人気ブログランキング |

カテゴリ:オーダースーツ( 124 )

「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! II ~手持ちのスーツを一新します~ 編

「岩手のスーツ」
初体験キャンペーン! Ⅱ

「オーダーメイドで誂えるなら上質な仕立てがいい」
そう思っているスーツスタイルに拘る人たちは結構いらっしゃいます。
地元岩手には日本屈指の優秀な仕立て工場があるのをご存知ですか?!
今、スーツのグレードアップをお考えならSartoria Iwate仕立てをお薦めいたします。


c0177259_22082666.jpeg


c0177259_22090256.jpeg


c0177259_22100720.jpeg

Sartoria Iwate仕立て 「The British」48 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ブリティッシュショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 二の字掛け サイドベンツ

タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」87 裾幅18.8cm

「HARRISONS」England FRONTIER グレイッシュ ネイビー ピンヘッド 300g/m 
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 1着目 オーダー特別価格¥...

c0177259_23142025.jpeg


気が付いたら10年近く経ったスーツがワードローブのニューフェイスになっていた...。
この機会に「手持ちのスーツを一新しよう」と、初めから2着オーダーするつもりのようでしたので、「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!は“渡りに船”だったみたいですね。
今のところ65歳までは一旦途切れることもなく仕事ができる会社のようですので、まだまだ10年近くはスーツが必要になるのとそろそろ東京に戻る可能性が高いとのことで、この際スーツもグレードアップして“上質な仕事環境”をつくろうと考えたみたいですね。
落ち着いたブリティッシュテイストがお好みのようで、2着とも「HARRISONS」のベーシックなところからお選びになりました。
2着ともトラウザーズは同じデザイン、同じ寸法で料理しましたが、上衣は撫で肩の人が着るとカッコ良く収まるブリティッシュショルダーのデザインを1着目に、2着目には全体がタイトでナチュラルショルダーのイタリアンクラシックなデザインを用いました。
そんな今回のご依頼人は、車はイタリアン、洋服はブリティッシュがお好みの50代半ば、福島 郡山のTFさんです。


c0177259_22111942.jpeg


c0177259_22115201.jpeg


c0177259_22122199.jpeg

Sartoria Iwate仕立て 「MKA クラシック」48 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル 垂れ綿 極薄 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 二の字掛け サイドベンツ ・織柄裏地 OP¥5,000+税

タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」87 裾幅18.8cm

「HARRISONS」England REQUIEM チャコールグレイ 220/240g/m 
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 2着目 オーダー標準価格¥135,000+税

c0177259_23144240.jpeg





上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この秋冬も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで60,000円+税~120,000円+税のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです・・ 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。







“色づき始めたかな” ~サロンの窓から~

c0177259_22203728.jpeg


c0177259_22205542.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-10-28 23:30 | オーダースーツ | Comments(0)

「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! ~ちょうどよかった、乗りましょう~ 編

「岩手のスーツ」
初体験キャンペーン!

「オーダーメイドで誂えるなら上質な仕立てがいい」
そう思っているスーツスタイルに拘る人たちは結構いらっしゃいます。
地元岩手には日本屈指の優秀な仕立て工場があるのをご存知ですか?!
じっくりお話し合いをさせていただくと、「分かりました、その企画に乗りましょう」という方が増えてきました。
上質なスーツを誂えるならSartoria Iwate仕立てをお薦めいたします。


c0177259_23013821.jpeg


c0177259_23024388.jpeg


c0177259_23030542.jpeg


Sartoria Iwate仕立て スリーピース 「MKA クラシック」48 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル 胸Pバルカ 腰P両玉縁縫い留め 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 二の字掛け ノンベント

ベスト 「the elegance」48 シングルブレスト6釦

タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」87 裾幅19.8cm

「葛利毛織」Japan Formal BLACK 320g/m 
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 1着目 オーダー特別価格¥...

c0177259_23021930.jpeg


6年振りにご予約を頂いた盛岡のHHさんからのご紹介でいらっしゃいまして、「Iwate仕立てはいいぞ、着た瞬間に違いが分かるから」とのHHさんからの推しもあり、初めからビジネス用とフォーマル用と2着オーダーすることに決めていらしたので、「ちょうどよかった、その企画に乗りましょう」ということで、話し合いはスムーズに進みました。
2着とも同じくらいの時期に着用予定があるということで、今回は2着同時進行で進めさせて頂きました。
一応、お手持ちのスーツをご持参いただいて採寸しましたが、“S字カーブ”の影響がかなりきつく出ることまで想定しきれませんでしたので、ビジネス用のトラウザーズはつくり直すことに...。
そんな今回のご依頼人は、ブリティッシュな雰囲気がお好みの30代半ば、盛岡のSYさんです。


c0177259_23051923.jpeg


c0177259_23060702.jpeg


c0177259_15124540.jpeg


Sartoria Iwate仕立て 「MKA クラシック」48 シングルブレスト2釦 ノッチドラペル 垂れ綿 極薄 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ&チェンジP 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 二の字掛け サイドベンツ

タック トラウザーズ 「stylish ゼロイチ」90 裾幅21.1cm

「FOX BROTHERS」England GOLDEN FOX グレイ×ネイビーストライプ 230/260g/m 
「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 2着目 オーダー標準価格¥147,000+税

c0177259_23054277.jpeg






上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この秋冬も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで60,000円+税~120,000円+税のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです・・ 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。






5%還元対象店舗です!

c0177259_15280634.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-10-23 22:00 | オーダースーツ | Comments(0)

~夏のリネンスーツ~ 編

お盆休み

13日(火)・14日(水)・15日(木)・16日(金) お休みさせていただきます。

夏のお祭りや花火大会等々これからまだまだ夏のイベントが続きますね。
そんな中 it's for men オーダーサロンには“秋冬物の生地たち”があちらこちらから集まって来ています。

「ああぁ 花巻東 負げでしまったぁ...」




夏のリネンスーツ

c0177259_20425189.jpeg


Super Standard アンコン仕立て 
「N-base」 シングルブレスト2釦 ッチドラペル 肩パット&芯地ナッシング ・大見返し OP¥3,000+税 ・ピックコバステッチ OP¥4,000+税 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップレス センターベント 

0タック トラウザーズ 「A-base」 裾幅18cm

「Brezza」Japan グレイッシュベージュ ウェザークロス リネン100% 400g/m
オーダー標準価格¥72,000+税

c0177259_20432563.jpeg


c0177259_20430503.jpeg


c0177259_20433908.jpeg


十数年続いた独自のパンツスタイルから真逆のテーパードなシルエットに。
十数年前からご依頼いただいたスーツとジャケパンは全てお直しに。
変わったと言ってもパンツの膝から裾にかけてのシルエットが真逆になったくらい。
ジャケットはサイズダウンしたのと着丈のトレンド性の違いくらい。
今回の夏のリネンスーツはその辺りのことを踏まえて“新たな自分スタイル”をつくるお手伝いをさせていただきました。
ボリューム感のあるピュアリネンのウェザークロスを用いて麻の持つ粗野感をスーティングで表現しました。
そんな今回のご依頼人は、“夏には麻素材”が信条のアラフィフ、盛岡のTKさんです。

こちらの帽子たちは、いわてのホームスパンの母、蟻川工房の「福田ハレ」氏が“蕁麻”を用いて生前に織り上げていた非常に存在感のあるそして大変貴重な生地でカタチにさせていただきました。
生地幅33cmの三種類の反物を蟻川さんから「カタチにして」と託された代物です。
その中の生成色の「ジャーニーハット」がTKさんからご依頼いただいた帽子です。

蟻川工房 蕁麻織帽子

c0177259_20441765.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-08-09 21:30 | オーダースーツ | Comments(0)

“ジャケパン”もいいけど...「俺はスーツスタイルが好きだ!」編 その参

空梅雨

5月の真夏のような暑さが嘘のような、遅くやってきた爽やかな五月晴れを感じさせる今日この頃ですが、今年の梅雨は梅雨らしくない空梅雨で終わってほしいと切に願っています。






SOLARO」 de スーティング ~シングルブレスト~

「コートもいいですが、僕はスーツでつくりますよ」
やはり、昨年のit's Model バルマカーンコートをご覧になり、ミリタリーで玉虫色の世界に魅了されたようでした。
「アンコンまで崩さないですが、“太陽の赤”は見せたいですね」
「でも、買い替えた車のホイール&タイヤ代がスーツよりも掛かるので...」
「今年のボーナスは消えてしまいます... だから来年の春につくりますね」
ということで、季節的にはちょうど良い平成最後の春に誂えて頂きました。
前編のASさんもそうですけど、この本物の「SOLARO」を着ている人はそうそういらっしゃらないと思います。
特にこの辺りでは。いたら見てみたいですね。
今回ご依頼いただいたのは、18才からit's for menにハマり今年で五十路を迎えます、〇〇御三家のお一人、盛岡のHIさんです。


c0177259_21080561.jpeg


c0177259_21083990.jpeg


c0177259_21081945.jpeg


c0177259_21092129.jpeg


Sartoria Iwate仕立て 「MKX クラシック」46 ・ライト仕様(軽量)OP¥4,000
シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラル ショルダー 垂れ綿極薄 
胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ スラント 極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 重ね 
釦 二の字掛け サイドベンツ

1タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」81 裾幅18.2cm

「SMITH WOOLLENS」England ~ORIGINAL SOLARO~ 355ℊ/m  
オーダー標準価格¥150,000+税

c0177259_21074780.jpeg








“初夏の風物詩 チャグチャグ馬コ” ~サロンの上から~

c0177259_22532585.jpeg


c0177259_22534583.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-06-13 00:00 | オーダースーツ | Comments(0)

“ジャケパン”もいいけど...「俺はスーツスタイルが好きだ!」編 その弐

衣更え

最近の初夏は真夏みたいに暑すぎるので、北国といえどもGW明けから衣更えにしても良さそうなものですが...。
あっ!そう言えば、岩手は5月からクールビズになっていると〇〇御三家の方が言ってましたね。
今や学生だけの話になってしまいました。





SOLARO」 de スーティング ~ダブルブレスト~

春先にご案内したSOLARO」&「SUN CLOTHのミリタリーな生地の中から太めのヘリンボーンをチョイス。
昨年、it's Model のバルマカーンコートをご覧になり“玉虫色”に変わる独特な色合いに数寄者のハートを射られたようでした。
「春先には必ず、今回と同じダブルブレストでスーツをつくります」と、はやる気持ちを抑えつつ時季を待ちわびました。
独自の“自分スタイル”をお持ちの方なので、トラウザーズはド・ストレートに近いシルエットです。
「ソラーロ」にはスニーカーを合わせたいなということで、上衣はデザインパターンを変えて肩パットを省きました。
この“100年続くクラシックな服地”を思う存分味わっていただきましょう。
今回ご依頼いただいたのは、今年還暦を迎えますがまだまだ好奇心旺盛な矢巾のASさんです。


c0177259_17252032.jpeg


c0177259_17255647.jpeg


c0177259_17262088.jpeg


Sartoria Iwate仕立て 「ベーシックス W」44L ダブルブレスト4釦 
・ピークドラペル OP¥2,000+税 ナチュラル ショルダー 肩パット ナッシング 
垂れ綿極薄 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 
釦 二の字掛け ノンベント

1タック トラウザーズ 「オーソドックスⅠ」A4 裾幅23.6cm

「SMITH WOOLLENS」England ~ORIGINAL SOLARO~ 355ℊ/m ヘリンボーン 
オーダー標準価格¥150,000+税

c0177259_17203014.jpeg










Tokyo Whitesnake

in MORIOKA ~GLOBE~

c0177259_00031885.jpeg

昔のバンド仲間のIK、君はスターになった!

c0177259_23525419.jpeg


昨年のロンドン公演の模様

c0177259_00262299.jpeg



都会の皆さん!!「ライブに行こうぜ!」

c0177259_23533239.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-06-02 00:00 | オーダースーツ | Comments(0)

“ジャケパン”もいいけど...「俺はスーツスタイルが好きだ!」編 その壱

夏か?

GWが明けると北国の岩手でもクールビズが始まり、ノンタイのビジネスマンが増えてきましたが、黒なのか紺なのか分からないダークな色味のスーツにホワイトシャツを合わせてただネクタイを外しただけの着かたの人が目に付きます。
ただネクタイを外しただけの着こなしをするのであれば、“ジャケパンスタイル”の方が見た目もビジネス的にもしっくりくると思いますが如何でしょうかねえ。
ということで、今回から数回に亘って「俺はスーツスタイルが好きだ!」という方々からご依頼頂いたスーツをご紹介したいと思います。


ラスティック モダンなサマースーツ

ウチのサロンでは今季から初めての取り扱いになります「FOX BROTHERS」の~FOX AIR~ 最高に良い感じです!
生地バンチが届いて間もなくオーダー頂きまして、ワタシが感じた素朴ながらモダンな雰囲気のある何とも言えない上質感を共感できたのだと思います。
ビジネススタイルはノンタイでも“スーティング”に徹します、今年還暦を迎えました盛岡のTSさんからのご依頼です。

c0177259_23073013.jpeg


c0177259_23081964.jpeg


c0177259_23083317.jpeg


Sartoria Iwate仕立て 「MKX クラシック」50L シングルブレスト3釦 
・ライト仕様(軽量)OP¥4,000+税 ノッチドラペル ナチュラル ショルダー 
肩パット ナッシング 垂れ綿 極薄 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ チェンジ 
極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 鳥足掛け サイドベンツ

タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」90 裾幅20.1cm
 
FOX BROTHERSEngland ~FOX AIR~ 285/315g/m
ラスティック ネイビー オーダー標準価格¥146,000+税

c0177259_23075939.jpeg






ビジネススーツに“色気”のエッセンス

昨年の秋冬コレクションに続いての「Ermenegildo Zegna」です。
ビジネススタイルに最適な~TRAVELLER~の中から、目立たないウィンドウペンが仄かな“色気”を醸し出す小粋な生地をチョイスしました。
こちらも盛岡のTSさんからのご依頼です。
「岩手のスーツ」ですからデザインと仕立ては安定していますので、生地のチョイスにはいつも余念がないですね。
&TSさんには「blueover」のmarcoも気に入って頂いて、ブラウンとブラックと2色ともチョイスして頂きました。

c0177259_23063341.jpeg


c0177259_23065344.jpeg


Sartoria Iwate仕立て 「MKA クラシック」50L シングルブレスト3釦 
ノッチドラペル ナチュラル ショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ チェンジ
垂れ綿 極薄 極限コバステッチ 袖口本切羽4釦 釦 鳥足掛け サイドベンツ
・柄裏地(小紋)OP¥5,000+税

タック トラウザーズ stylish ゼロイチ」90 裾幅20.1cm
 
DOLCE VITAItaly 「Ermenegildo Zegna」 ~TRAVELLER~ 220g/m
ダークグレイ ピンヘッド×ウィンドウペン オーダー標準価格¥134,000+税

c0177259_23071296.jpeg








“五月晴れの新緑が心地良い” ~サロンの窓から~

c0177259_23595805.jpeg



See you again


by itsformen | 2019-05-28 00:00 | オーダースーツ | Comments(0)

「SCABAL」×「岩手のスーツ」=“自分スタイル” 編


急げ!
師走までラストの週になりましたね。
今年やり残していること、師走に入るとやり残してしまいそうなこと、師走に入るとあっという間にスケジュールが埋まってしまう、その前に、さあ動きましょう!!!





「岩手のスーツ」de ~自分スタイル


c0177259_23115583.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「オーソドックス Ⅰb」A4
ダブルブレスト 4釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 オーソドックス
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
ノンベント
・小紋柄裏地
 OP¥5,000+税

1タック トラウザーズ
「オーソドックスⅠ」A4
裾幅23.6cm

「SCABAL」England
Super100’s
ブラック×シルバーグレイ 大柄チェック
オーダー標準価格
¥162,000+税
c0177259_23121693.jpg

スペア トラウザーズ
「オーソドックスⅠ」A5
裾幅23.8cm
オーダー標準価格
¥56,000+税

~カランコロン~カランコロン~
ワタシは洋服の仕事に携わって30年超になりますが、なかなかいらっしゃらないと思いますね。
オーダーメイドのスーツを始めてからは18年になりますが、ワタシは初めてです。
スーツに靴ではなく、“下駄”を履くんです。
フーテンの寅さんは雪駄を履いていましたが...。
それにしても... 面白い人です。ワタシは嫌いじゃないですこうゆう人。
服飾評論家的な人たちからすると邪道極まりないのかもしれませんが、ファッション雑誌と同じスーツを着ていてもイマイチ着こなせていないオヤジよりは、“自分スタイル”を持っていてワタシは好感が持てますね。
インナーは、ダボシャツに腹巻ではなくて、バンドカラーorスタンドカラーのシャツを合わせます。色味はダーク系が多いようですね。
そんな今回のご依頼人は、ネット上から“藤原劇場”を見つけ「仕立ての良いスーツが欲しいんです」ということでいらっしゃいました50代後半、矢巾のASさんです。

c0177259_23123106.jpg
c0177259_23124569.jpg


















c0177259_23130317.jpg
c0177259_23131796.jpg



















こちらのトラウザーズのモデルは、ワタシも懐かしさのあまり目からウロコの、その当時(’80年代前半)、ブリティッシュトラッドの最強軍団だった“シャンタルデュモ”社の「Avon House」(今のエ-ボンハウスとは違います)のトラウザーズです。
ASさん、一番お気に入りのシルエットだということでお持ちいただきました。
あとから誂えたスペアのトラウザーズは、ややユッタリ感が欲しいということでウエストサイズはそのままに(ウエストをユルくするとだらしなさが出るので)全体にハーフサイズ程度のユトリを持たせました。
来春に誂えるスーツも決まりましたね。
SOLAROをやはり“ダブルブレステッド”で料理するようです。


エコリメイク

c0177259_21005505.jpg

こちらは、90歳でお亡くなりになられたASさんのお父様の形見からやはりダブルブレステッドのスーツを~帽子にリメイク~したものです。
オーダーリメイク価格
ハット ¥15,000+税
お父様がビスポークしたのが何時なのか定かではないようですが、裏地やテーラーの織りネームからしてもおそらく40年は経っていると思われます。
初めの一つ目は上衣から取りまして、お気に入りになっての二つ目は下衣から取りました。(もうすぐ出来上がります)
~大切なもの、捨てられないものを帽子にリメイクって良いですね~






“初冬の夕焼け” ~サロンの窓から~

c0177259_22155362.jpeg


c0177259_22161177.jpeg



See you again


by itsformen | 2018-11-26 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「CANONICO」×「岩手のスーツ」初体験キャンペーン! 編


初雪
今朝!本州一早い初雪が盛岡だったようです。
そうは言っても平年よりは大分遅いみたいですけどね。
エルニーニョの影響で今年は暖冬の予報ですが、北海道ととーほぐはいつも通りの冬らしいですよ。
洋服屋としてはカシミアのコートやツィードのジャケットが欲しくなるような“冬らしい冬”を期待しますが、私的に今年だけは多少寒くてもいいので雪は降らないで欲しいですね。




 
VBC"

岩手のスーツ」初体験キャンペーン!


c0177259_19481736.jpg

スリーピース
 
「MKX クラシック」46 
シングルブレスト 3釦
・ライト仕様(軽量)
 OP¥4,000+税
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸増芯
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 鳥足掛け
サイドベンツ

ヴェスト
「stylish ジレ」44
シングルブレスト 6釦

タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」81
裾幅17.7cm

CANONICOItaly ~Rastic Tropical~ 250g/m 
「岩手のスーツ」1着目 オーダー特別価格¥...


c0177259_19511686.jpg

「今までのスーツがキツくなってしまって...」「特にパンツがこんなふうに...」ということで、お気に入りだった“L”のスーツをお持ちいただきました。
超タイトフィットなデザインがお好きなものですから、1着目は実寸と“L”のスーツを採寸させて頂いて、特にトラウザーズに事故が起きない程度のユトリを持たせたサイジングにしました。
そして、こうゆう人もいるんですとウチの”御意見番”のお話しをしたところ、「なるほど、面白い!僕もそれでお願いします」ということで、ご自分の“暗号”刺繍だけ入れて生地ネームも店ネームもナッシングにしました。
そんな今回のご依頼人は、仕事も家庭も充実しているのがよく分かります30代半ば、盛岡のHFさんです。

c0177259_19514739.jpgc0177259_19531302.jpg


















c0177259_19520903.jpg
c0177259_19525389.jpg























~2着目も“VBC"で~


c0177259_19533658.jpg

 
「MKX クラシック」46 
シングルブレスト 3釦
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 クロス掛け
サイドベンツ

タック トラウザーズ
「stylish ゼロイチ」81
裾幅17.7cm

~PERENNIAL~ 
Super110‘s 260g/m
「岩手のスーツ」2着目 
オーダー標準価格
¥112,000+税


c0177259_19541045.jpg
HFさん、やはり“VBC"の生地がお好きなんですね、2着目はトーンの落ち着いたグレイッシュなネイビーブルーをお選びになりました。
“L”のスーツもそうでしたが、殆んどは無地系のネイビースーツを着られるようです。
そして2着目のサイジングは、1着目を“プロトタイプ”にあちらこちら微妙にイジりました。
上衣~胸廻り0.5出し、袖丈&着丈0.5詰め、ケマワシ1.0出し
下衣~ウエスト0.5出し、ヒップ1.0出し、膝幅0.5出し
スーツスタイルの傾向(トレンド)もクラシック回帰に向いていますからね、タイトフィット過ぎない程度に、何事も程ほどにというところでしょうか。
3着目、楽しみですねぇ~
何をどう料理されるんでしょうねぇ~

c0177259_19551664.jpg
c0177259_19553734.jpg

















c0177259_19555959.jpg
c0177259_19562331.jpg

























上質なスーツ
継続しています。「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!
この秋冬も「岩手のスーツください!」と、心の中で想っている人たちへご提案いたします。それは、初めに「プロトタイプ」ご自分の基本型~を創ってみませんか!?というご提案です。
“オヤブロ”やホームページをご愛読頂いていて、“気になってしょうがない”と悶々としているネット上では会っている気がしていても私には誰なのか分からない未だお会いしていない人と、it's for men の顧客さんの中でも「岩手のスーツ」は“未体験の人”が対象です。

岩手のスーツ」=【Sartoria Iwateといっても皆さんピンとこないかもしれませんが、業界では“知る人ぞ知る”存在のイワテスーツ工房にて仕立てた“上質なスーツ”の代名詞になっています。
元々、クラシコイタリアの開祖「ドメニコ・カラチェニ」派の注文服の技法を既製服に置き換えた縫製工場ですから、オーダーメイドの中でも“完成度の高い”デザインパターンからCADを使って寸法を調整し適度の体型補正も施す“メイド トゥ メジャー”に属しますが、全て手仕事にて仕立て上げる「ビスポーク」~フルオーダー~(相場30万円~)の工程にある仮縫いはありません。
何度かイージーオーダーの工場での仮縫いを試してみましたが、「ビスポーク」のような痒い所に手が届くほどの融通もなく、お値段もそれなりに高くなりますしサイズの微調整であれば仕立て上がってからの“お直し”(リフォーム)の方が費用対効果がありました。
そうゆう訳で、仮縫いは「ビスポーク」でないとただのパフォーマンスで終わってしまう(既製服によくある躾け糸をワザと残したり袖口をアンフィニッシュにするのもその類い)ことに気付いたので、ウチの顧客さんたちには薦めていませんでしたが、スーツスタイルの“大きな流れ”(トレンド)がより“タイトフィット”になるにつれて「岩手のスーツ」を体験したい人には必要かなと思いまして、初めに「プロトタイプ」を創って貰うことを考えてみました。
細すぎる人は比較的営業時間内に終わらせることが出来ますが、恰幅の良すぎる人とか人並み外れたバランスをお持ちの人とかのオーダーシート(指示書)作成は、オヤブロの編集よりも難儀することがありますから、初めに「プロトタイプ」を創って頂くことは、ご依頼するお客さんにとってもそれをお受けするワタシにとっても~良い流れ~に成ると思います。
昔から「ビスポーク」の世界でも「理想の服は3着目から」と言われていますから、今回のご提案は、最初から“2着オーダー”して頂くことになりますが、1着目を「プロトタイプ」としてサイジングは“大人のゆとり”で仕上げます。
そして、2着目にはその基本型を基にフィット感を調整して寸法に反映させますので2着目はかなり“いい線”の出来になること間違いないと思います。
1着目は、熱~い熱~いご要望にお応えしまして“ほぼ全種類の生地”を対象とさせて頂くことにしました。
お値段は、特別価格2ピースで60,000円+税~120,000円+税のところでお作り頂きます。(内訳はほぼ原価に近いです・・ 笑冷汗) そして、2着目は通常価格となります。
尚、仕立て上がり後に2着目に向けて活かす“お直し”(上衣の胴回りや下衣のウエスト・丈の出し~詰め等の調整)を施した場合の料金は、お客さんのご負担にて宜しくお願いします。
それから、秋冬物と春夏物と一着ずつご希望の方には、“期間を置かずに”その時の生地在庫の中から選んで頂きますのであらかじめご了承ください。
 
「岩手のスーツ」とこれから“永くお付き合いしたい”と想っている人たち、~理想の3着目~に向けて、ひとつ乗ってみませんか!? 
「岩手のスーツください!」っと、お電話でもメールでも結構です。こちらまでご連絡ください。



See you again


by itsformen | 2018-11-21 21:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「CANONICO」×「岩手のスーツ」=グローバルスタンダード 編


おお寒 こ寒
小春日和はあるものの、もう暖かい日はなくなります。
いらっしゃるお客さんとの最初の会話は「今日も寒いですね」がフツーになりました。
洒落者にとっては、もうアウターでは着られないジャケットよりは、一番目に付くアウターのコートを揃えなくてはいけません。





グローバルスタンダード


c0177259_21422326.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「ナローズ」48 
シングルブレスト 2釦
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ スラント
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 鳥足掛け
サイドベンツ
・ペイズリー柄裏地
 OP¥5,000+税

タック トラウザーズ
「オーソドックスⅡ」A6
裾幅19cm

~FLANNEL
グレイ ストライプ
Super120's 270g/m 
¥113,000+税


c0177259_21433411.jpg

「ご無沙汰してました」「勤務地が変わってしまい新幹線通勤から車通勤になったんですよ」「歩かなくなったら“服欲”が湧かなくなっちゃって...」「今回はイメージを決めてきたんです」「えっ?!お薦めはグレイッシュなブラウンですか!?」「でも... 決めてきたんです、グレイフランネルのチョークストライプに」「意外にまだ持ってなかったんです、こうゆうグローバルスタンダードを」
と仰るのは、車通勤になったとはいえビジネスのスーツスタイルには拘りがあります、50代半ば、一関のMCさんからのご依頼です。

c0177259_21463646.jpg
c0177259_21460432.jpg

















c0177259_21465964.jpg
c0177259_21473673.jpg


























“色づいた蔦と柳のカーテン” ~サロンのお庭から~

c0177259_15365631.jpeg

10月8日の~アコギ一本勝負!in ふかくさ~を思い出す




See you again


by itsformen | 2018-11-16 23:55 | オーダースーツ | Comments(0)

「DOLCE VITA」×「岩手のスーツ」=格調の高い色気 編


霜月
驚いたことにここ北国の岩手で一昨日まで、“クールビズ”だったそうです...!!!
知事が最終的に決断したのでしょうけど、発案者は“アホ”ですね。
そして昨日からは、“ウォームビズ”だそうです...。
インバウンドがどうのこうのと言ってますけど、北国の四季折々の良さを先ずは地元の人たちが感じ取らないと...。





品格のある色気


c0177259_23183312.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「MKW クラシック」48 
ダブルブレスト 6釦
・ピークドラペル
 OP¥2,000+税
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 二の字掛け
サイドベンツ

1タック トラウザーズ
「オーソドックス Ⅱ」AB4
裾幅19.1cm

「Ermenegildo Zegna」
~HERITAGE~ 290g/m
グレイッシュ ブラウンチェック
オーダー標準価格
¥140,000+税

c0177259_23213070.jpg

この生地を見てしまったら...
もう、ゲットするしかないでしょう!
フォーマルブラックをお引き取りにいらした時に見てしまったんですよね~!
旬のグレイッシュなブラウンは、旬のダブルブレストで料理しました。
品格のある色気~HERITAG~らしいですね。
今回のご依頼人は、昔の服は思いきって断捨離したので新しくてクラシックな服を増強中の50代半ば、盛岡のKSさんです。


c0177259_23230153.jpg
c0177259_23235931.jpg


















c0177259_23282528.jpg
c0177259_23283778.jpg

























幾何学な色気


c0177259_23285920.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「MKA クラシック」50L 
シングルブレスト 2釦
ノッチドラペル
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ チェンジ
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦
釦 鳥足掛け
サイドベンツ

タック トラウザーズ
stylish ゼロイチ」90
裾幅20.1cm

「Ermenegildo Zegna」
~ELECTA~ 295g/m
グレイッシュ 幾何学×シャドウチェック
オーダー標準価格
¥138,000+税


c0177259_23292298.jpg

久しぶりの“Zegna”だったのでお声を掛けさせて頂きました。
お選びになったのは、グレイッシュな幾何学模様とシャドウチェックが織り成す格調の高い服地です。
ほんのりと色気のあるところが憎いですね。
そんな今回のご依頼人は、まだまだ働き盛りの50代後半、盛岡のTSさんです。


c0177259_23295140.jpg
c0177259_23300593.jpg


















c0177259_23302360.jpg
c0177259_23303910.jpg



























“向いの公園も色づいてきた” ~サロンの窓から~

c0177259_23570553.jpg



See you again


by itsformen | 2018-11-02 23:55 | オーダースーツ | Comments(0)