「CANONICO」×「岩手のスーツ」=グローバルスタンダード 編


おお寒 こ寒
小春日和はあるものの、もう暖かい日はなくなります。
いらっしゃるお客さんとの最初の会話は「今日も寒いですね」がフツーになりました。
洒落者にとっては、もうアウターでは着られないジャケットよりは、一番目に付くアウターのコートを揃えなくてはいけません。





グローバルスタンダード


c0177259_21422326.jpg

Sartoria Iwate仕立て
 
「ナローズ」48 
シングルブレスト 2釦
ナチュラル ショルダー
垂れ綿 極薄
胸P バルカ
腰P 両玉縁フラップ スラント
極限コバステッチ
袖口本切羽 4釦 重ね
釦 鳥足掛け
サイドベンツ
・ペイズリー柄裏地
 OP¥5,000+税

タック トラウザーズ
「オーソドックスⅡ」A6
裾幅19cm

~FLANNEL
グレイ ストライプ
Super120's 270g/m 
¥113,000+税


c0177259_21433411.jpg

「ご無沙汰してました」「勤務地が変わってしまい新幹線通勤から車通勤になったんですよ」「歩かなくなったら“服欲”が湧かなくなっちゃって...」「今回はイメージを決めてきたんです」「えっ?!お薦めはグレイッシュなブラウンですか!?」「でも... 決めてきたんです、グレイフランネルのチョークストライプに」「意外にまだ持ってなかったんです、こうゆうグローバルスタンダードを」
と仰るのは、車通勤になったとはいえビジネスのスーツスタイルには拘りがあります、50代半ば、一関のMCさんからのご依頼です。

c0177259_21463646.jpg
c0177259_21460432.jpg

















c0177259_21465964.jpg
c0177259_21473673.jpg


























“色づいた蔦と柳のカーテン” ~サロンのお庭から~

c0177259_15365631.jpeg

10月8日の~アコギ一本勝負!in ふかくさ~を思い出す




See you again


[PR]

by itsformen | 2018-11-16 23:55 | オーダースーツ | Comments(0)

<< ~Albini Fabric ... 「CANONICO」×「バルマ... >>