人気ブログランキング |

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐


 雪景色
 あっという間に冬・・・の到来です。
 ホントに盛岡の冬は一気にやってきます。
 何の前触れもなくはないのですが・・・それにしても・・・ 
 まんつ、んでもさ、これで冬でも軽装したがる盛岡人でもさすがにジャケットの上にはコートを着る
 ようになるべさ。





          “結婚式にお呼ばれはスリーピースで”

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20181926.jpg
 Sartoria iwate
 仕立て スリーピース

 「MKA クラシック」 48L 
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ 
 腰P~両玉縁 チェンジ
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 サイドベンツ
 ・裏地(ペイズリー柄)
  OP¥7,500+税
  (Jacket+Vest)

 ヴェスト「the best」AB4 
 6釦×5掛け
 腰P~両玉縁 フラップ

 「オーソドックスⅡ」 A6
 1タック トラウザーズ
 裾幅19.5cm

 ビエッラ「CANONICO」
 Super 110's 260g/m
                                             スモールヘリンボーン
                                             オーダー標準価格
                                             ¥136,000+税

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_2048434.jpg
 「よう、久しぶりだねぇ、
 また結婚式にお呼ばれ
 されたからさぁ、今度は
 チャコール系のダークス
 ーツをイメージしてるん
 だけど、英国調にスリ
 ーピースがいいかな」
 電話では何度かお話さ
 せて頂いてましたが、
 “男の隠れ家”になっ
 てからは初めてのご来
 訪です。
 5年前の春以来の採寸
 でしたが、若干小ぶり
 になっておりまして、
                                             「着丈をちょっと短くトラ
 ウザーズはやや細く」とのリクエストもありましたので、この5年間で新たに加わったジャケットとト
 ラウザーズの新しいパターンを用いて大人の落ち着きのあるタイトシルエットを創ってみました。
 生地は当初チャコールをイメージしていたのですが、色々とバンチを捲っていくうちにほど良い光
 沢感
を醸し出す肉薄でミディアムグレイのスモールヘリンボーンに辿り着きました。
 そして、表顔は落ち着いた大人を演出して裏顔では大人の遊びを演出してるんですって。(愉笑)
 そんなこちらのスパイスの効いたスリーピースのご依頼人は、来年はいよいよ還暦を迎えられま
 す50代後半、紫波のGYさんです。
 (ホントにそんなつもりはなかったんですけど・・・本当に美味しい冷麺ご馳走さまでした。今度は
  「ラ・フランス館」の帰りにでも寄らせていただきます~)

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20224269.jpg「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_2023209.jpg
「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_2025118.jpg「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20254497.jpg
「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20264184.jpg「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20271076.jpg








          “おっ!これは面白いチェックですね”

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_2027568.jpg
 Sartoria iwate 
 仕立て

 「オーソドックスⅠ」BE5 
 シングルブレスト 3釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ 
 腰P~両玉縁 チェンジ
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 サイドベンツ
    
 パンチェリーナタイプ 90 
 ノンタック トラウザーズ
 ピスP~フラップ
 裾幅20.6cm

 ビエッラ「FINTES」
 Super 130's
 グレンプレイド
 オーダー標準価格
 ¥125,000+税


「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_2038770.jpg
 「何かいつも同じ感じに
 なってしまうんですよね
 ぇ、今年はチェック柄が
 多いようだし、面白いヤ
 ツ探してみますか」
 ということで、何冊かバ
 ンチを捲ってきて「葛利
 毛織」と「CANONICO」
 のチェック柄に絞られた
 ところで、思い出したか
 のようにワタシが「こん
 なのも有りますよ」とカ
 ード見本をお見せしたと
 ころ、「おっ!これは面
 白い!この立体感
                                             面白い!この変わった
 グレンチェックにします!」と、ビビッときた感じで「FINTES」のSuper 130'sに決まりました。
 細番手といっても「フィンテス」は双糸で織り上げていますから、イタリア物の中ではハリとコシ
 しっかりとありますね。
 そんなこちらの変わりパターンのグレンチェックスーツのご依頼人は、ドラッカーな仕事を任されな
 がらもスーツを誂えることを愉しんでいらっしゃいます50代半ば、盛岡のTSさんです。

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_2041039.jpg「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20412414.jpg
「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20395020.jpg「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20402359.jpg









              “窓越しのイルミネーション” ~サロンの中から~

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20421164.jpg

「岩手のスーツ」を誂える ~男の愉しみ~ 編 その弐_c0177259_20423948.jpg


                                                see you again

by itsformen | 2014-12-03 22:55 | オーダースーツ | Comments(0)

<< ラストチャンス!~ Impor... 「岩手のスーツ」を誂える ~男... >>