特集:「いわてのホームスパン」にこだわる!! その弐


女   あらっ  素敵なジャケットになったわ!!

男   やっぱり it's formen でオーダーしていがった! ほっ

c0177259_1361970.jpg


























ということで、こんな感じに出来上がりました。

傑作 【IHATOVジャケット】 弐型(春~初秋モデル ’08 3月作) 
オーダー価格¥120,750                                          

    
it's formen HPの特集の画面と、大人の北東北エリアマガジンラ・クラ9月号のアートな逸品でご紹介しているのがこちらのジャケットです。

その裏で、このジャケットが完成するにあたっては東和プラムの職人さん達の大変なご苦労がありました。
その壱の写真でもお分かりのようにガーゼのように柔らかいのです。
柔らかい素材というのは、それを形にする人にとっては非常に厄介なのです。

オーガニックコットンとウールのハーフ&ハーフでメランジェ柄。8色展開。
ニットのような着心地を求めていた私は一目で気に入りました。


c0177259_1543430.jpg


そして、デザインとパターンを決めて工場へオーダーしたところ・・・土方製造部長から電話が??
「じゃ じゃ じゃ 旦那さん!さきたとなりがら生地届いだんだどもさあ~ こんたに柔らけど思わねんだおん、なんちゅにしたらいがえんか?」
(翻訳:困りました社長!先程、となりの日本ホームスパンさんから生地が届いたのですが、こんなに柔らかい生地とは思ってもいませんでしたので、どの様に仕立てたら宜しいですか?)

とありまして、私の返答「さっ さっ さっ そんたなごど言わねんでさあ~ い~あんべに なんちゅにがしてけねえんか!」
(翻訳:いやぁ そう言われてもねぇ ニットのような着心地にしたいからなぁ いい具合に仕立てて貰えないですかね!)

ま、こんなやり取りがありまして。(笑)  
な、なんと!その日の夜、工場の勤務が終わってから土方部長始め製造の主要メンバーが打ち合わせに駆けつけてくれたのです。(*東和プラムのHPに写真が載っています)
遠い所 (*岩手の面積は四国4県に匹敵します)、「おもさげね~(翻訳:申し訳ない)」と思いつつお互いに意見を交わしてGo!!となりました。

さすがです!予想以上の出来栄えで着心地も抜群です!!

皆さんには是非、実物を着て頂きたいですね(笑)。

次回は、【IHATOVジャケット】 についてアップします。            

                                             See you again      
[PR]

by itsformen | 2008-09-25 17:15 | いわてのホームスパン | Comments(0)

<< 特集:「いわてのホームスパン」... 特集:「いわてのホームスパン」... >>