「仕立ては日本製が良い」 ~シックリきます~ 【TUWAMONO】スリーピース 編


 いける!
 今年の盛岡大附属はいける!けっこう強いっちゃ!
 優勝候補の一角、東海大相模に競り勝ったよ!
 ピンチを切り抜ける撥ね退ける負けない力と少ないチャンスを集中攻撃でものに出来る力がある。
 岩手の強豪花巻東のお株を奪うような試合運び、良い感じに岩手の高校球児たちに影響を及ぼ
 しているようですね。ワタシの予想では、決勝戦には行くと思います。

 (今年は川の増水で恒例の「舟っこ流し」は17日(日)に延期になりやんした。紺屋町に移って
  から~サロンの窓から~観る?初めての花火大会。フントに見えるんだべか・・?来てみる?)
  




                         “オーソドックスな雰囲気もいいものです”

c0177259_3271044.jpg
 【TUWAMONO】
 スリーピース
 
 Sartoria PLUM
 仕立て
  
 「MKX クラシック」 50 
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 垂れ綿~極薄
 胸P~バルカ 
 腰P~スラント 両玉縁
 極限コバステッチ
 袖口本切羽~袖番長
 ノンベント
 ・ライト仕様(軽量)
  OP¥5,000+税

 ヴェスト「the best」 A6 
 5釦×5掛け
 腰P~両玉縁フラップ
 ・襟付き
  OP¥2,000+税

 「オーソドックスⅡ」 A6
 1タック トラウザーズ
 裾幅19.5cm

 ニッポン「葛利毛織」 グレイ ウィンドペン WOOL TONIK 3ply~394g/m
 オーダー標準価格¥148,000+税

c0177259_3295883.jpgc0177259_3303090.jpg
c0177259_3311138.jpgc0177259_3313928.jpg

c0177259_333860.jpg
 「あれ?思ったより・・」
 去年の秋冬物は、オー
 ソドックスな雰囲気を醸
 し出しつつフィッティング
 は今っぽくということで
 今までよりけっこうタイト
 なクラシックスタイルに
 仕上げたつもりだった
 のですが・・そうゆう“呟
 き”
があったものです
 から今年の春夏物は、
 上衣はほぼ同じ寸法で
 すが“トラウザーズ”
 パターンをワンサイズダ
 ウンさせてヒップライン
 をガチのジャストフィット
 にして渡りから裾に掛
 けてオーソドックスなが
 ら今っぽさを感じさせる
 テーパードラインを作り
 ました。
 そして特に今回は、襟
 付きヴェストのスリーピ
 ースにした場合タイトフ
 ィッティングにしたとして
 もヴェストの裾から“エ
 レガンス”
を醸し出す
 1タックを入れました。

c0177259_3351897.jpg
 今季お薦めの“葛利ト
 ニック”
の中からわりと
 ハッキリした柄の“旬
 のウィンドペン”
をお選
 び頂いて、本当にオー
 ソドックスな雰囲気であ
 りながらトレンドを織り
 込んだタイトフィットなス
 ーツスタイルをご提供す
 ることが出来ました。 
 6月の東京詣に間に合
 うようにと仰せつかった
 ナベツネ仕様、ワタシ
 の眼にはかなり良い雰
 囲気に映っていました。
 本当に“スーツが似合
 う男”
です。

 オヤブロをご愛読され
 ている皆さんにはもう
 お分かりかと思います
 今回のご依頼人は、50
 代前半「Mr. スーツスタ
 イル」こと盛岡のAAさ
 んです。 


c0177259_3391752.jpgc0177259_3395376.jpg
c0177259_3403150.jpgc0177259_3425789.jpg

           “ブラックの光りモノは外せません”

c0177259_3433669.jpg
 【TUWAMONO】
 スリーピース
 
 Sartoria PLUM
 仕立て

 「オーソドックスⅡ」 A6 
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ナチュラル ショルダー
 胸P~バルカ 
 腰P~スラント 両玉縁
 極限コバステッチ
 袖口本切羽~袖番長
 ノンベント
 ・裏地(ペイズリー柄)
  OP¥2,000+税

 ヴェスト「the best」 A6 
 5釦×5掛け
 腰P~両玉縁フラップ

 「オーソドックスⅡ」 A6
 ノンタック トラウザーズ
 裾幅19.5cm

 ニッポン「葛利毛織」
                                             閃光ブラック Calender
                                             オーダー標準価格
                                             ¥136,000+税








                      THE AKITABUNKALIST

                     Akita Museum of Art, Akita

c0177259_3474153.jpg

c0177259_3482976.jpg

c0177259_3485741.jpg

c0177259_349254.jpg

 今年は特に秋田へ出向く機会が有り有りで「ぺっこな時間でこぴっと『秋田の行事』を満喫する」
 をモットーに往復5時間の旅にも慣れてきました。
 いや~よかです~よかとです~ 街なかにミュージアムがあるのは素晴らしいファンタスティック!
 こじんまりとした美術館ですが藤田嗣治氏の傑作「秋田の行事」は圧巻で1階からは見上げ2階
 からは見下ろし右往左往しながらの鑑賞も愉しいひと時でした。
 そして何といっても安藤忠雄氏が設計した「水庭」から望む景色は24時間でも眺めて居たくなる
 ような秋田の街なかの天然アートです。羨ましいくらいの素晴らしさを感じました。
 そして純粋な心をもって眺めていると向いの千秋公園から「こっちゃもこっ」と呼ばれているような
 気になって自然と足が向いてしまいました。
 そしてそんなに有名とは露知らずの「ババヘラアイス」をババに盛ってもらい一面ハスの葉でいっ
 ぱいな池の前でやっていたものですから「あぁハスの花のカタチなんだね」とつい減らず口を叩い
 てしまったら「バラだっちゃ」と返されてしまいました。 
 そして張りぼての天守閣にもエレベーターで昇ってなんじゃらほいほいな気分で千秋公園も満喫
 してきたのでありました。



                                                See you again
[PR]

by itsformen | 2014-08-16 22:55 | オーダースーツ | Comments(0)

<< 「結婚式にお呼ばれされたんです... 「仕立ては日本製が良い」 ~シ... >>