「エコリメイク」のすすめ その四 作品集&リサイクル編


 今回は、続々と出来上がってきました「エコリメイク」と新作の作品集をご紹介します。
 
 同じデザインでも、生地が異なると雰囲気も味わいも違うので楽しいですね!!
 “ワクワク”してきます!!
                     
                       “みんな集まれ”

c0177259_18431769.jpg
 


                                        “ゼニア帽”

c0177259_21143879.jpg こちらのハンチング帽は、エコリメイクその弐で
 モデルになって頂いた、温泉好きの盛岡のAT
 さんの作品です。

 2001年に、【Sartoria PLUM】で初めて仕立
 てられたスリーピースに用いた「エルメネジルド
 ・ゼニア」と同じ生地でお作りしました。

 何かに使えるかなぁ~と思って取ってたんです
 ねぇ~
 (*スリーピースなのに生地が余るなんて??
  もしかしたら他の人のかもしれません!笑汗)  
 
 引き取りにいらっしゃる時に、そのスリーピース
 を着て来て貰いますので、後ほど写真をお見せ
 できると思います。





                “アンゴラ&ウール” コート&ジャケット生地

c0177259_20262798.jpgc0177259_2193159.jpg


















 こちらも、もう20年来のお付き合いになりまして、今は、単身赴任で宮城の田舎の方で寂しく暮
 らしています(笑)花巻のTYさんの作品です。
 「リニアコート」と同じ“アンゴラ&ウール”の生地でお作りしました。
 素材が柔らかくて上品なのですご~くい~感じです!
 自分も欲しくなっちゃいました。
 あと1個分は取れます。(*欲しい方はお声を掛けてください。特別に¥7350にて承ります)




         「エコリメイク」のすすめ  「イッセイ・ミヤケ」のカルゼ織りジャケット
 
c0177259_21111838.jpgc0177259_2112077.jpg


















       「エコリメイク」のすすめ  「バーグマン」のフランネル・チェック柄ジャケット

c0177259_21171388.jpgc0177259_21174262.jpg


















 上の2点は、こちらも20年来のお付き合いになります、ストレス喰いの影響か、メタボで10年間
 悩み続けている(笑)紫波のYUさんの「エコリメイク」な作品です。
 まんつ今見ると「どっひゃー!」っていう感じですよね(笑)。
 衿が肩がウエストがぁ~!?あの頃の時代を感じますねぇ~!どちらも20年近く経っています。

 それでもこうやって“蘇った”じゃないですか!!
 しかも予想以上の出来上がり!
 「エコリメイク」の素晴らしさを分かって頂けましたかあ~!?
 これで¥7350にて承ります。(なんていい人たちなんでしょ)

 
c0177259_21203563.jpg 実際に今回の「エコリメイク」では、
 ハンチング帽ですと1個ずつ取る
 のが精一杯でした。
 その壱で2個ずつ取れますと云っ
 たのは訂正します。(おもさげね)
 「イッセイ・ミヤケ」のほうは天井の
 部分がハマるところがなくセンター
 を接いでいます。
 テーラード型は身頃幅によって接
 ぎが入ることも考慮して下さい。
 むしろシャツ型、ブルゾン型の方
 が2個取れたりします。

 
 YUさん、この日は全部で12点持って来まして帽子に蘇ったのが2点、ご苦労さんしたのが2点、
 「ドンドンダウン・オン・ウェンズディ」(*盛岡が本社の東北、関東に二十数店舗を展開する洋服
 と服飾雑貨に特化したリサイクルショップ)に持ち込んだのが7点。
 懐かしいのがイッパイありましたよ。「ケンゾーオム」「バーグマン」「ギャラモンド」「プラクティス・
 オブ・サイレンス」(*先日亡くなられましたザ・テンプターズのドラマーで、女優の真行寺君枝の
 元夫、大口広司氏が社長兼デザイナーを務めたブランド)のスーツ、ジャケット、コートが6点分、
 そして帽子にするか迷ったあげく、写真上のベージュのフェイクスウェード・パンツ「T’Rコンポ」
 もドンドン行きになりました。


c0177259_21223722.jpg そして、1点だけ残ったのがこちら
 の写真の「T’Rコンポ」のレザー
 パンツ。(柔らかい羊革)
 状態がほとんど新品に近く(実は、
 買って間もなくメタボリック症候群
 が始まったようなのです。笑)一ヵ
 所だけ擦ったようなキズがあるも
 のの流行り廃りの波をあまり受け
 ないので、サイズが合って中古で
 もOKという人にクウォーター価格
 でお譲りすればいいのかなと思っ
 ていました。

 因みに、ウエスト80cm、股上29cm、股下73.5cmです。
 “ビビッと”きましたらお声を掛けてください。

 因みの因みに、この日の収穫(ハーヴェスト)は古着7点で210円、男性雑誌(レオン、ビギン、
 メンズEX等)91冊で910円でした。
 お分かりと思いますが、洋服が中古品になった時の価値の低さ!!(もう何もいえねぇ)
 

 今現在、古着や中古品をリサイクルすることが盛んに行われています。
 あらゆるモノが溢れている日本の中の過剰、不良在庫を調整するのには非常に有効だと思いま
 す。(*大して価値のない輸入物の古着や中古品は頂けないですが)
 ウチで始めた「エコリメイク」も同じような意味合いはありますが、一番大切なことは“安易に安価
 な安物買い”をしないことだと思います。
 買うときは多少高くても“いいモノ”は永く使えますし大事に扱うはずです。
 そして“いいモノ”は多少なりとも高いものなのです。
 
 来年あたりから過剰在庫が一掃されてくるでしょうからそれからが楽しみですね。

 “いいモノ”を永く愛用する。

                                             See you again
 
[PR]

by itsformen | 2009-01-31 23:56 | 帽子工房(キャップ&ハット) | Comments(0)

<< ウェディングも“自分スタイル”... もりおかクラシック  その弐 ... >>