人気ブログランキング |

カテゴリ:もりおかクラシック( 21 )

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作


 今回は、“時代を超越した最高級のもの”が身近に感じられる名所をご紹介する第一回目です。
 盛岡人、岩手人ならば一度は参拝に訪れたことがあると思います「盛岡八幡宮」です。
 初詣前にと思いまして、夏と“お八幡さん”の秋のお祭りの写真をアップしてみました。
 
 岩手の皆さん、知っていましたか?(都会の皆さんのほうが知ってたりして)
 遠野市にある「社寺工舎」の職人さん達が造ったというのは!!
 しかもそこの親方は、“日本屈指の宮大工”「菊池恭二」氏で、平成19年、NHKの人気番組
 「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演していました。
 番組を見た時は、岩手にもこんな凄い人がいるのだなと全身“チキンスキン”になりましたよ!!

 平成9年に、現在の拝殿に建て替えたようですが丁度その年、長男の七五三のお参りに訪れて
 あまりの“カッコよさ”に感動したものです。


 
        屋根の“反り”とコンケーブドショルダーの“肩峰”が似ていませんか!?
 
もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_23384065.jpg


                名匠の技は、どの角度から見ても“美しい”です。

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_2422723.jpgもりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_2433311.jpg


 ここからひたすら真っすぐ、八幡通りを過ぎて中津川を渡って、「盛岡城跡公園(岩手公園)」を
 越えた所やや左側に it's formen があります。(車で7分、徒歩17分)

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_2565893.jpg



      9月16日、盛岡八幡宮例大祭の最終日(*例大祭は9月13日から16日まで)

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_3133796.jpgもりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_3141712.jpg


                     良馬の産地、南部「流鏑馬神事」

   「ハイヤっ」・・・パカパッパカ・・・“バシっ”        「イタ~リア~」・・・・・・ナヌっ??

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_3255290.jpgもりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_3262611.jpg


 こちらは「流鏑馬神事」の模様。(三百年の歴史を持ち、全国でも貴重なものとなっています)
 左の射手といわれる人が“バシっ”と命中させると、右の神官といわれる人が扇子を振りながら
 「イタ~リア~」と掛け声を掛けているように聞こえて「なんだべ?」とその日一日気になっていた
 ところ、夕方のニュース番組のテロップを見て納得しました。「射た~りや~」ですって!!(笑)



                    「盛岡八幡宮」狛犬対決 アニメ編

          「ドラゴンボール」                   「ジャングル大帝」

もりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_4122288.jpgもりおかクラシック  その壱  名匠「菊池恭二」氏作_c0177259_4125218.jpg


 こうゆう見方も面白いと思いますよ!!(*どちらもドでかいです!) 
 右の狛犬は、北側の鳥居の両脇に鎮座しています。正統派スタイルという感じです。
 左の狛犬は、正面の幅広い階段の両脇に鎮座しています。こちらが妙に気になるのですよ。
 ホントに「ドラゴンボール」に出てきそうなキャラクターなんです!!
 恐らくこの作者の石工さんは“漫画好き”に違いないと思うのです。
 裏には、T石材店と彫られているのでそこの職人さんかなと思うのですが、その辺りの真相を
 知っている人がいましたら是非、コメントの投稿宜しく願います。



 “もりおかクラシック”ってい~感じだなや!!
 こういうのをカテゴリーさ入れればいんだべが!?
 来年はもっと取材してこねばねな。

 ということで、次回はいよいよ今年の千秋楽です。
 30日にアップします。
 お楽しみに!!
                                               See you again
                                         

 

by itsformen | 2008-12-28 05:19 | もりおかクラシック | Comments(2)