カテゴリ:ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ( 16 )

~インディゴデニムなカジュアルアイテムたち~ 「JAPAN BLUE JEANS」編


年の瀬
皆さん、如何お過ごしでしょうか?!
仕事納めも無事に済ませていよいよお正月休みに備えまた違う意味での忙しさ慌ただしさに翻弄される毎日を送っているのではないですか?!
まあ、ワタシもそうですけど...。
it's for men は、明日30日までの営業になりまして大掃除とは名ばかりの軽めの小掃除に精を出しながら仕立て上がりのお引き取りをお待ちしております。
新年は4日(木)より始動いたします。
特に告知はしていませんでしたが、サロンやメールにてお知らせした方々だけでもこのひと月で十数個のご依頼を頂いたオーダーメイド帽子が面白いです。
もちろん新品の生地からでもOKですが、真骨頂は残布×残布の組み合わせ&古着を再利用したリメイク帽子です。
新年早々はオーダーメイドの帽子に挑戦してみるのも案外良いかもしれませんよ。






JAPAN BLUE JEANS

デニム生地に新たな機能を

ALLEY」 All Weather Denim Bore Jacket

c0177259_21304031.jpg
c0177259_21311148.jpg



c0177259_21321977.jpg















c0177259_21324013.jpg














“ツィードデニム” サファリJKTタイプ

c0177259_21335142.jpg
c0177259_21341469.jpg





















ノンカラー カバーオール~       トラベルジャケット

c0177259_21361645.jpg
c0177259_21363405.jpg





















“デニム×刺子” ボマージャケット

c0177259_21343951.jpg
c0177259_21350471.jpg





















“インディゴスウェット” テーパードパンツ

c0177259_21365865.jpg
c0177259_21370992.jpg





















“モダンミリタリー” ベイカーパンツ

c0177259_21372417.jpg
c0177259_21373646.jpg


























“今年の師走は雪が降るふる” ~サロンの窓から~

c0177259_21380169.jpg



See you again


[PR]

by itsformen | 2017-12-29 22:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

~カジュアルアイテムが面白い~ 「JAPAN BLUE JEANS」 編


カジュアルスタイル
が楽しい季節がやってきました。
世界的に人気のあるデニムは勿論のこと、小粋なTシャツから機能性のアウターまで面白いカジュアルアイテムがますます充実してきました。そして、何といっても「この品質でこの価格!」に毎回脅かされてしまいます。


JAPAN BLUE JEANS


レディス ホワイトジーンズ

JBL1169S レディス スキニー ストレッチ 24in~30in ¥9,000+税
JB3200 メンズライク トラディスト ストレッチ 28in~36in ¥9,500+税

岡山デニムのホワイトジーンズ、シルエット違いで2本持っていてもいいかもね。

c0177259_22283550.jpg



ストレッチジーンズ

リメイクデニムの真骨頂、ウエストコーストの風 ~CALIF. STYLE~
伝統的なアメリカンスタイル ~TRADEST~
とにかくリピーターが絶えない ~ANKLEシリーズ~

c0177259_22285706.jpg



個性派ジーンズ

原点に立ち返ったらコートジボワール綿 ~個性派ヴィンテージセルヴィッチ~
「JB0463」IDBLIDBK
夏に穿きたいハリのあるチノーズ ~ハイカウント スラブチノ~ JB0450
暑すぎず寒すぎない心地よさ ~サイクルカーゴ”Outlast”~ JB2600

c0177259_22291515.jpg




Tシャツ コートジボワールコットン ¥6,000+税

栽培から収穫まですべて手作業で行われるコートジボワール綿。
品質改良がなく最も「原種に近い綿」と云われ素朴で柔らかな風合いが特徴です。
XS・S・M・L・XL ユニセックスなサイズ展開です。

JBT10」NV CÔTE D'IVOIRE IHATOVジャケットオーガニックコットン×ウール

c0177259_22294979.jpg
c0177259_22300434.jpg





















JBT10」WHT CÔTE D'IVOIRE   “Gジャン” 16.5ozJBJK1012¥18,000+税

c0177259_22301664.jpgc0177259_22302837.jpg





















JBT09」WHT BEACH      アーバンヴェスト JBVB02」DID ¥12,000+税

c0177259_22304525.jpg
c0177259_22305520.jpg





















JBT09」NV BEACH   コットン×リネン ジャケット JBJK2701¥18,000+税

c0177259_22310753.jpg
c0177259_22312172.jpg


























“若葉が茂る夕暮れどき” ~サロンの窓から~

c0177259_22320438.jpg

c0177259_22322970.jpg


See you again


[PR]

by itsformen | 2017-05-10 23:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

この冬お薦めします!~ダッフルコート~マウンテンパーカー~「JAPAN BLUE JEANS」編


JAPAN BLUE JEANS

世界が認めた本元の“ジーンズ”を軸に、もの凄く“ボトムス”の評判が良い「JAPAN BLUE JEANS」。こんな隠れ家的オーダーサロンでもポンポンと売れていくほど品質と価格のバランスがとれた商品力には目を見張るものがあります。
そんな「JAPAN BLUE JEANS」が、この冬限定生産の“インディゴアウターシリーズ”を提供してきました。



                  お薦めします!ダッフルコート

c0177259_18524222.jpg
Duffel Coat

“IVY Melton”

JBCO01
NAVY
S.M.L
¥42,000+税

“オヤブロ”にアップする前に、もう既に一回転しています。
またフルサイズ確保しましたが、限定生産につき“ピンときた方”はお早めにいらしてください。

ワタシが10代の頃に感じた“メルトン”を再現したような、それでいて洗練された質感と色合い。
トッグルを留めるループにも拘りがあります。なんと、“インディゴ染めのレザー”を用いています。そして、JBJらしく裏地もインディゴで染めています。
“今季一押しの逸品”に間違いありません。

c0177259_18535442.jpgc0177259_18541595.jpg
c0177259_18552799.jpgc0177259_18561028.jpg
c0177259_18563834.jpgc0177259_1857352.jpg





                 お薦めします!マウンテンパーカー

c0177259_18573098.jpg
Mountain Parker

“Indigo 64 Nylon × Cotton Cloth”

JBCO03
INDIGO
38.40.42.44
¥32,000+税

マンパの定番素材64クロスの逆バージョン64クロス素材にインディゴ染めを施した優れモノです。
フードの裏や脇当てには、スクールストライプのライニングを用いて小粋にまとめています。
一枚モノですが、ホームスパンなどのツィードジャケットやアランセーターなどの厚手ニットのアウターとして合わせては如何でしょうか。
機能性とファッション性を兼ね備えた逸品です。

気になっていますね!ブロックチェックのトートバッグ!
JBBAG04 圧縮メルトン(デッドストック) W41cm × H45cm ¥4,800+税

c0177259_185846.jpgc0177259_18582951.jpg
c0177259_1859635.jpgc0177259_18592989.jpg





     ラヂオもりおか “音楽映画祭” 2016





          続“街なかの紅葉” 一週間前 ~サロンの上から~

c0177259_062131.jpg

c0177259_064646.jpg

c0177259_07645.jpg

c0177259_072333.jpg

c0177259_07417.jpg




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2016-11-17 23:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

~春の日常着に~ 「JAPAN BLUE JEANS」がいいよ! 編


がない
しい
ちつかない
年度末から毎日のようにこんな風な状況が続いている感じで、なかなか“オヤブロ”の編集に・・・ 気持ちはあったのですが手が回らなくて・・・「おもさげながんす」(翻訳:どうもすみません)
それにしても盛岡の街なかは・・ 特に繁華街の大通り~菜園地区は・・ 平日と土日祭日の人出も車通りもすっかり逆転してしまいましたね。
「カワトク」の駐車場も土日でも余裕で入れるくらいですから・・ 昔は土日になると大渋滞になって凄かったですけどねぇ・・ 大通りはすっかり夜の街と化し夕方から人も車も活気づいてきます。





 ~ 春の日常着に ~ JAPAN BLUE JEANS は如何でしょう!?

c0177259_2331581.jpg

こだわりの「Vintage Selvage Line」はもちろんのこと、大人気の「アンクルカット」「ワークトラウザーに加えて、トレンド(大きな流れ)の“ダメージ加工”を施した中でも西海岸をイメージした「CALIF」シリーズや、「プレップカット」のヒッコリーストライプ、色柄のバリエーションが充実した「ペグトップ」、ミリタリー顔なのにスタイリッシュな「アーバンカーゴ」などなど、~カッコ良さをお手軽に買える~アイテムが揃いました。
オーダーメイドのジャケット&コートやカジュアルシャツとのコーディネートもバッチリグッドですね。


c0177259_2319126.jpgc0177259_23192778.jpg
c0177259_2320492.jpgc0177259_23202273.jpg



c0177259_2314233.jpg
デニムジャケット
「Gジャン」

2nd type
16.5oz Monster Selvage
36・38・40・42・44in
¥18,000+税

へヴィーオンスですが安心してください、超弱テンションで織り上げ手織りに近い柔らかさがあるので意外にすぐ馴染みますから。
ザラ感のある生地で色落ちの良さとアタリの付きやすさはジーンズ同様抜群に良いです。
少しタイト目の身頃とやや長めの着丈が現代的なシルエットになっています。
*160㎝超のレディスを意識して36inからご用意しました。レディスのGジャン姿ってカッコいいですよね!(ダブルYさん、如何でしょうか!)


c0177259_2315443.jpgc0177259_23152148.jpg



c0177259_23162234.jpg
デニムジャケット
「Gジャン」

2.5th
14oz Black×Black Selvage
36・38・40・42・44in
¥18,000+税

若干長めの着丈とタイトなシルエットがカッコ良さを演出します。
胸ポケットはセカンドジャケットとサードジャケットを融合させたようなデザインに、前立て内側にセルビッチを、釦にはオリジナルドーナツ釦を使用し細部にも拘りをみせています。
生地は経糸にジンバブエコットン、緯糸にはオーストラリアコットンを用い、経糸・緯糸ともに硫化ブラックに染色してより深みのある表情を醸し出しています。
着た瞬間から身体に馴染み易く、黒×黒のシャープな縦落ちを愉しめます。


c0177259_23164855.jpgc0177259_2317752.jpg



c0177259_2318357.jpg
「Tsugihagi-Teddy」
¥7,500+税

インディゴブルーの色々様々な生地でパッチワークしたテディベアです。
この可愛らしいフォルムは贈り物~プレゼントにもピッタリですね。
男の子でも女の子でも、双子でも三つ子でも、一つとして同じものはないですから“出産祝”に如何でしょうか!


c0177259_23182768.jpg
「Valley Beret」
¥6,000+税

10.5ozのデニム生地を用いた被り心地の良い柔らかなユーティリティベレーです。
デニムのキャスケットはよくありますが、ブリムのないベレータイプは「オッ!」と思わせます。
(最近ブルーズヴォーカル&ギターに味が出てきた自称弱冠二十歳の
「TAXI」に似合いそう)






          “エイプリルフールの日” ~サロンの窓から~

c0177259_23342135.jpg

c0177259_23344321.jpg


              “清明” ~サロンの窓から~

c0177259_23352148.jpg




                                See you again





お待たせしました。客注分が続々と入荷しました。皆さん、どうぞいらしてください。

c0177259_16455312.jpg



[PR]

by itsformen | 2016-04-12 22:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

「原種に近い」 ~Cote d’ivoire Cotton~ 「JAPAN BLUE JEANS」 編


初夏 
今年は初夏を待たずにゴールデンウィークの辺りから初夏らしくなって春を感じられるのは朝夕の涼しい時だけだったような気がします。
そしていよいよ本格的な夏に入る初夏がやってきました。



                   JAPAN BLUE JEANS

                    ~原種に近いものを

c0177259_22375336.jpg
Cote d’ivoire
Cotton

コートジボワール×
ニッポン 岡山 児島
JBSD0463‐J


13.5oz 7×7 
28in~34in・36in・38in
¥13,000+税

世界最高峰のデニムを生産するジャパンブルーさんが、いま一度~原点に立ち返ったジーンズづくりを~というコンセプトで、探りに探りを入れて辿り着いたのが、コートジボワールコットンだったようですね。
非常に「原種に近い」んだそうです。

c0177259_22383550.jpg
最近のコットンは大量生産し易いように品種改良がキチンとされていて、白度も高く繊維長も長く、しなやかで非常に上質なものが多くみられるようですが、コートジボワールコットンの農場は未だに機械化されてなく、手作業で栽培されコットンボールを手摘みで収穫していますから、まだ原始的な作業で育つ綿に品種改良の必要もないようで、これが「原種に近い」と言われる所以のようですね。

c0177259_22393547.jpg
コートジボワール×ニッポン岡山児島をあしらったスレーキ革パッチピスネームセルビッチカラーなどなどの専用スペックを随所に盛り込んでいます。
13.5oz とライト感覚に仕上げていますから、これからの季節に“リジッドタイプ”を穿きたいときには持って来いのデニムです。
素朴で体に馴染みやすい~コットンの風合いを是非とも味わって頂きたいですね。
シルエットはお薦めの「テーパード」です。細すぎず太すぎず、いい塩梅の適度なテーパードは大人が穿くジーンズのスタンダードといってもいいでしょう。

c0177259_22413348.jpgc0177259_2242497.jpg



                  ~夏はやっぱりストレッチ素材

c0177259_22401013.jpg
アンクルカット

夏には“必須アイテム”となりましたアンクルカットシリーズ。
毎年お一人様3本から5、6本買われる方が続出しています。
今年は「JB2100」に“新色”が加わりました。キナリネップ
¥9,500+税。
ナチュラルテイストのコーディネートにピッタリです。
シックな雰囲気のフレンチテーパードJB3100¥11,000+税と共に夏のワードローブにいかがでしょうか。


c0177259_22404036.jpg
 「フレンチワークチノ」 
JB4100

29in~34in
5色展開
¥11,000+税

こちらはトラウザーズタイプのフレンチテイストでスマートな味付けのワークパンツです。
Tシャツ×ジャケットのスタイルにバッチリ合いそうな~クールジャパン~なパンツです。 







             アフターケアはお済ですか?

もうすぐ完全な“衣替えの時季”がやってきます。
梅雨に入る前に秋冬物のアフターケアをしておかないといけませんね。
食べこぼしや汚れをそのまま放っておくと後で取り返しのつかないことに成りかねません。&サイズのお直し~ホツレの修理~裏地の取り替え~などなどのリフォームもお忘れなく。

c0177259_22424332.jpgc0177259_2243650.jpg



                                 See you again


[PR]

by itsformen | 2015-05-29 22:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

冬の「JAPAN BLUE JEANS」 編


冬本番
先週は暦の上では寒さの大寒を迎えましたが、岩手の今年の冬は「大したごどねのす」。
西日本や日本海側ではもの凄いことなっていた時でも、まあフツーの冬って感じでしたね。
でも、特に暖冬でもないようですし実際には今が冬の本番であることに変わりはないわけですから、今回はそれらしいアイテムのご紹介ということで、どうでしょ!





              JAPAN BLUE JEANS

c0177259_1715578.jpgc0177259_1715476.jpg

c0177259_1716258.jpg

“冬のジーンズ”
JB2208」テーパード


デニム×シンサレート×コットンネル 
キルティング仕様 
28・30・32・34・36 inch  ¥22,000+税 

雪まつりやウィンタースポーツなどなど野外の“冬のイベント”に持って来いのジーンズです。
寒風を防ぎ下半身の保温性に優れているので大切な体の芯を冷やしません。
しかもスポーツウェアと違っていつものジーンズ感覚でコーディネートできますから~拘りのワードローブ~にもシックリと納まるはずです。
桜の春と紅葉の秋は“ツーリング”の相棒としてもベストマッチングです。

c0177259_17165581.jpgc0177259_17174163.jpg




           ~冬のインナーに春からのアウターに

c0177259_17183613.jpgc0177259_17185810.jpg
c0177259_1745985.jpgc0177259_17211747.jpg

c0177259_1748731.jpg
“フェイクニットJK”
SFJB-JK1002


ブラック&ホワイト混綿
38・40・42・44 inch
¥19,000+税

撚り杢のニット風Gジャン型ジャケットです。
メンズ雑誌「Safari Lounge」とのコラボモデルで所々に拘りがあり、若い世代から還暦を迎えた世代まで均整のとれた体型の人にお薦めのジャケットです。

JB0202‐J」スキニー Deep Blue 経糸Japan Blue×緯糸ブラック 28~36 in ¥12,800+税
穿かせているのは ~美しいインディゴを追求~ した独特な色味のお洒落なジーンズです。
 






            “冬のひこうき雲” ~サロンの窓から~

c0177259_020284.jpg

c0177259_0205079.jpg




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2015-01-25 23:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(2)

「JAPAN BLUE JEANS」 ~上質なカジュアルスタイルの演出に~ 編


お“ヤジ”
達による低俗な“ヤジ”と本音の“失言”によって、またまた相変わらずな体質が露呈されたわけですが、未だに名乗り出てこない「産めないのか!」発言は、独身女性だけではなくまだ子宝の授からない“既婚夫婦”に対しても侮辱する言葉だと思います。
さらに追い打ちを掛けるように、「金目でしょ!」って・・ 恐らく、眉を八の字にして札束で頬を叩くようなドヤ顔をしながら発してしまったんでしょうね・・
何れにしても嘘っぽい謝罪は、眼に見えて“嘘だ!”と言っているようなもので、その姿が本物だとすると、特権を持っている人達だけが得をするように見えるアベノミクスは、一般ピープルからも支持され続けることが出来るのでしょうかねぇ・・
県民にはバレてないだけで今回のような“おヤジ”発言は、“岩手でも”往々にしてあるみたいですから、今から楽しみですよ!来年の“統一地方選挙!”


足りない
本田選手は大会前に、持ち前の“個の力”から全体のチームワークを意識した発言をしていましたが、何かこうスマートすぎてグッとくるものを感じなかったのですが、結果試合内容もそんな感じになってしまいましたね。自分が言ってるように、「限界つくるな!」「前へ前へ」 だ! 






                   「JAPAN BLUE JEANS」

                ~上質なカジュアルスタイルの演出に

c0177259_21331456.jpg
今回は“いいモノたち”をご紹介します。
もちろん“メイド・イン・ジャパン”の選りすぐりです。

今や世界のデザイナーやバイヤーたちがデニム詣でに訪れる岡山児島の藍布屋さんが手掛けるアメカジテイストの桃太郎ジーンズに加えて、最初にヨーロッパで火がついただけあってモード色豊かなJAPAN BLUE JEANSの取り扱いを本気モードで始めました。 


                   “ジャケットに合うんです”

c0177259_21335736.jpg
昨年から始めたアンクルカット」。 
今シーズンは、ホワイト、カリフォルニアブルーに加えて“カモフラ”もご用意しました。
 
岡山のカモフラデニムと岩手のホームスパン、やはり相性は良いですね。面白い組み合わせです。
裾幅18.5cm

<JB2100> HN
¥9,500+税


c0177259_21345289.jpg
いわてのホームスパで織り上げた小笠原諸島の海岸を想わせるような柄の生地を用いて料理した「IHATOVヴェスト」と、カリフォルニアブルーの岡山児島デニムとのコーディネートもなかなかイイ感じです。

<JB2100> ID
¥9,500+税



c0177259_21351654.jpg
夏らしい夏にはダントツの人気があります“ホワイトデニム”何も考えずにボケ~としながらのコーディネートも色柄を選ばないので“楽チン”ですね。
さらに薄手のストレッチデニムになりますからフントに楽チンでごいす。
汚れを気にする人がいますがそれはナンセンスでしょ!
汚したら洗濯機に放り込んだらいいズラ。

<JB2100> WHT ¥9,500+税


c0177259_21354785.jpg
“モードな雰囲気”が色濃く漂う<JB3100>落ち着いた色味のグレイ・ネイビー・ブラックの3色展開で、縫製糸に金茶を使わず地の色に合わせて一見ジーンズに見えないスタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。
“フレンチストレッチ”を用いたスリムフィットなシルエットがオーダーメイドのジャケットにグッドマッチングです。

<JB3100> GRY ¥11,000+税


c0177259_21361081.jpg
裾幅17cm。
<JB2100>に比べると膝から裾にかけてシュッとしたシルエットですから、捲らずにそのまま“大人しく大人らしく”着こなすことをお薦めします。
ワタシも先日穿きましたが、この独特な色味のNVは“ジャケットスタイル”にバッチリグッドです。
色柄を選ばずにスタイリッシュな雰囲気を創りだしてくれますね。

<JB3100> NV ¥11,000+税


c0177259_2120449.jpg
何はともあれ、こちらのアンクルカットシリーズ。
GW~初夏~盛夏~初秋にかけて持って来いの“ボトムアイテム”です。
 
お値段がお手頃なこともあって it's for menの顧客さんたちはお一人さま“複数本”お求めになります。

未だの人たち、「フントにお薦めズラ」


c0177259_21203015.jpg
スキニーシリーズ
<JB0202-J>
DEEP BLUE
¥12,800+税

テーパードシリーズ
<JB0406-J> ID
<JB0401-J> ID
¥12,800+税

色々と穿き比べてみてください。
サロンにないモノはお取り寄せいたします。 







               THE SEKINOICHILIST

                 Ichinoseki, Iwate

c0177259_20454483.jpg

この夏、都会で何かと話題の岩手一関世嬉の一酒蔵さんが手掛ける地ビールです。

(ワタシのお気に入りは、魅惑的な甘い香りと深みのあるコクが妄想の世界へと誘う『あかくら』がイイと思いました)



                                See you again
[PR]

by itsformen | 2014-06-28 20:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

追加したぜ!Made in Japan !! “JAPAN BLUE”~「藍布屋」 編


追加したぜ!


                “アンクルカット~JAPAN BLUE”

c0177259_21124489.jpg
前編でご紹介したJAPAN BLUE
アンクルカット
JEANS

好評につき
サイズフォロー
しました

お待ちの皆さん
お待たせしました

どうぞいらしてください

 
“桃太郎バンダナ”&
“出陣マウスパッド” ~どうでしょ!?






            “夏至の夕暮れ” ~サロンの窓から~

c0177259_21132228.jpg







                     “ライヴのお知らせ”

c0177259_21135919.jpg
「ブルージーな夜を楽しもうぜ!」ですって!

ブルーズ

R&B

ソウル

なんですって!


覆面レスラーが
ネギしょってる??

「ウーマンヴォーカルは“アレサ・フランクリン”を彷彿させるんだぜ!」
ですって!?
(・・ホントかなぁ・・)

日時:6月30日  
   18:30~ 
場所:GLOBE  
盛岡市駅前通10-14
フラワービルB1
TEL 019‐622‐0250
ライヴチャージ ¥1,000 
1dorink ¥500 


HYさん!ギターもってる姿、やっぱカッコイイですよ!!
この間、ばったり、市役所前で久しぶりにお会いしましたけど、スーツ姿に書類がパンパンに詰まったショルダーバッグを“斜めがけ”にしたスタイルは、それはそれでHYさん独特のビジネススタイルの“演出”ですからそれはそれなりに良いと思うんですが・・ かっこいいとは言えないもんなぁ・・ でも、ギターを“斜めがけ”にしてマイクを手にとった姿は“超カッコイイ”と思います。
とにかくね、歌もギターも“渋い”んです。35年前もシブかったけど還暦も越えて益々“いい味”醸し出すんだろうなと思いますねぇ・・ (渋さ笑)

ドラムスの大先輩YYさんとは今年はまだお会いしてませんが、今度はAと組んでバンド始めたんですねぇ・・ それこそ3月でリタイアしたんですかね?・・ 今はもうバンドに専念してるんですかねぇ・・ 正確なリズム~軽快なシャッフル~奇をてらわない安心感~ビシッとキメるところはキメる~
セカンドステージは“ミュージシャン”かぁ・・ 羨ましいなあ~

高校時代一緒にバンドを組んでいたAは・・ この写真を視る限りは・・ “なんぼがぺっこ”(翻訳:少々) 様になってるように見えますが・・ 基本的に“生意気”に見えます。
体は小さいんだけど、末端がやたらデカいんですよ!頭~手~足~あそこ~ (肥大笑)
で・・ 試しに東京に居るその当時のメンバーKに「来るが?」とメールを送ったところ、な何と!!
それこそ“じぇじぇじぇ!”って感じで、「オレは前の日に同じ所でライヴやるから日曜日は帰るよ」ですって!!白蛇海賊団LIVE模様~“ヅラ”を被ってベース弾いてるヤツ!
なんでも、若者の街“渋谷”にあるライヴハウスでは“満員御礼”だったそうですよ。(凄驚笑)




                                 See you again


[PR]

by itsformen | 2013-06-24 21:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

がんがん買おうぜ!Made in Japan !! “JAPAN BLUE”~「藍布屋」 編


似てる
やっぱり似てると思うなぁ~ “足立先生”に~
30年近い昔の記憶しかありませんが、今のワタシらと同じ位の“お年頃”だったんですかねえ~
“足立先生”は温厚で物腰の柔らかい印象ですが、Oの親父さんはもの凄く“パワフル”で今で言う“ドヤ顔”がとってもとっても“お似合い”な印象の人でした。
Oの結婚披露宴のときの招待客はなんと500人ですよ!端から端がもの凄く遠いんです!
これほど新郎新婦の影が薄かった披露宴は未だかつて見たことがありませんねえ~
「俺の息子をヨロシク!」兎にも角にもOの親父さんが一番カッコよく見えた結婚披露宴でした。

久慈にはその人数に見合ったキャパの会場はありませんでしたから、八戸のホテルで行われたわけですが、そのお陰と言ったら何ですけど・・「みんなさ内緒で“種市”さ寄ってぐべ」・・とワタシをそそのかすTの誘いのままに“独身貴族”を満喫して来たのでありました。(潜笑)
ええ~そんなTですが、今では若くして金融機関の“理事”ですよ!(もちろん表の方ですけどね)
“世渡り上手”~ 高校時代同じようにワルいことをしてもスルりスルりとスリ抜けた“バレない”術は、大人になってからも磨きが掛かったんでしょうねぇ~(お上~手!笑)

あっ そうでしたね、“足立先生”似の親父さんの息子Oとはですね、かれこれ10年以上は会っていませんねぇ~ 未だに郵便番号の印刷されていない“会社名義”の年賀状が年一回は届きますが・・・元気でやってると思いますがねぇ~ “菜園店舗”の頃は、近くに組合の会館があって会合があった時にはたま~に顔を出しに寄ってくれてましたが・・ホントに“顔を出すだけ”で・・「今度ゆっくり買い物に来るから」・・と言って一度も実行したことがない・・大体岩手で“御曹司”と呼ばれる輩は・・地元にお金を落とさず・・
“なった気”して東京さ行ってバラまいてくる・・(んが笑)





                “がんがん買おうぜ!Made in Japan !!”

c0177259_3295565.jpg
欧米のブランドたちがこぞって欲しがることを知ったとたん手のひらを返したように欲しがるOYAJI世代。
世界が認めた「メイド・イン・ジャパン」に価値観を覚える青年世代。
モチベーションはどうであれ、日本人が“ニッポンのものづくり”に誇りを持つことが最強の成長戦略でしょ!

藍布屋の“JAPAN BLUE”~最高です!

には~夏に気持ちの良い~ライトオンスで~ストレッチ素材の~デニムがあった!

JAPAN BLUE JEANS」 「JB2100」 アンクルカット 
29~34インチ全4色 ¥9,500+税
 
       ホワイト             カリフォルニアブルー

c0177259_3303587.jpgc0177259_3305542.jpg


モデル~身長165cm(1cmくらい縮んでるかも)~体重69.5kg(一日の内の最軽量)~着用サイズ32インチ~股下73cmから3cm幅で二まくりなので67cm(脚の長さによってまくり方はご自由に)~股上やや浅い~スリムテーパードなシルエット~穿き心地最高にイイ感じ!



c0177259_3311832.jpg
桃太郎ジーンズ
“桃てぃ”

MT301
新色のモスグリーンを取り揃えました。

定番のジーンズと同じ肌触りが気持ちの良い“ジンバブエコットン”を甘く甘く撚った風合いの良いTシャツです。

S~XL ¥4,800+税



                     “ペイントオーダー”

c0177259_3315236.jpg
こちらは、ペイントオーダーは2本目でして今回はヴィンテージレーベルをベースに二ヶ所も入れてしまった“欲張り屋さん”秋田鹿角の30代半ば、AKさんのペイントオーダーです。 
AKさん、3本目は“夏のボーナス”で桃太郎のオーダージーンズを作ろうかなぁ~と仰っていました。(賞与笑) 


c0177259_3321854.jpg
こちらは、この春お友達のSKさんのご紹介で岩手のスーツをオーダーして頂いてからというもの、色々と興味を持ってくださいまして、初めは「ペイントはいっかなぁ」と言っていましたが、オーダーメニューを見ていくうちに“桃太郎さん”を気に入ったみたいで、しかも“桃色”で入れてきました。
実はまだ、ご本人たちのお手元にはありません。(焦笑汗)
銅丹レーベルのタイトストレートが新鮮に感じます、30代半ば、盛岡のKNさんのペイントオーダーです。
*右上に見える“出陣ライン”のものは・・?さあ何でしょうねぇ?ワタシはあまり使いませんが・・





                    “岩手に来てくれました”

c0177259_14535766.jpg
「クールジャパン」のお手本のような“江戸絵画”
それを見出してくれた“プライスさん”はとってもとっても素晴らしい方だと思います。
そして、こんなに沢山のコレクションをプレゼントしてくれました。
虎の毛を一本一本フサフサと描く繊細さ、妄想~想像~創造が満載の「鳥獣花木図屏風」~素晴らしいです。 
前期が終わり作品が入れ替わって後期が始まりました。ワタシももう一度行ってきます。
若冲が来てくれました~プライスコレクション 江戸絵画の美と生命~

この時季に、岩手県立美術館を訪れて思い出しましたが、「忌野清志郎」が生前にNHKの番組で言っていました。『どうしても“ゴッホ展”を見たくて岩手に行ったんだけど、田んぼの中にある美術館でさっ!ビックリしたよ!』って・・(さすがに“じぇじぇじぇ”とは言いませんでしたが・・笑汗)
ちょうどその再放送を観たときは季節は“冬”で、一面雪景色でしたから確かめようもなくワタシも暫く忘れていたのですが、先日行ってみて確かに幹線道路から駐車場に入るまでの道路横に田んぼがありましたが、美術館の周りは普通の“緑色”の芝でした。
でも・・・もしかしたら都会の人の目で見ると植えたばかりの緑色の“稲”の延長に見えるかもしれないなと思いました。そして、よ~く周りを眺めて観たんですが・・近くにある公園もそうですけど全
ての景色が中途半端で・・まるで岩手の県政を表しているかのようでしたね・・“たっそ”のこと芝の所を全部田んぼにして素朴な岩手らしさを象徴する本物の“田んぼの中の美術館”にしてみたら面白いんでねえの・・来て見たらみんな『じぇじぇじぇ!』って驚いてお客さん増えるかもよ・・・







  “盛岡の青空 ~ これもジャパンブルー?・・はあ?・・” ~サロンの窓から~

c0177259_3324950.jpg




                                See you again


[PR]

by itsformen | 2013-06-19 22:55 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)

“Made in japan” ~ デニムの聖地 ~ 世界が詣でる岡山児島 ~ 桃太郎ジーンズ 編


前編で久々に、【Drover's Cottage】の特集をしたところ、“しめしめ”(うふふ)、案の定前々から欲しがっていた“〇〇御三家”のお一人盛岡のHIさんからオーダー頂きました。(飛火夏虫笑)
(なんでも、間を取り持った職場の後輩から、結婚式の二次会の幹事を仰せつかったようで、それに間に合うようにというのと、もしかしたら自分への誕生日プレゼント!なんですかね?祝笑)
そして、ドローバーズの“カービングベルト”ときたら次はやっぱり桃太郎ジーンズでしょう!
 
“とーほぐ地方”で【桃太郎ジーンズ】といっても、「桃太郎??何でだべ?」と誰しもが感じたと思いますが、中国地方では、岡山 を代表するものは“桃太郎”なんですって!
だから、街の目抜き通りを“桃太郎大通り”と呼び“桃太郎アリーナ”という施設まであります。
官民一体となって“桃太郎”を盛り上げている気魄を感じますね!(元気笑)

そこで、ここ岩手でも代表するものを考えてみると、 岩手人の心をひとつにまとめ 日本はもとより世界に通じるキャラクターといえば、やっぱり、“宮沢賢治”でしょうね!で、現状はというと、地元の花巻にある宮沢賢治童話村?民間ならけんじワールドくらい?(ちっちぇ ちっちぇ!もっと「ドガーン」と「ガヅーン」とやらねばわがねんだ!気持ちの問題だよね)




          “どやっ 【桃太郎ジーンズ】 オーダーメイド”

c0177259_1746313.jpgc0177259_1747195.jpg




















c0177259_17474194.jpg
オーダージーンズ
インド藍染め 13.5㌉
デザイン 0705SP
オーダー ¥57,750

こちらも久しぶりにオーダーが入りました。
既製ジーンズからするとお値段が倍になりますが、それこそ他には出回ってないデニム生地を選べますし、釦やリベット、ペイントやステッチも自分なりに“カスタマイズ”出来るんです。
まさに 地球上で自分だけ のオリジナルジーンズを藍布屋の職人達が手掛けてくれます。

c0177259_17481747.jpg
今回は、その辺りもご理解頂いてオーダーしてくださいまして、ウチの店では初めてですが、【桃太郎ジーンズ】はこれで3本目の“大ファン!”矢巾のTTさんの作品です

未来の農業のスタイル を模索しながら消費者へ直販の勉強も兼ねて始めたFC店「いか焼き みなせん」 と農業を両立させながら頑張っているTTさん!
今回はインディゴ(合成染料)の源となった“インド藍”で染めた生地を用いましたが、頑張っていっぱい稼いで、次回は本藍手染め手織り“究極のJeans”を作ってくださいな。(本物笑)




                  “ペイントオーダーも出来るよ”

c0177259_22372617.jpg
デニム生地やディテールから選ぶ「オーダーメイド」の他に、お遊び感覚で楽しめるペイントオーダーも受付けています。

こちらは、もう何年も北上と四日市の工場を行き来して、現在は四日市に単身赴任の生活で 活き活き?としている紫波のT・Jrさんの作品です。

ヴィンテージレーベ “未防縮加工”
世界最特濃に染め上げたジンバブエコットンの超高密度デニムは超長綿のソフトな穿き心地と同時にデニム本来の武骨さも兼ね備えています。

0201  15.7㌉   
33㌅ ¥23,100 
ペイント 2ヶ所 ¥4,200 (1ヶ所¥2,100)
情熱の“赤”

T・Jrさん、来春は地元に居る我が子の卒業式に出席するために、OYAJIらしい“大人の男”になるためにスーツを新調するようです。(みんなもう若くない・・実感を実感しています。親笑)




                    “レディスもあるよ”

c0177259_22433193.jpg
Momen’s
  
レディスでも人気の“タイトストレート”

股上が浅い分腰廻りがフィットするようにカーブベルトを採用した美脚なローライズ仕様です。
14.7㌉ ¥22,050
 
7003SP  
24㌅~30㌅ 
オールドブルーデニム。
純国産ジーンズ草創期のブルーを再現しています。

GL007-MZ
24㌅~30㌅
藍染め古布の黄変した 日本の青をテーマ に独自に開発。
緑がかったブルーに変化してゆく様が何ともいえない。


“ナチュラルストレート”  8003SP  GL003-MZ    

“ブーツカット”      6003SP  GL006-MZ





           “【桃太郎ジーンズ】からの使者!?”

c0177259_22461261.jpgc0177259_22464580.jpg




















c0177259_2249980.jpg
岡山の倉敷児島から「どんぶらこ~どんぶらこ~」ならぬ(笑汗)
『ブルルン ブルルン』『バラボラブルボラ ブルルルル~ン』とお盆が明けて一瞬一時だけそれも一寸涼しくなった日に現れました。(ほんまかいな笑)
【桃太郎ジーンズ】のTシャツにジーンズを穿いてまるで藍布さんのまわし者のようにね!(桃色笑) 

んなわげねぇ~べさぁ
c0177259_22504291.jpg
ファンだべさっ!
ファン!

「暖かい時季になったらバイクで遊びに行きますよ」と、昨年末のお約束通り“デカバイ ク”で乗りつけてくれまして“恋人チック”なご夫婦で七夕祭りの“マジすか屋台”にも参加して頂きました盛岡のHUさんです。
それにしても“1200cc”とはデカイです。
車と同じ“排気量”です。(驚笑)
そして、HUさんお気に入りのジーンズスタイルは“ブーツカット!”【桃太郎ジーンズ】では裾がやや広めのベルカット 0505SP 30㌅を選んでいます。
流石にバイクには バッチリグッド です!特に 後ろ姿は最高 ですね!!

HUさん、【桃太郎ジーンズ】がキッカケでいらっしゃいましたが、お年も30代半ば、ちゃんとした“フォーマルスーツ”が無いということで、お薦めのピークドラペルブラックスリーピースを誂えました。(備憂無笑)
* 30代の男には“必須アイテム”です。そしてOYAJI世代になったら、“コールトラウザーズ&シルバーグレー・ヴェスト”を誂えておくと イザという時 に余裕の“大人の男”になれます。





                    THE SARTORIALIST

                  Two Bikers , Welcome to Milano

c0177259_22542886.jpg
ようこそ

IWATE へ

ようこそ

MORIOKA へ

ようこそ

it's for men へ

ようこそ

オ・レ のもとへ

一応 Men's の

お店だけど

こんなバイカーたちが

来てくれたら

嬉しいな

桃太郎ジーンズの

レディスもあるし




                                 See you again


[PR]

by itsformen | 2010-10-04 22:56 | ジャパンブルー&桃太郎ジーンズ | Comments(0)