人気ブログランキング |

“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編


 『スモーキーブルー★』 とでも名付けましょうかねぇ、『ブルースター☆』とは別に・・・。
 やはり、特に“団体戦”では “結婚したい” と想う“温度差”に違いがあり過ぎるとうまくいくもの
 もいかなくなってしまいますからねぇ。(真剣試行錯誤笑)

 結婚したくない訳ではないんだけど・・・やっぱり淋しいし、このままでは“空気を吸うように年を
 喰う”のが当たり前になってしまうし、どうしよう・・。 と、一人になったとき、“ふと”考えてしまう。
 こんなふうな“アラフォー&アラフィフ”、男性も女性も結構いますでしょう。(憂笑)
 
 だから、結婚を“意識しない” “独身男女の集まり”もいいかなとも思っていました。 
 皆さんこの年になると、 いっちょ前 の“オジさんオバさん”なはずですから、お互いの仕事に役立
 つ話とか、このところよく話題になる“親の介護”の問題などは、なかなか他の人の話を聞く機会
 は無いと思いますから、異業種ならぬ“異人種交流”なんて感じで集まれたらいんでないですか
 ねぇ。
 スモーキーブルー ~ “いぶし銀”という言葉もありますし・・まっ ゆっくりやりますよ こっちはね!

 先ずは、 日本の未来を支える “若者たち”をなんじょにがしねばね!(翻訳:何とかしないとね)      





 さあ、ということで今回は、これからの“ニッポンの農業”を支えていくべく“使命”を与えられた
 若者をご紹介したいと思います。

 
                                “牛飼いノザム がゆく”

“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_021037.jpg
 山形 の“ガールズ農場”
 秋田 大潟 の“ノギャル” 
 岩手 釜石 の“ウギャル”
 岩手 久慈 の“美しすぎる
 海女” 等々・・・。

 「なして あねっこばり(翻訳:
 おなごばっかり)もではやす」
 「農業も漁業もオラだぢおどご
 が支えできたべじぇ」
 「おどごだって“メデアの注も
 ぐ”あづめねばわがね」

 と、“一念発起” 立ち上がっ
 た がいます。

 “農業侍” 略して 「ノザム」


 「オラ 東京さ べご (翻訳:
 黒毛和牛)連れで宣伝しさ
 行ってくるじゃ」
 「都会 の人だぢさ じがに会
 って オラだぢつぐったの食わ
 せでみておん」

“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_0222352.jpg
 「リヤカーば むがしの 牛車
 みてに こしぇで (翻訳:改造
 して)オラホのあだりでとれだ
 野菜のっこり (翻訳:
 沢山)積んで 原宿表参道
 ば 闊歩 してくる気してら」

 「ウヂの べごっこ(翻訳:黒
 毛和牛 体重500kg)3頭も
 連れでったら 迫力 あるべ」


 と、こんな感じで 「農業侍
 ノザム」
を流行らせようかと
 企み、私が勝手に シナリオ
 を描いてみました。(驚笑汗)

 というのは、今年の夏、父親
 の急逝によって、“ノザム”に
 与えられた試練というよりは
 “使命”を感じてサラリーマン
 生活にサヨナラを告げ、若者
 の多くは農業の仕事から離れ
 るなか“ノザム”は 腹を決め
 ました。
 「オラ 農業で食ってぐ」
“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_0241370.jpg
 そんな“ノザム”を応援したい
 と思いましてね。(激励笑)
 いずれは直面するTPP(環太
 平洋パートナーシップ協定)
 の影響など、日本の農業を
 取り巻く環境は厳しいもの
 があります。 
 今のところ“ノザム”のウチで
 は普通に農協に納めるスタ
 イルですが、我々服飾業界も
 そうなのですが、その他大勢
 と一緒のことをやっていたら
 この先間違いなく“没落”して
 しまいます。

 一朝一夕にはいかないと思い
 ますが、“消費者へ直販”
 考えた方がいいです。
 一人では無理ですから“同じ
 志”
を持った 仲間 を見つけ
 てゆくことです。
 TPPのマイナスの影響を克服
 できて 成長 する可能性のあ
 るといわれる 10% の中に
 入ってくださいね。(絶対笑)

“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_0252381.jpg
 やぁやぁやぁ 写真は“カッコ
 イイ”のですが、コメントが
 “農作業”しちゃいましたね。
 (妄想笑汗)
 洋服 の紹介しないとね!


 【Super Standard】 仕立て

 ナロースタイル
 ピークドラペル
 シングルブレスト 2釦
 スラント ポケット
 ノンタック トラウザーズ 
 
 ブラック シャドーストライプ

 オーダー標準価格¥50,400
 今回オプション料+¥6,300

 
 大判ストール (110×240)
 日本ホームスパン
 シーアイランド コットン
 (海島綿) ブラック
 特別価格¥12,600 (“パリコレ”登場素材)


 裏地と同じ柄の胸ポケットの内側がチーフに    イタリア 「ブッテロ」 レースアップ ブーツ

“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_026387.jpg“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_0271446.jpg




















“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_0285343.jpg
 「おばんで~す」
 (翻訳:こんばんは~)

 最近は、こんな感じでやって
 くるようになりました。
 夏前まではスーツスタイルが
 多かったのですが、農業を始
 めてからは“大大大好きな”
 カジュアルスタイル でやっ
 てきます。(好好笑)
 
 そんな“ノザム”が大好きな
 カジュアルアイテムをセレクト
 してくれるお店が 花巻 にあ
 りますビーンズです。
 写真右上の 「ブッテロ」 のブ
 ーツもbean'sからお取り寄
 せしました。
    
 “インポートカジュアル”と“古
 着”を中心に、凄いっすよ!
 もう 20年超継続 していま
 す。
 (十数年前に、いいセレクトシ
                                          ョップがあるという噂を聞い
                                          て“見てるだけ”でしたけど
                                          お邪魔したことがあります)
“未来ある農業目指して” ~ 立ち上がれ! ~ “農業侍 ノザム” ~ 「オラ 東京さいぐだ」 編_c0177259_0295179.jpg
 “OYAJIたち”でもインポートカ
 ジュアルが好きな連中は多い
 ですから 行ってみるといい
 ですよ!
 ウチの店では、“オーダーメイ
 ド”を専門にしてから「カジュ
 アルものは どごさ行げば
 いい?
」と、よく聞かれるもの
 ですから 紹介する店 があっ
 て良かったと思っています。


 さぁさぁさぁ 何かね、写真は
 いい笑顔してますけど、この
 日も確か“合コン”の前に寄っ
 たんでしたっけ?(てへへ笑)
 農業の継承も大事だけど
 “人生のパートナー”を探す
 のも気張らないとね!
 
 実は、“ノザム”こと雫石の
 TSさんは、『ブルースター☆』
 登録 第1号 なのです! 
 ですから、ウチのブログから
                                         都会のお嬢さん方へ、岩手の
                                         “農業侍”の「嫁さ来ねが」  
                                         と、募集を掛けようかと考え
                                         ていたのですが・・・。ん~
                                         もうしなくてもいいかも・・・。





 ~ といえば ~  「安岡正篤」 一日一言より

 10月16日 お題 “さむらい”

  さむらいとは、より偉大なるものへの敬侍である。
 この偉大なるものに敬侍し、没我になって生きるところに、功利の世界、物質の生活から、
 忽然として道徳の世界、精神の生活に転生することが出来る。
  このゆえに武士は常に如何に生くべきかといわんより、如何に死すべきかの工夫に生きた。
 五十年の徒なる生活を犠牲にしても、尊い感激のある一瞬を欲した。
 この身命を喜んで擲ちたい事業、この人の為に死なんと思う知己の君、渾身の熱血を高鳴り
 せしむべき好敵手、此等を武士は欲した。
  この躍々たる理想精神は凝って所謂武士気質なるものとなり、頑固とまで考えられる信念、
 極端とまで驚かれる修練となったのである。


 ~ といえば ~  「安岡正篤」 一日一言より

 11月10日 お題 “女性に望む”

  私は少年の頃幾度も古老から、もし旧幕時代に「武士の娘」という教育がなくて、
 あのだらしない江戸武士と、似た者夫婦の女だけであったら、とても徳川幕府はあんなに
 保てなかっただろうという述懐を聞かされた記憶がある。
  男性が女性に渇望する至極のものは、あくまでもゆかしい心情であって、
 決して知識や技術や職業的活動などではない。
 なまなましい現実の必要に眩惑いて、軽率に女性の男性化を促すようなことをすれば、
 男性や国家への協力に似て実は恐るべき荒廃に沈む。
  没我の愛とそれによって輝く叡智、こまやかな心づかい、ゆかしい礼節、
 そうした心情に養われた妻や母が一人でも多くあってこそ、国家は興隆し、
 外国も懐くだろう。



                                                 See you again 

 

by itsformen | 2010-11-22 16:49 | 自分スタイル | Comments(0)

<< “陸王がゆく” ~ バリバリッ... “メイド・イン・IWATE ”... >>