夏を惜しみ~秋を感じる “フレスコ&リネン”から“シャークスキン~合い物”へ 端境期 編


 今年は、予想通り“あっけなく”惜しむ間もなく、夏の終わりがやってきたここ盛岡です。
 そして、何だかよく分からないうちに“あっけなく”決まってしまいました盛岡市長選。
 なんと!60年ぶりの無投票選挙だったんですって!(オラだぢ生まれでねっつ~の)
 “北東北の拠点”がこれでいいんだべが!?(今年は何て“未曾有”の出来事が多いんだ!) 
 一部の権力者が、国民のよく分からないうちに“原子力エネルギー”を40%まで引き上げてしま
 ったように、盛岡では車で10分足らずの所に“巨大なイオン”が二つも出来て、その周辺の土地
 は3選した市長の同族企業が牛耳っている。(また4年間市民がよく分からないまま肥える権力) 

 選挙といえば、大震災の影響で延び延びになっていた岩手の知事選、県議選、各市町村議選が
 この8月、9月で賑やかに~騒がしく~けたたましく始まります。
 それで最近、政治家の方々の“チラシ”がよく入ってくるのですが・・・本当に分かっちゃいない!
 “勝負時にボタンダウンは着るな” と何度も言っていたのに・・・。
 政治家の皆さんは、何が常識かを今一度見直された方がいいと思います。
 昨年のブログの記事に、現知事の服装のことを書かせて頂きましたが、同じようなことですよ。
 普段の業務では構わないと思いますが、ポスターや“チラシ”等の印刷物、テレビ出演、演説
 等々の有権者へ対してアピールする時は、日本でいうところの「ワイドカラー」が相応しいです。
 “ホワイト&サックスブルー”を7枚ずつ具えておくといいでしょう。(但し、日本製ですよ!国民笑)



  

        “日本の夏には~ フレスコ&リネン”

c0177259_32920.jpg
 【TUWAMONOスーツ】

 Sartoria PLUM 仕立て

 「VCJ‐35 クラシック」 A5 
 シングルブレスト ノッチ 2釦
 ナチュラル ショルダー
 (肩パットなし~垂れ綿極薄)
 センターベント
 極限コバステッチ
 袖口本開き
 水牛釦 
 盛夏ライト仕様(OP¥3,150)

 「SPT‐NT‐P」 トラウザーズ
 (パンチェリーナ タイプ)
 
 ニッポン「葛利毛織」
 “フレスコ” ウール×モヘア
 (異番手の糸で撚りを調整し
  生地に涼感と反発力をもた
  せシワの戻りが良い) 

 オーダー標準価格¥121,800

          “シンプル~ベストなコーディネート”

c0177259_325639.jpg
 「ウィンザー・ワイドカラー」
 「小丸カフス」
 胸ポケット~織ネームなし

 “ホワイト” Irish リネン
 オーダー価格¥15,750

 “サックスブルー” リネン
 オーダー価格¥12,600

 なんだかんだいっても・・・
 蒸し暑い“日本の夏”
 相応しいのは“天然素材”
 です。

  “ほどほどにフィット感のあるシルエット” ~流行は追わず~時代のエッセンスを入れる~

c0177259_333889.jpgc0177259_341281.jpg


















  “上衣着丈75.5cm~下衣股下83cm” ~胴が短く足が長い~ただただ羨ましい~

c0177259_373699.jpgc0177259_383100.jpg


             “日本のフレスコ”

c0177259_31134.jpg
 (見習って欲しいなあ~)
 (政治家の皆さんにはねえ)

 老若男女にまんべんなく好印
 象を与えなくてはなりません
 から“T・P・O”(忘れていま
 せんか?~復習ですよ~)
 Time(時間)
 Place(場所)
 Occasion(場合)
 このことを常に考えて、より相
 応しい服装を心掛けなければ
 なりません。

 今回は、ビジネスマンとして
 ジェントルマンとして、いつも
 奇をてらわず、シンプルに~
 ベーシックに~オーソドック
 ス
に~“自分スタイル”を追求
 されています、私もいつも“勉
 強”させていただいています、
 it's for men の“御意見番”盛
 岡のKKさんの作品です。

 
 欧州の生地にはない~“透け感&張り感”
 (近年、ここ北国でも夏になると予期せぬ“亜熱帯スコール”に襲われ“いち・に・さん”秒の間に
  ズブ濡れになったりしますから、速攻で乾きシワの戻りも速い“日本のフレスコ”は重宝します)

 (あとね、KKさん言ってましたけど、夏の“国会議事堂”はホントに“暑い”んですって!やっぱり
  ネクタイはしてられないって!テレビで拝見してると“コックリさん”目につきますよねえ、ボ~と
  して“眠くなる”んでしょうねえ~ ああ~それは冬でも変わりないっか!皮肉笑)

c0177259_3115215.jpgc0177259_3122219.jpg






















                “春先&秋口~合い物” ~日本独特の趣~だから日本製がいい~

c0177259_314193.jpg
 「ウィンザー・ワイドカラー」
 「ノーブルカフス」
 胸ポケット~織ネームなし

 “ホワイト” オックスフォード
 オーダー価格¥8,295

 “サックスブルー”
 ピンオックスフォード
 「ロイヤル・カリビアン
 コットン」
 オーダー価格¥13,650



                           “ベーシック~グッドなコーディネート”

c0177259_317084.jpg
 【TUWAMONOスーツ】

 Sartoria PLUM 仕立て

 「LBS‐R クラシック」 46 
 シングルブレスト 2釦
 ノッチドラペル
 ストレート ショルダー
 (肩パット&垂れ綿~毛芯
  アレンジ~極薄~合い物)
 サイドベンツ
 総裏仕様
 極限コバステッチ
 袖口本開き
 水牛釦
   
 「LBSP‐1T」 トラウザーズ

 ニッポン「葛利毛織」
 タスマニア ブレンド
 “シャークスキン”
 (春先と秋口に最適な生地) 

 オーダー標準価格¥115,500

                            “オーソドックスに~秋を感じながら”

c0177259_3175536.jpg
 こちらは、KKさんが春先と秋
 口に丁度よく着られる“合い
 物”
をということで旧菜園店舗
 での最終日に、そして、大震
 災の前にオーダー頂いた作
 品です。

 “シャークスキン”といえば、
 昔ながらの“オーソドックス”
 な生地ですが、案外着用して
 いる人は少ないかもしれませ
 んね。
 ベーシックにオーソドックスに
 徹しているKKさんは、四季を
 通してネイビーとダークグレー
 に拘っていましたが、一昨年
 辺りからミディアム~ライトな
 グレイを取り入れてバリエー
 ションを拡げてきました。
 (これがまた似合うんですよ) 
 そして、今年の春先に“日本
 独特の趣~感覚”
の“合い
 物”として“ライト”なシャーク
 スキンを選びました。
 同じような“風合い”で柄の
 大人しい“グレンチェック”なんかもお薦めしますよ。
 2月下旬から5月まで~9月中旬から11月まで、しなやかな肌触りでシワになりにくく日本の気
 候風土に最適です。 

 
         “シャークスキン” ~鮫肌のような織~でも触り心地はしなやか~

c0177259_3185488.jpgc0177259_3192493.jpg

























                  “夏を惜しむ” ~サロンの窓から

                       「ゆかたの街 盛岡」

c0177259_1656755.jpg

                          「金勢祭り」

c0177259_165246.jpg

                          「釣りっこ」

c0177259_2494243.jpgc0177259_250440.jpg


                          「さんさ踊り」

c0177259_16532089.jpg

                          「さんさ踊り」

c0177259_1654320.jpg


                                               See you again

by itsformen | 2011-08-24 23:59 | オーダースーツ | Comments(0)

<< “夏バテ”は夏の終わりにやって... ~“プリンス・オブ・ウェールズ... >>