~洒落者を自負する数寄者の皆さんへ~ 「SOLARO」&「SUN CLOTH」 編


甲子園
これぞ高校野球!!!
岩手の花巻東が一回戦で敗退してしまったので、終わったと思っていましたが、お隣り秋田の金足農がやってくれました!
ここ岩手もそうですけど、全国的に私立高校が上位を占める中、公立高校で甲子園の決勝まで上がってきたのには驚きました。素晴らしいことです。
選手も監督も素朴でいいですね。凄く新鮮な感じです。
あのピッチャーならやってくれそうですね。東北勢初の優勝を期待したいです。







「SOLARO」

「SMITH WOOLLENS」 England

c0177259_21280128.jpg

「ソラーロ」または「サンクロス」の名称で知られ、“玉虫色”(カーキ×太陽の赤)の輝きを持つ美しい毛織物です。
実は、「スミス ウールンズ」によって20世紀初頭に開発され、100年経った今でも商標として保護されています。
元々、コロニアルな地域において「太陽熱を和らげる効果がある」として着用を推奨されるなど、イギリスの服飾史に足跡を残す特別な服地です。
近年ではファッション性の高さが注目され、色々様々なソラーロが出まわっていますが、当時のウエイト(355g/m)質感を再現したこの“オリジナル ソラーロ”は現代におけるマスターピースと言えますね。

そこで今回は、洒落者を自負する数寄者の皆さんへ、この“100年続くクラシックな服地”で、秋(10月・11月)&春(3月・4月)にお洒落に着られる“自分流のコート”を誂えませんか?!というご提案です。
実際、ビジネスシーンでスーチングとして着用できる人はごく僅かだと思いますので、このウエイトとミリタリーな色味はコートとして料理した方が良しと考えました。
新色として“カーキ×ブルー”が加わり、ソラーロ好きな人にとっては新調のモチベーションが上がりますね。
因みに、玉虫色なものですから写真では正確な色味が伝わりませんので、是非とも実物をご覧にいらしてください。


「バルマカーンコート」

it's Model
c0177259_21454837.jpg
Sartoria Iwate仕立て 

「stylish バル」46
シングルブレスト 4釦
バル(ステン)カラー
打ち抜きフロント
・ライト仕様(軽量)
 OP¥4,000+税
・アルパカ裏地(モヘア×コットン)
 OP¥5,500+税
ナチュラルショルダー
肩パット ナッシング
垂れ綿 極薄
胸増芯
腰P 箱型 スラント
極限コバステッチ 釦 鳥足掛け 膝上丈(-7.5cm) 
袖口 筒袖タブ付き OP¥3,000+税 オーダー標準価格¥133,000+税

c0177259_21441845.jpg
c0177259_21444279.jpg


















c0177259_21450709.jpg
c0177259_21452322.jpg






















「ウエストコート」

it's Model
「stylish ジレ」48 胸P 箱型(上前のみ) 腰P 箱型 背ベルト 表地裏側(太陽の赤)
・ダブルブレスト6釦&ピークドラペル OP¥6,000+税 
・アルパカ裏地(モヘア×コットン)OP¥6,000+税 オーダー標準価格¥34,000+税

c0177259_21461717.jpg
c0177259_21463457.jpg




















c0177259_21465583.jpg
こちらは、おそらく織元であろう「William Halstead」England の「サンクロス」です。
ソラーロの織りネームは使えないので「SUN CLOTH」の織りネームが付きます。
こちらのウエイトは、330g/mとオリジナルよりやや軽いのでスーチングやヴェストにちょうど良いのではと考え誂えてみました。
こちらの柄はヘリンボーンです。
「SOLARO」&「SUN CLOTH」両方のモデル服をご用意しておりますので、夏の終わりに“服飾談議”に興じませんか。








“変てこ台風の余波の日” ~サロンの窓から~

c0177259_21471867.jpg


c0177259_21473652.jpg



See you again


[PR]

by itsformen | 2018-08-20 23:55 | オーダージャケット&コート | Comments(0)

<< 2018‐2019 秋冬の新着... まだまだ暑いけど... 夏を惜... >>