<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「もう何もいえねぇ」 今年の最高傑作!


 傑作!!「パリのエスプリ」 【IHATOVジャケット】

 今年、三度目のご登場になります盛岡のTKさんの作品です。
 本当に素晴らしすぎて何もいえません。
 先ずは、ご覧ください。

                     いわてのホームスパン

c0177259_1222793.jpg


      着丈85cm“ロングジャケット”               “白蝶貝”ボタン

c0177259_24988.jpgc0177259_245534.jpg


              ウール&コットンモール糸Xシルクリボン織り込み

c0177259_214386.jpg


          「RESZ クラシック」                迫力の“ピークドラペル”  
 
c0177259_2151428.jpgc0177259_2161124.jpg


                               「ジャガー XJS 4.0」

c0177259_382782.jpg
 こちらの写真は、TKさんの
 愛車と同モデルです。
 ’96年式でこの型の最終モ
 デルのようです。
 私的にもオールドカーやクラ
 シックカーが大好きです
 ね!

 「パリのエスプリ」とのコンビ
 ネーションが「もう何もいえ
 ねぇ」




 如何でしたでしょうか!
 傑作!「パリのエスプリ」
 本場の“パリ”でも十分通用すると思います。
 素晴らしいものを作らせて頂いて洋服屋冥利に尽きます。
 TKさん、ありがとうございました。
 来シーズンは、第一希望の「ホワイトカシミア」ですかぁ~(笑)。
 
 
 9月から始まったOYAJIのブログ、どうなる事かと思いましたがやれば何とかなるもんですね。
 (笑汗) 
 それでは皆さん、今年一年間お世話になりました。
 ありがとうございました。
 来年も頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。

 来年の営業は、1月4日(日)からです。
 ですので、ブログのアップも4日になります。

 よいおどしをおむがえくなんせ (翻訳:良いお年をお迎えください)



                                               See you again

 
[PR]

by itsformen | 2008-12-31 04:26 | いわてのホームスパン | Comments(0)

「エコリメイクのすすめ」 その弐 モデル編


 前回の続きになりますが、同じハンチングを男性、女性、サイズ別に被った姿をご紹介します。
 その壱のサングラスの男が被っていたのは、Mサイズです。
 来年主役のMNさんが被っていたのは、Lサイズです。


                 「エコリメイク」価格¥7350 (納期約2週間)

      こちらは「ロイヤルカリビアン」シャツ作品集で登場したATさん、Sサイズです。

c0177259_2141839.jpgc0177259_215816.jpg








 ATさん、いつもは【Sartoria PLUM】のスーツで“ビシッ”とキメているのですが、この日は大好き
 な“温泉”帰りでしたので虚ろな表情をしています。(まぁ いつもこうなんですけどね 笑)



c0177259_212057.jpg こちらは、スタイリストの吉田淳子さん

 Sサイズです。
 
 ふっくらとしたデザインが

 女性が被っても

 “可愛らしさ”を演出してくれます。


c0177259_217617.jpgc0177259_2174929.jpg











c0177259_21816100.jpg こちらは、工房「蟻」の西條美子さん
 
 「エコリメイク」の制作者です。

 Mサイズです。

 女性が深めに被ると

 “マニッシュ”に。


c0177259_2192233.jpgc0177259_2195119.jpg

 







 土澤のアートフリマから約2ヶ月、イメージモデルをクラシカルながら斬新なセンスを持ち合わせて
  いるイタリアのある帽子メーカーのものを参考に、西條美子さんと試行錯誤しながら創りました。

 “ふっくら感”を特徴にして“老若男女にマッチング”するように仕上げています。
 新作や「エコリメイク」したモノは出来るだけ写真をアップしますので、そちらを参考にして頂けれ
 ばと思います。(*ご来店できる方は直に被ってイメージを掴んでみてください)

 HPのトップページから「エコリメイク」をクリックすると直接エコブログを見られるようになりました。

 来年早々には、第二弾!!
 “キャスケット”に着手します。乞う ご期待!!!
                                               See you again
                                         
         
 
[PR]

by itsformen | 2008-12-29 11:53 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(0)

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作


 今回は、“時代を超越した最高級のもの”が身近に感じられる名所をご紹介する第一回目です。
 盛岡人、岩手人ならば一度は参拝に訪れたことがあると思います「盛岡八幡宮」です。
 初詣前にと思いまして、夏と“お八幡さん”の秋のお祭りの写真をアップしてみました。
 
 岩手の皆さん、知っていましたか?(都会の皆さんのほうが知ってたりして)
 遠野市にある「社寺工舎」の職人さん達が造ったというのは!!
 しかもそこの親方は、“日本屈指の宮大工”「菊池恭二」氏で、平成19年、NHKの人気番組
 「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演していました。
 番組を見た時は、岩手にもこんな凄い人がいるのだなと全身“チキンスキン”になりましたよ!!

 平成9年に、現在の拝殿に建て替えたようですが丁度その年、長男の七五三のお参りに訪れて
 あまりの“カッコよさ”に感動したものです。


 
        屋根の“反り”とコンケーブドショルダーの“肩峰”が似ていませんか!?
 
c0177259_23384065.jpg


                名匠の技は、どの角度から見ても“美しい”です。

c0177259_2422723.jpgc0177259_2433311.jpg


 ここからひたすら真っすぐ、八幡通りを過ぎて中津川を渡って、「盛岡城跡公園(岩手公園)」を
 越えた所やや左側に it's formen があります。(車で7分、徒歩17分)

c0177259_2565893.jpg



      9月16日、盛岡八幡宮例大祭の最終日(*例大祭は9月13日から16日まで)

c0177259_3133796.jpgc0177259_3141712.jpg


                     良馬の産地、南部「流鏑馬神事」

   「ハイヤっ」・・・パカパッパカ・・・“バシっ”        「イタ~リア~」・・・・・・ナヌっ??

c0177259_3255290.jpgc0177259_3262611.jpg


 こちらは「流鏑馬神事」の模様。(三百年の歴史を持ち、全国でも貴重なものとなっています)
 左の射手といわれる人が“バシっ”と命中させると、右の神官といわれる人が扇子を振りながら
 「イタ~リア~」と掛け声を掛けているように聞こえて「なんだべ?」とその日一日気になっていた
 ところ、夕方のニュース番組のテロップを見て納得しました。「射た~りや~」ですって!!(笑)



                    「盛岡八幡宮」狛犬対決 アニメ編

          「ドラゴンボール」                   「ジャングル大帝」

c0177259_4122288.jpgc0177259_4125218.jpg


 こうゆう見方も面白いと思いますよ!!(*どちらもドでかいです!) 
 右の狛犬は、北側の鳥居の両脇に鎮座しています。正統派スタイルという感じです。
 左の狛犬は、正面の幅広い階段の両脇に鎮座しています。こちらが妙に気になるのですよ。
 ホントに「ドラゴンボール」に出てきそうなキャラクターなんです!!
 恐らくこの作者の石工さんは“漫画好き”に違いないと思うのです。
 裏には、T石材店と彫られているのでそこの職人さんかなと思うのですが、その辺りの真相を
 知っている人がいましたら是非、コメントの投稿宜しく願います。



 “もりおかクラシック”ってい~感じだなや!!
 こういうのをカテゴリーさ入れればいんだべが!?
 来年はもっと取材してこねばねな。

 ということで、次回はいよいよ今年の千秋楽です。
 30日にアップします。
 お楽しみに!!
                                               See you again
                                         

 
[PR]

by itsformen | 2008-12-28 05:19 | もりおかクラシック | Comments(2)

「エコリメイク」のすすめ その壱 モデル編


 < Merry Christmas > 遂に完成しました!!
 10月の「アート&クラフト・フリーマーケット@土澤」の中で私が着ていた、がほたら(翻訳:大き
 すぎ)な“MY古着”のツィードのシャツジャケットで「エコリメイク」第一弾が完成しました。
 ここ最近、“自分スタイル”を作るお洒落な小道具として愛用者が増殖している「帽子」にして
 みました。

 先ずは人気の“ハンチング”からです。

 サイズは、【S-56cm、M-58cm、L-60cm】の中から選ぶことができます。
 (表から見えないように、後ろにゴムを施してあるので余裕のフィット感が得られます)
 用いる生地は、デザインが古くてとか大切な人から譲られたとかで、愛着があっても着るに着ら
 れず、捨てるに捨てられないクローゼットの奥底に眠っている、“MY古着”のジャケット&スーツや
 ブルゾン、コートを「エコリメイク」します。(蘇るのです!!)

 メンズのジャケットからは、“ハンチング”で2個とれますので、親子、夫婦、恋人同士(同性でも
 ヨロシイですよ~笑)とお揃いなんていうのもい~んじゃないでしょうか!!(にっこり) 

 解体作業も含めて、なんと!!! 1個につき¥7350にて承ります。(安ぐねすか?)
 ですので、そのまま持ち込んでください。納期は約2週間です。
 (遠方の方は、送って頂いてもOKです。詳細は、電話なりメールにてお尋ねください)


 
        がほたらジャケットが・・・               “お洒落なハンチング”に 

c0177259_2401534.jpgc0177259_2405140.jpg
















 因みに、ジャケットはハウスモデルの【Modern Savile Row】“マニカカミーチャ”ですが、
 その他は全て、10年以上前の“MY古着”です。
 ほとんど「ケンゾーオム」のモノですが、ベストと5ポケットのレザーパンツは未だに活躍して
 います。(やはり、デザインが“クラシック”で“素材が上質”なモノは残ります)



         原形のシャツジャケット           斜め後ろに被って“ベレー帽のように”

c0177259_2422498.jpgc0177259_2425778.jpg









     イタリア「ベッペ・スパダッチーニ」         「ハリーポッター」の“白フクロウ”が
     コットン・ツィードのモノでした。           こんにちは(幸福を呼んでくれるかなぁ)



    ちょっと斜めに被ると小粋になります。      ふっくらとしたデザインが“クラシック”です。

c0177259_2452628.jpgc0177259_246833.jpg









 20年前に購入した、イタリアではサングラスの代名詞的な存在の「ペルソール」の“クラシック
 タイプ”です。(昨年から今年は、この手のタイプが人気復活していますね)
 当時、盛岡の老舗のメガネ屋さん(蝶ネクタイの社長で有名)が出した新しいタイプの店で手に
 入れました。(*「KENZO」のウェリントン型のスケルトンフレームだけを買いに行ったはずが)
 「藤原さんは、イタリア人のように鼻が高くてブレないのでとってもお似合いですよ」
 「レンズもガラス製なのでほとんどの日本人は“ごはんですよ”になってしまうんですよ」
 これでコロッとやられました!!(大笑い)




      横顔のバランスもい~感じです。          深く被ると“ワイルド感”がでます。

c0177259_2473657.jpgc0177259_248797.jpg









 ワイルドといえばこのMNさん!!来年は“俺が主役”だっ!!とばかりのほくそ笑んだ表情に
 相当な自信をうかがえます。(フフ)
 来春、OYAJIのブログでも主役の座は間違いないと思います。(後々お披露目します)



 いいモノを永く愛用する「エコリメイク」如何でしょうか!?
 この機会に、自分のモノ以外にもご家族のタンス在庫をチェックされるといいと思います。
 
 勿論、新品の生地も受け付けます。
 「いわてのホームスパン」を帽子から入るのもいいかもしれませんよ!!
 【IHATOVジャケット】とお揃いの生地で作っておくのも“有り”です。
 【イーハトー帽】(*いわてのホームスパンの生地で作る帽子をこう呼びます)
 オーダー価格¥12600~¥23100
 

 岩手の皆さんも、東北の皆さんも、都会の皆さんも「エコリメイク」お待ちしています。
   


                                               See you again  
 
 
[PR]

by itsformen | 2008-12-24 00:15 | 帽子工房&エコリメイク | Comments(2)

本州最東端の都市から~「オウィ~す」


 今回は、二度目のご登場、“御大”宮古のKKさんの新作です!!!
 前にも述べましたが、昭和12年生まれでit's formenの顧客さんの中では最高齢です。
 現役バリバリの「ヘアースタイリスト」です。
 “御大”は、本州最東端の都市「浄土ヶ浜」で有名な宮古市から高速バスをタクシー代わりに
 使ってやってきます(笑)。
 宮古市内から盛岡の繁華街まで“一本道”ですので、降りてバス停からウチの店まで5~6分も          
 散歩してくれば着いてしまいます(笑)。
 とは言っても途中、山あり谷あり~トンネル、トンネル、トンネル~峠を登りきったかと思えば
 “急降下ジェットコースター”に乗っているような下り坂を通ってこなければなりません!(汗汗笑)
 でも、運が良ければ盛岡から宮古へ向かう途中ですが、JR東日本の“鈍行二両編成”と並走
 することが出来ます。(都会の皆さんは“堪らない”と思いますよ!こうゆ~の!!)


c0177259_15302241.jpg
 「オウィ~す!な~にがい~の
 へってらぁ~(翻訳:こんにち
 は。何かいい生地入ってます
 かぁ?)」いつもこんな感じで
 やってきます。(まるで宮古の
 「魚菜市場」で買い物するか
 のように!?笑)

 今回のテーマは、「いろっぺい
 くて、わげすたづみてなの(翻
 訳:色目が綺麗で若い人のよ
 うなスタイル)」
 <*若い人といってもわれわ
 れ40代を指しています>

 ということで、“御大”初体験!
 【TUWAMONOスーツ】
 MKJ クラシック 48
 タイトフィット
 シングルブレスト 2釦
 ノンタック トラウザーズ
 「葛利毛織」
 金茶フランネル



c0177259_22121418.jpg
 あまりにも裏地の色柄が
 マッチングしていたので
 アップしてしまいました。
 波打って見えますが、コード
 レーンのストライプ柄です。

 先日、“御大”から電話があり
 まして感想をお聞きしたところ
 「箱がら出してすぐわがった!
 ほに、ぜ~んぜん違うなはん!
 着ごごぢもいくてら!」
 (翻訳:箱から出した瞬間分か
 りましたよ!本当に他とは違い
 ますね。着心地も最高です!)
 と云って頂きました。
 ありがとうございます(にっこり)

 リクエストが、「ダボダボした
 年寄りが着るようなのはやん
 たよ!(いやだよ)」と云われ
 ていましたので私が着る位の
 感覚でお作りしました(笑)。




                               イタリアOYAJIも“やられた!”って感じ
c0177259_2257495.jpg
 インナーには、こちらのイタリア「オルト
 リーナ」の生地で仕立てたシャツを合
 わせます。
 これを着て“御大”のお好きな“盛岡
 の奥座敷”(「つなぎ温泉街」といって
 街中からでも車で30分足らずの所に
 ある、世界のOOショーをやっている大
 型ホテルから、夫婦、家族水入らずで 
 楽しめるしっとりとした佇まいの旅館
 までが連なっています)
 での年初めの会合は“バッチリ”
 です!(モテモテでしょうね!)




 いや~ホントに“御大”のパワーには素晴らしいものがあります!!
 やはり“生涯現役”というのが一番だと思いますね。
 ジローラモさんもキ・シ・ダさんも、どんで(翻訳:びっくり仰天)すると思いますよ(笑)。

 さ~てと、次は“「エコリメイク」のすすめ”をお送りします。
                                               See you again


 
[PR]

by itsformen | 2008-12-20 23:58 | オーダースーツ | Comments(0)

【ハーヴェストレーベル】 こだわりの鞄屋


 今回ご紹介するのは、飽きずに色褪せず10年は付き合える、独自の素材でこだわった鞄作りを
 しているmade in japan【ハーヴェストレーベル】の製品です。
 独自に開発した“特殊ナイロン素材”を中心に、細部にまで手間を掛けたモノ作りにこだわって
 います。 
 デザイナーが“ミリタリーファン”というだけあって、どの製品にもその雰囲気を醸し出しています。
 そもそも“男のスタイル”にはミリタリーからきたデザインが多く占めらているので、【ハーヴェスト
 レーベル】のバッグや小物は、カジュアルなスタイルからジャケット&パンツ、スーツスタイルまで
 相性抜群です!!
 
c0177259_148062.jpg
 「ポーカーフェイス」
 MA-1の素材を再現させて話
 題になった人気シリーズ「フラ
 イヤーズ」と同じ素材を用い、
 良質なオイルドヌメ革とのコンビ
 ネーションを完成させました。 

 無表情でシンプル、持つ人の
 スタイルで表情が変わります。
 “男のカッコよさ”を演出する
 必須アイテム、デニムにもスー
 ツにも相性は良く、いつも近く
 に置いておきたくなります。

 写真の色は、セージグリーン
 他には、エアフォースブルー
 マスタード、ブラウン、ブラック 
 価格¥33600

 「フライヤーズ スモール」
 三つ折のウォレット
 同素材、セージグリーン
 価格¥7980

              「ポーカーフェイス」
c0177259_150379.jpg
 「フライヤーズ」
 1950年代に登場し、今なおフ
 ライトジャケットの最高傑作と云
 われている初期型「MA-1]、
 その素材から縫製に至るまで
 を「鞄」というアイテムに“移植”
 したのが「フライヤーズ」シリー
 ズです。
 「フライヤーズ」シリーズのライ
 ンナップは“トラベル”には持っ
 てこいですし、カジュアルなタ
 ウンユースからビジネスまでを
 もカバーした幅広い構成になっ
 ていて【ハーヴェスト・レーベル
 】の“看板商品”です。

 この写真は「ポーカーフェイス」
 ですが、全ての製品において
 表にしても良いくらい内側まで
 しっかり作っています。
 滑らかなファスナーや一番の 
 こだわり所“持ち手”の感触を
 直に味わってみてください。 



c0177259_15376.jpg
 「フライヤーズ」
 ミニブリーフバッグ S
 写真の色は、エアフォースブルー
 他には、セージグリーン、ブラック
              価格¥25200

 「モア アネスト」
 二つ折財布  オイルドヌメ牛革
 写真の色は、ブルー
 他には、レッド、ブラウン、ブラック
              価格¥11550

 
c0177259_154576.jpg
 右から 「モア アネスト」 
 小銭入れ 写真の色、ブルーとレッド
               価格¥5565
 「フライヤーズ スモール」
 三つ折財布 写真の色、セージグリー
 ン 他には、AFブルー、ブラック
               価格¥7980
 「デニス」
 小銭入れ ホースヘアーxバッファロー
 写真の色、ホワイト 他には、SG、BL 
               価格¥5040





                          “贈り物”

c0177259_1563851.jpg



c0177259_202740.jpg
 “ネックウェア”
 
 右から、<ネクタイ>
  「it's formen オリジナル」
              価格¥6300
  「エディ・モネッティ」 made in italy
              価格¥18900
 <アスコットタイ>
  「フェアファクス」
              価格¥8925


c0177259_214726.jpg
 <カフリンクス>
  「エリザベス・パーカー」 england
              価格¥9450
  「ベネチアガラス」     italy
              価格¥8190
 
 <it's formen オーダー券】
  一枚壱千円券
  ラッピングもOK!
  “贈り物”に喜ばれています。





 来週は、いよいよX'masですね。今回は“贈り物”のヒントをお送りしてみました。(待ってま~す)
 (【ハーヴェストレーベル】の紹介は、これでいがったがな?seki部長?笑)
 
 年内は、30日まで休みなしで働きまっす!!
 その分、31日から1月3日まではお休みさせて頂きます。
 
 次回は、「オウィ~す」です。・・・はっ? 
                                              See you again
                                 
[PR]

by itsformen | 2008-12-17 09:58 | ピックアップアイテム | Comments(4)

“大人のミリタリー” M-65タイプ 今年も!


 【SCAGO】社製 M-65タイプ

 巷には、このM-65タイプは大人のミリタリーは“これしかない”とばかりに様々なメーカーで出し
 ていますが、そんな中でもmade in japan 【SCAGO】社製のM-65は完成度が高いです。
 一昨年は「ベルベット」、昨年は「オイルド・ジャージーカウ」、今年は「コットンフランネル」と毎年
 手を変え品を変え(笑)“モダナイズ”しています。

c0177259_18503092.jpg
 【SCAGO】 aizawa tokyo
 
 <M-65タイプ>

 コットンフランネル  カーキ

 裏地 総ボア(ポリエステル)

 袖裏 総中綿キルティング

 46-M  48-L

 価格¥40950

 <チェックBDシャツ>

 衿 前立て カフス 別柄

 コットン  墨黒 

 46-M  48-L

 価格¥14700


 バックサイド “ここがキモ”

c0177259_18513078.jpg
 aizawa社長とはかれこれ15年
 来のお付き合いになります。
 一番長く取引しているメーカー
 になりました。

 アパレル業界においては、あっ
 という間に消えてなくなるのが
 日常茶飯事の世界で、小規模
 ながら長く続けられていること
 には見習うべき所があります。
 やはり、常に試行錯誤しながら
 得意とする所を“足りる分だけ”
 提供しているからなのでしょう。

 大手メーカーが手を付けたがら
 ない“こだわるOYAJIたち”の
 心と“ふところ”をくすぐるモノ作
 りがありがたいですね。

 ジャケットもシャツも“タイトフィ
 ット”なデザインですが、OYAJI
 のサイズスペックにしてあるの
 で心配いりません!!(にこっ)
 


c0177259_1951931.jpg
 ミリタリーにはミリタリーということ
 で、’50年代のエアホースアイ
 テム、「MA-1」のナイロン素材
 をそのまんま再現させて、良質な
 オイルドヌメ革とのコンビネーショ
 ンを完成させた“鞄”とコーディネ
 ートしてみました。
 
 これからのウィンタースポーツや
 アウトドアには、同じ「MA-1]
 素材を使った“多目的ウォレット”
 もお薦めします。
 本革と違って濡れてもヘッチャラ
 ですし多少乱暴に扱ってもビクと
 もしません!!
 


c0177259_1983548.jpg
 【SCAGO】 レザーウォレット

 小銭入れ  ソフトレザー  牛革
                ¥8295
 
 二つ折財布 クロコ型押し 牛革
                ¥13650

 長財布    クロコ型押し 牛革
                ¥13650
 



                    “純正カシミア&カモフラ” ベスト

c0177259_19112319.jpgc0177259_1912279.jpg

















 こちらは【Super Standard】ハウスモデルのベストです。      オーダー価格¥19950
 カシミア99%ウィズミンクの“ゴージャスな素材”とカモフラージュという“ミリタリーな柄”を組み
 合わせてちょっと遊んでみました。
 前身頃がエレガントすぎるので洗いを掛けて“くたっと感”を出そうかと思っています(笑)。

 インナーのBDシャツは【SCAGO】社製です。
 コットン ウォッシュドストライプ柄。
 46-M  48-L  ¥14700



 さあ次回は、X'masも近づいてきたことですので、彼女から、奥さんから、OOから・・・?
 “自分にご褒美”でもいいでしょう“ちょっとした贈り物”のヒントに小物類をアップしてみます。

 あっ!それから「MA-1]の鞄の説明もしなきゃいけませんね(笑汗)
 ねっ!seki部長!!(わがってるって ちゃんとするがら!笑)

                                                See you again
 

                                                           
[PR]

by itsformen | 2008-12-12 23:30 | ピックアップアイテム | Comments(2)

イタリアン【Erba Italia】パターンオーダーシャツ・フェア


 12月限定のSpecial Invitation 企画のご案内です。
 【Erba Italia】は、ユーロ圏では「アルビニ」や「カンクリーニ」と並ぶシャツ生地のトップブランド
 として認知されています。
 そんな【Erba Italia】の良質な生地をインポーター(エージェント)を通さない、直接買い付けと
 ユーロ効果のおかげで、通常よりお得感があるお値段でオーダー頂けます。

c0177259_2305190.jpg

 皆さんへの“X'masプレゼント”としてのオーダー・フェアです。
 是非、【Erba Italia】とともに“イタリアの空気感”を感じてください。




 10月の「オプション・フェア」でのお客さん作品集です。

c0177259_2483743.jpg
 こちらは、いつも【Sartoria
 PLUM】の「LBSクラシック
 」ダブルブレスト6釦を“ビ
 シッ”と着こなし、手には銀
 座「タニザワ」のダレスバッ
 グがトレードマークの盛岡
 のTUさんの作品です。
 「スタンダードワイド」に「フ
 ライフロント」が定番のTU
 さん。“愛車のM・B”のホ
 イールとかギアとかをイメ
 ージして釦や糸の色を選
 んでいます。(私にはよく
 分からない世界です。笑)



c0177259_2512086.jpg
 こちらは、いつも【Sartoria
 PLUM】の「LBSクラシック
 」シングルブレスト3釦段返
 りを、時にはベストを組み
 合わせて“エレガント”に着
 こなしている盛岡のUNさん
 の作品です。

 新型の襟「ラウンドチップ」
 に新型のカフス「ミラノカフ
 ス2型」でキメてみました。
 生地は人気の「ロイヤルカ
 リビアン」です。

c0177259_2531496.jpg
 こちらもUNさんの作品で
 す。
 デニムシャツは色違いで
 2枚目になりますね。
 「ワンピースワイド」の襟
 型に新型のカフス「スクエ
 アダブル釦」にしていま
 す。写真では分かりにくい
 ですが、ハンドステッチ、
 釦、糸色を“ネイビー”に
 統一してみました。
 大正解です!!
 デニム地でも“ノーブル”
 になりました。



c0177259_1361761.jpg
 こちらは、【Sartoria PLUM
 】の「ACSクラシック」をタイ
 トにシャープに着こなしてい
 る、高校生の頃から20年
 来のお付き合いになります
 “OO御三家”のお一人盛
 岡のHIさんの作品です。
 白のヘリンボーンは、「ドゥ
 エボットーニワイド」の襟に
 新型「ノーブル」カフス。グ
 レンチェックのクレリックは
 新型「ウィンザーワイド」の
 襟に「Wカフススクエア型」
 “戦う姿勢”バッチリです!


 
 今回の「イタリアン・オーダーフェア」でも“自分スタイル”を楽しんでみてください。

 忘れねんでや~“12月28日まで”の受付でやんす。
                                    皆さん!お待ちしていま~す!!
 
[PR]

by itsformen | 2008-12-10 09:38 | オーダードレスシャツ&ネクタイ | Comments(0)

オーダーメイドメニュー【スーツ&ジャケット】 最終回 Super Standard


 いよいよ今回で「オーダーメイドメニュー」の最終回!!
 【Super Standard】のエピソード&ステージ衣装編をお送りします。

 「スーパースタンダード」と謳っているくらいですから、どんなオーダーにも“断わらずに”(笑汗)
 お応え出来る仕立て工場に依頼しています。
 そもそも it's for men が現在のスタイル「オーダーメイド専門店」として展開するキッカケを運んで
 きてくれたのが、このメーカーの営業マン「Eくん」なのです。

 それまでは、「ケンゾーオム」を中心にデザイナーズ系の品揃えで展開していましたが、“トレンド 
 がクラシック”になるにつれお直しの箇所が異常に増え、さらにはサイズ対応出来ない人続出で
 20世紀も終盤を迎えた辺りから“既製スーツの限界”を感じていた私は、トレンドも盛り込みつつ
 “既製品と同じ価格帯”で「オーダーメイド」できるメーカーがあればなと思案していました。
 そうしたら世紀末の年、「チャリンチャリン」と“チャリンコ”に乗って現われたのですよ!!!
 「Eくん」が!!(なんかE・Tみたいですねぇ 笑)(雰囲気も似てるかも 笑)
 胸にはパソコンの画面ほどある大きさの名札に「オーダースーツ Eくん」と手書きで大きく書いて
 「ちわ~っす」と何度か来たことがあるかのように“にこやか”に入ってくるではありませんか!!
 
 私、「おめッどごがら来た??」
 Eくん、「本社は鳥取ですが、仙台営業所からまいりました」
 私、「バガたれッ!づでんしゃで仙台がら来れるわげねえべや!!おんめッオレばバガぬすてら
  のが!!(翻訳:馬鹿なことを言わないでください。自転車で仙台から来られるわけないじゃな
  いですか。あなた私を馬鹿にしているのですか)」
 Eくん、「いや~そういうことではなくて~駅前の自転車屋さんで貸してくれたんです(汗)」
 私、「ん~だったの(翻訳:そうでしたか)もりおがでもそったなサービスするようになったんだなや  
  (笑汗)」
 これが「Eくん」との初めての出会いでした(笑)。

 いや~「Eくん」には本当に語り尽くせないほどお世話になりました。
 ウチのHPのトップ画面右下の写真に写っているボタンのサンプルは、「材料費を出してもらえれ
 ば僕が作ってあげます」と言って彼が作ってくれたモノです。
 この頃に、生地屋さんも紹介して貰ったのが現在の「オーダーメイド専門店」を確立させることが 
 出来た要因になっているのです。 
 赤い糸かどうか分かりませんが、「Eくん」からの発生で間接的にでも取引先が一本の糸で繋がっ
 ていますね。(Eくん!ホントに感謝していますよ!)

 【Super Standard】の特徴は“リーズナブル”DE“マルチプレーヤー”なところです。
 既製品と同じ価格帯で“様々なリクエスト”にお応え出来ます。
 鳥取本社工場仕立てがスーツで¥50,400 ~です。 
 ビジネススタイルは勿論ですが、これからは他では“真似のできない分野”にも挑戦していきたい
 と思っています。
 
 “ウェディング衣装”と“ステージ衣装”です。

 「ウェディング衣装」は、フロントスクエアのデザインにロング着丈のJKスーツにして、披露宴が済
 んでから着丈を標準に“リフォーム”して普段にも着られるようにする仕様をお薦めしていきます。
 生地によりますが、上記の金額にプラス¥10500程度で出来るのですから“自分のモノ”にしな  
 い手はないですよね!!(貸衣装屋さんにはホント迷惑な話です。悪く思わないでね ウィンク)

 「ステージ衣装」は、今回写真をご紹介します“歌謡演歌系”から“ロック系”や“ジャズ系”までも
 お芝居やファッション系などの“舞台衣装”もご依頼があれば出来る限りのことはやらせて
 頂きます。(私的には「クレイジー・ケンバンド」の衣装やりたいですねえ~ ヨッシャー)


                        “ステージ衣装”

c0177259_22125642.jpgc0177259_22151425.jpg

 
 今回ご紹介するのは、盛岡を拠点に歌謡演歌
 界で活躍する“いわての星”歌手の「三浦わた
 る」さんの作品です。
 「三浦わたる」さんは、’05年「北の夕焼け」で
 デビューして以来、地元盛岡を中心に全国的に
 活躍されています。

 “生地の裏”はこうなっています
c0177259_22345956.jpg 
 ヤマ町(盛岡の青山町)界隈へ行くと至る所「三
 浦わたる」さんのポスターが貼ってあって地元フ
 ァンの底力を感じます。(*三浦さんのご実家は
 ヤマ町で人気の「みうら屋」を営んでいまして、
 “ラーメンうめっ”て評判ですよ!!)
 it's formen では’06年に初めて“ピンクのスー
 ツ”を作らせて頂いて以来、コンサートの度に新
 作のご依頼を頂いています。
 今回の作品は、先月25日に「マリオス」で開か
 れた、新曲「羽後本線」の披露コンサートに合わ 
 せてお作りした衣装です。
 毎回、ファンの方々と「これはどう?あれは?」
 と真剣に楽しみながら選んでいます。
 私の気持ち的には、「氷川きよしさ負げるな!
 ジェロさ負げるな!若げもんさ負げるな!!」
 と思いながらお作りしています(笑)。 




ということで、初アップから3ヵ月に渡って it's formen の「オーダーメイドメニュー」をご紹介させて 頂きました。
「ここんところもっと知りたい」とか「何言ってるか意味が分かんない」とか疑問な所がありましたら
特に都会の皆さん、ご意見ご質問承りますのでメールなり電話なり、直接“旅行がてら”いらして
頂いてもOKです!!(出来る限りのお世話はさせて頂きます。 満面の笑み)

さあ、次回からは年内にアップするためにため込んでいたネタを次から次へと繰り出していきます。

どうぞ、お楽しみに!!

                                               See you again

 
[PR]

by itsformen | 2008-12-08 00:02 | オーダースーツ | Comments(0)

オーダーメイドメニュー【スーツ&ジャケット】 その九 Savile Row お客さん新作編


 今回も【Modern Savile Row】お客さん新作編です。

c0177259_15563222.jpg
 「マニカカミーチャ」 52
 (アンコンシャツ袖)

 ノッチドラペル

 シングル3釦段返り

 チェンジポケット

 ベルライン袖

 イタリア「モンテレジオ」
 シェットランドウール
 ガンクラブ風チェック

 今回ご紹介するのは、バブル
 の頃、東京で“しこたま儲けて”
 十年程前に妻子を引き連れて
 “Uターン”して来ました盛岡の
 TAさんの作品です。
 現在は、真面目に家業に精を
 出しています(笑)。

 

                                      “マニカカミーチャ”

c0177259_16221363.jpg
 TAさんは、“イヌワシ”が羽を広げたときような
 “迫力のある肩”をしていて腕も長く、身長も
 180cm超有りますので既製品ではなかなか
 合いません。
 バブルの頃は“ソフトスーツ”が流行っていた
 ので何とかなったのですが、“トレンドがクラシ
 ック”になってからはゴマカシが効きません。
 「オーダーメイド」で対応出来るようになって
 「本当に良かった」と思っています。(にっこり)

 この「マニカカミーチャ」モデルは、“いかり肩”
 の人でも“なで肩”の人でもうまい具合に収ま
 ります。
 その人の体型に合わせて補正も施しますので
 ブランド物のパターンオーダーとは訳が違いま
 す。

                                    
         “ベルライン”

c0177259_1624379.jpg
 この「ベルライン」袖は、長身の人でも小柄な人
 でも“Drop7”以上のウエストを絞ったシルエット
 がハマる人でないと似合わないかもしれませ
 ん(笑汗)。
 でも、ハマるととっても“ノーブル”ですよ!!

 TAさん、トラウザーズは「ホワイトフランネル」を
 合わせると言ってましたよ!

 “お洒落さん”ですねえ~(にこッ)

 12月は、“盛岡のJAZZ倶楽部”のLIVEに
 “愛妻”と行ってくると言ってました。(羨ます)

 これから"X'mas"もやってきます!
 皆さん、“お洒落の忘れ物”がないように!!




 これで、3回に渡って【Modern Savile Row】のお薦めモデルをご紹介させて頂きました。
 基本的に、「レギュラーショルダー」、「ロープドショルダー」、「マニカカミーチャ」は
 それぞれ選ぶことができます。
 詳しくは、私までお尋ねください。

 「やっとこごまで来たあ~ スパートしねばわがねなっす ネタはいっぺあるおんや」
 (翻訳:やっとここまで来ました。ネタはいっぱいあるのでスパートしなければなりません。笑)

 それでは次回は、【Super Standard】をお伝えします。

                                               See you again


 
[PR]

by itsformen | 2008-12-03 23:52 | オーダースーツ | Comments(0)