“ネイビー&ホワイト” ~夏の定番色を誂えておく~ 「Sartoria PLUM」 編


 (まんつ すげがったなっす! ニッポンのおなごだぢの底力 すんげ!)

 「なでしこジャパン」  世界NO.1  おめでとう ~そして 感動をありがとう

 (私もあの日は“夕寝”をして決勝戦に備え、早朝から扇風機を回して麦茶を飲みながら“汗
  だく”になって応援していました。沢選手の斜め後ろに切り込む同点ゴールで“目が覚め”
  わが岩手滝沢出身岩清水選手の“赤札タックル”ではテーブルを叩きながら興奮してい
  ました。その日の夕方、I高時代の同級生が来訪してやはり「なでしこジャパン」の話題に
  なったのですが、岩清水選手の親父は私らの二つ下の後輩だとか、で、その夜のスポー
  ツニュースに出演していまして、思わず、「うわあ I高くせやづだ!」と唸ってしまいました。
  OYAJIになっても「他の奴らとは違うんだ俺たちは」というI高ボーイ特有の匂いがプンプン
  していましたね。その同級生は、“親父”とは中学から部活も一緒で“娘”のピッチでの姿が
  「あいづのわげ頃の姿さそっくりだ!」と言っていました。やはり“DNAの妙”ですかね!?)  
     



                               
                                  “ネイビーブルー”

c0177259_18543766.jpg
 Sartoria PLUM 仕立て

 「MKJ‐X クラシック」 50
 シングルブレスト 2釦
 ピークドラペル
 ナチュラル ショルダー
 (肩パットなし~垂れ綿極薄)
 胸バルカポケット
 腰スラントポケット
 センターベント
 袖口本開き
 ナット釦
 片返しステッチ(OP¥6,300)
 ライト仕様(OP¥3,150)
    
 「TBP‐NT」 フレアパンツ

 「RARBARO」
 “ネイビー” ウールフレスコ

 オーダー標準価格¥105,000





c0177259_18555718.jpg
 こちらは、it's for men
 “自分スタイル”では最多
 出場していまして“洋服”を
 見ただけで“誰か”分かって
 しまうくらいご自分の個性
 を醸し出しています、実は
 この方もI高ボーイ、私より
 ひと回りお若いのですが、
 初めていらしたときから何と
 なくI高クサさが漂っていた
 盛岡のTKさんの作品です。

 今夏は、“ネイビーブルー
 &ホワイト”
と、“夏の定番
 色”を素材を変えて“スーチ
 ング”で誂えました。
 先ずはネイビーの無地で夏
 らしいメッシュのフレスコ
 素材。
 無地なのでステッチで特徴 
 を出したいということで、“片
 返し7mm総ステッチ”

 施しています。

 “普段コーデ”はネイビーJK
 にホワイトジーンズですね!

c0177259_18564323.jpgc0177259_18571588.jpg




















                             あれっ! 同じ時計!?

c0177259_18594033.jpg
 去年の十二月にいら
 した時から気になって
 いました。
 大きめに見えますが
 あまり厚くなくスマート
 それでもって“独”
 の雰囲気があってさり
 げなく存在感もある。
  
 JUNGHANS
   ユンハンス

 (なんかね、奥さん
  からプレゼントされ
  たんだってさ!羨笑)


                       “ネイビー”のジャケットには “ホワイトパンツ”

c0177259_1911337.jpg
 やっぱり!
 夏の“ネイビー”JK
 にはホワイトパンツ

 初めのイメージは
 オーダーメイドの
 “ホワイトジーンズ”
 でしたが・・・(色々笑)
 つーか 夏に“白”
 いくつあっても足りるこ
 とはないと思います。

 「ユーバーパンツ」 
 コットンストレッチ
 オーダー標準価格
 ¥22,050



                                  “サマーホワイト”

c0177259_1933063.jpg
 Sartoria PLUM 仕立て

 「MKJ‐X クラシック」 50
 シングルブレスト 2釦
 ピークドラペル
 ナチュラル ショルダー
 (肩パットなし~垂れ綿極薄)
 胸バルカポケット
 腰スラントポケット
 センターベント
 袖口本開き
 ラペル~ベント コバステッチ
 白蝶貝釦
 ライト仕様(OP¥3,150)
 
 「TBP‐NT」 フレアパンツ

 「WOOLMEISTER」
 “ホワイト” コットンツイル

 オーダー標準価格¥98,700





c0177259_1954972.jpg
 これぞ、にしか着られない
 に相応しいサマーコットン
 スーツ
です。
 眩いばかりの“ホワイト”
 “ホワイト”
 ホワイトコットンにはやはり
 “バッチリグッド”でした!
 “白蝶貝釦”

 TKさん、仕立て上がりのお
 知らせをすると、「藤原さん、
 欲しくて欲しくて誂えたのは
 いいのですが、実際盛岡で
 は何処に着てったらいい
 ですかね!?」と尋ねられ、
 私も「ふ~む ふむふむ?」と
 悩んでしまいました。(悩笑)
 「美術館巡りとかコンサート
 とか非日常的な・・・」 
 とまあ、月並みなお答えしか
 できませんでしたね。(笑汗)
 これは盛岡に限ったことでは
 なく地方都市全般のお悩み
 
 ステキな奥さんと“サマー
 ナイトランデヴー”するとか
 やっぱり、東京さ遊びに行くときでしょうねえ~!

c0177259_1972315.jpgc0177259_1975647.jpg























                                THE SARTORIALIST

                                10th St., New York

c0177259_1993259.jpg
     すてき 
 
     かっこいい


     おいしそうに

     たべてる

     あいすくり~む

     に

     わたしは

     なりたい


     れんがづくりの

     かんじが

     さろんのある

     まんしょん に

     にてるね            




                                                See you again 


      

by itsformen | 2011-07-20 21:25 | オーダースーツ | Comments(0)

<< “クールビズ” ~ 「センスと... 岩手のイタリア仕込みが ~“I... >>