人気ブログランキング |

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編


  暑中お見舞い 申し上げます。
 (しつこいってが!?まんつさっ笑)
 え~ “熱闘甲子園”も始まり、ん~ 私的にはあまり残念感はなく、まあ 予想通りというか・・・
 いずれにしても、SSのDNAが無くならない限り甲子園での一勝は有りえないと思います。
 まっ、そんなことはいいとして、何と言ってもこの夏は「LONDONオリンピック」が熱いでしょ!
 「なでしこジャパン」は金メダルは逃したものの、実力はやはり世界トップレベルですし、とにかく
 日本女子の活躍が素晴らしいですね!昨日の女子レスリングの金メダリスト「小原日登美」選
 手も凄いですね!感動しました!“バックストーリー”も知ると尚更「頑張れ!」って思いますね。




                         ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_1749270.jpg 日本経済は失われた
 10年とか20年とか
 言われて久しいです
 が、世界のファッション
 界も同様で先進の欧
 米も日本もダメダメな
 状況が続いていて、
 これといった“新しい
 もの”が生まれなくな
 っています。
 ですから、特にメンズ
 スタイル
は毎年~毎
 年~毎年~洋服の元
 祖である“ミリタリー
 &ワークウェア”
をア
 レンジしたスタイルが
 今年は~今年は~今
 年は~と言いながら
 “毎年同じ様なスタイ
 ル”がファッション誌を
 席巻しています。
 ということはですよ、皆
 さん!
 “OYAJIたち”にとって
 は好都合!若い頃の
 ように“血眼”になって
 流行の最先端を行く
 必要もなく、落ち着い
 て~じっくりと~上質~良質なものを揃えていけば良いわけです。

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_1750065.jpg 恐らくこの状況は、あと10年以上は続くと思わ
 れますから、決して「安物買いの銭失い」に陥
 らないよう十分気を付けながら“自分スタイル
 を愉しむ”
ことをお奨めします。
 
 そして、“エコリフォーム”とはですね、ロング
 パンツで出番の無くなった“MY古着”を、「ショ
 ートパンツ」
にリフォームしても面白いですよ
 ということです。
 写真上は、昔の「KENZO HOMME」のNTを
 寸法を測ってみたら渡り幅33.5cm~膝幅2
 4.5cmでしたのでそのままストンと切り落とし
 て、さすがにウエストは目一杯出しましたが・・ 
 写真右は、昔の「tabloid news」のカーゴパン
 ツでウエストと裾が“ドローストリング”のタイプ
 を膝下からストンと切り落としただけです。
 
 気に入ったモノを永く愛用することが“本物の
 エコロジー”
と言えるのではないですかね。

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_1747222.jpg “ミリタリーなシャツ”
 
 OP ・ダブルポケット~ボックスプリーツ
    +¥2,100
    ・エポーレット(肩章~肩飾り)
    +¥1,575
     ・高瀬貝釦
    +¥525

 イタリア「besani」
 「ワイド」カラー
 半袖~ターンバック
 ユーロ “Uボトム”

  オーダー標準価格
 ¥16,800




ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17475883.jpg “究極のカノコ素材”

 イタリア「besani」
 MAKO 70/2~ハイクォリティ コットン
 「filodiscozia」~ダブルシルケット加工

 「filodiscozia」の特徴
 ・強撚糸で構成されているため、単糸の2倍
  の強さがあります。
 ・汗をかいた時も繊維が誇張することで、汗の
  吸収力が高まり乾きやすくなるので、とても
  快適な着心地を得られます。
 ・加工前の発色の鈍い繊維の表面を焼くこと
  で、他の余分な繊維を除去する作業を施し、
  鮮明な発色を可能にしています。
 ・体の動きにフィットして、どんなに洗っても型
  崩れせずによじれません。
  いつもエレガントを保ちます。

 (究極に着心地がグッドです!もっと早く
  『こしぇどげばいがった』と思いました。
  勿論、これからロングスリーブもOKですし、“シャツジャケ”でもイケますね、こりゃあ!)




                           “ダブルポケット&エポーレット”

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17504878.jpg “リネンづくし”

 白 アイリッシュリネン
 「ショートワイド」カラー
 「ノーブル」カフス
 ダーツ “Uボトム”
 OP ・ダブルポケット
    &エポーレット
    
    +¥3,675
    ・王冠刺繍
    +¥1,050
    ・高瀬貝釦
    +¥525
 オーダー標準価格
 ¥15,750

 酔っぱらうと“ガキの頃”に戻ってしまうクセがありまして、都会育ちの奥さんに・・しかもこの歳に
 なって・・なった気を使ったらしく・・私も思わず爆笑しながらブログを拝見しまして・・・愉快笑)、
 『なった気』というのは“ガキの頃”相手にケンカを売る時に、「おんめぇー なった気してんじゃねぇ
 デッチるぞ!」という具合に使う“常套台詞”みたいなもので、大人になってからはさすがにヤクザ
 だって使うことのない“懐かしい文句”を甦らせてしまった50代前半、盛岡のTAさんの作品です。



ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17512774.jpg 「canclini」づくし

 ネイビー ホップサック
 イタリア「canclini」
 「カッタウェイ」カラー
 半袖~ターンバック
 ユーロ “Lボトム”
 OP ・ダブルポケット
    &エポーレット
    
    +¥3,675
    ・白蝶貝釦
    +¥1,050
 オーダー標準価格
 ¥17,850

 今頃は「ミネアポリス」 
 でワイワイ楽しんでますかね、アメリカ人の友人から“結婚式にお呼ばれ”されて奥さんの方は、
 「日本人なんだから“着物”で出席してよ」と要望され、そう言われても向こうで着付けが出来るわ
 けでもなく・・色々思案して・・実家の母親と企み・・洋服のようにワンタッチで着られる・・しかも使
 い捨て可能な・・“キモノ”を考案して臨んだようですね。
 「どうせアメリカ人だばわがらねべさ」と言っていました。(笑汗)
 まあ、そのあとはねぇ~ ご夫婦で“アメリカ大陸横断旅行”なそうですよ~ 羨ましいねぇ~
 こちらは、そんなこんなの40代半ば、滝沢のFAさんの作品です。







                   “立秋の空” ~サロンの窓から~

                          雲がクモいね

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17522022.jpg


                          黄昏る瞬間

ミリタリーなシャツと“エコリフォーム”にて ~ 続「暑中お見舞い 申し上げます」 編_c0177259_17531745.jpg



  <お盆休みのお知らせ>

  8月13日(月)・14日(火)・15日(水)・16日(木)

  お休みさせて頂きます。


                                                See you again

by itsformen | 2012-08-10 23:30 | オーダーカジュアルシャツ | Comments(0)

<< 「“鉄蔵”が結婚する」~「んっ... “ショートパンツ”にて ~ 「... >>