<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

~何も足さない 何も引かない~ “上質なベーシック”に拘る 編


 いや~ 元気が良かったですね~ “サーティーズ”のお二人の前へ前へ進む元気!!
 景気の悪さなど感じさせない“右肩上がりな元気”の良さ! 素晴しかったですね~!

 ということで今回は、ビジネスの“自分スタイル”も今や百人百様、30’sのお二人のような自己
 アピールを全面に出すスタイルもあれば自己主張を抑えなければならないスタイルもあります。
 決して奇をてらわないオーソドックスなスタイルに徹しながらも漂わせる“上質なベーシック”
 そんな雰囲気を醸し出す「MIDDLE MAN」、もうお馴染みですね盛岡のKKさんのご登場です。
 

  
                               “上質なベーシックにこだわる”

c0177259_20243732.jpg
 KKさん、今春は、長らく続いた
 TUWAMONOスーツ(葛利毛
 織×東和プラム)から浮気という
 訳じゃないのですが、まあ、「盛
 岡冷麺」ばかり食べてるとたまに
 「盛岡じゃじゃ麺」を食べたくなる
 のと一緒ですわ。要するに浮気
 しました(笑)。
 
 で、そのお相手とは!?
 イタリアのマーチャント(生地
 卸商)なのですが8割以上は
 イギリスのミル(毛織物工場)で
 織らせているという変わりダネ、
 EUROTEXです!
 そのバンチ(生地見本)の中から
 今春ウチの店に新しく仲間入り
 した“ヴィンテージコレクション”
 の春夏ヴァージョンで、サラッとし
 ているが微妙な艶もありしっとり
 とした落ち着きが感じられる“KK
 ストライプ”
(KKさんにピタッと
 ハマる間隔のピンストライプ)と呼
 ばれているグレイッシュな平織り
 の生地を選びました。
c0177259_20282412.jpg
 浮気したくなるのも分かる気が
 しますね。(浮気笑)
 
 そして今回は、“新たなデザイン
 パターン”にも挑戦しました。
 桜前線とともに花開いた「ACS
 クラシック」です。(花咲笑)
 ブリティシュテイストが効いたコン
 ケーブドショルダー
(袖山を持ち
 上げた弓なりの肩線)、肩線の
 後振り
(肩上部の縫い目が背中
 側に抜けていく意匠。重みが均
 等に掛かり上衣が軽く感じる)、
 通常の3倍のいせ込み(胴と腕
 廻り等、大きさや長さの違う布同
 士を手で少しずつずらしながら縫
 いつけていく高度な手法)等々、
 男たちにとっては堪らない拘り
 所が隠されています。(ムフフ笑)
  
 Sartoria PLUM 仕立て
 ACS クラシック 48
 シングル ノッチドラペル 2釦
 ブリティッシュ ショルダー
 「LBSP」 1タック トラウザーズ (KKさんは細身にしても1タックに拘ります。ノンタックはノン!)
 オーダー標準価格¥157,500 
 
c0177259_20295375.jpgc0177259_20302993.jpg


















c0177259_20313138.jpgc0177259_2032985.jpg




















                           “そう 音楽も上質なベーシックがいい”

c0177259_20341078.jpg
 it's for men では一日一度は流
 れる「ソニー クラーク」の“クール
 ストラッティン”
(15時頃かなぁ)
 モダンジャズの代表作と言われ
 ています。
 このジャケットのデザインも時代
 を超えたカッコ良さを感じますね
 “クール”です!

 「EUROTEX」の“ヴィンテージ
 コレクション”のバンチに添えて
 みましたが、上質なベーシックの
 音楽を聴きながら上質なベーシ
 ックの服地を選ぶ。なんていう
 “ちょっとのラグジュアリー”を味
 わってみるのもお薦めします。
 
 サラリ 微艶 しっとり 成熟

 Super 120's  240g /m  8oz

 “インベストメント クローズ”
 この言葉が本当に相応しい上質
 なベーシックスタイル
を表現する
 には最適な生地です。(投資満足笑)

                            “やっぱり コイツがしっくりくるかな”

c0177259_20331641.jpg
 この型も時代を超えて受け継が
 れてゆくのでしょうね、鞄も上質
 なベーシック
に「Felisi」の
 オールレザーを新調しました。
 KKさん、今まで7年間愛用した
 “ナイロン&レザー”の同型はジ
 ッパーのつまみが壊れたとかで
 次は何にしようか?しばらく悩ん
 でいましたが、やはり長年使い
 慣れた持ち手はシックリきます。
  
 そして、KKさんの足元は超難し
 いんですって!
 現在シックリくるのは一番上の
 写真で履いている「Paraboot」社製。「大丸 東京店」で見つけたらしいですね。
 日本人の足型に合った木型が豊富な「クロケット&ジョーンズ」でさえ巡り会ってないそうです。

 スーツもそうだけどシックリくるのをピタッと合わせるのは“永遠のテーマ”だなぁ~百人百様~
 



                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2010-05-27 23:47 | 自分スタイル | Comments(0)

~トップセールスの条件は~“自分スタイル”も~ハイセンス! 編


 うっひょほ~ 今回も続きますねぇ~ “お客さん自分スタイル” さあ どうだ!

 今回は、今年初めていらっしゃいましてご自身も初めてのオーダーメイドを体感して頂きました、
 トップセールスは常に“センスよくカッコよく”が信条で、岩手の北の楽園“カシオペア連邦”から
 新幹線通勤していますYSさんのご登場です。


                              “岩手は僕が変えてみせます”

c0177259_23593070.jpg
 いや~ あれですね~ 何というか
 なかなかいませんよ こうゆう人!
 こんなスタイルのセールスマンは
 ここ岩手ではそういません!
 (気持イイ笑)
 しかも、初めてのオーダースーツ
 がドラッパーズ“アズーロ”
 (Azzurro イタリアの青)。
 そして、この日はスーチングでは
 なく“アズーロ&ビアンコ”(青と
 白のコーディネート)を“ジャケ&
 パンツ”
で演出してきました。
 よもやするとスーツと同素材の
 ウールを合わせがちになるので
 すが、この辺はさすがです!
 “オリンピックの入場行進”は避
 けています。(流石笑)
 “コットンピケ”の細身のホワイト
 パンツをラフに穿きこなしていま
 すね。(やるなはん笑)
 因みに、スーチングの記事は3月
 のオーダーメイド」が“自分スタ
 イルを創りだす
をご覧あそば
 せ!(笑うセールスマン笑)

c0177259_2233199.jpg
 そんなYSさんのご職業とは!?
 ソニー生命 Sony Life「ライ
 フプランナー」
です。
 「顔出しならバーンと宣伝してくだ
 さい」ということでしたから“思い
 っきりヨイショ”しますよ~(宜笑)
 何とこの日は日曜日、あれっ?
 休みの日にネクタイ?と思ってい
 たら、「今、奥州市の水沢からの
 帰りです。商談だったんです」と
 いう訳で、日曜、祭日でもお客さ
 んの家族が揃う日に合わせて伺
 うようですね。(偉笑)
 「僕らは金融だけのファイナンシャ
 ルプランナーとは違うんです。お
 客さん一人一人のライフスタイ
 ルの価値観
を十分に理解した
 うえで生涯設計のお手伝い
 させて頂きますので“すんげぐ”
 (翻訳:物凄く)時間を要します。
 そして、僕が一番大切に思って
 いること、それは、“良いセンス”
 を身につけることです! 
  
c0177259_0373228.jpg
 特に服装には気を遣います。
 服装のセンスは“自身の内面
 を映しだす鏡”
とも言われてい
 ますからお客さんと言葉を交わ
 す前に『うん、この人なら自分た
 ちの価値観を分かってくれそう
 だな』と感じて貰えることが重
 要
なんです!僕らの仕事も藤原
 さんと同じ“オーダーメイド”
 すから。(ニコッ)」と、こんなふう
 に語ってくれました。
 (さすがトップセールスは言う
  ことが違うなぁ~感心笑)

 最新作のパターンオーダーシャツ。日本では無名ですが上質な素材感と発色が他を寄せつけ
 ないイタリアの「エルバ」で色違いで仕立てました。 「ドゥエ B・D」の衿型に「フレアー」カフス。
 O・Pは「白蝶貝」釦とカラー釦糸。      オーダー標準価格¥17,850(オプション料¥1,575)



                               夏の素足を装う“ステルス”

c0177259_3152325.jpg
 そうなんです!“石田純一ごっ
 こ”に絶対必要な“ステルス”
 メーカーの「ハリソン」はドライビ
 ング ソックス
と呼んでいますが
 ステルスでいいんです(勝手笑)
 今回のYSさんの着こなしでも
 ホワイトパンツに素足に見せた
 い
ときにはお役にたちます。
 “アンチスリップ”機能も付いて
 いますよ!
 60270 , 60271
 25-27  ¥840
 23-25  ¥735
                        *チラリと見えるのはほおずきちゃん ヨロピク笑




                                    “編集後記?”

c0177259_451229.jpg
 “カッコよすぎるセールスマン”
 で有名になりそうな勢いのYSさ
 んですが、それなりにトップを走
 り続けるにはそれなりに努力
 惜しまずに“ビジネス道”を歩ん
 で往かなければなりません。
 結構“ゆるぐね”(翻訳:大変だ)
 と思いますよ。
 今年のG・Wも仕事で“住宅祭の
 イベント”にブースを設けてアンケ
 ートを取ったり来場者と触れ合っ
 たり精を出していたようですね。
 住宅祭と保険??と思いました
 が、人生で最も高額な買い物を
 する時にこそその後の生涯設計
 を立てる良いタイミングになりま
 すもんね。(成程笑)
 これから住宅購入を考えている
 方、保険の見直しを考えている
 方、“センスが良くてカッコイイ”
 「ライフプランナー」紹介しまっ
 せ―!!!(宜笑) 

 
   <だから ダメだっつってんのに! バシッ!  野球少年のパパだっつってんのっ!>
   <まったくもう~ 近頃のアラサー独身女は肉食系で困ったもんだ!>
   <イイ男を見ると人の夫でもすぐに手を出したがる・・・。だから バシッ! だ~め>
   <6月の初めにセッティングしたからいいだろ~ 最強の肉食系男子を~  ムフフ笑>  
   



                            “腕時計のモナリザ”

c0177259_483226.jpg
 こちらの逸品は、先
 日、スイスのジュネ
 ーブで開かれた腕
 時計のオークション
 で落札されたパテ
 ック・フィリップ

 18金の腕時計。
 1943年の製品で
 永久カレンダー付。
 当時としては前衛
 的なデザインで、そ
 の後の同社製腕時
 計の先駆的な製品
 となりクリスティーズ
 では「腕時計のモナ
 リザ」と評しているようです。
 落札価格は、何と日本円で約5億2千2百万円!(ここでもチャイナマネーのパワーが炸裂!)
 そして落札者は、何とYSさん!  な訳は・・・??  無いにせよ、雰囲気は合ってますよね!
 (いや~ 似たような腕時計してるんですよ~ それでもって何個か使い分けている~ 
  今度、問い詰めてみます。尋問笑)



                                                 See you again
[PR]

by itsformen | 2010-05-20 00:31 | 自分スタイル | Comments(0)

「あ~ いいっすよ!」 初めてのオーダースーツで “ブログデビュー” 編


さあ~ 続きますよ~ “お客さん自分スタイル” さあ どうぞ!

個性的な“猛者たち”を手なずけるにはオーダーメイドは必要不可欠!!ブランドのセレクトではやってられない!所詮“同一記号(ブランド)”を押し付けてしまうのがオチ!

ということで今回は、昨年からちょこちょこといらして頂いているモード系が大好きな盛岡を拠点に活躍するデザイナー、BUNCRAFT」FNさんのご登場です。



       
     “やったー ブログデビューっすね!”

c0177259_13503394.jpg
昨年の秋口でしたね、FNさんが初めていらしたのは。
友人の結婚式にお呼ばれされたのを機にドレスシャツをオーダーしようと思い、“オーダー シャツ盛岡”でネット検索してウチの店を見つけていらっしゃいました。

【Super Standard】仕立て

「スリーピース」
クラシコスタイル
シングルブレスト 3釦段返り
ノッチドラペル 着丈69cm
肩パットなし
シングル ヴェスト 6釦
ノンタック トラウザーズ
裾幅18cm(ウエスト?笑)

グレンチェック モノトーン
オーダー標準価格¥60,900
(オプション料別途¥11,025)

c0177259_14205054.jpgc0177259_14212829.jpg


















モード系のスタイルが大好きなFNさんですが、一度オーダーシャツの魅力に取りつかれると「いや~ いいっすねぇ~ やめられないっすねぇ~」ということで、この日着用のシャツを手始めに今のところ3枚お作り頂いています。(まんまと笑)
そして今回は、“結婚式やパーティーのお呼ばれ”に備えて“スリーピース”でご用意されました。(因みに、ヴェストはジーンズにも合わせたいということで、背裏も共布で仕上げました)
*FNさんは、生まれながらにして“右脳を最大限に使う”デザイナーが適していたのでしょうね。上の写真では右手が上になっています。 
(私の私の彼~は~ チャッチャ! 左利っき~)

c0177259_15262277.jpg

c0177259_15265799.jpg
衿型「ショートワイド」 カフス「スクエア」 ポケットチーフ付き等々。
「ロイヤル カリビアンコットン」
オーダー標準価格¥13,650
(オプション料別)
 
こちらの上の写真が、初めてオーダー頂いたドレスシャツです。
故「落合正勝」氏の著書から参考に、手描きのイラストを持参して「こんな感じのがいいっす! 作ってくれますか!?」といらっしゃいました。
こうゆうイラスト画を自ら描いてきた人は初めてでしたから「素人じゃねえな」とは思っていましたがやはり玄人でした。しかも、日本の伝統工芸第一号として認定された「南部鉄器」の職人としても経歴があることには驚きました。
そして今では、盛岡手づくり村内に工房を構える薫山工房のWebサイトも運営してるようですね。(やるなはん 笑)


 
                     “こんな感じでいいっすか!?”
    
c0177259_15275782.jpg
スリーピースを引き取りにいらした時のスタイルが、こちらのスナップです。
まあ、この恰好が普段の“ビジネススタイル”なんでしょうねぇ~
いつもはこんな雰囲気で愛車の「アルファ ロメオ」に乗って「いいっすねぇ~」とやってきます。

FNさん、ご覧のように“ボトムはスリム”がお好みのようでトラウザーズでもジーンズでも“スリムスリムスリム”です。(細っ笑)
そして、最近よくご注文頂くのが「ハリソン」のソックス。
靴のサイズが24cmと小ぶりなものですからロングホーズのサイズも23-24cmを選びます。
 
オーダーメイドを主軸にしてから永くお付き合い頂いているお客さんたちに「カジュアルなモノは どこで買ったらいいのさ!?」と、よく尋ねられます。(笑汗) 
そこで、カジュアルスタイルが得意なFNさんにも聞いてみました。
で、FNさんは「今は藤原さんとこ以外は“ネット”で買ってますよ」と言っていました。(複雑笑)
そのサイトとは、「ZOZO TOWN」や「BEYES」等のファッション専門サイトが多いようですね。
そして、特にパンツは殆んどスリムにお直しするようです。だからオリジナルになるんですよ! 


*最近お客さんたちに聞くようにしていますカジュアルなモノはどこで買ってるのか!?
盛岡周辺や広く岩手で捉えても拘りのカジュアル商品を扱ってるお店は結構あるんです。
でも、まともなスーツスタイルを提供する店は皆無!?だから不思議なんです!?
カジュアルに拘るお客さんがスーツスタイルに拘らないはずがないと私は思うのですが・・・
はてさて?、洋服の青山? コナカ? アオキ? カワトク? 中三? ・・・?
実際、まともに拘る人達は当然のように東京さ出はります。
でも、盛岡にもまともなスーツスタイルを提供する店はあるのです。
だから最近、拘りのカジュアルアイテムを扱うお店とタイアップしたいなって。
お互いのお客さんたちのためになる情報交換やコミュニケーションをとれたらいいなって思っていました。



                                 See you again


[PR]

by itsformen | 2010-05-13 23:55 | 自分スタイル | Comments(0)

“OYAJIの休日”&<新人よ五月病を克服せよ>&~OYAJIは好きなように~ 編


 さ~て G・Wも終わりました。合間の中途半端な日も過ぎて またまたお休みですかぁ~
 皆さん さぞかしお疲れでしょうねぇ~ (皮肉笑)

 そんなことだろうと思って、今回は、久しぶりにお客さんたちの“自分スタイル”をお送りしたいと
 思います。 (意味のよく分からない繋ぎかた。笑汗)

 ま~んつさっ(翻訳:ま~いいじゃないの細かいことは)



                                  “よぉ~ おやんず ”

c0177259_22283472.jpg
 先ずは、とにかく“チェックチェッ
 クチェック”
が少年のころから
 “大大大好き”でOYAJIになって
 も止められない“オヤスナ”には
 初登場かもしれない盛岡のTA
 さんです。

 「よぉ~おやんず」 こんな感じで
 休日の夕飯前にやってきます。
 そして、「ぶっ ぶぶっ ばっふ~」
 毎度のこととはいえ・・・。(呆笑)
 (これだから“草刈民代似”の奥
  さんが嘆くわけです。「人前で
  オナラさえしなければ良い夫
  なのに」ってね!複雑笑)
 この日、本人は「顔出しでもオッ
 ケーだよ」と言ってくれましたが、
 これ以上“予約が殺到”したら周
 りが大変だろうと思い“愕関節”
 だけで留めました。(意味深笑)

 “OYAJIサーファー”でもあるTA
 さん、今日のOFFスタイルは
 どこのかなとチェックのパーカーの左胸をチェックしてみたらビラボンと入っていました。
 やはりこれから夏にかけてはそうなんですね、サーフブランドです。
 (サーフィンといえばTAさん、大学時代“旧式のマークⅡ”(’74式だったかな?)にソレックス
  搭載させて車体を“パールピンク”に全面塗装してそれでもって“小麦色の肌”したおネエちゃん
  たちを乗せてブイブイいわせながら北三陸のサーフィンのメッカ「種市海岸」へ参じていました)


c0177259_22291593.jpg
 こちらは、TAさんの最新作品で
 す。
 チェックの中でも“ギンガムチェ
 ック”
は大好きな柄のようです
 ね。
 早速、新型の衿型「カッタウェ
 イ」を用いています。(左)
 オーダー標準価格¥10,500
 一見何でもない安っぽく見え
 てしまいそうな洗い晒しの“白
 のチビ衿ボタンダウン”
がいい
 というのがテーマでした。(右)
 オーダー標準価格¥8,295

 (そういえば、来ねなぁ~ TAさん! 今人気のラルディーニ風のJKにするかなとか、モヘア混
  で珍しい赤茶の【TUWAMONOスーツ】にするかなとか言ってたけど・・・ 来ねなぁ~)





                “新人の〇〇です! 宜しくお願いいたします”

c0177259_3211170.jpgc0177259_3214537.jpg


















c0177259_21281516.jpg
 超難関な今年の“就職戦線”を見事勝ち抜いて
 の“堂々の挨拶”です!!(いよっ!笑)
 こちらは、全国区の大手企業ですが地元岩手
 の分社に就職が決まり、「これから頑張るぞぉ
 ー!」
と意気盛んな盛岡のアールくんです。 
 右の写真をご覧になると分かると思いますが、
 ボディ(人台)に対して5段階デカイ大きさです。
 “超社会人級”の体格なのです。(わおぉ~笑) 
 そんなアールくんですが、入社早々、二ヶ月は
 研修期間があるらしく、この日は研修先の神戸
 から“一時帰国”して注文していたホワイトシャツ
 を引き取りにいらしたのですが、カメラを向ける
 と自然に左上のポーズになっていました(笑)。
 (相当仕込まれてきたんでしょうね、ちゃんと
  利き手の上に左手をのせています)
 神戸から帰ってきたら三月に作ったスーツ、
 お直ししなきゃならないかもね。(締る絞る笑) 
 【Super Standard】シングルブレスト 3釦段返り          
 オーダー標準価格¥50,400







                              “オレは好きにさせてもらうよ”

c0177259_3232084.jpg
 「出たぁ~」 って感じです!
 こちらは、昨年の“チェ・デッパラ
 の雪中行軍”以来ちょこちょこと
 お騒がせしています“ルイルイ
 OYAJI”
こと盛岡のツーさんで
 す。(LEDスイッチON笑)
 また見慣れないヤツをハメてる
 と思って“堂々と隠し撮り”させ
 てもらいました。(い~ねっ笑)
 ルイルイのリングが大好物
 なツーさん、「オラほ あそご細
 けど指っこ太くてハマるの見つ
 けだら即モノにするのさっ」と
 “本気のジョーク”を飛ばして
 有閑な“オバサンたち”を笑か
 しています。(宇宙人笑)
c0177259_22393542.jpg
 ルイルイのダミエ ジュアン
 これも持ってる人少ないん
 だろうなぁ~!?(稀少笑)
 
 この日は珍しく、いつもの真面
 目なビジネススタイルではなく
 (笑)胸をはだけたくらいにした
 白シャツにジーンズを穿いて、
 ドローバーズ コテージの真
 っ赤な“カービングベルト”
 ウエストを締めて、そしてこの
 ルイルイのバッグを片手に
 現れました。(イヤハヤ笑)
 
                                    “極めつけはカラークロス”

c0177259_22404420.jpgc0177259_22411545.jpg


















 「藤原さん、今日は長らく置かせて貰ってた“例のモノ”引き取りに来たんだけど、このまま着て
 くから」と言って、いつもよりどことなく気取った香りを醸し出して、鏡に映し出された自身の姿を
 何度も確かめるようにときおり“ニヤッ”と微笑みながら、「今日はこれにて失礼します」と言って
 「藤原さんもお幸せに」とは言いませんでしたが、そんなことを言いたそうな顔をしながら颯爽と
 サイドヘアーをなびかせて去ってゆきました。(何かあるぞ笑)
 (それにしても凄いでしょ、この組み合わせ!ギンガムチェックに“和柄”ですよ!正面から見た
  限りでは分かりませんが、後ろ向きになってしかも衿を立てると「出たぁ~」って思われるのを
  狙って作っていますから!?有閑な“オバサンたち”からのウケ狙いのためだけにですよ!?) 
 「シャツジャケット」 オーダー標準価格¥29,400 (オプション料別)


                             “レッグウォーマー最高にイイよ!”

c0177259_21357.jpg
 ホントにねぇ 不思議な人ですよ
 ツーさんは!?
 “ルイルイのコレクター”でもある
 んですが、ハリソンのソックス
 にもハマってるんですよ。
 フツーのメンズソックスなら分か
 りますがレディスの“レッグウォ
 ーマー”
なんかも注文してきま
 すから「ようわからへんのどす」
 で、「レッグウォーマー良かった
 よ」と言ってきますから私の想像
 力を遥かに超えた“不思議な
 魔力”
を具えていますねぇ~
 「レッグウォーマー」 #89311 ¥945



                                                 See you again
[PR]

by itsformen | 2010-05-08 23:54 | 自分スタイル | Comments(0)

「パターン オーダーシャツ」 恒例 『オプションフェア』 開催でっす!


 巡る 巡~る 「パターン オーダーシャツ」

 今回は、恒例 『オプションフェア』 開催のご案内です!

 4月のV.I.P. Invitationでは、今までにない位のご注文を頂きまして改めてクオリティの高い
 上質なモノ
が求められていることを痛感いたしました。
 今回のフェアは、「パターン オーダーシャツ」であれば全ての生地が対象になります。
 ¥8,295~お作りいたします。そして、通常有料のオプションが総額5,000円相当5つまで無料
 にてチョイス出来ます!

 ドレスシャツは勿論ですが、もっと“カジュアルシャツ”のオーダーメイドを愉しんで頂きたい
 ですね! これから夏に向けて“半袖のプルオーバー”なんて如何でしょうか!?



       <受付期間 5月7日(金)~5月23日(日)まで> 本日よりOKです!
 
c0177259_1171910.jpg


                            “ポロシャツの生地だよ”
 
c0177259_1205064.jpg
 新たに写真の6色が
 加わり総勢13色
 展開になりました。
 ポロシャツの生地とい
 うのは“鹿の子素材”
 のことです。
 ニットですので伸縮性
 に富んでいて着心地
 は抜群ですね!
 こちらの素材こそ「ボタ
 ンダウン」や「ショート
 ワイド」の衿型で“半
 袖のプルオーバー”

 なんて素敵ですよ!
 オーダー標準価格
 ¥12,600 

                           “粗野な麻を洗いざらしで”

c0177259_1213134.jpg
 こちらも新着の生地で
 粗野感のある麻素材
 がイタリアから届きま
 した。「ブリキシア」
 (ほぉ~ やはり!ネッ
  ト情報によるとフック
  ラ感があって洗いざ
  らしに適していると
  “先輩同業者”のコメ
  ントに書いてある)
 こちらは“長袖”で作
 って頂きたいですね。
 夏のジャケットのイン
 ナー
にも活躍させて
 ください。
 オーダー標準価格
 ¥13,650 

                            “インディゴとインディアン”

c0177259_1223450.jpg
 “インディゴ染”
 やっと入りました!
 新たなシリーズのデニ
 ムほど厚くないフツー
 のシャツ地です。(左)
 “インディアン マドラ
 ス チェック”

 新柄が追加になりまし
 た。(右)
 勿論どちらも洗い晒し 
 ですよ!
 で、どちらも~INDIA
 ~印度~インド~仏教
 オーダー標準価格
 どちらも¥11,550


                              “花柄とペイズリー”

c0177259_1232547.jpg
 そのまんまなタイトル
 ですんません!
 付けようがなかったの
 です。(笑汗)
 それでもってコメント
 も“見てのとおりで
 す”
(ダブル笑汗)
 このままの生地を用い
 ても宜しいと思います
 し、“別布パーツ”とし
 て衿やカフスに用いて
 も面白いと思います。
 オーダー標準価格
 どちらも¥11,550  







                       THE SARTORIALIST

        2010 Aoyama , Tokyo               2008 Aoyama , Tokyo

c0177259_283366.jpgc0177259_295597.jpg





















                      ~ご無沙汰してまっす~






 ~五月といえば~ 「安岡正篤」 一日一言より

  5月1日、2日 お題 “腎を養う”

  五月になったので思いだすことの一にこの事がある。
  五労の一は多想心労。とりこし苦労が多すぎること。これは心臓を傷める。
  二は多怒肝労。怒りが度重なると肝を傷める。
  三は多思脾労。考えごとが多いと脾が疲れる。
 脾臓は血液の浄化や調節を司どる大切な器官であるが、割合に人々はこれを知らない。
  四は多悲肺労。悲しみが多いと肺を傷める。
  五は多憂腎労。憂が多いと腎が疲れる。

  悲と憂とどう違うかと思う人々もあろう。これは相即(つきもの)ではあるが、どちらかというと、
 悲の方は過去につながり、憂の方は未来にわたるということができる。
  そこで、特に春には脾を養い、夏には肺を養い、秋には肝を養い、冬には心臓を養い、
 四季を通じて最も腎を養う。
 つまり腎即ち身体の浄化装置を過労させぬこと、腎労・腎虚にせぬことである。
  こういう心得が有ると無いとで人間一生どれほど違ってくるか測り知れぬものがある。


  

                                                 See you again 

  
[PR]

by itsformen | 2010-05-02 02:21 | オーダードレスシャツ&ネクタイ | Comments(0)