人気ブログランキング |

ミルクティな駱駝色の「キャメルヘアコート」 ~ たまにワルぶってみたり・・ 編


 ミルクティな駱駝色
 純粋なラクダの毛~Pure CAMELHAIR~の中でもミルクティのようなキャメルヘアって稀少!
 素材~生地のころから上質~上品~極上~な雰囲気を醸し出していましたから、魔法にかけ
 られたように魅かれるのも無理はありません。
 今年の初めにご紹介した時から“虎視耽々”と狙っていたようですね。(狩人笑)
 キャメルヘアの種類自体が少なくて、その殆んどは“ベイクドチーズケーキ”のような色見のものが
 多いのですが、“ロイヤルミルクティ”と比べてしまうと・・・比べものになりまっせん。(稀少笑)

 今回は、そんな駱駝の毛を自分流に~“自分スタイル”に料理した方の作品をご紹介したいと思
 いますが、・・・まっ 改まらなくても、皆さん大体予想はついてるのではないですかねえ、そうです
 ~その通り~“オヤブロ”の名付け親でもありますし、今年はテレビ出演でも大活躍して頂きま
 した、そして、今年のご紹介役でも大変ご協力頂きました、あの前編の“あの人”です!




                         “今年の初めから狙っていました!”
 
c0177259_3303567.jpg
 アルスターコート

 Sartoria PLUM
 仕立て


 「MKC‐W クラシック」
 50 
 ハーフ着丈~79cm
 ダブルブレスト 6釦
 ナチュラル ショルダー
 肩パット&毛芯~ナッ
 シング
 胸ポケット~バルカ
 腰ポケット~箱タテ型
 10mm ピックステッチ
 センターベント 
 ・袖口本切羽 1釦
  OP +¥2,100
 ・別注裏地
  (ペイズリー柄)
  OP +¥2,100
   
 ブリュッセル
 「SCABAL」
 ピュアキャメルヘア
 ミルクティな駱駝色

 オーダー標準価格
 ¥295,050

c0177259_3314129.jpg
 で、“あの人”とは??

 えっ?だから分かって
 るんじゃないんですか
 ・・?

 わがらねべさ・・?

 え~ “あの人”とは、
 いつも明るく朗らかで
 いつも笑顔がステキな
 いつも“フレアパンツ”
 で極めている“自分ス
 タイル”に拘る男
 40代前半、盛岡のTK
 さんだよ。(OK笑)

c0177259_332347.jpg
 それにしてもTKさん、
 この極上な素材をどう
 料理するのかワタシも
 興味津々でしたが、意
 外にもカジュアル
 攻めてきたんですよ
 ねぇ。(捻技笑)
 「“ピーコート”っぽく
 “アレンジ”をして『ガ
 バっと』衿を立てて、
 “ぺっこばり”(翻訳:ち
 ょっとだけ)ワイルドな
 演出をしたいなぁ~と
 イメージしてやんす」
 というご希望でして、
 まあ、ピーコートとか
 トレンチコートの原型
 は「アルスター」と言わ
 れていますから、ちょ
 っとのアレンジで雰囲
 気作りは出来るかなと
 いうことで、TKさんが
 着用するジャケットの
 着丈寸法から5cm程
 長く着丈を設定して、
 腰ポケットはピーコート
 に倣って箱型に、そし
 て袖口はよくある“筒袖
 &ストラップ付き”がまだ出来ないことが幸いして・・?(笑汗)本切羽で大きめの1つ釦にしたの
 は“大正解”でした。初めは“キャメルボーン”~駱駝の骨を用いる予定でしたが、大きめの釦が
 無くて・・これがまた幸いして(笑汗)“あめ色”の水牛釦は“ミルクティ”との相性が抜群でした。

c0177259_3331861.jpgc0177259_3334931.jpg



c0177259_3352497.jpg
     ~たまにワルぶってみたり~

     たまにというか、今年はそうゆう
     気分だったんですかね。

     いつも~清く~正しく~美しく~
     をモットーにしていると
     たまにはワルぶってみたり
     僕だって“オラオラ”したいよって
     想うのでしょうかね。

     シャツの釦を2コ外して
     コートの衿を突っ立てて     
     両手をポケットに突っ込んで。

     でも写真を何枚撮っても
     笑った顔の感じが
     いつもと違うんです。

     何ていうか・・慣れてないというか
     ワルになれないというか・・

     TKさんもあれですよ
     EXILE ATSUSHI のように
     “サングラス”で優しさを隠して
     ワルぶってみたいときは
     想いっきり!(根優笑)


c0177259_3361013.jpg
        ~いつもの笑顔で~

     ほ~ら!違うでしょ!
     こちらがいつもの笑顔。
     なんか“堂に入ってる”って感じでしょ。
     帰り際に自然なところを撮れました。

     この日はコートをお引き取りにいらして
     ちょうど“キャメル日和”な日だったので
     ルンルンとそのまま着て行かれました。
     一緒にオーダーした“カシミア&シルク”
     のオーダーニットのカーディガンと
     “薄いベージュ”のストールもミルクティ
     な駱駝色
に溶け込んでいますね。

     それにしても、今年はTKさんには
     お二人もご紹介して貰いまして
     本当にありがとうございました。

     前編でご紹介した盛岡のHKさんと
     同様、同級生&同業者仲間の一関の
     MKさんは、3年に一度の“第九演奏
     会”で見事に唄う姿が「岩手日報」に
     スナップされていました。(貴重笑)
     ~フォーマルブラック~
     【TUWAMONOスリーピース】


 今年も一年お世話になりました、本当にありがとうございました。
 また来年もよろしく・・・ん・・そうだ!スキャバルジャパンのMさん、TKさん言ってましたよ!
 よかったら来シーズンも同じ生地で“ミルクティな駱駝色”でロングコートを作りたいなって!
 「生地ぎょうさん売ったらあかんでぇ、コートの用尺分残しといてや」               





  <年末年始のお休みのお知らせ>

  12月31日(月)・1月日(火)・日(水)・日(木)


  年始は1月4日(金)より始動いたします。 



                                              See you again

by itsformen | 2012-12-27 22:55 | 自分スタイル | Comments(0)

<< やっぱり今年のシメも “ウェデ... モードなスーツから“クラシック... >>