人気ブログランキング |

カテゴリ:オーダーコート( 27 )

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編


 初雪 今週初め、ここ盛岡では“雪んこ”がボタボタと舞い始めました。
 先週までは紅葉が見ごろと言ってたのですが、今週末になると木々の枝も淋しくなり、街なか
 でも最低気温が“マイナス”を記録します。
 いよいよ、日本一寒い県の本州一寒い都市の“冬”がやってきます。


 (TPPの賛否を論ずる前に、先ずは日本人が日本のものを買う意識を高めることが肝要では
  ないかと思うのですが如何なものでしょう?例えば、外国から農産物が入ってきたとしても買
  わなければいい話で、農業に携わる人たちの多くが反対しているようにみえますが、食に関
  しては自給自足なのでしょうけど、衣と住に関しては結構な割合で外国製品を買ってないで
  すかね?その辺の『自分さえよければいい』という意識を変えなければ、いくら論じても埒が
  明かないと思いますね)





                               「チェスターフィールド」

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_21335340.jpg TUWAMONOコート 

 Sartoria PLUM仕立て

 「MKC-S クラシック」 48
 シングルブレスト 3釦
 ナチュラルショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング
 胸ポケット バルカ
 腰ポケット フラップ
 10mm ステッチ
 袖口本切羽 4釦
 (OP+¥2,100)
 裏地 グレンチェック
 (OP+¥7,350)

 ニッポン「葛利毛織」
 純毛 モッサ 漆黒

 オーダー標準価格
 ¥110,250 

 “つわもの”  
 「チェスターフィールド」
 ハウスモデルをご紹介
 します。
 昨年の通称“ビーバーウール”が好評だったものですから今年もリクエストしてみました。
 そして、今年はカラーバリエーションが増えて4色の中から選ぶことが出来ます。
  
男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_21342876.jpg 昨年ほどのヌメり感はあ
 りませんが、その分より
 カシミアっぽくなくて私的
 には狙いどうりの展開に
 なりました。(ほくそ笑)

 流石です!ゆっくりとじっ
 くりと“ションヘル織機”
 が織り成す「葛利毛織」
 特有のほっこりとした
 風合い。

 並みのカシミアに飽きた
 人やこれから10年飽
 きずに着られるコート

 お探しの人には“絶対多
 数”な気持ちでお薦めし
 ます。

 いや~本当にですね、純
 毛モッサで目付も480
 g/mとシッカリある素材で
 の軽やかな着用感と、
 成度の高いデザインパ
 ターン
は日本人の誇りと
 言っても過言ではないと
 思います。

 いつまでもバカの一つ覚えみたいにイタリアおやじがウンタラカンタラってチャラついてないで、
 世界に通用するメイド・イン・ジャパンもあるのですから、そろそろ見直す時期に来てるのでは
 ないですかね。

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_2135527.jpg男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_21362724.jpg


















                              “四品ご用意しました”

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_21371173.jpg ベーシックなところを
 四品。
 
 ・漆黒のブラック
 ・紺屋のダークブルー 
 ・炭灰のチャコール
 ・駱駝のキャメル  

 ご自分のワードロー
 ブに合わせてお好き
 なお色をお選びくだ
 さい。

 また、標準仕様には
 ない裏地も約200柄
 ご用意しています。
 有料オプションになり
 ますが、お気軽にご相談くださいませ。



                               “ベーシックな着丈”

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_21383359.jpg ベーシックな着丈とく
 れば“膝丈”です。
 
 巷のファッションに流
 されず、颯爽とスピー
 ドで歩いたとしても邪
 魔にならず、真冬の
 寒風を防げるくらいの
 丁度いい着丈という
 と、やはり何といって
 も“膝丈”になります。
 
 昨年はアルスター
 をご提案させて頂きま
 したが、実際に皆さん
 が指定した着丈という
 と私の予想に反して
 “膝丈”でした。
 ここ3~4年、既製品
 の着丈がドンドン短く
 なって市場に出回る
 ものですからコートら
 しいコートが欲しくな
 るわけですよねえ。
  
 そして、今年は「チェ
 スターフィールド」の
 ご提案です。 
 短丈でもロング丈でも料理はしやすいシングルブレストですが、あえてベーシックな着丈の
 “膝丈”にしてみました。
 OYAJI なら「どやどやっ!」って自分をデフォルメしたくなる時だってあると思うのですが、
 それはイザというときに取っておいて、普段はベーシックを装うのです。
 “羊の皮を被った狼”ということわざもあるくらいですから。(ハコスカ笑) 






                 “晩秋の黄昏” ~ サロンの窓から ~

男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_1856015.jpg


男の着丈は?~ あえてベーシックにする 【TUWAMONOコート】 ~ 「チェスターフィールド」 編_c0177259_18563676.jpg



  音楽といえば、小学校6年のときに毎週欠かさず聴いていたのがラヂオ番組の“ポップス20”
  ノートに表を作って20位から1位まで毎週ランキングを付けていたものです。
  「ミッシェル・ポルナレフ」の“シェリーに口づけ”、「アメリカ」の“名前のない馬”、「スリー・ドッグ
  ・ナイト」の“ブラック&ホワイト”、「スティーリー・ダン」の“リキの電話番号”、「ギルバート・オ
  サリバン」の“アローン・アゲイン”、「ザ・ビージーズ」の“小さな恋のメロディ”などなど挙げたら
  キリがないですね、今でも鮮明に憶えています。(好上手笑)
  その頃から洋楽一辺倒で、歌謡曲はテレビで見て聴いていましたが、フォークやニューミュー
  ジックにはほとんど興味がなく「ユーミン」などは30才過ぎてからその当時の曲を聴くように
  なりました。(笑汗)

  そんなロックな「わらす」(翻訳:子供)でしたが、中学校2年のときに正当派な音楽にハマっ
  た時期が「ぺっこばり」(翻訳:少しだけ)ありました。
  それは、誰もが参加したことがあると思います学校内の合唱コンクールです。
  我が2年4組は、その手の行事には全くと言っていいほど感心がなくまとまりもよくないわけ
  で、最下位は間違いないと言われていたのです。
  ところがですねえ、その年にとなりのトトロに出てくるような大自然の中にある学校から転勤
  でやってきた担任のM先生の采配がズバリ的中しました。
  何と、正統派な指揮を振るM子を退けて“ワル”の一員であったしかも音痴のTを指揮に抜擢
  したのです。(まあ、音痴だから歌わなくてよかったのかもしれませんが・・・笑汗)
  
  指揮なんてやったことのないTでしたが、M子のマンツーマンの指導で何とかとりあえずの形
  にはなり、サウスポーなのも幸いしたのか、一通り出来るようになったら妙な自信を持っちゃ
  って顔つきまで真面目な生徒っぽくなり、なにかスイッチが入ったという感じでしたね。
  そんなTの姿を周りの同級生たちも見ているわけで、私も含めて“ワル”の連中もだんだん本
  気モードになり、課題曲は忘れてしまいましたが自由曲は、「4組には絶対無理」と他のクラ
  スからもムリ出しされた「荒野の歌」に挑戦して見事優勝を勝ち取ったのでありました。
  (逆転満塁本塁打笑)

  ホントにですね、こうゆう経験って大事なことだったんだなって大人になってから実感するわ
  けで当時は反抗ばかりしていましたが、みんなにこうゆう経験をさせてくれたM先生には感謝
  していますね。(私の父親の葬儀には真っ先に駆けつけてくれて弔辞まで述べて頂きました。
  感謝笑)
                                                                   


                                                 See you again                                                                            
  

by itsformen | 2011-11-18 23:55 | オーダーコート | Comments(0)

Baby Camel Hair ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編


 わぉ~ ついこの間師走に入ったと思ったら今日はもう大晦日の前日、あっという間です!
 ですから今回は、師走の初めにご紹介したベビー キャメルヘアーの素材で料理した
 “CAMEL COAT”、三陸海岸のKFさんの作品をご紹介します。 




                       “あくまでもジャケット感覚で着られるようにですよ”

Baby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_20292530.jpg と、このように念を押され
 生地選びが始まりました。

 そもそもの馴れ初めは、
 普段から ベーシックカジ
 ュアルスタイル
が信条の
 KFさん、10月の末でしたね
 「いつもジーンズばっかなの
 で、オーダーメイドならばウ
 ール素材で大きい身体が
 細く見えるシルエットで、し
 かもノンクリース(折り目
 がない)のパンツを作って欲
 しい」と、ご注文された日に
 「ジャケットのように着られる
 キャメルのコートも気になる
 んです」と、つぶやかれた
 ので、その時手元に有った
 「チェルッティ」のバンチから
 ピュアカシミアで目付350g
 のアルマーニやグッチが
 好みそうな生地をお見せし
 ました。 
 それでその日は「フムフム」
 と帰られたのですが、私の
 イメージではKFさんの雰囲
 気からして「キャメル色の素材
Baby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_20301412.jpg であれば本物の らくだの毛
 がイイだろう」と、思いまして
 パンツが仕立て上がる前に
 「Caccioppoli」のコートバ
 ンチを取り寄せておきまし
 た。そして、お引き取りにいら
 した日、「やっぱり今日は冬
 用のシャツだけにして・・・」
 と、初めはそう仰っていたの
 ですが、先ずは、「ヴィキュ
 ーナ
見せて」から始まって、
 カシミア~キャメル~ウール
 &カシミア~と、見て触って
 嗅いで?こちらの~Baby
 Camel Hair
~ に落ち着きま
 した。
 そしてデザインは、イメージ
 の参考に「LEON」の1月号
 に載っていたシングルブレス
 トの“チェスターフィールド”
 をお見せして、ご要望の「ジ
 ャケット感覚で着られるよう
 に」で仕上げたのが今回の
 “軽快感キャメルコート”
 す。

 Sartoria PLUM 仕立て  「LBC‐S クラシック」 52 3釦段返り  10㎜ステッチ  膝上丈
 オーダー標準価格¥231,000 

 本来「LBC クラシック」の原型パターンは膝下丈、肩パット~タレ綿~毛芯がビシッとカチッと
 の本格派スタイルなのですが、今回はそれを膝上丈に、そして副資材は全て変えて、軽~く
 心地良~く
ジャケット感覚で着られるように“アレンジ”してみました)

            ~カシミアでもないウールでもないキャメル独特の素材感~
  
Baby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_2030568.jpgBaby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_20313418.jpg



















                            “寒いから冬素材のモノが欲しい”

Baby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_2032957.jpg そうなんですねぇ
 沿岸だろうが
 内陸だろうが
 岩手だろうが
 都会だろうが
 日本全国どごさいだって
 冬はそれなりに寒のっす
 決まってるベや

  BASIC 
 <カジュアルシャツ> 
  ベビーコーデュロイ
  全7色
  オーダー標準価格
  ¥11,550

Baby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_20324776.jpg  BASIC
 <カジュアルパンツ>
  1タック ピスP フラップ
  ノンクリース(折り目なし)
 
  ネイビー 太綾織り
  「WOOLMEISTER」
  オーダー標準価格
  ¥25,200

  ミディアムグレー
  ブリティッシュフランネル
  ニッポン「葛利毛織」
  オーダー標準価格
  ¥33,600
      
 (KFさん、カシミア&ヴィキューナの生地がず~と気になってる様子ですが、ふ~む・・嫁が先
  かヴィキューナが先か・・・?どっちが先にしたってどっちも欲しい訳ですから ~ そうなんで
  す、最近ブルースター☆ に入りました。今年お歳だけは本格OYAJIの仲間入りを果たした
  のですが、さすがにここにきて後継ぎのことまでも考え始めまして、毎日、嫁に来てくれるフ
  ツーのお嬢さんとヴィキューナのことで頭がイッパイの様子です。婚活笑)   







                        THE LOCALLIST

                       Iwate Nippo, Morioka

Baby Camel Hair  ~ 軽快感コートを ~ “チェスターフィールド”で作った!編_c0177259_20352116.jpg

 城東中(バスケットが恋人)~盛岡商(イッセイミヤケに惚れる)~文化服装学院(学が学ぶ?)
 ~イッセイミヤケ不採用(なんたって入りたい)~みやしん(生地を提供している織物メーカー)
 ~何年かのち三宅一生氏から「君、ウチでやってみるか」~イッセイミヤケ入社

 え~ 都会の皆さんにはローカルチックな話題ですが、岩手人が都会で活躍しているとちょっと
 したことでも“生地”になるんです。(地方笑)
 私とは、中学の一つ下の後輩です。師走初めの記事の中のクロワッサンとはぽん友です。
 クロワッサンの結婚式に新宿で会って以来十数年ご無沙汰していますが、今の方が若く見え
 ますね。なんでも、酒の飲み過ぎで肝臓を壊してから精進したようで、写真を見ても体型はス
 ッキリしてますし、何といっても顔の表情が変わりました。非常に穏やかな表情をしています。
 袈裟を着せたら本物のお坊さんよりもお坊さんらしいかもしれません。(禅笑)
 
 学くんが高校時代にこれをやりたいと目標を持ったこと、途中挫折してもあきらめずに方法を
 考えて実行したこと、そして憧れの師の元へとたどり着いたこと、それから修業を重ねて自分
 独自の表現が出来るようになって、そして自分の道を歩き始めたこと。
 今、学生といわれる若者たちは就職難で大変だと言われていますが、本当に情熱をもってぶ
 つかっている若者は何人いますかねぇ?不確かで洪水のような情報を気にし過ぎて画一的な
 マニュアル人間ばかりが増えているような気がします。
 黒のスーツ、黒くした髪、作られた笑顔・・・? (情熱を燃やさないと人の心は動かないよ)



                                                See you again

 

by itsformen | 2010-12-30 23:44 | オーダーコート | Comments(0)

“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編


 『ブルースター☆』 婚活パーティー Vol.1 
 岩手を感じられる落ち着いた空間 九十九草 にて、先週末、無事に終えることが出来ました。
 突然のアクシデントで女子のサポート役のSさんが来られなくなったのは残念でしたが、ご自身も
 独身で「結婚しねど現実味ねべ!」と周りからもプレッシャーをかけられている、新人〇〇のK子
 さんが女子たちを上手くリードしてくれて場を盛り上げてくれました。(助人笑)
 
 今回は、27才から35才の“結婚に前向き”なアラサーたちを集めて行ったのですが、短い人で
 半年、あとは数年の“いない歴”の人たちが多く、やはり今世間で言われているように“知り合う
 機会が無い?”とか“恋愛に消極的?”といったことが現実として表れているのだと思いました。
 某広告代理店の調査によると、家と職場の往復だけで結婚できたのは80年代までというデータ
 が出ているようですね。(現在は世の中の将来に不安を感じて“慎重”になってる感じがします)

 ただですね、だからと言ってこのままでいい訳はなく、「お節介!」と言われても世話をやく第三者
 がいなければ、間違いなく“少子化の津波”に押し流されてしまいます。
 そして、大勢の“独身高齢者”を“少数の子供たち”が支えなければならない世の中になってしま
 うのではないですかねぇ!?(恐叫笑)
 私と同年代の“アラフィフ”だって、あと10年もすれば、今後の“現代病” ~ 無縁社会 ~ 孤独死
 ~ と向き合っていかなければなりません!(切実笑)

 初めは、“ウェディングの衣装&スタイリング”のお世話が出来たらということから始めたのです
 が、~ 婚活 ~ 結婚 ~ 出産 ~ 子育て ~ と繋がっていくことを考えると、『ブルースター☆』の
 卒業生は在校生のサポートをする?とか、NPOでやる?とか考え始めて、もちろん儲けは“チョロ
 っと”頂かなければ成り立ちませんが、“奉仕活動”に近い形の方がうまく廻っていくのではない
 かと思っていました。(理想笑)

 ながっ ナガッ 長っ! もうやめろ! 続きは次回・・・。(笑汗)



  
 ということで、前書きが長くなってしまいましたが、本題に入りたいと思います。
 ~ コートらしいコート ~ を「アルスター」で作ろうと思い、今回「葛利毛織」の“純毛モッサ”を用
 いたご提案に乗ってくださったお二人の作品をご紹介したいと思います。 



                                “寒さをしのぐ釦掛け”

“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_115044.jpg “メイド・イン・IWATE”

 Sartoria PLUM 仕立て

 アルスターコート

 「MKC クラシック」 50
 ダブルブレスト 6釦
 腰ポケット フラップ スラント 
 ターンナップ カフス
 バックベルト 釦留め
 ナチュラルショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング

 ニッポン「葛利毛織」
 純毛 モッサ 漆黒

 オーダー特別価格¥105,000 


 こちらは、“OYAJIのブログ”
 でもお馴染みですし北東北
 の大人の情報誌ラ・クラ
 Vol.42でもお馴染み?(笑)
 になりました盛岡のTKさん
 の作品です。
“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_116960.jpg 「葛利毛織」“純毛モッサ”
 こちらの生地は、London
 の「サヴィルロウ」にある
 ブランドからの依頼で織っ
 たものです。
 目付もあり肉厚でシッカリ
 として“コートに相応しい”
 雰囲気がありますね。
 “漆黒”のみになりましたが
 あと数着分押さえています。

 “モッサ”というと、純毛で
 織った生地は今は珍しい
 くらいなんです。
 フランスやイタリアのブランド
 でもナイロンをカマせたもの
 が多く、カシミアを混紡した
 ものでは色艶は増しますが
 “ペラい感じ”は拭えません。
 
 【TUWAMONOアルスター】
 見た目はボリューム感が
 ありますが、着てみると
 意外に軽いのです! 
 今回TKさんは、着丈を
 膝丈やや下に合わせました。
 “ターンナップ カフス&バックベルト”の雰囲気もいいでしょう!
 ナット釦とペイズリー柄の裏地は“ブラック”でシックに演出しています。 
    
“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_1172687.jpg“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_118297.jpg




















                             “基本スタイルは中掛け 段返り”

“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_120285.jpg “メイド・イン・IWATE”

 Sartoria PLUM 仕立て

 アルスターコート

 「MKC クラシック」 46
 ダブルブレスト 6釦
 腰ポケット フラップ スラント 
 ターンナップ カフス
 バックベルト 釦留め
 ナチュラルショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング

 ニッポン「葛利毛織」
 純毛 モッサ 漆黒

 オーダー特別価格¥105,000 


 こちらも、“OYAJIのブログ”
 ではお馴染みですし東北 
 楽天ゴールデンイーグルス

 の応援席でもお馴染みと
 聞いています(笑)“〇〇
 御三家”のお一人盛岡の
 HIさんの作品です。
“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_1215313.jpg 今回はお二人とも、着丈
 を膝丈に設定しましたが
 春&秋向けアルスター 
 のように、膝上10cm~
 15cmの所で調整したり
 その逆に“超ロング”
 料理しても カッコイイ
 しょうね! 

 腰ポケットもフラップ付き
 のスラントにしていますが
 前回の俺のアルスター
 のように“タテ型の箱ポケ
 ット”
でもOKです。
 カフスの仕様もターンナップ
 だけではなく“本切羽・
 本開き”
も出来ますし
 シンプルに“筒袖”でも
 お作りします。
 
 アレンジ次第で同じ生地を
 用いたとしても“注文主の
 作品”
になるのが「オーダ
 ーメイド」の 醍醐味! 

 HIさんの方は、ナットでも漆塗りの“溜色”のような釦に、裏地は“赤茶”の小紋柄。
 【TUWAMONOアルスター】 これで全て込みで¥105,000 は、得 ~ 特 ~ 徳 ~ お作り得!

“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_1235467.jpg“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_1305633.jpg






















                                 THE SARTORIALIST

                               Andi & Jordan, Brooklyn

“メイド・イン・IWATE ” ~ 【TUWAMONOアルスター】 ~ 純毛 ~ モッサ ~ コートらしいコート 編_c0177259_152086.jpg
   『ブルースター☆』

   いつ頃現れるかな

   こんな感じで

   藤原さん

   こんにちは

   ってね


   THE

   WEDDINGLIST

   〇〇&〇〇

   Morioka

   早く

   載っけたいなぁ



 
                                                See you again

    

by itsformen | 2010-11-08 21:17 | オーダーコート | Comments(0)

“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編


 あき ~ アキ ~ 秋 ~ 秋は、どこに行ったんだぁ ~ !?

 皆さんも もう肌で感じてると思いますが、「寒なっす!」 「もは 冬だなはん」
 絶景 八幡平の紅葉も見ごろを終えて既に“雪景色”なそうですよ!
 そして、ここ盛岡の街中でも雪こそ降っていませんが、“夜の街ブラ”には コート が必要な
 くらいの勢いで「寒のっす」

 そんな冬らしい冬にピッタリな 上質感タップリなコート を、今年の冬、誂えてみませんか!?




                             “原点回帰 ~ スタイリッシュに” 

“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_124398.jpg “メイド・イン・IWATE”

 Sartoria iwate 仕立て

 アルスターコート

 「MKC クラシック」 48
 ダブルブレスト 6釦
 腰ポケット 箱タテ型 
 ターンナップ カフス
 バックベルト 釦留め
 ナチュラルショルダー
 肩パット~ナッシング
 毛芯~ナッシング

 イタリア「Cervino」
 アルパカ×ウール
 ミント×チョコ チェック柄

 オーダー標準価格¥96,600
 (ターンナップ&バックベルト
  オプション料 +¥8,400)

 “原点回帰” ~ オーバー
 コートの原点 「アルスター」  
 これを現代的に“アレンジ”
 そしてスタイリッシュに!
“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_1261287.jpg 時代が21世紀に変わって
 世界的に“ファッションらし
 いファッション”が流行らず
 なんか毎年“原点回帰”を
 ファッションにしていません
 かね。(私的大好き笑)

 特にカジュアルウェアは
 今年の秋冬は “ミリタリー
 スタイル!”
ジャジャン!
 と、ここ十年近く毎年スマした
 顔して“ファッション関係者”
 らは訴えてますけど、正直
 ネタが無い んですよ!

 新しいネタが無いということ
 は原点に帰るしかないので
 基本を見直したり “熟考”
 することになりますから原点
 を基にした現代的な“アレン
 ジ力”
が物を言います。 

 これぞ“OYAJI世代”からの
 私がお薦めする“クラシック
 スタイル”
の原点!


“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_1272461.jpg“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_128034.jpg

















“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_129270.jpg“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_129311.jpg



















                                 “俺のスタイル”

“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_1303589.jpg 元々「アイルランド」
 祖国の「アルスターコー
 ト」ですから原型というと
 まずは寒さを凌ぐために
 形(デザイン)は「ダブル
 ブレスト」
に着丈は“膝
 下丈”で重厚な毛織物の
 生地を用いていました。

 その「アルスター」を現
 代的にモダンに スタイ
 リッシュ
に仕上げたの
 がこちらの“俺のアルス
 ター”


 今年の冬は“厳寒”らし
 いと予報士たちは脅して
 きますが、寒さを凌ぐと
 言っても昔の作りのよう
 に重苦しい感じでは現代
 的ではありません。
 
 “軽快感” 読んで字の
 ごとく 「軽~く 快~い」
 着用感を追求しました。

 
“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_1312849.jpg 春先の記事でも“ブラック
 ウォッチ”の生地を用いた 
 春と秋にもってこいのコ
 ート
ということでご提案
 させて頂きましたが冬物
 の生地を用いると“肩パ
 ット&毛芯なし”
の効果
 がなお一層感じられます
 ね。
 起毛した“アルパカ×ウー
 ル”の素材感が想像した
 よりも体に馴染みが良く
 グッドマッチング
 したよ。(想盛り盛り笑)

 副資材を用いないけれど
 構築されたような“デザ
 インパターン”
は軽快な
 着心地と 上質な雰囲
 気
を醸し出してくれま
 した。

 上前 前釦中掛け 段返り
 この感じが堪らなくいい 
 ですね!(職人技笑)
 着丈も生地の要尺が足り
 ないのが幸いして膝上5cm
 もう ジャストフィッティング!
“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_1321571.jpg それにしてもですね、自分
 で言うのもなんですけど
 紛れもなく“東洋人”(よく
 大陸系と言われる)なの
 ですが、“洋服”が似合う
 んですよ!(照笑汗)
 既製品を扱ってた頃は
 メーカーの展示会に行っ
 てジャケットを試着してる
 と「藤原さん ホントにトル
 ソー(人台)のような体型
 してますよね!」ってよく
 言われていました。
  
 身長は165cmとチビっこ
 (私よりチビな人許して)
 なのですが、自分を基準
 にして“想像&創造”
 きますからまさに「オーダ
 ーメイド」
をやるために洋
 服屋を続けてきたと言っ
 ても過言ではないと思い
 ますし 自信を持って
 振る舞っても“バチは当た
 らない”と思います。 
 (自画自賛笑汗)

 *巻きモノ~ストール 日本ホームスパン ウール×コットン 200cm ¥10,080   





                       THE SARTORIALIST

                       Lady Tie, New York

“メイド・イン・IWATE ” ~ 俺のスタイル ~ オフは軽快感ダブル ~ アルスターコート 編_c0177259_1493118.jpg

            ~ マニッシュ ~ 演出 ~ オーダーメイド ~ it's for men





 ~ 想像&創造 といえば ~  「安岡正篤」 一日一言より

  10月14日 お題 “感動”

  無感動な人間ほどつまらぬものはない。
 よく世間で、あいつは熱がないとか、いっこうに張り合いがないと言うが、
 電気が伝わらないような人間は、実際つまらない。
 よくある無内容な人間になると、せっかくいい話をしてやってもキョトンとしている。
 話が通じない。これくらい情けないことはない。
  人間の進歩というものは、そういうインスピレーション、感動から始まる。
 偉大な発明発見でも、あるいは悟りでもそうです。
 みんな感動がないといけない。


  10月15日 お題 “創造的人物”

  創造的人物は所謂知識階級からは出ない。
 野人は実際の人生に生地でぶつかる。
 そこに強みがある。 



                                                 See you again

by itsformen | 2010-10-30 23:45 | オーダーコート | Comments(0)

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編


さあ いよいよスタートしました。日本特有の新年度!!
都会では桜も開花して“春うらら”なんでしょうねぇ~ 羨ましいですねぇ~ 
でも、こちらはまだまだそれどころではありません! 「さむのっす」

さすがにこの時季のアウターは、何を着ればいいのか皆さん迷ってしまいますよね。
で、何がいいかということで毎年春先と秋口に話題になる“マッキントッシュ”ですが、「着心地は二の次・・?」「寒いとバキバキ暖かいとムレムレ・・?」「雑誌やショップが言うほどカッコよくないし・・?」「お値段が8万~15万?」等々、ということで私には未だに“謎の賜物”でしたので、この度「マッキントッシュってそんなにイイ?
?」をテーマに開発した“春と秋にもってこいのコート”をご提案したいと思います。
(今回も自作自演の“藤原劇場”がお送りします~いい加減顔がシカメになっていますね~
 笑ってよ~)


  
      「アルスターコート」 膝上丈

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_16474084.jpg【Sartoria PLUM】仕立て

「MKC クラシック」48
ダブルブレスト 6釦
OP 袖口本切羽
 *原型筒袖~ターンナップ&
  バックベルト可
ウール ポプリン
“ブラックウォッチ”
オーダー標準価格¥89,250

ヴェストも一緒に作っちゃいました!
「VBV クラシック」
襟付 6釦
オーダー標準価格¥22,050

因みにトラウザーズを作ると
オーダー標準価格¥26,250
ジャケットをつくると
オーダー標準価格¥80,850  
一揃いそろえておけば “テリー
伊藤ごっこ” で遊べます!


肩パットと毛芯はナッシングにして(裏地は付きます)、優秀なデザインパターンと職人の技とで構築されたフィット感と軽やかな着心地を生み出しました。
原型モデルは膝丈に設定していますが、冬物とは違う軽快感を醸し出すために着丈を膝上にして前釦を上げています。
(最近の短丈はチョイといき過ぎかなと思います~この位が程々の所ではないかしら~百貨店ブランドも量販店に追随しちゃったからなぁ~困笑~でも専門店にとってはチャンス!差別化笑)
秋に出揃う生地では冬向けがメインになりますので、春に出揃う薄手の生地が“春&秋向けのコート”に最適です!(近年の長引く残暑では9月、10月の肌寒い日にも適しています)
マッキントッシュと違ってオーダーメイドでは、3種類の基本デザインパターンと“迷子になる”くらいの生地から選ぶことが出来ます!(贅沢笑)

 
“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_16501894.jpg“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_16505335.jpg


















                        “鞄に収納”

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_16535293.jpg冬物コートと違って、片側を裏返して三つ折りに畳めば鞄にスッポリ収納できます。
今回の撮影で私がしつこく持っている鞄は、雑誌LEONで“ジローさん”が声高に訴えている“デカボストン”です!
2泊~3泊のビジネスに旅行にとってもバッチリグッドです!
コートとの相性もイイねぇ~!
ハーヴェストレーベル
ポーカーフェイス ブラウン
「HJ-1905」 ¥39,900


今回用いた生地は、使い勝手のいい「WOOLMEISTER」のバンチから選びました。
チェックシリーズもポプリンの他にも三者混のメッシュ調やしなやかなシャークスキン等々豊富に揃います。そして、コートとして何といってもお薦めなのは写真右の「コットンソラーロ」です。
光の当たり具合によって玉虫色に見えることから“太陽の生地”と呼ばれています。
これでカスタマイズしておくと、今年の春と秋はバッチリグッドです!
オーダー標準価格¥92,400

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_16551572.jpg“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_16554479.jpg



















次にお見せするのが冬物の原型モデル基本の3パターンです。
(着丈はどれも膝丈に設定)
先ずは、「アルスター」 オーバーコートの原型と云われていて、トレンチはまさにこれをアレンジしたものといえます。(カッコイイよねッ!納得笑) 
~冬物はターンナップ&バックベルトもお薦め~
 
“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_19304165.jpg“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_1931973.jpg


















「ステンカラー」 こちらは今冬評判の良かったモデルですが、春&秋のコートとしても活躍してくれそうです。マッキントッシュがいいと思っていた方は着丈を膝上に設定することによってそれなりの雰囲気を醸し出すことができると思います。
【Super Standard】仕立て 同じブラックウォッチの生地を用いて 
オーダー標準価格¥68,250
 
“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_19315515.jpg“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_19322381.jpg


















「チェスターフィールド」 こちらは【Modern Savile Row】仕立てのリニアコートです。
モデルのシングルブレストのピークドラペルの他にノッチドラペル、ピークのダブルブレスト、ステンカラーの基本パターンからそれぞれ10通りのディテール(ポケット等々)を選ぶことが出来ます。
同じブラックウォッチの生地を用いて オーダー標準価格¥84,000

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_19331037.jpg“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_1933383.jpg


















                       “やっと料理できる”

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_19343537.jpgこちらはアルパカ×ウールのコートに適した生地です。
色は“ミントチョコ!”
チョコブラウンとミントがMixになったようなチェック柄です。
コイツはシングルではなくダブルブレストで料理したいと思っていましたのでやっと形にしてあげることが出来ます。
もちろん「アルスター」のターンナップ&バックベルトでやりますよ!(まぁ 秋口ですけどね)
オーダー標準価格¥94,500
(一応、お客さん優先ですから欲しい方にはお譲りします!)
先日TV番組で作詞家の秋元康さんがAKB48とニューヨークを旅するシーンがあってこの生地にそっくりなアルスターコートを着ていました。やっぱりニューヨークは絵になる。(人間芸術笑)





      THE SARTORIALIST

      Pitti Uomo, Florence

“マッキントッシュってそんなにイイ??” ~問題解決~ 春&秋にもってこいのコート 編_c0177259_19364465.jpg    東洋人とペイズリー
   
    相性抜群だなぁ

    エトロっぽいなぁ

    こんな生地が手に入ったら

    作ってみたいなぁ

    オ・レも東洋人だから

    似合うと思うんだけど

    い~なぁ~    








                                See you again


by itsformen | 2010-04-01 23:54 | オーダーコート | Comments(0)

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編


 お久しぶりでっす!
 一週間も経っていませんが、年始めは貯まっているネタをメールマガジンのように連載するつ
 もりだったものですから・・・。(なかなか思うようにいきませんね)
 ということで、急な話ですが明日の10日は臨時休業させて頂かなければならなくなりました。
 なので、すみませんが10日はお休みします。11日は通常営業で、12日は火曜定休日です。
 
 今回は、“大きな流れ”のトレンドになってきている「ステンカラーコート」の様変わりしたスタ
 イルをご紹介します。
 大きく様変わりしたポイントは、ラグランスリーブで全体がマントのようにユッタリとしたシルエッ
 トに膝下だった着丈から~立ち姿が端正でロールが綺麗な大ぶりの衿になり、セットインスリ
 ーブのジャケット感覚で着られるジャストなフィット感と軽さがあり、カジュアルな装いにも合う膝
 上の着丈になりました。
 そうなんです。かなり雰囲気が変わってきましたよ。 
 
 では、昨年の11月20日にブログでご紹介したら早速オーダーをくださいました、「ディレクター
 ズスーツ」でもご登場頂いています八幡平のSKさんの作品と、洋服よりも「スーパーカブ」が記
 憶に残る盛岡のYKさんの作品をご紹介します。 


  
 先ずは、SKさんの作品から。
 基本的に、ビジネススーツの上からでも着られて休日の普段着にも合わせられるように、とい
 うコンセプトでお作りになりました。
 “大きな流れ”の今どきのタイトなフィット感は、ジャケットの上に着て“ピッチリ”するくらいが
 丁度いいでしょう!(シャツやニットの上から着用して“ちょいユル”ぐらい)

 
                         “ONスタイル”

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17284116.jpg「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17291853.jpg


















                         “OFFスタイル”

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17295355.jpg「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17302442.jpg

















 【Super Standard】仕立て ピュアカシミア チャコールグレー  オーダー標準価格¥110,250
 *参考 A体5号 着丈92cm

 5年前から【Modern Savile Row】ではご提案していましたが、今回は【Super Standard】から
 既製品と変わらないお値段で(あくまでも made in japan )オーダーすることが可能になりまし
 た。



            “コート&ハンチング帽”

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_1731792.jpg こちらは、YKさんの作品です。

 【Super Standard】仕立て
 ツィードヘリンボーン
 ウール100% 紺色
 オーダー標準価格¥79,800

 *参考 AB体4号 着丈79cm

 「宮沢賢治」風の“現代版” 
 どうでしょ??
 んっ!? ムリがあるって!
 やっぱりねっ!(笑汗)

 ハンチング帽 【工房「蟻」】仕立て オーダー価格¥9,450

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17314852.jpg いや~YKさん、最近めっきりお洒落に目覚め
 ちゃって!私は嬉しい限りなんですが、真冬は
 バイクには乗られない分、“夜の営業”が忙しい
 と聞いています。(妖艶笑)

 やはり人と出会う機会が多くなると見た目が気
 になってきますよね。(特に夜の営業では。笑)
 
 自由業なYKさん、銀行に顔を出すにしても
 ほとんどがジャケットスタイル。
 冬場もクルマにそのまま乗り込めるジャケット
 ぐらいの着丈の「ステンカラーコート」がいい 
 というご要望でお作りになりました。

 私よりも小柄な(身長のこと)YKさんですが、
 気は優しくて力(お金)持ちな高校の大先輩
 です。(力こぶ笑)


 もっと大先輩のドラマーYYさんのときと同じように、私がモデルを務めさせて頂きました。
 (照笑)着丈79cm。この寸法が「ステンカラー・コート」での最も短い着丈になります。
 思ったんですが、中にジャケットを着用しないときは、ヴェスト(オッドヴェスト、ウエストコー
 ト、ジレ、チョッキ?・・・ファッション雑誌は様々な呼び方をして人々を惑わせます。笑)を
 合わせるようにするととっても便利です。
 シャツ一枚だけの“寒感”は避けられますし、コーディネートのアクセントに使うと着こなしの
 幅が広がります。そして、何といっても“ウォーム感”が違いますね。(温笑)

 (重ね着は“洋服の基本”ですよ!寒ければ上に重ねる、暑ければ脱ぐ!ラクダのシャツや股
  引が化学繊維に代わっただけの下着のようなものは洋服ではないのですが・・・。アホな消費
  者はそれをファッションだと思っている!愚笑)
  
 皆さん!何はともあれ“ベストチョイス”してみましょう!

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17335461.jpg「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_1734204.jpg






















                        THE SARTORIALIST
    
       Luca Rubinacci, Florence          Burberry's Art of the Trench, Toronto    

「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_1735014.jpg「ステンカラーコート」~今どきのは~“タイトフィット&ライト” 様変わりしてるよ!編_c0177259_17353814.jpg




















  チェックのコート                    バーバリーという“記号”(ブランド)には

  ちょっと派手かもしれませんが           全く興味はないのですが             

  オッシャレ~ですよねえ~              “トレンチコート”の雰囲気はイイと思います

  そろそろ挑戦しよっかな!              それとこの“中身”(かなりタイプ)

                                メンズライクなトレンチをさり気なく着こなす

                                トロントへ行っちゃおっかな!



                                                 See you again 
          

by itsformen | 2010-01-09 23:58 | オーダーコート | Comments(0)

「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編


 皆さ~ん! 冬ですよ! 冬~!!
 都会でも真冬並みの寒さで「寒っ寒っ」って言ってるらしいですね。(寒笑)
 
 いよいよ“師走”がやってきます!身も心も準備万端整えないといけませんよ~!
 特に岩手の人たちは、北国で暮らしてるのにもかかわらず、しかも雪が降っても「オーバーコート」
 を“着用しないOYAJIたち”が多すぎる!(呆笑)

 そこで、オーダーメイドメニュー【Super Standard】から“スタイルもプライスも応援します”という
 ことでタイトフィットな「オーバーコート」のご提案です。
 (*プライスも応援といっても made in japan のオーダー仕立てですから、百貨店や量販店の
   安いヤツを想像しちゃあいけませんよ!)


                              “ジャケットのようなタイトフィット” 

「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編_c0177259_2047161.jpg 「チェスターコート」

 【Super Standard】 仕立て

 シングルブレスト ノッチ 3釦
 スラントポケット
 ピックステッチ
 見返し丸台場 総裏

 “おニュー”(笑)につき制約のあ
 るオーダーメイドになりますので
 デザインやディテールの変更は
 残念ながら“おもさげながんす”
 (翻訳:どうもすみません。謝笑)
 でも、サイズのほうは“大丈夫”
 です。
 既製品の目安でいうと、Y体から
 AB体まで“太平洋のように”
 揃いますから、スーパーフライ級
 から超ヘビー級の方まで着ること
 ができます。(力笑)
 
 ジャケットを着る感覚で“タイト
 フィット”に着こなすと彼女や奥
 さんから「カッコイイ!」って惚れ
 直されること間違いありません。(惚笑)
「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編_c0177259_20514143.jpg
 「ステンカラーコート」

 【Super Standard】 仕立て

 フライフロント ステンカラー 5釦
 セットイン タテ型箱ポケット
 ピックステッチ
 見返し丸台場 総裏

 こちらのステンカラーも基本的に
 パターンオーダーですのでサイズ
 の対応もほぼ一緒ですが、基本
 のサイズスペックはややゆったり
 目になっています。
 写真のモデルは黒のフラノ生地を
 用いたのでビジネス風に見えて
 いますが、私はこのデザインなら
 ツィード素材や厚手のコットンフラ
 ンネルの生地で“カジュアル”に
 着こなしてほしいですね。(粋笑)
 
 早速、ツィードヘリンボーンの生
 地でオーダー頂いています。
 さらに、共生地の“ハンチング帽”もご注文頂きました。(ニカッ)


          “純度100% カシミア生地”

「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編_c0177259_2135754.jpg 「オーバーコート」
 オーダー標準価格¥110,250
 「シングルジャケット」
 オーダー標準価格¥84,000

 どうです!?応援プライスでしょ!
 その訳は、【Super Standard】の
 メーカーというのは、イージーオー
 ダーでは生産量、ハイテク設備が
 “日本一”の工場を持っているから
 可能なのです。
 お分かりと思いますが、“数の原理”
                                     で生地メーカーと提携しています。

 *私のお薦めは、大柄の“プリンス・オブ・ウェールズ”(グレンチェック)と“ハウンド・トゥース”
  (千鳥格子)です。(岩手ではちょっと目立ちますが、都会では素敵に感じられます) 


「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編_c0177259_2145522.jpg “ツィード生地”
 「オーバーコート」
 オーダー標準価格¥79,800~
 「シングルジャケット」
 オーダー標準価格¥58,800~

 “ジャージー&コットン系生地”
 「オーバーコート」
 オーダー標準価格¥65,100~
 「シングルジャケット」
 オーダー標準価格¥42,000~ 


 なにせ【Super standard】と謳ってるくらいですから他にも色々な生地を多用できます。
 皆さ~ん!師走に向けて“スタイルもプライスも応援しますよ~!”

 *そうは言っても、オーダーメイドなものですから、年内納めは“12月6(日)”を目途にご注文
  頂ければ幸いです。(宜笑)

 



                       THE SARTORIALIST

         Mr.Marzotto, Milano                 Tweed Coat, NYC  

「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編_c0177259_179453.jpg「オーバーコート」 【Super Standard】 “師走しわすは色んな意味で暖かく温かく”編_c0177259_1710422.jpg




















 ホント西洋人って洋服文化の“基”がDNAに組み込まれていますから、フツーに着ただけでも
 なんでこんなに“様になる”のか・・・。

 今、ニッポンのファッションカルチャーが世界から注目を浴びているのは確かですが、10代、
 20代の若者たちであって、その若者たちもオジサン、オバサンの域に入ってくるとドンドン退化
 していくのが現状です。

 だから、我々OYAJI世代が“お手本”になってあげなくちゃいけないのですよ!

 ニッポンの若者は、ハイセンスなところは凄く得意なんだけど、洋服文化の“ベース”となっている
 「クラシックスタイル」に関しては“ちんぷんかんぷん”なのです。
 大人になるにつれて、“何を着たらいいのか分からない” 

 そのためにあるんですよ! it's for men ~男たちのために~


                                                 See you again 
    

by itsformen | 2009-11-20 14:38 | オーダーコート | Comments(0)