~ さらにさらに ~ これからも ~ “クラシックスタイルにこだわる” スリーピース&英国調カントリー 編


 個性Ⅱ
 “クラシックスタイル”にも色々様々なデザインパターンがありまして、それぞれのデザイン
 見え方も雰囲気も違ってきますし、用いる生地に依っても違いが感じられます。
  
 クラシックな「CLOTHING」は地球の海底くらい奥が深いです。
 男が一生かかっても極めることの極めて難しい世界だと思います。





                     “学生時代にクラシックスタイルと恋に落ちる”

c0177259_4203392.jpg
 こちらは、大学進学を
 機に故郷を離れ「Clo
 thing」を極めるには十
 二分な都会での生活
 で陥ってしまった“クラ
 シックスタイル”との
 “恋”を妻をめとった今
 でも、というかこれから
 も更に成就すべく方法
 を常日頃考えている、
 生粋の盛岡人ですが
 11月1日から大船渡
 へ「粉骨砕身」の決
 意で臨みました“〇〇
 御三家”のお一人ST
 さんです。

 お歳はまだお若く30
 代半ばですが“クラシ
 ック歴”は15年超にな
 りますから既に“自分
 の型”
をお持ちです。
 今回もご自分で調達
 してきた「ALFRED
 DUNHILL」のworsted
 を持ってきました。
 そういえば、初めての
 【Sartoria PLUM】仕立て
 も「HOLLAND&SHERRY」のモヘア60%×ウール38%×withヴィキューナ&カシミアという代物
 を、堅牢なショルダーバッグからこそっと取り出してちょっと照れくさそうにしながら「これで料理
 して
くださいな」と私に渡されました。
 その時の作品は、it's for men ホームページのあえて日本製を薦めたいのページ左側の写真
 に納まっています。 
 この時のデザインパターンは「MKJ‐A クラシック」 3釦段返りを用いましたが、今回はそれとは
 対象的な「ACS クラシック」で料理しています。

c0177259_4214195.jpg
 Sartoria PLUM
 仕立て

 「ACS クラシック」 48
 シングルブレスト
 3釦段返り
 ノッチドラペル
 ブリティッシュショル
 ダー
 胸P~バルカポケット
 腰P~チェンジスラント
 極限コバステッチ
 袖口本切羽 4釦
 サイドベンツ
 
 「RCVZ‐H」 46 
 6釦5掛け
 ウエストコート

 「SPT-1T-P」 bero
 82 ブレイシーズ仕様 
 1タック トラウザーズ

 「ALFRED DUNHILL」
 worsted 
 グレイッシュブルー


c0177259_4232773.jpg
 “ブリティッシュ
 スタイル”

 
 近頃のファッション誌
 は、“ミラネーゼ”だと
 か“ナポリタン?”だと
 かイタリアオヤジが
 ウンタラカンタラといっ
 て肩も胸もフニャフニャ
 した上衣を薦めていま
 すが、OFFタイムの
 “お洒落着スーツ”なら
 いざ知らず“ビジネス
 スタイル”
では「おが
 すっけねんじゃね?」
 (翻訳:可笑しくないで
 すか?)と思うのは私だけでしょうか!?

 ~純正鎌衿~アーチ構造の肩~そら豆形状アームホール~オメロピット~ もう 堪んないなあ~

c0177259_4244499.jpgc0177259_4251650.jpg


c0177259_4272716.jpgc0177259_4265161.jpg


                            “英国調カントリースタイル”

c0177259_4293673.jpg
 こちらは、STさんの普
 段のスタイル。
 何かいい感じでしょ!
 こんな英国調のカント
 リースタイルって盛岡
 の街並み
にピタッと
 ハマる「Clothing」
 ですよ。
 特に、中ノ橋~紺屋町
 界隈の“もりおかクラ
 シック”な雰囲気には
 バッチリグッドです。

 「BEAMS F」で購入し
 たガンクラブチェック
 のツィードヴェスト&
 ホームスパン調の
 カントリージャケット。
 もう10年愛用されて
 います。(永愛笑)
 (でもね、ホームスパ
  ンのJKそろそろ限
  界なんですって!
  次はIHATOVジャ
  ケット
を作りたいな
  って言ってましたよ。
  首長笑) 

 STさん、おそらく盛岡と違って夜の残業はそれほどでもないと思いますし、飲みに行く機会も少な
 いのではないかと思います。ということは・・・?
 夜することが無い、それでもってまだ新婚さんだ!ということは・・・?
 夜は長いぞ~!~三陸復興ベビー~ 期待してます。(希望☆笑)




 *年末年始のお休みのお知らせ

  12月31日(土)・1月1日(日)・2日(月)・3日(火)

  年始は1月4日(水)より始動いたします。





             “向こうのお山も冬色に染まる” ~ サロンの窓から ~

c0177259_2314775.jpg


                                             See you tomorrow

by itsformen | 2011-12-30 23:35 | 自分スタイル | Comments(0)

<< “ほっこり”~結ばれて~みんな... “ターニングポイント”を迎えて... >>