人気ブログランキング |

カテゴリ:ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ( 17 )

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編


前編で久々に、【Drover's Cottage】の特集をしたところ、“しめしめ”(うふふ)、案の定前々から欲しがっていた“〇〇御三家”のお一人盛岡のHIさんからオーダー頂きました。(飛火夏虫笑)
(なんでも、間を取り持った職場の後輩から、結婚式の二次会の幹事を仰せつかったようで、それに間に合うようにというのと、もしかしたら自分への誕生日プレゼント!なんですかね?祝笑)
そして、ドローバーズの“カービングベルト”ときたら次はやっぱり桃太郎ジーンズでしょう!
 
“とーほぐ地方”で【桃太郎ジーンズ】といっても、「桃太郎??何でだべ?」と誰しもが感じたと思いますが、中国地方では、岡山 を代表するものは“桃太郎”なんですって!
だから、街の目抜き通りを“桃太郎大通り”と呼び“桃太郎アリーナ”という施設まであります。
官民一体となって“桃太郎”を盛り上げている気魄を感じますね!(元気笑)

そこで、ここ岩手でも代表するものを考えてみると、 岩手人の心をひとつにまとめ 日本はもとより世界に通じるキャラクターといえば、やっぱり、“宮沢賢治”でしょうね!で、現状はというと、地元の花巻にある宮沢賢治童話村?民間ならけんじワールドくらい?(ちっちぇ ちっちぇ!もっと「ドガーン」と「ガヅーン」とやらねばわがねんだ!気持ちの問題だよね)




          “どやっ 【桃太郎ジーンズ】 オーダーメイド”

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_1746313.jpg“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_1747195.jpg




















“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_17474194.jpg
オーダージーンズ
インド藍染め 13.5㌉
デザイン 0705SP
オーダー ¥57,750

こちらも久しぶりにオーダーが入りました。
既製ジーンズからするとお値段が倍になりますが、それこそ他には出回ってないデニム生地を選べますし、釦やリベット、ペイントやステッチも自分なりに“カスタマイズ”出来るんです。
まさに 地球上で自分だけ のオリジナルジーンズを藍布屋の職人達が手掛けてくれます。

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_17481747.jpg
今回は、その辺りもご理解頂いてオーダーしてくださいまして、ウチの店では初めてですが、【桃太郎ジーンズ】はこれで3本目の“大ファン!”矢巾のTTさんの作品です

未来の農業のスタイル を模索しながら消費者へ直販の勉強も兼ねて始めたFC店「いか焼き みなせん」 と農業を両立させながら頑張っているTTさん!
今回はインディゴ(合成染料)の源となった“インド藍”で染めた生地を用いましたが、頑張っていっぱい稼いで、次回は本藍手染め手織り“究極のJeans”を作ってくださいな。(本物笑)




                  “ペイントオーダーも出来るよ”

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_22372617.jpg
デニム生地やディテールから選ぶ「オーダーメイド」の他に、お遊び感覚で楽しめるペイントオーダーも受付けています。

こちらは、もう何年も北上と四日市の工場を行き来して、現在は四日市に単身赴任の生活で 活き活き?としている紫波のT・Jrさんの作品です。

ヴィンテージレーベ “未防縮加工”
世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンの超高密度デニムは超長綿のソフトな穿き心地と同時にデニム本来の武骨さも兼ね備えています。

0201  15.7㌉   
33㌅ ¥23,100 
ペイント 2ヶ所 ¥4,200 (1ヶ所¥2,100)
情熱の“赤”

T・Jrさん、来春は地元に居る我が子の卒業式に出席するために、OYAJIらしい“大人の男”になるためにスーツを新調するようです。(みんなもう若くない・・実感を実感しています。親笑)




                    “レディスもあるよ”

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_22433193.jpg
Momen’s
  
レディスでも人気の“タイトストレート”

股上が浅い分腰廻りがフィットするようにカーブベルトを採用した美脚なローライズ仕様です。
14.7㌉ ¥22,050
 
7003SP  
24㌅~30㌅ 
オールドブルーデニム。
純国産ジーンズ草創期のブルーを再現しています。

GL007-MZ
24㌅~30㌅
藍染め古布の黄変した 日本の青をテーマ に独自に開発。
緑がかったブルーに変化してゆく様が何ともいえない。


“ナチュラルストレート”  8003SP  GL003-MZ    

“ブーツカット”      6003SP  GL006-MZ





           “【桃太郎ジーンズ】からの使者!?”

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_22461261.jpg“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_22464580.jpg




















“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_2249980.jpg
岡山の倉敷児島から「どんぶらこ~どんぶらこ~」ならぬ(笑汗)
『ブルルン ブルルン』『バラボラブルボラ ブルルルル~ン』とお盆が明けて一瞬一時だけそれも一寸涼しくなった日に現れました。(ほんまかいな笑)
【桃太郎ジーンズ】のTシャツにジーンズを穿いてまるで藍布さんのまわし者のようにね!(桃色笑) 

んなわげねぇ~べさぁ
“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_22504291.jpg
ファンだべさっ!
ファン!

「暖かい時季になったらバイクで遊びに行きますよ」と、昨年末のお約束通り“デカバイ ク”で乗りつけてくれまして“恋人チック”なご夫婦で七夕祭りの“マジすか屋台”にも参加して頂きました盛岡のHUさんです。
それにしても“1200cc”とはデカイです。
車と同じ“排気量”です。(驚笑)
そして、HUさんお気に入りのジーンズスタイルは“ブーツカット!”【桃太郎ジーンズ】では裾がやや広めのベルカット 0505SP 30㌅を選んでいます。
流石にバイクには バッチリグッド です!特に 後ろ姿は最高 ですね!!

HUさん、【桃太郎ジーンズ】がキッカケでいらっしゃいましたが、お年も30代半ば、ちゃんとした“フォーマルスーツ”が無いということで、お薦めのピークドラペルブラックスリーピースを誂えました。(備憂無笑)
* 30代の男には“必須アイテム”です。そしてOYAJI世代になったら、“コールトラウザーズ&シルバーグレー・ヴェスト”を誂えておくと イザという時 に余裕の“大人の男”になれます。





                    THE SARTORIALIST

                  Two Bikers , Welcome to Milano

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編_c0177259_22542886.jpg
ようこそ

IWATE へ

ようこそ

MORIOKA へ

ようこそ

it's for men へ

ようこそ

オ・レ のもとへ

一応 Men's の

お店だけど

こんなバイカーたちが

来てくれたら

嬉しいな

桃太郎ジーンズの

レディスもあるし




                                 See you again


by itsformen | 2010-10-04 22:56 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編


さあ、久しぶりの桃太郎ジーンズです。良いスナップが撮れました!
これもひとえにお客さんのお陰、良いお客さん達に恵まれて感謝感謝でございます。

ということで今回は、【桃太郎ジーンズ】を目当てにいらして下さいましてさらにスナップ写真の モデルまでも務めて頂きました初めてのお客さん達をご紹介します。(顔は出ませんから・・)

昨年の11月下旬、BS放送の番組「ふるさと元気プロジェクト」(確か)の中で【桃太郎ジーンズ】とそのメーカーである藍布屋をはじめ岡山の児島地区の中小企業が、今や世界No.1ジーンズを作り出しているということを紹介されていたのを見て、いてもたってもいられなくなり速攻でネット検索してウチの店を見つけると、翌日にはお二人揃ってご注文頂いたというナイ スカップルな盛岡のHUさんご夫妻と、アメカジは「永遠のクラシックスタイル」ということを“後ろ姿”で語ってくださいました盛岡のアメカジOYAJI ことKNさんの“ジーンズスタイル”をご紹介したいと思います。



                 世界No.1ジーンズの“ベストカップル”

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_18551772.jpg
【桃太郎ジーンズ】

Men’s 
0505SP ベルカット 30㌅
インディゴのみの純粋な青
世界最特濃デニム。15.7㌉
(毛羽立ちと捻れを味わえます) 
¥23,100 28㌅~36㌅ 

股上が浅いタイトなシルエットで、ベルボトムとブーツカットの中間的なフレア感です。


Momen’s
7003SP タイトストレート
24㌅ オールドブルーデニム純国産ジーンズ草創期の「ブルー」を再現。14.7㌉
¥22,050  24㌅~30㌅

股上が浅い分腰廻りがフィットするようにカーブベルトを採用した美脚なローライズ仕様です。 

                  “出陣”の後ろ姿も「カッコえ~なぁ~」

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_18561874.jpg
「きゃ~!」
この言葉にならないところから始まりますが、奥さんがフィッティングルームに入って間もなくして発した声でした。
(その時私は「オラなんにもしてねぞ、旦那さんがそばさいるのに・・・?」と思ったものでした。冗笑)
そしてドアを開けるなり「細っ!細っ!」を連呼しながら出てきたのです。
奥さん自身かなり細身の方で合うサイズが無いことのほうが多いらしいのですが【桃太郎ジーンズ】のは想定外の細さだったようです。

でも、どうですこのスナップ!
カッコ良すぎませんか!?
お二人ともキマリまくってますよねっ!
ピンクの“ジャパンライン”とNIKEのピンクのラインが絶妙なバランスで“ひとつのスタイル”になっています。

HUさんのベルカットも他にはない独特のシルエットを醸し出していますから、“バイカー”でもあるHUさん、春になったらこれを穿いてツーリングに行くのが待ち遠しいと言っていました。   
それにしても、二人揃ってカッコ良いカップルってそういませんよっ!

岩手の冬には欠かせない“ダウンジャケット”とのコンビネーション、HUさんは目の付けどころが ニクイブラウアーを装備し、奥さんはカラーコーディネートも完璧な人気のモンクレールでキメています。(とってもバランスが良いですこのお二人)

頭のスナップ写真のHUさん、どこぞやにそびえ立つ“ガンダム”のような立ち姿、勇ましい!



奥さんには、ハイヒール姿でも撮らせて頂きました。(実際、もっと高いヒールに合わせてレングスを設定しています) 

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_18573272.jpg「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_1858692.jpg





















         “お取り寄せ”

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_1902556.jpg
こんな感じでHUさんご夫妻とKNさんのジーンズをお取り寄せしています。
ウチの店は、アメカジショップやジーンズショップではありませんので、ガッツリと商品を揃えておくことはできませんが、穿いてみたいデザインとサイズを“お取り寄せ”することは可能です。
(あくまでもお買上げ頂くことを前提にです。「穿いてみるだけぇ~」ではいけません!宜笑)





                 世界No.1ジーンズの“ベストOYAJI”

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_1911212.jpg
【桃太郎ジーンズ】

Men’s (当たり前か)
0901 クラシックストレート
36㌅ 世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンデニムの未防縮ヴィンテージタイプ。   
15.7㌉
¥23,100 28㌅~36㌅
¥25,200 38㌅~42㌅

XXタイプの股上が深く太めでややテーパードの入ったクラシックなストレートです。
【桃太郎ジーンズ】では、このデザインの「ヴィンテージ」と「出陣」とで人気NO.1の座を争っているようですね。
  
キバタ(生機)の製品が欲しい方はこの「ヴィンテージ」レーベルの中から選ぶことが出来ます。
他には「タイトストレート」と「スリムフィットストレート」が有ります。


                    “男は後ろ姿でものを語る”

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_22394287.jpg
まさかねぇ~ KNさんがお客さんとしてウチの店にいらっしゃるなんて夢にも思いませんでした。

お仕事中には何度かお会いして世間話をさせて頂いたりしていましたが、「これが桃太郎ジーンズですかぁ ライトニングとかで見ていてず~っと気になってたんですよ!」と言っていらした時には想定外の驚きがありましたね~(驚笑)

そしてお取り寄せのご注文にいらした時の恰好が筋金入りの“アメカジスタイル”で現れたものですからホントびっくりドンキー(盛岡の『ベル』が元祖)でしたよっ!
KNさんも雪溶けと同時に“バイカー”になるのでその前に【桃太郎ジーンズ】をゲットしておこうと思ったようですね。

それにしてもKNさん、私の双子ではない弟(東京在住のインダストリアルデザイナー)と同い年のいいOYAJIなんですが、気合入りまくってますよねっ!素晴しいです!
A-2タイプの革ジャンに【桃太郎ジーンズ】、そしてアメカジの必須アイテム“エンジニアブーツ”ときたもんだあ~ ヤルなはん!!  
 
 
    こんなモノも“お取り寄せ”しています

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_1924139.jpg
ハーヴェストレーベル

「フリーライダー」 
“ゴールドラッシュ” 
FM-6015  キャメル 他全6色
¥14,700

イメージは金貨袋
夢と金貨と砂金をいっぱい詰め込んで旅に出ます。
ソフトな衣料革とハードな栃木ヌ
                        メ革がイイ感じのシルエットを出
                        します。






               THE SARTORIALIST

        New York                 Paris

「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_1933792.jpg「お待たせしましった!」 ニッポンのジーンズに“誇り”を感じる人たちへ 編_c0177259_1941797.jpg


            デニムの着こなし~世界は広いなぁ~

  トップもボトムもデニムで揃えても    デニムといっても“藍”を強調すると 

  ハットとブーツでエレガントに      日本では風変わりなお兄さん!?
          
  “めんこい”(翻訳:カワイイ)奴      パリでは~“クールジャパン”!?



                                See you again


by itsformen | 2010-01-15 23:44 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編


今回も“自分スタイル”でどんなOYAJIが登場するのかと期待していたかもしれませんが、そんたに“ネタ”がありません(笑汗)
そのうち“双子の兄”が短髪にした“現場”をお見せしますが自分ばかり出はっても面白くありませんので、前編のNOさんのように“顔出しOK”でも出演してくれる“前向きなOYAJI”を“募集”しています(笑)。


G004-MB 左ポケットに“桃太郎家紋”の“白”で“ペイント”オーダー

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_1620312.jpg
ということで今回は
桃太郎ジーンズをお送りします。
 
ウチの店は“アメカジ系”や“ジーンズ系”のショップではありませんが既製ジーンズは20本程度揃えています。
サイズが切れていたり店にないデザインのモノでも“お取り寄せ”は可能ですので“お気軽”に“お声”を掛けてください。


出陣 0705SP 左ポケットに“家紋ジャパンライン”の“白”で“ペイント”オーダー
   
「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_16205428.jpg
ウチの店の特徴として直営店以外は扱いが少ない「オーダーメイド」を展開しています。
“一人の職人”が“裁断”から“縫製”まで手掛ける完全な「オーダーメイド」がお薦めですが、お値段が¥47,250~とちょっと値が張ります。
その辺のこともあってか最近では“和ブーム”ということもあり既製ジーンズに
“家紋”入りの“ペイント”を施すお客さんが増えています。*プラス¥2,100

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_16214188.jpg
G007-MB
¥23,100

右に“桃ステッチ”の上から“家紋ジャパンライン”の“赤”で“ペイント”オーダー

このG007-MBは“メタボ腹”のOYAJIたちが“カッコよく”穿けるデザインになっています。
股上がやや浅いので
                               かえってお腹の収
                               まりがイイのです。

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_16222641.jpg
お腹だけ出てしまってヒップと太腿は痩せていきますのでその名の通り“タイトストレート”なシルエットが出ます。

左から、ブログカテゴリ「桃太郎ジーンズ」その壱でご紹介している「オーダーメイド・ジーンズ」です。
中がG007-MB右は今はリストにない品番のMVPA02

           ヴィンテージタイプ

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_16225695.jpg
ご覧のようにバックポケットにはペイントもステッチも入っていませんし、桃太郎の特徴の“内股ピンクステッチ”も入っていません。
さらにワンウォッシュはしていますが“未防縮”です。(“生機”も有り)
まさしく“ヴィンテージ仕様”なのです。




「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_16234666.jpg
その“色落ちサンプル”がこちら。
イ~感じに色落ちしていくんでしょうね。

MVPA02
W32㌅
L36㌅
15.7㌉
世界最特濃の純正インディゴで染色。
股上がやや浅く腰廻りがスッキリした“ヴィンテージストレート”
¥24,990

「桃太郎ジーンズ」 オーダーメイド&ペイント編_c0177259_16242561.jpg
こちらはカテゴリ「桃太郎ジーンズ」そのでご紹介した“究極のデニム”です。
“本物の藍”です。
凄いの何のって藍の栽培から“自分たち”でやっていますから、その拘りようは半端じゃないです。
“究極のジーンズ”が出来るはずです。
本物の「青」を求めて誰か創りにこないかなぁ~(希望笑)。


追伸
最近の桃太郎ジーンズの躍進は素晴らしいものがありますね。
東京北青山Ao、渋谷パルコ、パリ事務所開設と、岡山の倉敷児島から“出陣”の幟を立てて邁進しています。
製造元の藍布屋さんの展示会には「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「ディオール」「プラダ」等、挙げたらキリがないくらいの“ブランドたち”がやってきます。
先日、桃太郎Xダニアのコラボジーンズ最後の一本を買われたお客さんが「このデニム、『ディーゼル』に似ている」と言っていましたが、そのとおり“供給元は同じ”ですからねぇ~ 
テレビ出演の芸能人やアスリートたちもチラホラ穿いているようです。
私が見たのは“ぴったんこカンカン”で北京五輪柔道金メダリストの「石井慧」選手が“出陣モデル”を穿いていました。(あのシルエットから想像すると“0705SP 36㌅”かな?)     
     



 夏、夏、夏、夏、夏がやってきます!

 夏の準備は如何かなぁ~!



                                 See you again


by itsformen | 2009-07-01 23:54 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

【桃太郎ジーンズ】 番外編


 今回は、番外編ということで“番外品”をご紹介します(笑)。
 
 桃太郎ジーンズダニアジャパンのコラボレートJeansです。
 「ダニアジャパン??」「聞いたことね~よ??」と誰もが思ったと思います。
 が、しかし、こちらも「藍布屋」に負けず劣らずの凄腕の“つわもの”です。
 卸先が凄い!日本では「セリュックス(LVMH社の会員制セレクトショップ)」、「ビームス」
 米国ではNYの「スティーブンアラン」、LAの「ロンハーマン」といった高感度の
 一流セレクトショップなのです!!
 
【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_1743403.jpg
 昨年のお盆中に三日三晩、その頃は
 携帯で(笑)オーダーメイドが出来る
 拘りのジーンズメーカーを探していました。
 そこで絞られたのが「藍布屋」と「ダニア
 ジャパン」の二社でした。
 藍布屋はコンタクトが取れたのですが、
 その時のダニアのHPには電話番号もなく
 こちらからメールを送ってダニアからの
 返事待ち状態でした。
 で、一向に返事が無いので「とうほぐの田舎
 もんだがら無下にされでんだな」と思って
 いました。未だに連絡は来ていません(笑)
 そうして、「桃太郎ジーンズ」を始めることに
 なって資料を見たら“コイツ”が載ってるじゃ
 ないですか!!!
 偶然というか必然というか「お~まい がっ」
 という感じでした(笑)。



 「ダニアジャパン」はデザインパターンと加工が得意なようです。
 ヒゲやヒザ裏の加工は立体的に仕上げています。(洗ってもポコポコしています)

 *左側が新品の状態での2か月穿き加工    *右側が2か月穿き加工から10か月経過状態


【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_21125728.jpg【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_21152278.jpg



















【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_21412553.jpg【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_21435566.jpg



















【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_2148286.jpg

 上のほうが新品から10か月経過した
 状態です。
 
 スルメイカを炙ったように反り返って
 好い~感じになっていますね(二ヤリ)

 DENIM生地はその弐でご紹介した
 左綾織りムラ糸ストラクチャーです。

 言われているようにタテ落ち感が
 最高!!!

 ローライズでシルエットは
 ゆるめのストレート、
 ロールアップが似合います。




【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_22155392.jpg
 “ペロンチョ”

 何だえん??
 
 このスズメバチの針みてなの?


 まいりました。(降参)

 これは古き良き時代の
 
 ユニオンスペシャル

 チェーンステッチをかけた後の

 始末の仕方を再現しているそうです。




 そんなわけでこのコラボJeansは二度と出てきません!!
 メーカーに問い合わせても「もうないっす」と言われました。
 ウチで10本ほど仕入れて残り32㌅と34㌅が一本ずつです。
 価格は23100円。(これはどう考えても安いんだよね!)


【桃太郎ジーンズ】 番外編_c0177259_23118100.jpg
 「桃太郎ネルシャツ」 おNEW

 粗野感と強度を併せ持つ

 コットンXテトロンのジャズネップ糸を

 用いたオンブレーチェックです。

 両面ネル起毛することでウールの

 ような風合いと保温性も抜群です!!

 (すんげ柔らけくて気持ぢいよ!)

 
 サイズ : 38(M) 40(L) 42(LL)
 カラー: レッド  ネイビー  グリーン
 価格:15540円



 オーダージーンズから番外編まで桃太郎ジーンズをご紹介させて頂きました。

 なんただったえん(翻訳:如何でしたでしょうか)

 ほしぐなってこねっか(翻訳:欲しくなってきませんか?)

 さあ次回は、謎の【Drover's Cottage】です!!              See you again


 

by itsformen | 2008-10-18 00:14 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(2)

オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その参


                 「ペイントごっこ!」

オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その参_c0177259_2355929.jpg

 アメカジ・ボーイ

 OYAJIになっても

 やめられない

 とまらない

 永遠のスタイル

 ミリタリー
 
 アウトドア

 クラシックカー

 オールドカー

 バイカー

 必須アイテムは

 “Gパン!”






 既製ジーンズでもバイオーダーにてバックポケットにペイントを施すことが出来るようになりました。
 写真の通り4柄、3色から選ぶことができて、
 なんと!たったの2100円プラスです!(藍布屋の皆さんありがとう~)
 納期は2週間程です。
 
 例えば、出陣LABELであれば左側に、銅丹LABELであれば桃ステッチの上からでも、
 ヴィンテージLABELであれば左右どちらでも入れることが出来ます。
 もちろん、オーダージーンズであればどうにでもカスタマイズします。

 今、欧米ではアジアンテイスト、特に「和柄」が超人気のようです。


オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その参_c0177259_012689.jpg




 こんな感じで

 既製ジーンズも

 揃えています。



 オーダージーンズは

 既製ジーンズを

 モデルに

 デザインパターンを

 決めていきます。
 









オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その参_c0177259_0364329.jpg


 ホームスパンの

 【IHATOV
 ジャケット】と

 「ドローバーズ
  ・コテージ」の

 オーダーベルトと

 コーディネート

 してみました。

 
 相性バツグンと
 思いませんか!

 ながながいがえん
 (翻訳:なかなか
  いいでしょ)







 ということで、三回に渡って桃太郎ジーンズオーダーメイドメニューをご紹介させて頂きました。

 んだども、まだつづぐおんす(翻訳:ですが、桃太郎ジーンズはまだ続きます)

 次回は、「桃太郎ジーンズ」番外編です!!                   See you again



 

by itsformen | 2008-10-15 01:19 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(2)

オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その弐

           ジャパンブルー「桃太郎染」

オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その弐_c0177259_17265147.jpg 


  なんとっ!!

  オーダージーンズは

  本藍手染め桃太郎柄の

  風呂敷に包まれてきます。

  こ洒落たことをしてくれます。






       *デザインパターン

         Men's 10型

         Ladies 3型




オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その弐_c0177259_17565483.jpg

  *仕様見本
 
   ボタン

   リベット

   パッチ

   スレーキ
  
   ステッチ糸

   生地
 



オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その弐_c0177259_1815554.jpg
  *究極のDENIM

   本藍手染め
   手織り

   穿き込むほどに
   鮮やかさが増す
   本物の「青」
   ジャパンブルー。

   13,5㌉
   オーダー価格
   ¥198,000
   10年かけて
   自分で育てる。 



 <DENIM生地一例>

 *徳島正藍特濃20回染め
   徳島の天然藍で深みのある濃色に染め上げたジンバブエ・コットンデニム。
   合成のインディゴとは違い殆ど色落ちせず、洗い込むほどに鮮やかさが増してきます。
   独特のソフト感で体に馴染みます。
   こちらも10年懸けて自分で育ててください。 14,7㌉ オーダー価格¥105,000

 *左綾織りムラ糸ストラクチャー
   右綾織りが多い中、タテ糸に太さの違う3種類のムラ糸を使い左綾織りにして
   タテ落ち感を強調しています。
   また、タテ糸を特濃色で染めヨコ糸にベージュ糸を打ち込むことにより
   さらに色に深みを醸し出しています。 14㌉ オーダー価格¥47,250 

 *デッドストック・ブルー ムラ糸 
   タテ糸は藍染めの古布をイメージして染めていますので、
   緑がかった何ともいえない色合いを味わえます。
   ムラの強弱がありシャープな色落ちを楽しめます。 14,7㌉ オーダー価格¥47,250

 *現在のところ10種類の中から選ぶことが出来ます。


 やんや こえこえ(翻訳:やあやあ大変だ)
 書きてごどいっぺあるんだども、きゃはこの辺ですづれいしやんす
 (翻訳:書きたいことはまだまだあるのですが、長くなりそうなので、
 今日はこの辺で失礼します)

 桃太郎ジーンズはまだまだ続きま~す!!

                                           See you again

by itsformen | 2008-10-12 20:51 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その壱 


 お待たせしました。今回は、桃太郎ジーンズです!!

 「桃太郎ジーンズ」も it's for menのHPからリンクすると、ジャジャじゃ~ん!と
 オフィシャルサイトが出てきます。
 こちらでは、全デザイン、アイテム、サイズなどの情報が分かるようになっていますし、
 ウンチクも載っています。まだ足りないという方は、「藍布屋コレクトとリンクしていくと
 桃太郎ジーンズの全容と「すんげこいづら(翻訳:この人たちは凄い)」というのが
 分かってくると思います。
 なので、it's for menではサイトの中で一年以上「只今準備中です」(笑)になっている
 「オーダーメイド・ジーンズ」についてご紹介します。

 そもそも私が桃太郎ジーンズを選んだ訳は、自ら藍を栽培して染め、織り、縫い、洗いを
 一貫して自社でこなしそれを高いクオリティでオーダーメイド出来るからでした。


   it's for menの【桃太郎ジーンズ】オーダーメイド・モデル

オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その壱 _c0177259_20531843.jpg
 *デザインパターン
 クラシック・ストレート XX
 0905 SP

 *サイズ
 W 31 ㌅
  L 32 ㌅

 *デニム
 既製品にはない13 ㌉
 レトロ’30ムラ糸ネップ
 特濃のようなデニム本来の
 武骨さではなく、ナチュラルな
 柔らかさをライトオンスで粗野
 感のある生地で表現しました。
 シルエットも奇をてらわない
 ベーシックなものに
 しています。

 *オーダー価格 ¥47,250
 一人の職人が全工程を
 手掛ける匠の技を体感
 することができます。



オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その壱 _c0177259_2344568.jpg
 
        *納期
         4週間から5週間程です。



       
        *パッチ
         軽量感を出すために革では
         なく布地を使ってみました。
         
        *バックポケット
         シンプルに片方のみに
         ピンクの桃ステッチで。
        
         全体をイエローのステッチで
         まとめて内股は桃太郎らしく
         ピンクにしています。



オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その壱 _c0177259_09111.jpg

       *デニム生地
         1930年代のデニム草創期の
         クオリティを再現しています。
         光沢とソフト感あふれる
         ジンバブエ・コットンを、
         藍をイメージした色で
         染めています。
         ヨコ糸にネップ糸を使い
         粗野感を表現しています。
       
       *ボタン&リベット
         ソフトな統一感を醸し出す
         ためにマットなシルバーに
         しています。

       *スレーキ
         腰裏には藍染家紋柄。
         ポケット袋には藍染格子柄を
                                         組み合わせました。


オーダーメイドメニュー【桃太郎ジーンズ】 その壱 _c0177259_13291799.jpg


















 【桃太郎ズ~ンズ】はまだまだつづぐがらなっす(笑)

 次回もお楽しみに!!
                                                 See you again

by itsformen | 2008-10-11 01:36 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(2)