人気ブログランキング |

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編


日本製
なぜ、政治家の人たちは、「国民の皆さん!日本の景気が良くなるように、皆さんの生活が良くなるように、積極的に日本製品を買いましょう!農産物水産物は地元のものを消費しましょう!」と言えないんでしょうかねえ・・?
強攻策で突破したとしても、ますます増えそうな巨額の借金を背負わされるのは今の若者たち
国民一人ひとりが意識をして、日本製品~地元のものを消費するようになったら借金をしなくても目標の2%はヒョヒョイのヒョイって行きそうな気がしますけどねぇ~
ニッポン チャ!チャ!チャ! 




                “いわてのホームスパンでオッドヴェスト”

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_21293361.jpg
今回は、盛岡での勤務時代よりも遥かに高い頻度で東北のハイウェイを黒のBMW-Xを駆って足繁く通ってきてくださいまして、奥さんもお子さんも盛岡が大好きでご家族で“盛岡遊び”にいらっしゃいます、仙台勤務もかれこれ7年目になりますかね、今春あたりもしかして・・
どうなんでしょうねぇ?
この間初めて分かったのですが、実は実家は東京で、幼稚園から大学まで自宅からヒョヒョイのヒョイって通っていたらしく、大学時代は「何でみんなアパート借りたり下宿住まいしたりしてわざわざ地方から出てくるんだろう?」と真面目に思っていたそうで、だからワタシは思いました、都会育ちの人だからこそ“カントリーへの憧れ”が強いんだなって。え~前置きが長くなりましたが、そんな40代半ば、YHさんの作品のご紹介と、“英国靴三昧~男の一人旅”のお話をちょこっとせて頂きます。


“オッドヴェストじゃダメなの?・・最近はジレだって・・元々はウエストコートさ!”

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_21303488.jpg
Sartoria PLUM 
仕立て

「RCVZ‐H」 44
6釦5掛け
背裏地~“カフェオレ”
 
日本ホームスパン織り
ウール83%
シルク17% 0.7m

オーダー標準価格
¥37,800

やっぱり興味を持って頂いているんですね!
「いわてのホームスパン」!
8年前、盛岡勤務時代に「CANONICO」のモスグリーンのフラノ生地でお作りになった襟付きの“オッドヴェスト”の二代目として今回は「いわてのホームスパン」を用いて衿無しのデザインで茶系の“ツィードジャケット”に合わせます。
「裏地の色は“カフェオレ”にしてくださいね」とのリクエスト~バッチリグッドでしたね!   
「ホームスパンはもうちょっと茶の色が強くてもよかったなあ」と仰っていましたが・・その辺はYHさんのセンスで上手くコーディネートしてくださいね。(感性委笑)
空気をたっぷり含んだ「いわてのホームスパン」は、軽くて暖かくて体の馴染みも良く、時が経つにつれて味わいも深くなっていきます。
個性的な“ジレ”が欲しいなと思っている“ワゲスタヅ”(翻訳:若者たち)にもお薦めします。
当然ファション雑誌には載っていませんから“自分スタイル”を演出するのに一役買いそうですね。 


「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_2133156.jpg「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_21333742.jpg






              “英国靴三昧~男の一人旅”

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_21343628.jpg

去年の春、会社から、「君が休みを取らないと部下たちも休みを取りづらいから、何でもいいから一週間休暇を取りなさい」と通告されて、粉骨砕身~身を粉にして働いてきた企業戦士としては憤りもあったようですが(疑笑)、何をするか仕事よりも真剣に考えた結果(本笑)、「LONDONオリンピックが始まる前に、本場でこの先一生分の靴を買ってこよう」と思い付き、清水の舞台から飛び降りる思いで家族に相談したところ、「あらっ いんじゃない!たまには一人で羽を伸ばしてきたら」と肩透かしを食らわされ、微妙に寂しい思いに駆られながら、一週間靴のためだけに、ロンドン~ノーザンプトンを何度も往復して自分の気持ちを納得させながら、時おり「むふふ」と一人微笑みながら、至福のひと時を満喫してきたようですね。


     「CROCKETT & JONES」 セミブローグ

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_21351078.jpg
今回の旅のメインはYHさんの足型に合う「EDWARD GREEN」サイズのなかったものはオーダーしてお目当ての靴は一通り揃ったらしいですね。
「JOHN LOBB」は『僕にはまだ早いかなぁ』と思いながらもサイズの合うものをチョロっと買ってきたみたいですよ。
写真の「CROCKETT& JONES」はカタログ&パンフを持ってきてくれたときに履いてきたベージュなのかモスグリーンなのか微妙な色味のスウェードブローグです。
実はこの日はですねえ、「EDWARD GREEN」の“グリーン”の紙袋に、「AUSTIN REED」のトレンチコートと「Barbour」のキルティングジャケットとスーチングのトラウザーズを2本と靴のカタログを入れて、家族は菜園地区で遊ばせておいて、男一人盛岡の秋の空気を感じながら欄干の下が“グリーン”の中ノ橋を“気持ちだけ”こちらに向かって手を振りながら楽しそうに渡って来たのでありました。 
まあ つまりはですねえ、洋服の“お直し”を口実に土産話をするために仙台から遊びにいらしたというわけです。(数寄者笑)
「こんな話が出来るのは、タマヤフットウェアの店主と藤原さんぐらいしかいませんよ」と嬉しそうに語っていきました。
ウチのサロンでは、YHさんが持ってきてくれたカタログのお陰で“直買い”が盛り上がりそうですよ。特に「CROCKETT & JONES」は、世界で活躍したトップモデルと一字違いの日本人・・?の方が、フツーに日本語で丁寧に分かりやすくメールでやり取りをしてくれるようです。
気の早いIT青年のKSさんはブルースーツに合わせて茶色の“スウェードチャッカ”を自分へのXmasプレゼントということで“直買い”していました。(日本価格の3分の2位で収まるようです) 



         “ミリタリー・テーラリング”

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_1944360.jpg
聖地「Savile Row」

このところ10年以上メンズファッションは「Pitti Immagine Uomo」を中心に動いていますが、日本のメンズファッション誌もこぞって“イタリアオヤジ”を特集していますが・・最近なんか違う んですよねぇ・・デフォルメの仕方が食傷気味になってきてるのもあるとは思うのですが・・なんかねぇ
洋服の源流 ~ミリタリー・テーラリング~
たまにこうゆうのを見ると“引き締まる刺激”を感じてしまいます。
とっても良い感じです!
YHさん、次の機会があったら“サヴィルロウでビスポーク”ですかね。(憧笑)







           “雪の空から炎立つ” ~サロンの窓から~

「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_21411856.jpg





      “八幡さんのどんと祭 ~家内安全 無病息災 商売繁盛~”
  
「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_1831212.jpg「いわてのホームスパン」で“オッドヴェスト”を作った! & “英国靴三昧~男の一人旅” 編_c0177259_1881992.jpg




                                See you again


by itsformen | 2013-01-25 22:55 | いわてのホームスパン | Comments(0)

<< ONもOFFも“自分スタイル”... “タカ&ユキ” ~結婚式~ウェ... >>