人気ブログランキング |

2012 謹賀新年 ~改めて~日本の心・感性と~東洋西洋の技との~調和・発展~ 「和魂洋才」 編


 新年明けましておめでとうございます。
 本年もどうぞ宜しくお願いします。

 it's for men “オーダーメイドサロン”本日より始動いたしました。
 
 昨年は、年頭に“個”の力をテーマに挙げまして、より盛岡らしい所で“オーダメイドサロン”として
 より“日本人らしい洋服”を提案すべく意気込みのところの“東日本大震災”でしたからね・・・。
 皆さんもそうだと思いますが、3.11を機に今までの世の中の価値観が大きく変わりましたよね。
 変えてはいけないことを変えてしまった反省も然り、変えなければ成らないことは変える勇気
 然り・・・。今年は、今まで色々なことを考えてきたことを ビシッバシッと積極的に実行する年
 にしたいと思います。

 「和魂洋才」 2012 今年のテーマです。

 これは明治時代の言葉で、日本人としての心を忘れずに西洋の技術・文化を取り入れてそれを
 日本人らしく調和させてさらに発展させるという意味ですが、改めて解釈してみて“洋”のところは
 西洋にこだわらずに“世界”とみて、今の私の仕事、これからの日本の行方にもバッチリグッド
 な言葉だと思って今年のテーマにしました。

 洋服が好きで既製品を買い、洋服屋になって既製品を売り、世紀末からオーダーメイドを始めて
 モノ売りから“ものづくり”へと川上を辿って行って、改めて感じたのは日本人に合った“日本人
 らしい洋服”
を提供するということでした。
 私も中学生の頃から“インポート”のモノに憧れていまして、オーダーメイドを始めるまでは“絶対
 的”な存在でしたからね。
 でも、もうインポートに依存する時代ではなくなりつつありますよ!
 洋服の世界に限らず様々な分野で“日本の魂を掘り起こす”人たちが沸々と湧き出ています。
 
 5年前に、“日本人らしい洋服”を作ろうと思い試行錯誤しながら出会った日本の機屋さん
 ひとつは、【IHATOVジャケット】の素、地元にあった岩手花巻の日本ホームスパン
 もう一つは、TUWAMONOスーツの素、尾州の“つわもの”「葛利毛織」。
 どちらの機屋さんも本当に素晴らしいです!絶対に無くしてはいけない“日本の宝物”ですよ。
 
 あっ!忘れてたわけではながんすども(笑汗)。その機屋さんが織った生地を“料理する”のは
 我らが東和プラムです。こちらも絶対に無くしてはいけない“ニッポンの仕立屋”です。 





                        “2012 謹賀新年”

c0177259_12544759.jpg



c0177259_19213475.jpg
 「和魂洋才」 ~ おっ!?おお~!これだっ!

 昨年の師走、あるテレビ番組で明治神宮を取り上
 げていましてその中で出てきた言葉に「和魂洋才」
 がありました。

 「よきをとりあしきをすてて外國に
         おとらぬくにとなすよしもがな」

 明治天皇の強い意志を感じられるお言葉です。

 確か、初参拝は6~7年前でしたか、東京出張の
 際に先ずは明治神宮にお参りしてから仕事に向お
 うと思い、原宿駅を降りて標識通りに向って行くと
 あっという間に喧騒の中から厳粛な空間へタイム
 スリップしたような感覚に捉われたことを覚えてい
 ます。
 この間のテレビで紹介されて「んだったえんか?」
 と思わず見入ってしまったフランスのブルゴーニュ
 から献納されたワイン樽がズラリと並んでいました。
 日本酒の樽は派手だから印象にありますが、ワイン
 好きの私でも見逃していたんですね。(酒好笑汗)
 それから、神宮の中には西洋風のカフェがあって
 そこではジェラートを頂いてきたと思います。
 大正時代に百年先を見据えた“自然林の造営”
 していたというのも素晴らしいことですね。 
 まさに「和魂洋才」の精神を受け継いでいます。





              “黄金色に染まる川面” ~ サロンの窓から ~

c0177259_183198.jpg


           “ウチのお庭に白鳥が遊びに来たよ” ~ サロンの窓から ~

c0177259_18292953.jpg



                                               See you again                                             

by itsformen | 2012-01-04 23:55 | 自分スタイル | Comments(0)

<< 獣毛「CAMELHAIR 」~... “ほっこり”~結ばれて~みんな... >>