人気ブログランキング | 話題のタグを見る

~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編

行事

昨日は、三年ぶりに盛岡の初夏の風物詩、「チャグチャグ馬コ」が街を練り歩きました。
やっぱりいいですね~ 伝統文化な行事がいつも通りにあるというのは。
8月の「さんさ踊り」も三年ぶりの開催が発表されましたね。
徐々に歯車が動き出してきました。






~洒脱なエグゼクティブスーツ~

~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15332419.jpeg


~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15334314.jpeg


~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15341539.jpeg


~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15343263.jpeg


~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15344983.jpeg


Sartoria Iwate 仕立て 
「MKA クラシック」48 シングルブレスト3釦 ノッチドラペル ナチュラルショルダー 胸Pバルカ 腰P両玉縁フラップ 限コバステッチ 袖口本切羽4釦 重ね 釦 二の字掛け サイドベンツ 

タック トラウザーズ×2本 「stylish ゼロイチ」84(86.5) 裾幅19cm

「DRAGO」Italy “Sinfonia” ダークブルー スモールヘリンボーン Super160's 240/250g/m 
オーダー価格¥188,100(本体171,000)

今回のご依頼人は、前編に続いての秋田のSFさんです。
“洒脱なサマージャケット”も良かったですが、今回の“洒脱なエグゼクティブスーツ”も非常に上質感があり正にエグゼクティブに相応しい雰囲気を漂わせていました。
「3シーズンというかいわゆる“four seasons”着られる生地がいいですね」
そんなリクエストから生地を絞り込んでいくと、あらまあ不思議なことに一番初めに「岩手のスーツ」初体験キャンペーン!でお作り頂いたDRAGOのチャコールと同じシリーズの中からお選びになりました。
さすがSFさんお目が高いですね。
イタリアの細番手の生地の中では、このDRAGOの“Sinfonia”がもの凄く仕立て映えするんです。
Super160'sながら2plyなので、シットリとした滑り感がありながらシッカリとしたコシも兼ね具えています。
さらに、イタリア生地特有の光沢感は輝り過ぎない程ほど加減が上品な雰囲気を醸し出しています。
SFさん、次はイギリスの生地の中で一番と言っても過言ではない仕立て映えのするHARISSONSの“PREMIER CRU”をお薦めしたいと思います。


~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15350620.jpeg








“やっぱり都会っぽい” ~サロンの窓から~

~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_15353000.jpeg



“三年ぶりのチャグチャグ馬コ” ~サロンの上から~

~洒脱なエグゼクティブスーツ~ 【Sartoria Iwate】 編_c0177259_21115742.jpeg



~it's for men~

by itsformen | 2022-06-12 23:00 | オーダースーツ | Comments(0)

<< ~夏色のネイビーブルースーツ~... ~洒脱なサマージャケット~ 【... >>