Wフラップ&プリーツP
 黒蝶貝釦
 オーダー標準価格
 ¥17,850
 中
 ニッポン“LINEN”
 「スタンダードワイド」
 コバステッチ
 茶蝶貝釦
 オーダー標準価格
 ¥13,650
 左 イタリア「canclini」 「ニューイングランド」 白蝶貝釦  オーダー標準価格¥17,850
 
 桃太郎ジーンズ G003‐MZ クラシック ワイドストレート 42㌅ ¥25,200






       ~先週の出来事~ 盛岡の奇祭 “淡島金勢祭り” ~サロンの窓から~

                        けっこうリアルです
             
c0177259_124373.jpg


          何事も予行演習が大切・・? リズムに乗って 「えっさあ ほいさっ」 

c0177259_125410.jpg


                  いざ “本番”へ 子孫繁栄を祈ります
 
c0177259_1255441.jpg


c0177259_126562.jpg

          “まぐわいの儀” サロンの窓からは“茂み”に隠れて見えません




 盛岡さんさ踊り   8月1日(水)・2日(木)・3日(金)・4日(土)

 もうすぐです! どうぞ おでってくなんせえ~



                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2012-07-21 23:50 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

夏の「オーダーパンツ」 ~“クールビズ”が当たり前になるのなら~ 「作ったらいいさ」 編


セールからの脱却
まあ、ウチの場合は「オーダーメイド」を始めた翌々年の10年前から“脱却”したわけですから“今更”という感じですが、“なんぼかぺっこ”悪しき習慣から抜けだそうとしているのですかね。
お客さんにとっては、適正な価格と適正な形で提供されることが一番良いことであって、セール価格でも儲けを取れる上代設定や常軌を逸した早すぎるセール時期には「もう、うんざり」な感がありましたからねえ。
でも、既製品には“セールはつきもの”ですから適正な形であれば良いのではないでしょうか。

*(それにしてもですねえ、注文を受けてから作り始める『オーダーメイド』でですよ、“安売りの宣伝”をバンバンかけて客寄せをしている“百貨店”と“イージーオーダー店”のやり方というのもどうかと思いますが・・・ それに“ホイホイ”と寄っていくお客さんがいることも確かなわけで・・・幸い、ウチのサロンにはそういう人たちは来ないようですから、安心しています。適正笑)





                    “夏のオーダーパンツ”

c0177259_2094765.jpg
Sartoria PLUM 
仕立て

「パンチェリーナ type」82
腰囲86㎝
裾幅18㎝
カブラ幅5㎝

「WOOLMEISTER」
ウール90%
モヘア10%
オーダー標準価格
¥26,250


c0177259_20103631.jpg
「INCOTEX」や「PT01」などのインポート物なら“3万円超え”なものですから、生地を上手い具合にチョイスすれば作った方が良いわけですね。
しかも、既製品ではウエストと裾幅の寸法は絶対的に連動していますから、ウエストを出したり裾幅を詰めたり“お直し”が入ったりすると料金がそれぞれで“2千円位”掛かってしまいます。

こちらは、そんなこんなで“夏のパンツ”もオーダーした方が良いということで、クールビズというよりか“組合の会合”に丁度いい感じにと、冬のトラウザーズに続いてお作りになりました50代前半、盛岡のTAさんの作品です。




                     ~クールビズに~

c0177259_20144071.jpg
“ドレスシャツ” 
「リンクルフリー」
(シワ知らず)
ダーツスタイル
「スチュアート」カラー
「大丸」カフス
OP
・刺繍~クローバー  
・高瀬貝釦
・共地ポケットチーフ
・スプリットヨーク
・ピース

オーダー標準価格
¥11,550

(今日、メーカーのOさんとSさんが来て言ってましたけど、リンクルフリー大人気だそうです。特に、“稼ぎ頭の女子”には必須アイテムなんですって! ・・・ウチでは女子でオーダーする人少ないなあ・・岩手のキャリアウーマン来ないかなあ・・・期待笑)


                      ~夏らしく~

c0177259_20115040.jpg
Sartoria PLUM 
仕立て

「ノンパンチェリーナ」78
0タック トラウザーズ
腰囲79㎝
裾幅18.5㎝
カブラ幅4.5㎝


イタリア「SONDRIO」
コットン97%
ライクラ3%
オーダー標準価格
¥27,300

右 「WOOLMEISTER」~イタリア「SONDRIO」 シアサッカー~コットン99%×ポリウレタン1%
オーダー標準価格¥29,400

c0177259_20202432.jpgc0177259_20195117.jpg


          “クールビズスタイル”

c0177259_2021715.jpg
サックスブルーのグラデーションでコーディネートすると、涼しげで爽やかで~夏らしくてイイ感じですね。
細かい“ギンガムチェック”のシアサッカー素材は、着ている本人もそうですが、何といっても視界に入る周りの人たちをイイ気分にさせてくれます。

クールビズなのに、暑苦しい“ダークスーツのパンツ姿”をしている“ヤング&オッサン”たちにも見習って欲しいものですけどねえ~(無理かなあ・・笑汗)
 
めちゃくちゃなくらい変なのが氾濫している“ボタンダウン
                              シャツ”。
私的にはもう「ゲロゲロ」って感じですけど、こうゆう風に開襟っぽいスッキリしたデザインを着ると凄くいい感じになります。
因みに、こちらの衿型は「ワンピースワイド」、私は大好きな衿型ですね。
最近では「カッタウェイ」シリーズが大人気ですが、こちらもクールビズにはクールに着こなせること間違いありません。
ワイドでもカッタウェイでも「開きすぎるのはどうも苦手・・・」という人もいますが、何でもそうですけど、要は見慣れてしまえば“それがフツー”になるものですよ。(慣好笑)

ということで、~クールビズに~の作品の主は、やっぱり今年のGWは奥さんと一緒に“三陸沿岸にお金を落とそうツアー”に行って来たようですね、岩手が大好きな40代前半、“〇〇御三家”のお一人盛岡のHIさんです。






               THE SARTORIALIST

                         it's for YOUNGMAN

c0177259_20421454.jpgc0177259_2042597.jpg

                           it's for OYAJI

c0177259_20435517.jpgc0177259_20441693.jpg




 盛岡さんさ踊り 8月1日(水)・2日(木)・3日(金)・4日(土)

 どうぞ おでってくなんせえ~



                                 See you again


[PR]

by itsformen | 2012-07-13 23:00 | オーダーパンツ&シャツジャケ | Comments(0)

「フレアパンツスーツ」 ~ “粗野なサックスブルー”&“メタリックな濃紺” 異兄弟 編


 (“国民との約束を守ろうとする者たち”・・と何かにつけて自らを誇示しますが・・・約束を守る??
  な~いな~い一度だってな~い!選挙区が違うがために“落とせないもどかしさ”・・・岩手人が
  皆一派と思われては甚だ迷惑なんですけど・・・と思ってる人たち~結構いるでしょ?!)



 七夕
 牽牛星~天の川~織女星~ 
 (あいにく梅雨時だしねえ~ でも・・願いごとはしておこうか・・)



                              “粗野なサックスブルー”

c0177259_2228281.jpg
 【Modern
 Savile Row】 仕立て

 「NBS クラシコ」 50
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ロープドショルダー
 胸 バルカポケット 
 腰 チェンジP スラント
 ベルライン袖
 ピック コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 クール仕様 
 ・貝釦 OP+¥3,150
 ・裏地 OP+¥1,050

 ノンタック フレアパンツ
 膝幅~裾幅 23.5cm 
 
 「WOOLMEISTER」
 イタリア「SONDRIO」
 コットン キャンバス
 
 オーダー標準価格
 ¥89,250 



c0177259_2229228.jpg
 「コットンスーツ」

 今季は、前々から気に
 なっていた“サックスブ
 ルー”のコットンスー
 ツ!
 想い描いたスタイル
 は、綿素材の中でも
 コシがシッカリとした
 粗野感のあるキャン
 バス
生地を用いて、
 デザインパターンは
 去年の秋冬と同様の
 ロープドショルダー
 で、特に今年は“ロン
 ドンオリンピック”があ
 りますから英国調
 料理することでした。
 
 それでもパンツには
 拘りがありますから、
 定番の“ホワイトパン
 ツ”と同じように、膝幅
 ~裾幅を同寸にして
 緩やかなフレアに見
 えるシルエットになっ
 ています。


c0177259_22303268.jpgc0177259_22295295.jpg



                               “メタリックな濃紺”

c0177259_22311478.jpg
 TUWAMONO 
 スーツ

 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKJ‐X クラシック」
 50
 シングルブレスト 2釦
 ピークドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸 バルカポケット 
 腰 両玉フラップP
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 センターベント
   
 「SPT-NP」 86
 ノンタック フレアパンツ
 膝幅 23.5cm
 裾幅 24cm

 ニッポン「葛利毛織」
 メタリック 濃紺 
 ウール87%
 ポリエステル13%

 オーダー標準価格
 ¥126,000

c0177259_22323246.jpgc0177259_2232518.jpg


c0177259_13134820.jpg
 底から光りが滲み出てくるような深みのある
 独特の光沢感!
 
 上の写真は、日中に撮ったもので、けっこう青
 っぽく見えていますが、実際はかなり深い紺色
 です。
 
 下の写真は、夜の白熱灯の下で撮っています
 が、ほとんど黒色に見えます。

 それにしてもこの光り具合・・・ やるなはん!

 “チンツ加工”(鏡面加工)

 「葛利毛織」ならではの独特の表現方法です。

 対象は、<10,000分の1>の人たちでしょう
 ね。 
c0177259_13155368.jpg
 パーティーとかイベントでは、シンプルに~シン
 プルに~シンプルに~しているだけでも人目を
 惹きます
から華美な装飾は無用になります。

 このメタリックな素材感を活かすには、同じく紺
 色の上質なブロードのシャーツを合わせると
 いいでしょう。
 
 衿のデザインは、もちろん「スチュアート」

 そして、胸元は、よく芸能人にありがちな“ハダ
 ケルのではなく”て、台衿の釦を留めて、シン
 プルに~シンプルに~質素に~質素に~

 ~そしてのそして、靴も紺色で統一したら完璧
 です。
 パテントレザーもいいですが、ヌバックではなく
 毛あしの短いスウェードシューズで丁度いい
 のがあったら(難しいと思いますが・・笑汗)
                               “即買い”ですね!




                                   “まいど”

c0177259_22343594.jpg
 「こんにちは~」

 とは、お馴染みです
 ね、40代前半、盛岡
 のTKさんです。

 あっ、もちろん今回の
 作品たちはTKさんの
 ものですよ。

 TKさん、この日はです
 ね、春先に作っていた
 “サックスブルー”の
 “三子糸”のシャツを
 洗い晒しで着たところ
 大そう気に入られて、
 “おかわり”を頂いた
 もう一枚を引き取りに
 いらしたのでした。
 ちょうど夏のシャツ
 でご紹介した“夏シャ
 ツ”を着用されていま
 したから、“組合の会
 合”の合い間をぬって
 のお忙しい中でのご
 来訪だったのですが、
 ホワイトとベージュの
 シンプルな着こなし
 を撮らせて頂きました。




                    “三日月” ~サロンの窓から~

c0177259_22493979.jpg




 ~ 久しぶりに ~  「安岡正篤」 一日一言より

 7月7日 お題 “対心一処”

  「心に一処に対すれば、事として通ぜざるなし」 (「対心一処無事不通」)

  名言です。「心に一処に対す」ということが勘どころです。
 我々は、今のように自己と仕事というものが分裂していては駄目なのです。
 自己というものを本当に仕事に打ち込んでいく、そうすると、自分の対象である仕事は自己と一つ
 になることによって精神化される、すなわち対象に魂を入れる~これが「対心一処」であります。

 
 7月8日 お題 “事として通ぜざるなし”

  事物と自己とが一つになることによって、対象はすなわち自己になる。
 自己が昇華する self-sublimation というもので、そうすると、どんどん物事が解決していく。
 これがいわゆる「事として通ぜざるなし」であります。





         「佐藤洋太」選手
                                                
c0177259_20463370.jpg
   やりました!

   初防衛おめでとう!

   心配はしていませんでしたね

   あっさりと 退けると思ってました
 
   やんちゃな少年だったのが

   今や 世界チャンピオン!

   盛岡市民栄誉賞

   盛岡の星から “日本の星”へ

   一段と大きくなりました





                                               See you again
 
 
[PR]

by itsformen | 2012-07-07 23:00 | オーダースーツ | Comments(0)

~アイルランド旅行~ 東国の果てから~西国の果てへ 編


 アイルランド旅行
 ロンドンオリンピックの前に~どっぷりの9日間!
 去年のヨーロッパ旅行からもっともっと知りたくなった“イギリス”。
 今年はその中でも“アイルランド”に的を絞っての旅。
 ヨーロッパから見ると東国の果てから~アジアから見ると西国の果てへ~
 島国から島国へ。

 「セカンドステージは~好きなように~やりたいように~体をいたわりながら~やっぺす!」




                            “旅行にはサファリジャケット”

c0177259_0253931.jpg 
 【Super Standard】
 仕立て

 “サファリジャケット”
 シングルブレスト 4釦
 ノッチドラペル タブ付
 肩パット ナッシング
 軽量大身返し
 フラップ付き 4パッチP
 ピンチバック~ヨーク
 センターベント
 フロント カッタウェイ
 ピックステッチ 5mm
 袖口本切羽 2釦
 モバイルポケット
  
 オプション料合計
 +¥15,750

 「WOOLMEISTER」
 イタリア「SONDRIO」
 コットン55%
 リネン45% 
  
 オーダー標準価格
 ¥54,600   


 
c0177259_0291232.jpg 
 「やっぱりね、ポケット 
 はいっぱいあった方が
 イイね」
 「それとね、Vゾーンが
 浅いタイプって出来る
 かな?4つ釦とかで」
 「そこら辺にブン投げ
 ておいてもヘコタレな
 いようなコットン生地
 ならベストだね」
 
 去年の経験から色々
 様々なシーンで「あっ
 たらイイね」
的なジャ
 ケットが欲しいという
 ことで今年誂えたの
 が“サファリジャケット”。
c0177259_0333980.jpg 
 鞄を持ち歩かなくても
 色々な小物を収納
 きて、シワも気にせず
 ハードに扱える。
 確かに今年大人気の
 “サファリジャケット”は
 機能的で旅行にも最
 適でやんすね。

 “バックヨーク”と“ピン
 チバック”でクラシック
 らしさを醸し出して、砂
 漠ではなくて“西国の
 世界遺産”へ臨むの
 は、現在第二の人生
 を思う存分に“謳歌”し
 ています60代前半、
 紫波のTKさんの作品
 です。

 あれっ、もしかしたら
 もう帰国されたかもし
 れませんね。
 6月の下旬に出発する
 と言ってましたから。
 (愛蘭土愉旅笑)


                                  Ireland

c0177259_23475994.jpg 
 西国の島国にも

 東国の島国にも

 あ~る あ~る

 “石の不思議” 

 西洋人でも

 東洋人でも

 人間の行動は

 みんな同じ

c0177259_23492081.jpg 
 西国の島国にも

 東国の島国にも

 あ~る あ~る

 “断崖絶壁”

 日本の岩手さは

 北山崎って

 すんげどごあるよ

 まんつ 行ってみで





            “クラシックなスーツも必要だね”

c0177259_0363951.jpg 
 Sartoria PLUM
 仕立て

 「MKJ‐X クラシック」
 46
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸 バルカポケット 
 腰 チェンジP スラント
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 センターベント
 モバイルポケット
 ・ライト仕様(軽量)
  OP+¥5,250
  
 「MVRP‐2T」 AB3
 2タック トラウザーズ
 ピスP フラップ付き

 「WOOLMEISTER」
 ~イタリア「GRAN
 TORINO」 メッシュ
 モヘア65%
 コットン35%
 
                                             オーダー標準価格
                                             ¥134,400

c0177259_03847.jpg 
 世界遺産の旅は“サフ
 ァリジャケット”があれ
 ばOKだけど・・・。

 ~街なかを散策したり
 ~レストランで食事を
   したり
 ~美術館を巡ったり

 「リタイアしたと言って
 も仕事に駆り出される
 こともたまにあるしな
 あ」
 「まあ、何かの時には
 スーチングに出来たら
                                             それに越したことない
                                             しなあ」
c0177259_039945.jpg 
 「ホームスパンの本場
 に“いわてのホームス
 パン”をブツけてみよう
 かと思ったけど去年
 こしぇだの
あるしな
 あ」

 「リネンのジャケットも
 スーツも作ったし・・・
 去年着てったし・・・」

 「よし!今回は夏らし
 さを感じさせるんだけ
 ど、他にはちょっとな
 いような素材にしてみ
                                             ようか」

c0177259_040020.jpg 
 ということで落ち着い
 たのが、アイルランド
 のストーンに合わせ
 たのでしょうか?クー
 ル感のあるライトグレ
 イ
で、素材はモヘア
 65%とコットン35%
 の珍しいコンビネー
 ションの“パナマメッ
 シュ”をお選びになり
 ました。

 夏と言っても日本の
 蒸し暑い夏と違って、
 涼しくて過ごしやす
 い夏
のようですね。

 アイルランドといえば
 ~アルスターコート
 ~ドニゴールツィード
 ~アランセーター
 ~アイリッシュリネン
 等々。
 洋服の元祖となる
 モノの宝庫。
 いつかは訪れてみた
 い島国ですね。
                                             (愛蘭土憧旅笑)

                           Ireland

c0177259_23521131.jpgc0177259_23543230.jpg

   
                                                 See you again
[PR]

by itsformen | 2012-07-01 23:50 | オーダージャケット&コート | Comments(0)